男性の中には、結婚向きな男性と、結婚に向かない男性がいます。

女性としては、結婚を見据えたときにはぜひ、結婚向きな男性を捕まえたいところですよね。

しかし問題は、結婚向きな男性がどういう人なのか、女性が分かっていないことです。

結婚向きな男性はいるのに、むしろモテるのは、結婚に向かない男性だったりもします。

では、結婚向きな男性とは…?

そこで今回は、『男性が教える!同性がおすすめする結婚に向く男の7個の特徴』をご紹介します。

女性目線では気付けない、男が太鼓判を押す“結婚に向く男”。

これが分かれば、結婚後も幸せになれること間違いなし!?

男性一押しの結婚に向く男の特徴を知って、あなたの結婚相手選びに役立ててくださいね。

男性が教える!同性がおすすめする結婚に向く男の7個の特徴!

世の中には、結婚向きの男性と、彼氏向きの男性の2つのタイプの男性がいるようです。

結婚したいアラサー女性にとっては、いかに結婚向きの男を見抜き、ゲットするかが幸せな結婚への近道なのかもしれません。

ただ、結婚するにしても、好きにならなければ付き合うことがないため、好きな人以外との結婚は想像できませんよね。

そのため、自分の好きになる男性が結婚向きではないのなら…結婚が遠のくか、結婚しても幸せにはなれないということになってしまいます。

良く言われるのは、「恋愛と結婚は違う」ということ。

これは結局、恋する相手は結婚に向かない可能性があることを意味しています。

もちろんその限りではありませんが…果たして、あなたが好きな男性のタイプは結婚向き?それとも結婚には向かない?

それを知らずして、幸せな結婚生活を手にすることもできないのです。

ここからは、男性目線から見た“結婚向きの男性の特徴”をご紹介していきます。

同性である男性たちが太鼓判を押す男性は、理屈抜きに結婚に向いたイイヤツということなんです。

そこには、女性目線からは見えてこない結婚向き男性の特徴も!?

結婚向きの男性をゲットして幸せな結婚をしたい♡と願う女性のみなさん!

自分の感情を抜きにして、男性一押しの結婚向き男の特徴を頭に叩き込んでおきましょう!

1.男友達から信頼されている

男性が教える結婚に向く男の特徴その1は、『男友達から信頼されている』ことです。

女性でも男性でも、異性には人気がないけど同性に好かれるタイプと、同性異性問わず好かれるタイプの人がいますよね。

こういった同性に好かれるタイプの人たちは、「結婚に向いている」というのが男性の意見です。

なぜなら、男友達から信頼されているということは、それだけ性格が良いということだからです。

男の友情って、女性同士の友情とはちょっと違いますよね。

男性の場合は本当に気心が知れた人とだけ熱い熱い友情で結ばれていて、多くを語らなくても分かり合えるような特別な存在です。

そうなれるのは、それだけ多くの時間を一緒に過ごしていることや、男性特有の仲間意識の強さがあるからなのでしょう。

もちろんそこには、「絶対に裏切らない」という確固たる信頼関係が出来上がっています。

そうした信頼関係を築くには、仲間を絶対に裏切らないことや、友情を大事にする心根の深さがあってこそ。

常に友情を行動で示すのが男友達から信頼される男性で、だからこそ男同士の友情を大切にする人は、結婚にも向いていると言えるのです。

男同士の友情を大切にする

男同士の友情を大切にし、男友達から信頼されているということは、仕事でも恋愛でも、それだけ信頼できる人間だということです。

結婚相手においても、一度家族という存在になれば、男友達のように大事にしてくれる可能性も高いですよね。

情に熱い性格なので、家族のピンチにもすぐに行動してくれることでしょう。

ただ、男同士の友情を優先させるがゆえに、恋人に寂しい思いをさせてしまうことがあり、恋愛がなかなか上手くいかないのもこのタイプ。

でも男性目線で言えば、「こんなにイイヤツはいない!女は分かっていない!」と言わせるほどのイイヤツなのが、男友達から信頼を集める男性なのです。

2.裏表がない


男性が教える結婚に向く男の特徴その2は、『裏表がない』ことです。

裏表と言えば…女性に多い特徴のように思えますよね。

でも案外、男性にも裏表のある人は多いです。

女性のように裏表を使い分け、器用に世渡りしていく人も…。

そんな裏表のあるタイプの男性を、良く思わないのが同性の男性たち。

こういった裏表のあるタイプの人は女性にモテるのも特徴で、その辺りも男性から反感を買いやすいのでしょう。

女性の場合と、ほとんど同じですよね。

一方で裏表がない男性は、同性の男性にとっても安心して付き合える、気の置けない友達になります。

つまりこれは、「男友達から信頼される」条件でもあるのです。

裏表がない男性なら、真の友人になれるとして男性からも人気なんですよね。

そんな裏表がない男性を、同性である男性が結婚向きだと主張するのは、隠し事をしないからです。

結婚すれば、妻は家族でもありますよね。

一緒に生活している家族に、隠し事は厳禁!

隠し事が家庭崩壊を招くこともあるので、裏表がなく隠し事ができないタイプの男性は、結婚向きだと言えるのです。

隠し事をしない

裏表がなく隠し事をしない男性は、一言で言ってしまえば「不器用な男性」です。

良いことならいいものの、悪いことも黙っておけない性格なので、時にそれが災難を招くことも…。

不器用だと言われるのは正直すぎるがゆえで、その結果仕事で上司と敵対したりと、世渡り下手な一面もあるようです。

しかし、このようにスマートでカッコつけないところが、男性からは信頼されるところ。

ですが、女性にはスマートな男性がカッコよく見える場合も多いため、恋愛では選ばれにくいタイプなのかもしれません。

とはいえ、隠し事をしないことは、女性だって結婚相手に望む条件のひとつですよね。

男性がおすすめするように、裏表がないタイプの男性は、女性にとっても結婚向きと言えるのではないでしょうか。

3.正直

男性が教える結婚に向く男の特徴その3は、『正直』なことです。

正直な人は嘘がつけず、物事をハッキリ言うタイプですよね。

男性同士では、そんな付き合いのほうが清々しく、信頼できる男友達になれることが多いのでしょう。

物事の裏を読んだりかいたりするのが苦手な男性にとっては、正直で真正面に向き合える人とのほうが、心からの親友になれるんです。

ですから、男性目線では「正直な男」が結婚におすすめなのです。

正直だということは、裏表がないということでもあります。

物事の“裏”ではなく常に“表”で生きているので、嘘がなく信頼できるんですよね。

ただ、常に表で生きている人は、物事の裏に気付くことができません。

そのため、女性の態度や言葉の裏に隠された心理に気付けず、恋愛では失敗してしまうことが多いです。

嘘がつけないために相手が傷つくようなことも言ってしまうことがあり、デリカシーがない人だと思われることも少なくありません。

それに、「正直者は馬鹿を見る」ということわざがあるように、正直すぎると何かと人と衝突します。

仕事でも恋愛でも、正直が仇となり上手くいかないこともあるのがこのタイプです。

ただ、「嘘をつかない」というこの1点においては、間違いなく信用できるのが正直な男なんですよね。

男性が結婚向きだとしておすすめするのも、嘘をつかないところにあるようです。

嘘をつかない

恋愛でも結婚でも、相手に嘘をつかれたくないと考えている女性は多いはず。

だけど実際好きになるのは、嘘をつく人だったりしませんか?

それは、嘘をつく人が世渡り上手だし、女性を喜ばせるのも上手だからだと思います。

また、上手に嘘を扱える人は、一緒に居て楽しい人でもあるんですよね。

また、嘘がミステリアスさを感じさせることも…。

嘘をつかれるのは嫌なのに、なぜか嘘をつくような男性に惹かれてしまうのが女性なのです。

でも、結婚相手と考えた時にはどうでしょう?

一緒に生活し、家族となって共に過ごす相手に、嘘を求める人はいないはずです。

どんな小さなことでも、正直に話して欲しいと思うのではないでしょうか。

そう考えたとき、男性陣がおすすめするように「正直な男」は、まさに結婚向きの男性と言えるのです。

4.定職についている


男性が教える結婚に向く男の特徴その4は、『定職についている』ことです。

男性って、案外夢見がちな人が多いですよね。

だけど男性だって、ある程度の年齢になれば男の責任として、安定を考え始めるものです。

でも、そんな時期を逃していつまでも定職に就かない人も…中にはいますよね。

そんな男は、同性である男性から見ても「おいおい。いつまでそのままでいる気なんだよ」と呆れてしまう人になっているんです。

夢を追うのは悪いことではありませんが、定職に就かず親のすねをかじりながら生きているような男性は、同性から見てもダメ男です。

結婚を考えた時も、どう考えても結婚向きじゃないのが定職についていない男性で、家庭も妻も、幸せにすることはできないことが目に見えているのです。

ただ、男性が「定職に就いている」というあまりにも当たり前な特徴を、なぜ結婚向き男性としてあげるのでしょうか?

それは、女性が分かっていないからです。

女性って、夢を追っている男性に惹かれやすいですよね。

一緒に夢を応援してあげたい!という気にさせられるので、案外定職に就かずとも夢のある男性はモテるのです。

男性は、そんな女性に警告を鳴らしているというわけです。

仕事を続けられている

そもそも、定職に就かず職を転々として夢ばかり語っている男性は、その夢を叶える確率は低いと言わざるを得ません。

なぜなら、夢を現実にするためには、コツコツと努力することが何よりも大事だからです。

それに、安定した収入もなく、夢を追いかけ続けることができるでしょうか?

それが可能になっているとしたら、親からの援助があるか、彼女のヒモになっているかでしょう。

安定した年収

本当に夢を叶える人は、もっとしっかりした将来設計をしているはずです。

仕事を続けて安定収入を得ながらも、寝る間を惜しんで夢へ向かうのが夢を叶えられる人。

そんな人は、恋愛する暇もないのが現実でしょう。

ですから、夢があるにしても無いにしても、定職に就いていることは結婚向き男性の絶対条件です。

女性を守っていく収入と覚悟がなく、夢ばかり語っている男性は、素敵に見えても恋愛には向きません。

男性陣から見ても、定職についている人のほうがしっかりとした将来設計と夢や結婚に対する覚悟があると思えるんですよね。

そこに気付かず惚れ込んでしまう女性が多いからこそ、男性はあえて、「定職についている男」を結婚向きな男の特徴として挙げているのです。

5.約束を守る

男性が教える結婚に向く男の特徴その5は、『約束を守る』ことです。

約束を守ることは、信頼できる男の条件!

男友達から信頼が厚い人は、約束を必ず守る人でもあるのです。

そんな人だから、男性が女性に、結婚に向く男として紹介したくなるのが約束を守る人なのです。

時間に遅れない

約束を守る人は、まず時間に遅れません。

女性とデートするときでも、女性を待たせて不安にさせたり、イライラさせたりすることはないでしょう。

誠実な人なので、付き合えば女性が安心できる男性だと思います。

とはいえ、誠実な人はちょっと面白みに欠けるところもありますよね。

恋愛をするなら、ちょっと不真面目なくらいが刺激的だったりもします。

でも結婚を考えたときは?きっと不真面目な人では結婚を考えることができないでしょう。

自分や、いずれ生まれてくる子供のことを考えたら、約束を守る誠実な人でなければ人生を預けることなんてできませんよね。

そもそも、約束を守って時間に遅れないようにできる人は、相手の立場を考えられる人です。

自分が遅刻することで、相手を不安にさせたり心配させたりすることを理解しているから、そんな思いをさせないように時間に遅れないように心がけているのです。

つまり、時間に遅れないということは、相手への思いやりがあるということ。

結婚するなら、そんな思いやりのある人が良いに決まっていますよね。

言うことは有言実行!

約束を守る人は、相手の立場を思いやれるのと同時に、責任感の強い人でもあります。

自分の言うことに責任を持っているので、言ったら有言実行!

調子のいいことを言っておいて結局やらないということは絶対にしません。

きっと結婚においても、「幸せにします」と言ったら自分の人生をかけて、幸せにしてくれることでしょう。

もちろん、責任感が強ければ仕事でもプライベートでも信頼されますよね。

男友達が多いのもそんな理由からで、人から信頼される人は仕事においても多くの人の信頼を得ることができます。

ですから、約束を守る人は仕事でも、順調に結果を残せる将来安泰な人でもあるんです。

調子のいいことを言いながら世渡りしていく人もいますが、調子がいい人は調子が悪くなることもあるということですよね。

上手くいっているうちはいいけど、適当にごまかしていたことがバレたりすれば、一気に信用を失って立場が危うくなることもあります。

調子のいい人は言わば、綱渡りの人生。

スリルがあって恋人なら面白いかもしれませんが、その綱を一緒に渡る気にななれないでしょう。

約束を守る人は、大きな成功こそないかもしれませんが、大きな失敗もありません。

結婚相手と考えた時には、非常にリスクの低い人と言えます。

男性も、案外そんな人が大事なことを分かっているんですよね。

だから約束を守る男性を、結婚向きとしておすすめするのだと思います。