女性の社会進出が進み、結婚後も仕事を続ける女性が増えてきました。

とはいえ、まだまだ結婚後の女性の負担が大きいのは事実。

“家事は女性の役目”という固定観念が抜けない日本では、仕事と家事の両立に悩まされるのはいつだって女性です。

これには男性側の意識の問題もありますが、女性本人が「家事は自分の仕事」という意識に縛られていることもひとつです。

「結婚しても仕事を続けたい。

でも、家事もきちんとやりたい」そう考える女性が、結婚後の仕事と家事の両立に不安を抱えることになるのです。

そこで今回は、『結婚後の女性の働き方の8個のコツ』をご紹介します。

仕事と家事の両立は確かに大変ですが、コツを掴めば大丈夫!

実際に両立させて頑張っている女性もたくさんいます。

ぜひこの記事を参考に、結婚後の仕事と家事の両立をシミュレーションしてみてくださいね!

結婚後の女性の働き方の8個のコツ!家事と両立するには工夫をしよう!

結婚後、女性が抱える不安のひとつが、仕事と家事の両立です。

そのため、仕事を続けることと結婚を天秤にかける事態になることも。

また、家事をするために泣く泣く仕事を諦める人もいるでしょう。

もちろん、結婚後は仕事を辞めて、専業主婦になることを希望する人もいます。

しかし不景気の日本では、専業主婦になることもままならなかったりするのが現状です。

それなのに…仕事と家事の両立に悩むのはいつだって女性。

結婚後は、女性にばかり負担がのしかかり、ストレスを抱えることになるのです。

これは、結婚を控えた女性にとっても大きな懸念事項ですよね。

でも、世の中には仕事と家事を上手に両立して、生き生きと働く女性もたくさんいるんです。

そんな先輩主婦たちは、仕事と家事を両立させるためにさまざまな工夫をしているのだとか。

ここでは、先輩主婦たちの『結婚後の女性の働き方の8個のコツ』をご紹介していきます!

1.前日にできるものは済ませておく


結婚後の女性の働き方のコツその1は、『前日にできるものは済ませておく』ことです。

仕事と家事の両立で悩むこと。

それは、「とにかく家事に費やせる時間が少ない」ということです。

フルタイムで働いていれば、日中は仕事に時間を取られてしまうため、家事をする時間は朝と夜。

とくに朝の時間は大忙しです。

朝食の支度。

弁当作り。

掃除に洗濯。

朝ごはんを食べて身支度を整えて…子供がいれば、子供を保育園に預けに行かなければなりません。

結婚前に比べたら、朝、出勤前にやることの多さに気が狂いそうになるのではないでしょうか。

朝はまさに戦場です。

そんな大忙しの朝の家事をこなして出勤したら…もう疲れ果ててヘトヘト。

仕事へのパフォーマンスも上がらないことは想像に容易いです。

結婚後の仕事と家事の両立に、尻込みしてしまいそうになりますよね。

先輩主婦たちは、朝をどう乗り切っているのでしょうか?

その答えのひとつが、「前日にできるものは済ませておく」というもの。

働く主婦たちが、仕事と家事を両立するために工夫しているのが前日の準備なのです。

弁当作り

朝の時短に繋がるもののひとつが弁当作りです。

朝に作るイメージが強い弁当。

でも、夜に作るという方法を取り入れれば、朝の時間をかなり節約できます。

夜、弁当を作ってしまうメリットはたくさんあります!

まず、夜ご飯を作るついでにお弁当のおかずまで作ってしまえること。

これは手際の問題もありますが、慣れてくれば夜ご飯を作りながらお弁当の分まで作れちゃので、かなりの時短になります。

夜ご飯のおかずをお弁当用に再利用できるのもポイントです。

また、夜なら時間があるので、考える余裕があるというのもメリットです。

慌ただしい朝、「さ、弁当のおかず何にしよう」って考えていると、あっという間に時間が無くなり適当な弁当に…。

でも夜じっくり考えれば、しっかり栄養バランスのとれた弁当が作れますよね。

ただ…夜弁当を作るのにはデメリットもあります。

夜、弁当箱に詰めてしまうとご飯が硬くなることや、衛生面での不安があることも。

冷蔵庫に入れておく手もありますが、カピカピになるのも心配ですよね。

そんなデメリットを解消するのには、傷みやすい食材を避けることや、弁当箱に詰めるのだけを朝にすることで解決できます。

朝、できているものを詰めるだけなら、悩む時間も作る時間も必要ありません。

朝は起きたら炊き上がったご飯を弁当箱に詰めて冷まし、おかずを温めなおして冷ましておく。

あとは、朝ご飯を食べ終わったら詰めれば完成です!

ご飯の仕込みなど

弁当作り以外に、朝ご飯の準備も前日にある程度済ませておけば時短になります。

ご飯は夜のうちに炊飯器にタイマーをかけてセットしておけばいいし、野菜などを切って盛り付けるだけにしておいたり、お味噌汁の出汁をとっておいたり。

前日や休みの日に作り置きおかずを作っておくのもアイディアです。

朝の家事は、なるべく時間をかけない工夫をすれば、朝の忙しさは半減します。

結婚後に仕事と家事を両立するには、まず固定観念を外すこと。

弁当作りも朝食作りも、朝に全てやらなければならないものではありません。

仕事と家事を両立する先輩主婦たちは、前日の準備をすることで朝に余裕を持たせているのです。

2.抜くところは抜く

結婚後の女性の働き方のコツその2は、『抜くところは抜く』ことです。

結婚後、仕事と家事の両立に不安を抱える女性の多くが、きっと真面目な性格の人でしょう。

何事にも手を抜けず、頑張りすぎてしまうことで、ストレスを抱えてしまうのです。

「完璧にこなさなければ」と自分を追い込み、それでも完璧にこなせない自分に自己嫌悪…。

結婚後、仕事と家事を両立しようとする女性が陥りがちな状況です。

一方で、仕事と家事を両立する先輩主婦たちは、完璧にこなそうとはしません。

「抜くところは抜く」ことで、自分の時間も、精神状態も追い詰めないよう上手にコントロールしています。

気を抜いた時間は、そのまま心と時間の余裕に!

だからいつも笑顔で毎日を乗り切ることができるのです。

常に集中をするのではなく適度に抜く

仕事も家事も、どちらも手を抜かずに完璧にこなそうとすればするほど追い詰められてしまいます。

結婚後は自分一人のことだけじゃなく、夫や子供も関わってくるので、スケジュール通りに行かないことばかり。

邪魔されては思い通りに進まないことにイライラが募ってしまいます。

結婚して家庭を持つというのは、ある意味自分の時間が、自分だけのものじゃなくなるということです。

集中しようと思っても思うように行かないので、いっそのこと適度に気を抜きながらやるのもひとつです。

仕事を疎かにしない程度に気を抜かすことがポイント

もちろん、全面的に気を抜いたら仕事と家事を両立しているとは言えません。

とくに仕事は、時間と労力に対し給料が支払われるもの。

責任もあるので、結婚後も仕事をすると決めた以上は、きちんと仕事をこなす必要があります。

ただ、仕事でも完璧を求め過ぎないことが大切です。

子供のことなどでピンチの時は、職場の人を頼ってもいいんです。

優先順位を明確にして、今日やらなくてもいいことは明日やる。

自分がやらなくてもいいことなら人に頼る。

こうやって上手に気を抜けるようになれば、仕事が家事に影響することも、逆に家事が仕事に影響することもありません。

家事も仕事も、重要なことと、手抜きをしてもいいことがあります。

一番の問題は、手抜きする自分を許せるかどうかです。

結婚後も仕事を続け、家事と両立させていきたいと考えるなら、抜くところは抜くことを覚えましょう。

それは決して、主婦として失格というわけではありませんよ!

3.必ずメモをする

結婚後の女性の働き方のコツその3は、『必ずメモをする』ことです。

働く主婦には、考えることが山ほどあります。

仕事のこと、夕飯のおかずのこと、明日の弁当のこと、子供のこと、将来のこと…。

日々いろんなことを考えなければならないので、消化しきれずに頭の中はパンク状態になってしまいます。

そんな状態なので、余計に不安が募っていっぱいいっぱいになっていくのです。

そんな、やることも頭の中もいっぱいの働く主婦に必要なのが、メモを取ることです。

浮かんだことをすぐにメモする癖をつけておけば、未消化なことで頭がパンクすることもありません。

メモしてしまえば一旦消化できるので、無駄に悩むこともなくなります。

頭が常に整理されていれば、時間とお金の節約にもなるんですよ!

食材などは仕事終わりに買出しに行く

食材の買い出しは、無駄遣いしてしまいがちなポイントです。

何も考えずに仕事終わり、「とりあえずスーパーに行く」というのは無駄だらけ。

家に何があるのかも分からずに無駄に食材を買ってしまったりするし、逆に必要なものを買い忘れてスーパーに戻る羽目になることも。

また、夕飯や弁当のおかずをスーパーをウロウロしながら考えるのも、とても時間がかかりますよね。

でも、前日に冷蔵庫をチェックして必要な食材を書き出しておけば、仕事帰りにサッと買い物を済ませ、時間もお金も無駄に使うことがありません。

本当に必要なものかを判断する

思いついた考えをメモにしておくことは、後々じっくり検討するためにも大切です。

メモにしないまま、焦って浮かんだことを消化しようとすると、必要ではないことに時間やお金を使ってしまうことも多いです。

食材の買い出しに関しても、スーパーをめぐりながら「この食材安いから何かに使おう」と思って買ったものを、使いこなせず無駄にしてしまうのはよくある話ですよね。

仕事のことや家事のことに関しても、本当に必要なことと、手を抜いていいこととに分かれます。

頭に浮かぶのは必要なこと以外に、自分がやりたいと思うことだったりもしますが、忙しい主婦にはやりたいことをやる時間がない場合も多いのです。

やるべきことなのか、やりたいことで実際に時間が取れることなのか、それを整理するためにもメモに落としておくことが重要です。

あれもこれもと思っても、結局やる時間がなかったり、生活に追われるうちに忘れてしまったりすれば、それについて考えたり準備した時間さえ無駄になるかもしれません。

また、今は余裕がなくても、「時間に余裕が出来たらやれること」も、メモしておけば後で思い出すことができます。

その時に消化できないことばかりでストレスを抱えるよりも、一旦メモしておいて「時間ができたときにやろう」と思えば気持ちの負担も軽くなるはず。

メモは、時間やお金の有効活用をするためにも活躍するんです。

結婚後も仕事と家事を両立する先輩主婦たちは、常に時間の有効活用を考えています。

無駄なことに悩む時間を無くし、空いた時間を有意義に使う。

日々メモを片手に頭の中を整理しているから、ストレスフリーに仕事と家事を両立することができるのです。

4.夫に助けを求める


結婚後の女性の働き方のコツその4は、『夫に助けを求める』ことです。

結婚後、仕事と家事の両立に苦労する女性に多いのが、「家事は自分の仕事」だと考えてしまうことです。

そのため、ひとりで抱え込んで追い詰められてしまうんです。

専業主婦なら、確かに家事は女性の仕事かもしれません。

しかし、夫婦共働きなら、夫も妻も条件は同じ。

「家事は女性の仕事」ではないのです。

もちろん専業主婦の場合だって、必ずしも家事を自分ひとりで抱え込まなければならないわけではありません。

とくに、子供のことなどは夫婦ふたりに、同じように育てていく責任があります。

夫も、外で働いて稼いでくることだけが役割ではないのです。

家事を1人でしようとしない

共働きの場合はなおさら、夫婦で家事を分担する必要があります。

妊娠や出産など、女性にしかできないことはありますが、それ以外のことまで女性がひとりで抱え込む必要はありません。

夫に助けを求めながら、ふたりで生計を立てていくのが“当たり前”なのです。

女性側が、家事を自分の仕事だと感じている場合は、まず自分の意識改革が必要です。

家事は自分の仕事ではなく、夫の仕事でもあること。

夫にも同じように、生活を維持していく責任があることを認識しましょう。

それを実行に移すには、もちろん夫の意識改革も必要ですよね。

男性側に、「女性の家事を手伝う」という意識があるのなら、いつしかひずみが生まれます。

家事は女性の仕事ではなく、自分の仕事であるという意識を持ってもらわなければ、女性はいつまでも男性に引け目を感じることになってしまいます。

男性側も女性側も、結婚後に共働きをしていくなら「家事はふたりの仕事」だと認識することです。

分担できるところは分担し、協力し合えるところは協力し合い、相手が大変そうなときは自分がやるという思いやりの気持ちを常に持って生活をすることが大切です。

ストレスに感じることは夫に相談をする、聞いてもらう

家事はふたりの仕事だとはいえ、お互いがその意識を持つのには時間がかかるかもしれませんね。

なぜなら、日本古来の風潮として「男性は外で働き、女性は家庭を守るもの」という考えが一般的だからです。

ですから、いくら夫婦が家事をふたりでやっていこうと思っても、周囲から横やりが入ることもあります。

夫が家事をせっせとこなしていると、「奥さんは家事をしない人なのかしら?」なんて思われたり、「家事は男性がするものじゃない」と姑から指摘されたり…。

親世代の価値観が、働く女性を苦しめることもあるでしょう。

でも、今と昔はライフスタイルがまったく違います。

昔の価値観に合わせようとしていたら、今は生活がしていけません。

それを自分の中でしっかり認識として持つことと、夫にも同じ認識でいてもらうこと。

これは、結婚後も働く女性にとって、とても重要なことなのです。

夫婦ふたりの生活は、夫婦がお互いに納得し、共通の価値観だけ持っていれば大丈夫!周囲から何か言われてストレスを感じたら、夫に聞いてもらうなど悩みを共有することも大切です。

家事の事で何か文句を言われたら、それは自分だけの問題ではなく夫の問題でもあるということ。

夫婦の悩みは、夫にも共有してふたりで解決していくようにしましょう。

5.なるべく定時退社をする

結婚後の女性の働き方のコツその5は、『なるべく定時退社をする』ことです。

結婚後、仕事と家事を両立させていくには、今まで通り…とはいきません。

今までなら仕事だけに、時間も労力も注ぐことができたかもしれませんが、結婚後は、そこに家事も加わります。

「結婚しても仕事を続けたいから」と仕事を辞めない道を選んだ場合、仕事だけに集中できるわけではないことを、同時に自覚しなければならないのです。

結婚する以上は、夫婦の生活を守ることも考えなければなりません。

自分がやりたいことだけをやるのではなく、協力して生活を守っていく必要があります。

ですから、仕事を続けるにしても「なるべく定時退社をする」よう心がけることが大切になってきます。

結婚後も仕事を続ける先輩主婦たちは、仕事と家事を両立するために、仕事と家事の時間をきっちり区別しています。

仕事の時間は仕事に集中し、時間内にやるべきことを終わらせる。

定時になったらきっちり帰宅できるスケジュールで仕事をこなし、家事に仕事が影響しないように心がけているのです。

残業が多いところでは体調にも影響をする

なるべく定時退社をして、仕事が家事に影響しないようにすることは、時間の余裕を持つためだけではなく、心や体の余裕を持つためにも大切なことです。

残業続きで帰宅時間が遅くなれば、慌てて家事をこなすことになりますよね。

日々家事が中途半端になって追われるように毎日が過ぎていくと、「家事をおろそかにしている自分」に自己嫌悪することもあるでしょう。

生活がいっぱいいっぱいになっていけば、残業ばかりやらされる仕事へも不満を持つようになりますし、そもそも、体が悲鳴をあげてしまうのではないでしょうか。

確かに、仕事には責任もあるので中途半端にはできません。

仕事が忙しいと、どうしても家事にしわ寄せがいくでしょう。

夫にも手伝ってもらえればいいのですが、夫ばかりに家事を頼るのも、申し訳ない気持ちが浮かんできてしまうはずです。

心も体も疲れ果ててしまえば、「仕事を続ける」と言ったことに後悔したり、「仕事したい」と言った以上強がって頑張りすぎたり…。

良いことはひとつもありません。

夫婦がお互いに元気で過ごしていくには、仕事と家事のバランスをとるよう工夫が必要なのです。

無理なくほどほどに仕事をすることが大事

仕事は、どうしても嫌と言えない部分も多いでしょう。

でも、それによってストレスを抱えてしまうのなら、それは結局無理しているということです。

だからといって、仕事を辞めるのだけが選択肢ではありません。

自分で時間をコントロールし、「無理しすぎずほどほどに」というスタンスで仕事に向かうことが大切です。

もちろん、家事も無理せずほどほどに。

抜くところは抜きながら、仕事とプライベートをきっちり分けて、ストレスのないバランスを見つけていけば、結婚後に仕事と家事を両立していくこともできるのです。

定時退社をすることは、家事をするためというよりも、自分の心と体のために大切なこと。

自分が元気で健康でいれば、家事も仕事も乗り越えられるというものです。

6.職場での人付き合いは穏やかに

結婚後の女性の働き方のコツその6は、『職場での人付き合いは穏やかに』することです。

結婚後も仕事を続けたいと思う女性にとって、ネックとなるのが職場での人付き合いではないでしょうか。

職場での人付き合いは、仕事をする上でのストレスのひとつ。

ここが上手くいかないと、途端に仕事と家事の両立も上手く回らなくなってしまいます。

そもそも、職場での人付き合いに時間も気持ちも避けないのが働く主婦です。

人付き合いに振り回されてしまうと、家庭にまで影響が及ぶし、仕事を続けることもままならなくなります。

また、働く主婦は、何かと不満のはけ口にされることも多いのが実情です。

結婚していない人と同様に仕事に時間を割けないために、どこかで他の同僚にしわ寄せがいくことがあるからです。

しかし、そんな不平不満に真面目に対応していたら、家事がおろそかになってしまいます。

職場に気を遣うばかりで家庭に気を遣え無くなれば、夫にも不満が生まれてしまうかもしれません。

ですから、職場での人付き合いは穏やかに、ほどほどに。

全て真面目に接する必要はないのです。

全て真面目に接するのではなくほどほどな関係が大事

働く主婦が間違いがちなのが、「家庭や子供の事で迷惑をかける」と引け目を感じながら働いてしまうこと。

そのため、できるときは何でもやろうと頑張りすぎたり、常に周囲の人に気を遣ったりしてストレスをためてしまうのです。

仕事終わりの人付き合いに関しても、無理に付き合うのなら自分のためにはなりません。

むしろ、人付き合いを良くしておこうと無理することで、自分を苦しめてしまいます。

仕事は仕事、家庭は家庭。

仕事をしっかりやって、仕事中の人付き合いをほどほどにしておけば、それ以上頑張る必要はありません。

やることをしっかりやっておけば、いわれのない不平や不満に付き合わなくてもいいのです。

相手の不満や愚痴などは聞かないようにする

職場での相手の不満や愚痴は、すべて聞こうとすると自分にストレスが溜まります。

「良好な関係を築くために必要」と考える人も多いかもしれませんが、不満や愚痴聞きで良好になれるはずもありません。

相手は気が済んでも、自分がストレスを抱えることになるのですから…。

そのストレスは、きっと家庭に影響を与えます。

家事をやらなければならないこと、ひいては結婚したことがストレスの原因だと思ってしまうこともあるでしょう。

それでは、本末転倒ですよね。

職場での人付き合いも大事ですが、仕事と家事を両立していくうえで本当に大事なのは?

やるべき仕事をきちんとやりつつ、生活をしっかり整えることなのではないでしょうか。

職場での人付き合いに気を遣い、仕事も家事もおろそかになるのでは両立とは言えませんよね。

職場ではほどほどに穏やかな人付き合いをして、害となる不満や愚痴聞きはしないこと。

そして家庭に仕事でのストレスを持ち込まないようにすることで、初めて仕事と家事の両立ができるようになります。

7.仕事と家事の考えの切り替えをする

結婚後の女性の働き方のコツその7は、『仕事と家事の考えの切り替えをする』ことです。

結婚後に仕事を続ける女性は、仕事だけ。

家事だけ。

という、どれか一つに集中する生活ではなくなります。

そんな働く主婦にとって、仕事と家事を切り替えて考えることはとても大切なことです。

仕事に追われ、家に帰っても仕事のことばかりが気になっていると、家事がおろそかになってしまうし、家事のことが気になっていると仕事が手につきません。

結局、どちらも中途半端になってしまうのです。

「仕事と家事の両立」をしていくなら、どちらも程よくバランスをとることが大切です。

どちらかが悪影響を及ぼすのではなく、どちらもが良いバランスで糧になる。

そんな生活が理想です。

仕事中に家のことを考えない

仕事中、家事の事が気になると、仕事に集中できませんよね。

「今日の晩御飯どうしよう」「明日の弁当のおかず何にしよう」など、考えてしまえば仕事の邪魔になります。

ですから、職場に出勤したらしっかり頭を切り替えて仕事に集中しましょう。

晩御飯のおかずも、お弁当のおかずも、前日の夜に考えてメモしておけば仕事中に悩むこともありません。

プライベートタイムにプライベートのことを考える。

仕事に行ったら仕事のみに集中する。

そうやって頭を切り替えることは、仕事や家事の効率アップにも役立ちます。

仕事中に家庭のことを考えて手が止まり、残業することになるなら元も子もありません。

仕事だけに集中して定時退社し、そのあとは家事の事だけを考えるようにすれば、効率よく生活が回っていくのです。

切り替えて考えることで両立を上手くすることもできる

仕事と家事を切り替えて、それぞれに他の考えを持ち込まない。

これは、職場での人付き合いや、家庭での夫や子供との関係を保つためにも役立ちます。

仕事中、家事のことが気になって調べたり、職場で相談したりしていれば、「仕事中なのに…」と思われてしまいますよね。

逆に、家に帰っても仕事のことが気になって、仕事の話をしたり家に仕事を持ち帰っていたりすれば、夫や子供に不満が溜まってしまいます。

それぞれのシーンで大切な人との関係を良好にするためにも、切り替えることは大切なのです。

家庭がありながらも仕事にしっかり集中していれば、職場内での評価も高まります。

仕事をしっかりこなしてくれていれば、いざというときに周囲も協力しようという気持ちになります。

家庭でも、しっかり家庭のことだけを考えてくれていれば、夫も子供も不満を抱えることなく幸せな時間が過ごせるでしょう。

8.なるべく貯金をする

結婚後の女性の働き方のコツその8は、『なるべく貯金をする』ことです。

夫婦共働きとなれば、共働きではない家庭よりも収入に余裕がありますよね。

そのため、怠りがちなのが貯金です。

夫婦共働きとはいえ、貯金を怠るといざというときに対応できません。

たとえば、どちらかが体調を崩して働けなくなった時、また、妊娠をきっかけに産休をとったり仕事を一旦やめたりしても、一気に世帯収入が減ることになり生活が立ち行かなくなります。

生活レベルは、一度慣れてしまうと下げるのが難しいものです。

下げないために働ければいいですが、そうできない状況もあるかもしれません。

必ずしも「結婚後も働けば生活が余裕になる」というわけではないのです。

ですから、いつか状況が変化することを考えて、なるべく貯金しておくようにしておくことが大切なのです。

もちろん、生活が苦しくなるほど頑張る必要はありませんが、少しずつでも貯めておけば、いざというときの気持ちの余裕が持てます。

自分が働きたいから働くにしても、家計のために働くにしても、そこには最低限守らなければならない“家庭”があることを忘れないようにしましょう。

家事と仕事の両立は大変だけど頑張って乗り越えよう!

いかがでしたか?

今回は『結婚後の女性の働き方の8個のコツ』をご紹介してきました。

結婚後、仕事を続ける女性には、まだまだ高いハードルがあるのが現実です。

でも、その道を切り開いてきた先輩主婦たちは、たくましく、自分たちのライフスタイルを確立しています。

結婚後に仕事を続けるのには何かと不安も多く、自分にできるのか自信が持てない人もいるでしょう。

でも、仕事も家事も、ひとりでやるものではありませんよね。

職場には同僚がいるし、家庭には夫や子供がいます。

それぞれが助け合い、協力していけば仕事と家事の両立もきっとできます。

最初は大変かもしれませんが、それも慣れ。

思いを貫けば、周囲もあなたの働き方を当たり前に受け入れてくれるようになりますよ!