誰しもが一度くらいは自分自身の過去を振り返り、過去に戻ってやり直したいと思った経験があるはずです。

過去に戻って、あの時こうしておけばよかった、と考えてしまうのは仕方がないことです。

もちろん、やり直したいと思う事柄に関しては、人によって様々です。

つい先日のこともあれば、遠い昔のことなどもあるかもしれませんが、考えてみると多くの方が学生時代にやり残したことがあったりすることが多いといえます。

なぜならば、学生時代は社会人と比べて時間的にも余裕があることが多く、行動できる可能性が非常に高い時期だといえるからです。

だからこそ、時間的に余裕がある学生時代にしかできないことなども多く、忙しい社会人になってからはできなくなることも多いのです。

そこで、今回は学生時代に頑張ってよかったことをまとめてご紹介していきたいと思います。

現在学生の方に関しては、これからご紹介することをよく受け止めて、今しかできない大切なことを考え直すきっかけにしてみてください。

学生時代に頑張った栄光!

学生時代に何かを頑張るということは、後々非常に大きな力になってくれることが多いです。

そもそも、学生時代を人生で考えてみると、まだまだ始まりの時期にあたると考えられます。

これまでの人生よりも、これから先の社会人の人生のほうが圧倒的に長いはずですよね。

だからこそ、早い段階で何かに対して頑張ったり、熱中したりすることの素晴らしさを感じておくことは大きな財産になるといえます。

何かに対して頑張ることで、それを基にして様々なスキルを身に着けたりすることにもつながるので、無駄なことは一切ありません。

また、頑張った経験を一つでも持っている人間と持っていない人間では考え方にも大きな違いが生まれるようになります。

その考え方の違いが社会人になってからの差につながることもありますので、様々な経験は積極的に得ることをおすすめします。

大人になってからではできないこともたくさん

多くの方がやり残したことを一つくらい持っていると思いますが、先ほどご紹介したように学生時代にしなかったことを悔やんでいる人は非常に多いです。

なぜならば学生時代は社会人と比べて様々な面で余裕があります。

行動できることが非常に多くあるからです。

例えば、同じことをしようと思っても社会人になると必ず会社に拘束される時間が発生します。

自由に活動することができるのか休日か仕事が終わってからになります。

しかしながら、長時間の勤務を終わった後に何かに取り組んだとしてもすでに疲れ果ててしまって、その気力がなくなってしまうことも多々あります。

またせっかくの休日も、それ以外の予定を入れることも多くなります。

結局時間的な余裕がなくなることも想像できます。

それに比べ、学生は拘束される時間も少ないし、ある程度の時間的な余裕などもあることが多いです。

精神的や肉体的な疲れなども社会人に比べるとあまり感じることがないので、何かに取り組むことがしやすい環境だといえます。

だからこそ、その時間を有効活用して、学生時代にしかできないことなどを取り組んでおけばよかったと思うことが多くなるのです。

時間は戻すことができないからこそ、これからどうしていけばいいのかという未来のことを考えることが重要になります。

もしも今現在学生なのであれば、今しかできないこと、これからどんな経験をしておけば将来の財産になるのか真剣に考えてみましょう。

学生時代に頑張ると大人になってから役立つ!

学生時代に何かを頑張ることは将来大きな財産になるとお伝えしました。

非常に様々なケースに置き換えることができますが、例えば社会人になった時の心構えや何かしらの考え方に役立つようになると言えます。

それ以外にも、会社の面接の際は必ずと言っていいほど学生の時に頑張ったことなどを聞かれたりすることもあります。

その時に頑張った経験がない人は答えを見つけることができませんが、頑張った経験がある人はスムーズに受け答えができます。

これも何かに熱中したり頑張ったりしたことによって得ることができる一つの財産だといえます。

これがきっかけで会社に就職できたということもあります。

なので、何かに対して頑張るということは将来の自分の大きな力に繋がっていくということを改めて意識してみてください。

学生時代に頑張ってよかった6個のこと

学生時代には様々なことを頑張っておいた方が良いということを伝えしました。

しかし、当事者である学生からしてみると何を頑張ればいいのかわからないこともあると思います。

なぜならば、後悔するということは当然後から考えるということになります。

当時の段階で気づくことができなかったということが前提です。

未来を見据えて行動できている人はごくわずかです。

多くの方が現在のことだけを考えている場合が多いので、将来何の経験が必要なのかの見極めができないことも多いのです。

しかしながら、だからといって何も考えない、何も行動しないとなると無駄に時間を終えてしまうことになりかねません。

そこで、ここからは多くの方が学生時代に頑張ってよかったと思うことをまとめてご紹介していきたいと思います。

現在学生の方は、これからご紹介する項目を参考にしてみてください。

そして、自分にはどのような経験が必要なのか、どの経験が自分にとって財産になるのか考えてみましょう。

1.勉強


まずはじめにご紹介する学生時代に頑張ってよかったと思うこととして「勉強」が挙げられます。

学生時代の本分といえばやはり勉強であり、その勉強に対して頑張って本当に良かったと考える方は非常に多いです。

では、なぜ学生時代に勉強をもっと頑張ってよかったのかということについて詳しくご紹介していきます。

勉強をしているから今の仕事をすることができた

学生時代に勉強を頑張っておいてよかったと思える理由として、勉強したからこそ今の仕事に携わることができたと思っている人が多いからです。

例えば、会社に就職するには、当然ながらその会社や業種に関係した知識やスキルが求められるようになります。

会社に入ってから知識やスキルを身につけたりする場合もあります。

ですが、専門的な分野になるとあるけど基本的な知識などを身につけておくことが求められることもあります。

例えば専門的な知識を身につけて、その証である資格などを取得しておかなければそもそもその会社に入ることができないということもしばしばあります。

その場合、専門的な知識を身に着けたり、資格を取得したりする場合、必ずその分野に関する勉強を行う必要性があります。

その勉強をしたからこそ、今の自分の立場や仕事があるということを考えると、あの時勉強しておいて本当に良かったと思えるようになるということです。

多くの場合勉強するということは辛いことが多く、時には嫌になったり投げ出してしまいたくなったりするような存在でもあります。

しかしそれをあきらめずに継続的に頑張ったことによって今があるということを考えると、勉強するということは後々非常に大きな財産になると言えます。

将来自分がやりたいことがあり、明確なビジョンを描くことができるのであれば、それに対応した勉強を早い段階でしておく必要性があるといえます。

難関大学に入ることができた

学生時代に勉強を頑張っておいてよかったと思える他の理由として、難関大学に入ることができたということも一つの理由になります。

日本には様々な大学が存在していますが、その大学の中でも難関大学と呼ばれる大学はそれなりにメリットがあります。

当然それに伴った勉強が必要になりますが、難関大学に入ることができればそれだけで勉強の努力ができる人間だと認められるようになります。

つまり、就職をする上でも難関大学を卒業した方が就職に有利になり、良い企業に入社することができる可能性を高めることができます。

実際に、学歴フィルターと呼ばれるように学歴で選考に進ませるかどうか天秤にかけている企業なども多く存在しています。

特に有名な企業などは志望する学生が多いので、学歴で天秤にかけてから面接の案内を行うことも多いのです。

学歴がないと面接すらしてもらえないことも多々あります。

なので、難関大学に入ることができるということは大きなメリットであり、学生時代に勉強を頑張っていたからこそ得られるものだといえます。

また、有名な大学だと、その大学を卒業したということで一種のブランドなども得ることができます。

将来にわたってそのメリットを実感することができるはずです。

2.部活


次にご紹介する学生時代に頑張ってよかったと思うこととして「部活」が挙げられます。

学生といえば勉強することが本分だと言えますが、それ以外にも部活動に力を入れてるような学校なども少なくありません。

勉強を重要視する考え方を持っている方も多いですが、勉強と同じくらい部活をするということを非常に大切なことだと言えます。

なぜならば、部活を通して様々なことを得ることができます。

その経験が将来にわたって、自分自身に大きな良い影響を与えてくれる可能性があるからです。

では部活をすることによってどのような良いことがあるのか、なぜ頑張ってよかったのかということをご紹介していきます。

運動部の人はプロになることも

学生時代に部活を頑張ってよかったと思う理由として、人によっては学生時代に行った部活のプロになれることもあるからです。

学生時代からスポーツを行ってきた人の中には、そのままプロの選手として活躍している人は非常に多く存在しています。

プロの選手として活躍し、成績を上げることが出来れば普通の会社員よりも大きな給料を手にすることができるようになります。

またそれ以外にも名声を手に入れられるようにもなります。

華やかな将来を手に入れられる可能性が十分あります。

もちろん全ての人が活躍できる世界ではありません。

ですが、そもそもプロの選手として活躍することは誰もができることではありません。

学生時代からずっとそのスポーツを打ち込んできて、やっと活躍することができるような世界でもありますので、非常に魅力的な世界です。

だからこそこれまで部活を続けてきてよかったと思えるので、学生時代に頑張ってよかったと思えることだといえます。

文化部では作品を評価される

学生時代に部活を頑張ってよかったと思うその他の理由として、文化部では自分自身の作品を評価してもらえる可能性があるからです。

運動部と違って文化部はさまざまな作品などを作ったりすることが多くなります。

その作品が場合によっては大きな評価を得ることができます。

大きな評価を得ることによって、自分がこれまで頑張ってきてよかったと思えるようにもなりますし、それ以外にも様々なメリットがあります。

例えば、その作品を評価してもらえることによって自分が頑張ってきたことに対して自信を持てるようになります。

その結果様々なことを前向きに考えられるようになったります。

自分に自信を持てるようになることで積極性を得ることもできるようになります。

また、作品を評価してもらえたことによって様々な場面でその経験を周りの人に対して話すことができるようにもなります。

特にこれまで頑張ってきたことを取られる面接などのためにおいては、自分の頑張りをアピールする絶好のチャンスとして活用することもできるようになります。

そして、継続的に何かを頑張ってきたということに対する成功体験を得ることで、それ以外の様々なことに対しても粘り強くチャレンジすることができるようになります。

この考え方を身につけておくことによって、学生から社会人へ環境が変わった時に様々な難しいことに対してもあきらめずに頑張り続けることができます。

何かに対して頑張った経験があるかないかによって、この基礎的な考え方は大きく変化します。

学生時代に部活を頑張ってよかったと思えるひとつの理由になるといえます。

趣味として今も続けている

学生時代に部活を頑張ってよかったと思うその他の理由として、頑張ってきた部活を趣味として今も続けているということです。

部活動にこれまで励んできた人の中には、学生を卒業して社会人になってからもその部活に関係したことを趣味にしている人がとても多いです。

例えばこれまでサッカーを続けてきた人はサッカーを趣味として、書道を続けてきた人も同様に趣味として楽しんでいるということです。

趣味を持つということ自体がとても素晴らしいことであり、趣味を持つことによって様々なメリットが得られるようになります。

例えば、自分が楽しいと思える趣味を持っていることによって、人生に楽しみを見出し、ポジティブな考え方を身につけることができるようになります。

何も楽しいと思えることがない人と、自分が自信を持った楽しいと思えることを見つけている人とでは考え方や行動に大きな違いが見られるようになります。

また、趣味を通して場合によっては様々な人との出会いを得ることができるようにもなります。

趣味を通して出会った人とは、簡単に仲良くなれます。

今後の長い人生において良い関係性を築いていくことができるようになります。

また、趣味を通して仲良くなる場合、年齢や立場などは一切関係なく仲良くなれることも多いです。

自分とが違う経験をしている人との貴重な出会いを得ることも可能です。

それがきっかけで仕事やプライベートなどの面でもよいことが起きる可能性が十分あります。

部活を続けてよかったと思える大きな理由になるといえます。