社内恋愛は一歩間違えると大変なことになります。

NGなアプローチを繰り返していると、最悪の場合クビを切られてしまうので要注意です。

どんなことをしてはいけないのか、アプローチする相手の立場になって考えていきましょう。

社内恋愛のメリットデメリット

アプローチについて考える前に、社内恋愛のメリットやデメリットを紹介します。

とくにデメリットは知っておく必要があります。

仮に恋が成就しても、デメリットを理解した上で付き合わないと破局を迎えるスピードが速まったり、面倒事を引き起こすため要注意です。

メリット

メリットは自分本位のものばかりであるため、アプローチ方法を検討する上ではそれほど意味がありません。

ただ、社内恋愛は悪いものではないということを、まずお伝えするために記載します。

会社が大丈夫であれば気兼ねなく接することができる

会社によっては文化として社内恋愛を歓迎しないところもあります。

その場合は、極力会社にバレないようにしなければなりません。

しかし、会社が大丈夫であれば、その配慮をする必要はないでしょう。

更に仲が深められる

職場でそれなりに立場が近しい2人であれば、もともと疎遠な関係ということはないでしょう。

片想いの段階でも、好意を持つことによって協力したいという気持ちが湧いてきてスムーズな仕事の進行を期待できます。

そうすれば、相手も感謝の念から段々と気になってくれる可能性もあります。

息が合う

他社に務めるカップルの場合、お互いの忙しいタイミングがズレがちです。

仕事の愚痴も守秘義務の側面からして具体的にはできませんし、結構努力しないと良好な関係を保ち続けることが難しかったりします。

その点、社内恋愛は成就すれば不都合がありません。

仕事明けのタイミングも同じですし、わざわざ待ち合わせしなくても良いため退勤後のデートもしやすいといえます。

デメリット

社内恋愛にありがちなデメリットを見ておきましょう。

キャッキャウフフしているだけ、というわけにはいかないことが、いくつかあります。

後になってからデメリットの部分を実感すると「そんなことくらい想像ついたでしょう…」という理由で喧嘩になりかねないので要注意です。

会社に秘密にしている場合は一緒に居づらい

社内恋愛NGの風潮を持つ会社だと、一緒には居づらいですね。

法律的な見解を参照すれば、就業規則に懲戒処分等の記載があったとしても、社内恋愛をしたからといって、ただちに処分されることはできないというのが結論ですが、単純に雰囲気として居心地が悪くなります。

なお、裁判例では、不倫が取引先にまで知れ渡ったことが会社の地位や名誉、信用を傷つけたとして懲戒処分が有効となったケースもあります。

基本的には処分できないとはいえ、不倫等の会社の信用問題にかかわるほど悪質な事案については処分対象となることを覚えておきましょう。

ケンカしているときなどでも会わないといけない

社内恋愛がお付き合いに発展すると、恋人としてのプライベートなケンカの最中も職場で会わなければならなくなります。

会話するのすらムカつくときでさえ、周囲に迷惑をかけてはいけませんから、業務上は滞りなく意志疎通することが必要です。

まぁ、大人同士の付き合いでケンカということ自体、幼稚な感じがしますが…。

普段見えないところが見える

仕事の面ではバリバリ働いていて格好よく見えても、プライベートはとんでもなかった、なんてことはよくある話です。

掃除もしなければ料理もしない、仕事では遅刻しないのにデートは遅刻、仕事以外の知識もモラルも全く無い、などなど。

思っていた人と違った、という事態になる前に相手をよく見極めましょう。

他の異性との付き合いが気になってしまう

別々の会社に勤めるカップルの場合、双方の仕事上の付き合いの相手は知らないので、いちいち気になることもありません。

しかし、同じ職場だとどうしても恋人が他の異性と話しをしているのを見なければならないし、時には楽しそうに笑っている姿を見て嫉妬を覚えることもあるでしょう。

ただ、あくまで業務上の付き合いは致し方ないので、嫉妬を覚える方に問題があります。

仕事とプライベートをしっかり区別できる人でないと、社内恋愛は向いていません。

別れづらい

二人が付き合っていることを周知されている場合、囃し立てられたりもするでしょうし、何かとお節介をされるようになります。

これは致し方ありません。

しかし、その分とても別れづらいです。

別れたとなると周囲はめちゃくちゃ気を遣うようになり、それが業務に支障をきたすレベルだと判断された場合、望まぬ配置換えもされてしまいます。

さらに、短期間のうちに社内恋愛で付き合う別れるを繰り返している人は信用も下がるでしょう。

実際に「あの女・男には近づくな」と陰で言われているケースもあります。

社内恋愛でNGなアプローチ10個

自分では社内恋愛、片思いによるアプローチのつもりでも、方法を間違えるとセクハラとして社内通報されるかもしれません。

「そんなつもりはなかった」と自己弁護したところで相手からしてみればセクハラなわけですから、苦痛でしかないのです。

そんな間違ったアプローチをしないために、NG例を学んでいきましょう。

1.近くに居るからとがっついてはだめ!


近くに居るからといって、むやみやたらとアプローチをしていると、周囲に好意を持っていることがバレてしまいます。

相手も同様に好意を持ってくれているなら幸せな結末を迎えそうですが、そうではない場合は振られるリスクを高めるだけです。

なぜなら「あいつは職場に何しにきてるんだ」という周囲の噂話によって好感度は下がります。

それに、相手の方も「思わせぶりな態度とったんじゃないのか」なんて言われ始めて迷惑に感じるようになります。

さらに、ライバルなんか現れた日にはくだらないバトルが始まるからです。

そこまでやっても、相手がスルッと恋人を作った日には絶望的な日常が待っています。

社内恋愛のすったもんだが面白いのはドラマの中だけで、現実ではしょうも無さすぎてガキっぽいです。

同じ職場だからといつでも話をして良い訳ではない

そもそも論ですが、職場は恋愛をする場所ではありません。

好きな人とだけベラベラ喋っているのは社会人としてNGです。

給料をもらっているのですから、業務に集中してください。

軽い雑談程度は誰とでもすると思いますが、それが上限です。

それだって普段から業務を放棄して喋り倒している人はクビになります。

2.押しすぎるのはだめ!

中学生じゃあるまいし、押しまくって功を奏すことは、かなり稀です。

あんまりグイグイこられると、普通の大人なら引きます。

また、女性からアプローチしたい場合に限ってのことですが、職場にそぐわない露出度高めな服のアプローチも適していません。

TPOをわきまえない露出に色気を感じて落ちるような男も、それはそれで程度の低い人です。

あくまで仕事中は仕事優先

自分の仕事が最優先です。

好かれたいあまりに、相手の仕事を手伝って自分の仕事が遅れるようでは元も子もありません。

自分が仕事上とても優秀で、タスクを処理する能力が高いがために業務時間が余るくらいであれば手伝うのも許されます。

そうでなければ、まずは自分が仕事のできる人間になりましょう。

3.コソコソとアプローチするのはだめ!

周囲に好意を知られることの弊害を考えると、コソコソとアプローチしたくなるものですが、それは控えましょう。

仕事を手伝ったり悩み相談に乗ったりなどは、同僚として成立するアプローチなので構わないのです。

ですが、人として好かれたいというより異性として好かれたいというアプローチをしようとしてはいけません。

少なくとも職場でやることでは無いです。

二人きりで飲みに行ったときくらいにしておきましょう。

会社の人にバレたくないと思うと引かれることも

恋がほぼ成就しかかっているときにコソコソしていると、別れることを前提とした防衛策とも取られかねません。

ここが難しいところなのですが、相手にだけ伝わる愛情の示し方を覚えておいた方が良いでしょう。

たとえば、相手がなんとなく元気がなさそうな時や仕事でミスがあったときに、さりげなくフォローしたり食事に誘うのはOKです。

しかし、周囲にバレたくないからといって厳しい言葉を浴びせかけてみたり、あえて無視するようでは冷めてしまいます。

4.遊びに行くのはいきなり2人きりで誘うはだめ!

職場の人をいきなり2人きりのデートに誘うのはハードルが高すぎます。

相手がまだ乗り気でない段階では警戒されますし、周りの目も気になってしまうからです。

初めは何人か誘って遊びにいこう

他の人も交えてプライベートの時間でも会うことが先です。

季節のイベントを活用すると誘いやすいといえます。

食事やお酒を楽しむ席なら、複数人に声掛けしやすいです。

春ならお花見、夏はビアガーデン、秋は魚も野菜も美味しいし、冬は鍋があります。

遊園地に行こうとかスポーツをしようというのは好みが分かれるのと、プライベートすぎて乗り気になる人が少ないため、あまり得策とはいえません。

5.焦りは禁物!

社内恋愛に限らず、恋に焦りは禁物です。

相手の気持ちを高めていかないと、こちらが焦って行動したところで、迷惑な行為になりやすいといえます。

それに、焦ってしまうと挙動不審になりがちで引かれる恐れがあります。

冷静に現在の距離感を把握し、惚れさせるための策を練りましょう。

早く次のステップにと焦る必要はない

まずは同僚全般という括りの中から、会話を増やして人となりを知ってもらうことで個人として認知してもらい、さらに進めば異性として認識されるようになり、ようやく恋心が生まれる(かもしれない)というステップがあります。

これをすっ飛ばしてしまうと、相手からすれば誰だか分からない人から、やたらと色気を放たれるという気持ち悪い感じになります。

セクハラ認定待ったなしです。

気を付けましょう。

6.忙しい時でもアプローチするのはだめ!

自分に置き換えてみてもわかるように、忙しいときにその事柄と関係ないことを話されるとムカつくのが当たり前です。

たとえ恋人であっても、仕事が忙しいと言っているのに、相手がデートしないと怒ったりするようでは破局を迎えるでしょう。

仕事が忙しいのが分かるから気を遣うこともできる

職場が同じということは、聞かなくても相手が忙しいかどうかくらい分かるのがメリットです。

気遣いができるため、好感度を上げやすいといえます。

というか、相手が忙しければ自分も忙しい可能性が高く、仕事のフォローこそすれ、デートに誘ったりはしないものです。

誘えるとすれば相当神経が図太いか、自分だけ仕事を振ってもらえない暇人ということです。

一般的に、職場において仕事ができない人は男女問わず迷惑なだけですから、恋愛対象外となります。

十中八九振られるでしょう。

7.すぐには同僚や先輩に打ち明けない方がいいかも!

片思い中に、同僚や先輩へその気持ちを打ち明けるのは絶対NGです。

聞かされた方もどうしていいかわかりません。

また、好きな人の気持ちもまだ分からない段階であるため「そんなことを言われても恋人いますけど…」と知らなかった事実で間接的に振られる恐れもあります。

同僚や上司に恋愛相談と称して散々「こんなこと言われたんですけどこれって脈ありですかね」など、恋が順調総な話を流布した後だとすれば…想像するだけで恥ずかしくて会社に行けなくなります。

周囲からも憐れみの目で見られるでしょう。

まず相手に確認をとってからにしておかないと社内で噂になることが嫌な人もいる

恋が成就してお付き合いできることになっても、交際宣言をするのはストップ。

仕事とプライベートを完全に割り切りたい人にとっては、社内に恋人がいることを周知されるのはシンドイです。

お互いに周囲から認められるカップルになりたいという思いが合致しない限り、一方的に打ち明けるのはやめましょう。

それがもとで喧嘩になって別れてしまっては元も子もありません。

8.馴れ馴れしくしすぎてはだめ!


新卒の同期入社だと仲良くなりやすいのも頷けますが、大学のサークルとは違うので、仲良くしすぎは考えものです。

上司の目から見ると、いつまでも和気藹々で素晴らしいと思うよりは「いつまで仲良しこよしをやっているんだろう…向上心はないのかな」と思ってしまうものです。

ランチなども仲の良い人だけと固まっているのはおすすめできません。

上司や先輩と行った方が役立つ情報やアドバイスをもらえる可能性が高いですし、ある程度出世すれば顧客と行く方が有意義でしょう。

そして、結局は、上司や先輩との関係が良好な人ほど社内恋愛も長続きします。

周囲に知られても変な目で見られる心配はありません。

仕事自体もスムーズに進行しやすいため相手が冷めるポイントを減らせるからです。

友人や恋人のように仲良くするのは業務時間外で出来ることであり、業務時間中に馴れ合いをするのはやめましょう。

付き合うまではあくまで職場仲間

さて、周囲の目というのは上記の通りですが、馴れ馴れしくすべきではない最大の理由は好きな人にドン引きされるからです。

好きでもない異性から急に下の名前で呼ばれたり、ほぼ初対面なのにタメ口をきかれてイラッとした経験はないでしょうか。

仕事関係の人なら尚更違和感を覚えるでしょう。

おそらくその相手は、もう親しい関係だと思い込んでいるのでしょうけれど、迷惑な話ですよね。

これと同じことを好きな人にしてはいけません。

相手との距離感が縮まって、双方ともに親しみを感じ合うまでは我慢しましょう。

9.相手の同僚や先輩とも仲良くなっておく

自分の同僚や先輩、上司と仲良くなるのはもちろん、部署が違うなら相手の周囲とも仲良くなっておきましょう。

最初から目当ての人に近づくよりも、周囲の人たちと仲良くなる方が気負わずに済むというのも利点です。

周囲の人たちと仲良くなって飲み会にでも行けば、その席に目当ての人がいる可能性は高いといえます。

積極的にアプローチをかけてくるより、気づけば傍にいる人に惚れやすいもの。

あくまでも自然な出会いを装って距離を縮めることが効果的です。

アプローチしたはいいが周りからの評判がダメだと上手くいかないこともある

「あいつはやめとけよ…」と水を差されないためにも、周囲の人を仲間にしておくことは重要です。

挨拶ができないなんてもってのほか。

同じ職場で働く仲間として円滑なコミュニケーションをはかりましょう。

ただし、業務とあまりにも関係無い話をするのは、むしろマイナスになってしまいます。

部署がかけ離れていて、連携をとることが少ないなら微妙です。

給湯室や自販機の前で一息つくときに軽く話をする程度が良いでしょう。

また、好きな人の周囲だけでなく、全部署の人と仲良くなることがおすすめです。

あからさまに特定の部署と仲良くしていると目立ってしまうので、部署を限定しないことで狙いに気づかれないようにする効果があります。

それに、他部署と幅広く仲良くなっておけば、いずれ業務にも役立つので一石二鳥です。

口止め効果

仲の良い人が不幸せになって欲しいと思う人はいません。

アプローチ中に「あ、◯◯さんが好きなんだろうな」と気づいても応援こそすれ陰口を叩くようなことはないでしょう。

悪い噂を流さない、恋心を暴露されないという口止め効果を考えれば、相手の周囲の人と仲良くなっておくことの重要性がわかるはずです。

10.相手に合わせないアプローチはだめ!

相手の気持ちのレベルに合せないアプローチはダメです。

恋というのは、どちらかの感情が上回っていると上手くいかないと言われます。

恋人同士ですら、一方の愛情が大きすぎると一方が窮屈に感じて破局するくらいですから、片思い段階での熱烈アプローチは相手を冷めさせるだけです。

9番目の項目でも記載したように、自然に出会って自然に関係が発展していくのが理想。

相手の様子を見ながら、今自分がどのような立ち位置にいるのかを冷静に分析しましょう。

ステップとしては、知らない社員に始まり、面識がある人、◯◯さんと仲の良い人、よく話す人、仲の良い同僚、気を許せる仲間、そして恋愛対象、くらいあります。

相手の時間やペースに合わせることも大事

よく「社内恋愛は退社時間を合わせてアプローチ!」なんて言いますけど、そういうことではありません。

月に1、2度はそのテクニックを使っても良いですが、頻繁だとさすがに気持ち悪いです。

そうではなくて、話しかけるタイミングだったりとか、複数人との飲み会にお誘いするタイミングなどを相手に合わせましょう、ということです。

仕事をしているのですから、それを妨害されるようなことは全て嫌悪の対象になります。

「同じ職場なのに見てわからないのか」と呆れもするでしょう。

また、前提として、相手の時間やペースに合わせて行動できるということは、自分の時間に余裕が無いとできません。

仕事を爆速で片付けられる人だけが許される方法であることを念頭におきましょう。

NGどころか完全アウトなアプローチ

NGはNOGoodの略なので、良くはない、くらいのものです。

一度やらかしてもまだ挽回のチャンスがあります。

しかし、完全アウトなアプローチをすると一発でドン引きされて挽回のチャンスは巡ってきません。

要注意です。

会社に提出された情報を乱用する

履歴書や勤怠連絡に記載されている情報から電話番号などを勝手に抜き出して登録し、電話をかけたりLINE検索したりするのは完全アウトです。

閲覧権限がある立場だとしても、それは会社に提出された情報であって、あなたに渡された情報ではありません。

これをやると本当に気持ちが悪い人認定されます。

自分から聞きに行く勇気もないような人、コンプライアンスが分からない人とも認定されるため、周囲からの信用もガタ落ちです。

漫画ではよくありますが、風邪で休んだ職場仲間の自宅へ看病に訪れるなんて現実世界では最大の恐怖です。

自宅の場所は教えなければ履歴書でしか分からないことくらい、すぐに想像がつきますし、そんな情報がダダ漏れの会社に不信感すら抱きます。

ストーカーとして通報されても致し方ない事案なので絶対やめましょう。

ライバルを排除する

結構女性にありがちなんですが、好きな相手と仲の良い異性を排除しようとする人がいます。

たとえ恋人同士だとしても、職場仲間を排除するなんて無理な上に、とても幼稚な感じがして付き合っていられません。

付き合う前の段階からも排除に向かう人がいます。

飲み会の席などで「◯◯さんは(好きな相手)さんのこと好きってわけじゃないんだよね?」「◯◯さんってあざといよねー!大学のときモテたでしょう?」「◯◯さんは男っぽすぎてもったいないよー!もっとおしゃれしなよー!」などと公開処刑したり、日常会話をしている中に割り込んだり…。

こういった行動は誰が見てもマウンティングだとすぐわかります。

むしろライバルと好きな人が仲の良い場合は「嫌われてるのかな…」という相談から仲を深められてしまうかもしれないのでアウトです。

誤情報を流布する

外堀固めたがる人がいますが、固められた当人としては恐怖でしかありません。

好意を抱いているという事実はないのに「◯◯さんに口説かれた」「◯◯さんが(大人数の)飲み(会)に誘ってくれた」なんていうご情報を流布されると殴りたくなります。

殴らないにしても、早く恋人を作って誤情報を帳消しにしようと考えます。

振られたときの自分へのダメージもハンパないのでやめましょう。

上から目線で褒める

会社は学校の部活ではないので、たとえ自分が先輩だとしても相手の実力の方が上ということもあります。

同じ肩書である以上は仕事の出来は大して変わらないということなので、上から目線で褒めるのはアウトです。

また、自分の立場が上の場合でも下馬評として「ポンコツ上司」と揶揄される立場にあるなら褒めても「お前が仕事できないから部下がケツ拭いているんだよ?」と思われてしまいます。

自分の立ち位置はよく見極めてください。

他者を下げて相手を上げるような発言もダメです。

「◯◯さんはホント気がきかないわ。

でも君は違うね」みたいなことを言われても何も嬉しくないし、「アイツと並べて言ってんじゃねーよ」とすら思います。

アプローチの前に考えるべきこと

アプローチをする前に考えなければなないことがあります。

下記に述べる項目を考慮せずにアプローチをしかけると、後々問題になってしまうケースがあるので、自分を守るためにもチェックしておいてください。

相手と自分の演技力

社内恋愛をするのは自由ですが、筆者としては結婚する段階に至るまでは隠し通すべきと申し上げておきます。

冒頭で記載したように、周囲に知られてから別れると、同僚に気を遣わせてしまいますし、自分たちも居心地が悪くなるからです。

しかし、恋が成就して付き合うことになったとき、自分または相手の演技力が低く、誰がどう見ても「この2人、付き合ってるな」と思われてしまっては隠し通すことができません。

また、演技力が低いということは、仕事とプライベートで脳を切り替えられないということと同義ですから、やや問題があるともいえます。

そもそも脈があるのかないのか

アプローチを頑張ればいけそうな感じか、どう頑張っても脈無しなのかくらいは、少し冷静に考えればわかるはずです。

脈無しが確実にも関わらずアプローチを繰り返すと相手は尚更冷めていきます。

現在の状況をよく考え、まずアプローチというほどの行動に出る前に、職場の同僚として仲良くなることが必要かもしれません。

さらに、自分のことを客観的に評価すること、相手の気持ちを考えることも大切です。

悲しいけれど自分の市場価値を考慮して

20代前半の女性社員に言い寄る、見た目が良いとはいえない中年男性の上司という構図…想像するだけでアウト臭が漂っていますよね。

まぁ、こういうことです。

悲しいですが、自分が好きになった人の射程圏内に入る市場価値を持っているかはよく考えましょう。

お局キャラが浸透しきってしまった女性、高圧的な態度を注意されたことのある人などもしかり、アピールしているだけなのに関係を強要されている感じがしてセクハラ認定されるリスクが高いです。

相手に恋人や配偶者がいたらひっこむように!

浮気や不倫をけしかけるようなマネをしてはいけません。

万が一、恋人や配偶者がいながら関係を持たれたとしても、お互い不幸な未来しかありません。

とくに、不倫なんかになっては慰謝料を求められるリスクもあります。

どんなに相手のことが好きでも、恋人や配偶者がいる人のことは諦めましょう。

自分の立場

職場である以上、自分の立場に目を瞑ることはできません。

同僚との恋愛ならそれほど気にすることはないのですが、立場が違う相手を好きになってしまったときは次のことに気を付けましょう。

人事権を持っているならNG

自分が相手にとって上司にあたり、人事権を持っている場合は、たとえ社内恋愛が許される会社であっても恋心を周囲に知られるのはNGです。

つまり、露骨なアプローチをしてはいけません。

相手の評価を高くした場合、それが真っ当な基準に基づく判断であろうと、周囲は「好きだから評価を上げやがった」と思ってしまいます。

相手にとっても可哀想な結果になるため、自分からアプローチすべきではありません。

仕事ができないなら社内恋愛をしている場合ではない

新入社員あるあるな話ですが、仕事もまともに覚えていない内から社内恋愛ばかりやっている“子”は「まだ学生気分が抜けないんだな。

情けない」と思われます。

新入社員だけでなく、仕事でミスが多い人も同様です。

社内恋愛とミスに因果関係がなかろうと、浮ついた気持ちで仕事をしていると判断されがちで、損をしてしまいます。

仕事がしっかりできるようになってから社内恋愛をしましょう。

そもそも、仕事ができない人は男女問わず迷惑なので好かれません。

まとめ

社内恋愛をして良い人は、仕事とプライベートをきっちり分けられる人、カップルとして周囲に認められたいという欲望がない人(口が堅い人)、そして付き合ってからの愚痴を社内に流布しないと約束できる人だけです。

これができるなら、社内恋愛も上手くいきます。

メリットの部分を最大限に活用できますから、良好な関係が長続きするでしょう。

アプローチ中は、NGなことをしっかり頭に叩き込んで、あくまでも自然な流れでお付き合いができるように頑張ってください。

また、再三にはなりますが、社内は恋愛するところではなく働くところです。

それをおろそかにしていると良い結果は出せません。

仕事はきっちり終わらせて、余った時間で恋愛を楽しむようにしましょう。

「悩んでしまうのは、これが原因かもしれません。」

記事下_無料でオーラ鑑定