昔の日本では、一度会社に就職すれば男性の場合には定年まで勤め上げる事が当たり前だと思われていました。

また、女性は寿退社をし家に入る事が自然の流れでした。

だからこそ、会社を辞める事などあり得ない話だったのです。

もしそんな事をしてしまえば、一家の恥として親族から冷たい視線を向けられる事もあったはずです。

それほどまでに、会社を辞める事は人生が大きく変わってしまうほどの大変な事だったのです。

ですが、今は時代が違います。

会社を辞めたいと思う事は珍しい事では無く、多くの人が1度や2度は必ず思っていたのではないでしょうか。

昔の会社では、終身雇用が前提となていました。

一度就職すると、定年するまで当たり前のように雇用してもらう事が出来たのです。

だからこそ、年功序列という考え方が出来たのです。

しかし、今はどこの会社であっても明日にはどうなっているか分かりません。

絶対につぶれない保証があるは、公務員や消防などの特別な機関だけでしょう。

だからこそ、保証が無くなった分社員に対する風当たりも強くなりました。

使えない人は次々に切られてしまう事もあるでしょう。

ブラック企業と呼ばれるような所も登場し、仕事を継続していく事が心身共に大きな負担となってしまう場合もあるのです。

だからこそ、仕事を辞めたいという気持ちにもなるのでしょう。

昔の人からすれば、仕事を辞める事などとんでもない事のはずです。

だからこそ、周りの人から激しく反対される事もあるでしょう。

けれど、それを鵜呑みにして辛い日々を過ごす必要はないのです。

大切な事は、自分が今一番どうしたいかという事でしょう。

もし辞めたいという気持ちを強く持ってるのであれば、思い切って止めてしまいましょう。

自分の人生は自分のものです。

他人の意見に振り回される事無く、自分に一番いい方法を選ぶ事が重要です。

仕事を辞める事に関しては何ら問題はありません。

自分がそれでいいと思うのであればそれでいいのです、問題なのはどうやって仕事を辞めるかです。

仕事は急に辞める事が出来ません。

正社員として働いているのであれば、様々な手続きをする必要だってあるでしょう。

それをせずに突然辞めてしまうと、結果的に自分が後から困る事になります。

本当はもう二度と会いたくないような人にも会いに行かなければならなくなってしまう可能性もあるのです。

だからこそ、辞める際にはきちんと手順をこなす事が必要です。

会社をやめたい…と思ったら何すればいい!?

会社を辞めたいと思った場合、まず一旦落ち着きましょう。

と言うのも、いくら辞めやすくなったとはいえ会社を辞める事は今の時代でも大きな出来事です。

だからこそ、一時の感情で辞めることを決めてはいけません。

会社を辞めることは悪い事ではありませんが、簡単に決めてしまえばそれだけ後悔する可能性も高くなってしまうのです。

後悔する事が無いように、自分自信の気持ちだけで判断するのでは無く客観的に判断することをお勧め致します。

会社を辞めるべきか判断する際に役立つ判断基準があります。

それは、その会社がどんな会社なのかということです。

今は辛くとも、いずれ自分にとってメリットを感じる事ができる会社なのであれば辞めるのは待つべきです。

反対に、ブラック会社と言われてしまうような、悪質な会社ならば直ぐにでも辞める事をお勧めします。

だからこそ、まずその会社がどんな会社なのかを知る必要があるのです。

辞めるべき会社の5個の特徴教えます!

会社を辞めたいと思ったとき、大切なのはその場の勢いで決定しない事です。

一度辞めたいと思ってしまうと、人間不思議なもので何度でも辞めたいと思ってしまうものです。

明日にでもすぐに辞めて新しい仕事を始めたいと思う事でしょう。

けれどいくら仕事を辞めたいと思ったとしてもそうすぐに決断をするものではありません。

まずは一度じっくり考えてみてください。

自分の気持ちを大切にする事は大切な事です。

ですが、そればかりに目を向けていると大切な事を見逃してしまう恐れもあります。

自分の状況は勿論、会社としての意味などを冷静に考える事によってより自分にとってメリットのある決断をする事が出来るようになるかもしれません。

そこでここからは辞めるべき会社の特徴をご紹介させていただきます。

今まで会社を辞めたいけれど、なかなか決断が付かなかったという人も居るでしょう。

そんな人も辞めるべき会社の特徴を知る事によって、後からでも後悔のない結果を得る事が出来るのではないでしょうか。

残業が多い


仕事をする事は大切な事です。

仕事をして、お金を稼がなければ生きていく事は出来ません。

けれど、仕事だけが人生のすべてではないはずです。

仕事のせいで自分がやりたい事を行う事が出来ないのであれば、それは本末転倒と言えるのではないでしょうか。

仕事を辞めたい一つの理由として、残業の多さがあります。

一般的に考えて、昔からの感覚で行けば残業が多いせいで仕事を辞めたいと言いだすなど、社会人としての心構えがなっていないと言われてしまう事もあるかもしれません。

それだけ珍しい事では無いのです。

ですが、その残業にも限度があります。

最近ではブラック企業と言われるような、悪質な会社も増えてきております。

その為、それらのっ会社の場合には人が働くような時間では無いような勤務で仕事をさせられている事が多々あります。

そのせいで心を壊してしまう事だってあるかもしれないのです。

人間が大切な事は、まず健康的に生きる事です。

それ以外の事は後からどうとでもなります。

だからこそ、無理のない範囲で自分が出来る残業をする事が大切であり、それをさせてくれる会社を選ぶべきでしょう。

サービス残業

サービス残業とは、その名の通り残業をしたところでお金が付かない事を指します。

仕事は、お金をもらうためにやっています。

だからこそ、残業代を貰う事が出来なければ働いている意味がないのです。

勿論、自分のミスによって仕事が残ってしまったのなら仕方がない事もあります。

どうしてもやらなければならない事が終わらなかったのならやらなければならない事もあります。

その中にはサービスとして扱われる事だってあるでしょう。

ですが、大切な事は時々なのかいつもなのかという所です。

時々サービス残業になってしまう場合には、仕方がない場合もあります。

勿論、無いに越した事はありませんが社会で生きていく為には臨機応変に順応していかなければならない事もあるのです。

ですが、常にサービスなのであればそれは話が変わってきます。

常にサービス残業になっているという事は、会社は残業に対して賃金を払うつもりが無いという事になるのでしょう。

仕事をした代わりにお金をもらう事は、人として当たり前の権利です。

それなのにも関わらず、それをする事が出来ないようであればその会社は辞めるべき所だと言えるのではないでしょうか。

給料が低い

仕事に対する考え方は人それぞれです。

それを生きがいにしている人も居れば趣味のように考えている人も居るでしょう。

ですが、前提として共通している事はお金をもらう為に働いているという事です。

多少辛い事があったとしても、頑張る気持ちを持つ事が出来るのはお給料のおかげなのかもしれません。

頑張った成果を正当に評価してもらう事ができれば、人はもっと頑張る事が出来ます。

どこまで頑張る事が出来るかどうは、モチベーションを上げる効果のあるお給料にあると言っても過言ではありません。

だからこそ、給料の低い会社はあまりモチベーションが上がらず辞めたくなる事もあります。

給料の安さは、自分の感覚では決められない事もあります。

自分としては安いと感じていても、一般的に見れば、その程度が普通の事もあるでしょう。

若いうちは低くとも、もっと年齢を重ねていけば給料が上がるという事もあります。

だからこそ、その場の結果だけをみて判断するのではなく、全ての事に対して総合的に判断する事が需要となります。

学生時代、アルバイトで沢山のお金を稼いでいた人からすると社会人になった一年目が給料が安いと感じる事もあるかもしれません。

アルバイトの方が責任も無く同じようなお金をもらう事が出来るのであれば、その方が良いという考え方もあるでしょう。

ですが、アルバイトはいつまで経ってもアルバイトです。

そこから成長する事はありません。

将来を考え、、安定した生活を希望するのであれば、アルバイトでは無く社会人として働く事は決して無駄な事ではありません。

給料が低い事は、仕事を辞める大きな理由になる事でしょう。

ですが、安い事には安いなりの理由があるのかもしれません。

だからこそ、その理由を冷静に判断する事は大切な事です。

ボーナスや給料がカットされる

今の時代、どんなに大手の会社だとしてもいつまでも安泰という保証はどこにもありません。

だからこそ、業績が悪化すればボーナスや給料がカットされる事もあるでしょう。

そうする事によって、会社としての安定を測っているのです。

働いている方にしてみれば、給料が下がる事は嬉しい事ではありません。

辞めたいと思うきっかけになる場合もあります。

ですが今まで良かったものが下がったのであれば、社会全体の景気が下がった可能性が大いにあります。

その場合、他の会社に移った所で給料が上がる保証はありません。

そればかりか再就職する事すら難しいかもしれないのです。

また、自分としては低いと思っている給料も、年齢から考えれば決して低くはないと言う事もあるはずです。

だからこそ、自分の感覚だけで判断してはいけません。

ですが、中には不当に安い賃金で働かせられている場合もあります。

その場合には、最初から異常に低い給料でスタートし、ずっとそのままという事もあります。

それは、社会の情勢に関わらずy単純に給料が低い会社なのでしょう。

それは決していい会社とは言えないでしょう。

そういった場合には、辞める事も仕方がありません。

長年勤めても昇格しない


昔の日本では、終身雇用が当たり前だと考えられていました。

だからこそ、一生涯務めるのですから、その期間を使って昇格していく事もまた当たり前だと思われていました。

いわばエスカレーターのような感覚で昇格していく事が出来たのです。

しかし今は違います。

そもそも終身雇用などなど無く、会社が傾けばそれで終わり。

傾く前にリストラされる事だってある事です。

そんな時代だからこそ、年齢によって昇格していく事が出来るかどうかは分かりません。

例え年齢を重ねたとしても昇格をする事が出来ずそのまま過ごしていく事だって当たり前のようにあります。

年齢では無く、実力によって昇格できるかどうかが変わってきているのです。

長年勤めても昇格しないという事は、必然的に昇給もしないという事です。

それでは仕事もモチベーションが上がら無くなってしまったとしても仕方がない部分もあるのかもしれません。

仕事はやりがいを持って行う事も大切な事です。

そのやりがいがある事によって、大変な事も乗り越える事が出来るのですから。

だからこそ、それが無い場合には転職を考える事もあります。

人間関係が悪い

仕事は働く内容やお給料も大切な事です。

就活をする際には、それらを重視して自分の将来を考えてどこが良いかを決めているのでしょう。

しかしながら、就職してみるとそれらよりももっと働くうえで大切な事があります。

それは、人間関係です。

どんなに仕事内容が良くても給料が良くても、人間関係が悪ければ続ける事は困難です。

反対に、多少仕事内容や給料に問題があったとしても人間関係が良好なのであれば、それだけで十分満足して生活していく事が出来ます。

仕事をするのは機械ではありません。

あくまでも人間同士です。

だからこそ、いろいろな人とかかわっていかなければなりません。

時には自分と全く考え方の違う人とも一緒に頑張って行かなkれ場ならないのです。

そんな環境の中で人間関係に問題があれば、結果的に仕事でも多きな問題になる場合が多々あります。

人間関係に関しては、自分の努力ではどうにもならない場合もあります。

そればかりか、一番心へのストレスが大きくそのせいで何かの病気になってしまう事だってあるかもしれません。

どんな人間関係が自分にあっているかどうかは、自分が働いてみなければ分からない問題でもあります。

他の人が問題なかったとしても自分にとってはとても辛い場合もあるのですから。

だからこそ、一度働いてみて無理だと感じたら決断する事も大切です。

上司が横暴

上司は基本的に自分よりも上の存在です。

だからこそ、多少の横暴も仕方がないのかもしれません。

人間忙しければ、イライラもするものです。

ハードな仕事環境の中では成長していく為に時には厳しい言葉を言われる場合もあります。

ですが、それはあくまでもあなたの事を思っての指導の場合のみです。

そうでは無く、上司の感情のままに怒られているのであればそれは違うのではないでしょうか。

仕事での注意はいくらでも聞くべきです。

それを知る事によって、結果的に自分を成長させる事が出来るようになるからです。

ですが、それが人間否定のような事になってしまうと話が変わってきます。

どんなに上の人であろうと、そこまで言われる筋合いはないはずです。

情しああくまでも上の存在です。

けれと、それと同時に同じ人間でもあるはずです。

立場は違えど、そこまで批判される必要はない場合も多々あります。

それを耐える事は仕事とは一切関係ありません。

だからこそ、無理をする事などないのです。

ずっとその中で生活していると、まるで自分が悪いかのような気持ちになってしまいます。

怒られている自分が悪いんだ。

自分が出来ないからいけないんだ。

そんな風に思ってしまうのです。

けれど、どんな人であろうと他人の人格まで否定して良い理由にはなりません。

そんな無茶苦茶な意見など無視してしまえばいいのです。

感謝の言葉が一切ない

いくら仕事のみの関係とはいえ一緒に働くのであればある程度の人間関係の中で働きたいものです。

だからこそ、挨拶や感謝の気持ちなどはきちんと相手に伝えるべきです。

それこそがマナーであり、いい人間会見を作っていく為には必要な事なのでしょう。

会社によっては、一切無駄な会話をせず挨拶や感謝の気持ちなどを伝えるコミュニケーションを取る事も無い場所もあります。

それだけなれ合いをさけ、ストイックに仕事をしているのかもしれません。

ですが、それは人間関係の観点から考えれば決していい事だとは言えないでしょう。

仕事を真面目にこなす事はとても大切な事です。

ですが、それは仕事だけしていればいいという事ではありません。

むしろ一人で必死に仕事をするのであれば、人間関係をきちんと構築しそれぞれが分担できるようにしていく事の方が、長い目で見れば確実に効果がある事なのではないでしょうか。

大人から子供まで感謝の気持ちを言葉にする事はとても大切な事です。

休みが少ない

人間は仕事をする為に生きているのではありません。

あくまでも生きる為に仕事をしているのであり、お給料さえもらえれば仕事などしたくないという人がほとんどのはずです。

楽しく幸せに暮らす為には、どうしたってお金がかかります。

だからこそ多くの人が仕事をしているのです。

人生の中で仕事しかなければ、かえってやる気など持つ事が出来ません。

極論、使う為にお金を稼いでいるのですから。

休みが無いという事は、お金を使う機会がありません。

自分の時間が無ければ、趣味の時間を作る事さえできず、ただひたすら仕事をするだけの日々になってしまいます。

仕事が忙しく、忙しく働いている姿は周りから見ればとても充実しているように見えるのかもしれません。

ですが、本人からすればもっと自分の為に時間を使いたいと思う事でしょう。

休みが少ないと、気持ちを切り替える事が出来ません。

結果的にストレスを感じたとしてもそれを発散させる事が出来ないのです。

ただただストレスが溜まっていく状況は決していい状況とは言えず、何らかの問題につながる可能性があります。

休みがあるからこそ、人は頑張る事が出来るのです。

どんなに優秀な人も走り続ければ走り続けるだけ疲れてしまうものです。

そうならないようにする為にも、適度な休息はとても重要なポイントなのです。

だからこそ、プライベートが全くないような、休みのなさの場合には是非転職を検討してみいてはいかがでしょうか。

休日出勤がある

会社によっては休日に出勤しなければならない時もあります。

それは、規定で決まっているのであれば仕方のない事です。

仕事が終わらずどうしても行かなければならない事もあるかもしれません。

それは珍しい事では無く、仕事をする上では多少我慢しなければならない事もあります。

ですが、それが毎週となれば話は違ってきます。

毎回休日出勤をするといことは、実際休みが無いと言う事になります。

休みが無ければ当然人間は疲れを感じる事でしょう。

ですが、休みが無いからこそ体を休めることが出来ず、ますます疲れてしまうと言う事もあります。

そうなってしまう事が無いように、休みはとても大事な事でありそれを確保する事が出来ないのであれば、辞める事も当然の権利と言えるでしょう。

円満退社したい!退職するときに気を付けるべきこと!

退職を決断したら、後は会社に報告するのみです。

もう辞めてしまうのですから、どんな辞め方をしても良いと思う方もいるでしょう。

けれど、いつどこでつながりがあるか分かりません。

もう一生合わないと思っていた場合でも、以外とどこかでつながっている場合もあるのです。

そうなった時に面倒な思いをしないように、出来るだけ円満退職を目指しましょう。

退職事態は悪い事では無いはずです。

きちんと行動をすれば、気持ち良く会社を辞める事が出来ます。

何もせず、急に辞めても手続きなどが残っている場合には連絡を取らなければならならなくなってしまう事もあるでしょう。

そうなってしまうと、面倒な事も多々出てきてしまうのです。

周りに迷惑をかける事もあるので、大人としてきちんと行動を検討していきましょう。

ここからは円満に退社する為に気を付けるべき事についてご紹介させていただきます。

意思は直接伝える

最近では、若者たちのコミュニケーションはLINEやSNSなどによって行われています。

友達同士であればそれも良いでしょう。

けれど、その感覚をそのまま職場に持ち込んでしまう場合もあります。

なんと退職希望をそれらを使って報告してくるのです。

それはあまりにも常識が無い行為であり、周りの人もどんな対応をしたらいいのか分からなくなってしまう事でしょう。

だからこそ、連絡はきちんと自分の口を使って行うべきです。

確かに退職の希望を口で伝える事には抵抗があるかもしれません。

ブラック企業などの場合にはどんな話をしたらいいのか分からないなんて事もあるでしょう。

けれども、そうだったとしてもそこは我慢して自分の口から相手に伝える事が大切なのです。

出来るだけ嫌な事は避けたい気持ちも分からないではありません。

ですが、ここで逃げてしまうとずっと逃げ癖が付いてしまいます。

そうならないようにする為にも、嫌な事こそ自分で話をする事が出来るようにしておく事が大切なのです。

退職日は余裕を持って

一度辞めたいと思うと、気持ちはもう辞める方向に傾いてしまいます。

だからこそ、明日にでも辞めたいと思ってしまう気持ちも分からないではありません。

ですが、それは出来る事ではありません。

会社としても、都合があるのです。

引き継ぎなどをしてもらわなければ困る事だってあるはずです。

退職希望を伝える日にちは、法律によって決まっています。

病気などどうしても仕方がない場合を除いて、基本的にはその機関を守る事を重要視されているのです。

だからこそ、私たちはその時間を守る必要があります。

一回話をしてしまえば、あとは何を言われたとしても気にする必要はありません。

その一回が嫌だという気持ちも分かりますが、大人としてそこは我慢すべき所でもあります。

「やめたいと思っている」ではなく「やめたい」と伝える

辞めたいと既に心が決まっているのにも関わらず、周りの人から引き止められる事ほど困ることはありません。

気持ちを変えるつもりが全くないのであれば『辞めたいと思ている』ではなく『辞めたい』と伝えましょう。

そうする事によって、決定事項として相手に伝える事が出来るのです。

可能性があると感じるからこそ、引き留めようと思ってしまうのです。

だからこそ、既にその可能性が全くない事を相手に伝えるのです。

そうする事によって、面倒な事を避け気持ち良く退社する事が出来るようになるはずです。

嘘はつかない

余りにも仕事が嫌な場合、どんな理由を付けてでも会社を辞めたいと思ってしまう事でしょう。

その心理も分からないではありません。

ですが、それをしてしまうと後からつじつまが合わなくなってしまったり周りの人を無駄に心配させてしまう事もあります。

嘘をつきだすと、ずっと嘘をつき続けなければならなくなってしまいます。

それを適当に行えば、結果的につじつまが合わず、周りの人に嘘がバレてしまう事もあります。

嘘がばれた後は、とても居にくく退職までの機関気持ちが落ち着かない時間を過ごす事となるでしょう。

嘘をつかない事は人間として当たり前の行為です。

嫌な事から逃れる為に、そうしたい気持ちも分からないではありませんが、それをする方が結果的に辛い事になってしまうのです。

だからこそ、そうならないようにする為にも、無駄な嘘はやめましょう、。

引継ぎはしっかりする

仕事を止めてしまえば、会社の業務は一切関係ありません。

その後どうなろうと関係ないのです。

けれど、そうだとしてもだからと言ってすべてを投げ出して良いという事にはなりません。

会社にあなたが居なくなったところで、会社は動き続けるのです。

だからこそ、引き継ぎはきちんとするべきです。

引き継ぎをしないでそのまま辞めてしまうと、後の人が困る事になります。

人間関係によって辞める場合にはそうする事によって相手を困らせたいという心理が働く事もあるのかもしれません。

けれど、それはルール違反であり仮にも仕事をすることによって給料をもらっていた人からすれば、決して許される事では無いはずです。

だからこそ、引き継ぎはしっかりしてください。

どんな嫌な仕事でも、やり続ける事によって多少のスキルは上がるものです。

そのスキルを発揮する事が出来る唯一のチャンスかもしれません。

だからこそ、そのチャンスを無駄にする事なく大切にするという意味も引き継ぎをする事は大切な事なのです。

しっかり挨拶にまわる

仕事は一人でするものではありません。

必ず誰かと一緒になって行うはずです。

その中にはお世話になった人も居るはずです。

そのお世話になった人にはきちんと挨拶をするべきです。

例え挨拶をしなくとも、何も困る事はないでしょう。

もう一生会わない事だって珍しい事では無く、そんな人に対してわざわざ挨拶をする必要が無いと感じる人も居るかもしれません。

ですが、人間として礼儀を重んじる事は大切な事です。

挨拶をして損になる事はないはずです。

相手もきちんと挨拶されれば嫌な気持ちにはならないはずです。

今までの関係性を壊すことなく一緒に新しい関係を作る事だって出来るようになるかもしれないのです。

挨拶は義務ではありません。

けれど、是非して欲しい行為の一つです。

退職判断は慎重に!

一度何か嫌な事があると、あれもこれもすべてが嫌になってしまうものです。

そのきっかけは人によって違うはずです。

休みが取れない事や賃金が低い事に不満を感じる人もいれば、人間関係がうまくいかずに辞めたいと思うことだってあるでしょう。

どんなきっかけであれ、自分が嫌だと思えば辞めていい事には変わりはありません。

ですが、そうは言っても決断にはある程度の時間が必要です。

一次の感情によって物事を決めてしまうとあとから後悔してしまう可能性もあります。

せっかく就職した会社です。

きっといいところもあったのでしょう。

けれど、嫌な事があった事によってその良い事すら全て忘れてしまっているのかもしれません。

確かに世の中にはブラック企業と呼ばれる所もあります。

それらの場合には、長く働いたとしても意味がないと感じてしまう場合もあるでしょう。

余りにも人間としておかしな扱いを受けているのであれば、しぶとくしがみつく必要もなくそのまま辞める決断をする事も大いにあるでしょう。

問題なのは、その決断をどのタイミングでするのかという事です。

自分の気持ちを優先する事は大切ですがそこばかりに目を向けていると、大切な事を見失ってしまいます。

だからこそ、時に冷静な判断をする事が重要なのです。

自分の事を冷静に判断し、客観的に物事を判断する事が出来れば正しい決断をする事が出来るはずです。

けれどそれは簡単な事ではありません。

自分の判断に自信が持てない場合には、他人のアドバイスを参考にしてみる事もまたおすすめの方法です。

一度退職を決めてしまうと、もう元には戻りません。

やっぱりあの会社が良かった。

安定した生活をしたい。

そんな風に思った所で結果を変える事などできないのでしょう。

だからこそ、決断をする際には吟味を重ね、慎重に決断する事を進めします。