日常生活を過ごしていると、今の自分よりももっと成長した自分になりたいと思うことがあるはずです。

そのために、多くの方が目標を掲げ、それを達成するために努力しているはずですが、目標は掲げるだけでは意味がありません。

目標を掲げるだけではなく、その目標を努力して達成することで、初めて成長を得ることができます。

しかし、継続して努力をすることや、高い目標を達成することは想像以上に難しいことです。

自分が決めた目標を達成できなかった経験を持っている方も多いと思います。

ましてや、いつも目標を達成することができずに、目標を立てるだけで終わっているという人も多くいるはずです。

しかし、その反対にいつも目標を達成し、常に成長を続けているという人もいます。

目標を常に達成できる人は、目標の立て方が上手な人であり、目標設定の大切なポイントを心得ていることが多いです。

そこで、今回は目標設定をテーマにして、仕事の目標設定のポイントや、成果が出る目標の立て方についてご紹介していきたいと思います。

仕事の成果につながる目標の立て方がわからない、目標を立てる意味自体がわからないという方は参考にしてください。

仕事の目標設定!よく迷いますよね?

仕事で目標を設定したりすることはよくあると思います。

しかしながら、どのような目標を設定すればいいのか迷ったりした経験を持っている方を非常に多いと思います。

目標の設定の仕方などを細かく教えてもらえることはあまり多くなく、自分自身だけで考えて設定することがほとんどだと思います。

そのため、どのようにして目標を設定するべきなのか、大切なことに気づけていない人は多いです。

しかし、目標設定するポイントを把握していなければ、間違った目標を設定してしまう可能性にもつながります。

また、成果が出る目標設定ができていない場合、効率が悪い目標を立ててしまう可能性もありますので、成長を妨げてしまう要因にもなりかねません。

だからこそ、早い段階で成果が出る目標の立て方や、目標を設定する大切なポイントを把握することはとても重要です。

目標を設定する際にいつも迷ったり、適切な目標が設定できていないと感じている方は目標設定のポイントをまずは把握してみましょう。

目標設定の6個のポイント!仕事で成果の出る目標の立て方とは?


普段何気なく目標を設定している人も多いと思いますが、目標を立てる際はよく考えることが大切です。

深く考えずにただ目標を決めている人と、ポイントを踏まえた上で目標を設定している人とでは大きな差が生まれるようになります。

だからこそ仕事で成果が出る目標の立て方をよく把握しておかないと、目標をうまく生かすこと自体ができなくなってしまいます。

では、仕事で成果の出る目標の立て方のポイントはどのような点があるのか、具体的にご紹介していきます。

1.目標を大きく掲げない

まずはじめにご紹介する仕事で成果の出る目標のポイントとして「目標を大きく掲げない」ということが挙げられます。

この点に関して違和感を覚える人も少なくないと思います。

そもそも目標を立てる際は、目標を大きく掲げなさいと言われた経験がある方も多いので、小さな目標掲げることに対して違和感を感じる人も多いからです。

しかしながら目標を立てる際に大きな目標を立てることは、目標設定のポイントの面で適していません。

なぜならば、大きな目標を掲げるということは、それに比例して達成することが極めて難しくなってしまいやすいからです。

例えば、ダイエットをしようと思い、一か月間で体重を減らす目安を考えたとします。

そこで一か月で10キロやせるという目標を立てたとしますが、一般的に考えて10キロという数字は目標としては大きすぎますよね。

それに対して、1キロやせるという目標はやや小さな目標に感じるかもしれませんが、非常に現実的な目標です。

もちろん、大きな目標を達成するということはそれだけ達成感も感じられますが、継続できなくては意味がありません。

だからこそ、まずは大きな目標よりも小さな目標を掲げ、それを達成することを意識するほうが重要だといえます。

この点を踏まえて考えてみると、大きな目標を掲げないようにするということの意味が伝わるはずです。

最終目標ではなく身近な目標から

目標を大きく掲げないということは、言い換えてみれば最終目標をいきなり掲げようとしないという意味で解釈できます。

多くの方が目標を掲げる際に、いきなり自分の最終目標を掲げる場合が多いです。

例えば、先ほどご紹介したダイエットの件に関して考えてみると、いきなりゴールラインの目標体重を掲げてしまいがちになるということです。

しかしながら、いきなり最終目標を掲げると、それに伴った大きな努力が求められるようになります。

大きな目標であればあるほど、この努力は大きなものになりますので、達成できる可能性はそれに比例して低くなってしまうことが予想されます。

例えば、一か月で10キロやせる場合と、1キロやせる場合ではそのプロセスなどは大きく異なります。

単純に考えてみると、10倍の努力をしなければ目標を達成することができないということになります。

いきなりこのような大きな努力を行えるかといわれると難しいのが現実であり、達成できなければ、そのまま努力することすらやめてしまう可能性があります。

しかし、1キロやせるという目標であれば達成することはそれほど難しくはありませんよね。

仮に、1キロのダイエットに成功したとして、その次の月に再びその目標を継続すれば、時間がかかりますが10キロのダイエットを成功させることは可能です。

このように、いきなり最終目標掲げるのではなく、最終的な目標を把握した上でまずは達成するべき小さな目標を立てることが重要だということです。

このような目標設定を意識することによって、大きな目標を達成させることはそれほど難しくありません。

最終目標を見極め、それに伴った身近な目標設定をするように心がけてみてください。

仕事の成果が出ない原因は目標も大きく設定している?


目標設定してもいつも仕事の成果が出ない人は、そもそも目標を大きく設定していることが多いです。

目標設定するときは意識が高いことも多いので、ついつい高い目標を設定してしまいがちになりますが、次第に意識は低くなっていきやすくなります。

そうなってしまうと、高い目標を設定した場合、それに見合った大きな努力が行えなくなってしまう可能性もあります。

その努力が行えなくなると、次第に目標自体が達成できないことが目に見えてしまいますので、いつしか目標自体を達成しようと思わなくなります。

それが目標が達成できなくなってしまう理由であり、仕事の成果に結びつかない原因でもあるといえます。

だからこそ、目標を設定する際は最終的な目標や大きな目標設定するのではなく、身近な目標設定をするように心がけることが重要です。

そうすることで身近な目標をいくつも達成していくことができ、成功体験を積み重ねていくことによって自分自身に自信を持てるようになってきます。

また、継続して努力をすることも当たり前になり、努力が楽しくなるように変化していくはずです。

なので、いつも目標が仕事の成果に結びつかないと思っている方は、目標の設定を少し小さくしてみてください。

少し低すぎる目標だと感じたとしても、まずは継続して努力を行えるレベルに設定することが重要なので、自分が行える努力のレベルを考えて目標を設定してください。

2.自分にできる範囲を探す

次にご紹介する仕事で成果の出る目標のポイントとして「自分にできる範囲を探す」ということが挙げられます。

目標を立てる時に大きな目標を立てがちな人ほど、自分でできる範囲以上の目標を設定してしまいがちだと言えます。

目標を立てる時には意識が高まっていることが多く、それに比例して目標のレベルも高くしてしまいがちになります。

しかしながら、先ほどもご紹介したように目標のレベルが高くなってしまうと、それを達成するまでの道のりなどもハードになってしまいます。

それが理由で、結局日々の努力が追い付かないものになってしまい、後から挽回できなくなり、目標が未達成に終わるということはよくある話です。

だからこそ、自分が立てた目標が適切なレベルに設定されているかどうかを確認したり、自分でできる範囲の内容にとどまっているかどうかを確認することが重要だといえます。

無理をして目標を高く設定しない

目標を高く掲げることが重要だと教えてもらった経験がある方も多いと思いますが、あまりにも高すぎる目標は適してはいません。

継続した努力が行える範囲内での目標設定が正しく、無理をして高い目標を設定することは必要ないといえます。

なので、いつも目標が未達成で終わってしまう、いつもうまくいかないと思う方は、自分の目標設定のレベルを改めて確認してみることをお勧めします。

明らかに目標自体が高くなっていたり、自分にできない範囲の目標を掲げているのであれば、少しレベルを落としてみましょう。

そうすることで、自分が行えるレベルになれば継続した努力が行えるようになりますし、継続した努力が行えれば目標を達成できる可能性が高まります。

3.切磋琢磨できるようにする

次にご紹介する仕事で成果の出る目標のポイントとして「切磋琢磨できるようにする」ということが挙げられます。

そもそも切磋琢磨とはどういう意味なのかと言うと、「学問や人格をより一層磨き上げること、友人同士が互いに励ましあい競争しあってともに向上すること」を意味しています。

つまり、自分以外の人間と一緒に刺激を与え合いながら、競争しあうということです。

では、なぜ切磋琢磨できるようにすることが重要なのかと言うと、切磋琢磨することによってその目標にかける情熱が高まり可能性があるからです。

何かしらの目標を立ててそれに向かって努力をし続ける場合、自分一人で努力し続けるよりも周りの人と一緒に努力することで達成できる可能性が高まります。

なぜならば、自分一人で努力をした場合よりも、周りと一緒に努力をしたほうが刺激を受けますし、自然と目標に対して意識が向くようになります。

周りが目標を達成しようと努力している姿を見ることで、自分もその目標に到達できるように頑張ろうという気持ちが自然と湧き出てくるようになります。

そうすることで目標達成することを常に意識できるようになりますし、周りに負けないように頑張れるようになります。

なので、目標を立てる際にはできるだけ切磋琢磨できるような目標を設定するように意識して見ることをお勧めします。

同僚と競い合うと更に活気が出る

仕事を行っていれば当然自分の同僚や仲間と一緒に仕事を行うようになるはずですが、この環境をうまく利用することが成長するために必要なポイントだといえます。

先ほどもお伝えした通り、いかにうまく切磋琢磨しあえるかが目標を達成するうえで、非常に重要になります。

これはピア効果と呼ばれており、うまく活用することによって個人の能力や生産性がアップするということが知られています。

しかしながら、ピア効果を期待する上で重要なポイントとして、なるべく自分と同じような能力を持った人と切磋琢磨しあうことが重要だといえます。

なぜかというと、自分よりも圧倒的に能力が高い人を比較対象にすると、レベルが違いすぎて自分自身のやる気の低下などのマイナス要因が出てくる可能性が生まれます。

そうなってしまうとマイナスな感情しか出てこなくなってしまい、向上心などが阻害されやすくなってしまいます。

なので、なるべく自分と同じくらいのレベルの人と切磋琢磨し合うことを意識してみることで、能力を高めることができるはずです。

自分以外の人と様々なことを競い合うことによって、活気が生まれ良い雰囲気も生まれやすくなります。

これを活用しているかしていないかで、目標を達成できるハードルは大きく変化するようになりますので、目標を設定する際には周りの人のことも意識してみてください。

4.協力をしてできる目標にする

次にご紹介する仕事で成果の出る目標のポイントとして「協力をしてできる目標にする」ということが挙げられます。

目標設定するときに多くの人が自分だけの目標を設定したりしていることが多いです。

自分だけの目標設定することは悪いことではありませんが、仕事で成果の出る目標の立て方を考えると、もう少し工夫ができるはずです。

例えば、個人の目標を設定するだけではなく、周りと協力してできるような目標を設定することが重要です。

どういうことかと言いますと、周りと協力をして達成することができる目標を設定することによって、先ほどご紹介した切磋琢磨できる環境を作り上げることができます。

自分一人が努力するだけでは達成することができない目標を掲げることで、自然とその目標を周りの人も意識してくれるようになります。

そうすれば周りのことを嫌でも意識せざるを得なくなりますし、周りに迷惑をかけたくない、周りに負けたくないという感情がさらに目標達成に向けて良い効果を与えてくれます。

なので、個人の目標だけではなく周りと協力してできるような目標も別で立てることをお勧めします。

目標というのは人の力も借りて良い

目標に対する考え方として、必ずしも全て自分自身の力で乗り越えていかなければいけないと思っている人が多いはずです。

自分自身の力で乗り越えていくことは非常に重要なことでもありますが、必ずしもそれが全て正しいというわけではありません。

どういうことかと言いますと、時には周りの協力も得た上で目標を達成することも大切だということです。

全て自分自身の力で乗り越えようと考えていると、ハードルが高まってしまうこともありますし、不可能な目標になってしまうこともあります。

しかし、時には人の力を借りることによって目標を上手く達成することがしやすくなる場合もありますし、それがきっかけでさらなる大きな目標にチャレンジできることもあります。

全ての事を他人の力を借りて実行しているだけでは、まったく意味がありませんが、少し回りの力を得ることで大きな目標が達成できるのであれば、それは悪いことではありません。

最終的な大きな目標を達成するために、時には他人の力を借りるという選択肢もあるということを忘れないでください。