人には様々なタイプの人間が居ます。

明るい人も居れば、暗い人も居るでしょう。

人付き合いが得意な人も居ればそうでない人もいます。

そんな人々の中には、嫌われてしまう人と言う人が居る物です。

人に嫌われる事は悲しい事です。

自ら嫌われようと思い行動する人はあまりいないでしょう。

しかし、自分が意識していないところで人を傷つけたり不快な思いをさせる事で嫌われてしまう原因を作りだして居るかもしれません。

そこで今回は嫌われてしまう人の特徴をご紹介させて頂きたいと思います。

人に嫌われてしまう人にはどんな特徴があるのか。

嫌われないようにするにはどうしたら良いのか。

様々な観点から、『嫌われる人』の特徴をご紹介させて頂きます。

自分は大丈夫だと感じている方も、実際は陰で嫌われて居る事だってあるかもしれないのです。

他人事とたかをくくらず、是非自分に置き換えてじっくりと考えて見てはいかがでしょうか。

嫌われる人の特徴を紹介

嫌われてしまう人にはいくつかの共通点があります。

本人が悪い場合もあれば、周りからのひがみによって嫌われてしまう事もあるでしょう。

ひがみや嫉妬・妬みなどの感情は当の本人にはどうする事も出来ません。

だって勝手に相手が思っている事ですから。

その為、そういった負の感情でき割られて居る場合は、気にしない事に限ります。

それだけ自分が魅力的何だと自信を持ちましょう。

しかし、自分自身に原因がある場合は違います。

その事に気が付き、行動を改める事が出来なければ周りからドンドン人が減ってしまう事になるでしょう。

今まで気が付かずに行ってきた数々の行動が、人に不快な思いをさせている可能性だってあるのです。

その為、自分の行動を振り返り考える事はとても大切なポイントです。

また、TVなどのメディアに登場している方々の中には『嫌われ者』という立場の人が居る物です。

本当に嫌な人間な人も居れば、あえて自分のキャラクターとしてその役を演じている方も居る事でしょう。

彼らの言動や立ち振る舞いを見る事によって、どうしたら人に嫌われてしまうのかという、反面教師としての材料としても利用する事が出来ます。

人間関係は複雑です。

立場が違えば、同じような行動を取ったとしても嫌われてしまう事もあるでしょう。

その為、その都度考え行動する事がとても重要なポイントです。

芸能人の場合

芸能人とはTVや映画・雑誌など様々なメディアに登場している方々の事を指します。

彼らも私たちと同じ人間です。

ですが、どこか空想の人物のような雰囲気があり雲の上の人と言う感覚もあります。

彼らは『芸能人』として様々なメディアにとりだたされます。

一般人であれば人権侵害にも当たるようなプライベートな事まで詮索され、ある事ない事を常に撮りだたされています。

それだけ多くのお給料を貰ってると言えばそれまでですが、それでもかなりのストレスがある職業である事は理解出来るのでは無いでしょうか。

多くの人に夢を与える仕事だからこそ、自分の時間を犠牲にする事も少なくありません。

そんな芸能人の方の中にも、嫌われる存在という物は居るものです。

キャラクターとして、その役割をはたしている方も居れば、どこか自分自身を勘違いして居る方も。

彼らの姿は日々多くのメディアで目にする事が出来ます。

その為『この人嫌われているな』と感じるような人を見かけた時は、どこがイケないのかを考え、自分の行動を見直すきっかけにしましょう。

1.横暴

芸能人の中には『重鎮』と呼ばれる方々がいます。

彼らは、何も特別な存在な訳ではありません。

他の方と何ら変わる事の無い芸能人です。

しかしながら、今までの功績であったり長く芸能界という荒波の中でその存在を残す事が出来たと言う事だけで、価値のある人々だと言われて居るのです。

私たちの世界でも、目上の人は立てなければならないと言う考えがあります。

その為、経験豊富な方々を『重鎮』として捉える事は悪い事では無いでしょう。

しかしながら、それを勘違いしている方もいます。

例え、年上であったとしても長い経験を積み大きな功績を作った人だとしても、神様ではありません。

その為、なんでも感でも許されるということでは無いのです。

しかしながら、重鎮と名の付く人は時に、自分を勘違いしてしまいます。

周りの人が、あまり意見を言う事が出来ない事を良い事に、やりたい放題してしまうのです。

その為、表向きは言いなりになって居る人々も、心の中では嫌われて居る事が殆どです。

最近では、年齢も若くさほど実力も無い人が自分を過信しすぎるあまり横暴な態度を取っている姿を良く見かけます。

本人は大スターの気分かもしれませんが、周りから見れば滑稽でしか無いでしょう。

周りの人々が言う事を聞いてくれるのは、その人本人が偉いからでは無くあくまでも仕事だからです。

その事に気が付く事が出来なければ、周りからドンドン人が離れていってしまうでしょう。

本当に実力があり、品格がある人は自分の事を『重鎮』としては扱わない物です。

常に謙虚に行動し、周りの人を気にかける優しさを持っています。

そういう人だからこそ、多くの人が憧れ、尊敬するのです。

2.自分の身を守るコメンティーター

TVの中には、コメンテーターと呼ばれる立場の方々がいます。

彼らは、取り上げられた話題に付いて自分の専門的知識であったり、人生経験を踏まえて考えを述べます。

多くのコメンテーターが居る番組では、それぞれに考えを討論しあうディベートにような形を取っている番組も少なく無く人気を博してします。

しかしながら、コメンテーターとして話をしている人全てがきちんと知識を持って話をしている訳ではありません。

専門家として招待されて居るような人々は別ですが、中には何の知識や経験を持たずに意見している人もいます。

視聴者の気持ちの代弁者としてそこに座って居るのであればまだ理解する事が出来まずが、

自分の勝手な考えをのべ自分の事を擁護する事しか考えていない人もいます。

そんな人は、視聴者からすれば目ざわりでしかなく気分を害する存在になってしまうでしょう。

彼らも仕事です。

好きで選んだ仕事では無いのかもしれません。

自分で選んだ訳では無いのに『偉そう』などと言われる事に関して不満を抱いている場合もあるでしょう。

しかしながら、もし仕事としての認識があるのであれば、そこをきちんと踏まえ勉強するなり話し方を気を付けるなりするべきです。

努力はすぐには報われる事は無くとも、必ず結果を出す時がやって来るでしょう。

その日を目指し、行動する事はとても大切なポイントです。

3.いじめにしか見えない

TVには様々な番組があります。

ドラマや映画などの、物語を楽しむ物もあれば、ニュースなど現在の社会状況を知る事が出来る物もあります。

その中には、バラエティーと呼ばれるものがあります。

バラエティーとは、英語であり寄せ集めと言った言葉の意味があります。

その為、バラエティーと言っても多くの種類があるのです。

クイズを取り扱うような物もあればお笑い芸人の人々が登場し、それぞれのネタを紹介するような番組もあります。

その中には、なんともやりすぎな物も登場しつつあります。

本人たちは仕事としてやっているのかもしれませんが、視聴者が見ているといじめているようにしか見えない物もあります。

例えば、どっきりの番組などでは先輩芸人が後輩を怒るというようなものがあり、余りにも理不尽な態度に視聴者からの苦情が多く寄せられました。

バラエティーは、あくまでも皆が楽しむ事が出来るもので無ければなりません。

その中で、無理難題を押し付けたりパワハラのような行為が当たり前のように行われて居ると、

見ている方としてはあまり気分の良いものではなく、その人自信に嫌悪感を抱く事もあるでしょう。

今は、昔とは違い視聴者の目も厳しくなっています。

その為、昔の感覚で物事を行うと批判の対象になる事も珍しくないでしょう。

是非その事を理解して、今の社会にあったTV番組作りを行うべきです。

そうする事が、多くの視聴者を引きつける魅力ある番組になる事でしょう。

4.批判しかしない

メディアには様々な種類があります。

その中でも、最も身近な存在として知られているのはやはりTVでしょう。

TVの中には様々な番組が存在しており、視聴者はそれを自分で選びながら見る事が出来ます。

多くの番組があると言う事は、それだけ多くの人が出演していると言う事でもあります。

その中には自分の意見を通すばかりで相手の意見を全く取り入れない人もいます。

それは、何も専門家の人ばかりでは無く、普通の俳優さんや芸人さんなどジャンルに囚われる事無く様々な分野でそういった方を見受ける事が出来ます。

本人としては、自分のやり方が一番正しいと思って居るので他人の意見を聞き入れる事は不快な事であり、無駄な事なのかもしれません。

しかしながら、そんな人々の強情な態度によって番組の良さが失われて居る場合もあります。

せっかく楽しみにしていた番組で、そんな人々が登場してきたら思わずウンザリしてチャンネルを変えたくなる事だってあるかもしれません。

人の批判は的確なものであれば仕方ない面もあるかもしれません。

しかしながら、自分の意見を通す為だけのものは見ている方が気持ちの良いものでは無く不快な気分にさせられる事も珍しい事ではありません。

これは実生活でも言える事なので、ついつい他人の噂話などをしてしまう人は周りの人から嫌われて居る可能性が大いにあります。

是非、他人の振りを見て自分自身を振り返り、正していきましょう。

5.女(男)癖が悪い

最近、芸能界は不倫ラッシュです。

『ゲス不倫』という言葉が登場する程、多くの方の不倫が鳥だたされました。

その中には『やぱりな』と思う人も居れば『この人が不倫なんて!!』と驚くような人も居ました。

不倫は世間的にとてもイメージが悪いものです。

その為、不倫が発覚するとその人の人気は急降下して行く事でしょう。

更に、奥さんが妊娠中や闘病中に不倫していた事がばれれば人間としての品格を疑われ、

どんなに人気のある芸能人でも一気に仕事が無くなってしまう可能性も否定出来ません。

人間は、子孫を残すという本能があります。

その為、自分の結婚相手や交際相手であるパートナー意外とも関係を持ち多くの子孫を残したいと言うのは、いわば人間の本能なのかもしれません。

しかしながら、今現在のモラルではそれは認められて居ません。

特に婚姻関係を結んでいる人の場合は、不倫をすると不貞行為と言われ慰謝料などを請求する事が出来る場合もあります。

禁止されてはいるものの、世間には浮気や不倫が後をたちません。

と言う事は、それだけ浮気や不倫に苦しめられてきた人が居ると言う事です。

彼らは、浮気をした芸能人に自分の姿を重ね合わせ憎悪をむき出しにしているのかもしれません。

八つ当たりと言われればそれまでですが、それでも特定の芸能人を嫌う理由としては十分なのでは無いでしょうか。

恋愛は自由です。

しかし、恋人や配偶者が居る場合は必ず相手を傷つける事になります。

幾ら自由に出来ると言っても、人ととしてやっては行けない事と言うものは存在しています。

その事をきちんと心に刻み、モラルある行動を取る事がとても重要な事となります。

妻の場合

人間関係を築いて行く事は難しい事です。

それは、例え家族であっても同じ事が言えるでしょう。

例えば、夫婦間においても例外ではありません。

夫婦は、所詮赤の他人同士です。

どんなにお互いを思い合って結婚したとしても、年月が経てばその気持ちは冷めていくものです。

その気持ちが冷めた時、相手に対して嫌悪感を抱く事だって珍しい事ではありません。

妻や夫など、それぞれの立場によって考え方も優先する事も違います。

その為、自分が思っている以上にに相手に負担をかけたり不満を感じさせてしまてっている場合があるでしょう。

自分の行動を振り返り反省や改善をする事で、今後二人の関係を良いものにする事が出来るかもしれません。

そこで今回は、妻に対して夫が感じやすい不満についてご紹介させて頂きます。

6.家事に手を抜く

最近では、男女平等が当たり前のように考えられています。

その為、家事や育児も分担する家庭も少なくありません。

しかしながら、それでもまだまだ日本には男は外で働き、家の事は女性がすると言う考え方があります。

その為、奥さんが家事に手を抜くと不満を感じる事になるのです。

お互いがお互いの役割をきちんとこなす為には、それぞれがしっかりと意識して仕事をする必要があるでしょう。

その為、自分はきちんと仕事をしているのにも関わらず家が穢ければ不満を感じても仕方の無い事なのかもしれません。

しかしながら、奥さんには奥さんの言い分があるはずです。

子供がまだ小さければ、どんなに綺麗に家を片づけてもすぐに汚されてしまう可能性もあります。

また、そもそも掃除する時間すら取れない事もあるでしょう。

さらに、奥さんが外で働いている場合には、同じように疲れて居る場合があり時期によっては仕事が忙しく掃除する体力まで残されていないと言う事もあるでしょう。

掃除や洗濯をする担当は、奥さんで無ければならないと言う決まりはありません。

その為、気が付いた方が率先して行えばいいだけの話です。

もし、自分が100%家計を支えており奥さんに家事をきちんとして欲しいと感じているのであれば是非その事をしっかりと言葉で伝えましょう。

奥さんに取っ手は家事に手を抜いているつもりでは無く、それがその人の100%なのかもしれません。

お互いの意見をすり合わせ、理想を現実の物にして行く事がとても重要です。

7.長電話

女性は基本的に話したがりです。

その為、一度もりあがると、同じような内容で何度も話しが盛り上がってしまうと言う事も珍しい事ではありません。

しかしながら、男性にはこの感覚が理解出来ない場合が多々あり、『どうしてそんなに長電話をするのか!』とイライラしてしまう事もあるでしょう。

家にある電話を利用している場合は、その時間電話を利用する事が出来ません。

そんな事からも、電話を独占するする事に対して家族からの不満が出てくるのです。

しかしながら、その長電話は奥さんの唯一のストレス発散なのかもしれません。

その数時間の話が、心を落ち着かせストレスを解消し家族への八つ当たりを防いでいるなんてこともあるでしょう。

その話の相手を、旦那さんはする事が出来ますか?その方が面倒な事になる可能性だって十分考えられます。

いつまでもだらだらと電話をし、家族に迷惑をかける事はお勧めする事は出来ません。

しかしながら、多少の長電は家族に平和をもたらす為に必要な事なのかもしれません。

8.子供を盾にする

子供は夫婦にとってとても大切な存在であり、、愛の象徴とも言われる程の存在です。

しかしながら、夫婦間が不仲になるとその大事な子供との関係も大きく変わって来る事があるでしょう。

子供がどちらの味方に付くかによって、夫婦喧嘩の勝敗も決まって来るのです。

子供にとって母親は絶対的な存在です。

その為、どうしても母親に懐き母親の見方になる事が多いでしょう。

一緒に居る時間も長く、日常的に面倒を見ているのは母親です。

そのため、それは当たり前の事なのかもしれません。

しかし、それを良い事に子供を立てにしながら旦那に文句を言ったりする方がいます。

大事な存在である子供を盾にりようする事はルール違反です。

旦那さんが反論しようとしても、子供が居る場ではなかなかする事が出来ず、不満が溜まる事に繋がります。

子供にとって親はどちらも大切な存在です。

その為、喧嘩に子供を巻き込む事はやめましょう。

9.小遣いが少ない

お金は湧いて出てくるものではありません。

その為、収入に見合った使い方をしなければお金はすぐに底についてしまうでしょう。

しかしながら、その事をきちんと理解出来ていない方と言うものは居る物です。

そんな方々は、お金の管理を奥さんに任せっぱなしにしている人です。

自分のお給料はなんとなく分かって居ても、それがどこにどんな風に使われて居るかが分かって居ないのです。

その為、あんなに稼いできたのにこれしかお小遣いを貰えない。

と言う不満が大きくなり奥さんを嫌いになってしまう事もあるのです。

しかしながら生活するにはお金がかかります。

子供が居る場合は、通常生活して行く異常にお金がかかります。

食費や衣服代は勿論ですがそれ以上に教育費などもかかってくるでしょう。

その事を考え、事前に貯金しておかなければ今後困ってしまうのです。

その為、例え一家の大黒柱であったとしてもお小遣いを上げる事が出来る金額には限度があります。

とはいえ、いつもいつも厳しく管理していては旦那さんにストレスが溜まってしまうのも理解出来ます。

年に数回の飲み会や衣替えの時期などの買い物は思うままに買い物をさせて上げたりお金を渡して上げても良いのかもしれません。

長く共に生活して行く為には、お互いに歩み寄る事が必要です。

お互いがお互いに不満を抱いたままでは、良い関係を続けて行く事は出来ないでしょう。

その事をよく考え、行動するようにしましょう。

10.Hさせてくれない

これは、子供が出来た家庭に良くある現象かもしれません。

妻は、日々子供の子育てに追われています。

育児や家事など、家に居て行う事が出来るので仕事より楽なのでは無いかと勘違いされて居る方も居ますが、

家事や育児は通常の会社とは比べ物にならない程体力を使います。

勤務は24時間。

365日休みなし。

どんな状況でもお客様の要望に答え、不眠不休・食事もろくに取らず頑張って働いて居るのです。

子供が小さいうちは、子供が寝ている僅かな時間を使って休憩する事が唯一の楽しみでもあります。

その為、そんな時にHの話が出たとしても『休ませてくれ!』との気持ちが強く、前向きな気持ちになる事は出来ないでしょう。

しかし、男性にとってはそれは不満の対象となります。

まだ父親になりきれていない人は、構って貰えない現実を嘆きふてくされてしまう事もあるでしょう。

人によっては浮気をしたり風俗に走ったりする事もあるでしょう。

しかし、よく考えてみてください。

妻が必死になって育てている子供は誰の子供なのでしょうか。

そのどもを妻がしっかりと守ってくれて居るからこそ、安心して仕事に行く事が出来ると言う事を忘れては行けません。

奥さんが余裕が無く、Hする時間すら惜しいと思う事は裏を返せばそれだけあなたが手伝う事が出来て居ないと言う結果にもなります。

もしもっと夫婦中を良くしたいのであれば、それだけ妻の負担を減らしてあげる必要があるでしょう。

自分のやれる事もきちんと出来て居ないのにも関わらず、断片的な部分だけを見て不満を言う事は余りにも酷い話です。

しかし、大から少なかれ男性にはそういう所があります。

その為、最近ご無沙汰だなと感じる人は、もしかしたら旦那さんの心の中は不満でいっぱいなのかもしれません。

その様子をよく見て、変な気を起こす事が無いようにしっかりと見張って起きましょう。

夫の場合

次は夫の場合です。

男性に比べ、女性の方が相手に求める事が多く細かい所にも目がいきます。

その為、相手に対する不満も多く抱えがちです。

インタネットで検索すると『夫』と検索すると、その後ろには、怖い文字が並ぶと言う話もよく耳にします。

男性は、自分は大丈夫と思って居たとしても実は奥さんがこっそり離婚を計画している可能性だってあるのです。

相手がどんな事を考え、どんな事に不満を感じているのかをきちんと考え受け止める事が平和な夫婦関係を築いて行く為には重要なポイントです。

11.老けた

女性は、男性に比べ見た目に対してのこだわりが強く自分自身も身なりを気遣い出来るだけ若く見せたいと思って居る物です。

その為、パートナーである夫に対しても、同じように見た目に気を使いいつまでも素敵な男性で居て欲しいと願っています。

しかしながら、男性の方が基本的にオシャレに対して鈍感です。

ついつい気が付かないうちに『おじさん』になってしまっている事も珍しいい事ではありません。

男性ホルモンが活発になた結果髪の毛が薄くなったり体臭がきつくなったりしてしまう事もあるでしょう。

ある態度は、老化の一種なので仕方の無い事なのかもしれません。

しかし、そこに対して努力を全くせず。

現実をそのままにしている姿はだらしがなく、相手の魅力をゼロにする威力があります。

男性が若い子が好きなように、女性だって若々しく、魅力溢れる男性の方が良いに決まっているのです。

その事をふまえ、自分の行動を見直していきましょう。

12.稼ぎと将来への不安

今でこそ、男女平等で働く事が当たり前の時代になりつつある日本ですが、少し前までは男性が外で働き、女性が家庭を守ると言う考え方が一般的でした。

その為、家計を支えているのは、男性の方々がいまだに多いと言われています。

そんな状況の中、旦那さんの稼ぎに不満があるとそれは将来の不安に直結してしまいます。

旦那さんの給料が少ないと感じる時は、その責任を全て旦那さんに押し付けるのでは無く、自分自身も積極的に改善する為に行動しなければならないでしょう。

家族を支えて居るのは、旦那様ですが一人でその負担を抱える必要は無いのでは無いでしょうか。

家族として、互いが互いを支え合う事が大切なポイントです。

13.妻を褒めない

妻の側の不満として、最も多く挙げられるのが育児や家事に対する理解が少ないという点が挙げられます。

男性の中には、外で働いている自分たちの方が偉く、体力的・精神的にも辛いと感じている方が多々います。

その為、家に居て家事や育児をしている女性に対して『家に居る事が出来るなんて楽だ』『日々遊んで暮らして居るんだろう』と酷い言葉を浴びせる方々もいます。

しかし、育児や家事は男性が想像している以上に大変で精神的にも体力的にも物凄く疲れる滋賀とです。

お休みの日がある外での仕事とは違い、育児や家事には休みがありません。

365日24時間休みなしで仕事をしなければなりません。

そんな多くの時間を家族の為に使っているのにも関わらず、感謝の気持ちがまったく無く当たり前だと思われて居ては、不満も大きくなる事でしょう。

夫婦は家族ですが、所詮は他人です。

その為、相手には常に礼を払って行動しなければなりません。

日本には、親しき中には礼儀ありと言う言葉もあり、それはまさに夫婦間に対して言える内容なのです。

日々感謝を伝える事が出来れば、奥さんも旦那サンに対しての不満を少しは軽減させる事が出来るでしょう。

その点をしっかりとふまえ、行動する事をお勧め致します。

友達の場合

友情関係は、いつの時代も難しいものです。

自分ではそんなつもりで言った話で無かったとして、愛絵には間違った意味合いで伝わってしまう事もあるでしょう。

例え大事な友達であったとしても、その出来事をきっかけに不仲となり一生口を聞く事も無くなってしまう事もあるでしょう。

その為、友人との関係はしっかりと築いていく必要があります。

14.ウソをつく

ウソは一度付くと、そのウソを守るためにどんどんとウソを上塗りする事になります。

その為、ドンドンウソが増えていきいつしか自分でも何が本当で何がウソかが分からなくなってしまうものです。

ウソは自分を守る為につく場合が多く、それによって相手の信用を無い物にしてしまう可能性もあるでしょう。

信用を築く事はとても難しい事ですが、その築いた信用を無くす事は一瞬の出来事です。

そして、そのせいで一生話をする事が無くなってしまうものです。

また、一人の信用を無くす事によって、その周りに居る人々の信用を無くしてしまう事も珍しい事では無いでしょう。

ウソを付く事は簡単です。

それによって自分自身を守る事が出来る場合もあるでしょう。

しかしながら、それによって失う可能性があるものがあると言う事も忘れては行けません。

15.お金を借りにくる

昔から、日本には『金の切れ目が縁の切れ目』という言葉があります。

それは親子関係は勿論、友情にも言える事です。

お金は、生きていく為にとても大切なものです。

それをもし借りるのであれば絶対に相手に返さなければなりません。

お金に対してルーズな生活を送って居ると、相手はあなたに対して不信感を抱く事になるでしょう。

お金は人の心を簡単に変えてしまいます。

その事をしっかりと心に刻み、相手に不快な思いをさせないように生活しなければなりません。

基本的には、お金を借りない事を徹底する事が一番の方法です。

16.時間にルーズ

時間にルーズな人は、その他のどんな約束に対してもルーズな印象を持たれがちです。

もし自分自身が相手に信用して欲しいと思っているのであれば、それ相応の行動をしなければなりません。

自分は約束を守る事が出来ないのに、相手に信用して欲しいと言うのは、虫が良すぎる話です。

人にされて嫌な事は、自分もしては行けません。

その事をしっかりと理解して行動して行きましょう。

17.連絡が一方通行

最近では昔と違い様々な連絡手段があります。

特にLINEなどは相手が見たかどうかを確認する事が出来るので『どうして読んだのに、返事をくれないんだろう』と不満に思う事があります。

それが積み重ると、いじめの原因などにもなりえます。

常に相手への連絡を気にする生活は、負担となります。

そんな事で、不仲になってしまうような相手とははなから連絡を取らない方が良いのかもしれません。

しかし、中には、自分の困って居る時だけ連絡をしてくる人と言う人もいるものです。

そんな人に対しては、どんなに親身になって話を聞いてあげたとしても無駄な時間を過ごしたと感じてしまう事もあるでしょう。

気持ちには気持ちで返さなければなりません。

人の好意を踏みにじる事が無いように行動する事を心がけましょう。

18.人の悪口ばかり

人の悪口は、話している本人はとても楽しいのかもしれません。

自分の不満を人にぶつける事によって、スッキリする事もあるでしょう。

しかしながら、それを聞かされて居る人はどうでしょうか。

楽しくもない不満を多々聞かされウンザリするに違いありません。

人の悪口を聞く時間程無駄な物は無く、その負のオーラによって気分が落ち込んでしまう事だってあるでしょう。

どんな関係であったとしても、話をする時は、明るい話をする事が一番です。

お互いが前向きな気持ちとなり、より意味のある会話を楽しむ事が出来るでしょう。