「なんだかやる気がでないな」そんな時は誰しもありますよね。

「最近やる気でなくて困っちゃう。」と思っている人もいることでしょう。

「もう二度とやる気が起きる気がしない」と絶望的になっている人も中にはいるかもしれませんね。

それは仕事に対するやる気だったり、婚活に対するやる気だったりいろいろあるでしょう。

家事や掃除のやる気かもしれません。

「もう疲れちゃった。やりたくない」と思ってなにかをやめてしまうこともあるかもしれません。

通っていたスイミングスクールもやる気がなくなってやめるということもあるでしょう。

「自分はどうしてこんなにやる気がないんだ」と自分を責める人もいるかもしれません。

しかし、そんな風に自分を責めてはさらにやる気がなくなってしまいます。

自分を責めるのはやめてください。

そうなる前に「やる気を出す方法」を読んでみてください!

この記事には、とにかくやる気を出したい人のために書いています。

少しでも多くの人をやる気に満ちた状態にするために、やる気を持って書いていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

体を動かしてやる気を出す方法

やる気を出すにはまず、体に刺激を加えることが大切です。

「やる気がない」というのは、心の問題で心に刺激を与えねばと思っている人は多いかもしれません。

しかし、心よりも先に体に刺激を与えることによって、やる気がみなぎってくることもあるのです。

なんでもいいから動き出すことでやる気が戻ってくることも十分に考えられますよ。

諦めないでやってみてくださいね。

1.とりあえず動き出す

とりあえず、なんでもいいから動き出してみてください。

自分で積極的に動かないとやる気と言うのはでないものなのです。

脳の一部を活動させることでやる気が起きる仕組みですが、それは何かをやり始めて初めてでるものなのです。

例えば、部屋の掃除も最初は全然やる気がなかったけれど少し初めてみたら、やる気がでてどんどん進んだなんて経験はありませんか。

これが何かし始めるとやる気が起こることの一例です。

ですから、初めは手や足を動かしたり、ストレッチしたり散歩に出かけるだけでもOKなのです。

その小さな一歩が大きなものに変わりますよ。

「そんなのめんどくさいよ」と思う人もいるかもしれませんが、そう言わずにやってみてくださいね。

初めの一歩を踏み出せればあとは弾みがついてどんどん進むことができますよ。

まるで、自転車のようにです。

朝起きたばかりのときも「やる気ないな」と思うことがあるでしょうから、そのときもベッドからまず置きだすという動きをしてみてください。

もし、起きにくければ軽く深呼吸をしてみるのもいいでしょう。

すっきりして起きようという気持ちになれるかもしれません。

2.手を動かす

まずは、手を動かすことからやってみましょう。

一番てっとり早い方法ですね。

なんでもいいのです。

例えば、スマホをいじってみる、LINEを打ってみるでもいいのです。

少しハードなものだと、ぞうきんがけや食器洗いなどもいいかもしれません。

それが無理だと言う人は指の運動をしてみましょう。

指を一本ずつゆっくり数えながら折っていきます。

そうすると、集中が指に向かって気分もまぎれることもあるのです。

「手を動かすぐらいではやる気はでない」と思われがちですが、その小さな一歩が大切です。

これが次の動きにつながり、どんどんやる気に変わっていくのですよ。

人間はいつやる気スイッチがはいるか分からないのです。

やりもしないのに「そんなことやっても」と思ってやらずにいてはスイッチも入らなくなってしまうでしょう。

それはとてももったいないことです。

いつスイッチが入るか分からないからこそ、なんでもやってみる、ということが大切なのです。

3.ストレッチをする

軽くストレッチするのもおすすめですよ。

足を伸ばして足の先を手でつかんでみたり、軽く伸びをしてみるのも気持ちがいいものです。

体は動かしていないと縮こまってしまい、血流も悪くなるので凝りやすくなります。

それを解消するのにストレッチは最適と言えるでしょう。

ストレッチは面倒くさい、つらいという人もいるかとは思いますが、コツをつかめばマッサージを受けているかのように気持ちよく感じます。

ストレッチにより得られる効果は、「筋緊張の低下」「柔軟性の改善」「血液循環の改善」などです。

体にたくさん良い効果が訪れ、最終的には気持ちもスッキリしてやる気がわきやすくなることでしょう。

4.軽く運動をする

軽く運動してみるのもいいでしょう。

外に出て、少しウォーキングをしたりランニングをしたりするのです。

それが厳しければ、軽い散歩だけでも効果はありますよ。

ただ、少し歩いただけではあまり気分は変わらないかもしれませんので、少し長めに歩くことをおすすめします。

家々や、草花を見ながら歩いているといつのまにスーッとしてきて、やる気もでてくることでしょう。

また、肩甲骨を動かすというのもおすすめですよ。

運動しない人は肩甲骨が凝ってしまい、肩こりや首こりが起こります。

そうすると気分も沈みやすくなるのです。

肩甲骨を動かすときには胸を張って肩甲骨を引き寄せ、背中を丸めてそのあとに肩甲骨を引き離すようにします。

これを何回か行えば、背中もスッキリ、気分もスッキリします。

そして、やる気もわいてくるのですね。

5.ヨガをする

ヨガをするというのも手です。

ヨガは呼吸法を使いながらのストレッチなので、ただのストレッチよりもスッキリ感が味わえるでしょう。

ヨガの目的は「快適で安定した心を作る」ことにあるくらい、心に働きかけてくれます。

したがって、ヨガをやることにより、心も元気になってやる気も起きてくるわけです。

ヨガの基本は呼吸にあり、呼吸を抑制することによって活力と集中力が増すのです。

そして細胞にも酸素が送り込まれるため、体の内側から活性化するのですね。

また、ヨガをする時にリラックスできるヨガ用の音楽をかけながらやるとさらに効果が期待できます。

なぜなら音楽があるのとないのとでは大違いだからなのです。

音楽をかけてヨガをやることで気分がすっきりして、終わったころには次のことへのやる気がでてきているはずです。

【ヨガの効果については、こちらの記事もチェック!】

6.歌を歌う

歌を歌ってみませんか?そうすると、おなかの底から声がでて気持ちがスッキリしますよ。

小学校や中学校のときに教わった腹式呼吸を使いながら歌ってみるとより効果的です。

歌う歌はあなたの好きな歌でいいのです。

有名アーティストの曲でも、最近流行の曲でもなんでもいいので、とにかくあなたの気分がよくなるような曲を選んで楽しい気分になってみてはどうでしょうか。

シャワーを浴びながらそれを歌ってみてください。

とても楽しい気分になれるかもしれませんよ。

歌はあなたの好きなものをチョイスしましょう。

嫌いな歌を歌う必要はありませんよ。

好きな歌を歌って、テンションを上げればやる気もUPしてくるでしょう。

7.掃除をする

この際、思いっきり掃除をしてみてはどうでしょうか。

リビングの掃除はもちろん、お風呂やトイレなどの水回りもぴっかぴかにすると、心もどんどんはずんできますよ。

お掃除とは不思議なもの、きれいにすればするほど満足度も高まり、気分も上がってくるのです。

やる気が出ないときにはもってこいの方法ですね。

まずはリビングの掃除から始めてみて調子がでてきたら、水回りをやるのがいいかもしれません。

自分が一番多く過ごす場所から始めてみてくださいね。

そうすると自分の場所がきれいになった達成感で一気にやる気がUPし、次々と掃除が進むはずです。

掃除も最初は全然やる気がないということもありますが、始めてみるとどんどんやる気がでてきて全部終わらせてしまうなんてこともよくあります。

何事もまず始めてみることが大切なのですね。

もし調子がよければ、いつもは掃除しない細かい部分も掃除してみるといいでしょう。

きれいになってさらに気分もあがり、次のことをするやる気もUPするはずですよ。

8.散歩をする

近くを散歩するというのもおすすめです。

もしペットを飼っているならば、ペットと一緒に散歩するというのもいいですね。

ペットと一緒ならば、ペットの様子を見ながらの散歩になるので、とても楽しい気分になれるかもしれませんよ。

ペットに癒されながら散歩をしてみてはどうでしょうか。

ペットがいない人も、地面に咲く草花を見れば癒されるかもしれません。

特に緑は癒し効果抜群です。

緑は見ているだけでも、ホッとして目にもいいのです。

ですから、PCなどで目が疲れている人にもおすすめなのです。

散歩は習慣づければ、毎日できるようになります。