仕事をしていればストレスはつきものです。

仕事内容がきつかったり、顧客からのクレーム対応にうんざりしたりと、さまざまなことが理由で仕事が嫌になってしまうことがあります。

その中でも特に人間関係におけるストレスを感じている人は多いです。

職場における人間関係で、具体的にどんなことに対して悩んでいる人が多いのか、その悩みの種類や解決方法などを詳しくご紹介していきます!

仕事での悩みのランキング上位に上がるのが”人間関係”!

仕事をしていれば、誰でも悩むことがあるでしょう。

仕事を覚えるのが大変で挫けそうになったり、上司から怒られて落ち込んでしまったりと、仕事をしていて気持ちが沈んでしまうことは誰でもたくさんあります。

しかし、目の前の仕事内容に関する悩みであれば、その仕事さえ終わらせてしまえばストレスフリーになるため、早く終わらせるためにもより頑張ろうと思えますよね。

そして仕事が終われば解放感や達成感を味わえるため、メリハリをつけて仕事に取り組むことができるでしょう。

一方で、職場の人間関係が悩みの原因になっている場合には、そう簡単に悩みを解決させることができません。

何せ相手が意志のある人間ですので、こちらがどうにかしようと思っても、思う通りになってくれないことが多いです。

何とか関係を修復しようと思っても相手がそれを拒んだり、嫌がらせをしてきたりすれば、ますます悩みは深まってしまいます。

そう簡単には解決できない悩みだからこそ、人間関係は仕事での悩みのランキングの上位に常に上がっているのでしょう。

仕事の人間関係の具体的な悩み10選

プライベートで人間関係に悩んだときには、その相手と少し距離を置いたり、友達を介したりして関係を修復させることができます。

もしどうにもならなければ疎遠にすることもできますよね。

しかし仕事ではそう簡単に、個人的な好き嫌いの感情で動くことができません。

会社やさまざまな職場はあくまでも仕事をしに来る場所です。

職場における人間関係は、誰もが大人の態度で振舞うことが求められます。

そのため、社内で誰かと誰かが揉めればそれは周りや会社の迷惑になってしまいます。

あまりに揉めているとそれが原因で会社をクビになってしまうこともあります。

職場ではどんなことが原因で、人間関係の悩みを抱えてしまうことが多いのでしょうか?具体例を挙げていきます。

上司が差別してくる

上司の中には、個人的な感情をコントロールできていない人もいます。

仕事と個人の感情とは切り離して考えるのが普通ですが、上司の立場であるにも関わらずそれができない人は、自分の好き嫌いで部下への態度を変えることがよくあります。

お気に入りの部下に対してはいつも笑顔で接し、もしその部下がミスをしてもきつくは怒らないでしょう。

しかし、関心のない部下や気に入らない部下の場合には、部下が話しかけてきても素っ気ない態度で返したり、部下がミスをすれば怒鳴りつけて叱責するなど、差別の激しい上司を持ってしまうと、日々上司へのストレスで悩みを抱えてしまうことになります。

上司に対して不満を抱いたところでその上司がクビになることはありません。

自分が指示を受ける側ですので、どうしようもないストレスで仕事が嫌になってしまうことも少なくはないでしょう。

悪口を言う人がいる

誰かの悪口を言っている人がいると、その人が同じ空間にいるだけでその場の空気が気まずくなったり、空気が悪くなってしまったりすることがよくあります。

悪口を言う人はどこにでもいますが、職場でもお構いなしに人前で誰かの悪口を言う人には、例え「人を悪く言うのは止めなよ」と注意したところで治ることはないでしょう。

最悪の場合悪口の矛先が自分に変わってしまうこともあります。

すると職場で自分に関する悪口をあちこちで言い触らされることになるため、周囲に誤解を招いてしまったり、居心地が悪くなったりしてしまうこともあるでしょう。

絶対的なお局様がいる

職場によっては、絶対的な支配力を持つお局様というものが存在しています。

会社に在籍している年数が長いほどその支配力も強く、場合によってはその部署の一番偉い役職者よりも発言権を持っていることもあります。

会社のみならず、工場やスーパー、コンビニなどでも勤続年数の長い女性はお局様のように、自分の都合でシフトを調整したり、周りに指示を出したりすることがあります。

そのため、そのお局様よりも勤続年数が短い人たちや、入社したばかりの人はお局様に逆らうことができないこともよくあります。

会社の仕組みで見た場合、役職を持たないお局様は他の社員と何ら変わりない立場のため、本来は幅を利かせることはできません。

また、自分の都合で勝手に仕事内容を変更したり、シフトに口を出したりすることはできません。

しかし職場によっては暗黙の了解で、「お局様の言うことは絶対」という考えが蔓延しているところもあります。

お局様を敵に回すと陰湿ないじめにあったり、上司へ事実無根なことを告げ口されたりと、精神的に辛い目に遭わされることが多いため、それが悩みの原因となってしまう人もいるでしょう。

話が合わない


自分の仕事を円滑に回すためにも、職場では周りの人たちと無難な人間関係を築いておく必要があります。

そのために毎日きちんと挨拶をしたり、時には談笑をしたりして適度なコミュニケーションをはかることがありますが、相手と話が合わないと気まずくなってしまうことがあるでしょう。

無難に今朝のニュースの話題を口に出しても、相手がニュースを見ていなければ「そうなんだ、知らなかった」で話が終わってしまいます。

趣味も合わない相手とは話が盛り上がることがないため、何となくお互いにぎこちない会話になってしまうでしょう。

「あの人とは話しが合わないな」と思う人には積極的に話しかけようと思わないため、周りと話が合わない人ほど、職場の人との会話が少なくなり、十分なコミュニケーションが取れなくなってしまうでしょう。

それがもし仕事で悪影響が出てしまう場合には、人間関係で深刻な悩みが生じてしまうこともあります。

会話に入るのが苦手

引っ込み思案な人や恥ずかしがり屋の人は、自分から積極的に人に話しかけるのが苦手です。

話しかけられたらおずおずと言葉を返すことはできますが、自分から話題を振ったり、周りに声をかけたりすることは苦手なため、話し上手な人に比べると、どうしても一歩後ろに下がってしまいます。

数人で会話を楽しんでいるときにも、自分から「そういえばさ~」と話題を出すこともできないため、周りが楽しそうに話しているのを控えめな笑顔で相槌を打つことくらいしかできません。

すると周りの人たちにとってはいてもいなくてもいい存在だと認識されてしまうため、ますます会話に誘われなくなって、一人浮いてしまうこともあるでしょう。

誰にも心を開けない

会社は仕事をする場所ですので、必要以上にお互いのプライベートの話をしないことも多いです。

しかし、仕事に関する必要最低限の話しかしないと、自分以外の同僚や上司に対してまったく心を開けなくなってしまいます。

ある程度気さくな人間関係を築いていれば、相手の性格や内面も分かりますので、信頼できそうな人かどうか、仲良くなれそうかどうかを判断することもできるでしょう。

しかしそれができなければ、信頼することも心を開くこともできなくなってしまうため、仕事で悩むことがあっても誰にも相談できません。

もやもやとした愚痴や不満も一人で抱え込むことになってしまいます。

自分のことを評価してくれない

どんなに仕事を一生懸命に頑張っても、会社が自分のことを評価してくれなければ、仕事のやりがいはなくなってしまいます。

努力している自分自身が虚しく思えてしまうこともあるでしょう。

実力主義の会社の場合には、結果を出さなければ意味がないため、結果さえ出すことができれば正当な評価を受けることもできるでしょう。

しかし、なかなか成果を出すことはできなくても一生懸命に努力している人は、努力の過程までは一切評価してもらえないため、「どうせ頑張ったってダメだ・・」と挫折してしまうかもしれません。

また、仕事をろくにしないのに口が上手い人が評価されて、口下手でも黙々と仕事を頑張っている自分のことは一切会社が評価してくれないこともあるかもしれません。

そうなれば、会社に対して不信感が募り、やはりやる気がなくなってしまうこともあるでしょう。

プライベートのこと根掘り葉掘り聞かれる

人間関係に無関心過ぎる職場も自分が心を開くことができません。

かといって、プライベートのことまで根掘り葉掘り聞かれるような職場でも、ストレスが大いに溜まってしまいます。

ある程度話せる範囲のことで会話を楽しむのならばまだしも、家族に関する詳しい事情や個人情報、収入や恋人の有無などあまり深くまでプライベートを探られては、誰だっていい気はしませんよね。

おしゃべり好きな人や詮索好きな人が同じ職場にいると、毎回あしらうだけでも疲れてしまいます。

勝手に自分のプライベートを周りに言いふらされた日には、ストレスで胃が痛くなってしまうでしょう。

とくに必要最低限のこと以外は他人に話したくない人にとっては、あれこれと事情を探られるのは不愉快な気持ちになるでしょう。

いじめにあっている


どこの職場にも、性格のきつい人はいるものです。

そして性格のきつい人から目を付けられてしまった人は、嫌がらせをされたりいじめに遭ったりしてしまいます。

仕事を回してくれない、報連相で自分だけ省かれるのはまだしも、挨拶をしても無視されたり、あることないことを周りに吹聴されたりしたら、仕事をまともにするどころか、職場に居づらくなってしまうでしょう。

周りが理解のある人たちであれば、いじめを止めてくれたり、いじめを止めることはできなくても余計な誤解を生んだりすることはないでしょう。

しかし、いじめの首謀者に従う人が多かったり、余計な関わりを避けようとする人たちばかりだと、いじめはエスカレートこそすれ、収まることはないでしょう。

職場には毎日行かなければならないため、いじめにあうことで仕事に行くのが嫌になってしまう人も少なくありません。

上司が常にイライラしている

上司が個人的な感情で部下を差別したり、喜怒哀楽を表に出したりしていると、周りの部下は常に上司に気を遣わねばならず、とても仕事がやり辛くなってしまいます。

しかし、そんな部下の気苦労を知りもしない上司は、個人的に嫌なことがあったり機嫌が悪かったりすると、仕事中でもイライラして些細なことで部下に当たり散らすことがあるでしょう。

上司がイライラしていると、周りは極力話しかけたくないと思います。

仕事に関する報告をしなければならない時には、まるで責め苦を受ける囚人のような気持ちで上司の元へと向かうことになります。

毎日のように上司がイライラしている職場では、そんな上司の存在が悩みの種となってしまう人もいるでしょう。

仕事を押し付けられる

同じ職場で自分に仕事を押し付けてくる人がいると、毎回のようにその人に仕事を押し付けられるのが嫌で、ストレスに感じてしまうことがありますよね。

自分の仕事でもない雑用をお願いされたり、適当な理由をつけて仕事を押し付けられたりしては、誰だってうんざりした気分になってしまうでしょう。

人がいいと言われる人や、他人に対して強く出られない人の場合は、人から仕事を押し付けられてもそれをキッパリと断ることができません。

曖昧な返答や、つい「いいよ」と承諾をしてしまって、その後で後悔しながら押し付けられた仕事に取り組むことになります。

そんな日々を過ごしていると、仕事にも自分いも嫌気がさしてしまうでしょう。

仕事の人間関係の悩みを解決するにはどうしたらいい?

仕事の人間関係で悩んでいる人はたくさんいます。

誰もが悩みながら仕事をしていますが、自分なりに解決策を考えたり、ストレスを軽減させたりして会社に適応しおうと努力しています。

人間関係さえ上手くいけば、後は仕事だけに集中できますので、人間関係で悩める人は、できるだけ早めにその悩みを解決できるように努めた方がいいでしょう。

けれど、どうすれば人間関係の問題を解決できるのか分からないという人は、これから挙げていくいくつかの方法を試してみてください。

その方法が上手く当てはまれば、職場での人間関係を改善させることができるかもしれません。

物は試しで今日からでも実践してみましょう!

信頼関係を築く

信頼関係がない者同士が親しくなることはできません。

職場の全ての人と親しくなる必要はありません。

ですが、ある程度気さくに話ができる関係になっておくと、浅くとも信頼関係を気付くことはできます。

日頃から少しずつ周りの人たちと関係を築くことを意識しましょう。

挨拶をするだけだとしても、なるべく笑顔で感じよく挨拶することに務めます。

また、人の悪口は言わずに、誰かが言っていたとしてもそれに便乗しないように気を付けましょう。

話しベタで会話の輪に入っていけないという人は、2人きりで話をするときにできるだけ相手と仲を深められるようにすれば、複数人の輪に入っていたとしても、無視されたり省かれたりすることはなくなるでしょう。

自分が快適に仕事をし、職場を居心地よくするためにもある程度周りと信頼関係を築いておきましょう。

予め信頼関係を築いておくことができれば、自分だけが孤立してしまうことは防げますし、妙な誤解で周りと関係が悪くなるのも避けることができます。

誰かに相談する

職場の人間関係について、誰かに相談できるのであれば、たまには人に話を聞いてもらったり、相談や愚痴をしたりすることでストレスを軽減することができます。

同じ職場内で親しい間柄になった人がいるのなら、その人と食事や飲みに行った際に人間関係について相談すれば、いいアドバイスを貰えるかもしれません。

もしくはお互いに愚痴を零し合うことで、気持ちをスッキリさせたり解決のヒントを得られたりするかもしれません。

職場で話せる人がいないのなら、家族や友人、恋人などに相談して話を聞いてもらうのもいいでしょう。

自分一人ではどんなに考えても解決できない場合には、素直に周りに相談してアドバイスを貰うことで、早く問題が解決できることもあります。

考えすぎない

人間関係の悩みは、考えれば考えるほどどんどん深みにはまってしまいます。

悩みの対象である相手の考えていることが分からないからこそ、「もしかしたらこう思われているかも」や「ひょっとしてこうかもしれない」などと、相手の言動や態度から考えを予想したところで切りがありません。

悩みごとは考える時間が長いほど自然と悪い方向へと思考が向かってしまいます。

実際にはたいしたことがなくても本人が大事のように考えてしまうこともよくあるため、あまり考えすぎないようにした方がいいでしょう。

悩んでいるときにはそれを頭から追い出そうとしたところで、なかなかすぐには追い出せません。

仕事や他の人に話しかけるなど、とにかく意識を別のことへ向けるようにしましょう。

余所事に集中すれば必要以上に悩まずに済みます。

転職する

どんなに悩んだり対策を考えたりしたところでどうにもならなければ、いっそのこと転職するという方法もあります。

職場の同僚から嫌がらせをされたり、お局様が無理難題を言ってきたり、挙句の果てには上司までまったく頼りにならなければ、自分で自分の身を守るしかありません。

しかしどうやっても自分を激しいストレスにさらしてしまうくらいならば、そんな職場からはさっさと離れて次の仕事先を見つけることに専念しましょう。

金銭面や立場上、なかなかすぐには転職できないこともあります。

ですが、頭の中で常に「いざとなれば転職できる」という逃げ道を作っておくことで、自分が行き場がなく追い込まれてしまうことは無くなります。

「最終的には逃げればいい」と考えるだけでもストレスは軽減できますので、どうしても無理なら転職することも視野に入れましょう。

今の職場で何年も苦しみ続けるよりは、さっさと転職してしまった方が案外快適で出世もしやすい環境で過ごせるかもしれません。

踏み込み過ぎない

仕事上での人間関係は、浅く広く適度に築いておくことが大切です。

プライべ―トでも仲の良い者同士ならばともかく、仕事でしか関わらない人とあまり踏み込んだ人間関係を築いてしまうと、いざという時に頼られたり、トラブルに巻き込まれてしまったりすることがあります。

「自分の仕事は自分で行う」という基本的なスタンスを日頃から貫いている人であれば、他の人が仕事に追われていても巻き込まれることはないでしょう。

一方で日頃から少し踏み込んだ関係を築いてしまっていると、困ったときには「手伝って!」と気安く頼まれてしまう機会が増えるため、自分が損をすることになってしまいます。

それでも良いという人は少しくらい踏み込んだ人間関係を築くのもいいですが、あくまでも仕事上の付き合いしかしたくないという人は、浅く広くの関係を崩さないように気を付けましょう。

いい顔をするのを止める

誰とでも無難な人間関係を築くことは大切ですが、あまり誰に対してもいい顔をし過ぎると、自分が困ったことになってしまいます。

悪口を言っている人の前でいい顔をしていると、その人が責められた時に「◯◯さんも一緒になって話していたよ」と巻き込まれてしまうことになります。

とくにトラブルを抱えた人同士の間に入っている場合には、どっち付かずの八方美人だと叩かれてしまうこともあります。

さらに、面倒臭くても周りの人の仕事を手伝っていたら、周りが助けてくれて当たり前だと勘違いをしてしまい、事あるごとに頼られてしまうこともあるでしょう。

周りといい関係を築こうとするあまり、ついいい顔をしてしまうことがあります。

ですが、自分が本当に余裕のある時だけにして、それ以外ではいい顔をするのは止めておきましょう。

仕事で好かれる人間の6個の特徴とは

自分勝手な人や横暴な人、仕事に私情を持ち込む人などは職場で嫌われてしまうことが多いですが、その一方で、仕事で好かれる人というのもいます。

仕事で好かれる人は、仕事のみならず普段のプライベートでも周りの人たちから好かれることが多く、周りの人たちよりも人間性が優れている人も多いでしょう。

仕事では誰もがつい自分のことを最優先にしてしまいがちですが、その中でも人から好かれる人にはどのような特徴があるのでしょうか?

仕事で好かれる人の特徴を具体的にご紹介していきます。

感謝の気持ちを伝える

人に何かをしてもらったら、「ありがとう」と感謝を伝えるのは当たり前の行為ですよね。

けれど職場では、こうした当たり前の感謝の言葉を口にしない人も少なくはありません。

例えば上司が部下に何か用事を言いつけた時に、部下がそれをこなしても上司は「ああ」や「分かった」というだけで、「ありがとう」とお礼の言葉を言うことはあまりないでしょう。

良い上司であれば例えば相手が部下であっても、個人的な用事を頼んだのであれば「ありがとう」の一言は口にします。

上司からの用事を面倒臭いと思っていた部下も、上司にお礼を言われれば、悪い気はしなくなるでしょう。

しかしまったくお礼を言わずにさも当たり前のような態度を取られると、いくら上司とは言え部下は内心で腹が立ってしまうでしょう。

また、それが同僚同士の場合には、お礼の言葉がなければ余計に相手に対して不愉快な感情を抱くことは多いです。

たった一言でも「ありがとう」と相手に伝えることで、相手の気は済みますし、腹が立つこともなくなります。

仕事で人から好かれる人は、一つひとつの細かい行動に対しても逐一感謝の気持ちを伝えています。

周りの人からも良く思われることはあれ、悪く思われることはないでしょう。

自分のミスを認める

仕事でミスがあった時に、それを素直に認めることができる人は、周りの人たちからの印象も良いでしょう。

ミスは誰でもするものです。

ミスをしたからといってその人に対する周りからの印象が悪くなることはありません。

ミスをして印象が悪くなる人の場合は、自分のミスを素直に認められないことが原因に挙げられます。

明らかに自分のミスであるにも関わらず、「◯◯からの連絡が遅くなったから悪い」

「ちょっと体調が優れないから判断力が鈍った」などと、ミスの責任転嫁をしたり、言い訳をしたりする人は、見苦しく自分勝手に思えるため、周りの人からも嫌な印象に思われてしまいます。

しかし自分のミスを素直に認めてすぐに謝罪と反省ができる人は、仕事でも伸びしろが感じられます。

人間性でも素直ないい人に思われるため、周りの人たちからは好かれることが多いでしょう。

挨拶ができる

挨拶は基本中の基本です。

しかしその基本ができない人が増えているため、きちんと挨拶ができる人はそれだけで周りに好かれることが多いでしょう。

例え日頃からほとんど話すことのない間柄だとしても、いつも笑顔で明るく挨拶をしてくれる人に対して悪い印象を持つ人はいません。

その人に関して誰かに聞かれた時には、「感じがいい人だよ」と好印象の返答をする人が多いでしょう。

挨拶だけでなく、誰かに何かをしてもらった時には欠かさず「ありがとう」とお礼を言えたり、大変そうな人を労う一言が言えたりする人は、直接仕事で関わりのない人からも好かれることが多いです。

嫌な仕事も積極的にやる

人が嫌がるような仕事も積極的にやれる人は、周りの人たちから好印象に思われたり、尊敬の念を集めたりします。

誰も気が付かないような場所を掃除したり、出っ放しのイスを片付けたりと、些細なことでもごく自然な動作でそれができる人は、見た人からは好印象に思われることが多いでしょう。

また、ちょっとした気遣いだけでなく、誰もが面倒臭がってやらないような仕事にも文句も言わずに黙々と取り組んでいれば、特別にいい結果を出したわけでなくても周りの人たちから評価されることが多いです。

もちろん人の嫌がることをやった後で、「自分がやってやったぞ」と偉そうに自己主張をする人は好かれることはありません。

仕事で人から好かれる人というのは、嫌な仕事やちょっとした気遣いを、自己主張することなく淡々とやっています。

「誰に気付かれなくてもやる」という点で周りから好印象に思われています。

気配りを忘れない

周りに対して気配りができる人は、人から好かれることはあっても嫌われることはまずないでしょう。

気配りができる人は常に周りの様子をよく観察しています。

その場その場で誰かが必要とするものを与えたり、他人の変化を指摘して相手の気持ちを持ち上げたりすることに長けているのです。

そのため、周りにいる人たちは気配り上手な人と一緒にいる空間に居心地の良さを感じることが多いでしょう。

それが仕事となれば尚更気配りができる人は重宝され、「仕事を一緒にやりやすい」と感じる人も多いです。

また、どんな時でも気配りの気持ちを忘れることなく、余裕がない中でも相手を気遣える人は好かれるだけでなく、頼りにされることも多いです。

公私混同をしない

職場に私情を持ち込む人は周りの人たちから嫌われやすいですが、一方で一切公私混同せずに、仕事に私情を持ち込まない人は周りから好かれやすいです。

仕事をする上では公私混同をしないというのは基本ですが、会社の上司の立場の人でさえ、個人的な感情を仕事に持ち込むことは多いです。

一社員でもその日の自分の調子で仕事が左右されることは多いため、どんなに落ち込むことがあっても仕事には一切それを持ち込むこともありません。

しっかりと仕事に取り組むことができる人はどんな人からも好かれやすく、また重要な場面でも責任のある仕事を任せてもらえることが多いでしょう。

「仕事とプライベートは別」と割り切っている人でも、事情によってはつい仕事に感情が出てしまうことがあります。

極力そうならないように努力している人は、仕事に対する姿勢でも評価されやすいです。

他人を変えることはできないからまずは自分を変えよう!

職場における人間関係の悩みは誰にでもあります。

それは簡単に解決できることではありません。

いじめに遭ったり、周りと話が合わなくて浮いてしまったり、また上司やお局様にうんざりしてしまったりして、日々ストレスと戦っている人はたくさんいます。

人間関係での悩みは、その原因となっている人を変えようと思っても、中々変えることはできません。

相手を無理に変えようとすれば、傲慢で自分勝手な人だと思われてしまいます。

しかし自分を変えるのであれば、今日からでも誰に責められることもなくできます。

そのため、まずは自分を変えることから始めてみましょう。

ネガティブに考えてしまう人はポジティブ思考に、また嫌いな人に対しては相手のいいところを見つけることから始めていけば、少しずつ解決の糸口が見えてくるかもしれません。

自分でできることから始めていき、人間関係の悩みを解決できるように努めましょう!