人にはいろいろな感情があります。

嬉しい時・悲しい時。

そんな時に合わせて気持ちは日々変化して行きます。

様々な事を考え、行動して行く事が出来るからこそ人間は面白いのかもしれません。

さて、そんな人間の感情の一つに緊張と言うものがあります。

『緊張』と言う言葉を辞書で調べて見ると、『弛緩とは反対に,張りつめて注意を集中している際』という風に表示されています。

つまりは、筋肉は勿論心までが固まってしまい上手く行動する事が出来ない状況の事を指します。

緊張していると、普段何気なく出来て居る物事が急に出来なくなってしまう事があります。

言葉が喉から出てこずに、上手く話をする事が出来ない時だってあるでしょう。

そのため、緊張してしまった結果思うように行動する事が出来ず失敗してしまった経験がある方は以外にも多く居るのではないでしょうか。

緊張をコントロールする事が出来れば、多くの方がもっと自分に自信をもって行動する事が出来るでしょう。

そこで今回は、緊張を押さえる為コツをご紹介させて頂きます。

これから新しい事に挑戦しようとしているかた・大きな仕事やテストが控えて居るかた。

様々なポイントでこの方法は役立たせる事が出来ます。

是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

緊張を抑えるための12個の方法を紹介!

人はそもそもなぜ緊張してしまうのでしょうか。

緊張してしまうメカニズムとしては、『防衛本能です』自分自身の事を守ろうとする余り、筋肉が緊張し呼吸が荒くなります。

その結果、緊張してしまうのです。

緊張をする事が100%悪い訳ではありません。

それによって、心が整いより集中した状態で物事を考える事が出来るかもしれません。

しかしながら、『緊張してはいけない』と思えば思う程、人の気持ちは緊張し、体が固まってしまう物です。

緊張している現実をしっかりと受け止め、それを踏まえしっかりと足を付けて話をする事が出来れば

例え緊張している状況であったとしても、本来の自分の力を発揮する事が出来るでしょう。

緊張状態を自分で認め、落ち着いて行動する事は練習が必要です。

そのため、最初のうちはどうしても失敗が多くなり、心に余裕が無くなってしまう事もあるでしょう。

しかし、日々少しずつでも自分で意識し行動して行く事で前向きな結果を得る事が出来るのではないでしょうか。

是非その事も踏まえ、今からでも出来る方法を学んでいきましょう。

1.しっかり準備をしておく

緊張してしまう人の中には、『ここでは失敗出来ない』『緊張してはダメだ』と自分にプレッシャーを与え、

その結果過度なストレス状態となり失敗を繰り返してしまうという方がいます。

そんな状況を回避する為には、事前に準備を行う事がとても重要です。

どんなに緊張してしまう状況であったとして、『あれだけやったんだから大丈夫』と考える事が出来るのであれば

過度な緊張をする事無く、自分の力をしっかりと発揮する事が出来ると言われています。

緊張をする事は、何も悪い事ばかりではありません。

緊張を自分の力にして良い緊張感の中で実力を出す事が出来るのです。

どんな出来事も、事前の準備はとても大切です。

例え、どんな小さな事でも安心できるまでしっかりと確認しながら行動する事をおすすめ致します。

2.姿勢を正す

緊張すると、筋肉が硬直しついつい顔もこわばってしまいます。

そんな時は、まずは背筋を伸ばし深呼吸うしてみましょう。

姿勢をただす事で、気持ちを落ち着かせる事が出来る効果があります。

緊張していると、視野が狭くなり自分の状況をしっかりと把握する事が出来なくなってしまいます。

そのため、そんなに緊張する必要が内容な場所でも無駄に緊張し失敗してしまう事もあるでしょう。

緊張をほぐす事が出来れば、無駄な緊張を回避してより自分にあった行動をする事が出来ます。

緊張しやすい方は、緊張を防ぐ方法ばかり考えるのでは無く緊張してしまった時どうすれば回避する事が出来るのかどうかもしっかりと学んでいきましょう。

そうする事で、緊張する現実を恐れる事無く現実に受け入れる事が出来るのでは無いでしょうか。

3.あくびをする

緊張すると、呼吸が浅くなりより思考回路が真っ白になってしまいます。

そんな時は、脳に空気をおくる為に、あくびをしてみましょう。

あくびをする事により、どこかリラックスした雰囲気になり緊張を少し回避する事が出来ます。

しかし、あくびはする場所やタイミングを選ぶ必要があります。

むやみやたらにしてしまうと、やる気が無い様に感じられてしまったり相手に対して不快な思いをさせてしまう事もあるからです。

効果がある事は確かですが、むやみやたらに行う事はおすすめ出来ません。

緊張してしまうタイミングの前でトイレに行くなどして、自分のタイミングに合わせて実践してみてはいかがでしょうか。

4.深呼吸をする

緊張してしまうと、知らず知らずのうちに体が固まりうまく行動する事が出来なくなってしまいます。

その状況で話をしたりしようとしても、いい結果を出す事は出来ないでしょう。

そんな時は、まず深呼吸です。

深呼吸をする事で、体をリラックスさせる効果があります。

そのため、体の固まりをほぐし動きやすい状況にしてくれます。

また、深呼吸をする事によって心もリラックスさせる事が出来ます。

緊張によって頭が真っ白になってしまった時も、深呼吸する事によって自分の気持ちを落ち着かせしっかりと気持ちを整える事が出来ます。

深呼吸は、場所を余り選ぶ事が無くいつでもどんなタイミングでも行いやすい行動です。

そのため、自分が緊張しやすいと感じている方は、是非深呼吸をする癖を付けましょう。

そうする事で、緊張しすぎて失敗してしまうという現実を回避する事が出来るでしょう。

緊張してしまう自分の性格をきちんと理解して、それにあった行動を出来る様にして行きましょう。

そうする事によって、緊張する事に恐怖を抱く事無く前向きに考える事が出来るでしょう。

5.声を出す

自分が気が付いて居ない間にも、人は緊張を感じている場合があります。

そんな時は、いざ声を出そうと思っても上手く言葉が出てこない事があります。

一度失敗してしまうと、次に言葉を出す事が怖くなり、失敗の体験を引きずってしまう事もあります。

人前で話す時や、なにか重要な出来事を控えて居る場合は誰しも緊張してしまうものです。

そんな時は、まず声を出してみましょう。

誰かと話をしても良いし、そんな相手が居ない時は一人で声を出しても効果があります。

いきなり大きな声を出したら周りの人をビックリさせてしまう事もあるので、まずは人が居ない場所を探して声を出してみるのがいいかもしれませんね。

誰かと話す事は勿論、自分自身で自分の声を聞くだけでも冷静になれる事があります。

緊張してしまうと、ついつい自分のからの中に閉じこもってしまいがちですが、状況を冷静に判断し行動する事がとても重要でしょう。

6.鏡の前で笑顔を作る

笑顔は人を元気にする力があります。

それは、例え偽物の笑顔だったとしても効果はあるのです。

何か大事な事を控えて居る場合、ついつい顏がこわばってしまうでしょう。

どんな時、自分の顔を見る事で、より緊張してしまう事もあるでしょう。

笑顔は他人だけでは無く、自分自身を元気にする力もあります。

偽物の笑顔を作って居るだけでも、心を落ち着かせ前向きに考える事が出来るでしょう。

そのため、常に笑顔を心がける事で前向きな心を持つ事が出来るでしょう。

自分の心をコントロールする事が出来るのは、自分自身です。

緊張を出来るだけしない為には、心を前向きにして『きっと大丈夫』と自分自身に自信を持たせてあげる事も大切なポイントです。

7.ストレッチをする

緊張状態が続くと、体の中の筋肉が緊張し上手く動く事が出来なくなってしまいます。

そうなってしまうと、余計に失敗したり緊張がより酷くなってしまう事があります。

緊張は悪い事ではありませんが、過度な緊張は失敗の元です。

自分自身が緊張している事を感じた時は、まずはリラックスする事を心がけましょう。

その一つの方法として、ストレッチがあります。

ストレッチをする事によって、体の固まりをほぐし気持ちを落ち着かさえる事が出来るでしょう。

ストレッチであれば、誰でも家の中で行う事が出来ます。

背筋を伸ばすなどの簡単なものであれば、出先などでも気軽に行う事が出来るでしょう。

自分自身がどうすればリラックスする事が出来るのかを考え、実践する事でストレスと上手に付き合って行く事が出来る様になります。

緊張する原因

緊張してしまう原因は、人によっても異なりおかれて居る状況によっても違いがあります。

自分が緊張してしまう原因を知る事で、それを回避し緊張を解きほぐす事が出来る様になるかもしれません。

そのため、緊張の原因をしっかりと理解しておく事は緊張しない為にもとても重要なポイントだと言えるでしょう。

そこで、緊張してしまう方々の主な原因をご紹介させて頂きます。

人の目が気になってしまう

世の中には、様々なタイプの人がいます。

優しい人も居れば、意地悪な人も居るでしょう。

その中には、相手から自分がどんな風に思われえいるのか気になる方いる事でしょう。

人の気持ちを考え、行動する事は大事な事です。

しかし、他人の意見を気にする余り自分の気持ちを前に出す事が出来なくなってしまっては意味がありません。

人から悪口を言われる事を嬉しいと感じる人は居ないでしょう。

そのため、周りにどんな風に思われているのかを考える事は仕方の無い事かもしれません。

しかし。

出会った全ての人に好意を抱いて貰うと言う事は無謀な話です。

多くの人に気に居られなくとも、自分が大事に思っている人々に出会う事が出来ればそれで良いのでは無いでしょうか。