人の胸の内って、知りたくても簡単には分かりませんよね。

できれば本人が語ってくれればいいのですが、自ら胸の内を語る人は、多くはありません。

とくに、気になる相手に限って本音を言ってくれない…。

そう感じたことってありませんか?

それはきっと、胸の内を明かさないけど、何かを抱えている雰囲気があったり、いつも何かを隠しているような素振りがあったりするからだと思います。

胸の内が分からない人って、あなたに不安を与える人です。

何を考えているのか分からないから、どう接すればいいのか分からなくて困ってしまうのです。

これは友人や職場関係に限らず、恋愛シーンでも同じように、好きな相手の胸の内が分からなくて不安になったりしますよね。

では、どうすれば相手の心の扉を開き、本音で付き合えるようになるのでしょうか?

そこで今回は、『胸の内を探る6個の方法』をご紹介します。

あなたがどうアプローチすれば相手の胸の内を探ることができるのか、その方法を解説していくので、ぜひ参考にしてください。

胸の内を知れば仲良くなれる

胸の内を知れば仲良くなれるのに…。

そう思ったこと、ありませんか?

恋愛でも友人でも、相手の胸の内が分からないと不安ですよね。

嫌われないようにしたいけど、相手が何を嫌がって、何を求めているのか。

分からないと、どうしていいかも分かりません。

自分に人の胸の内がわかる能力があったなら、人間関係もきっとスムーズにいくはずなのに…。

そう思う人は、少なくないはずです。

しかし、人の胸の内を知るのは、とても難しいことです。

人の胸の内を知るのは難しい


人の胸の内…つまり心の中で思っていることや考えている“本音”は、そう簡単に知ることはできません。

知ることができるとしたら、相手が話してくれた時。

話してくれるまでは、誰にもその人が何を考えているかなんて、知る由もないのです。

でも、胸の内が分からないことですれ違いが生まれたり、嫌われたり、喧嘩したり…。

知らないと、人間関係に不具合が生まれるのが胸の内です。

それを防ぐためには、相手に話してもらうことが重要なのですが、そう簡単に話してくれないのも胸の内。

なぜなら、胸の内を語ること、知られることを恥ずかしいと考える人が多いからです。

胸の内を語るのは恥ずかしいことだと考える人が多い

胸の内を語ることは、誰もが簡単にできることではありません。

中にはいつでも思ったことをオープンにする人もいますが、そんな人でも本当の本音は言えないことも多いんです。

その理由は、恥ずかしいから。

もしくは、胸の内を語ることが不都合になる場合です。

例えば恋愛で、誰か好きになった人がいたとします。

あなたはその気持ちを、すぐに友人に話したり、相手にすぐに告白したりできますか?きっと、恥ずかしさや不安があって、すぐには言えないはずです。

友人に相談するのも、最初は恥ずかしいし、どう思われるか不安ですよね。

ましてや相手に告白してしまうなんて、恥ずかしさと不安でいっぱい。

勇気を振り絞らないと言えません。

言えるとしたら…相手の胸の内をある程度把握した時なのではないでしょうか。

このように、人は自分の胸の内を、簡単には明かしません。

なぜなら、胸の内にあるものはその人そのものを表していて、それを明かすことは裸の自分を見せるのと同じような感覚になるからです。

人は、人の目を気にしますよね。

大事な部分を見せてしまうのは、相手にどう思われるかが気になって仕方ありません。

胸の内というのは、服も着ていない、防御するものも何もない…それは赤ちゃんのような繊細な存在でもあり、そのまま外に出たら傷だらけになってしまいます。

胸の内には、その人にとって大事なものが詰まっています。

それを明かすことによって傷つくことがあれば、ダメージは相当なもの。

簡単には立ち直れません。

赤ちゃんのように守ってくれる存在がいなくなった大人は、胸の内を隠すことで自分を守ろうとしているのです。

特に男性は

特に男性は、胸の内を語らない人が多いですよね。

逆に女性は、比較的胸の内を語るのではないでしょうか。

これは、男性が強い存在であり、女性が弱い存在であるという価値観がそうさせているのだと思います。

男性は強い存在でなければならない。

この価値観は、男性を強くもしますが、一方で縛り、苦しめることもあります。

胸の内をなかなか語れないのも、そこに男性にとって不都合な本音が隠されているからです。

つまり、その本音を言うことで弱い人間だと思われたり、本音を言って傷つく可能性があるということです。

男性にとって、胸の内に隠している本音は、男性の弱さでもあるんです。

弱い部分を見せてしまったら、男性としての威厳を保てなくなってしまいます。

だから男性は、胸の内を隠したがるのです。

女性の場合も胸の内を知られるのは恥ずかしさや不安が伴いますが、それよりも「知って欲しい」という欲求があります。

知ってもらうことで安心し、守ってもらえるような感覚になれるのが女性で、これはそもそも、女性が弱い存在だという認識があるからです。

それでももちろん、都合の悪いことは言いません。

女性は胸の内を晒すか隠すかを、上手に使い分けていたりもするのです。

胸の内を探る6個の方法


自分も相手も、恥ずかしさや不都合があれば、胸の内を語ろうとはしません。

お互いに語らないから意思の疎通ができなくて、それぞれが「胸の内を知りたい」と思っていたりするのが人付き合いです。

これが分かれば仲良くなれるのに…。

と思うものの、自分が隠すように相手も隠してしまうので、突破口が見つからないんですよね。

では、胸の内を知って仲良くなるにはどうすればいいのでしょうか?ここからは、『胸の内を探る6個の方法』をご紹介します。

1.まずこちらもしっかりと腹を割った態度で話す

胸の内を探る方法1個目は、『こちらもしっかりと腹を割った態度で話す』ことです。

「腹を割る」とは、包み隠さず本心をさらけ出すことや、本当の気持ちを打ち明けること。

相手の胸の内を探るには、まず自分が胸の内をさらけ出す必要があります。

考えてみてください。

もしあなたが誰かに、「胸の内では本当はどう思ってるの?」と聞かれたとします。

そのとき、パッと胸の内を語ることができますか?簡単には言えませんよね。

きっと、突然「胸の内を教えて」と迫られたら、警戒してしまうはずです。

「私の胸の内を知って、この人はどうするつもりなんだろう?」なんて不安に思ったりもしますよね。

だから、聞かれてもひた隠す。

それが、胸の内です。

しかし、例外があるはずです。

たとえば、相手が日頃から腹を割って話してくれる人だったら?きっとあなたはその人を信用することができて、「この人になら話してみようかな」という気持ちになるのではないでしょうか。

つまり、胸の内を語るかどうかは、相手が信用できる人かどうかによって違ってくるのです。

ですから、もし胸の内を知りたい相手がいるなら、あなたへの警戒心を解くことから始める必要があります。

自分の胸の内を打ち明けてから

相手に胸の内を語ってもらうには、警戒心を解く必要がありますが、そこで効果的なのが、まず自分の胸の内を打ち明けることです。

自分の胸の内を打ち明けると、相手の警戒心を解くことができ、相手にとってあなたは信用できる人になれるでしょう。

胸の内を探りたいなら、これが第1段階です。

自分が知りたい情報だけ、都合よく手に入れることなんてできないんですよね。

自分もリスクを負ってこそ、相手の心を溶かすこともできるのです。

徐々に相手の心を溶かしていこう

胸の内を語ってもらうには、まず自分から胸の内をさらけ出して、徐々に相手の心を溶かしていきましょう。

このとき、焦りは禁物です。

あなたが胸の内をさらけ出したからといって、相手は、そう簡単には胸の内を語らないでしょう。

相手にとってリスクがあると感じているときは、どうアプローチされようとも話さないものです。

ですから、「私は話したのに!」と怒ったり、「私は話したんだからあなたも話すべき!」と責めたりはしないようにしましょう。

怒られたり、責められたりしたら余計に心を閉ざしてしまいます。

もちろん、「自分から腹を割る」というのを、テクニック的に使うのもよくありません。

「このくらい胸の内を見せておけば大丈夫だろう」と安易に考えたり、「どのくらい話したら相手も話すのか」と試したりするのは、相手にバレます。

人は、人に操られるのが大嫌い!テクニックを使って胸の内を探ろうとされれば、敏感に感じ取るでしょう。

ですから、「腹を割って話すよ」と言いながら胸の内を明かさないのもNGです。

あなたがしっかり腹を割って話していれば、相手は自然と、自分から話し出します。

そのときが、心が溶けたときです。

本当に相手の胸の内を探りたいなら、まずはあなたが、胸の内をさらけ出しましょう。

2.一緒に旅行に行く

胸の内を探る方法2個目は、『一緒に旅行に行く』ことです。

一緒に旅行に行ける仲であれば、旅行に行くことで胸の内を探れるかもしれません。

寝食を共にする人というのは、普通なら家族だけですよね。

家族は人にとって最も警戒心なく付き合える存在です。

ですが、旅行に行ったり、宿泊学習をしたりするなど、家族以外の人と寝食を共にすることもあるものです。

そのとき、最初は緊張したり警戒心があるものの、しだいに相手との距離が近くなるのを感じたことはありませんか?

一日中一緒に過ごすと、いろんなことが起こります。

旅先での喜びを分かち合ったり、協力しあったり。

普段は知らない、相手の意外な一面を見つけたりすることもありますよね。

日常ではゆっくり体験していくようなことが、ギュッと凝縮されているのが旅行です。

そのため、一気に距離が近くなるのです。

また、旅行では一日中行動を共にするので、お互いに隠しきれない部分が出てきます。

いつもは気を使って隠されている部分がポロッと出てしまうこともありますよね。

そうした体験もまた、打ち解けるキッカケになるものです。

行動を共にすると早く心を打ち明けやすくなる

長い時間行動を共にすることは、様々な面で人の関係性を育みます。

ご飯を一緒に食べることで美味しさを分かち合ったり、お風呂に一緒に入ることで事実上の裸の付き合いができたり。

長い時間一緒にいれば、話す時間もたっぷりあるので、旅行中に胸の内が出てくることもあります。

そう。

胸の内を語るとき、時間に制限がないことも大切なのです。

簡単には語れない胸の内は、話し始めるまでに時間がかかります。

話してしまって大丈夫か?相手は信用できるのか?話したことで気まずくならないか?そんなことが頭の中でぐるぐる回りながら、話そうかな。辞めようかな。と足踏みしています。

そこを一歩踏み出して話すのには勇気が必要で、決心するまでには時間がかかるのです。

ですが普段の会話では、時間制限がありますよね。

だから胸の内を語りたい気持ちがあっても、いつもタイムオーバーになってしまうということもあります。

また、ようやく話し始めたのに中断するのは最悪のパターンです。

ですから、日常のちょっとした時間では、人はなかなか胸の内を語ることができません。

しかし旅行なら、時間はたっぷりあります。

移動中、食事中、お風呂中、布団に入ってから…話すタイミングも時間もたっぷりある旅先では、心を打ち明けやすくなるのです。

もし胸の内を知りたいと思っている人と旅行に行けるチャンスがあるなら、その機会を活用しましょう!そこであなたが腹を割った態度でいれば、相手もきっと話してくれるはずです。

3.自分の悩みを相談してみる

胸の内を探る方法3個目は、『自分の悩みを相談してみる』ことです。

「まずはこちらから。」と最初にお話ししたように、まずは自分の悩みを相談してみることも、心を開いてもらう方法です。

悩みというのは、その人の弱い部分でもありますよね。

自分では解決できずに困っている事柄は、人に話すのが恥ずかしく、胸の内に隠してしまうことのひとつでしょう。

そんな悩みを打ち明けるのは、自分の弱みを人に晒すことと同じです。

このように、自分の弱い部分を曝け出すと、相手は警戒心を解くことがあります。

弱い人を見たとき、その人に敵対心を持つ人はいませんよね?たとえば、赤ちゃんに対し、警戒心や敵対心を持つ人はいないでしょう。

人の弱い部分は、無垢な赤ちゃんと同じようなものです。

丸裸の姿を見せてくれる相手に対しては、自然と警戒心がとかれ、自分も心を開こうとするのが人間です。

なぜなら、その人に攻撃される恐れがないからです。

相手の弱い部分を見れば自分も心を開く

人の弱い部分を見ると、人は安心感を抱きます。

弱っている人から攻撃される恐れがないことでの安心感や、強そうに見えても実は悩みを抱えている“仲間”だと認識できることも、安心できるポイントです。

また、相手が嘘偽りなく心を開いて相談してきてくれると、ある意味その相手に、リスペクトのような感情も抱きます。

弱い部分を曝け出してくれたことへのリスペクトもまた、心を動かすことになるのです。

ですから、相手の胸の内を知りたいなら、自分の悩みを相談してみましょう。

同じ、もしくは相手よりも弱い存在だと示すことで、相手は安心し、心を開いてくれるようになります。

4.手紙に書いて渡す

胸の内を探る方法4個目は、『手紙に書いて渡す』ことです。

面と向かっては言えないことでも、手紙には本音を書ける。

このような経験が誰にでもあるはずです。

たとえば、異性への告白がそう。

今では手紙よりもメールやラインのほうが使われるかもしれませんが、真剣な気持ちを伝えたい告白などのシーンでは、ラインよりメール、メールより手紙の方に軍配があがるはずです。

なぜなら、ラインはリアルタイムのツールで、面と向かっているときとあまり変わらないからです。

メールにもそういう側面があるので、きちんと気持ちを伝えたいときは手紙が選ばれるのです。

手紙にはその人の本音が現れやすいもので、直接会っていないのに、手に取るように考えていることがわかったりします。

手書きの文書には温かみも感じられ、手間暇かけてくれたことに喜びも感じられるでしょう。

そんな手紙なので、本音を書かない手紙の場合も、「本心じゃないな」というのがすぐにバレてしまいます。

逆に真剣な気持ちで本音を吐露した手紙には、相手の心に響くものがあるのです。

相手の胸の内を探るにも、手紙というツールを使うのはおすすめできる方法です。

自分が正直な気持ちを書いて渡せば、相手もそれに返そうとするからです。

また、手紙はリアルタイムなやりとりじゃないので、もらった手紙をじっくり読んで気持ちを受け取る時間や、どんな返事をしようかとじっくり悩む時間もあります。

なかなか胸の内を明かさない人にとって、返事迫られるというのはマイナスな状況でしかありません。

時間がないと、言いたい気持ちがあっても言えないのです。

その点手紙は、その人のペースで書くことができるので、本音を出しやすいのです。

面と向かって会話するのは最初はハードルが高い

胸の内を語らない人にとって、話したら相手にどう思われるか?ということがひとつのハードルになっています。

ですから、面と向かって話しながら本音を聞き出そうとしても、なかなか話してくれません。

胸の内を話す側にとって、リアルタイムで相手の反応が返ってくるのは、とても怖いことなのです。

手紙に書いて渡すのは、相手のハードルを下げることにも繋がります。

時間に追われることもなく、相手の反応に緊張することもないので、リラックスして手紙と向き合うことができます。

もちろん手紙であっても、あなたが腹を割った態度で、本音で向き合うことが大切です。

「本音言えてないんじゃない?」「手紙でいいから言ってごらん?」なんて上から目線の手紙を渡しても、相手から胸の内を語った手紙が返ってくることはないでしょう。

本音で向き合うからこそ手紙の良さが活かされるので、その点は注意が必要です。

5.相手に信頼される人になろう

胸の内を探る方法5個目は、『相手に信頼される人になる』ことです。

これまでにもお話ししてきた通り、人は信用できない人に、胸の内を明かすことはありません。

胸の内を語るとき、そこには揺るぎない信頼関係が必要です。

そのためにも自分からさらけ出す必要があるのですが、それだけで信用してもらえるとは限りません。

本音をさらけ出したとしても、口が軽かったり、悪口を言う人は信用してもらえないのです。

口が軽かったり噂や悪口を言う人は信用されない

腹を割って話せる人は、心の友となれるような信頼できる人に見えますよね。

だけど、腹を割って話すことと、信用できる人かどうかは別物です。

自分のことを気にせず話せるタイプの人はいるし、そういう人は自分のことも気にしないのと同時に、人のことも気にしていません。

ですから、相手から秘密を聞いたとしても、その重要性を認識できずにサラッと他の人に話してしまったりします。

また、腹を割って話す人の中には、相手の胸の内を探りたいがためだけに自分を曝け出す人もいるでしょう。

いわゆる、テクニック的にリスクを背負う人です。

この場合、本音を話してくれるからといって良い人とは限らず、噂好きな人や悪口を言う人もいます。

ですから、相手に胸の内を語って欲しいなら、信頼されるだけの人間性がなければなりません。

「正直であること。秘密厳守ができること。人の悪口を言わないこと。」最低限この3つがないと、信頼してもらえないと心得ておきましょう。

6.ちょっとした言動や表情の変化を見逃さない

胸の内を探る方法6個目は、『ちょっとした言動や表情の変化を見逃さない』ことです。

人は、自分の胸の内をなかなか語りたがらないですが、実はふとした言動や行動には、胸の内が現れてしまいます。

隠そうとしても、本音を隠し切ることってできないものなのです。

たとえば、「大丈夫?」と聞いたとして「大丈夫だよ」と返ってきたとします。

でも、この質問に多くの人は、大丈夫じゃなくても大丈夫だと答えてしまいます。

ここで、「大丈夫じゃない」とか「無理」とか答えられる人は少なく、無理して大丈夫だと答えてしまうんです。

でも、本当は大丈夫じゃなかった場合、答えに一瞬間が空いたりします。

何か言いたいけど言えない…。

そこには、何か迷いがあったということです。

また、そうした状況では、表情に気持ちが現れることも多いです。

笑顔を作るものの不自然だったり、「何が?」と言わんばかりに目を丸くして見せたり。

大丈夫じゃないのに大丈夫と言うとき、結局それは嘘なので、隠そうとして不自然な表情になってしまうのです。

人は本音を言えないものです。

それは、恥ずかしいのと同時に、相手に迷惑がられるのでは?という不安もあるからです。

ですから、無理しているのに平気なふりをしてしまうような人には、こちらから察してあげる必要もありますよね。

相手の気持ちを察することが出来るようになろう

胸の内を探る方法はいくつかありますが、探ろうとするほどに心を閉じてしまう人もいます。

そんな人には無理して語らせようとせず、気持ちを察してあげるのが1番です。

もちろん、胸の内がわからないのですから、察することも難しい。

察したつもりが、間違っている場合もあるでしょう。

でも、それでもいいのではないでしょうか?

相手が胸の内を語らない以上、できる範囲で察してあげることしかできません。

できる範囲でも気持ちに寄り添ってくれる人がいれば、相手にとって、とても心強いはずです。

そんなことを繰り返していくうちに、心を開いてくれることもあると思いますよ。

ひとつ気をつけるとするなら、決めつけないことでしょうか。

察した気持ちをこうだ!と決めつけ、それに沿って行動してしまうのは、相手の迷惑になりかねません。

とくに間違った内容で決めつけられた相手は、不愉快に思うでしょう。

察したら、相手の気持ちを確認!行動するとしたら、それからです。

胸の内を探る際の注意

さて、ここまでは相手の胸の内を探る方法をご紹介してきました。

その中でも触れてきたように、相手の胸の内は、無理に探ろうとすると逆に心を閉ざされてしまうことがあります。

人は、人に操られるのも、無理に本音を聞き出そうとされるのも嫌いです。

ですから、胸の内を探るときほど真剣に、繊細に相手との関係を築いていかなければなりません。

そこでここでは、相手の胸の内を探る際の注意点についてお話ししたいと思います。

一気に距離を縮めようとすると失敗する

相手の胸の内を探るとき、一気に距離を縮めようとすると失敗します。

ですから、時間がかかることを念頭に、じっくり時間をかけて関係を築いていく努力をしましょう。

人は、少しずつ距離が近くなって行く人は受け入れやすいですが、一気に近づいてくる人には警戒心を持ちます。

一気に距離を縮めようとする人ほど、拒否反応も強くなるのです。

一度拒否されたら、そこから胸の内を探るのは、ほぼ無理。

もう、警戒心を持ってしか見てもらえません。

一気に距離を縮めようとするのは、相手への思いやりもありませんよね。

相手の気持ちを知りたいなら、相手への思いやりも必要です。

安心できる距離感を保ちながら、少しずつ距離を縮めていきましょう。

相手の性格を良く見抜いてから作戦を立てよう

胸の内を探りたい相手がいるとき、その人がどんな性格なのかも知る必要があります。

これも結局は相手への思いやりで、相手の気持ちを考えて行動できる人ほど、人の心を溶かします。

胸の内に閉まっているものは、人それぞれ違います。

そして、隠している理由も、人によって違うのです。

そこを理解せずにいると、どう頑張っても胸の内を教えてくれることはありません。

まずは相手がどんな性格で、なぜ胸の内に閉まってしまうのかを考えてみましょう。

恥ずかしいからなのか。

弱い部分を見せたくないのか。

人にどう思われるか怖いのか。

相手に気を使っているのか…。

これによって、かける言葉も違ってくるし、アプローチの仕方も変わってきますよね。

恥ずかしくて隠しているなら、あなたの恥ずかしい話を暴露することで安心してくれるかもしれないし、弱い部分を見せたくなくて隠しているなら、聞き出すより察してあげたほうが良いかもしれません。

性格と悩みと、隠す理由によって、どういう状況なら話せて、どういう人になら話してもいいと思うかも違うので、まずは相手の性格をしっかり把握し、自分ならどうして欲しいかを考えてみると良いでしょう。

胸の内を明かさない人の特徴

胸の内は、聞いてみると明かしてくれる人もいれば、頑なに明かさない人もいます。

人はそれぞれ性格も抱えている悩みも違うので、胸の内を明かしたがらない人には明かせない理由や性格的特徴があるのです。

例えば、我慢強いこと。

男性に多いと思いますが、あまり人に弱みを見せずに自分で解決しようとギリギリまで我慢するタイプの人がいます。

こういう人は、聞き出そうとしてもそう簡単には言いません。

無理に聞こうとすると煙たがられるだけなので、そっとしておくのもひとつの方法です。

一方で、自分に自信がない人や、人間不信の人など、マイナス思考の人も胸の内を明かしません。

こういうタイプの人は、人の目を過剰に気にしていたり、過去に信頼していた人に裏切られた経験があったりします。

そのため、胸の内を明かすことに不安を抱いているのです。

とはいえ、本当は聞いて欲しいと思っているのがこのタイプです。

言えないのは、信頼できる人がいないから。

あなたが信頼できる人になってあげれば、なんでも相談してくれるようになる可能性があります。

また、恥ずかしがり屋な性格の人も、胸の内を隠してしまいます。

自分の内面を晒すことが恥ずかしいと感じているので、人に胸の内を明かすには相当な勇気が必要です。

それでも言ってみたい気持ちがあることも多いので、腹を割って付き合える関係が築ければ、話してくれるようになるでしょう。

自分から胸の内を明かそう

いかがでしたか?

今回は『胸の内を探る6個の方法』をご紹介してきました。

胸の内を明かさない人でも、本当は誰かに聞いてもらいたいし、知ってもらいたいと思っています。

だけど信頼できる人が居なかったり、そもそも我慢強かったりして、なかなか言うことができません。

それが悪循環となり、自分を苦しめてしまう場合もあります。

もしあなたが、胸の内を語らない人が気になるのなら、その人にとってあなたは唯一無二の存在になれるかもしれません。

丁寧に心を溶かしてあげて、その人の心の重荷を軽くしてあげましょう。

そのためにも、まずはあなたから!

あなたが心を開くことが、何よりも相手の心の扉を開きます。