カンタン18個の電気代節約術!

電気代を節約したいけど何からしたら良いのか分からない…そんな人には必見の方法をご紹介します!

誰でもはじめることができるカンタンな18個の方法をご紹介しますので自分に合った方法からはじめてみましょう。

電気代を節約することでほかにもお得なことがあるかもしれませんよ。

まず生活のチェックから!

まずは、自分の生活リズムを把握する必要があります。

お仕事をしている人は日中家にいない場合が多いですか?それとも夜間のお仕事で夜間家を空けることが多いですか?

家にいない間にもできる節約方法や家にいる時の節約方法など電気代節約には色々な方法があります。

正しい節約術ができるように生活リズムを確認して自分に合った節約術を見つけましょう!

1.電気代を何に1番使っているのか確認!

電気代を節約するために1番最初に行うことは何に電気代を一番使っているのか確認することです。

一番電気代を使っているモノが分かればその一番使っているモノの使用頻度を減らせば大幅に電気代を節約することができます。

また、家電であれば思い切って最新家電に買い替える方法も有りです♪

新しい最新家電はエコ製品が多く消費電力が非常に少なくなっています。

デザインも最新家電はとっても素敵なモノが多くお部屋のインテリアとして使えるモノもありますよ。

ステキな最新家電で電気代も節約できて気分も盛り上がるなんて最高ですよね!

2.歯磨き中は水を止める!

歯磨き中は水を止める!?

ん?水を止めると電気代節約に…はならないですが、例えば洗面所などで歯磨きをしているときに水を止めて洗面所の電気を消してお部屋で歯磨きをする。

そうすることで洗面所での電気代を節約できて水道代も節約できます。

お部屋で歯磨きをしたら水道代や電気代も節約できて歯もしっかり磨くことができますよ。

3.お風呂を追い焚きし続けない!

お風呂の追い炊きは電気代が意外とかかっていることはごぞんじですか?

そこで、追い炊きをし続けないことが電気代節約になりますよ。

追い炊きをし続けないってどういうこと?追い炊きってお風呂が温まったら止まるよねって思いますよね。

ここでいう追い炊きをし続るとはお風呂の保温機能のことです。

いつでも温かいお風呂に入れるように快適な温度を保つ保温機能があるのはご存知ですよね。

実はこの保温機能はお風呂の温度が下がると自動で追い炊きをして適温にする機能のことなんです。

追い炊きを温度が下がると常に追い炊きをし続けるという事なんですね。

保温機能は大変便利ではありますが、誰も入らないのに保温状態で追い炊きを繰り返していては電気代の無駄でしかないです。

お風呂の保温機能はOFFにしてはいる時に自分で追い炊きをするようにしたら電気代を意外と節約できますよ。

また、保温機能の追い炊きとは違ってお風呂の設定温度+1℃で追い炊きをしてくれますので体の芯まで温めてくれて良い眠りをつくることがでいますよ。

追い炊きをし続ける保温機能から手動の追い炊きに変えて電気代節約と同時に良い睡眠も手に入れましょう!

4.見てないテレビは消す!

家にいる時にとりあえずテレビをつけることしていませんか?

どうしてもテレビをつけてしまうと思いますが、見ていなければ無駄になってしまいますよね。

見ていなくても聞いているからとつけっぱなしなことも多いと思います。

しかし、このテレビをとりあえずでつけている行為…意外と馬鹿にならない電気炊きだったりしますよ。

一度自分が見たいなと思った番組だけで他の時にはテレビ消してみて下さい。

1ヵ月後の電気代に驚くかもしれませんよ。

5.いない部屋の電気はオフ!

夜になったら行く部屋行く部屋で電気をつけてそのまま消さずにつけっぱなしにしていませんか?

この電気代も意外と軽視できませんよ。

毎日のことなので1か月や1年と続けると電気代も結構な金額となってしまいます。

誰もいないお部屋の電気は必ず使い終わった後には消すことを一度意識して実践して下さい。

伝統の種類によってはこまめにけるよりもつけっぱなしの方が安い場合もありますが基本的には使わない部屋の電気は消した方が良いです。

すぐにまた使う場合はどちらがお得なのか考えるようになってきたら電気代の節約術が身についている証拠です。

まずは常に使わない(使っていない)お部屋の電気は消すようにしましょう。

6.冷蔵庫の開け閉めは抑える!

冷蔵庫ってなんか分からないですけど開けて中に何か入っていないかな?って見ちゃいますよね♪

でも電気代の事を考えると…できるだけ開け閉めはしない方が良いです。

冷蔵庫を開けるだけで中の冷気が逃げてしまうからなんです。

中の冷気が逃げてしまうと再び閉めた後に冷蔵庫内の温度を下げるため多くの電気代がかかってしまいます。

冷蔵庫は中に何が入っているのかという冷蔵庫の中身の把握が電気代の節約になります。

さらに節約上手な人は中身の把握だけではなくどこに何が入っているのか場所の把握もしているんです!

ということは冷蔵庫の中に何があってどこに入っているのか分かっているんですね。

冷蔵庫の中でも節約上手さんは収納上手でもあったんです。

冷蔵庫の収納上手になれば電気代は大幅に節約できますよ!

また、古い冷蔵庫を使用している人は最新の冷蔵庫に交換するのも電気代節約になりますよ。

最新家電は消費電力が非常に少ないので買いかえるだけで電気代節約ができちゃいますよ。

最新の冷蔵庫は電気代節約以外にも機能面でも充実しているので選んでいるだけでも楽しいので一度最新冷蔵庫を見に行かれても良いですよ♪

電気代を抑える家電の使い方

電気代を抑えるには家電の特徴を把握することが重要です。

節約上手さんは家電の特徴を理解して使用しているので同じ家電でも大幅に電気代を節約できているんです。

例えば電灯でも中の電球を交換することで根本的な電気代を節約できたり、

頻繁にON、OFFを繰り返す場所と長時間つけっぱなしにする場所とで種類を変えているんです。

それぞれの特徴を把握したら同じ使い方でも大幅に電気代を節約することができちゃうんです。

他にはエアコンのみを使用するのではなく扇風機を併用するなどの併用することで電気代を減らす方法もあります。

それぞれの家電の特徴を理解したら意外な方法で電気代を節約できてさらに快適になるなんてこともありますよ。

おすすめの方法はオール電化などでIHクッキングをする際には先に電子レンジなどで下処理をしてから料理をすることで

IHを使用する時間が短くなるので時間も電気代も節約できるんです!

あなた独自の家電使用方法を見つけて電気代節約につなげましょう!

7.冷房の温度は28℃

最近では予期聞きますよね。

エアコン(冷房)の設定温度は28℃を目安にお願いしますって。

でもこれって意外と理にかなっているんですよ。

外気温との差がありすぎると電気代は大幅に掛かってしまうんです。

しかも身体も温度差が激しいと疲れやすくもなってしまいます。

そうならない温度設定が28℃~27℃なんですね。

でも、真夏の時期ですと少し厳しい気もしますよね。

そこで扇風機などを併用するんです!他の家電や冷やすためのグッズを併用したら結構快適に過ごせますよ。

快適に過ごせるだけでなく体への負担も少なく代謝も良くなりますよ。

暑いけど電気代のために我慢我慢では嫌になりますよね。

嫌にならずに快適で楽しく電気代節約できなければ意味がありません。

絶対に続けることができないからです。

楽しく快適で健康的に電気代を節約できることが必要なので楽しみながら独自の方法を編み出してやろう!などと思いながら楽しく節約しましょう!

ちなみに車のエアコンの設定温度は最低の温度設定が良いですよ。

家庭などのエアコンとは構造が違うので車の場合は温度設定は最低に合わせて風量を最小など風量の方で調整をすることが上手な活用方法ですよ!

8.暖房の温度は20℃

この暖房の背低温度は20℃というのはあまり聞きませんよね。

なぜなんでしょうか?

これは冬の暖房器具にはエアコンをあまり使わないことが挙げられますよね。

暖房でエアコンを使うと空気が乾燥するなど嫌がる人が多いです。

意外と知らないのですがエアコンは冷房よりも暖房の方が消費電力が高いんです。

そのためもあってかエアコンの暖房機能はあまり使われないんですね。

もし使う場合は20℃を目安に使用して他の暖房器具との併用で使用して下さい。

暖房器具は他にもストーブ(灯油、ガス、電気など)やファンヒーター、こたつなど様々な暖房器具があります。

どれを使用する際にもそれぞれの特徴をまずは理解しましょう。

単品での使用ではなく上手に他の暖房グッズなどを併用して使うようにしましょう。

電気を使わなくて良い暖房グッズを使うことで節約できることも多いです。

併用することで効率的な活用方法を考えてみるのも良いですよ。

9.冷暖房に頼る前に小物アイテムを使う!

湯たんぽ

電気代を使わないで暖をとる方法のなかに湯たんぽってありますよね。

この湯たんぽ、実はとっても優秀だったんです!

昔から使われている暖をとる方法ですが非常に私達人間にあっている方法で理にかなっていたんです。

湯たんぽを寝る時に足元に置いて寝ますよね。

この方法がとっても良い方法なんです。

湯たんぽは時間が経過すると温かさが弱まり冷えていきますよね。

眠りについてからは必要以上に温めてしまうと体の修復機能が上手く働かなくて

起きても体の疲れが取れにないばかりかお肌などの修復もできなくて荒れ放題になってしまいます。

怖いですね。

しかし湯たんぽならばこの心配はないですよね。

さらに良質な睡眠を得るためには手の先や足の先を温めることが非常に重要なんです。

身体全体を温めたり温かい飲物を飲んで中から温める方法は実は良質な睡眠には妨げとなるんです。

良質な睡眠には深部温度を下げる、内臓の温度を下げることが必要なので

手先や足先を温めてそこから深部体温を放出して下げることで良質の睡眠を得ることができます。

湯たんぽを使うことで電気ぢ節約だけでは無くて良質の睡眠を得ることができてお肌にも良かったんですよ!

最近では可愛い湯たんぽもたくさんありますので今すぐにもはじめたい方法ですね。

充電式カイロ

充電式のカイロの使用はとても経済的ですよ。

電気代節約のことだけを考えると充電式カイロは電気代節約にはなりません。

充電しなければいけないので充電のために電気代を使いますよね。

充電式では無き普通のカイロならば電気代はかかりませんので電気代だけを考えると使い捨てカイロの方が電気代は節約できます。

が!充電式カイロは繰り返し使うことができます。

使い捨てカイロは一回限りで終わりなので経済的では無いですよね。

他の暖房器具よりも少ない電気代で充電できる充電式カイロは使えば使うほど使い捨てカイロよりもお得になります。

電気代は使い捨てカイロより使いますがトータルでは充電式カイロはコストパフォーマンスが高い暖房グッズです!

充電式カイロは野外など、どこでも使用できるので上手に活用して節約上手さんになりましょう!

電気毛布

電気毛布は活用方法で良くも悪くもなってしまう暖房グッズです。

特色などを正しく理解して上手に活用したい暖房器具です。

まずは活用方法によっては身体に悪影響が出る事もある注意したい活用方法をご紹介します。

電気毛布を寝る際につけて寝ますよね。

その時に全体を高い温度で長時間活用することは絶対にしないで下さい。

身体の代謝機能が上手く働かなくなってしまい自己修復が上手く行われなくなってしまいます。

寝入り際にお布団が温かいのは気持ち良いですよね。

寝る前に電気毛布の電源を入れて温めて寝る時に電気毛布を切る!この方法で活用することをおすすめします。

他には足元のみに電源を入れてタイマーで切れるようにして足先だけを温める方法での活用も良いですよ。

寝入り際のみの活用で寝てしまってからもついている事のないように注意して使用して下さい。

正しい使用方法で電気代も節約できて良質な睡眠を得ることができます。

扇風機

扇風機はとっても消費電力が低いので上手に活用すると非常に電気代を節約できます。

簡単に思いつくのは冷房との併用ですよね。

他にも暖房器具との相性も意外と良いんですよ!

扇風機は大型の物から小型の物まで沢山ありますのであなた独自の活用方法を見つけてアレ?コレってすごくない?って活用方法を見つけて下さい。

扇風機は家電製品の中では無限の可能性がある家電です!

昔ながらの形からほとんど進化しないのも十分な機能が集約されているからなんです。

あとはあなたのアイデア次第で便利グッズにも節約グッズにもなんにでも変身できますよ。

ただ、一つだけ注意して下さい。

同じところにずっと風を当て続けないで下さい。

場合によっては重大な障害が出てしまうことがあります。

首ふりやタイマーなどを上手に活用して下さい。

ネッククーラー

ネッククーラーって聞いたことありますか?

首に巻いて冷やすタオル?マフラー?のようなものです。

電気代もなにも掛からずに水でぬらすだけで使えるグッズです。

野外などでは非常に重宝しますよ。

屋内でも他の冷房機器と併用することで冷やしたいところを重点的に冷やすことができます。

上手に活用して電気代を節約しましょう。

窓を開ける

窓を開けることで夏ならば風が入ってきて気持ちいですよね。

新鮮な空気を取り入れることでお部屋の中もリフレッシュできますよ。

電気ぢ節約との意味では夏場に窓を開けてってことですが風が無い時もありますよね。

そんな時には扇風機や団扇との併用やネッククーラーなどの他の便利グッズを上手に活用して電気代を大幅に節約できますよ。

ただし、電気代のためって無理をしてはいけませんよ。

心まで貧しくなっては悲観的になってしまいますのであくまでも楽しく無理のない範囲で節約をしましょう。

氷枕

夏場の氷枕は非常に有効的な方法ですよ。

首元には大きい血管が通っているので氷枕で冷やすことで身体全体を冷やすことができます。

頭を冷やすこともリラックスすることができるので良質な睡眠を取ることができます。

エアコンをつけっぱなしで寝てしまうと体に負担が掛かりますが、氷枕ならば寝ている間に氷がとけて過剰に冷やしすぎないので体への負担もなくとっても良い方法です。

氷枕を上手に活用して電気代節約をしましょう!

10.コンセントから抜く

電気代を節約する方法としてはポピュラーな方法ですよね。

電化製品はコンセントに際しあるだけでも待機電力といって微弱な電気代がかかっています。

こまめにコンセントを抜くことでこの待機電力を無くすことができます。

待機電力自体の消費電力は非常に少ないのですが多くの電化製品のコンセントを抜いて消費電力を減らしたらそれなりの節約にはなりますよ。

何にも使う必要のない方法なのでいますぐにでもはじめられます。

まずは簡単なコンセントから抜く方法から実践してみると良いですね。

と、ここまでの情報なら皆さん知ってみえますよね。

ここからは注意事項と正しいコンセントを抜く節約術をこっそり教えちゃいます!

コンセントを抜く時には注意して下さい。

コードを引っ張って抜いてしまうとはじめの内は大丈夫なのですがコードの付け根に負担が掛かり断線やショートの恐れがあります。

節約と思っておこなっていてもコードがダメになっては元も子もありません。

なかなか自分で直される人もいませんよね。

そうなると買いかえになってしまい本末転倒です。

火事の危険性や電化製品の破損が起きないようにしっかりとタップ部分を持ってコンセントから抜いて下さい。

タップといえば分岐タップ(延長コードなど)も多くの人が使用しますよね。

この分岐タップを節電用分岐タップに交換してあげるだけでこまめなコンセントを抜く必要が無くスイッチで簡単に電化製品を管理することができます。

また、延長コードによって電化製品を集約して使うことができるので上手に活用したらお部屋もキレイになりますよ。

おすすめは雷でも安心な機能が付いていてコンセント毎に個別のスイッチが付いている分岐タップですね。

ただ、このコンセントを抜く節電方法は全ての電化製品には向きません。

なぜかというと、コンセントにさして待機状態にあるから機能している電化製品もあるからです。

例えばHDDレコーダーなどは電源を切っても予約や内部メモリーなどで管理されていますので、コンセントを抜いてしまっては予約番組を撮ることができません。

他にも時計などの内部メモリーが待機電力を利用している製品はコンセントを抜いてしまうと再度コンセントをさしてつかう時に再度設定をしなければいけなくなってしまいます。

そうすると、設定している時間の消費電力の方が高くなってしまいますので節電をしているつもりが逆に電気代を余分に書けてしまっている逆転した状況になってしまいます。

電化製品の特性を理解してこの家電はコンセントを抜いた方が節電になるなど見極めが必要です。

11.照明をLEDにする

照明をLEDにすることで大幅に消費電力は節電されます。

ただ、LEDは購入時に他の白熱球や蛍光灯とは違い少し割高になります。

LED照明に何でもかんでも交換したら良いって訳でもありません。

LED照明には向かない場所もあります。

照明の特性を理解することが必要になります。

例えば、直接電球を見てしまうような照明の場合は目を傷めてしまう恐れがあります。

その様な場合には直接目に見えないように間接的に向きを変えるなどしなければいけません。

他にもLEDよりも白熱球や蛍光灯の方が良い場合もありますので交換の際には使用用途や場所など考えて交換しましょう。

分からなければ家電量販店で聞いてみるのも良いですよ。

新しい発見があるかもしれません。

12.PCは90分以内ならスリープ!

お仕事やプライベートなどでPCを使用することは多いと思います。

PCの作業を少しの間離れる場合そのままにしますか?それともシャットダウン?スリープ?ディスプレイオフ?

PCには様々な省電力機能が搭載されているのはご存知ですか?

せっかくの機能を無駄にしていませんか?

スリープ機能も消費電力を節約するには非常に有効な機能ですよ。

案外このスリープ機能は使用したことが無い人が多いんです...もったいないですよ!

スリープ機能とは現在の作業をそのまま再開した時にすぐに使える状態でPCの電源を切る機能です。

シャットダウンとは違いPCの立ち上げからの再開ではなく、開いているアプリなどはそのままの状態で即はじめられます。

非常に効率的な機能なんです。

しかもPCはシャットダウンをしてしまうとOSの立ち上るのに非常に多くの電力を消費します。

スリープならばOSやアプリなどは立ち上がった状態を維持していますので作業を再開するまでの電力と時間を節約できるんです!

シャットダウンとスリープの使い分けの目安として作業再開までのPCを触らない時間が90分以内ならスリープ、91分以上ならばシャットダウンと使い分けるようにしましょう!

たったこれだけで消費電力と時間を節約できます。

さらに「デキル人だな」なんて思われますよ。

13.冷蔵庫は季節に合わせて温度調節

冷蔵庫は皆さん使ってみえると思いますが温度設定を変更したことってありますか?

ほとんどの人が購入した時より温度を変えたことが無いですよね。

実は冷蔵庫の温度を変更するだけで結構電気代を節約できたんです。

常に温度管理をおこなわなくても良いですが夏と冬ぐらいは設定温度を変更して賢く節約しましょう!

さらに節約上手な人は温度管理と同時に製氷機能にも注目します。

氷が沢山必要な夏と氷がほとんど必要の無い冬とで当然のように製氷機能を切り替えていますよ。

製氷機能や温度管理にこだわってここまで管理できたら立派な節約上手さんですね。

14.ホットカーペットは面積・温度を調節

冬場のホットカーペットは温かくて気持ちいですよね。

このホットカーペットも使い方次第で電気代が大きく違ってきます。

ホットカーペットの面積の切り替えはどのようになっていますか?

ホットカーペットの向きや配置を工夫して切り替えた際の面積を最大限活用できるようにしましょう。

温度も調節することで消費電力の節電になります。

ブランケットなどほかの保温グッズを併用することで低い設定温度でも十分に温かくすることができます。

15.窓の断熱グッズを使う

窓の断熱グッズはとってもおすすめですよ!

最近ではオシャレな模様やパターンの断熱グッズが多くなっていますのでインテリアとしても活用できます。

さらに窓用に貼りつける断熱グッズは断熱と同時に目隠しにもなりますのでプライべート保護や犯罪抑止の目的としても活躍できますよ。

特に女性の人には電気代節約も重要ですが犯罪防止やプライベート対策としても活用できるのでぜひ使用して頂きたいです!

使用方法も水があれば簡単にできる商品が多くお部屋の断熱性能が各段に上がるので暖房などの節約になります。

夏場でも直射日光を遮ってくれたり目隠しとして1年中利用できますので電気代節約以外の目的でも非常におすすめの方法です。

他にも窓用断熱グッズが沢山ありますので窓からの冷気を防ぐことで冬場の電気ぢ節約に非常に貢献できる方法です。

16.トイレの蓋はしめる

トイレの蓋をしめるのは衛生面に関しても必ずしてほしいですね。

特に便座に保温機能があるトイレの場合は衛生面だけでなく保温するための消費電力が大きく違ってきます。

蓋をすることで便座に伝わった熱が逃げ難く保温するための消費電力は少なく済みますが、

蓋をあけっぱなしにしてしまいますと保温機能というより逃げてしまった熱を取り戻すため、冷えた便座を温めることになります。

保温ではなく常に温めるために多くの電力を消費してしまいます。

自自分自身だけならば電気代節約のためって締めれば良いですが、電気代節約のために蓋をしめてよって家族や彼氏などに頼む場合は

少しケチに思われてしまいますので、衛生的に良くないから蓋はしめてってしめることを当たり前にしていきましょう!

保温温度によっては意外と馬鹿にならない金額になりますよ。

蓋をしめること以外にも電気代節約方法はあります。

便座の保温温度を季節などで変更(調整)することもとっても有効な節約手段です。

夏場の便座はそこまで温めなくても外気で十分に温められていますので温度設定を低くすすだけで電気代削減になりますよ。

電気会社について

17.プランや契約を見直す

電気料金の契約プランは最初に契約したまま見直す機会ってなかなかありませんよね。

最近では電力会社も選ぶことができますのでこの機会に一度見直してみるのも良いですよ。

オール電化割引や時間帯別プラン、ガス代との併用割引、最近ではスマートフォンとのセット割などたくさんの割引プランがあります。

現在、従重量料金プランの人は見直す価値はありそうです。

18.夜間の割引サービスも

時間帯別プランも色々ありますので自分のライフスタイルに合わせて自分にはどのプランが一番合っているのか確認して下さい。

一度見直してみると電気料金の節約が可能な場合が多くありますよ。

ただ、注意しなければならないのは料金プランによっては夜間の電気料金が大幅に低くなる半面日中の電気料金が高額になってしまうことがあります。

日中は仕事で家に全くいない生活スタイルならば問題ありませんが、日中に家にいることが多い人の場合は要注意です。

例えば、主婦の人の場合は日中に家事をおこなったり電気を使用する機会が多い人は逆に電気料金が高くなってしまうことがあります。

家族全員のライフスタイルを把握して自分達に合った料金プランを見極める必要があります。

必要であればライフスタイルを変更することも必要になってきます。

今迄日中に行っていた電気を使用する洗濯機や食洗器などは電気料金の安い夜間におこなうようにして日中は電気を使用しない家事を行う。

他には充電できる家電を使用するなども良い方法です。

電気料金の安い夜間に充電をしておいて日中の電気料金が高い時に充電した家電を使用するなど賢く活用して下さい。

塵も積もれば…年間で見たら圧倒的におトク!

1つのことで大幅な電気料金の削減はなかなか難しいです。

無理なくカンタンにできる節電方法もたくさん行うことで年間の電気料金は意外と多くの節約ができたりします。

電気代を使わないように使わないようにと無理に節約をしてしまいますと続けることができません...というか嫌になってしまいます。

そんなにしなければいけないのと心がすさんでしまうことだってあります。

無理なくカンタンにできる方法をできる範囲で少しづつ増やして節約上手になることが重要です。

電気代を節約することは他にもメリットがあると理解できたら節約が楽しくなります。

電気代を節約するということは電化製品の特長を理解することでもあります。

それぞれの特徴を理解できたら新たな発見もあります。

電気代節約する目的以外の便利にするためにはどうしたら良いんだろう?などと考えたら意外な方法で電気代を節約できた!なんてこともあるかもしれませんよ。

楽しく電気代を節約できることが重要ですよね!

浮いた電気代でプチリッチに!

カンタンな方法でも沢山の方法を少しづつ行っていけば一年間でそれなりの節約にはなります。

1年目は節約術をしたらどのぐらい貯まるのかな?って節約できた金額を全て貯めておくのも良いですね。

実際に節約できた金額を確認することでモチベーションも上がります。

貯まったお金で自分自身にご褒美を与えていつもと違ったプチリッチなことをしても良いですよね。

今からでも遅くはありませんのであなたもはじめてプチリッチな生活を送りませんか?