森ガールファッションと聞いて、どんな服装を思い浮かべますか?

森ガールとは、「森にいそうな女の子」をコンセプトにし、ゆる~く雰囲気のあるものを好み、実際に森の中で活動するファッションとは異なったものを指します。

あくまでも、森の中にいそうなファッションであり、そのまま森に入っても行動できるわけではないということです。

この森ガールというのはmixiが発祥ともされています。

いまは、森ガールのほかにも、山ガールや沼ガール、釣りガールなどと、〇〇ガール、〇〇女子という定義付けがとても多いですよね。

それぞれ、〇〇ガールの服装は異なり、その様子も見ていて楽しめますし、外見で区別がつくといった意味では、とてもわかりやすいですよね。

今回は、この森ガールのファッションの特徴を探り、森ガールの性格や特徴までも見ていきます。

森ガールファッションに憧れている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

森ガールファッションの特徴10個

森ガールのファッションの特徴はどのようなものなのでしょうか。

森ガールのファッションはざっくり言うと、お嬢様系、ギャル系、コンサバ系、ロリータ系などとは異なるファッションです。

赤文字系よりも、青文字系に属するファッションで、読む雑誌や好きなモデルも青文字系が多いのが特徴です。

では、具体的にどのようなファッションなのかを詳しくみていきましょう。

①ゆるい感じのワンピース

森ガールファッションに欠かせないのは、まずなんといってもゆるめのワンピースですね。

素材はレースやシフォンなどのふんわりとしたものから、カラフルなものを好む森ガールもいます。

共通するのは、身体のラインをひろわないゆるいシルエットのものということです。

森ガールの基本は、ゆるく、ふんわりとしたシルエットのファッションということ。

そのため、タイトな着こなしになってしまうワンピースはほとんど着用しません。

ゆるめのワンピースも、丈感にもこだわりがあり、ミニ丈よりもロング丈。

肌の露出をおさえたものを好みます。

②どこかくせのある服を好む

人と違うもの、独特なものが好きな人が多いんですよね。

だからといって、派手すぎる色や柄物はあまり好みません。

「その服どこで売っているの?」というような、1点ものの服を好んだり、古着を好みます。

レトロという言葉が好きで、レトロ感漂う服をよく着ます。

特にブラウスなどは、古着のものだと、レトロなものがたくさんあるので、ブラウス、ブーツなどは古着屋で購入することが多くあります。

③北欧系ファッションを好む

北欧は北ヨーロッパの中のことを指します。

北ヨーロッパは寒く、厚着をしているイメージはありませんか?もこもこの耳あてに、厚手のロングスカート、ポンチョを羽織り、髪型は編み込みや三つ編み。

北欧系ファッションというだけあり、森ガールファッションが輝くのは冬の季節です。

とにかく露出が少なめなので、おしゃれに重ね着をすることを好むのです。

今のイメージでわかりやすいものだと、アナと雪の女王の、アナの服装。

エルサを雪山に探しに行った時の服装を思い返してもらうとわかりやすいかと思います。

アナのコスプレとしてもよく着用している人が多いので、想像しやすいと思いますが、いかがでしょうか。

それもそのはず、アナと雪の女王の舞台になった国はノルウェーと言われています。

ノルウェーは北欧なので、アナの服装はまさに北欧系ファッションと呼ぶのにふさわしいのです。

④基本はAライン

森ガールは、スカートやワンピースのシルエットをとても大事にします。

ふんわり裾が広がったAラインを非常に好み、クローゼットの中はAラインばかりという森ガールも多いのです。

Aラインは身体のラインをカバーしてくれますし、女の子らしさを出してくれるんですよね。

Aラインのワンピースに、Aラインのスカートを合わせてしまうと、バランスが悪くなってしまうので、

Aラインのスカートを合わせる際は、ショート丈のボレロなどを合わせるのが良いでしょう。

⑤ボルドー・深緑・茶色の暖色

森ガールに似合うのは夏よりも、冬。

秋・冬服の方が森ガールっぽさが出せるので、秋冬にふさわしい暖色系の色味を好む傾向にあります。

暖色系は字の通り、温かみのある色味なので、落ちついた雰囲気を醸し出すことができます。

またボルドー、深緑、茶色といった色味は、明るい髪色にも、黒髪にもマッチする優秀な色味です。

トップスにこれらの色味を持ってくると、全体が引き締まり、温かみが増すのでおすすめです。

トップスをボルドー、深緑、茶色にしたら、スカートやレギンスは白色のコットン地やシフォンのものを選んで、ゆるふわ感をだします。

⑥ニットやファーなどのもこもこが好き

森ガールといえば、森にいるような、可憐で妖精のような雰囲気を好みます。

ニットも大好物で、手元が隠れる、萌え袖とよばれるデザインのものや、厚手のタートルネックで、顔半分が埋もれるくらいのほっこりとしたニットを好みます。

ざっくりと編まれたニットも好きな人が多く、ロングスカートを合わせて、暖炉の傍で編み物をしている姿が様になるようなコーディネートをしています。

ファーでできたマフラーや手袋も好み、ふわふわ感がでるものを小物で取り入れることが多いようですね。

また、ニット帽など、帽子も身に着けることが多いのが特徴です。

⑦やわらかい雰囲気がでる服が好き!

森ガールのファッションは男性ウケがあまり良くないようです。

というのも、露出が少なく、ゆったりとしたシルエットのものを好むので、色気を感じないという男性が多いようです。

しかし森ガールはそんなことは気にしません。

男性ウケは二の次です。

色気よりも、優しく、ふんわりとしたやわらかさが出る服を好みます。

そのため色味や素材も、やわらかい雰囲気がでるものを身に着けることが多く、同性からは、可愛いという印象をもたれることが多いのです。

⑧古いものに魅力を感じる

森ガールは、レトロなものにも目がありません。

レトロな雰囲気の服がおいてあるブランドもありますが、レトロ感、ヴィンテージ感をより追求するためにも、古着屋巡りもかかせません。

古着屋に行くと、一昔前に流行ったデザインの服などが結構おいてありますよね。

新品のものに比べて、ヴィンテージのものはやや値段が張ることもありますが、そこは重ね着や、着回し方法が上手な森ガール。

高価な古着を一点投入して上手く着まわしちゃいます。

全身をヴィンテージで固めるではなく、いまあるブランドのものと組み合わせて、トレンド感も入れているので、おしゃれな着こなしができるのです。

また服以外にも、時計やネックレスなどもアンティーク調のものを好みます。

特に懐中時計やロケットペンダントは、森ガールが好きな小物としてもよくあげられます。

ファッションだけではなく、自分の部屋もアンティーク調にしている人も多いですね。

⑨動物モチーフが好き

ニットの真ん中に、大きな猫の刺繍が入っていたり、動物のモチーフのペンダントやブローチをしたりと、動物モチーフを好む傾向にあります。

レース地のものに動物モチーフが施されている物や、カバンにさりげなく動物のモチーフが入っているものを持つことも多いですね。

特に猫のモチーフは森ガールに人気で、猫のシルエットの指輪やペンダント、ピアスなどの小物や、リアルな猫プリントのものを好みます。

⑩スニーカーを履くならスリッポンでゆるくかわいく

森ガールの足元は、スニーカーよりもスリッポン。

丸みのある可愛らしいスリッポンを好みます。

ここで動物モチーフのプリントのものを合わせて、コーデのアクセントにすることもあれば、シンプルなスリッポンでコーデにまとまりを出す方法もあります。

靴下や、タイツを合わせることも好きなので、シンプルなスリッポンにはコーデの差し色となるようなデザインの靴下などを選びます。

また、裏地がモコモコのファー素材のスリッポンを選んだり、ひと癖あるものも好みます。

スリッポンのほかにも革製の靴を履く森ガールも多いですよね。

森ガールの性格や特徴

森ガールの外見を見ていると、ほんわかふんわりとした、おっとりとした性格なのかな?と思いますよね。

実際に森ガールの友達がいる方はどうでしょうか。

森ガールたちは、外見通りの性格をしているのでしょうか。

一見コンサバ系やお嬢様系の方が、気が強く自己主張が強いと思われがちだと思いますが、はたしてそうなのでしょうか。

森ガールという妖精のような見た目に隠されているのは、強い個性だとも言えますよね。

そういった点では、社会に紛れるコンサバ、お嬢様系よりも、一癖ある森ガールの方が自己主張は強いのかもしれませんよね。

実際のところは、個人の性格、気の強さにもよるかもしれませんが、裏をかかずに、素直な森ガールの実態を見ていきましょう。

透明感のある女子

森ガールの目指すところは、森の妖精のような可憐さです。

そのために透明感のある女子を目指すのは当然のことですよね。

実際に森ガールのファッションに身を包んでいると、心も穏やかになり、立ち振る舞いなども自然と優しいものになっていきます。

ちょっとロックでハードな服装をしているときに気持ちが大きくなったり、着物を着ているときは歩き方や動作がおしとやかになったりしますよね?それと同じことです。

コスチュームといっては大袈裟かもしれませんが、森ガールのファッションをしているうちは、自然と透明感のある女の子に変身できていることでしょう。

色白

森ガールのファッションは、妖精や北欧を意識しています。

北欧の女性は色白な方が多いイメージありますよね?

その土地に住む人に合わせた服装が作られるのは当たり前のことですが、森ガールのイメージする北欧系ファッションに似合う姿になるには、美白が大事です。

また北欧系のファッションを多く取り入れている森ガールは、ロシア人形のような透明感のある白さをイメージしていることが多く、お人形に憧れている部分というのもあるのです。

金髪に三つ編み、花冠に、白くふわっとしたワンピース。

まさに北欧の女性というイメージですよね。

髪は染めることもできますし、髪型もマネすることができますが、肌は美白をしたり、手入れをきちんとしなければ透明感のある肌を手に入れることができませんよね。

自分のなりたいイメージをしっかりと持っている森ガールは、そのあたりもしっかりと自己管理をして、なりたい自分に近づくように日々努力をしています。

ゆるいパーマ

森ガールは、前髪ぱっつんでボブスタイルにしていたり、ゆるくパーマをかけていたり、編み込みや三つ編みをしていたりと、比較的髪型は自由です。

その中でもよりふんわり感をだせるのは、ゆるいパーマですよね。

ゆるめのパーマをかけて、ふわっとしたお団子スタイルにしている人もいます。

まとめ髪にしたときも、後れ毛がゆるくパーマがかかっていると、可憐で可愛らしいイメージに仕上がりますよね。

森ガールは、ファッションにもこだわりますが、ファッションに合わせたヘアスタイル作りにも力を入れています。

花冠が似合うようなゆるふわパーマは女の子の憧れでもありますね。

結婚式の時にドレスに合わせてスタイリングをしている人もいますが、森ガールは普段から、ヘアスタイルを作り込んでいることが多いのです。

毎回美容室でやってもらうわけではなく、ヘアアレンジのバリエーションが豊富なのも、努力の賜物といって良いでしょう。

ふわふわゆるゆるな性格

森ガールは、ファッションもふわふわでゆるっとしたものを好みますが、性格自体も同じようにゆるふわでいたいと考えています。

周りから見たら少し不思議な女の子。

どこか掴みどころがなく、いつもふわふわしている、綿帽子のようなか弱い女の子を目指しています。

女同士の争いは傍観し、「女の子って怖いね」「わたしも強くなりたぁい」といった発言をすることもあります。

あくまでも自分はそうではないという点が大事で、“女の子は弱いもの”、“優しい心で人に接しなければ”と考えている子が多いのです。

ガーリーな女の子

人形みたいな女の子が大好きで、ガーリー趣味。

それはファッションにも表れていますが、自宅の部屋や、持ち歩くものにも表れています。

森ガールは、雑誌でも多く取り上げられ、特に青文字系の雑誌ではたびたび特集もされていましたよね。

そんな森ガールが憧れている読モも多いのはご存知ですか?森ガールが憧れるモデルのインスタグラムやツイッターには、

連日「どこのお洋服ですか?」「髪型マネしたいです」といったコメントが並んでいます。

やはりガーリーな女の子に憧れている部分が大きく、具体的に憧れの人を設定することで、その人に近づこうと努力をしています。

街中でお人形さんのように可愛らしくガーリーな子がいると、振り返ってみてしまう方も多いのではないでしょうか。

自分のタイプではなくても、やっぱり可愛いは正義なのだということがわかります。

カフェでまったりするのが好き

森ガールに限らず、〇〇女子はたいていがカフェ好きですよね。

森ガールが好きなカフェは古民家のような、隠れ家のような、まるで森にいるかのようなカフェを好みます。

外見重視でまったりできる雰囲気のカフェを選ぶので、流行りなどは特に気にしません。

新しくでできたカフェに並んだりするよりも、お気に入りのカフェを見つけたら同じカフェに通いつめる人が多いのも特徴です。

木で揃えられた家具が並ぶカフェや、アンティーク調のカフェが好きで、ファッションともマッチし、その場に馴染めるカフェでゆっくりとお茶をします。

場所も高円寺や吉祥寺などの、古着屋さんや雑貨屋さんが多い町でお茶することが多く、時間の流れをとても大切にします。

趣味は雑貨屋巡り

自分で小物を作ってしまう森ガールも多いのですが、その原点は雑貨屋巡りにあります。

なかなか自分の理想通りのものが見つからず、自分で作ってしまおうというきっかけで、小物づくりを趣味としている人も多いんです。

雑貨は、その時の巡りあいとも言えますよね。

1点ものも多いので、そのときに買わなければ、次に行ったときにはもう売り切れているなんてこともしばしば。

とは言え、可愛い物をみるだけでも楽しいという気持ちが湧き、幸せになれるので、その気分を味わいに雑貨屋さんに足を運ぶ森ガールも少なくはありません。

また自分の服装に似合うものを探すことが好きなため、買い物目的で行くことも多いです。

雑貨屋巡りの休憩は、もちろん大好きなカフェでまったりコースです。

森ガールは、カフェにいったり、雑貨屋にいったりと、時間をゆっくり使うので、一緒に居るとまったりとした時間を過ごせるでしょう。

季節は秋と冬が好き

森ガールの服装の特徴でもあるのが、秋冬ものが多いということ。

森ガール自体も、秋と冬を好みます。

秋冬は、重ね着がたっぷりできますし、ロング丈のスカートやニット、もこもことした素材のものを身に着けることができますよね。

また、日に焼けることを好まないので、日差しも弱く、気温も低い秋冬が好きなのです。

森ガールを想像したときに、夏の姿を想像できる方はあまり多くないのではないでしょうか。

それほど、森ガール=秋冬というイメージが定着しているということですね。

また、冬の寒い中での景色が好きだったり、冬のお出かけが好きだったりと、森ガールが輝く季節は秋冬なわけです。

ゆるゆるふわふわの森ガールが流行り?!

森ガールの一番の特徴はそのファッション性にあります。

他の〇〇ガールと比べ、個性が際立ち、おしゃれ度が高いのが特徴です。

ゆったりとしたサイズの服をおしゃれに着こなし、重ね着能力は非常に高めです。

また、“ゆるふわ”=可愛いと定義付けられるくらい、女の子の間ではゆるふわは人気ですよね。

森ガールも例にもれず、ゆるふわを取り入れています。

それはシフォンスカートであったり、ヘアスタイルをゆるふわにしたりと、ゆるふわは、簡単に可愛く取り入れることができちゃうのです。

森ガールの場合は、ロングヘアをゆるくふわふわに巻いて、アンティーク調のヘアバンドや、クリップを付けていたりします。

写真を撮る時は花冠をつけて、さらにムードを高めたりもしています。

森ガールの定義

森ガールは「森にいそうな女の子」をテーマとしています。

雰囲気のあるものを好み、少女趣味ともいえるファッションスタイルもまた森ガールの特徴とされています。

コミュニティサイトのmixiで森ガールは生まれたとされています。

mixi内で、あるファッションや、様子を見た子が「森にいそうだね」といったことがはじまりだったようです。

森ガールとは?

森ガールは、「森にいそうな子」をテーマにし、ファッションやヘアスタイル、小物までを着飾った女の子のことを指します。

実際に森ガールの服装で森に入ることは危ないのでNGです。

あくまでも、「森の中にいそう」「森の中でおしゃれに暮らしている様」といった意味合いを持つので、ガッツリ森に入っていけるような服装とは異なります。

森ガールの服装で森に入ってしまえば、森を進むことはできませんし、虫に刺されたりと危険がいっぱいです。

森の大草原の中に佇む可憐な少女のような姿を思い浮かべてみて下さい。

それが森ガールです。

ロリータファッションと若干似ている部分があるのですが、ロリータファッションに比べると、森ガールはナチュラルに分類されます。

ロリータファッションは、服に合わせてメイクもしっかり濃いめにしますが、森ガールはメイクも非常にナチュラルで、チークだけ、リップだけという子も多いのが特徴です。

あくまでも森ガールは森ガール。

ロリータファッションはロリータファッションなので、お間違いなく。

コンセプトはあくまでも幻想的

森ガールのテーマは「森にいそうな女の子」ですが、コンセプトとしては、その先に“幻想的”であるということがついてきます。

幻想的は言い換えると、空想の世界、ファンタジックとも言えます。

ゆるふわ感漂う見た目の森ガールは、その見た目から“癒し系”と言われることもありますね。

どこか夢見がちで、ふわふわとした様子が周りから見ると幻想的に見えたりもします。

現実の世界とは少し浮世絵離れした、まさに妖精が住む世界観を体現しているのが森ガールと言えるでしょう。

仕事のときはスーツを着るけれど、休みの日は思いっきり幻想的な世界に浸りたいと、休日森ガールになって癒されている人もいることでしょう。

語源

森ガールの語源はmixiのコミュニティで生まれたものとされていますが、古くから存在していたという噂もあります。

それは、1970年代初期に存在した「森の会」に由来しているという噂。

この「森の会」は、自然との共生と共産制を目指した運動体でしたが、森に住んでいるわけではなく、指導者の名字をとって「森の会」と名付けられたとされています。

この活動に参加する女性の服装がいつしか似てきて、その服装というのがコットン素材でできた緩めのワンピースだったのです。

この似た服装や、指導者を批判的に見ている人が、彼らを比喩して「森ガール」と呼ぶようになったとも言われているのです。

森ガールが好むファッションブランド

森ガールのファッションの良いところは、どんな体型の人にも着やすいということです。

森ガールのファッションコンセプトが、ナチュラルやリラックスとされていることが多く、着ていて安心できる素材感というのも大事にしています。

ゆとりをもって着こなすことができるデザインのものが多いので、重ね着次第で自分らしさを加えることができるのも、森ガールファッションの魅力のひとつです。

森ガール御用達のブランドも多く存在しています。

手軽に買えて、可愛らしいデザインのブランドをいくつかご紹介していきます。

SM2(サマンサモスモス)

「このブランドは、なんて読むのだろう」初見だとそう思う方が多いのではないでしょうか。

このブランド名の由来は、アメリカとソ連の冷戦中に、平和の使者としてアメリカから、モスクワに“サマンサちゃん”という小さな女の子が訪れることがあったそうです。

この心温まるエピソードに胸を打たれ、“サマンサ”“モスクワ”に、ブランドのコンセプトである“遊び心”をプラスして“サマンサ モスモス”と名付けたそうです。

このブランド名にこめられた思いというのが服に良く表れていることがわかる商品ばかりです。

ゆったりしたデザインが多いのですが、可愛らしさもあり、公園や草原などと、自然が多く集まる場所に向いているデザインのものが多いのが特徴です。

WEGO

ウィゴーは、ティーンを中心に人気のブランドです。

ひと目で森ガールだとわかるようなワンピースや、カーディガンを置いているというよりも、小物などを購入する方が多いようです。

ウィゴーは、品揃えが豊富なので、靴下やタイツ、カバンからアクセサリーまでを安く購入できます。

コーデのアクセントになるようなものをウィゴーで購入し、自分らしさをプラスするというのがおすすめです。

トレンドファッションが安く手に入るので、重ね着に必要なインナーなどを揃えるのにもちょうど良いですね。

アースミュージックアンドエコロジー

このブランドはTVCMも多く放送しているので、CMを見てコンセプトを理解している人も多いかと思います。

“あした、なに着て生きていく?”このフレーズを耳にしたことがある方も多いでしょう。

ガーリーなものから、ナチュラルなものまで広く展開し、実際に店頭に行ったことがある方はわかると思うのですが、非常に幅広い年齢層の方が買い物をしているのです。

仕事にも着ていけて、遊びにも着て行ける、そんなオンオフのどちらにも使いやすいデザインのものが多く揃っています。

落ち着いた色味のものが多く、森ガールが好む、暖色系のものからベージュや白色の服が多くあるのも特徴的です。

STUDIO CLIP(スタジオクリップ)

スタジオクリップは、ファッションも可愛いのですが、小物や雑貨もとても可愛いものが多いのが特徴的。

ナチュラル志向で、少し大人向けなデザインの服は、さらりと着こなせるのが人気の秘訣。

森ガールっぽいゆったりとしたチュニックやカーディガンの品揃えも豊富で、トータルコーディネートがここだけで完成させることができるのもポイントが高いですよね。

aha aha

ネット販売で人気のaha aha。

楽天などで購入することが多い方は、このブランドを目にしたことがあるのではないでしょうか。

サイズ展開も豊富で、サルエルパンツにチュニックの組み合わせなど、「どう着こなそうかな…」と迷ったときに

コーディネートの参考にもなる写真がたくさんHPに載っているのもポイント!

コットンやリネン素材のものも多く取り扱いがあり、着心地の良さも人気の秘訣です。

森ガールが好きな、Aラインワンピースの品揃えもたくさん。

どれも着回しがきくデザインのものが多く、一つのアイテムで何パターンもコーデが作れるのも嬉しいところです。

soulberry(ソウルベリー)

サイトが見やすく、セットコーデ販売もしているのが魅力のソウルベリー。

定期的にセールを行っているので、お得に購入できるチャンスが多くあります。

サイトを1日見ていても飽きないくらい、多くの商品が揃っています。

ふわっと広がるスカートやカーディガンはいつ見てもランキング入りしていて、人気の高さがわかります。

チュニックやサロペットもとても人気があり、豊富なサイズ展開も人気の秘訣になっています。

ティーンを始めとし、ママコーデとして購入する方も多く、そのゆったりとした着心地のよさは、幅広い年齢層から支持されていることがわかります。

森ガールファッションでゆるふわ女子に!

森ガールファッションの特徴を中心にご紹介してきましたが、いかがでしたか?

森ガールの性格といった内面の部分にも少し触れてみましたが、あなたの思っていた森ガールとの違いはありましたか?

森ガールのファッションは、森に住んでいそうな女の子がテーマです。

実際に森ガールの中には、ファッションだけではなく森や自然が大好きで、ナチュラルな生活に憧れているという人が多く存在しています。

そういった森ガールは、北欧系の食器や家具を集めていたり、自らの家も森の小屋のように素敵な内装にしている人もいるのです。

森の中にいるような自宅の中で、柔らかなコットン素材のワンピースを着て過ごしていたら、気持ちまで穏やかになりそうですよね。

なかなか自宅までこだわるのは難しいかもしれませんが、森ガールファッションは誰にでも気軽に取り入れることができるので、

気になっている方は思い切ってイメチェンしてみてはいかがでしょうか。

先ほど紹介したファッションブランドからアイテムを揃えてみて、髪型も変えてみたりして、新たな自分に出会えること間違いなし!

ゆるくてふんわりとした女子は、女の子の憧れでもあります。

そんな憧れの存在になれるように、森ガールファッションをぜひ取り入れてみて下さいね。