あなたはこれまで、大好きな相手に対し「恋心が一瞬にして冷める瞬間」を目の当たりしたことがありますか?

恋心が一瞬にして冷める瞬間を目の当たりにしてしまうことで、一瞬で気持ちが冷めて相手に興味がなくなってしまいます。

一瞬で相手の気持ちを冷めさせてしまう行動を大好きな人の前で、知らず知らずに行ってしまっていませんか?

今回こちらの記事を読むことで、大好きな人に覚められることがないよう一つ一つ行動を確認していきましょう。

どれか1つの項目にでも当てはまる場合、改善し見直していかなければなりません。

素敵な人はいつまでも好きな人の心の中に居座り続けます。

一瞬でも覚めるような行動してしまうことで、そんな気持ちがなくなってしまうこともあります。

素敵な恋がきちんと最後まで続くように、相手を冷めさせない行動を心がけていくことを大切です。

あんなに好きだと思ってたのに急に冷めちゃった!

これまで片思いの時間が長く、あんなに大好きだった相手に対して、「相手の行動に冷めてしまった…。」なんてことはありませんか?

あんなに好きだと思っていた相手に対して急に冷めた気持ちになってしまうことで、相手のことを好きでいる自信がなくなってしまいますよね?

また、あなた自身が相手に対しこれまで好きだって気持ちが一気に冷めてしまうことで、相手の何が良かったのか?すら、わからなくなってしまうケースがあります。

このように、相手のことをあんなに好きだと思っていたにもかかわらず、相手のちょっとした行動に冷めてしまい、相手のことを好きかどうかわからなくなる事はよくある話なのかもしれません。

なんでこんなことに?恋心が一瞬にして冷める28個の瞬間

さて、そんな「恋心が一瞬にして覚めてしまう瞬間」について、恋心が冷める瞬間をいくつかご紹介していきます。

恋心が冷めてしまう瞬間をきちんと理解しておくことであなた自身が、大好きな人に対して冷めるような行動を取らないよう注意喚起につながります。

これまで、2人が作り上げてきた歴史や、大切な時間があなたの何気ない行動で、相手をドン引きさせ、2人の関係すら危うい状況になってしまわないよう気をつけたいところです。

後悔する前に、相手に対して冷める気持ちにさせるような行動を取らないことが大切です。

あなたが気づかのうちに相手の心が冷めてしまわないよう、一つ一つの行動をじっくり見ていきましょう。

1.食べ方が汚い


食べ方の汚い人は、素敵だと思われることがありません。

また、食べ方が汚いことでいくら立派な家庭でも、お嬢様やおぼっちゃまに見えないことがあります。

食べ方が汚いだけで、品格が下がってしまうこともあり、いくら顔が綺麗な女性や顔立ちの整った男性でさえも食べ方が汚い姿を見てしまうことで、イメージや理想が崩れ去ってしまいます。

咀嚼音を立てて食事をとる姿は、見ていて汚らしい姿に見えてしまうことがあります。

食べ方が汚いことにより、あなたのイメージや品格を落としてしまわないよう気をつけたいところです。

これまで、自分の食べ方について何も考えていなかった人は、これを機にいちど自分の食べ方がきれいなのか?汚いのか?確認してみるのもいいですね。

2.私服がダサい

私服がダサいことで、相手にドン引きされてしまうことがあります。

また、ブランドもので飾るのも良くありません。

ブランド物を着飾っているからといっておしゃれに見えるわけではありません。

確かに、ブランド物を持っていると高級感が漂います。

しかし、ファッション雑誌をそのまま広げたようなファッションをしていたり、自分の顔と服が似合っていなかったり、私服がダサいことで「センスがない」なんて思われてしまうことがあります。

特に、私服がダサい人や、一つ一つの持ち物は素敵なのに何故か本人に似合っていないファッションセンスは、その人自身の性格が不器用に見えたり、自分を知らない姿に見えてしまうことがあります。

まずは、自分をよく知ることと、自分の体型に合ったファッションを心がけ、あなた自身の肌の色や骨格に似合う色や丈のおしゃれを楽しむようにしてください。

3.ケチ

ケチな人は、男性も女性も嫌われる傾向にあります。

一緒にご飯を食べに行っても1円単位まで割り勘してきたり、いつもどんぶり勘定で相手に多く払わせようとする仕草が、一瞬で相手をドン引きさせてしまいます。

たとえお金がなかった日でもケチな姿を見せてしまうことで、相手に対して残念な気持ちにさせてしまうことがあります。

これまで、楽しく美味しく食事をしてきたにもかかわらず、支払いになり相手がケチな姿を見せてきたことに対し、これまで好きだった気持ちも一気に冷めてしまうことがあります。

ケチな人は、自分がケチだと言うことにあまり気づいていない人も少なくありません。

お金に対し細かすぎる人や、自分が損をしないよう支払いを操作するような人は、器の小さい人に見えたり小銭持ちに見える傾向があります。

小さなことでお金をケチり、相手を残念な気持ちにさせてしまわないよう気をつけたいところです。

4.話がつまらない


話をしていても、自分の話ばかりしていたり、面白くない話を延々と聞かされても相手にとっては苦痛な時間になります。

相手があなたに合わせて笑っていたり、あなたの話をうんうんとうなずきながら話を聞いてくれている姿に、ついつい自分の話が面白いと勘違いしてしまうところがあります。

話がつまらない事は、相手に苦痛な時間を与えていることと同じになります。

自分の話ばかりするのではなく相手が盛り上がり参加できるような会話内容を考えていかなければなりません。

まずは、あなたの話がつまらないものなのかどうかを見極めるために、大好きな人の前で話をする前に中の良い友達に話をしてみてはいかがでしょうか?

その友達の反応を見て、大好きな人の前でも話をしてみることで、よりいっそうつまらない会話を減らすことができそうです。

5.過度の潔癖症

過度の潔癖症は、相手をドン引きさせてしまいます。

また、潔癖症が過ぎることで一緒にいる相手を嫌な気持ちにさせてしまうことがあります。

また、相手が触っていたもの除菌シートで拭いてから触っていたり、相手が使ったタオルを使うことができないことで、どれだけ好きな相手でも相手に対して失礼に見えてしまうことがあります。

あなた自身、毎日ルーティーンのように潔癖症が出てしまっているのであれば、それは少々見直さなければなりません。

過度の潔癖症が発症してしまうことにより、あなた自身が生活しにくい環境に陥っていることも考えられます。

潔癖症になってしまうことで、あなた自身の心が狭く苦しいものになるだけでなく、一つ一つの行動が意味がなくまた相手を傷つけてしまうことにもつながります。

潔癖症はばい菌に弱くなり抵抗力が弱まってしまう弱い体を作り上げるだけでなく、度が過ぎてしまうことで周りから不審な目に見られてしまうことも覚えておきましょう。

6.酒癖が悪い

酒癖が悪い人は、ドン引きされやすい傾向が強まると言えるでしょう。

楽しく美味しくお酒を飲みたいにもかかわらず、酒癖が悪いことで、相手を傷つけてしまったり暴言を吐いたり、または暴力をふるってしまう人の場合、良いお酒の飲み方ができているとは言えません。

楽しく美味しくお酒をたしなむ程度ならまだしも、酒癖が悪いことで周りに迷惑をかけてしまうような飲み方をしていては、どれだけ好きな人であってもドン引きされてしまうことでしょう。

酒癖が悪い事は、自分でも自覚している人も多く止められないことが現状のケースがあります。

美味しくお酒を飲めないのであれば、お酒の量を控えるか、美味しくお酒が飲めるよう努力していかなければなりません。

また、お酒に頼りすぎていたりお酒のない生活を送ってしまうことで、ストレスになることも考えられます。

毎日少しずつ量を調整しながら自分の体と相談し、うまく心と向き合い楽しくお酒を飲めるよう改善していきましょう。

7.仲良くなったら急にネガティブ

心を開くまでは、とてもポジティブで明るく前向きな人に見えていたにもかかわらず、仲良くなったと感じた瞬間にネガティブな発言をし出す人は、ドン引きされやすい傾向にあります。

はじめのうちは、「心を開いてくれた。」などと嬉しい気持ちになることがありますが、いつもネガティブな発言ばかりされることで、相手もあなたに対し嫌な気持ちになってしまうことがあります。

また、ネガティブ発言が多いことで、「自分の悪口を言われているのでは?」などと感じてしまうこともあり、そんな相手とは距離をおきたい気持ちになります。

これまで、あなたが好きだった相手が心を開いてくれたと思った瞬間、急にネガティブになり発言もネガティブになってしまうことで、相手を不安定にさせてしまうことがあります。

あなたの発言や態度は相手に伝染すると覚えておきましょう。

8.ナルシスト

ナルシストの人の中には、確かに美男や美女の人も多く、ナルシストだと言われても納得できる部分が多いと感じる人も少なくありません。

しかし、ナルシストすぎることで、一緒にいて疲れてしまうこともあります。

いつも窓に自分の姿が映ると髪型や格好が気になりいつまでもいじくっていたり、トイレの後は必ず鏡の前で髪型をセットしキメ顔している姿なんて見てしまっては、ドン引きしてしまいますよね。

ナルシストに加え、威圧感のある態度や相手を困らせてしまうような態度をとってしまうことで、より大好きな相手でもドン引きしてしまいます。

ナルシストはほどほどに、自分の好きなことも大切ですが、目の前にいる大切な人をまずは大切にすることが大事なのです。

9.嘘つき

八方美人や嘘つきな人は、信用することができません。

当たり前の事ですが、嘘をつく相手に何か心を開き話したところで、相手はあなたに嘘をつき続けることでしょう。

また、嘘をつくことが癖になってしまっているので、嘘をつくことに対し罪悪感も感じられないケースがほとんどです。

嘘をつくことで、自分を守っていたり、嘘をつくことが当たり前の生活を送っていること自体が普通ではありません。

ときには嘘をつかなければならないこともありますが、相手を傷つけるような嘘のつき方では誰も幸せにすることができません。

自分を守るための嘘つきなら、きっとあなたの心が弱いせいで嘘をついてしまうのでしょう。

自分に自信を持ち相手のことを心から信頼することができることで、あなたの嘘つきも少しずつ克服されていくのではないでしょうか?

10.人の目を気にしすぎ

人の目を気にしすぎる人は、やはりどれだけ好きな人でもドン引きしてしまいますよね。

「あの人に〇〇なんて思われていない?」と、あなたに質問してきたり「周りの人はどう思っているのかな?」などいちいち気にしていては何も始めることができません。

あなたの人生なので、あなたが決めなければならないことも多いのです。

人の目を気にしすぎた選択は、誰の心を痛めることもできません。

人の目や発言などを気にしていては、あなたがやりたいことや本当に生かしたい事が活かせないこともあります。

また、人の目を気にしすぎて発言は依存的な印象に見えたり、自分がない頼りない印象に見えることもあります。

人の目を気にしすぎる前に、今自分がどのような状況に置かれどのような方向に進んでいきたいのかきちんと考え直し、心を強く持つ必要がありそうです。

11.臭い

体臭や香水など、とにかくにおいのきつい人は相手をドン引きさせてしまう傾向があります。

特に、夏場に汗の匂いや足の匂いがひどい人の場合、相手に不快な気持ちを与えるだけでなく周りの人にも嫌な気持ちにさせてしまいます。

どれだけ好きな人でもどれだけ愛している人でも、汗の匂いや足の匂いが臭いことで、一気にドン引きしてしまうことでしょう。

人は、臭いに敏感なところがありその臭い=その人自身を表すことにもつながります。

その人自身が臭い印象が強ければ、爽やかな印象に見えることもなく、また不快な印象として相手の記憶に刻み込まれることでしょう。

においのきつい香水や独特の香りのするものを食べたり身に付けたりすることで、あなた自身を表しているということを覚えておきましょう。

12.不潔

不潔な人は、誰にとっても良い印象を与えることがありません。

冬には毛玉だらけのセーターを着ていたり、夏には色が黄ばんだよれよれの穴の開いたTシャツを着ていたり、またシャツの襟下が汗染みがすごかったり…。

あげだしたらキリがありません。

とにかく、不潔な行動や不潔なポイントはできるだけ削除していくようにしてください。

不潔な行動や不潔なポイントを排除していくことで、清潔感のあるみなりや行動することができるのです。

モテる人は清潔感のある人です。

逆にモテない人は不潔な人や相手に不快な気持ちを与えてしまうことになります。