皆さんは如実という言葉は聞いたことがあるかとは思いますが、その正しい意味は知っていますか?何となくで使っている人も多いのでは?

今回はこの如実について間違えやすい類語や意味などもふまえて分かりやすくご紹介をさせて頂きます。

「如実」という言葉をご存知ですか?

如実という言葉を知っている人も知らない人も正しい意味と使い方を分かりやすくご紹介していきます。

既にその意味を知っている人はもしかしたら理解していた意味とは別の再発見する事もあるかもしれません。

改めてその意味と使い方を再確認をしながら見て頂けたらなと思います。

知らない人は例文などと一緒に分かりやすくご紹介をしていきますので正しく理解して使えるようにして下さいね。

言われた時にも相手はどのような意味で使っているのかもわかるようになります。

似たような言葉もたくさんあります

まずは如実の間違いやすさからご紹介をさせて頂きます。

如実を知っている人でも間違った意味や使い方をしている人が多いのが現状です。

正しい意味を理解して間違えないようにして下さい。

また、違う意味で使っている人には間違えやすい意味や言葉を知っていると、もしかしたらこの言葉の意味で使っているのかな?と予想する事も出来ます。

普通に自信を持って使っている人でも間違った意味や解釈で如実を使っている人もいます。

あれ?これ違うのかな?と思って間違った意味で覚えないで下さい。

正しい意味を理解する事と間違いを起こしやすい解釈や意味を知ることで間違った言葉を使われた際に相手の意図を理解してスムーズに会話をすることができます。

間違いやすい事も理解する事はとっても大切な事ですね。

間違って使っていませんか?

この後にご紹介する如実の意味や使い方などを理解できると如実の間違いに気が付くことがあるかと思います。

如実を使った言葉で話された時や文章を渡された時…その言葉って間違っていませんか?と思う事があるかもしれません。

親しい間柄の人であれば間違いに気が付いた時にそっと教えてあげられますよね。

しかし、親しい仲にも礼儀ありで教える際にはその言い方に気を付けないと相手はバカにされていると感じてしまいトラブルになってしまうこともあります。

正しいことを教える場合でも大勢の前でみんなに分かるように間違いを指摘してしまうと間違いをした人は恥をかいてしまいますよね。

間違いを正すことは良い事なのですが、それって実は自分自身のエゴなのかもしれません。

想像力を働かせてください。

自分が間違っている立場の場合どのようにして教えて欲しいですか?

その場ですぐに間違ってるよと指摘して欲しいですか?

あとから誰にも知られずに内緒で教えて欲しいですか?

大勢の人がいるところで間違いを大々的に指摘して欲しいですか?

自分自身がして欲しい方法はどんな方法なのかを考えて同じ方法をして下さい。

自分が嫌だなと思うことは相手も嫌なことになります。

自分が嬉しく思えることは相手も嬉しいことになります。

ただし、押し売りはいけません。

例え優しさや喜びだとしても相手が求めていない時に押しつけてしまいますとそれはただのお節介となります。

迷惑でしかありません。

しかもこのお節介はとても厄介なものになります。

相手がして欲しいとも言っていないことを自分から勝手にしておいて相手に拒否されると相手を悪者としてしまいます。

私はこんなにあなたの事を思ってしてあげているのになんなの!ってね…

何もしなければそのまま済む事なのですが、して欲しいなんて言っていないことをお節介で勝手にしておきながら相手から拒否さたら相手を悪者にする…迷惑極まりないです。

この様な事が続いてしまいますと所謂ストーカーの様に相手が喜ぶと持ってと相手からしたら逆に迷惑で恐怖でしかないことをあなたの事を思ってと過剰におこなってしまうようになってしまいます。

嫌がっているけど本当は嬉しいんでしょ?ってエスカレートしていきます。

ハッキリ言って怖いです。

ストーカーにならないためにも自分が嬉しい事だとしても相手が拒否してきたらそのサインを見落とさずによく考えて行動できるようになりましょう。

親しい間柄ならば特に配慮して恥ずかしくないようにそっと教えてあげましょう。

上手に言えそうにない…この人は絶対反発する…理解してくれないだろうな…そんな人を正しく導く自信がない場合は勘違いしている意味や間違いやすい意味を理解していると会話などは成立しますのでそのままスルーして相手の意図を組んで会話して下さい。

では間違いを起こしやすい似た言葉についてご紹介していきます。

類語などをしっかり確認!

如実は普段頻繁に使用する言葉ではない為その言葉の意味があやふやになってしまいやすいです。

確かこんな感じで使っていたよね…なんて何となくで使ってしまっている人も多く間違った使い方になってしまうことがあります。

あまり複雑に考えないで漢字を知っているとその意味にたどり着くとが出来ます。

如実の漢字からその意味を紐解くことができます。

非常に多い間違いとして「顕著」(けんちょ)がありますがその意味は大きく違います。

この「顕著」についても少し触れていきますね。

如実とはどの様な言葉?


如実とは現在では社会人として少し丁寧な言い方などをする際に普通に使用している言葉や表現方法になりますが、元々は仏教用語の一つです。

現在では本来の仏教用語の意味から派生した意味が主な意味として使われています。

この仏教用語からきている元の意味をまずはご紹介していきますね。

仏教ではよく聞く言葉

仏教の教えで「如実知見」(如実智見)というものがあります。

この教えを簡単にご説明させて頂くと、先の「如実」とは「あるがままの姿」との認識になります。

後の「知見」(智見)とは「仏の教えに基づく認識」という事になります。

この両方の意味を合わせた教えこそが「如実知見」となるのです。

合わせた意味合いとして、真実(ありのまま)の姿を認識して、思い込みを捨てて、世界をあるがままの真実を受け止めるという仏の知恵(智恵)を意味します。

外観を着飾って虚勢を張っている人に対してもその人の人となり、中身の本当の姿、ありのままを受け入れて先入観などを捨て真実を認識するということですね。

外観や見た目だけで判断しないでその中身から判断する事で騙されなくなります。

物事の本質を見極めることが大切ですね。

本当はもっと詳しくお話させて頂きたいところではありますが、またの機会とさせて頂き。

今回は割愛させて頂きます。

真如と似ている?

如実を語るうえで必ず聞くことになる言葉がこの真如になります。

如実とは、真如のままであることを意味する言葉です。

なんて言い方もします。

ということは如実の中に真如が存在しているのです。

真如と如実はその本意は同様の事で真実(ありのまま)という意味ですね。

ではどう違うのでしょうか?
真如とはこの世界の普遍的な真理(ことわり)のことになります。

真如の真は真実(ありのまま)を意味して、如は如常(くりかえされることし)を意味します。

ということは分かりますよね。

真如とはありのままの状態が普遍的に繰り返されているという真実のことを言います。

如実とは同義の仏教用語なのですが、真如とは違い普遍的に変わらず繰り返されるがごとしという意味がなく真実のまま、ありのままの姿という意味となります。

この意味が現在では転じてありのままや真実のままという事では無く、現実のまま、そのままという意味での使用がその殆どになります。

真如とは世のことわり(真理)、普遍的なものとなります。

間違えやすい意味

如実と間違えて使用してしまってもそこまで問題はありませんが、真如とは普遍的に続く世の中の真実となります。

この世界のことわりと覚えると分かりやすいかもしれませんね。

難しく考えないで如実は現実のありのまま、真如は世の中のことわりと覚えてしまうと使いどころが分かりやすくなるかと思います。

「顕著」とは違う?

顕著と如実は間違えてしまうことが多い言葉のようですがその意味は異なりますので、両方の意味が分かっている人は間違えることは無くなります。

如実だけでは無く顕著の意味も覚えることでどちらの意味で使っているのかな?と判断することができます。

また、間違っている場合には人によっては指摘などをして正しいい言葉を教えてあげる事も出来ますね。

どちらも社会人になると使う場面が必ずあります。

適切に使用できるようにして下さい。

明らかになっていること

顕著(けんちょ)は簡単に言うと明らかになっている事を意味しますので、この意味で理解していると如実を使用しなければいけない場合で顕著を使ってしまうことがあるのです。

明らかになっていること=真実
と結び付けてしまうんですね。

似ていて非なる言葉になります。

少し難しいかもしれませんが例えば「テストで勉強の成果が如実に現れる」と「テストで勉強の成果が顕著に現れる」とでは似ているのですが意味は異なるのです。

如実の方は「ありのまま(現実)の成果(実力)がテストで現れた」という事で普段通りの自分の力が発揮できたという意味です。

普段通りにできれば当然と言った感じですね。

顕著の方は「勉強した成果が明らかにテストで現れた」という意味となります。

勉強したことで明らかにテストの成果(結果)が良かったということですね。

ありのままの現実の成果なのか明らかになった結果なのかの違いなのです。

とっても似ている意味なのですが感じ方に違いがある事が分かるかと思います。

「~をした事によって○○の向上が顕著に現れた」や「~した事によって○○に顕著な改善が現れた」、「~は○○の頃から顕著に現れていた」などの使い方になります。

どれも明らかな結果が現れたという表現ですね。

この意味では混同しがちになりますが、もう一つの意味を知るとその違いがより分かりやすくなります。

目に付く

顕著には目につく(際立って目立っている)という意味もあります。

先にご紹介した顕著に現れるには明らかに現れるという意味と共に目について現れるや目立って現れているという秀でている時に使用することができます。

具体的な使用方法としては「健康診断で指摘され食生活を見直したところ、体調と体型に顕著な改善が現れた」などと使用できます。

この目立った変化等と考えると如実との違いが分かりやすくなりますね。

如実が当たり前のありのままと覚えて顕著は際立っているや目立つ事と覚えると分かりやすいかと思います。

如実の意味とは?


それでは本題の如実の意味などをより詳しくご紹介していきますね。

ここまでである程度はご説明してきましたがより詳しく、分かりやすくご紹介していきます。

事実の通りである

ありのまま、事実の通り見たままと言った意味が分かりやすいですよね。

物事が事実の通りありのままにあることを意味します。

例えば「この本は当時の内容を如実に記載してある」と当時の状況など事実の通りに記載してある場合に使用します。

事実である場合に使用する事の出来る言葉です。

現実のままである

現在ではこの意味で使う事が多いですね。

ありのまま事実のままよりも現実のまま、見たままという意味で使用する事が多いです。

例えば如実にあらわすという場合では現実のまま、そのままあらわすという事です。

余計な事を付け加えずありのままにあらわすことですね。

如実にあらわしている映像であれば一部を隠してしまったり、脚色している映像では無く現実のままありのままの姿で映し出しているという事です。

ライブ映像や生放送などはその現場を如実にあらわした映像となりますね。

逆に編集してカット割りをしてテロップやCG等で加工した映像は如実ではありませんね。

真実や道理にかなっている

如実とは真実やモノの道理にかなっている状態の時にも使用します。

なるべくしてなっている事など道理にかなった現実の事を如実と言います。

そらごとでないそのままの現実が如実ですね。

類語

それでは如実の類語についてもご紹介していきますね。

類語というだけあって似たような意味合いの言葉になります。

それぞれの意味を理解して適切に使い分けできるようにして下さい。

明確

明確とは漢字から推測できますね。

明→「はっきりしている事、明るみになっている事」
確→「間違いない事、確定している事」
という意味です。

はっきりして間違いない事を意味しますので「指示を明確にする」と使う事が出来ます。

明確な指示と使っても良いですね。

ハッキリして確実な指示を出す事ですね。

鮮明

鮮明もその漢字から意味を推測できます。

鮮→「あざやか」とそのままですね。
明→「はっきりしている、明るみになっている」と明確の明と同じですね。

あざやかではっきりしている状態という意味ですね。

鮮明な印象などと使う事が出来ます。

確実

確実も漢字から推測できる言葉ですね。

確→「間違いない事、確定している事」
実→「事実、たしかな事」

事実とは間違いない事実のことですね。

よく耳にするのは「当選確実」等ではないでしょうか。

他にも「この情報は確実で信頼できる内容です」というように使う事が出来ますね。

如実の使い方!こんな使い方をします!

如実についてここまでで意味や間違えやすい使い方や意味等が理解できるかと思います。

ここまで読んで頂けた人は如実を適切に使う事が出来るかと思います。

実際に如実を使う場合の例をいくつかご紹介しますので使う場合や使われて場合のご参考にして下さい。

基本的には如実+動詞

如実を使う場合には基本的には如実+動詞で使用します。

場合によってはこの法則以外でも使用する場合もありますが基本的にはこの法則を覚えて頂くと間違いなく正しい使用法が出来ますので覚えておいて下さい。

「如実に分かる」など

分かるなどの動詞との組み合わせの場合はそのままの現実が分かるなどと解釈することができます。

例えば映像や写真などから当時の様子が如実に分かるなどと言った感じで使用することが出来ますね。

「如実に現れる」など

如実に現れるも同様に如実を使う表現では多く使用される言葉になります。

例えば「運転が上手な人は狭い駐車スペースでの駐車のスムーズさに如実に現れる」などとして使用できます。

「普段の勉強の成果が如実に現れる」なども良く使われる表現方法です。

如実の例文はどんなものがある?

如実の例文もいくつかご紹介しますので如実を使う場合や使われた場合のご参考にして下さい。

例文に必要な言葉に変換して使用して頂けたらなと思います。

「学校教育の問題を如実に示している」

この例文の前に学校教育の事について議論や問題点などを話し合って学校教育の現実的な問題点を見つけた場合に「この点が学校教育の問題を如実に示している」などや資料を基にしてこの例文を使用する事で現在あるありのままの問題を示すことができます。

また、この例文の後に「~のはこの資料に記載してあります」などと現実的な問題は何なのか資料に注目させることができます。

例文を先に使用するのか後に使用するのかで相手に与える印象が変わりますのでその場に適した例文の活用方法が良いですね。

簡単に言ってしまいますと日本語の語順でこういう理由があって結果があるという語順と英語の様に結果があってその理由はこうこうこういう理由ですと結果(結論)を先に言うのか、何故そうなったのか(そうなるのか)理由後に結果(結論)を言うのかの違いですね。

私は○○なので△△です。

私は△△ですなぜなら○○だからです。

どちらを使用したら良いのか分かりやすくご紹介させて頂きますと、一般的な日本語の理由があって結果があるという語順は話しを最後まで聞いてくれる人の場合に有効です。

ただ、相手が興味のない事の場合は結果まで聞いてくれないこともあります。

芸人などで例えますと、最初の「つかみ」が興味のあることですね。

最初の「つかみ」で興味に無い事ですとそれ以降は興味が薄れてあまり話が入ってこなくなります。

例えば当たり前の内容の話しだとしても誇張したり相手が興味の沸く視点から話しはじめるなど最初のつかみで相手の心を持っていける場合は一般的な日本語の語順の理由から結果(オチ)につなげる方法が良いです。

つかみは場の雰囲気にも左右されます。

場があたたまって話を受け入れる環境が整っていると、どんな話でも聞こうという体制が整います。

この状況であればたとえ興味のない話でも話を聞いてオチまで聞いて頂けます。

総合的な評価を頂けるのです。

しかし、逆に場の雰囲気が殺伐として沈んでいる場合は何を話してもシラケてしまいオチまでスムーズに話す事が出来なくなってしまいます。

この場合に英語などの様に結果(オチ)を先に言って何でそうなったの?と場の注目を一気に集める方法が有効になります。

一般的な会社のプレゼン等でも同様でプレゼンの際に場の雰囲気によってはつまらないありきたりな雰囲気となり、プレゼンをしても相手の興味を沸かせることが難しく資料ばかり目を通して話を聞いてくれない状況であれば、先に結果を示して一気に場の興味を集めるとプレゼンが上手くいく各釣りがUPします。

当然順番だけでは無くプレゼン自体の内容は重要となりますがそもそも話を聞いてくれない状況では正しい判断をして頂けません。

事前に考えていた順番や内容通りに運ぶことも重要なのかもしれませんがその場に応じて適切に対処できるようになると不意なトラブルや相手からの質問や注文など適切に対応する対応能力が身につきます。

当然信頼を得る事も出来ますし自分自身のスキルアップにもつながります。

今ある資料や様々なアイテムに知識等を駆使してその場に合った最適な方法を選択できる力ができると如実などの言葉も適切な場面で適切に使用する事が出来るようになります。

背伸びして難しい言葉を使おうと頑張る人もいますが…
その場に合わせて普段使用しない言葉を使えるのはとっても良い事なのですが、間違った使い方をしてしまっては本末転倒です。

間違って使ってしまい相手に対して失礼な言葉になってしまう事や内容が間違って伝わってしまいトラブルになってしまうのなら無理に使わない方が良いです。

相手にとっても自分にとってもその場で最適な言葉の中から自分が理解できる一番良い言葉をチョイスすることが一番です。

無理に難しい言葉を使う事はありません。

如実もそうなのですが最近ですと経済用語も様々な場面で多用されています。

自分が本当に理解できている用語を使う場合は良いのですがあやふやで何となくで使っている言葉は、もしかしたら相手に伝わってない場合やここでその用語は無いよ…この子仕事が出来ない子なんだな…なんて思われてしまいますよ。

自分で自分の首を絞める事態にもなりかねません。

正しい意味を知って正しい言葉を適切な場面で使う事が出来る。

コレが一番重要なのです。

分からない言葉や用語があった場合には素直にそれはどういう意味ですか?と聞いて下さい。

分からないことを聞くことは何も恥ずかしい事ではありません。

分からないことが分からない方がよっぽど恥ずかしく周りからは場合によっては迷惑な存在となってしまいます。

「会社のクオリティが低く、影響が如実に表れている」

この例文はクオリティが低い事が現実的に影響として表れているという意味ですね。

この例文からクオリティの低い原因を考えてその原因を取り除く事が出来れば影響hしていたことを改善できると言った内容の議論が可能ですね。

この例文の場合は何処に注目して何をしたいのかによって受け取る意味やその後の手中井が変わってくる例文となります。

この例文を見て最初にどこに注目しましたか?

先のクオリティが低い事に注目していた人はその原因を取り除くことやその原因について追及してクオリティの低い原因を求めようと考えますよね。

または、クオリティが低い事で影響が出ている問う事はクオリティを高くしたら良いという事でクオリティを上げるための方法を議論することができます。

この2つは似ていて非なることになります。

少しだけブレインワーキング(脳科学)についてお話させて頂きますね。

片方はクオリティが低い原因を見つけて改善、もう一方はクオリティを上げる方法を見つけて改善。

両方とも良くしようと思った方法なのですが人は否定的な言葉は脳が判断(理解)できないのです。

ということはクオリティの低い原因を無くすという否定的な方法では改善する方法としては向いていなく難しい方法となるのです。

しかし、この例文を聞いた人の多くはクオリティが低いという事に注目をしてしまいその原因を解決するために低い原因を沢山出してその解決をする為に行動するかと思います。

でも中々上手くいきませんよね。

当たり前のことなのです。

沢山出た原因をすべて否定して改善する方法では人間の脳はどうしたら良いのか判断(認識)が出来ません。

逆にクオリティの低い原因では無く高くするための方法を沢山出した場合はどうでしょうか?
この場合は全て前向きでこうした方が良いと言った肯定的な行動となりますので人間の脳は適切に判断することができます。

ほんの少しの違いなのですがこの否定的な言葉や考えと肯定的な言葉や考えとでは雲泥の差になってしまうのです。

人材育成や勉強方法などどの分野でも同様でコレはダメ、アレはダメでは人間の脳は認識する事はできません。

例えば遊んでばかりではいけません。

と言われた場合には脳では遊ばないという考えでは無く遊んでいる自分を想像してからそれを否定した遊ばないとどうなるのかな?と認識しようとします。

となると脳が混乱してしまい上手く認識できなくなるのです。

先に肯定的な事を認識してそこから違う事を認識しないといけませんので判断が難しくなってしまうのです。

この場合は遊んでばかりではいけませんではなくそれが終わったら勉強しようね。

など肯定的な言葉で言うと終わったら勉強すると脳が判断してそのまま勉強をするようになります。

という事で例文であれば注目する場所がクオリティであっても影響であってもどちらでも肯定的で前向きな考えや議論ができると如実の意味が最適に判断されてとても良質な議論をすることができます。

「感情を如実に表している」

この例文の場合は先の文や後に続く文によってその感情が現実的で、ありのままの感情という事を表すことができます。

例えば悲しくて涙を流している等の表現の後にこの例文があればその感情は嘘偽りなくありのままの感情を表していると判断することができます。

映画や映像などの感情を表現する場合でも使う事が出来ます。

当時の内容をありのまま表現して感情もありのまま表している作品という意味で映像策人の表現方法として使用できますね。

他にもスポーツなど感情をありのまま表す場合に使用する事が出来る例文ですので如実を使った例文では比較的使いやすい例文となります。

まずはこの表現方法から使い始めると良いかもですね。

「如実にニュアンスの違いが現れる」

この例文のニュアンスにはあいまいさや微妙な差異という如実のありのままや現実的な意味とはかけ離れた言葉になります。

このニュアンスに如実を付け加えた例文ですと微妙な差異が現実的に現れているという意味となり微妙な差異でさえも現実的に分かる違いとなって現れているという事になります。

ニュアンスの違いはまさに微妙な差異で不確実さやグラデーションなどの曖昧さがその意味となるのですがその差さえも明確に分かる時に使う事が出来ます。

不確実さを確定させる言葉ですね。

如実の意味を間違えないように!

如実はそのことわり(真理)を持つ真如の現実的な言葉として使う事が出来ます。

顕著など目立つ事やハッキリ際立つ事との差別化ができるように如実の意味を正しく理解して下さい。

元々の仏教用語の意味より現実的なままな事やそのままのことを意味するのです。

正しい言葉を理解して正しく適切な場面で間違えないように使えると周りの評価も上がり更なるステップアップもできますね。

間違って使ってしまいやすい言葉でもあります。

正しく使えるようになって下さいね。