40代にもなると、子育てもひと段落ついて、そろそろ再就職や転職を考える女性が増えてくる頃でしょう。

これまでとはまったく違う業界へ転職を希望する女性も、また子育てでブランクのある女性も、新たに何か資格を取得することで、転職がしやすくなります。

どんな資格を取るかで転職先も変わってきますが、自分に合った転職先を見つけるためにも、しっかりと考えて資格を取得しましょう!40代女性におすすめの資格をご紹介していきます。

人口減の時代は売り手市場?

時代によって、就職活動は売り手市場になったり、買い手市場になったりと大きく変動します。

就職難と言われる時代には企業側が求職者を選ぶ買い手市場となり、一方で企業側が人材を多く募集する時代には求職者側の売り手市場となります。

現代の日本では人口が減少しているため、どちらかと言えば売り手市場だと言えるでしょう。

若者が多ければ、中高年の転職活動は困難になりますが、若者が少なくなっている現代では、スキルと経験のある中高年は企業側も積極的に採用することが多いです。

とはいえ、一つの会社で長年勤めた経験はあるものの、スキルはさほどなかったり、有利な資格を持っていなかったりすれば、転職活動は困難になるでしょう。

とくに女性の場合、子育てで何年も会社から離れてブランクが長い人ほど、転職に有利な資格をまったく持っていなければ転職活動が困難になることが少なくありません。

求人倍率が上がっている!

日本の人口減少に伴い、外国人の労働者を積極的に採用する企業が増え、また全体的な求人倍率も上がってきています。

もちろん地域によって差がありますので、求職者が集中する地域では相変わらず求人倍率が低いところもありますが、一方であまり求職者に人気のない企業においては、求人倍率が上がってきています。

求人倍率が上がるということは、求職者にとっては自分が就職や転職をする先の選択肢が増えるということです。

企業側にとっては採用の難易度が上がることになりますが、人材を厳選する余裕がなくなってきているため、ある程度の基準さえ満たせば求職者を受け入れるところも増えています。

つまり今の時代は、中高年の転職者にとっても非常にチャンスがある状態と言えます。

転職先で使えそうな資格さえ取っておけば、あとは熱意と自己アピールで転職をすることも可能というわけですので、転職を考えている人は今こそ頑張るべきでしょう。

人口減少で企業の従業員囲い込みが加速

求職者の数が多い時代には、採用しても使えなければいくらでも替わりはきくため、企業側は厳しい目で社員の仕事振りを見定めることができていました。

しかし、人口減少によって売り手市場になると、少しくらい使えない程度では企業側もいちいち社員をリストラすることができなくなり、それどころかせっかく手に入れた社員に逃げられまいと、従業員の囲い込みが加速しています。

とくに現代では、メンタルの繊細な若者が増えているため、せっかく就職しても数ヶ月ともたずに会社を辞めてしまう人も少なくはありません。

新卒者に逃げられてしまった企業は、どうにか人材を確保しなければならないため、中高年の転職者でも積極的に採用しています。

むしろ今どきの新卒者よりも、中高年の転職者の方が働くことに必死なため、例え仕事が辛くても簡単に仕事を辞めることはないだろうという安心感もあり、会社によってはあえて転職者の方を積極採用するところもあります。

多少社内の平均年齢が高くなっても、安心して長年働いてくれるだろう中高年の転職者の方が、企業にとって有難い場合もあるのです。

避けられやすい仕事は常に引く手あまた

人気の高い職種は、常に買い手市場のため転職先に選んだところで採用される可能性は低いでしょう。

大手企業や新卒者に人気の高い会社ほど転職は難しく、スキルや資格をたくさん持っていても年齢で落とされてしまうことも少なくはありません。

その一方で、新卒者からも転職者からも避けられやすい職種であれば、常に引く手あまたの状態です。

例えば現場仕事や衛生関係の仕事のように、体力を酷使したり、疲労が溜まりやすかったりする仕事はあまり人気がないため、就活や転職活動がしやすいです。

人気のない職種では、自分たちの会社に求職者が来る確立が低いことを自覚しているため、採用基準のハードルもかなり低めに設定していることがよくあります。

例えば現場仕事の場合には、学歴や対人関係の器用さにはほとんどこだわらず、体力に自信があるかどうかのみを重視して採用することもあります。

避けられやすい職種側は、「求職者をこちらが選ぶような余裕はない」とばかりに引く手あまたである場合が多いため、常に人材不足の会社を狙えば直ぐにでも転職することは可能でしょう。

40代女性でも転職のハードルが低くなっている

これまでにご紹介してきたように、現代では日本の人口減少に伴い、転職活動でも売り手市場になりつつあります。

もちろん人気の高い職種では買い手市場ですので、自ら転職が困難な職種にチャレンジしようと思えば、転職先を決めるまでに時間がかかってしまう覚悟は必要です。

しかし、売り手市場の職種を選べば、子育てでブランクのある女性や、何十年と一つの会社でしか働いた経験のない40代の女性であっても、転職のハードルは低くなっているでしょう。

スキルや資格を持っているのに家事のために仕事が長期間できなかった女性でも、転職することは難しくない時代になっていますので、このタイミングだからこそ思い切って転職活動に踏み切ってみるべきでしょう。

男性と対等に仕事ができる女性が増えている


現代では、女性も男性と対等に仕事ができる社会になってきています。

地域や会社によっては、まだまだ女性が進出しにくいところもありますが、全体的には女性が活躍できる場が増えています。

とくに女性の活躍を推奨する企業や、女性がメインとなって働く会社ではその傾向が強いため、スキルや資格さえあればどんどん女性が出世することも可能でしょう。

女性はこれまで、単に活躍する場面が少なかったというだけであって、能力自体は男性に劣っているというわけではありません。

むしろ仕事内容によっては、男性よりも女性の方が向いていることもあるでしょう。

女性が男性と対等に仕事ができるようになってきたことによって、会社や企業全体の業績も上がってきているところは少なくはありません。

女性が能力を向上させる場を会社側が提供することによって、女性も男性と対等に仕事ができるようになってきています。

結婚出産で一度退職しても復帰しやすい雰囲気になった

一昔前までは、女性は結婚したら家庭に入るものという考えが一般的でした。

しかしさまざまな事情から子育てをしながら働かなければならない女性が増えてきたため、最近では子育てをしながら働く女性も職場には増えています。

しかし、子どもを抱えた状態で社会復帰しようとすると、どうしても企業側は「子どもに関係する事情で会社を休む頻度が多い女性」を正規の社員として採用することが難しく、パートや派遣社員、契約社員としてのみ雇用関係を結ぶことが多いです。

現代では結婚出産で一度退職した女性でも、比較的社会復帰しやすい雰囲気になっていますので、女性も堂々と転職活動をする人が増えています。

しかしながら、正社員での雇用となると、まだまだ数が少ないのが現状でしょう。

政府も女性の雇用を推進している

企業側が女性の雇用を増やしている理由の多くは、政府が女性の雇用を推進しているからです。

政府が国として、女性の社会進出や、一度家庭に入った女性の社会復帰を推進しているため、それに合わせて女性を雇用する企業側も増えてきています。

会社によっては政府が推進しているため、渋々女性を雇用しているところもあり、そうした会社では実際に勤めてみると、まだまだ女性への風当たりが強いこともあります。

しかし、政府が推進しているため女性は堂々と再就職や転職活動に励むことができますし、家事や子育てをリスクと捉える必要もないでしょう。

日本は他の先進国に比べれば、まだまだ女性が社会で活躍できるような体制が整っていません。

しかしながら、少しずつでも確実に女性が働きやすい環境には変わってきているため、それに合わせて女性も堂々と社会に進出していくべきでしょう。

やっぱり資格を持っていたほうが強い!

男性でも女性でも、資格がないよりはあった方が、就職活動や転職活動では有利です。

とくに転職活動の場合、40代女性でこれから転職しようとすると、何のスキルも経験も、資格もなければ雇用してくれる会社は少ないでしょう。

あなたがもし会社経営者の立場だったら、同じ40代女性で、会社で使えそうな資格を持っている人とそうでない人の、どちらを積極的に採用しますか?恐らくほとんどの人は、資格を持っている転職希望者を選ぶことでしょう。

企業側は、自分の会社で使えそうな人材をいつでも欲しています。

本当に使えるかどうかは、実際に働いてみなければ分かりませんが、資格を持っていることは採用する上で「使えそうかどうか」の一つの目安となります。

そのため、自分が転職しやすい状態を作るためにも、資格は一つでも持っていた方がいいでしょう。

当然、国家資格のほうが強い

資格といってもさまざまですが、どんな資格の中でも当然のように国家資格は強いです。

とくに国家資格を持っていると優先的に採用してくれる企業では、国家資格があるというだけで、年齢や経験などの問題には目を瞑り、積極的に採用してくれる可能性が高いでしょう。

国家資格はそれだけ取得するのが難しいため、持っている人は堂々とそれを示して転職活動をするべきでしょう。

とはいえ、転職希望先によっては、国家資格を持っているからといって、それで有利になるわけではない場合もあります。

例えば単純作業や現場仕事しかしない職場で国家資格を持っていても、それが役に立つわけでなければ、例え資格があっても自分よりも体力のある人を会社側は雇うでしょう。

国家資格に限らず、転職希望先とまったく関係のない資格を持っている人は、その資格が転職活動に何ら有利に働くわけではないことを理解しておきましょう。

資格が採用で有利に働くのは、あくまでもその資格が転職希望先で役に立つ場合のみです。

これからのAI時代を考慮して資格を取ろう

これからはどんどんAIの時代になってくると言われています。

AI、すなわち人工知能があちこちで多用されるようになると、人間に代わって機械が仕事を行うようになります。

現在でも印刷や工場の商品大量生産、物流などのさまざまな分野で機械が活躍していますが、さらに人間の手を用いずに、AIが自分で判断して仕事を行えるような時代になってくるため、工場のラインやコンビニ業務など、単純作業や人に手による生産作業などが今後はAIにとって代わるようになります。

テレビなどでは介護施設でAIを用いたり、店先で受付としてAIが活躍していたりする姿を目にする機会も増えてきました。

AI時代になるとどうなるかというと、人間の仕事の大半をAIが行うようになった結果、人手が不要となり、次第に働き口がなくなってくる人が増えてくることが既に予想されています。

配達業務はドローンが行い、無人のコンビニも増えてくるため、これまで当たり前に仕事をしていた人たちも、仕事を失ってしまうことになります。

そのため、今後は就職先や転職先を探す際には、ネット社会に適応した職業を探す必要があるでしょう。

AI時代を考慮した資格を今からとっておくことで、いざ仕事に困ったときにも自力で働き口を見つけられるようになります。

40代で転職する女性が取るべき資格7選!

現代は売り手市場と言われているため、女性が40代で転職先を探したとしても、あまり選り好みさえしなければ働き口を見つけることはできるでしょう。

しかし、同じような条件でたくさんの人たちが転職活動をした場合に、会社が優先して採用しようとするのは有資格者やその職種の経験者です。

既にスキルを身につけている人は即戦力となりますので、企業側もぜひ採用したいと思うでしょう。

また、資格を持っている人も基本的な知識や技術は持っていると考えられますので、やはりスキルも資格もない人よりは採用されやすくなります。

自分がどんな職種に転職したいかによっても違ってきますが、40代女性が取っておくと転職活動で便利な資格をいくつかご紹介していきます。

介護福祉士


介護福祉士の資格は国家試験です。

持っていれば転職先を見つける上でかなり有利になります。

また、介護福祉士の資格を取るためにはいくつかの方法がありますが、例え専門学校などで学んでいなくても、実務経験と研修をすれば受験することは可能ですので、誰でも取ろうと思えば努力次第で取得することができます。

国籍や性別、年齢や学歴が問われることもないため、いくつからでもチャレンジできるのも魅力の一つです。

資格を取るためには当然勉強しなければなりませんが、介護福祉士の資格は取れば転職に有利なだけでなく、実務経験が後々になって自分の身内の介護でも役立つことが多いため、将来親の介護を考えている人にとってもおすすめの資格です。

これからは超高齢化社会になり、介護の利用者も今以上にどんどん増えてくるため、介護業界は慢性的な人手不足に陥ります。

それこそAIだけでは補助が足りないくらいですので、資格を取っておけば他の職種よりは転職がしやすいでしょう。

TOEICスコア

TOEICとは、ビジネスシーンや日常で使われる会話や文章でのやりとりに関する試験のことです。

要するに「ビジネスや日常会話の英語がどの程度できるか」という程度を測る試験ですので、このスコアを持っておくことで転職でも有利になることが多いです。

試験内容はリスニングやリーディングをマークシート形式で埋めていくもので、990点満点中、どの程度のスコアがあるかによって企業側が採用の目安にすることも多いです。

例えば同じ「TOEICのスコアを持っています!」という求職者でも、1人が600点台で、もう1人が800点台だったら、企業側はより高いスコアを持っている方を採用しようと思うでしょう。

日本人は英語ができないとよく言われていますが、オリンピックや万博を始め、大勢の外国人が日本に観光に訪れるようになっている現代では、英語がある程度できなければトラブルが起きてしまうことも多いでしょう。

今後は「日本にいるなら日本語で話せ!」とこちらが言うこともできなくなり、英語くらい話せなければ生き延びられない時代になってきますので、最低限は英語ができるようになっておく必要があるでしょう。

とはいえ、まだまだ日本人は英語ができない人の割合が多いため、今の内にTOEICのスコアを持っておくことで、転職でも有利になれるでしょう。

英語がある程度できれば、外資系の仕事でも堂々と応募することができますし、また一般的な事務職や営業職などに比べて給料も高い場合が多いです。

バリバリ働いてバリバリ稼ぎたい人は、ぜひこの機会にTOEICのスコアを取っておきましょう。

看護師

看護師の資格を取ると、医師が患者を診察する際の補助や、看護が必要な人たちの手助けをすることができるようになります。

よく病院へ行くと看護師が患者の対応をしている姿を見かけますが、そうした仕事も資格がなければ行うことができません。

看護師も介護福祉士同様に人手が不足しているため、超高齢化社会に向けてさらに人材を募集する病院が増えるでしょう。

そのため看護師の資格を持っておけば、40代でも十分に転職が可能です。

看護師の資格を取るためには、看護大学や看護師学校に通う必要があります。

介護福祉士と違い、実務経験を積むだけでは資格を取ることはできません。

さらに、実務経験を積むのも資格を取ってからになりますので、まずは看護師の学校に通い、そこで勉強をして受験する必要があります。

AIでは代われない心のこもった仕事

看護の仕事は、直接患者と関わり合う仕事ですので、いくら人工知能とはいえ、AIが代わりになれることはありません。

機械ではなく、直接人同士でコミュニケーションを取り合うからこそ、心のこもった仕事をすることができます。

看護の仕事はたくさんの患者と触れ合い、医師の補助をするためとても大変ではありますが、それだけ遣り甲斐もある仕事でしょう。

人と関わることが好きな人や、誰かの助けになるのが好きな人、最前線でバリバリと働きたい人は、ぜひ看護の資格を取って医療関係の仕事に転職するのがおすすめです。

40代以降でも専門学校に通う女性が増えている

看護師の資格を取るためには、専門的な学校に通う必要があります。

学費も安くはありませんし、学校を卒業して、資格の受験をするためにはある程度の年数も必要になります。

それなりに大変ですが、最近は40代以降でも専門学校に通って、看護師の資格を取ろうという女性が増えています。

看護師の資格を取るためには、ある程度時間もお金もかかるため、子どもを持つ母親の場合には、子育てがひと段落して自分の時間が持てるようになった人が通うケースが多いです。

また、今までに勤めていた会社を辞めて看護師の学校に通い、資格を取るまではパートやアルバイトでお金を稼ぐという女性も少なくはありません。

看護師の資格は取ってしまえば転職しやすく、また仕事内容は大変でも仕事に慣れれば何十年と安定して働き続けることができるため、年齢に関係なく今からでも学校に通って資格を取ろうとする女性は多いです。

保育士

保育士はさまざまな資格の中でも女性が取りやすく、また資格を取っておくと実生活の子育てでも役に立つことが多いため、女性にはおすすめの資格です。

保育士の資格を取るためには、都道府県知事の指定する保育士の養成学校や、その他の施設で専門的に学ぶ必要があり、その上で保育士の試験に合格する必要があります。

受験資格に年齢制限がないため、40代からでもきちんと学校で学べば誰でも資格を取ることができます。

保育士の資格を取っておけば、保育所や養護施設などの児童福祉施設で働くことができるため、時間を作って資格を取得し、転職希望先に選ぶことができます。

子どもが好きな女性にとっては、大変ですが非常にやりがいがある仕事でしょう。

また、資格を取るだけでなく、実際に自分でも子育て経験がある女性の場合には、自分の子育てが一つのスキルになっていますので、転職先で子育て経験を活かすこともできるでしょう。

不足しており、待遇も改善しつつある

介護福祉士、看護師と同様に、保育士も慢性的な人材不足に陥っています。

そのため、資格さえあれば引く手あまたな職種ですので、自分でじっくりと働きたい職場を選ぶこともできます。

一昔前までは、保育士の仕事は大変な割に賃金が安く、そのためせっかく就職してもなかなか続かない人が多かったですが、最近では職場環境や待遇が改善されつつあります。

今後はさらに従業員を守る体制がきちんと整い、賃金も上がっていくことが期待されていますので、今の内に資格を取っておけば、いい条件で働けるかもしれません。

「大変だし給料も安いけど、好きな仕事だから我慢してね」という時代とは変わってきていますので、新たに保育士の資格を取っておくと良いかもしれません。

子育てや育児の経験を活かせる

保育士の仕事では、実生活の子育てや育児の経験を活かすことができます。

とは言っても、預かる子は人さまの子どもですので、自分の子どもの時と同じように面倒をみるわけにはいかないことも多いでしょう。

しかしそれでも、まったく子育て経験のない人よりは、自分で子育てを経験したことのある人の方が何かと勝手が分かることも多いです。

とくに40代女性で保育士希望ともなると、既に子育て経験のある人が多いため、より資格を取れば自分が働きやすい環境で勤めることができるでしょう。

また、子育て経験がなくても、単純に子どもが好きという気持ちがあったり、これから子どもを作りたいと考えていたりする女性にとっても、保育士の仕事はいい刺激になることでしょう。

日本語教師

日本語教師とは、文字通り日本語を教える先生のことを指します。

日本語教師になるためには、国家資格や公的資格を取得するといった必要はありませんので、なろうと思えば誰でも努力してなることができます。

日本語教師になるには、日本語教育能力検定の試験に合格するか、大学や大学院で日本語教育について学ぶか、養成講座などで必要な時間教育を受けるかの、どれかの基準を満たす必要があります。

40代になってから大学や大学院に入り直すのは時間もお金もかかりますので、それよりは試験を受けるか、養成講座などで教育を受けた方が比較的早く資格を取得することができるでしょう。

日本語教師の資格を手に入れた後は、日本語学校やオンラインレッスン、海外の語学学校などで教師として日本語を生徒に教えることができます。

とくに日本語学校は求職者が最多ですので、転職希望先でも日本語学校を選ぶ人は多いでしょう。

金銭的な余裕があれば、ボランティアとして日本語を教えることもできますので、自分がどんなふうに働くのか、国内か海外かなど可能性を幅広く考えながら転職先を考えることができるでしょう。

来日外国人が増えていて需要大

最近では来日外国人が増えているため、日本語教師の需要もどんどん拡大しています。

私たち日本人は、日頃から当たり前に日本語を用いていますので、あまり「日本語を教える」ということを意識したり、その資格を取って仕事をするといったことを考えたりする機会はないかもしれません。

しかし日本語は世界の言語の中でもかなり難しい方ですので、それを専門的に来日外国人に教える仕事というのは、今後も需要がどんどん広がっていく可能性が高いでしょう。

また、働く職場によってはある程度英語が話せた方が良い場合もありますので、日本語教師の資格を取る際には、TOEICのスコアなども持っておけばより転職活動では有利になるでしょう。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーとは、相談者の夢や目標を叶えるために、相談者のあらゆる金銭面の現状を分析して、総合的な資金計画を立てていく専門家のことです。

要するに、お金の管理や計画に関するスペシャリストのようなものです。

例えば日々の家計管理や老後の生活設計、教育資金や年金・社会保険、住宅資金や資産運用などのあらゆる相談に対応しています。

ファイナンシャルプランナーの資格を持っておくことで、仕事としてはもちろん、自分の家計にも知識や技術を応用できるため、お金を賢く無駄なく管理、運用していきたい人はぜひ取得すべき資格と言えるでしょう。

このファイナンシャルプランナーの資格を得るためには、専門的な教育と研修を受けた上で試験に合格する必要があります。

通信教育でも受けることができ、一般的には2級の資格を持っていれば、仕事として十分にやっていけるでしょう。

さらに1級を取得することができれば、より相談者の自分に対する信頼度を上げることができるでしょう。

医療事務

医療事務は求人が安定しているため人気が高く、また結婚出産で仕事から長期間離れていた人でも比較的社会復帰しやすい職種のため、とくに女性におすすめの資格です。

医療事務は試験に合格すれば資格を取得することができるため、通信教育を受ける人が多いですが、中には独学での試験合格を目指す人もいます。

医療機関は全国各地にあるため、自分の家から近い場所を転職先に選ぶこともできますし、急な引っ越しがあった場合でも、大抵の引っ越し先で医療機関があるため、転職先に困ることはあまりないでしょう。

医療事務の仕事は残業になることもあまりなく、福利厚生や休日もきちんとしているところがほとんどなので、家事や育児をしながらでも勤めやすい環境でしょう。

また、医療事務の資格は他の医療関係の資格の中でも、圧倒的に取りやすい資格です。

専門的な学校に入学する必要がないため費用もそこまで高額ではなく、学ぶ内容も看護師や介護福祉士ほど難解ではありません。

そのため、何か一つ手に職を持ちたいと考えている女性にもおすすめの資格です。

まとめ

40代女性の転職は難しいイメージがありますが、きちんと転職に有利な資格を取っておけば、売り手市場を利用して転職先を見つけることは十分に可能です。

結婚出産などで長く仕事から離れていたとしても、やる気になれば今からでもまた仕事を頑張ることはできますので、そのためにも自分の転職希望先と関係のありそうな資格を取っておくようにしましょう。