若い頃は自分に似合うファッションや、流行のファッションを敏感に取り入れてオシャレを楽しんでいた。

という人も、中年になるとともに段々とファッションに力が入らなくなってきてしまって気付けばダサいおっさんになっていてという人も少なくないでしょう。

中年だからこそ、オシャレに気を使っているとカッコイイのですよ。

この記事では中年男性におすすめなファッションテクニックをご紹介していきます。

中年男性でもおしゃれになれる!?

若い頃は何を着ても似合って、それなりに決まっていたと。

でも、中年になってくると体型が緩み何を着てもしっくり来ないし、何を着れば良いのかすら分からないとい人も少なくないでしょう。

中には、中年だからあまりオシャレに気を使っていると若作りだと思われて恥ずかしいなんて思っている人もいますよね。

それは全て勘違いなのです。

年齢に応じたファッションはいくらでもある

洋服を着るというのは人間である限り、死ぬまで続ける事です。

だからこそ、そんな年齢でもその年齢に応じたファッションがちゃんと存在しているのです。

あなたが気付いていないだけで、中年には中年のファッションの流行があるのです。

年齢層の高いファッション誌もあるくらい

本屋さんで居一番目立つ所に置かれているのは若者向けのファッション誌かもしれません。

しかし、よく見れば年齢層の高いファッション誌もそのファッションジャンルに応じて様々な種類が刊行されているのです。

大人の男の雰囲気を醸せるのは今だけ!

中年だからこそ、ファッションに気を使っていく事で若い頃にはどう頑張っても出なかった大人の魅力を演出する事ができます。

服を変えるだけでは出ない大人の男の色気は年齢と主に醸し出されていくものなのです。

落ち着いたけど色褪せない色合いを出せる年頃!

若い頃と違い、流行だけを追いかけてばかりいるのではなく、自分自身のカラーをしっかりと見つけて、自分の長所をアピールできます。

それは、中年だからこその大人の余裕がなければできないものです。

今だからこそ出せる自分自身のカラーをファッションで主張して素敵な中年になってみませんか?

中年がファッションを諦めてしまう理由

中年になるとファッションに興味っを無くしてしまう人が大幅に増えるものです。

何故男性は中年になるとファッションを諦めてしまうのでしょうか?

結婚するとモテを意識しなくなる

男性は結婚すると、他の女性にモテる必要も無いという事からファッションが手抜きになってしまう日知男がとても多いのです。

結婚前は流行のファッションに身を包んでいた人でも結婚後は常にジャージやスウェットばかりという人も少なくありません。

奥さんはおしゃれして欲しいと思っている

結婚してオシャレを辞めた男性に限って「妻はありのままの自分を好きでいてくれる」なんて都合の良い事を言いがちですが、奥さんは実は「もっとオシャレして欲しい」と思っているのです。

中にはダサい中年男性となった夫と並んで歩くのが恥ずかしいという奥さんもいらっしゃいます。

中年太りをして着たい服が着れない

中年期になると、今までと同じ生活をしていてもお腹周りにぜい肉が付きやすくなってしまいます。

そのため、今まで着ていた服が着れなくなり「着たい服」から「着れる服」を選ぶようになってしまってオシャレを諦めてしまうのです。

オシャレをするとダイエットもモチベーションが上がる

人間は惰性に弱い生き物です。

着れる服ばかりを選んで着ている内は、ダイエットなど身が入らないものでしょう。

オシャレをして自分の体型を直視してこそ、着たい服をカッコよく着こなすためにダイエットのモチベーションが上がる物なのです。

他の趣味にお金をかけるようになる

メンズファッションはレディースファッションに比べると高額な物が多いですよね。

段々と新しい趣味にお金をかけるようになっていき、ファッションにお金をかけなくなった事からオシャレをやめてしまったという人も少なくないでしょう。

最近はプチプラも多い

近頃では海外製のファストファッションブランドなどが進出してきた事で、男性の洋服もおしゃれでプチプラなものが増えてきました。

中年にもなるとあまり安そうに見える物は敬遠したくなりますが、財布や時計などここぞという所にお金をかければそれなりに見えますよ。

髪が薄くなってオシャレが似合わない

中年男性の最も大きな悩みが、髪が薄くなってしまう事です。

髪が薄くなってしまう事で、自分のイメージと鏡の中の自分が一致せずに何を着ても似合わないと思ってオシャレを止めてしまう人はとても多いようです。

髪が薄くても似合うファッションは多い

中年に似合うファッションは、キャップや帽子などを上手に取り入れたものが多いです。

そのため、髪が薄くてもそれすらも大人の男の色気として演出できるファッションがたくさんあります。

思い切ってオシャレをしてみる事で、コンプレックスだった薄毛がチャームポイントになるかもしれませんよ。

中年男性におすすめなファッションテクニック8選

ここからはポイントを押さえるだけで、中年男性のファッションが決まりやすくなるファッションテクニックをご紹介していきます。

ポイントをしっかり押さえてオシャレを楽しんでみましょう。

1.カジュアルに大人っぽく


大人になると、あまりカジュアルにしてしまうと子どもっぽくなってしまう印象があります。

ですが、男性のカジュアルファッションはアウトドア要素が強いので、子どもっぽくなり過ぎる事なく中年男性でも取り入れる事ができます。

デニムやスニーカーなどのカジュアルアイテムを上手に使うのがポイントです。

体型に合ったデニムを履く

中年男性のカジュアルファッションで絶対にやってはいけないのがB系ファッション風になってしまう事です。

ダボダボのデニムや大きすぎるシャツなどは子どもっぽく若者特有のファッションと言っても良いでしょう。

大人のカジュアルファッションを楽しむには、しっかりと体型に合ったデニムを選ぶようにしましょう。

スニーカーはシンプルなデザインのものを

カジュアルファッションの醍醐味は小物での遊びですが、中年男性のカジュアルファッションは大人の余裕も作るべきです。

スニーカーを選ぶ時には、シンプルなデザインのもので黒か白を選ぶと、着回しもしやすく使い勝手が良いでしょう。

靴で遊び心を出すなら、革製など品質に拘ってみると大人っぽいオシャレができますよ。

ジャケットやカーディガンを上手く使う

中年男性のカジュアルファッションの強い味方がジャケットやカーディガンです。

トレーナーやパーカーだとカジュアル過ぎる時には、デニムにシンプルなジャケットやカーディガンを合わせるだけでグッとオシャレさが際立ちます。

モノトーンのジャケットは一枚必ず持っておきたいマストアイテムです。

2.シンプルだけどアクセントをつける

中年男性のファッションはシンプルにまとめるのが鉄則です。

あまりに色味を入れ過ぎたり形にこだわり過ぎると若作りになってしまうのでシンプルで無難なファッションを選びましょう。

しかし、それだけでは味気ないので小物を上手に取り入れてアクセントをつける事で周りが一目置くオシャレなファッションに仕上がりますよ。

シンプルなコーデでもアクセントの有無で違いが

白いTシャツにデニムを履いているシンプルなファッションでも、ネックレスをしていたりジャケットを持っていたりと、アクセントとなるものを取り入れているだけで印象が大きく変わります。

意外な物がアクセントになる事もあるので、様々なファッションアイテムをチェックしてみましょう。

ボディバックはアクセントになりやすい

身体にフィットするボディバックはファッションアイテムとしても秀逸で、シンプルなコーディネートのアクセントになりやすいのでいくつか種類があると良いですね。

特にボディバッグはシンプルなカラーよりも赤や青などビビットな色を選んでおくとファッションのアクセントになりやすいですよ。

レザーアクセサリーは大人の色気が出る

大人だからこそ似合うアクセサリーと言えば、レザーアクセサリーではないでしょうか?

シルバーやゴールドも良いですが、時間と共に色合いの変わるレザーアイテムは中年男性だからこそ大人の色気を演出してくれる秀逸なアクセントアイテムと言えます。

3.自分に合うようにうまく流行りを取り入れる


中年男性だからといって流行を全く無視して良いというものではありません。

流行も自分に合うようにうまく取り入れる事ができれば若者からも一目おかれるオシャレニスタになる事ふができますよ。

ただし、あくまで「自分に合うように」というのが鉄則になります。

似合わせが難しかったりする場合は無理に取り入れる必要はありません。

材質の流行は取り入れやすい

ファッションには様々な材質の流行があり、綿、ナイロン、ニット、ファー、レザーなどその種類は様々です。

材質な流行なら中年男性のファッションでも取り入れやすいので、自分の体型にあっている流行の材質を選ぶと良いでしょう。

自分に合うならトレンドを入れるのもアリ

流行と聞くと、どうしても若者のためのように思えてしまいますが、中年男性にも流行があります。

それらの流行は「自分に似合うかどうか」を第一に考えて取り入れるのがポイントですよ。

4.大人っぽさを残しつつ遊びを入れる

中年男性の魅力は大人っぽいという点にあります。

ファッションの基本は「大人っぽく仕上げる事」と言っても良いでしょう。

そして、それをよりオシャレに見せるのが「遊び」と呼ばれるチャームポイントを作る事です。

遊びを入れる事で大人っぽいファッションはグッと魅力的に仕上がりますよ。

大人っぽさのある遊びを入れることでおしゃれ度もアップ

大人っぽさを意識しつつファッションに遊びを取り入れる事で、どんな中年男性もおちゃめでオシャレな印象に仕上げる事ができます。

自分が何を着てもオシャレに仕上がらないな?と思う時には遊びが足りないのかもしれませんよ。

5.おしゃれの基本「おしゃれは足元から」

おしゃれは足元から、という言葉を聞いた事があるでしょうか?

どんなにハイセンスはファッションをしていても、靴がオシャレじゃないと全てを台無しにしてしまいます。

逆にそんなにシンプルなファッションでも靴がオシャレだとオシャレに見えるものなのです。

大人だからこそ、足元のオシャレには特に気を使いましょう。

靴に遊び心を持たす

大人のオシャレは靴に遊び心を持っているものが多く、ちょっと変わった形の靴を履いてみたり、変わった材質の靴を選んでみたりと様々な面でほんの少し個性的な靴を選ぶと一気にファッションが決まりやすくなります。

靴下を見落としがち

足元のオシャレで見落としがちなのが靴下です。

チラリとしか見えないものですが、ここに遊び心をもってこだわっているととてもオシャレに見えるものなのです。

靴下はチラリとしか見えない事もあって冒険しやすい所でもあります。

ピンクや柄ものなど、普段は選ばない色や柄の靴下を数種類持っているとオシャレの幅がグッと広がりますよ。

6.雰囲気の違うコーデの種類を持っておく

ファッションはTPOに合わせて変えるものです。

大人になると特にTPOをしっかりと使い分けられないといくらオシャレにしていても台無しです。

カジュアル、フォーマルの2パターン位のコーディネートは最低限必ず持っておきたいものですね。

いつも同じ雰囲気ではなく違うバージョンのコーデも試してみる

同じ雰囲気のものばかり着ていると、結局「自分にはこれしか似合わない」という固定概念を生んでしまいオシャレをサボりがちになってしまいます。

「これだ!」という似合うコーディネートを見つけたら、積極的に違う雰囲気のコーディネートも試してみましょう。

「自分に似合うのはコレ」と決めつけてしまわない事がオシャレにとってとても重要な事なのです。

同じコーディネートを連続で着ない

平日仕事をしているとオシャレするのは休日だけになるでしょう。

オシャレな服を着る頻度が低いと、一番のお気に入りコーディネートを何度も連続で来てしまうのが中年男性の悪い癖です。

同じコーディネートは連続で着ないようにして、様々なコーディネートお楽しむ事が中年男性のファッションセンスを磨く一番の近道なのです。

7.サイズを変えてみる

今着ている服のサイズをワンサイズ変えるとそれだけで雰囲気が全く変わったり、体形カバーされる部分が変わってきたりします。

気に入ったコーディネートがあれば、様々なサイズで着て見て自分を一番良く見せてくれるサイズ感を探してみましょう。

あえてオーバーなものを着てみるのもあり

ラフでカジュアルなファッションを楽しむならば、あえてオーバーサイズを選んでみるのも良いかもしれません。

ただし、オーバー過ぎると若作りに見えてしまったり、中年男性には似合わなかったりします。

特にオーバーサイズのファッションを探す時には、しっかりと試着をして店員さんにアドバイスをもらうのが良いですね。