女性にとって大きな境目でもあるのが30代と40代かもしれません。

年齢は女性にとって大きな問題だと思います。

その中でも30代や40代となると、周りの環境や体力なども変化していくので、体力的にも精神的にも出来ることと出来ないことが出てきてしまうでしょう。

そこで今回は、40代になった人が、30代でやっておけば良かったーと後悔することをまとめていこうと思います。

いま30代の人は、ぜひこれを参考にして、後悔してしまうことのないように30代を楽しみ、40代の人は共感したり、まだ間に合うことはないか探して、積極的にやってみるのがいいのではないでしょうか。

そして、10代や20代の人も、いまのうちにやっておいたほうがいいことはないのか探してみても、いいかもしれませんね。

40代に入ると難しいことできないことってあるの?

10代と40代であれば、出来ないことや逆に出来ることがあるのは理解できると思います。

しかし、30代と40代であれば、出来なくなってしまうことってあまりないような気がしますよね。

ただ、40代の人は意外と色々な問題を抱えていたりするようです。

30代や40代というのは、男性にとっても女性にとっても色々と変わる時期だといえると思います。

結婚したり子供ができたりする人もとても多く、仕事でも出世したり役職についたりする人も多いでしょう。

そして、身体も若い頃のように思い通りには動かなくなってきたり、精神的にも変わってきたりする年代だといえると思います。

そうなってくると、20代の頃や30代の頃には出来たことが、なかなか難しくなってしまったりするのも納得できるはずです。

そんな人が多いからこそ、30代でやっておいたほうがいいことが気になるのかもしれませんね。

30代でやっておけばよかったと後悔する22個のこと

ここからは実際に30代でやっておけばよかったことをご紹介していきます。

きっと同じことを思っている人や、現在考えている人などもいたりするでしょう。

40代になってか後悔するのと、30代で後悔するのとではまた違うと思います。

なので、まだ自分が出来ていないことや、どうしようか悩んでいることが出てくるかもしれません。

そして、まだ思い付いていなかったこともあると思います。

そのため、自分はそれを満足いくくらい出来ているのか、やり足らなくはないのか、やっておけば良かったと後悔しないかなどを考えながら見てみるのもいいのではないでしょうか。

1.もっと仕事しとけばよかった

10代や20代の人にとってはピンとこないかもしれませんが、30代や40代になると、仕事もなかなか全力ですることができなくなったりするんです。

20代や30代の頃は全力でやったり、ちょっと無理して頑張ったとしても、そんなに大変ではなかったと思います。

しかし、40代になると体力が落ちてきてしまうので、無理して頑張った結果、身体を壊してしまったり、全力が出せなくなってしまったりしてしまうんだとか。

また、ある程度役職のついた立場になったり責任のある立場になっている人も多いので、無理をしてまで全力で仕事をするというよりは、部下の成長や教育、まとめ役などになってしまい、がむしゃらに仕事が出来ない立場になってしまう人もいるそうです。

そのため、20代や30代のがむしゃらに仕事を一生懸命できるときに、もっとやっておけば良かったと後悔する人も多いのかもしれませんね。

2.子供作っとけばよかった

40代になってから子供を作っておけば良かったと後悔する人も多いんです。

30代や40代になると、周りも子持ちが増えたり、子供の話をされたりする場面も多かったりすると思います。

しかし、30代の頃は仕事が楽しかったり、子供はまだいらないかなと思って気にしていなかったなんて人もいるでしょう。

今は40代になってから出産する人もいますが、やはりその確率は20代や30代に比べると、がくんと一気に落ちてしまうんです。

周りの友達の子供が大きくなったりして、欲しいなと思ったときには40代だったなんてこともあるかもしれません。

ただ、40代でも妊娠が不可能というわけではないですし、40代で出産をしている人は年々増加していると思います。

とはいえ、40代で子育てをしていく自信がなかったりする人も多いことから、30代までに子供を作っておけばよかったと考える人が多いのではないでしょうか。

3.子供にあれをやらせとけばよかった

ただ、子供がいる場合にも子供に関する悩みは尽きないようです。

40代になると、子供の年齢も上がっていき、思春期や反抗期で手がかかったりするでしょう。

小さい頃は自分にべったりで大変だったのが、手が離れたかと思いきや、今度は反抗期で大変だったり、何かと大変だったりしますよね。

その中でも、多くのお母さんが後悔していることがあります。

それが、小さい頃からもっと色々とやらせておけばよかったという後悔です。

子供が大きくなるにつれて、子供の興味や得意分野などが出てくると思います。

また、習いごとなどを小さい頃からやることによって、技術だけでなく社会を知ることができるというメリットもあるんだとか。

それに、大きくなってから始めるのと、小さい頃からずっとしている人とでは、上達具合などにも違いがでてきてしまうかもしれません。

だからこそ、子供が小さいうちからやらせておけばよかったと後悔する人が多いんだと思います。

4.体にいいもの食べておけばよかった


40代というのは、身体にも大きな変化が現れたりします。

それまでジャンクフードばかり食べていた人は、身体がだらしない体型になってしまっていたり、身体にも色々な不調が出てきてしまったりするでしょう。

食べ物によって身体に影響が出てしまうことって意外と多かったりすると思います。

若い頃は軽くダイエットすれば元に戻ったり、身体の不調もしばらくすれば何事もなくなったりしたのではないでしょうか。

しかし、40代となるとなかなかそうもいきませんよね。

ダイエットをする体力もなくなってきてしまいますし、逆に身体を壊してしまう人もいるようです。

そして、身体のあちこちも痛くて、なかなか調子がいいときがなくなってきてしまったりするかもしれません。

そうなると、多くの人はもっと食べ物に気を遣っておけば良かったと後悔するんだとか。

5.体に悪いことしなきゃよかった

食べ物と同様のことだったりしますが、身体に悪いことばかりしていたことに後悔をしている人も多いんだとか。

若い頃はオールをしたり、仕事も遊びもちょっと無理したとしてもなんでもなかったと思います。

また、化粧を落とさないまま寝たり、面倒くさがってスキンケアを怠ったり、ケチってしまったりしたのではないでしょうか。

そういった身体に悪いことの結果って、30代や40代に顕著に出てきてしまうと思いませんか?

若い頃はなんでもなかったのに、その頃の不摂生や面倒くさがったことが影響して、シミやそばかす、シワなどに悩む人も多いんです。

30代の人の中にも、20代のときにもっとしっかりケアしたりするべきだったと後悔
人がいるかもしれません。

40代になれば、それがさらに顕著に現れたりするのでしょう。

そして、身体に悪いことばかりしていると、40代くらいで健康診断に引っかかるようになってしまったりもするので、後悔する人が多いんだと思います。

6.無理しなきゃよかった

単純に無理ばかりしていた自分を後悔している人もいるんだそうです。

若い頃に無理ばかりして、どこか身体を悪くしてしまうと、それが癖になってしまう人もいますよね。

年をとるにつれて、無理をしていなくても、疲れているだけで出てきてしまったり、その症状が悪化してしまったり、慢性化してしまったりもするかもしれません。

そうしたことがあると、あの頃あんなに無理ばかりしなきゃよかったと後悔するようです。

30代でも40代でもそうですが、年齢とともに身体の色々なところに不調が出てきて、若い頃の自分の行いを後悔する人が多いんだと思います。

若い頃に先輩や上司などから言われてもピンとこなかったのが、自分がその年になると同じように10代や20代の人にアドバイスしたくなったりもするかもしれません。

無理をすると、後がどんどん辛くなるため、無理をしなきゃよかったと後悔するのでしょう。

7.お金貯めておけばよかった

40代になると、人生において今後も必要になるような大きな買い物をするタイミングも出てきたりするかもしれません。

その際、思ったより貯金が貯まっていなかったりすると、もっと若い頃にお金を貯めておけばよかったと後悔したりする人もいるんだとか。

20代の頃に比べて、毎月の給料や自由にできるお金は多いと思います。

とはいえ、いきなり大金が貯まったり、それまでコツコツと貯めてきた人には敵わないでしょう。

そんなとき、毎月こんなにたくさんお金があったのに、なんで貯めてこなかったんだろうと思ったり、どこに消えていってしまったんだろうと考えたりする人も意外と多かったりするようです。

たしかに、お金っって貯めようとしない限り、なかなか貯まらなかったりつい使ってしまったりすると思います。

だからこそ40代になって、いざ使う場面になると後悔してしまうのかもしれませんね。

8.自営業ができるスキルをもっておくべきだった

30代や40代というのは、起業したり自営業に切り替えたりする人が増えるタイミングでもあったりします。

自分だけで出来ることが増えたり、知識やコネなども十分になってきたりもすると思います。

しかし、いくらその分野での知識が十分だったり、様々なコネがあったとしても、自営業にはそれ以外にも色々と必要なスキルがあるでしょう。

自営業というのは、ただ自分で仕事をもらってそれまでと同様に仕事をしたらいいわけではありません。

税金や様々な保険なども自分で理解し、やらなくてはいけないこともあるはずです。

そういったスキルって簡単に身につくものではなかったりしますよね。

なので、20代や30代の余裕や時間があったときに、スキルを身に付けておけばよかったと後悔する40代の人もいるんだそうです。

資格取得

自営業をスムーズに進めるには、資格を取得するのが近道かもしれません。

資格は、知識が増えるのはもちろん、何かをするときに資格がないと出来なかったりすることもあると思います。

そのため、いくら勉強をして知識を得たとしても、資格をとらなければ、なかなか先に進めなかったりもするでしょう。

そうしたことをしているうちに、時間が過ぎてしまったりするので、40代になるまでに資格を取得したり、自営業をするために必要なスキルを習得しておくべきだったと後悔するのかもしれませんね。

9.アンチエイジングもう少しやっとけばよかった


アンチエイジングって若い頃には、なかなかピンとこなかったりすると思います。

その重要性が分かるのは、実は40代前後からが多いんだとか。

アンチエイジングという言葉からも分かるように、女性はいつだって実年齢よりも若く、1歳でも若くいたいと思ったりするはずです。

ただ、20代や30代って1歳や2歳の違いなどは分からなかったりもするでしょう。

しかし、40代にとっては、1日や1ヶ月も大きな違いだと思えてしまう人もいるんだとか。

そんな人は、アンチエイジングをもっとしっかり時間やお金、手間をかけてしておくべきだったと思うのでしょう。

日焼け止めの重要性がわかるのは40代から

アンチエイジングやスキンケアの中でも、多くの人がまず取り入れるのが、「日焼け止め」かもしれません。

学生の頃から使っているなんて人も多いのでは。

しかし、その分適当になってしまったり、昔から塗っていても効果がないような気がして、やめてしまったりする人もいるようです。

また、自然な焼けた肌が健康的でいいと思って過ごしていた人も多いと思います。

それが後に大変なことになると気がついたときには、時すでに遅しで、シミやそばかすになってしまったなんて40代もいるそうなので、アンチエイジングは若いうちからしっかりしておくことが大切です。

10.結婚しとくんだった

結婚率というのも、出産率同様に、年々物凄く減っていってしまうものだと思います。

年齢を重ねれば重ねるほど、結婚率は下がっていってしまうので、仕事に一生懸命になっているうちに、周りはどんどん結婚していき、気がついたら恋愛かr遠ざかっていた人もいるのではないでしょうか。

そのため、仕事ばかりに熱をあげていないで、プライベートにも目を向けて、結婚をしたり付き合いを大切にしたりするべきだったと、後悔してしまったりもするようです。

とはいっても、結婚は一人で出来るものではないので、結婚したいと思ったら絶対にできるわけではありません。

なので、結婚をしたいと思っていたら、結婚できたかと考えてしまうと、難しいポイントでもあると思います。

11.家を買っておけばよかった

40代になると、マイホームを購入している人も多くなりますよね。

基本的にマイホームを購入する際は何十年に渡るローンを組むと思います。

よく聞くのは、35年などかもしれません。

その場合、40代になってからマイホームを購入しようとすると、70歳以上になってもローンを払い続けていくという計算になってしまいますよね。

もちろん前倒しでローンを払うという方法もありますが、75歳までのローンなどって、なかなか勇気が必要になるのではないでしょうか。

そのため、40代に入ってから、もっと前にマイホームを購入しておくべきだったと後悔する人も多いようです。

40代になってからマイホームを購入しても、もちろんいいと思います。

ただ、そのためにはなるべく短い年数で払い終えるように計算したり、年齢とともに必要になってくる設備なども考えたほうがいいかもしれませんね。

12.投資すればよかった

若い頃はなかなか興味なかったかもしれませんが、30代や40代など年齢を重ねると、余裕がでてきて投資に興味がでてきたりするでしょう。

しかし、投資というのはすぐに結果でるものではなかったりします。

何年や何ヶ月など、長期的にコツコツとやっていくことで、結果がでたりプラスになったりするものですよね。

なので、40代で投資に興味がでてきて、いざ調べてみると、何年も前から投資をしていたほうがずっと良かったのに、と後悔してしまったりすることもあるんだとか。

どうせ投資をするのであれば、できるだけ得をしたいですし、もっと早く知っておけばという後悔はつきものだと思います。

13.節税すればよかった

最近では節税対策もかなり一般的になり、節税をしている人も多いですよね。

方法はとても多く、調べるととてもたくさんの節税対策がでてきたりするでしょう。

しかし、こうした節税対策って若い頃には面倒に感じてしまったり、やろうやろうと思いながら、毎年そのままだったり、なんて人もいたと思います。

ただ、節税対策も毎年少しずつていかなくては、負担が大きくなってしまったりするはずです。

一年でいきなり大きな節税対策とは、なかなかいかないでしょう。

そのため、30代の頃からコツコツと節税対策をしていくことが大切なんです。

ふるさと納税をしなかったことで後悔

今でこそ有名になって、とてもたくさんの人がふるさと納税をやっていたりするのではないでしょうか。

ただ、ふるさと納税も毎年内容が変わってきていたりしますよね。

だんだんと決まりごとができてきたり、細かい制約や厳しくなってきたりしていると思います。

そのため、これから節税対策でふるさと納税を始めるよりも、これまでにしていたほうが良かったりするんだとか。

節税対策として、有名になってきているふるさと納税ですが、40代になって余裕が出てきたタイミングで、面倒だと思っても30代いのうちにふるさと納税しておけば良かったと思うのかもしれません。

14.別れとけばよかった

女性にとって、年齢とお付き合いってけっこう重要だったりすると思います。

30代になれば、多くの女性は結婚を意識するでしょうし、家族や子供を想像したりするでしょう。

その中でお付き合いをした人がいれば、色々なことがあっても、なかなか別れられなかったりすしますよね。

この人を手放したら、次に付き合える人はもう出てこないかもしれないと思ってしまったり、こんなことがあっても良いところもあると思ってしまったりして、なかなか別れられなかったりするんだとか。

しかし、そんな人とは結局結婚をしたり家族をつくっても、なかなか上手くかないはずです。

結婚をできる状況にならず、独身のまま40代になってしまったと後悔する人もいるでしょう。

また、結婚をして家族になったとしても、様々なことに苦労して、時間を無駄にしてしまったり、色々なものを失ってしまったりするかもしれません。

なので、40代になって人生を見つめ直すタイミングで、後悔する人も多かったりするようです。

15.両親を大切にしていたらよかった

40代になると、両親もだいぶ高齢になってくると思います。

いつまでも若いと思っていた両親だって、60代や70代になると、身体の色々なところが悪くなってしまったり、病気や怪我などに遭うことも多かったりするでしょう。

そして、早い人だと亡くなってしまったりすることも。

人は、そうなってから後悔したり、両親を大切にするべきだったと思ったりしてしまうんですよね。

元気なうちは、なんとなくいつまでも元気な気がして、まだ大丈夫なんて親孝行を後回しにしたりしてしまうかもしれません。

しかし、いつまでも元気でいてくれる保証はないですし、親孝行しようとあなたが思ったタイミングで、年齢を重ねた両親にいったい何ができるのかと考えてしまったりもするんだとか。

なので、元気で色々なところに行けるうちに、親孝行をしたりもっと大切にしておけば良かったと後悔する人も少なくないんです。

16.転職しとけばよかった

転職というのは、なかなか勇気がいることだと思います。

そのため、転職したいと思っていたとしても、タイミングなくてそのまま40代になってしまったという人もいるんだそうです。

転職というのは、年を重ねれば重ねるほどづらくなってしまいますよね。

そして、仕事の幅も待遇もどんどん落ちていってしまったりするでしょう。

なので、40代になって転職をしようと思ったときには、今以上の待遇では転職できない状況になってしまったりするんだとか。

そうすると、転職はどんどんしづらくなってしまったり、諦めていまの状況のままでいなくてはいけなかったりするんだと思います。

転職を考えているのであれば、一年でも早く転職をすることがおすすめです。

17.写真を撮っておけばよかった

写真って撮るくせがないと、なかなか撮らないかもしれません。

しかし、記憶ってだんだんと薄れていってしまいますし、何があったのか忘れてしまったりもするでしょう。

そんなときに写真があれば、「あーこんなところ行ったな」と思ったり、「そういえばこんなことしたな」と思ったりすると思います。

また、自分自身も若い頃の写真のほうが思い出したり、見返したりするのも楽しかったりするはずです。

そのときだけでなく、後から見返してもまた楽しい気持ちになったりできるのも、写真の良さなのではないでしょうか。

18.パソコンを学んでおくべきだった

年齢を重ねると、記憶力はどんどん下がってしまったり、物事を覚えるのもなかなか難しくなっていってしまったりすると思います。

20代や30代の頃って、新しいこともすぐに覚えることができたりしましたよね。

しかし、40代になるとなかなか新しいことって覚えられなかったりするのではないでしょうか。

そのため、20代や30代のうちにパソコンを身に付けておくべきだったと後悔する人も意外といます。

昔に比べて、いまはパソコンを使う機会も多く、仕事でも何かとデジタル化ということでパソコンを使ったりすると思います。

また、スマートフォンなど携帯電話もパソコンに近い機能を持ち始め、使いこなせないなんて人もいるのでは。

そうなっていくと、20代や30代の物覚えが良く、パソコンの機能も一般的でないときに身に付けておくべきだったと考えるようです。

19.保険に入っておけばよかった

保険には、様々な種類のものがありますよね。

怪我のときに使える傷病保険や死亡の際に使える死亡保険、ガンなどの決まったときに使えるガン保険など、色々だと思います。

こういった保険って、年々内容が変わりますし、入るときによって内容が変わったり、なくなったり増えたり色々と難しかったりするでしょう。

そして、一番後悔する人が多いのが年齢によって月々の負担額が変わってくるということです。

若いうちなら月々の負担額などが少ないものも、年齢を重ねていくと同じ内容なのにもかかわらず、どんどん負担額は上がってしまいます。

そうすると、あのときに保険に入っておけば良かったと後悔するのでしょう。

20.留学しとけばよかった

また、留学しておくべきだったと考える人も多いんです。

留学というのは、何歳になってもできるでしょう。

しかし、物事を学ぶというのは、若ければ若いほど効果がありますし、それから先の人生も充実するはずです。

また、若い頃のほうが行動力もあったり、色々なことを吸収する能力もあるかもしれません。

それに、留学をするとなると仕事にも支障がでてくるので、場合によっては辞めないといけないこともあると思います。

そういった思い切ったことができるのも、若い頃だからこそだといえるのではないでしょうか。

体力の無さや踏み切れないからこそ、若い頃に留学しておけばよかったと思うようです。

語学を学ばなかった後悔をしている人がとっても多い

留学の中でも多くの人がすればよかったと後悔することが多いのが、語学なんだとか。

語学というのは、そう簡単に習得できるものではないですよね。

そのため、年をとればとるほど語学を学んで身に付けるというのは、難しくなってしまうんです。

だからこそ、それまでタイミングを作って語学留学しなかったことを後悔する人が多いのかもしれません。

21.友達たくさん作る必要なかった

友達とは、たくさんいたほうがいいと思うでしょう。

しかし、あまりにもたくさん作ったり、友達をつくることをメインに考えてしまうと、それが負担になってしまったりすることもあります。

友達が多いというのは、それだけ付き合いも増えるということです。

誘いが多いのはいいことですが、中には合わないのになぜか付き合っているなんて人もいるかもしれません。

友達とは、気の合う人や大切だと思える人がいればいいと思います。

数ではないでしょうし、多ければ多いだけいいわけではないと、40代で身を持って知り、後悔してしまう人もいるんだとか。

ストレスフルな生活はだんだん体に影響してくる

友達というのは、本来ストレスを解消したり、気分転換などになるプラスの存在なはずです。

ですが、無理してたくさんの友達と付き合っていると、その付き合い自体がストレスになってしまい、体や心を休められるタイミングがなくなってしまったりするようです。

その無理ばかりした結果、身体に悪影響を及ぼすことも考えられるので、よく考えるべきかもしれませんね。

22.補正下着つけときゃよかった

体つきも40代になると、大きく変わります。

全体的に垂れ下がってしまうのはもちろんですが、出て欲しくないところが出てしまったり、体型維持もなかなか難しくなってしまうでしょう。

そんなとき、補正下着をつけて、少しでも体型維持に気を遣っておけばよかったと後悔する人も多いと思います。

補正下着とは、だいたいつけ始めたときには時すでに遅しということも多く、もっと早く気を遣っておくべきだったと後悔する人も多いんだとか。

お尻のたれ具合がきになる前に

40代の女性が気になる部分で多いのが、お尻の垂れ具合なんだそうです。

そして、お尻というのは長期間少しずつ垂れ下がっていくので、気になったときに対策をしても、そう簡単には改善されません。

だからこそ、もっと早い段階で補正下着をつけて、垂れ下がるのを阻止してキープしておくべきだったと後悔するようです。

幾つになってからでもできなくないけど、30代までに終わらせておくとその後が楽

今回は40代になってから、30代までにやっておけば良かったと後悔することについてご紹介してきました。

とてもたくさんのものがあったと思います。

そして、中には10代や20代から取り入れることのできるものもあったでしょう。

早ければ早いだけ得をしたり、身に付いたりすることもあると思いますので、この記事を参考にして、何か新しいことをしてみるのもいいかもしれませんね。

「悩んでしまうのは、これが原因かもしれません。」

記事下_無料でオーラ鑑定