森ガールファッションと聞いて、どんな服装を思い浮かべますか?

森ガールとは、「森にいそうな女の子」をコンセプトにし、ゆる~く雰囲気のあるものを好み、実際に森の中で活動するファッションとは異なったものを指します。

あくまでも、森の中にいそうなファッションであり、そのまま森に入っても行動できるわけではないということです。

この森ガールというのはmixiが発祥ともされています。

いまは、森ガールのほかにも、山ガールや沼ガール、釣りガールなどと、〇〇ガール、〇〇女子という定義付けがとても多いですよね。

それぞれ、〇〇ガールの服装は異なり、その様子も見ていて楽しめますし、外見で区別がつくといった意味では、とてもわかりやすいですよね。

今回は、この森ガールのファッションの特徴を探り、森ガールの性格や特徴までも見ていきます。

森ガールファッションに憧れている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

森ガールファッションの特徴10個

森ガールのファッションの特徴はどのようなものなのでしょうか。

森ガールのファッションはざっくり言うと、お嬢様系、ギャル系、コンサバ系、ロリータ系などとは異なるファッションです。

赤文字系よりも、青文字系に属するファッションで、読む雑誌や好きなモデルも青文字系が多いのが特徴です。

では、具体的にどのようなファッションなのかを詳しくみていきましょう。

①ゆるい感じのワンピース

森ガールファッションに欠かせないのは、まずなんといってもゆるめのワンピースですね。

素材はレースやシフォンなどのふんわりとしたものから、カラフルなものを好む森ガールもいます。

共通するのは、身体のラインをひろわないゆるいシルエットのものということです。

森ガールの基本は、ゆるく、ふんわりとしたシルエットのファッションということ。

そのため、タイトな着こなしになってしまうワンピースはほとんど着用しません。

ゆるめのワンピースも、丈感にもこだわりがあり、ミニ丈よりもロング丈。

肌の露出をおさえたものを好みます。

②どこかくせのある服を好む

人と違うもの、独特なものが好きな人が多いんですよね。

だからといって、派手すぎる色や柄物はあまり好みません。

「その服どこで売っているの?」というような、1点ものの服を好んだり、古着を好みます。

レトロという言葉が好きで、レトロ感漂う服をよく着ます。

特にブラウスなどは、古着のものだと、レトロなものがたくさんあるので、ブラウス、ブーツなどは古着屋で購入することが多くあります。

③北欧系ファッションを好む

北欧は北ヨーロッパの中のことを指します。

北ヨーロッパは寒く、厚着をしているイメージはありませんか?もこもこの耳あてに、厚手のロングスカート、ポンチョを羽織り、髪型は編み込みや三つ編み。

北欧系ファッションというだけあり、森ガールファッションが輝くのは冬の季節です。

とにかく露出が少なめなので、おしゃれに重ね着をすることを好むのです。

今のイメージでわかりやすいものだと、アナと雪の女王の、アナの服装。

エルサを雪山に探しに行った時の服装を思い返してもらうとわかりやすいかと思います。

アナのコスプレとしてもよく着用している人が多いので、想像しやすいと思いますが、いかがでしょうか。

それもそのはず、アナと雪の女王の舞台になった国はノルウェーと言われています。

ノルウェーは北欧なので、アナの服装はまさに北欧系ファッションと呼ぶのにふさわしいのです。

④基本はAライン

森ガールは、スカートやワンピースのシルエットをとても大事にします。

ふんわり裾が広がったAラインを非常に好み、クローゼットの中はAラインばかりという森ガールも多いのです。

Aラインは身体のラインをカバーしてくれますし、女の子らしさを出してくれるんですよね。

Aラインのワンピースに、Aラインのスカートを合わせてしまうと、バランスが悪くなってしまうので、

Aラインのスカートを合わせる際は、ショート丈のボレロなどを合わせるのが良いでしょう。

⑤ボルドー・深緑・茶色の暖色

森ガールに似合うのは夏よりも、冬。

秋・冬服の方が森ガールっぽさが出せるので、秋冬にふさわしい暖色系の色味を好む傾向にあります。

暖色系は字の通り、温かみのある色味なので、落ちついた雰囲気を醸し出すことができます。

またボルドー、深緑、茶色といった色味は、明るい髪色にも、黒髪にもマッチする優秀な色味です。

トップスにこれらの色味を持ってくると、全体が引き締まり、温かみが増すのでおすすめです。

トップスをボルドー、深緑、茶色にしたら、スカートやレギンスは白色のコットン地やシフォンのものを選んで、ゆるふわ感をだします。

⑥ニットやファーなどのもこもこが好き

森ガールといえば、森にいるような、可憐で妖精のような雰囲気を好みます。

ニットも大好物で、手元が隠れる、萌え袖とよばれるデザインのものや、厚手のタートルネックで、顔半分が埋もれるくらいのほっこりとしたニットを好みます。

ざっくりと編まれたニットも好きな人が多く、ロングスカートを合わせて、暖炉の傍で編み物をしている姿が様になるようなコーディネートをしています。

ファーでできたマフラーや手袋も好み、ふわふわ感がでるものを小物で取り入れることが多いようですね。

また、ニット帽など、帽子も身に着けることが多いのが特徴です。

⑦やわらかい雰囲気がでる服が好き!

森ガールのファッションは男性ウケがあまり良くないようです。

というのも、露出が少なく、ゆったりとしたシルエットのものを好むので、色気を感じないという男性が多いようです。

しかし森ガールはそんなことは気にしません。

男性ウケは二の次です。

色気よりも、優しく、ふんわりとしたやわらかさが出る服を好みます。

そのため色味や素材も、やわらかい雰囲気がでるものを身に着けることが多く、同性からは、可愛いという印象をもたれることが多いのです。

⑧古いものに魅力を感じる

森ガールは、レトロなものにも目がありません。

レトロな雰囲気の服がおいてあるブランドもありますが、レトロ感、ヴィンテージ感をより追求するためにも、古着屋巡りもかかせません。

古着屋に行くと、一昔前に流行ったデザインの服などが結構おいてありますよね。

新品のものに比べて、ヴィンテージのものはやや値段が張ることもありますが、そこは重ね着や、着回し方法が上手な森ガール。

高価な古着を一点投入して上手く着まわしちゃいます。

全身をヴィンテージで固めるではなく、いまあるブランドのものと組み合わせて、トレンド感も入れているので、おしゃれな着こなしができるのです。

また服以外にも、時計やネックレスなどもアンティーク調のものを好みます。

特に懐中時計やロケットペンダントは、森ガールが好きな小物としてもよくあげられます。

ファッションだけではなく、自分の部屋もアンティーク調にしている人も多いですね。

⑨動物モチーフが好き

ニットの真ん中に、大きな猫の刺繍が入っていたり、動物のモチーフのペンダントやブローチをしたりと、動物モチーフを好む傾向にあります。

レース地のものに動物モチーフが施されている物や、カバンにさりげなく動物のモチーフが入っているものを持つことも多いですね。

特に猫のモチーフは森ガールに人気で、猫のシルエットの指輪やペンダント、ピアスなどの小物や、リアルな猫プリントのものを好みます。

⑩スニーカーを履くならスリッポンでゆるくかわいく

森ガールの足元は、スニーカーよりもスリッポン。

丸みのある可愛らしいスリッポンを好みます。

ここで動物モチーフのプリントのものを合わせて、コーデのアクセントにすることもあれば、シンプルなスリッポンでコーデにまとまりを出す方法もあります。

靴下や、タイツを合わせることも好きなので、シンプルなスリッポンにはコーデの差し色となるようなデザインの靴下などを選びます。

また、裏地がモコモコのファー素材のスリッポンを選んだり、ひと癖あるものも好みます。

スリッポンのほかにも革製の靴を履く森ガールも多いですよね。

森ガールの性格や特徴

森ガールの外見を見ていると、ほんわかふんわりとした、おっとりとした性格なのかな?と思いますよね。

実際に森ガールの友達がいる方はどうでしょうか。

森ガールたちは、外見通りの性格をしているのでしょうか。

一見コンサバ系やお嬢様系の方が、気が強く自己主張が強いと思われがちだと思いますが、はたしてそうなのでしょうか。

森ガールという妖精のような見た目に隠されているのは、強い個性だとも言えますよね。

そういった点では、社会に紛れるコンサバ、お嬢様系よりも、一癖ある森ガールの方が自己主張は強いのかもしれませんよね。

実際のところは、個人の性格、気の強さにもよるかもしれませんが、裏をかかずに、素直な森ガールの実態を見ていきましょう。

透明感のある女子

森ガールの目指すところは、森の妖精のような可憐さです。

そのために透明感のある女子を目指すのは当然のことですよね。

実際に森ガールのファッションに身を包んでいると、心も穏やかになり、立ち振る舞いなども自然と優しいものになっていきます。

ちょっとロックでハードな服装をしているときに気持ちが大きくなったり、着物を着ているときは歩き方や動作がおしとやかになったりしますよね?それと同じことです。

コスチュームといっては大袈裟かもしれませんが、森ガールのファッションをしているうちは、自然と透明感のある女の子に変身できていることでしょう。

色白

森ガールのファッションは、妖精や北欧を意識しています。

北欧の女性は色白な方が多いイメージありますよね?

その土地に住む人に合わせた服装が作られるのは当たり前のことですが、森ガールのイメージする北欧系ファッションに似合う姿になるには、美白が大事です。

また北欧系のファッションを多く取り入れている森ガールは、ロシア人形のような透明感のある白さをイメージしていることが多く、お人形に憧れている部分というのもあるのです。

金髪に三つ編み、花冠に、白くふわっとしたワンピース。

まさに北欧の女性というイメージですよね。

髪は染めることもできますし、髪型もマネすることができますが、肌は美白をしたり、手入れをきちんとしなければ透明感のある肌を手に入れることができませんよね。

自分のなりたいイメージをしっかりと持っている森ガールは、そのあたりもしっかりと自己管理をして、なりたい自分に近づくように日々努力をしています。

ゆるいパーマ

森ガールは、前髪ぱっつんでボブスタイルにしていたり、ゆるくパーマをかけていたり、編み込みや三つ編みをしていたりと、比較的髪型は自由です。

その中でもよりふんわり感をだせるのは、ゆるいパーマですよね。

ゆるめのパーマをかけて、ふわっとしたお団子スタイルにしている人もいます。

まとめ髪にしたときも、後れ毛がゆるくパーマがかかっていると、可憐で可愛らしいイメージに仕上がりますよね。

森ガールは、ファッションにもこだわりますが、ファッションに合わせたヘアスタイル作りにも力を入れています。

花冠が似合うようなゆるふわパーマは女の子の憧れでもありますね。

結婚式の時にドレスに合わせてスタイリングをしている人もいますが、森ガールは普段から、ヘアスタイルを作り込んでいることが多いのです。

毎回美容室でやってもらうわけではなく、ヘアアレンジのバリエーションが豊富なのも、努力の賜物といって良いでしょう。

ふわふわゆるゆるな性格

森ガールは、ファッションもふわふわでゆるっとしたものを好みますが、性格自体も同じようにゆるふわでいたいと考えています。

周りから見たら少し不思議な女の子。

どこか掴みどころがなく、いつもふわふわしている、綿帽子のようなか弱い女の子を目指しています。

女同士の争いは傍観し、「女の子って怖いね」「わたしも強くなりたぁい」といった発言をすることもあります。

あくまでも自分はそうではないという点が大事で、“女の子は弱いもの”、“優しい心で人に接しなければ”と考えている子が多いのです。

ガーリーな女の子

人形みたいな女の子が大好きで、ガーリー趣味。

それはファッションにも表れていますが、自宅の部屋や、持ち歩くものにも表れています。

森ガールは、雑誌でも多く取り上げられ、特に青文字系の雑誌ではたびたび特集もされていましたよね。

そんな森ガールが憧れている読モも多いのはご存知ですか?森ガールが憧れるモデルのインスタグラムやツイッターには、

連日「どこのお洋服ですか?」「髪型マネしたいです」といったコメントが並んでいます。

やはりガーリーな女の子に憧れている部分が大きく、具体的に憧れの人を設定することで、その人に近づこうと努力をしています。