カンタン18個の電気代節約術!

電気代を節約したいけど何からしたら良いのか分からない…そんな人には必見の方法をご紹介します!

誰でもはじめることができるカンタンな18個の方法をご紹介しますので自分に合った方法からはじめてみましょう。

電気代を節約することでほかにもお得なことがあるかもしれませんよ。

まず生活のチェックから!

まずは、自分の生活リズムを把握する必要があります。

お仕事をしている人は日中家にいない場合が多いですか?それとも夜間のお仕事で夜間家を空けることが多いですか?

家にいない間にもできる節約方法や家にいる時の節約方法など電気代節約には色々な方法があります。

正しい節約術ができるように生活リズムを確認して自分に合った節約術を見つけましょう!

1.電気代を何に1番使っているのか確認!

電気代を節約するために1番最初に行うことは何に電気代を一番使っているのか確認することです。

一番電気代を使っているモノが分かればその一番使っているモノの使用頻度を減らせば大幅に電気代を節約することができます。

また、家電であれば思い切って最新家電に買い替える方法も有りです♪

新しい最新家電はエコ製品が多く消費電力が非常に少なくなっています。

デザインも最新家電はとっても素敵なモノが多くお部屋のインテリアとして使えるモノもありますよ。

ステキな最新家電で電気代も節約できて気分も盛り上がるなんて最高ですよね!

2.歯磨き中は水を止める!

歯磨き中は水を止める!?

ん?水を止めると電気代節約に…はならないですが、例えば洗面所などで歯磨きをしているときに水を止めて洗面所の電気を消してお部屋で歯磨きをする。

そうすることで洗面所での電気代を節約できて水道代も節約できます。

お部屋で歯磨きをしたら水道代や電気代も節約できて歯もしっかり磨くことができますよ。

3.お風呂を追い焚きし続けない!

お風呂の追い炊きは電気代が意外とかかっていることはごぞんじですか?

そこで、追い炊きをし続けないことが電気代節約になりますよ。

追い炊きをし続けないってどういうこと?追い炊きってお風呂が温まったら止まるよねって思いますよね。

ここでいう追い炊きをし続るとはお風呂の保温機能のことです。

いつでも温かいお風呂に入れるように快適な温度を保つ保温機能があるのはご存知ですよね。

実はこの保温機能はお風呂の温度が下がると自動で追い炊きをして適温にする機能のことなんです。

追い炊きを温度が下がると常に追い炊きをし続けるという事なんですね。

保温機能は大変便利ではありますが、誰も入らないのに保温状態で追い炊きを繰り返していては電気代の無駄でしかないです。

お風呂の保温機能はOFFにしてはいる時に自分で追い炊きをするようにしたら電気代を意外と節約できますよ。

また、保温機能の追い炊きとは違ってお風呂の設定温度+1℃で追い炊きをしてくれますので体の芯まで温めてくれて良い眠りをつくることがでいますよ。

追い炊きをし続ける保温機能から手動の追い炊きに変えて電気代節約と同時に良い睡眠も手に入れましょう!

4.見てないテレビは消す!

家にいる時にとりあえずテレビをつけることしていませんか?

どうしてもテレビをつけてしまうと思いますが、見ていなければ無駄になってしまいますよね。

見ていなくても聞いているからとつけっぱなしなことも多いと思います。

しかし、このテレビをとりあえずでつけている行為…意外と馬鹿にならない電気炊きだったりしますよ。

一度自分が見たいなと思った番組だけで他の時にはテレビ消してみて下さい。

1ヵ月後の電気代に驚くかもしれませんよ。

5.いない部屋の電気はオフ!

夜になったら行く部屋行く部屋で電気をつけてそのまま消さずにつけっぱなしにしていませんか?

この電気代も意外と軽視できませんよ。

毎日のことなので1か月や1年と続けると電気代も結構な金額となってしまいます。

誰もいないお部屋の電気は必ず使い終わった後には消すことを一度意識して実践して下さい。

伝統の種類によってはこまめにけるよりもつけっぱなしの方が安い場合もありますが基本的には使わない部屋の電気は消した方が良いです。

すぐにまた使う場合はどちらがお得なのか考えるようになってきたら電気代の節約術が身についている証拠です。

まずは常に使わない(使っていない)お部屋の電気は消すようにしましょう。

6.冷蔵庫の開け閉めは抑える!

冷蔵庫ってなんか分からないですけど開けて中に何か入っていないかな?って見ちゃいますよね♪

でも電気代の事を考えると…できるだけ開け閉めはしない方が良いです。

冷蔵庫を開けるだけで中の冷気が逃げてしまうからなんです。

中の冷気が逃げてしまうと再び閉めた後に冷蔵庫内の温度を下げるため多くの電気代がかかってしまいます。

冷蔵庫は中に何が入っているのかという冷蔵庫の中身の把握が電気代の節約になります。

さらに節約上手な人は中身の把握だけではなくどこに何が入っているのか場所の把握もしているんです!

ということは冷蔵庫の中に何があってどこに入っているのか分かっているんですね。

冷蔵庫の中でも節約上手さんは収納上手でもあったんです。

冷蔵庫の収納上手になれば電気代は大幅に節約できますよ!

また、古い冷蔵庫を使用している人は最新の冷蔵庫に交換するのも電気代節約になりますよ。

最新家電は消費電力が非常に少ないので買いかえるだけで電気代節約ができちゃいますよ。

最新の冷蔵庫は電気代節約以外にも機能面でも充実しているので選んでいるだけでも楽しいので一度最新冷蔵庫を見に行かれても良いですよ♪

電気代を抑える家電の使い方

電気代を抑えるには家電の特徴を把握することが重要です。

節約上手さんは家電の特徴を理解して使用しているので同じ家電でも大幅に電気代を節約できているんです。

例えば電灯でも中の電球を交換することで根本的な電気代を節約できたり、

頻繁にON、OFFを繰り返す場所と長時間つけっぱなしにする場所とで種類を変えているんです。

それぞれの特徴を把握したら同じ使い方でも大幅に電気代を節約することができちゃうんです。

他にはエアコンのみを使用するのではなく扇風機を併用するなどの併用することで電気代を減らす方法もあります。

それぞれの家電の特徴を理解したら意外な方法で電気代を節約できてさらに快適になるなんてこともありますよ。

おすすめの方法はオール電化などでIHクッキングをする際には先に電子レンジなどで下処理をしてから料理をすることで

IHを使用する時間が短くなるので時間も電気代も節約できるんです!

あなた独自の家電使用方法を見つけて電気代節約につなげましょう!

7.冷房の温度は28℃

最近では予期聞きますよね。

エアコン(冷房)の設定温度は28℃を目安にお願いしますって。

でもこれって意外と理にかなっているんですよ。

外気温との差がありすぎると電気代は大幅に掛かってしまうんです。

しかも身体も温度差が激しいと疲れやすくもなってしまいます。

そうならない温度設定が28℃~27℃なんですね。

でも、真夏の時期ですと少し厳しい気もしますよね。

そこで扇風機などを併用するんです!他の家電や冷やすためのグッズを併用したら結構快適に過ごせますよ。

快適に過ごせるだけでなく体への負担も少なく代謝も良くなりますよ。

暑いけど電気代のために我慢我慢では嫌になりますよね。

嫌にならずに快適で楽しく電気代節約できなければ意味がありません。

絶対に続けることができないからです。

楽しく快適で健康的に電気代を節約できることが必要なので楽しみながら独自の方法を編み出してやろう!などと思いながら楽しく節約しましょう!

ちなみに車のエアコンの設定温度は最低の温度設定が良いですよ。

家庭などのエアコンとは構造が違うので車の場合は温度設定は最低に合わせて風量を最小など風量の方で調整をすることが上手な活用方法ですよ!

8.暖房の温度は20℃

この暖房の背低温度は20℃というのはあまり聞きませんよね。

なぜなんでしょうか?

これは冬の暖房器具にはエアコンをあまり使わないことが挙げられますよね。

暖房でエアコンを使うと空気が乾燥するなど嫌がる人が多いです。

意外と知らないのですがエアコンは冷房よりも暖房の方が消費電力が高いんです。

そのためもあってかエアコンの暖房機能はあまり使われないんですね。

もし使う場合は20℃を目安に使用して他の暖房器具との併用で使用して下さい。

暖房器具は他にもストーブ(灯油、ガス、電気など)やファンヒーター、こたつなど様々な暖房器具があります。

どれを使用する際にもそれぞれの特徴をまずは理解しましょう。

単品での使用ではなく上手に他の暖房グッズなどを併用して使うようにしましょう。

電気を使わなくて良い暖房グッズを使うことで節約できることも多いです。

併用することで効率的な活用方法を考えてみるのも良いですよ。

9.冷暖房に頼る前に小物アイテムを使う!

湯たんぽ

電気代を使わないで暖をとる方法のなかに湯たんぽってありますよね。

この湯たんぽ、実はとっても優秀だったんです!

昔から使われている暖をとる方法ですが非常に私達人間にあっている方法で理にかなっていたんです。

湯たんぽを寝る時に足元に置いて寝ますよね。

この方法がとっても良い方法なんです。

湯たんぽは時間が経過すると温かさが弱まり冷えていきますよね。

眠りについてからは必要以上に温めてしまうと体の修復機能が上手く働かなくて

起きても体の疲れが取れにないばかりかお肌などの修復もできなくて荒れ放題になってしまいます。

怖いですね。

しかし湯たんぽならばこの心配はないですよね。

さらに良質な睡眠を得るためには手の先や足の先を温めることが非常に重要なんです。

身体全体を温めたり温かい飲物を飲んで中から温める方法は実は良質な睡眠には妨げとなるんです。

良質な睡眠には深部温度を下げる、内臓の温度を下げることが必要なので

手先や足先を温めてそこから深部体温を放出して下げることで良質の睡眠を得ることができます。

湯たんぽを使うことで電気ぢ節約だけでは無くて良質の睡眠を得ることができてお肌にも良かったんですよ!

最近では可愛い湯たんぽもたくさんありますので今すぐにもはじめたい方法ですね。

充電式カイロ

充電式のカイロの使用はとても経済的ですよ。

電気代節約のことだけを考えると充電式カイロは電気代節約にはなりません。

充電しなければいけないので充電のために電気代を使いますよね。

充電式では無き普通のカイロならば電気代はかかりませんので電気代だけを考えると使い捨てカイロの方が電気代は節約できます。

が!充電式カイロは繰り返し使うことができます。

使い捨てカイロは一回限りで終わりなので経済的では無いですよね。

他の暖房器具よりも少ない電気代で充電できる充電式カイロは使えば使うほど使い捨てカイロよりもお得になります。

電気代は使い捨てカイロより使いますがトータルでは充電式カイロはコストパフォーマンスが高い暖房グッズです!

充電式カイロは野外など、どこでも使用できるので上手に活用して節約上手さんになりましょう!

電気毛布

電気毛布は活用方法で良くも悪くもなってしまう暖房グッズです。

特色などを正しく理解して上手に活用したい暖房器具です。

まずは活用方法によっては身体に悪影響が出る事もある注意したい活用方法をご紹介します。

電気毛布を寝る際につけて寝ますよね。

その時に全体を高い温度で長時間活用することは絶対にしないで下さい。

身体の代謝機能が上手く働かなくなってしまい自己修復が上手く行われなくなってしまいます。

寝入り際にお布団が温かいのは気持ち良いですよね。

寝る前に電気毛布の電源を入れて温めて寝る時に電気毛布を切る!この方法で活用することをおすすめします。

他には足元のみに電源を入れてタイマーで切れるようにして足先だけを温める方法での活用も良いですよ。

寝入り際のみの活用で寝てしまってからもついている事のないように注意して使用して下さい。

正しい使用方法で電気代も節約できて良質な睡眠を得ることができます。