女性が活躍できる場所は増えています。

ちょっと前までは女性は家にいるべきとされていました。

しかし時代は不景気に変わり、女性も働かないといけないようになってきているのです。

男尊女卑の考えは今でも少なくはありませんが、女性が活躍できる時代が来ております。

むしろ男性には出来ない女性の職というものもあるので、女性がスポットを浴びる時代とも言えるでしょう。

女性が活躍できる時代が来ている!

女性が活躍できる時代が来ているのは何故かと言いますと、価値観の違いでしょう。

一昔前までは女性は家にいるのが当たり前となりました。

しかし現在は女性も当たり前のように働く時代です。

これは何故かと言いますと、悲しい事に男性の給料のみではとてもやっていけないという事実でしょうね。

昔はそうでもありませんでしたし、専業主婦も多かったと聞いております。

私が結婚する前は専業主婦で楽したいという女性がたくさんいました。

しかし現実はとても厳しいもので、男性のみの給料ではとてもやっていけないんですよ。

結婚後も働く女性が増えてきているのも事実ですね。

家や子供の為に働くという女性が多いのが原因であるかもしれません。

一昔前の考え方は?

一昔前の考え方としては、女性は子供を作るのが幸せだと考えられていました。

結婚するのが当たり前ともされていましたね。

そのため無理矢理にでも結婚をさせるような親が多かったそうです。

今では当たり前のようなものですが、当時はお見合い結婚が主流でもありました。

恋愛結婚も普通だったのですが、良い例としてはドラえもんやクレヨンしんちゃんに登場するママがそうですね。

今でこそ考えられないのですが、専業主婦をされています。

よく劇中でクレヨンしんちゃんの両親が、家のローンが35年残っているというセリフを言っている事が多いのですが、しんちゃんのお父さんであるひろしの職業は営業のサラリーマンで役職は係長です。

作中ではよく係長というのは馬鹿にされているのですが、今現在何も役職をもっていない方も多いので、スペック的に考えると実は凄い人物ではないか?と思います。

家も購入し、子供も2人いるのに、妻であるみさえはパートに出ている様子がありません。

専業主婦って今なんて本当にありえない事です。

女性は家を守る役目

女性は家を守る役目として、専業主婦になる事を義務化されていました。

働きに出るとしても、パートをしている方が多いでしょう。

現在もその傾向はあるのですが、女性が手に職をつける事を許されてはいませんでした。

何故かはわかりませんが、女性は学などいらないと考えられていたようです。

主に女性は家を守る守護神であると思われていました。

そのため旦那が働きに出る分、旦那は稼いで行くというやり方が多かったようです。

これは別に悪くないと思うのですが、残念ながら一部の女性からすれば受け入れられなかったのでしょう。

数年前熟年離婚が流行った事があったのですが、こういう理由から離婚してしまう方が続出してしまったそうですよ。

女性から見れば男性は働き詰めで一切家の事をしないと思われていましたね。

実際働きに出たら気持ちがわかるかと思いますが、仕事でお金を稼げるかと思えばそうでもないんですよ。

私は女ですが、働きに出ていると女性は家を守る仕事でも良い気がします。

年配の方で専業主婦をされていた方で熟年離婚をしているような方は、仕事の大変さがわからないからこそそういうお飾りな存在でしかないという考えしかないんですよ。

現在の考え方は?

現在の考え方は半分正解と言えるかもしれません。

私からすれば下らない考えとも言えます。

別に女性が活躍できる事は凄いことですよ。

ただ普通に活躍できるなら良いのですが、色んな意味でぶっ飛んでしまう女性もいます。

女性が部下ではなく、上司としてもあるべきだと思われているんですね。

別に珍しいことではないのですが、本当に正しいことなのかと言われると何とも言えません。

よく問題になっているのは男尊女卑問題です。

他の国ではいまでも男尊女卑である所があるのですが、何故そういう考えに至るのかはわかりませんね。

今では男尊女卑なんてしたら一気に裁判沙汰になってしまうのですが、昔は女性というだけでセクハラを受けたりしていた方もいます。

現在は男女ともに平等であるべきという考えです。

女性と男性は平等であるべき

男女ともに平等であるべきか、これは正直謎な部分が大きいです。

それぞれ個体差があるからこそ面白いのですが、女性は男性よりも非力なので見下しているような方はいます。

実際私が働いていたカフェのオーナーがそういう考え方を持っている人間なのですが、そもそも誰に対しても性格は最悪でした。

私と親しかった女性店長が辞めると言い出した時、オーナーは女なんか雇うんじゃなかったというセリフを言っていたそうです。

当然その店長はカンカンに怒っており、私に愚痴をよく言ってきました。

私は別にどう言われようと気にしていませんでしたが、店長に共感した方が何人かいましたね。

残念ながら男女ともに平等であるかどうか、それは難しい話とも言えます。

何故かと申しますと、女性は感情で動く生き物だからです。

男性は感情ではなく理論で動きます。

感情で動く人間というのは、正直面倒くさいんですよ。

女だろうがなんだろうが、そういう事を気にしている時点ですでに負けております。

私から見れば平等として見られたいのであれば、まず気にしない事ですね。

そして何故女性がだめなのか?と言われる理由を探らなければ意味はありません。

この時点で気を悪くしているような方はプライドが高い方とも言えます。

女だからではなく、自分は自分として考えましょう。

女性が社会で活躍できる時代


女性が社会で活躍できる時代になりつつあります。

今や人手不足もあり、そしてAIも活躍する時代です。

昔と異なり誰でもできる仕事ではなく、男女問わずできる方が望ましいともされています。

社会に進出してきている女性はたくさんいますよ。

しかし本当にできる人間というのは、男女ともに少ないものです。

特に女性の場合はまだまだ一握りしか、凄い方はありません。

社会に進出してきているできる女性

社会に進出している来ている女性はたくさんいます。

しかしその中で出来る女性がいるというのはどうでしょう?

出来る女性がいるというのはちょっと違いいますよね。

進出だけならそう難しい事はありません。

出来る女性というのは、全てにおいて出来る女性という方の事です。

一昔前まではフリーターで生計を立てている方がいましたが、現在フリーターとして生きる方は少ないですね。

一応社会に進出しているという点では間違っていないのですが、正社員として働きその上業績を伸ばしてて使える人材という事になります。

最近は女性の細やかな観点、気配りも重視される事が多く、昔のように女性などという方はいません。

昔はゆとり世代がどうたらという風に馬鹿にされていましたが、現在は何でもありな時代となります。

そういう事も含めて出来るようにしないといけないのですよ。

これからもドンドン社会で活躍し、男性同様に大学や資格保持者が増えるでしょう。

キャリアウーマンが多数

キャリアウーマンの女性がとても増えています。

結構当たり前になってきており、むしろ男性顔負けの仕事量だったりします。

恐ろしいくらい結構何でも出来るので、男性もビビってしまっている方はさぞ多そうですね。

何故キャリアウーマンが多数いるのか?

これは人にもよるのですが、結婚を考えていない女性もいるからだと思って下さいませ。

以前の上司が40代で1人身の方でした。

その方は結婚など考えられず、実家で両親と暮らしているのだそうです。

だたその方は仕事がとても出来るリーダー格でしたので、全員なんか納得出来ましたね。

上司同様に結婚を視野にしていない方もいるのですが、中には離婚をして子供を自分の手で育てなくてはいけなくなってしまったという方もいます。

シングルマザーの方もまた多いですので、強制的にキャリアウーマンにならざるを得なかったという方もいるのです。

男性に頼って生活するよりはいいかもしれませんが、それもそれでキツい話でしょう。

女性が活躍できる13個の職業

女性が活躍できる職業は結構多いですよ。

女性でないといけないという訳ではないのですが、今でもこれは女性でないと違和感があるという職業も存在します。

医療事務や受付、看護助手、看護師、医師がそうです。

医師は男女ともおり、女医は昔からおりますので何もおかしい事はありません。

ただ医療事務や受付、看護助手や看護師は圧倒的に女性が多いでしょう。

大きい病院では医療事務や受付は男性もいるのですが、違和感がありますね。

事務作業をしている男性がいるのは変ではないのですが、イメージ的な部分も大きいようです。

実際私がクリニックで受付事務をしていた時、男性が受付事務で働きたいという応募がありました。

別に良いと思ったのですが、クリニック側は拒否してしまったのです。

理由としては男性を雇っている訳ではないですし、患者に接する仕事でもあるので受付は女性の方が安心するであろうという判断でしたね。

男性と一緒にいてもおかしくない職業、そして女性もフルで活躍できる仕事についてお伝えしていきましょう。

1.人事

人事とはほぼお偉いさんかもしれません。

上司が主に人事を行っている事が多いです。

人事というのは、職場の中にいる職員の処遇を決定する人物であると思って下さい。

この処遇というのは部署移動、クビにするなどの重要な案件ですね。

そもそも人事課というのはピンと来ていない方が多いので、誰が決定しているんだ?という疑問を持っておられる方もいるでしょう。

女性が人事をするというのは、普通にある話ですよ。

病院や人事は看護師長に権限がいきます。

看護師長から院長に話をして、この人はこうだという話をするのです。

結構自分達の行動を見られていますよ。

今は上司がちゃんとしていない人というのはあり得ないはなしです。

お偉いさんの子供が出来ていないというのはあるある話ですが、大体の方はちゃんとされています。

今は人事が女性でも公平に決められますからね。

2.営業

一昔前までは男性の方が圧倒的に多かった営業でした。

しかし現在では営業職に女性も見かけるようになりましたね。

営業と言っても幅広い物があり、今女性が活躍しているような保険は生命保険などでしょう。

私の友達も何人か営業に転職した方がおります。

現在の生命保険というのは、テレビでやっているようながん保険のみではありません。

入院費や女性特有の病気に関しても考えられています。

よくよく考えると必要なものもあるんですよね。

昔は営業と聞くといらない商品を売りつけられるという事が多かったのですが、現在は全くそんな事はないです。

押し付けるようなやり方や、1件1件家を回っていくやり方ではなくなったため、ノルマもそんなに激しいものではなくなったという感じでしょうか。

女性だからこそできる営業も大きいんですよね。

3.税理士

女性に税理士が何故多いのか?

結構税理士の資格を取る方もおられますよ。

ただ税理士は結婚後に手に職を増やしたくて、勉強したという方が多いようですね。

実際そういう感じだそうなのですが、そもそも税理士とは何だという人もいます。

税理士というのは税務相談や納税資料の作成をする人間の事です。

通信講座などで資格を習得できるという魅力から、主婦層の方が資格を取る人が増加しています。

数年前のマイナンバー制度導入から法が改正されたため、税理士の人手不足が相次いでしまっているのですよ。

そのため人手不足により男女問わない状態になっているため、資格を取得して子育てがある程度安定した主婦の方に人気がある職業です。

現在は人気の職業でもあるのですが、一昔前は名前くらいしかしらないという方もたくさんいました。

その為今現在のようになりたいという志願者はとても少なかったそうで、年齢層がかなり年配者に近い方ばかりなのです。

うたい文句としては安定な仕事、そして高収入であるという事でしょうか。

大体の所はそんなに多く働く事は出来ませんが、自分が年を老いたとしても働ける、そして将来経営者となる事も出来る資格なので、普通にパート勤めするよりもこちらが良いと思ってしまう方も多いんですよ。

4.経理


経理というのは会社経営においてのお金の管理になります。

実際どこの企業でも経理を雇っている方は多いですよ。

ただ最近はケチな所も多く経理を雇わずに、部下にやらせている事もあります。

昔の職場の事務リーダー、バイト先の店長が経理をしていましたからね。

ただ経理に関してですが秘密保持であるため、誰でも出来る訳ではありません。

1人や2人いれば十分となるでしょう。

何せお金を扱う仕事でもあるので、他の仕事と異なり誰でもできるというものではなく、ある程度信頼がないと出来ないものだと考えて下さいませ。

医療事務をしていた時、事務リーダーが産休に入る事になったのですが、その事務リーダーが全ての仕事をしていたので他のメンバーに振り分けられる事になりました。

発注や他の仕事は良かったのですが、問題は経理はどうしようという話を持ちあがったのです。

全員事務リーダー以外は日が浅いメンバーだったので、経理を雇った方が良いのでは?という気持ちでしたね。

そこで上は事務リーダー同様に信頼があり、勤続年数も長いパートさんを経理をするようにしました。

他の人からすれば社員ではなく、パートが?と思うでしょう。

信頼がある人間で頼れる人間となるとある程度勤続年数が長く、仕事をこなせるような人材でないと無理です。

全員経験はありませんでしたし出来る人も入って1年程度でしたので、パートさんにお任せする事になりました。

経理とはそのくらい秘密保持の仕事であり主に事務の人間がやっているため、女性が多かったりします。

「悩んでしまうのは、これが原因かもしれません。」

記事下_無料でオーラ鑑定