皆さんは今、恋をしていますか?その人のことを思うだけで、胸がドキドキ。

気づかぬうちにその人のことを目で追いかけていたり、少しでも話せるだけで嬉しくなったり…。

恋をすると、今までの人生がより楽しく感じられるようになり、充実した毎日が過ごせるようになるようになります。

そして、大好きな人と両思いになれた時は、今までにないくらいの幸福を感じる人も多いのではないでしょうか。

恋というのは人生においては必要不可欠なものといっても過言ではないでしょう。

恋というのは、相手と深い絆を築くことができるきっかけにもなりますし、相手の価値観を知り、自分の価値観を広げるきっかけにもなります。

恋が上手くいないと頭を悩ませる人や苦労をする人も多いですが、恋というのは人生においてとても大切なもので、素敵な体験であるといえます。

みんなが当たり前のようにしている恋について知ることで、今よりも良い恋愛を築き上げるきっかけにしてみませんか?今回のテーマは「恋」について。

恋というのがどのような効果をもたらすのか、そして恋多き人はどんな人が多いのかお伝えしていきたいと思います♪

恋は人生のスパイス!

恋は人生のスパイス。

恋をすることで、今までつまらないと思っていたものが、急に楽しく見えるようになりますし、やる気などもみなぎってくるものです。

恋をすると雰囲気が明るくなったり、綺麗になったり、かっこよくなったりする人も多く、行動や性格にも変化が生まれると言われています。

つまり、恋というのは人を突き動かす原動力といっても過言ではありません。

「恋は一生していたい。」と公言する人もいるくらい、恋というのはいくつになっても大切なものだとも言われています。

また、周囲に好きな人がいなかったとしても、俳優やアイドル、フィギュア選手などの有名人にときめいている人も多くいるのではないでしょうか?

男女問わず、恋は大切

男性と女性は恋愛に落ちる傾向は違うと言われています。

男性は、女性に対して「支えたい。」と思った時に恋に落ちるもの。

逆に女性は、「頼りがいのある人」「尊敬出来る人」と感じたときに恋に落ちる傾向が強いでしょう。

恋に落ちる傾向は違えど、男女問わず、充実した人生を送るためには恋は必要不可欠なもの。

恋というのは不思議なもので、前向きな気持ちを引き出してくれたり、今まで以上に頑張ろうというやる気を引き起こしてくれるものです。

もし、この世の中から恋というものがなくなったら、人生の楽しさが半減してしまうと思う人も多いのではないでしょうか?

自分自身が成長し強くなれる

男性であれば、好きな人が出来ると、その女性のために仕事を頑張って格好いい姿を見せたいと思うもの。

そして、仕事ができる男性だと思ってもらいたいという気持ちを強く抱くはずです。

女性であれば、見た目を意識するようになったり、料理など勉強をして家庭的な女性を目指したり、またエステやジムなどに通って、自分の見た目をより魅力的にしたいと思う人が多いといえるでしょう。

恋をすると自分自身が成長し強くなれるといわれています。

自分の魅力が増す


身の回りの人で「最近綺麗になったな。」「かっこよくなったな。」と感じる人はいませんか?急に色っぽくなったり、肌つやがよくなったり、はたまた身体を鍛えて男らしくなったり。

そんな急激な変化をする人も多いと言えます。

好きな人が出来ると、今よりも「可愛くなりたい。」「綺麗になりたい。」「かっこよくなりたい。」と思うもの。

魅力を高めて、相手に好きになってもらいたいと感じるのは、恋をした人の当たり前の心理だといえるでしょう。

好きな人に振り向いてもらうために、ダイエットをしたり、メイクを勉強したり、自分に似合うファッションを研究したりと、今まで以上の努力をするようになります。

自己中が改善し、思い遣りの心が芽生える

人はどうしても自己中になってしまうもの。

しかし、恋愛をすると相手の気持ちを意識して行動するようになるため、自己中が改善して思いやりの心が芽生えるようになります。

恋愛をしていない時は自分の気持ちばかりを優先してしまい、自分がやりたいことや思ったことをついつい口に出してしまいがち。

しかし、恋をすると自分よりも相手のことを考えるようになりますし、「こんなこと言ったら嫌われるのでは?」と自分の言動も気にするようになります。

相手のことを意識することで、自分本位の考え方ではなく、他人のことを考えられるきかっけになるといえるでしょう。

価値観やものの見方も変わる

人を好きになると、相手の価値観や考え方を知りたいと思うもの。

そして、受け入れたいと思うものです。

そのため、今まで知らなかった価値観を持つことができるようになったり、ものの見方も変わるようになります。

好きな人が好きなものは好きになりたいというのは、当たり前の心理。

そして、自分の好きなものが広がるきっかけともなります。

恋に負けて心を病む人もいる


しかし、恋とは楽しいことばかりではありません。

恋愛が成就すれば良いですが、想いが通じず失恋をしてしまったり、はたまた付き合えたとしても別れが訪れてしまったり…。

いつまでも幸福な日々が続くわけではないのです。

失恋をしてしまったときは、絶望感や虚無感を抱いてしまい、立ち直ることが出来ず心が病んでしまう人も多くいます。

失恋というのは、幸せの絶頂から一気に奈落の底に落とされるようなもの。

また、予期できた失恋であれば、心の準備をする時間があるかと思いますが、予期出来なかった失恋の場合、立ち直るまでには相当の時間がかかることが予想されます。

自信を失ってしまう場合も

失恋によって、「自分のことを否定された」「自分は魅力的ではないから振られてしまった。」と思い込んでしまう人も多く、自信を失ってしまい、心が切り替えられず引きずってしまうことから、次の恋愛に進むことができないケースもあります。

恋愛が終わる時やフラれてしまう理由というのは、好みの問題や相性、またタイミングなど様々。

ただ1つ言えることは、あなたに魅力がないからフラれたと言うわけではないということ。

好きな人に振られると自信を喪失してしまう気持ちは分かりますが、それはその人があなたの魅力を理解することが出来なかっただけ。

あなたの魅力を理解してくれる人は必ずいます。

トラウマになって一生独身を貫く人も

大失恋をした人は、恋愛に対してトラウマを抱くようになり、恋愛を避けて生きるようになります。

「また傷つくのであれば、1人でいた方がいい。」と一生独身を貫く人も多くいるでしょう。

しかし、それは非常にもったいないこと。

もちろん、好きな人のことをすぐに忘れることは出来ないと思います。

しかし、そこに固執するばかりに、他の人のことが見えなくなってしまうのは、損した人生を送っていると言わざるを得ません。

あなたが好きになった人はもちろん魅力的な人だったはずです。

しかし、世の中にはたくさんの男性がいるわけで、視野を広げれば、もっと魅力的な人に出会えるかもしれませんし、あなたのことを大切にしてくれる人に出会えるかもしれません。

殻に閉じこもって自分を守るという選択肢は、実は逃げているだけ。

その生き方はいつまでたってもトラウマを引きずるだけとなってしまいます。

怖くても勇気を出して、次の恋に向かう努力をしてみること。

そうすると、意外にも気持ちが軽くなるかも知れませんよ。

恋をどう人生に活かすかは自分次第

恋というのは、人生に多大なる影響を与えるもの。

恋が順調な時は、仕事や自分磨きにもやる気が高まり、日々幸せを感じながら、人生を送っている人も多いはずです。

大好きな人のことを思うだけで、ドキドキワクワクして、小さなことでも幸せが感じられるようになる人が多いのではないでしょうか。

逆に失恋をしてしまった時は、仕事に身が入らなかったり、やる気を失ってしまい、周囲と会話するのも面倒になってしまうため、引きこもるようになってしまう人も…。

異性との交流ともシャットダウンして、恋愛をするきっかけすらも作らないようになってしまう人もいます。

恋というのは人生の充実に繋がる反面、傷ついてしまったり、自分に自信がもてなくなってしまうきっかけにもなります。

恋をどう人生に活かすかは自分次第。

考え方によっては、自分の人生を大きく変えることになってしまったり、ショックから立ち直れず、自分に自信がもてなくなってしまうこともあるので、注意が必要です。

恋しているな~と実感する9個の瞬間

好きな人ができると、「恋しているな。」と実感する瞬間が幾度となく訪れると思います。

ドキドキワクワクして、緊張していても、恋を楽しんでいる。

自分で自分が恋していると分かるくらい、好きという気持ちは膨れあがっていきます。

恋をしている人は、みんながどんなときに自分が恋をしていると自覚しているか知りたいという人も多いのでは?そこで、「恋しているなー」と実感する9個の瞬間を具体的にお伝えしていきたいと思います。

偶然会えるような場所に出向く

恋をすると、大好きな人に会いたいという気持ちが強くなります。

そして会いたいという気落ちが高まり過ぎて、好きな人と偶然会えるような場所に出向く人も多くいるのではないでしょうか?好きな人がよく行く食事場所や休憩場所、またバーなどに出向いて、偶然を装って会おうとする人は多いはず。

そして、偶然会えた時は、胸の高鳴りが押さえられないという人は多いはずです。

人を好きになる可能性は、会う回数にも比例してくると言われています。

やはり、会う頻度が多い人の方が、会話や接する回数が増えてくるため、お互いの中身まで知ることができますし、仲が深まりやすいといえるでしょう。

そのため、偶然会えるような場所に出向くというのは良い手段。

「あれ、また会った?」と気づいた瞬間に、相手のことを気になるようになっていくはずですよ。

一緒にいる間テンションが高い

好きな人と一緒にいると、嬉しくなってしまうもの。

一緒にいる間、テンションが高くなってしまう人が大半だと思います。

くだらないことでも楽しく感じられたり、そもそも一緒にいるだけで幸せだと感じられる瞬間ではないでしょうか。

一緒にいるだけで嬉しくなってしまうのは、好きな人といるからこそ。

だからこそ、少しでも声を聞きたい、触れたいと思うため、自ずとテンションが上がってしまう人も多いはず。

好きな人と一緒にいるだけで、例え機嫌が悪かったとしても、コロッと機嫌がよくなってしまうくらい…(笑)そのくらい、好きな人と一緒にいることは喜ばしいことなのです。

電話やメールにすぐ反応してしまう

好きな人から電話やメールがくると、待っていましたとばかりにすぐ反応をしてしまう人も多いのではないでしょうか?

恋愛テクニックを駆使するのであれば、返信に少し間を置いて焦らすのが良いとされていますが、恋する気持ちが高まっている時は、思わずすぐに返信してしまうもの。

ましてや「会いたい。」という連絡であれば、「いついつ?」と飛びついてしまう人も多いのではないでしょうか?
また、最近はSNSなどで好きな人の近況やプロフィール、好みなどを知ることもできます。

好きな人から連絡が来ない間、好きな人の情報をこと細かに調べている人も多くいます。

好きな人が映っている写真を見てドキドキしたり、異性といっしょに映っていたら嫉妬をしてしまったりなど、スマホを見ながら一喜一憂している人も多くいるでしょう。

結果、スマホをいつも見ているという状態が続いてしまうのです。

スマホを肌身離さず持っている

好きな人から電話やメールがいつくるか分からない。

そのため、いつ連絡ガイテも良いようにスマホを肌身離さず持っているようになったという人も多いはず。

お手洗いにいくときですら、スマホを持って行くくらいなのではないでしょうか?(笑)

また、連絡が来た時にすぐ気づくように、着信音をオンにしておいたり、マナーモードの場所ではすぐに気づくバイブレーションにしておいたり…、そのくらい大好きな人からの連絡を待ちわびているという人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、スマホを気にしすぎる生活を送っていると、スマホ依存症になってしまう場合も。

仕事中だったり、友達と遊んでいる時もスマホを気にしてしまうのは行き過ぎな行為。

またスマホばかり気にしすぎているのは、一緒にいる人に対しても失礼となります。

いくら連絡を待ち焦がれる相手だとしても、スマホを見るだけの生活になるのは避けた方がよいでしょう。