お金を渡す場合、意識しておきたいのがマナーです。

結婚式やお葬式、お見舞金など、お金を渡すシーンは何かと訪れるものです。

そんなとき、マナーがなっていないと恥ずかしい思いをするとともに、相手に不快な思いをさせてしまうことがあります。

あなたは、お金を渡す時のマナー、しっかりできていますか?

そこで今回は、『お金を渡す時のマナーと注意点』をまとめました。

大人になってマナーを知らないのは、人付き合いに悪い影響を与えかねません。

マナーは、お互いが気持ちよく付き合っていくためのものなので、ぜひこの機会に、お金を渡すときのマナーを覚えましょう。

お金の正しい渡し方知っていますか?

お金の渡し方には何かとマナーがあるもので…大人になって知らないと、恥をかいてしまう場面も多いと思います。

それなのに、お金の渡し方って、学校では教わらないんですよね!!

常識やマナーって、教科書には書いてありません。

親から子へと受け継がれ、世の中の空気を読み、なんとか身につけていくものです。

親から一通り教わる人もいるとは思いますが、その場面場面で、恥をかきながら身につけていく人も…。

そのため、その場面に出会わずにいると、30代や40代になって大恥をかくこともあります。

しかもマナーって、誰かに指摘されればまだ良いほう。

恥をかくのも1度で済みます。

でも、「こんなマナーも知らないの?」と思われるだけで、教えてもらえないことも多いんです。

気づくことがなければ、永遠に恥をかき続けることにもなりかねません!

お金の渡し方も、そのひとつ。

デリケートな問題だけに、マナーがなっていなくても相手もツッコミづらく、失礼な人と思われるだけでスルーされてしまうことも多いです。

その上、デリケートな問題なためにマナーがなっていないと、強い印象を残すことに…。

そうならないためにも、お金の正しい渡し方は、自ら学ぶ努力をしなければならないのです。

【場面別で紹介】お金を渡すときの5個のマナーと注意点を教えます!

知らないと恥をかくことになるだけではなく、相手に不快な思いをさせてしまうことにもなりかねない、お金を渡すときのマナー。

きちんと身につけていないと、自分が恥をかく以上に、相手に大変失礼な行為をすることになります。

もちろん、マナーがなっていなければ、人付き合いにも亀裂を生みかねません。

ここでは、大人ならしっかり身につけておきたい『お金を渡すときのマナーと注意点』を場面別にご紹介します。

さまざまなシーンでのお金を渡すマナーを覚えて、いざというときにきちんと対応できるようになりましょう。

1.結婚式の時

お金を渡すときのマナーと注意点、ひとつ目のシーンは『結婚式の時』です。

結婚式ではご祝儀を包むことになりますが、その包み方にはマナーがあり、マナーが出来ていないと相手に不快な思いをさせてしまうことになります。

最近の若い世代では気にしない人も多いかもしれませんが、いただいたご祝儀を確認するのは、新郎新婦本人とは限りません。

ですから、「新郎新婦は親しい友人だから適当でも大丈夫」なんて思うのは大間違い!

結婚式に招かれたら、そのご祝儀は受付の人に渡すことになりますし、預かったご祝儀は親御さんなど親族が確認することもあるでしょう。

新郎新婦は許してくれても、あなたのマナー次第では、新郎新婦の顔に泥を塗ることになるかもしれません。

お祝いの席では特に、水を差す様な真似はしたくないものです。

お祝いに相応しいマナーでお金を渡すことは、祝福の気持ちを伝える上でも大切なことですよ。

結婚式の時にお金を渡すマナーのポイントは4つあります。

それぞれにお祝いの意味や縁担ぎの意味がありますので、しっかり身につけておきましょう。

ご祝儀袋を使用する


結婚式の時にお金を渡すマナーとして、まず覚えておきたいのが、ご祝儀袋にお金を包むことです。

このマナーについてはご存知の方も多いかもしれませんが、どんなご祝儀袋がふさわしいかについては、きちんと把握している人は少ないのでは?

結婚式のご祝儀を包むご祝儀袋は、「熨斗(のし)」が付いたものを選ばなければなりません。

一般的に販売されているご祝儀袋には、基本的にのしがついていますが、誤って付いていないものを選ばないよう注意しましょう。

結婚式用やご祝儀用などと書かれたご祝儀袋を選べば、一般的には右上のあたりに飾りとして熨斗がつけられています。

熨斗は、本来アワビを薄く延ばして乾燥させたもので、現在ご祝儀袋につけられているのしは、簡略化されたものです。

熨斗は縁起物で、アワビが長生きする貝であることから、長寿の願いが込められています。

また、アワビは大変貴重なものだったこともあり、結婚式などのおめでたい席に最上級の祝福の意を表すものとして、お祝い事には熨斗が欠かせなくなっているのです。

これは古来より受け継がれた伝統的なマナーであり、今の世代の人にはあまりピンとこないことかもしれません。

しかし、昔から大事に受け継がれてきた思いを無視するのは、儀礼を軽んじることにもなりかねませんよね。

それに、意味が分かれば、むやみに反発することの方が意味のないことです。

日本の伝統を受け継ぐ意味でも、熨斗付きのご祝儀袋を用意するのが良いでしょう。

熨斗以外に、ご祝儀袋に欠かせないものがもうひとつあります。

それは、水引飾りです。

一般的なご祝儀袋には、飾り紐がかけられていますよね。

あれが、水引です。

水引にはさまざまな結び方があり、結び方によってはお祝いの席に相応しくありません。

ご祝儀袋として利用する水引は、「結び切り」か「あわじ結び」が一般的で、どちらも結んだらほどきにくい結び方です。

これには、結婚するふたりが“一度結ばれたらほどけることがない様に”との願いが込められています。

結ばれたらほどけない、縁起物というわけです。

ですから、蝶結びなどのほどけやすい結び方の水引は、結婚式ではご法度です。

最近では凝った結び方の水引も色々と販売されていますが、ポイントはほどけない結び方になっていることなので覚えておきましょう。

また、結婚式のご祝儀袋の水引は、基本的に「金と銀」か「紅白」のものを利用します。

お祝い事といえば紅白を思い浮かべる人が多いと思いますが、結婚式では金銀も利用することができます。

さらに、ご祝儀袋の水引には本数にもマナーがあります。

結婚式のご祝儀袋の水引は「金銀」もしくは「紅白」それぞれ10本ずつです。

通常のお祝い事では5本になっていますが、結婚式のご祝儀袋は10本になっているので間違えないようにしましょう。

ご祝儀袋の正式なマナーとしては、白地の袋を用意することも挙げられます。

最近ではさまざまな色のご祝儀袋が販売されていますが、立場等を考えて、より格式高いご祝儀袋を用意したほうが良い場合は、正式な白地のご祝儀袋を用意するといいでしょう。

また、ご祝儀袋には表書きも必要で、結婚式で利用できるのは「寿」もしくは「壽」です。

英語などでアレンジされたものもありますが、格式を重視するなら避けたほうが無難です。

さらにもうひとつ、ご祝儀袋にお金を包むときには、お金は中袋に入れるのがマナーです。

一般的なご祝儀袋には中袋がセットになって販売されていますが、ついていないものの場合は別に和紙などを用意する必要があるので注意しましょう。

ご紹介したように、ご祝儀袋のマナーは、

・のしが付いていること。
・水引がほどけない結び方でかけられていること。
・白地であること。
・中袋があること。
・表書きに「寿」の文字が入ること。

の5つが大きなポイントです。

これらのポイントを踏まえつつ、包む金額とご祝儀袋の格を合わせるのも重要なことです。

少額を包むのに、ご祝儀袋がやたら豪華なものにならないよう気をつけましょう。

新札で渡す

結婚式でお金を渡すとき、まず用意するのがご祝儀袋。

ご紹介したポイントを踏まえてマナーに添ったご祝儀袋が用意できたら、次は包むお金の準備です。

結婚式のご祝儀としてお金を渡す場合、包むお金は新札を用意するのがマナーとなっています。

新札を包むのには、新しい門出をお祝いする意味などがあるとともに、真新しい新札がお祝いの席に相応しいと考えられているからです。

晴れの日に使い古されたボロボロのお札では、なんだか気分も悪いですからね。

それに、結婚式は数か月前から分かっていることで、準備を整えておく時間も十分にあります。

「前々からお祝いの気持ちを込めて準備していた」という証にもなりますので、ご祝儀としてお金を渡すときには、ぜひ新札を準備しましょう。

新札は、銀行の窓口や、銀行によっては両替機で交換することができますよ。

表面にお札の顔が来るように封筒に入れる

ご祝儀袋を用意して、新札のお金も準備できたら、ご祝儀袋の中にお金を包みます。

お金を包む前に、ご祝儀袋には名前を記入しましょう。

筆文字で書くのが基本的なマナーです。

表書きとして上包みの水引の下に贈り主の名前を、中包みには表に旧漢字で金額、裏側に住所と名前を入れます。

上包みと中袋がバラバラになっても、誰から贈られたものか分かるようにするため、必ず両方に名前を入れるのがマナーとなります。

お金を入れるときは、ご紹介したように中袋に入れます。

お札の肖像が印刷されている面を表とし、肖像が上にくるようにして中袋の表側と揃え、封筒に入れましょう。

中袋にお金を入れたら、上包みで包みます。

上包みの裏側は、一般的に折り重ねられているだけですが、この時、結婚式のご祝儀の場合は下側の折り返しが上に重なるように包むのがマナーです。

幸せを受け止められるようにとの意味がありますので、間違えないように気をつけましょう。

割り切れない奇数の金額で包む

最後に、結婚式のご祝儀としてお金を渡す場合の、金額についてのマナーです。

結婚式でお金を渡す場合は、割り切れない奇数の金額が良しとされています。

これは、割り切れる数字だと「別れ」を連想させて縁起が悪いからで、縁担ぎのためにも1万円、3万円、5万円などの割り切れない数字で包むのがマナーとなっています。

お祝い事などの場合は、縁起物や縁担ぎの意味を込めてお金を渡すのが、祝福の意を表すことになります。

最近では気にしない人も多いようですが、マナーはお互いが気持ちよく居られるための、昔ながらの知恵でもあるんですよね。

お祝い事ではとくに、不快な思いだけはさせないようにしたいものです。

結婚式でお金を渡すときは、ぜひマナーを意識して新郎新婦を祝福しましょう。

2.お葬式の時

お金を渡すときのマナーと注意点、2つ目のシーンは『お葬式の時』です。

結婚式と違って、急に訪れるのがご不幸です。

そのため、準備にはあまり時間がありません。

しかし、時間がないからと言ってマナーがなっていないと、やはりお相手に不快な思いをさせてしまうことになります。

急なことだからこそ、普段から慌てないよう、お葬式でのお金の渡し方は、知識として身につけておきたいものです。

結婚式に縁担ぎや祝福の意味を込めたお金を渡すマナーがあるように、お葬式にもお悔やみの意味を込めたマナーがあります。

お金を渡す場合、お葬式では『香典』と呼ばれ、故人へのお香やお供えの意味があります。

線香や花を供える代わりに、お金を渡すと考えておくと良いでしょう。

香典は、通夜か葬式、告別式などに出席する際に持参し渡します。

通夜で渡せない場合は、葬式や告別式で渡しても大丈夫です。

急な通夜の場合はとくに、準備が間に合わない場合もありますので、覚えておきましょう。

また、お葬式でお金を渡す際に気を配りたい点として、宗教や宗派の違いがあります。

日本では仏式で行われることが多いですが、故人や喪主の信仰する宗教でお葬式が行われることもあり、神式やキリスト式のお葬式もあります。

仏式でも宗派によって違いがあるので、事前に確認できればスムーズです。

香典袋を使用する


結婚式でお金を渡す際にご祝儀袋に包むように、お葬式では香典袋を利用するのがマナーとなります。

そして、香典袋を用意する際に確認しておきたいのが、何式でのお葬式になるのかということです。

結婚式と違い、香典袋の表書きは宗教に合わせる必要があり、「御香典」「御霊前」「志」などさまざまです。

日本で多い仏式でのお葬式の場合は、四十九日までは「御霊前」、その後は「御仏前」と使い分けるのがマナーで、お葬式では「御霊前」となります。

しかし、仏式でも浄土真宗の場合は、「御仏前」を使うのがマナー。

確認できない場合は宗教を問わない「御霊前」が無難とされていますが、浄土真宗の場合、厳密には失礼にあたります。

同じくキリスト教のプロテスタント式の場合も、「御霊前」は使いません。

できる限り、何式、何宗派のお葬式になるのかを事前に確認して準備しましょう。

香典袋の水引も、結婚式とは異なります。

お祝いの意がある水引がかかった袋は、大変失礼にあたりますので、間違うことのないようにしてください。

香典袋の場合は、「黒白」か「双銀」の水引を利用します。

地域によっては「黄色と白」の水引が用いられることもあります。

結び方は、「結び切り」か「あわび結び」で、悲しいことが二度と繰り返されることの無いようにとの意味が込められています。

また、本数は基本的に5本です。

格式を重んじる場合は7本のものを用意しましょう。

香典の場合はご祝儀袋のような「熨斗」は付きません。

お祝い事ではないのでシンプルなものが多いですが、中には蓮の絵が描かれた綺麗な香典袋も販売されています。

ですが、蓮の絵が付いた香典袋は、仏式の場合にしか使えません。

神式やキリスト式の場合に誤って使わないよう、気をつけておくと良いでしょう。

香典袋の書き方についても注意点があります。

名前の入れ方などはご祝儀袋と基本的に同じですが、「薄墨」で描くのがマナーです。

薄めた墨で書くことで、悲しみを表現する、お葬式でお金を渡すときの独特のマナーなので覚えておきましょう。

新札は使用しない

さて、お葬式でお金を渡すときには、結婚式と違って新札を使用しないのもマナーになっています。

結婚式と違って急なご不幸の場合は、準備する時間がありませんよね。

そこに新札を準備してしまうと、前々から準備していた…つまりご不幸を予想していたような印象を与えてしまい、大変失礼です。

もし手持ちに新札しかない場合は、一度折り目を付けるなどして包むようにしましょう。

さらに、ご祝儀とは逆で、お札を裏向きに入れるのが基本です。

中袋に入れる際、肖像画が裏側になるよう注意しましょう。

死や苦を連想させる4や9の金額で渡さない

結婚式でお金を渡すときに、金額を割り切れない数字にするように、お葬式の場合も金額の数字に注意したい点があります。

お葬式の場合は、とくに4と9の数字がタブー。

4は死、9は苦を連想させることから、使用すると相手に不快な思いをさせてしまいます。

悲しみに追い打ちをかけてしまわないよう配慮すべきところなので、お葬式でお金を渡すときには使用しないように気をつけましょう。

また、香典の額が少なかったからと、追加で後日持参するのも、不幸が重なると考えられているためNGです。

急に用意しなければならないこととはいえ、全く準備する時間がないはずもありません。

相手のお気持ちに配慮しつつ、しっかり準備してお葬式に参列しましょう。

香典袋は、ご祝儀袋と同じく入れる金額と格を合わせることも大切ですので、覚えておいてください。

3.お見舞金を渡す時

お金を渡すときのマナーと注意点、3つ目のシーンは『お見舞金を渡す時』です。

友人や知人、会社の同僚が病気や怪我で入院した際、お見舞いに行く時に持参するのがお見舞金です。

そう頻繁にあることではないため、いざお見舞いに伺うときに悩む人も多いのではないでしょうか。

しかし、入院するほどの病気や怪我となると、本人にもご家族にも、とてもデリケートな問題です。

マナーを守らず、不快な思いをさえることの無いよう気を付けたいものですよね。

ただ、お見舞いとして必ずしもお金を渡さなければならないわけではありません。

お見舞いとしてお金を渡すのは、主に親しい人に対してです。

また、お金を渡さなくともお見舞いとして差し入れを持参する場合もあり、その場合はお見舞金を省いても構いません。

また、目上の人にお金を渡すのは失礼になる場合もあり、関係性の薄い人に対してお金を渡すと、逆に気を遣わせてしまうこともあります。

お祝い事ではないため、あまり派手に振舞わないように気をつけましょう。

お見舞い用の封筒で渡す

お見舞いとしてお金を渡す場合、お金はお見舞い用のマナーに添った包みにします。

一般的には、紅白の結び切りの水引のついた白無地の包みで、左側に赤帯が入っているものが利用されます。

ご祝儀袋と似ていますが、のしは付けないので注意しましょう。

また、めでたいことではありませんので、豪華な封筒にはならないように。

包む金額も、お見舞いの場合は1万円以下となるのが一般的なので、豪華な封筒は見合いません。

お見舞いで結び切りの水引を使うのは、病気や怪我などを二度と繰り返さないようにとの願いが込められているからです。

繰り返しても良いお祝い事には蝶結び、繰り返さないほうが良いことには結び切り。

そう覚えておきましょう。

お見舞いの表書きは、「お見舞い」とするのが基本です。

他には、「回復祈願」や上司にお金を渡す場合の「御伺」などがあります。

入院直後や手術直後には渡さない

お見舞いでお金を渡す時は、入院先などに直接伺って渡すのが基本です。

ただ、入院直後や手術直後など、本人もご家族も落ち着かないときは迷惑になるので控えてください。

落ち着いたタイミングを見計らって、事前にお見舞いに伺いたい旨を伝え、都合を確認して伺うようにしましょう。

新札は使用しない

お見舞としてお金を渡す場合も、新札は使用しません。

これは、前々から準備していたような印象を与え、不快な思いをさせてしまうことがあるからです。

病気や怪我など、突然に起こる災難は、事前に予測されているのは不吉ですよね。

包む金額としては、縁起が悪い死を意味する4、仏事で用いられることが多いと言われる6、苦しみの意味をもつ9の数字は避けた金額にするのがマナーです。

本人やご家族の気持ちに配慮した準備を心がけましょう。

手紙を渡す場合は忌み言葉を避ける

本人に直接お見舞いのお金を渡せない場合などは、手紙を添えることもあるでしょう。

その場合は、死・苦・消える・衰える・枯れる・終わる・長い・続く・重ねる・度々などの忌み言葉を避けるようにしましょう。

先ほどご紹介した、縁起が悪い数字なども使わないのがマナーです。

もちろん、本人に直接渡す場合に声をかけるとしても、上記の言葉は避けるように配慮してください。

病気や怪我などをすると、たとえ本人が元気そうにしていても、気持ちは不安定になっているはずです。

不安な気持ちに追い打ちをかけないよう、また、「早く元気になって」など、焦らせるようなことを言わないよう配慮できるといいですね。

病気や怪我で入院している場合は、焦っても本人にはどうしようもないことが多いです。

お見舞いに伺う際は、デリケートな状態であることを察してあげられるよう注意しましょう。

4.借りたお金を返す時

お金を渡すときのマナーと注意点、4つ目のシーンは『借りたお金を返す時』です。

お金の貸し借りは、できればしないほうが良いものです。

でも、急な用事で手持ちがなく、銀行にも行けないときは、友人や知人に助けてもらうこともあるでしょう。

必要になって困ったとき、お金を貸してくれる人がいるのは、とてもありがたいことですよね。

もし友人や知人にお金を借りたなら、できる限り早く返すのがマナーです。

1,000円や2,000円の少額なら、翌日には返すことができますよね?

少し大きな金額で、返すのに時間がかかる場合でも、期日を決め、その期日には必ず返すことで、関係が悪くなることを避けられます。

もちろん、あまり大きな金額を借りるのは避けた方がいいですが…。

どちらにしても、お金は借りたら、できる限り早く返すのが基本。

また、少額でもお金を人に貸すというのは、相手にとって負担になることであり、不安になることでもあることを頭に入れておきましょう。

相手はあなたが困っているのを知って、あなたのために貸してくれているのです。

お金を返すときには、その気持ちへの感謝を示すようにしましょう。

封筒に入れて渡す

借りたお金を返す場合、それが少額だとしても、裸でお金を渡すのではなく、封筒に入れて渡すのが丁寧なマナーです。

親しい間柄であれば裸で渡しても気分を害されることまではないと思いますが、感謝の気持ちまでは伝わりません。

ピンチを救ってくれたことへの感謝の気持ちを示すなら、封筒に入れて渡したいものですね。

女性同士なら、ポチ袋なども可愛らしいものがあるので、そういったものを利用すると喜ばれると思います。

ちょっとした心遣いが、「貸して良かった」と相手に思わせるものなので、返す封筒にも気を配ると良いでしょう。

また、基本的なマナーとして、借りたお金は過不足なく、耳を揃えて返すのが普通です。

借りたお金よりも不足があるのはもっての他ですし、ぴったりに用意せず、お釣りを求めるのも良いマナーとは言えません。

相手の負担にならないよう配慮しましょう。

さらに言うなら、新札やピン札で用意できると、相手もとても気持ちが良いものです。

新札やピン札が用意できない場合でも、あまりボロボロのお金ではないほうが良いです。

お金を貸してくれた親切に対し、不快な思いをさせないよう気をつけましょう。

お礼の手紙を添える

お金の貸し借りは、貸す側にとってもあまり気持ちの良いものではありません。

たとえ少額でも、きちんと返ってこないと気分が悪くなるからです。

そんな気持ちを押さえて、あなたのためにお金を貸してくれたとうことは、あなたへの心遣いがあるかです。

ですから、相手にとって大変な負担をさせてしまったことを感謝し、早めに過不足なく返すことが重要ですし、感謝の気持ちを伝えると相手も嬉しく思ってくれるはずです。

お金を渡す時には、お礼の手紙を添えると、より丁寧な印象になるでしょう。

プチギフトも一緒に渡す

借りたお金を返すときには、お礼の手紙と共に、プチギフトを渡すのもおすすめです。

借りたお金を多く返すのは、相手に気を遣わせてしまうことがあります。

お金でかたをつけるというのも、あまり気持ちの良いものではありません。

ですから、お礼の気持ちをプラスαとして添えたいなら、ちょっとしたモノを一緒に渡すと良いでしょう。

たとえば、相手が女性ならチョコレートや飴など甘いものを添えると、喜んでもらえるのではないでしょうか。

相手が男性なら、缶ビール1本を添えるなどもいいのでは?少額のお金を借りた場合は、ほんの少し、気持ちを添えるだけで十分だと思います。

ただ、それなりの金額を借りた場合には、菓子折りを渡したり、食事をご馳走したりするなど、金額に見合ったお礼をするのが良いと思います。

借りたお金を返すときは、相手にどのくらいの負担をさせてしまったかを考慮してお礼の気持ちを添えるのがマナーなので、覚えておきましょう。

5.食事の時に立て替えてくれたお金を渡す時

お金を渡すときのマナーと注意点、5つ目のシーンは『食事の時に立て替えてくれたお金を渡す時』です。

人にお金を借りることなんて滅多にない。

という人でも、食事のお金を立て替えてもらうことくらいは、あるのではないでしょうか。

そんな日常のやり取りでも、お金を返す時にはマナーがあります。

おつりのないように渡す

食事の時に立て替えてもらったお金を渡す場合、お金を借りた時同様に、過不足なくお返しするのがマナーです。

小銭がないからといって、不足した状態で返すことの無いように。

もちろん、相手がお釣りを渡さなければならない状態も、負担をかけてしまうので控えましょう。

できれば封筒に入れ、日付と名前を入れて、分かりやすく渡せるといいですね。

現金のやり取りは生生しくなりますので、快く思わない人もいます。

封筒がない場合でも、紙に包んで渡すなどの工夫ができるので、相手が気まずい思いをしないよう配慮しましょう。

お金の渡し方で育ってきた環境が分かってしまうのです!

いかがでしたか?

今回は『お金を渡す時のマナーと注意点』をご紹介しました。

お金の問題は、とてもデリケートです。

お金の切れ目は縁の切れ目というように、マナーが出来ていないと、相手との今後の付き合いにも影響します。

ぜひお金を渡す時のマナーを心得て、良好な人間関係を築いていきましょう。