忙しい人にとって「暇だな」と思える時間というのは、お金を出してでも欲しいと思うものです。

しかし、いざ暇な時間が増えてくると「今日も無駄な時間を過ごしてしまったなぁ」と後悔する。

そんなあるあるを体験した事のある人は多いのではないでしょうか?

暇を持て余すと、その後とんでもなく大きな後悔に襲われますよね。

そんな後悔をしてしまわないように、暇人が時間を有効に使うための方法をご紹介していきます。

暇人が時間を有効に使う10個の方法

暇ができた時、あなたは時間を有効に使えていますか?

予定されていた暇な時間でも突発的にできた暇時間でも、上手に暇な時間を使える人は暇な時間をとても充実した時間に変えてしまうものなのです。

そんな暇な時間を上手に使う人は、どんな事に気を付けて暇な時間を使っているのでしょうか?

1.自分のためになることをする


暇な時間を使って自分のためになることをすると、その暇な時間を実に有意義な時間に変わる事でしょう。

自分のためになることというのは何でも構いません。

部屋を掃除しても良いし、美味しい料理を作っても良い、息抜きに映画や散歩にでっかけてみたり、ゆっくりと環境を整えて眠るのも良いですね。

自分が今必要としている事を丁寧にしてあげるととても有意義に時間を使う事ができますよ。

自分の人生に豊かさをつくる

自分のために尽くすというのは、簡単な事のように見えてとても難しい事なのです。

自分自身の身体や欲求は自分の意志一つで簡単に無視してしまう事ができます。

特に若い内は身体に耳を傾けなくても、力業で思ったようにできてしまうので尚更難しい事であるでしょう。

しかし、そんな無理はいつまでも続きません。

自分を慈しんで、尽くす事ができるからこそ他人にも優しくできるという事を知る時がくるでしょう。

暇な時間をつかって自分のためになることをするという事は、自分に尽くしてあげるという事につながりますよ。

心も休まる

自分のためになることをしてあげると、肉体的ストレスに限らず精神的ストレスも解消される事でしょう。

何も絶対的に身体を休める必要はありません。

趣味の事を楽しむ事で気分がスッキリして心のストレスが解消される事も少なくありません。

自分のために時間を使って、日ごろの心のストレスを解消してあげましょう。

2.他人のためになることをする

暇な時間を使って、他人のためになることをすると自分にも他人にも有効な時間の使い方をする事ができます。

ボランティアや、他人からの頼まれごとを引き受けるなど自分の暇な時間を他人のために使うのも良いものですよ。

身体は疲れるかもしれませんが「ありがとう」と感謝して貰えると心が晴れ晴れとして気持ち良い気分になる事でしょう。

他者との繋がりをつくる

暇な時間を自分1人で完結するのも良いですが、他人に関わる事で繋がりができます。

この繋がりが日常に新たな縁を結んだり意外な発見を呼ぶかもしれません。

マンネリ化した日常に刺激が足りないと感じるのならば、積極的に他人との交流を持つと良いでしょう。

暇な時間を使って他人の役に立った上に、他者との繋がりができれば一石二鳥と言えるでしょう。

善行はいつか自分に返ってくる

自分が本当に辛い時、手を差し伸べてくれる人はいますか?

自分が行った善行というのは、いつか必ず何らかの形で返ってくるものなのです。

それは10分後かもしれないし、明日かもしれないし、10年後かもしれません。

しかし暇な時間を使って善行を積めるのならばそれほど有意義な事はないでしょう。

他人のために労力を使うのですから、多少の見返りを求めたくなるのは当然の事です。

いつか自分が困った時に手を差し伸べて貰えるように、暇な時間に困った人に手を差し伸べるのも良いですね。

3.自分が本当にしたいことを見つける

暇な時間を本当にしたい事で埋められるのならば、それはもはや「暇な時間」とは呼べないのかもしれませんね。

しかし、本当に自分のしたい事を理解できている人はどれ位いるのでしょうか?

あなたは自分が本当にしたい事が何なのか理解していますか?

暇な時間を使って、自分が本当にしたいことを見つけられれば今後暇な時間を有意義に使えるようになりますよ。

ゲームや動画はずっとはできない

ゲームをしたり動画を見たりと、日常生活の中では中々満足いくまで出来ない事もあるでしょう。

しかし、ゲーム止動画はずっとはやり続けられないものです。

そのゲームや動画は持て余した時間を埋めるためのものではありませんか?

本当にゲームや動画をやりたいのでしょうか?

暇な時間にやり続けられないものは、実はあなはが本当にやりたかった事ではないのかもしれませんよ。

とにかく色々やってみる

自分が本当にしたいことを見つけるのは難しいものです。

暇な時間を使って自分のやりたい事を色々考えてみるのも良いでしょうが、まずは思いつく事を手当たり次第やってみてはどうでしょうか?

その中に時間を忘れて没頭できるものがあれば、それはあなたが本当にしたいことだったのかもしれませんよ。

4.することリストを書く

自分のしたいことが明確ではない場合、することリストを書いてみるのも暇な時間を有意義に過ごすことに繋がります。

自分のしたいことや、やらなければいけないことを可視化する事で自分が何を求めているのかが明確に見えてきますよ。

また、出来る出来ないを別にして自分のしたいことを書き出していくとワクワクしてくる事でしょう。

そんな心躍る時間を過ごすだけでも、暇な時間を有意義に過ごせている事になりますよ。

自分のしてみたいこと経験に繋がる事柄を書いてみる

することリストの中に、してみたいことや経験してみたいことに繋がることも書いてみましょう。

することリストは今現在出来ることに限らなくても構わないのです。

暇な時間を使って未来への展望を思い描く事で、自分が今やりたい事に限らず、今後どんな風に生きて行きたいかが見えてくるかもしれません。

暇な日の一日をリストを書くことにあてるのも良い

することリストはもちろん暇な日を有意義に過ごすためのものですが、暇な日を「することリストを書く」という事だけに費やすのも良いのではないでしょうか?

することリストを書くというのは、過去・現在・未来の全ての自分と向き合って行動すべき事を可視化する事です。

そこまで真摯に自分と向き合う事が普段あるでしょうか?

暇な一日を自分と向き合う事に費やす意味ですることリストを書いても良いですね。

5.することリストに優先順位をつける

せっかくすることリストを書いたのなら、そのリストを有意義に活用していきましょう。

することリストを書いたなら、今度はそのリストに優先順位をつけていきます。

今、自分に必要なことのリストや、自分がやりたいと思うことリスト、◯年後までにやることリストなど、様々なリストを作るのも良いかもしれませんね。

自分のしたいことに順位を付ける

することリストの中でも、特に自分の楽しさや希望を重視して「したいことリスト」を作ると自分が本当にやりたい事が見えてきますよ。

暇な日には、基本的に「することリスト」から消化していきましょう。

することリストを消化していく中での息抜きとしてらリフレッシュとして「したいことリスト」を活用すると良いバランスで、したい事とやらなければいけない事を消化していけますよ。

6.経験する

どうれほど膨大な知識を得た所で、経験に勝るものではありません。

経験するというのは何よりの知識となり知恵となります。

また、新しい経験を得るという刺激は「新たな経験をしたい」という気持ちを更に刺激して自分自身を活動的にしてくれるのです。

暇な時間を有意義で充実した時間に変えたいのであれば、新たな経験を探して外に出てみると良いでしょう。

したことのないものを経験する

あなたは今まで経験した事のない事がどのくらいありますか?

きっと数えきれない位ある事でしょう。

一般常識的な事を除けば、世の中の事柄の大半は経験していない事であるとも言えますよね。

それ位に、世界には未知の経験が溢れているのです。

漠然としているし、何から始めてみようか迷うかもしれませんが、まずは自分の興味を引いたものから何でも挑戦してみるのが良いでしょう。

レジャー雑誌を読んでみるのがおすすめ

レジャー雑誌を読んでみると「へぇ、こんな体験ができるのか」という意外な経験をできる施設の情報がたくさん載っていますし、季節によって特集されている事も多いですよね。

何もない所から未知の体験を探すのはとても難しいですが、レジャー雑誌を見て見ればあなたの興味をひく体験がキット見つかる筈ですよ。

7.熱意を注げるものを見つける

暇な時間を有意義に過ごすには、その時間に熱中できて尚且つ自分にとって有益になるものを見つけなければいけませんね。

自分が熱意を注げるようなものを見つける事ができれば暇な時間なんてなくなり、全ての時間が有意義になる事でしょう。

熱意を注げるものは、何でも構いません。

趣味の事でも仕事の事でも、あなたが心から「やりたい」と思えるものであれば、深く集中して取り組む事ができるでしょう。

自分にプラスになるもの

熱意を注げるものが自分にプラスになるものなのであれば、より有益で満足感も持てる事でしょう。

例えば料理好きな人がパン作りに夢中になった場合、美味しいパンを焼くために色々と研究した結果、あなたのお腹を満たしてくれるパンができあがる事でしょう。

また、資格取得に熱中した場合、最終的には資格取得がゴールとなりあなたのプラスになりますね。

このようにあなたの糧になる事であれば、より深く熱中できるのではないでしょうか?

8.友好関係を築く


暇な時間を1人で過ごす選択肢もありますが、誰かと一緒に過ごす事で有意義にする事もできますね。

他人と過ごす事で新たな出会いや縁を結んでいく事で、自分の世界が大きく広がり更に有意義な時間を過ごす事のできるきっかけが生まれるかもしれません。

一人きりの完結した世界にはどうしても限界があります。

他人と交わる事で、あなたの世界はもっともっと大きくなるのです。

人との繋がりは大事

人は1人では生きることができません。

どんなに1人で生きている気でいても、他人に支えられて、他人と関わって生きているものなのです。

他人との繋がりをしっかりと結んでおく事で、いつか救われる事があるでしょう。

暇な日を、そんな人との繋がりをキープするための一日に使ってみてはどうですか?

親しい相手や、暫く連絡をとっていなかった人に連絡をとってみてお茶をしたり、顔を見て話しをしてみるのもおすすめですよ。

新しい出会いを求める

限られた人間関係の中に限定してしまうと、自分の成長は妨げられてしまいます。

様々な人と知り合い、その人の感性に触れる事で自分が成長できる部分はとても大きいものですよ。

自分の成長のためにも新しい出会いを求めてみるのはいかがですか?

人付き合いを億劫なものと決めつけずに地域の集まりやサークルに参加してみるなど、普段とは違う行動を選ぶ事で新しい出会いが見つかるかもしれません。

9.本を読む

普段の生活の中でたくさんの人と関わり「何だか疲れたなぁ」と思っているようなのであれば、暇な時間を使って本を読むのが良いかもしれませんね。

本の世界とは自分だけの世界であるとも言えます。

文章から想像できる世界を思いながら1人の時間を満喫する事ができますよね。

静かな部屋で、好きな飲み物やお菓子を摘まみながら本の世界に没頭してみれば時間はあっという間に過ぎてしまいます。

本を読み終わって表紙を閉じた時、暇だった一日が充実した有意義な一日に変わっている筈ですよ。

知識を蓄える

本の内容によっては、今まで知らなかった事や勘違いしていた事など様々な知識を得る事ができるものもあるでしょう。

人間は今まで、本を使って知識を伝え、学んできたものです。

暇な一日に本を読むというのは、自分自身をスキルアップや知識を蓄える事にも繋がる有意義な行為なのです。

一見すると、何の知識も得られなさそうな恋愛小説なんかも人の心情を言葉で表す方法など、視点を変えれば様々な情報で溢れているものです。

「知識を得られるかどうか」ではなく「知識を得ようとする姿勢」で本を読むという事が重要ですね。

絵本などでも

子どもの頃、カラフルで心躍るようなイラストがたくさん描かれた絵本を読んで貰った記憶はありませんか?

本を読むといっても、何も小難しい小説や活字のたくさん並んだ本でなくてはいけないという決まりはないのです。

童心に帰って、子どもの時に好きだった絵本などを読んでみると「こんな結末だったっけ?」「この表現だと、こんな風にも受け取れる気がする」など、子どもの頃には思いつきもしなかった視点で物語を楽しめるかもしれませんよ。

図書館やブックカフェを利用する

本を読むというと、ついつい家で1人閉じこもってひたすら寡黙に本を読み続けるイメージが強いですが、そんな事はありません。

環境を変えて本を読んでみると新たな捉え方ができたり、新たな出会いがあるかもしれませんよ。

図書館やブックカフェを利用して本を読めば、気分転換にもなりますし同じ作家が好きな人と出会えたり自分の読んでいる本について話し合える人がいるかもしれません。

更に図書館なら無料で利用できるのも有難いポイントですよね。

10.運動をする

運動をすると身体は一見、疲労するかのように見えますが日常的な疲労や仕事での疲労と違い、身体の凝り固まった筋肉が解れ回復した時にはもとよりもずっと良い状態で回復してくれます。

暇な一日を使って運動をするのは、マッサージなどで身体を解すよりもずっと効果が高いのです。

また、心拍数が上がる事で身体の隅々まで血液が行き渡り、身体の内部から働きがよくなっていくのが実感できる筈です。

現代人の中で十分に日頃から運動が出来ている人はほんの一握りしかいません。

暇な一日を使って、日ごろの運動不足を解消しましょう。

心身共にリフレッシュ

運動をする事で、脳も活発に動くようになり前向きに明るい気持ちになるホルモンが分泌される事が分かっています。

運動をするという事は、身体だけでなく心もリフレッシュし元気にしてくれるのです。

またチームで行うようなスポーツなら、他人とのコミュニケーションも取れて尚更良いですよね。

日々の生活で嫌な事や億劫な事があれば、暇な時間ができた時に積極的に身体っを動かしてスポーツをすると気持ちも前向きに切り替える事ができますよ。

ジムやヨガスクールなどもおすすめ

運動をするためにジムやスクールに通うのも良いでしょう。

特に、最近はフィットネスジムに通うのが一般化してきて、OLや主婦など様々な年齢層の人が多く利用していますよね。

ジムで運動をすれば、最新鋭のマシーンを使って効率よく運動をする事ができます。

また、ヨガやピラティス、エアロビクスなどのスクールに通えば複数人で先生の指導を受けながら身体を動かす事ができますよ。

暇人が時間を有効に使えていない行動とは?

暇を持て余してしまっている人を「暇人」と呼びますが、そんな暇人が時間を有効に使えないのには何か理由があるのでしょうか?

時間を有効に使えない暇人がやりがちな、時間の無駄遣い行動をご紹介していきます。

時間をもてあます

そもそも暇人は、暇な時間を持て余してしまっています。

暇な時間ができたにも関らず「何かをしよう」という発想がなかなか浮かばずにひたすら「暇だなー」と呟き続ける人も少なくはない筈です。

そもそも現代社会に生きていて、やらなければならない事が一つも無い人なんて存在しません。

皆さんいつも何かしら「やらなければいけない事」がある筈なのです。

それから目を逸らして時間を持て余している人が暇人と呼ばれてしまうのですね。

ぼーっとしている時間が多い

時間をもてあましてしまう暇人にとても多いのが、ぼーっとしている何もしていない時間です。

確かに、そういった何もしない時間を過ごしたくなる時があるかもしれません。

しかし、暇人の場合はこのぼーっとしている時間が異常に長いのです。

酷い人だと「丸一日ぼーっとしていた」なんて人も居る位です。

後悔する過ごし方をしてしまう

時間をもてあます人は、無駄な事に無駄な時間を使いがちです。

例えば、何気なく始めた特にハマってもいないスマホゲームを「もう少ししたら止めよう」と言いながら、一日中し続けてしまったりするのです。

その結果、一日が終わった時に「何て無駄な時間を過ごしてしまったんだ」と激しく後悔してしまうのです。

意味の無い行動をする

暇人の中には意味の無い行動で時間を無駄にしてしまう人も少なくありません。

意味の無い行動すべてが悪いとは思いませんが、やって後悔する時間の使い方だったならば、それは間違いなく無駄です。

ひたすら壁のシミを数え続けたり、何の意味もなくスマホを眺めてみたりと頭の中では「これが終わったら、やらなければいけない事をしよう」と思って行動している事には大抵意味がないのです。

何にも繋がらない行動

行動する時には「それを続ける事で、何かに繋がるのか?」を考える事が大切です。

掃除をすれば部屋が綺麗になるし、買い物に行けば欲しかった物が手に入りますよね。

しかし、意味の無い行動をした所で自分が何かを得たり何かに繋がる事が何もないのです。

寧ろ一日が終わってしまった時に、有意義な時間を過ごせなかった後悔とやらなければいけなかった事が残るだけなので、何にも繋がらない意味の無い行動をしても後悔が残るだけと言えますね。

人の悪口や嫌みを言う

せっかく、自分のために使える暇な時間ができたにも関らず人の悪口や嫌味を言うのは、とても無駄な時間の使い方と言っても良いでしょう。

人の悪口や嫌味を言っている時というのは、スッキリして一見ストレス解消できているように思えるかもしれません。

しかし、悪口や嫌味を言った所で、自分の生活の何かが変わる事も無いしあなたが得る物は何もないでしょう。

寧ろ、一緒に悪口を言い合っている人に「この人は人の悪口を言う人だから、自分もあまり信用しないでおこう」と悪い評価を植え付けているだけなのです。

相手の悪口や嫌みを言う時間が多い

他人の悪地や嫌味を言う時間が多くなると、あなたの心はその時間と比例して貧しくなっていきます。

悪口を言っている時の顔は醜く歪んでいますし、あなたにとってメリットは何も無いと言っても良いかもしれません。

相手の悪口や嫌みを言って一日を過ごした後に充実感など訪れないのです。

暇人はそんな無駄で寧ろ悪影響を及ぼす時間の使い方をしてしまいがちという事ですね。

他人に迷惑をかける

暇人の特徴の中でも絶対にやってはいけないのが他人に迷惑をかける事です。

これは、自分が意識して他人に迷惑をかけている場合と無意識の内に他人に迷惑をかけてしまっている場合があります。

自分が暇を持てあますだけならまだしも、他人に迷惑をかけてしまうのは言語同断でしょう。

特に多いのが、自分が無駄に行っていた行動が他人にとっての迷惑になっていたというパターンです。

何も生まない所や、他人にとってのマイナスをうんでしまってはただの厄介者になってしまいます。

これらは大きなトラブルを生み出してしまう事もあるので自分を顧みて他人に迷惑をかけていないか確認した方が良いでしょう。

自分のしたことで他人の時間を奪う

あなたの時間を持て余した行動で他人の時間を奪ってしまうのは、とても迷惑な行為です。

例えば、約束を忘れていてすっぽかしてしまった。

連絡もとれない状態だった。

あなたは、何も動いていないのでマイナスは無いかもしれない。

しかしあなたと約束していた相手は用意をして待っていた訳です。

自分1人が暇なだけでなく、他人の時間まで無駄にしてしまう行為は信用を大きく無くしてしまう行為であると肝に銘じておいた方が良いですね。

暇人におすすめ!休日を有意義に過ごせるスポット

暇な時間を有意義に過ごしたいと思いつつ、何をすれば良い?どこに行けば良い?と思っている人は多い事でしょう。

そこで、暇人におすすめしたい休日を有意義に過ごせるスポットをご紹介していきます。

美術館

調べてみると、様々な美術館がああるものです。

また、美術館によって催し物が違っていたりもしますよね。

絵画の良さなんて分からないという人でも、一度足を運んでみれば静かで凛とした美術館の澄んだ空気に感化される筈です。

漫画家やアーティストの個展もオススメ

美術館は何だか、敷居が高いという人は街中のスペースで行われている漫画家やアーティストの個展に足を運んでみるのはいかがでしょうか?

漫画家の個展なら複製原画や、実際に執筆している漫画原稿が見れますし、アーティストの個展ならライブ衣装やプライベート写真なども見る事ができますよね。

美術館よりもカジュアルで足を運び易いですよ。

動物園

家族連れや、子どもを連れていくイメージが強い動物園ですが、大人だけで行ってみると様々な発見や体験をする事ができますよ。

普段あまり見る事のない大型動物をじっくり観察してみたり、写真を撮るのも良いでしょう。

動物園は敷地面積が広いので、知らず知らず良い運動になるのもおすすめしたい理由の一つです。

カルチャースクール

新しい趣味に出会いたいのならカルチャースクールの体験教室に足を運んでみるのがおすすめですよ。

特に体験教室は、その習い事の一番楽しい所をピックアップしているものなので楽しめる事間違い無しです。

習う気がなくとも、何が自分の興味に触れるかは分かりませんし体験だけでもしてみてはいかがでしょうか?

料理教室

近頃カルチャースクールで人気なのが、料理教室です。

老若男女問わず、料理のスキルというのはあって損する事がありませんし、美味しいご飯を食べられるという点でも魅力的ですよね。

また、料理初心者だけでなく西洋料理など珍しい料理の作り方を学べるという事でホームパーティが好きな主婦などにも人気なようですよ。

陶芸教室

感性が高い方や、感性を磨きたいという人に人気なのが陶芸教室です。

粘土を練る感触は独特でヒンヤリとしつつ柔らかな粘土は気持ち良くも感じますね。

手捻りやろくろなど手法にも様々なものがあり、奥が深いのでどっぷりとハマる事ができるのも陶芸の魅力の一つです。

焼きあがった陶器を使った料理や飲み物は一段と美味しく感じる事でしょう。

音楽教室

楽器を習うというと、子どもの習い事のイメージが強いですが大人になってから習う音楽も悪くないものですよ。

ピアノやエレクトーンなどのポピュラーなものをはじめ、大人だからこそバイオリンやトランペット、ドラムなんかを習ってみても良さそうですね。

習い事を通じて知り合った仲間とバンドを組んでみたりと様々な楽しみ方ができますよ。

映画館

特に趣味も無いという人にこそオススメなのが映画館です。

大画面で迫力のある映像を見れる映画館は、上映している映画も多種多様できっとあなたの興味を引くものがあるに違いありません。

ポップコーン片手に、何本か続けて映画を見るというツウな楽しみ方もおすすめですよ。

レディースデイやナイトシネマなどの割引の日を上手に使って映画館に行けば1000円前後のお得な金額で映画を見る事も出来ますよね。

ペットショップ

動物好きな人は暇な時間を使ってペットショップに足を運んでみてはいかがでしょうか?

ペットを飼っている人でも飼っていない人でも、様々なペット動物達を見ているとそれだけで心癒されます。

最新のペットグッズを見ていると面白くて時間を忘れてしまいますよ。

もしかしたら、家にお迎えしたいペットと運命の出会いがあるかもしれません。

スポーツセンター

様々なスポーツができるスポーツセンターなら、がっつり身体を動かすには最適です。

施設によってはプールや屋内外の競技ができる他、季節によってはスケートができるような所もありますよね。

1人では行きにくいイメージですが、意外と1人で行けば施設の人が同じように1人で来ている人を紹介してくれたりするので新しい知り合いを作る事もできますよ。

まとめ

暇な時間を有意義に過ごせたかどうかというのは、その一日が終わってからしか分からない事です。

その一日が終わった時に「今日は有意義な一日を過ごせたな」と思うのか「無駄な一日を過ごしてしまったな」と思うのかですね。

その一日は、もう二度と過ごす事の出来ない一日です。

「暇を持て余したな」「無駄な時間を過ごしたな」と後悔する事なく有意義な日々の過ごし方を見つけましょう。