学歴が無いと良い職業につけない…なんて思っていませんか?

学歴はあるに越したことはありませんが学歴があるというのは知識や実力がある事ではありません。学歴は肩書に過ぎないのです。

今回は学歴が無くて悩んでいる人は必見の内容です

学歴がなくても成り上がれる6個の職業!ほとんどが実力の世界?

学歴が無くて就職できない…良い職業につく事が出来ない…なんて悩んでいる人いませんか?
学歴がある人の方が良い職業に就職できて成功している人が多いように思えますが実際のところはどうなのでしょうか?

日本にある会社経営者に注目してみますと経営者は高学歴のやり手社長も多いのですがそれ以上に高卒や中卒の経営者の多いのです。

当然学歴がある人の方が周囲からの評価が高い為様々な取り引きの場でも信用度は高くなります。

しかし、学歴がないというだけで門前払いするような取引先は今後お付き合いするうえではデメリットとなる可能性の高い企業となります。

事前にデメリットとなるお付き合いを除去できるのは良いことなのですが逆に高学歴者間でしか共有しないとても大きなメリットのあるお話を共有してくれないなどのデメリットも少なからず存在します。

しかし乍らコレは学歴があるなしに関わらず世の中には数多くの不平等や理不尽な事が多く存在しています。

額気がある人も無い人もどちらも同様にこの不平等さは味わっています。

この不平等で理不尽な状況にも対応できる対応力や経験などが本当の意味で世の中を幸せに渡り歩くためには必要な力になります。

学歴などの肩書はあくまでその人を評価するための指針でしかありません。

高学歴の人は学歴が無い人よりも学校で得る知識などがあるのかもしれませんが学歴が無くても十分な知識と実力に経験がある人も沢山います。

減税ではインターネットもありますので専門的な知識は豊富に学ぶ機会があります。

書籍や詳しい人に聞くなどして自分が興味のある事や好きなことは誰に言われるでもなくもっと知りたいと学びますよね。

特に専門的な知識になればなるほど学校で学ぶ基礎的な知識よりも現場での経験や実績などより深い知識や実力を持っている人は沢山います。

求人段階で必要な学歴を設けている企業は多いのですが、コレは仕方のない事なのです。

不特定多数の無知な人から選別して必要な人材を募集した人から確保するより最初の募集段階である程度実力がある人だけを集めることができますよね。

この募集項目はあくまでもこのレベルの人材が欲しいですと言う意味となり募集要項を満たさない場合でも実力や知識、経験など自分のアピール次第では募集要項の学歴を満たしていなくても採用されるケースもあります。

但し、資格などは別になります。

資格が無いとできないお仕事などもありますので必要な資格がある場合は取得してから望んで下さいね。

少々長くなってしまいましたが、学歴が無くても成り上がれる完全実力主義の職業をいくつかご紹介していきますね。

1.クリエイター


クリエイターは学歴なんて必要ありませんね。

学歴はあったに越したことはありませんが無くても問題はありません。

クリエイターに必要な事は創造性(想像性)です。

身の回りにある物や音など様々な環境から創造(想像)する力が必要不可欠です。

完全に自分自身の実力だけで評価されます。

学歴では無くクリエイトされたものなどから評価をされますのでどこまで求めるのかが重要ですね。

クリエイターを目指す人はこれからご紹介する事を必ず満たして下さい。

数多くの分野で活躍できるクリエイターはそれぞれその分野での専門性はもちろんなのですが共通する成功するための必須条件があります。

センスがある人が上へと上がれる

センスある人は実力次第で上へとなり上がる事はできます。

但し、センスがあるだけでは難しいかもしれません。

センスはあるのだけれど何かを創る事が出来ない創造性がないクリエイターでは成り上がる事はできません。

この場合は創造性のある人と組んであなたのセンスを活かして想像してくれるクリエイターと共に成り上がる方法が良いですね。

この場合はあなたのセンスだけを盗まれてしまう危険性がありますので必ずクリエイターになる場合はこの創造性を身につけて下さい。

一朝一夕では身につくことはありませんがセンスがあるあなたなら必ずあなたらしさを創造する事が出来ます。

基本をまずは学んで下さい。

クリエイターによっては基本では無くあなたらしさが必要なんて言う人もいますが、正しくもあり間違ってもいます。

どういうことかと言いますと、基本がしっかり身についていた上でのあなたらしさが重要という事です。

例えば基本を全く知らない人があなたらしさだけで創造をしたとします。

センス良くまとまり周囲からも評価され成り上がったとします。

次に依頼されたお仕事で基本を知らない為相手が何を言っているのか分からずまた自分のセンスだけで創造をしたとします。

この場合相手の求めるモノとかけ離れたモノになってしまいお仕事はキャンセルとなってしまいます。

場合によっては違約金なども発生してしまいます。

基本的な事を学んでいないとこの様な事が起こってしまうのです。

基本的な基礎がしっかりしている人はその基本の形をくずして型を崩すことができあなたのセンスで更なる高みへと創造させることができます。

しかし基本的な基礎の形を知らないままあなたのセンスだけで創造したモノは形無しのモノとなってしまいます。

くずす型が無いので当たり前の結果ですね。

基本があってこその型崩しからのオリジナリティです。

ただ、稀に本当の天才はこの型を自分で作ってしまうクリエイターもいるのは事実です。

この場合はかなりの実力と誰にも染まらない強い芯に自分のオリジナリティを持っている人になります。

他の作品からの影響や真似、参考などは一切しません。

全てがオリジナルで独創的な創造性が必要です。

この為どの型にもはまることなくオリジナルの型として認識されあなた自身がオリジナルの型となるのです。

この作品良いな、コレお洒落だよねなんて思ってしまう人はこのオリジナルの型を作るクリエイターにはなる事はできません。

自分以外の型は肯定も否定もしないのです。

この感性を持っている人はオリジナルの型を作れる人になります。

コレはクリエイターに限ったことではありません。

オリジナルの型を作れる素質を持っている人はその実力の使い方を開花させることが出来ればどの分野でも成り上がり成功する事が出来ます。

オリジナルの型を作れる実力がある人は意外と多いですがその実力を発揮できる場所や開花させる機会は残念ながら現在の日本ではかなり少ないかと思います。

人と違う感性やオリジナリティは「変わった人」「変な人」「協調性が無い人」「言われた事ができない人」等々とっても住みにくい世の中になってしまっています。

コレが先にお話しした基本を学ぶという事です。

これを踏まえてオリジナリティについてお話をさせて頂きますね。

オリジナリティがあるかどうか

オリジナリティがある事はとても大切です。

クリエイターになる為には当たり前の必須条件として上手に創る事があります。

クリエイターなら一般的に上手に創るのは当たり前なのです。

上手に創れるから、手先が器用だからという理由でクリエイターになる事はおすすめしません。

成功して成り上がれる可能性がかなり低いです。

クリエイターとして当たり前の条件を持っているというだけです。

クリエイターとして成功するためにはこの必須条件と共にオリジナリティが必要になります。

この作品はあの人の作品だと分かるオリジナリティが必要なのです。

これ上手だよねって言うだけではダメなのです。

当たり前のことなのですがから…
この当たり前の基礎を学ぶことが先にもお話をさせて頂きましたオリジナリティには必ず必要なことになります。

この基礎となる基本も今あなたが知っている基本はほんの一部にしかすぎません。

基本的な常識もあなたの中の常識以外に社会の常識、会社の常識、職種の常識、友達間での常識など様々な常識と言われる事がありますよね。

例えば日本ではタクシーを止める際に手を上げてタクシーって止めますよね。

しかしこの方法をドイツで行うと…最大限の侮辱となり場合によっては殴られたとしても仕方ありません。

タクシーを止める際にはグッドボタンのようにして留めなければいけませんよね。

この様に日本での常識(基本)とドイツでの常識(基本)は異なります。

この基本を知らなければとんでもないトラブルになってしまいます。

必ず基本を学ぶことを最優先として基本があって知っているのを前提としたオリジナルが重要になります。

この常識をまずは学んでその場の基本の型を身につけて下さい。

この型を基本にあなたのオリジナリティでくずして新しく創造して実力を発揮して下さい。

成功した時にこの基本を身につけていることがどんなに良い事なのかが必ず分かります。

基本を知らずに成功した場合は長続きしません。

基本を知っている人はオリジナルから基本に戻してさらに新しいオリジナリティを要望に合わせて組み替えることができます。

基本を知らない人はオリジナルで成功したモノから組み換えとなりますので基本とはかけ離れた作品になってしまう事もあります。

コレが受け入れられれば良いのですがナニコレ?何がしたかったの?なんて状況にもなりかねません。

そもそもの基本が無い人は成功する機会をみすみす逃してしまうのです。

まずは基本的な事から学んであなたらしさを追求することが大切です。

オリジナリティを履き違えてはいけません。

基本からの型崩しであり形無しはオリジナリティでは無いのです。

2.スポーツ選手


スポーツ選手はその実力が物を言う職業ですね。

この職業も学歴があった方が良い場合もありますが学校で習う事よりも現場での経験や体験、知識の方が有益な場合が多いです。

この為学校へ行く時間よりもそのスポーツに携わっている時間が長く吸収する姿勢がある人ほどむいている職業になります。

スポーツ選手として成り上がる為には実績を作って活躍しなければいけません。

練習でどれだけ上手で活躍したとしても本番で活躍しなければ実績はゼロです。

これではスポーツ選手としては致命傷で職業として成り立たなくなってしまいます。

本番でいかに活躍できるのかがスポーツ選手では最も重要な事なのです。

言い換えると、練習や他の場所でどれだけへたくそでどうしようも無くても本番で実力を発揮して結果として成績などを残す事が出来ればスポーツ選手として成り上がる事が出来るのです。

例え他の選手のおこぼれでの活躍だとしても本番で活躍できればそれで良いのです。

おこぼれを拾える位置にいることが実力でもあります。

練習や周りを見ているからこそその位置に自分がいる事が出来たのです。

意識的にでも無意識にでも構いません。

本番での実績と結果が物を言う世界です。

実力はあるに越したことはありませんが実力がない…という理由だけではスポーツ選手を諦める理由になりませんよ。

実力っていったい何なのか詳しくご紹介しますね。

実力があればプロに

実力があれば当然プロになれますがこの実力っていったい何なのでしょうか?
実力とはそのスポーツを上手にプレイできる事…なんて思ってしまいますよね。

はじめてやった時から上手にプレイできる人もいればあまり上手にプレイできない人まで様々だと思います。

この最初から上手にできる人が実力のある人と勘違いをしてしまうのですが実はそうではないのです。

最初は上手にプレイできない人でも実力のあるスポーツ選手になることができます。

実力…ムズカシイですよね。

スポーツ選手に必要な実力とは先にお話させて頂きました本番での活躍と実績など結果を出せることが実力と言っても良いですね。

ということは最初上手にプレイできない人でもその後の練習や取り組み方法によってグングン成長する事が出来ますよね。

なんなら、最初から上手に出来る人には理解できない難しいプレイは何なのかが分かりますので相手の心理を突く事も出来ます。

上手に出来ていない人はそのことを克服するために多くの練習や考えを巡らせます。

このことも本番での一瞬の判断の手助けにもなります。

上手に出来ない人だからこそできるプレイ方法があるのです。

上手に出来ないからこそ相手のウィークポイントも分かりそこをつく事も出来ます。

逆に相手に自分が克服したプレイをわざと苦手に見せて誘うこともできます。

最初から上手な人よりも多彩なプレイ方法が出来るのは明確ですよね。

この為には当然かなりの練習量と苦手を克服するための知識と経験に対応力、応用力など様々な専門的な事が必要となります。

これをやってのける事が出来るのはそのスポーツが好きという事が一番のポイントになります。

好きなことは周囲からすると辛そうに思える事でも楽しくプレイする事が出来ます。

好きこそものの…ってやつですね。

しかし、この成功者の基本を無視して成り上がる人も稀にいます。

稀代の天才などと呼ばれている人達ですね。

中にはとんでもない練習量の人もいますがその練習量を彼らは普通に思ってしまっていることが天才になりますね。

普通どころかその練習自体を楽しんでいる人もいるぐらいです。

練習がキツイなんて思っている人は到底太刀打ちできません。

楽しむことが出来るかどうか、好きかどうかが最も重要なのです。

この中でもほんの一握りいるかいないか位なのですが、何もしなくても目を見張るプレイを出来てしまう天才も存在していますけどね。

3.YouTuber

Youtuberは学歴など無くても誰でもなる事が出来る職業ではあります。

しかし、Youtuberとして稼ぐためには現在結構ハードルが高くはなっています。

Youtuberがまだそこまで話題になっていないころや話題になり始めたころでしたら誰でも簡単に稼ぐ事は出来ましたが現在は稼げるようになるまでにいくつかの条件を満たさなくてはいけません。

2019年2月現在でのYoutubeで稼ぐための条件をご紹介していきますね。

まずはYoutubeに動画を投稿しなければ話になりませんよね。

動画をアップロードするためにはアカウントなどを取って動画を撮影して(必要であれば編集)が必要ですね。

この後に自分の動画チャンネルのチャンネル登録者数が1000人以上必要です。

この他にも視聴時間の条件がありますがチャンネル登録者数を満たしている場合はこの視聴時間は自ずと満たしている条件ですので気にする必要はありません。

稼ぐためのYoutubeでの条件はこれだけですね。

他には動画投稿などの際の版権など基本的な規則を守って頂くということは当たり前ですね。

ここまでがYoutubeの稼ぐための条件なのですがこれだけでは稼ぐ事はできません。

Youtubeに広告を載せて稼ぐためには自分独自のサイトを作ってアドセンスアカウントを取得しなければいけません。

このアドセンスを取得したのちYoutubeではじめて稼ぐことができます。

ただ…この条件を満たしたとしても稼げるようになっただけで職業として稼げるかどうかは動画の質や如何に視聴者を惹きつけるかになります。

ライブなどを上手に活用してスーパーチャットなどを利用しても良いですね。

ナイスパなんてね。

今話題の職業も学歴関係なし!

Youtuberは職歴や学歴に年齢など一切関係ありません。

誰でも話題のYoutuberになることができます。

自分の顔は出したくない、声も出したくない…そんな人でもYoutuberになることもできます。

動画の形態や種類などは豊富にあります。

自分が好きなジャンルで勝負する事が出来ます。

好きなことを一緒に視聴しあの人と共有する事も出来ますね。

SNSなどを既におこなっていてフォロワーも多い人ならYoutuberになった場合に成功する確率も高いですのでお勧めですね。

職歴や学歴よりもSNSでのフォロワー数や話題性が重要な職業です。

話題のVtuberにも誰だってなれますよ。

世間の話題の中心となる事だって夢ではない職業ですね。

いかに人を惹き付けることができるのかが鍵

Youtuberとして稼ぐためには多くの視聴者を確保して見て頂かないことには稼ぐ事はできません。

この為には如何に人を惹きつけ興味を持たせるのかが重要となります。

SNSですでに多くのフォロワーを獲得している人はSNSと共通の話題で投稿する事で多くの人を惹きつけることができますね。

場合によっては急にバズって1個の動画で今までの職業の年収を稼いでしまうなんて夢のようなこともあります。

まだまだ進化し続けるネット社会の職業で誰でも簡単に挑戦できる職業です。

Youtuberになってから学ぶことも多いかと思いますがまずは楽しみながら副業として初めて見るのも良いかもですね。

副業がいずれ本業になる可能性がある可能性に満ち溢れた職業です。

ちなみに動画投稿をして稼ぐ方法はYoutube以外でも沢山ありますので
Youtubeは苦手だななんて思っている人は他の動画投稿を職業にしても良いかもですね。

4.介護職

介護職は学歴が必要な所もありますが基本的には学歴というよりも資格を優先しています。

介護士や介護福祉士の資格が必要になります。

他にも必要な資格はありますが就職してから資格を取得しても間に合います。

必要なことは介護の仕事が好きなのかどうかです。

これが最も重要なことで逆にこれさえあればあとは就職してからでも何とでもなります。

知識も必要だが相手の気遣いができるかどうか

専門的な知識はもちろん必要なのですが相手に対してどれだけの配慮と気遣いが出来るのかが最も重要となります。

自分がやりやすい方法などでは無く相手がどうして欲しいのか理解して相手の立場になって考えられる力が最も重要です。

専門的な知識や資格は後々勉強する事で身につきますが相手の事を思いやる気持ちは一朝一夕では養われません。

今まで生きてきた経験が重要になります。

今前相手の事を考えるよりもまずは自分の事を考えてきたという人は他のお仕事をおすすめします。

介護職はかなりの重労働で人対人のお仕事です。

自分の事ばかり考えている人では到底勤まりません。

逆に専門的な知識がない人でも相手を思いやる気持ちと介護職について学びたいという意欲があれば学歴や資格など無くても成り上がっていける職業です。

知識問わずで成り上がることができる職業の1つ!

専門職ではありますが働きながらでも学ぶことのできる誰でもやる気と相手を思う思いやりと気配りが出来る人ならばドンドン成り上がっていける職業の1つです。

働くために資格が必要なところも勿論ありますが資格が無くても働きながら資格取得を目指す事が出来る現場も必ずあります。

資格を持っていなくて専門的な知識もない…でも介護職に就いて学んでいきたい。

気遣いや心配りは得意なんて人はかなり向いている職業です。

学歴なんて関係ありませんね。

5.不動産

不動産関係の職業は学歴は必要としません。

学歴は必要ありませんが不動産取引を業とする場合には専門的な資格が必要とされます。

しかし、専門的な資格を持っていなくても働きながら学んで資格取得を目指すことができます。

学歴があると津売りになる場合も当然あります。

不動産取引を業としていますので取引相手と同じ大学など相手との共通点があると取引を成功させやすくなります。

高学歴であればある程高収入になっている可能性が高い日本では高額不動産取引の際に高学歴であることが優位になる可能性はあります。

が…高学歴で無くとも大丈夫です。

先にお話させて頂きました共通の何かがあれば良いのです。

コレは豊富な経験や体験が最も有効な取り引きポイントになります。

相手と共通する何かを話術や仕草、持っているものなど様々な角度から判断して共感させるテクニックが最も重要です。

簡単に言うと観察力こそが不動産取引において最も重要な要素になります。

詳しくは後の営業力にてお話させて頂きますね。

資格があると有利になれる

不動産系の職種は学歴や資格が無くても働くことはできますが不動産取引をするためには専門的な資格例えば宅建等の資格がかなり重要となってきます。

資格が無いといくら営業や取引相手を見つけて成功させても資格取得者のサポートにしかなりません。

自分が成功させた案件も資格がないというだけで他の人にて柄を取られてしまう場合がるのです。

この為成り上がってより多くの稼ぎを出すためには必ず専門的な資格を取得して下さい。

不動産の職種についた場合には資格を持っていない人は不動産取引が自分で出来る資格の取得を最優先に考えてお仕事をすると良いです。

成り上がる為の第一歩と思って頑張って下さい。

誰でも成り上がることの出来る職種の1つですよ。

営業力が試される!

不動産系の職種はどれだけ不動産取引をする事が出来るのかという事が重要です。

単純に歩合制と言って良いです。

自分が取引をすすめて不動産取引を成功させた案件に応じて給料がアップするのです。

ということは当然1ヵ月でより多くの不動産を売る事が出来ればかなりの収入になるということですね。

売れば売る程自分に返ってくるやりがいのあるお仕事です。

ということは当然営業力が試されるお仕事です。

不動産業での営業力と言うと様々な力が必要ではありますが最も重要なことは先にお話しさせて頂きました観察力です。

不動産を購入する場合でも販売する場合でも同様で鋭い観察力で相手のウィークポイントやメリットデメリットを上手に使い分けることができます。

相手に共感させる為にも観察力が非常に重要です。

決め手となるのは何処なのか観察する事で見極めることもできます。

観察力は常日頃から物事を様々な角度から見て1つの情報から1つだけの情報を得るのでは無く1つの情報から10も20も情報を得られる観察力を身につけて下さい。

例えばコーヒーを飲んでいる際にそのコーヒーをコーヒーと認識するだけではいけません。

飲んでいるコーヒーからブラックなら○○、砂糖だけなら○○、ミルクだけなら○○、ミルクと砂糖なら○○さらにはホットやアイス、豆の種類などコーヒーという一つの情報から沢山の情報を得ることができます。

当たり前に分かる事でも観察していないと見逃してしまう事も多い情報です。

この細かい観察力や気付きこそが不動産取引での営業力となります。

不動産で成り上がろうと思っている人は今からでも遅くありません。

観察力を身につけましょう。

6.IT系

IT系は学力を重視している会社もありますがベンチャー企業も多数あります。

基本的には学力よりも専門的な知識を最優先としています。

専門的な知識はもちろんなのですがIT系は海外にも目を向けている場合も多く語学力などは必要としています。

学歴は必要としていませんが専門的な知識と共に要求される多くの知識がある事は知っておいて下さい。

IT系でも語学力は必要ない職場もありますが成り上がろうと思うのであれば豊富な知識が必ず武器になります。

学歴など無くても良いのですが使える知識は多いに越したことはありません。

技量が必要になる

IT系は先にもご紹介させて頂きましたがベンチャー企業なども多いです。

実力こそが最大の武器になります。

逆に半端な知識や様々な場面での応用力やトラブルに対しての対応力などその場その場での実力がモノを言います。

決まった条件で決まった場所でしかできない人には向いていません。

もっと良くならないかなと常に先を見据えてトラブルの原因になりそうなモノの把握も出来る先見の明がある人が成り上がれる職種になります。

完全実力主義の職種で新しい技術の開発も出来る最先端を目指す事も出来ます。

自分の力を試すにはうってつけの職種ですね。

学歴が低い?それでも高い地位の職業に就いている人は多いですよね

学歴が低い人でも社旗的地位の高い人は非常に多くいます。

ただ、書類や会ったことの無い人を判断する時の判断材料として学歴はどうしても判断材料となってしまいます。

学歴を見ることでどの程度の知識を持ち合わせているのかなと客観的に判断する事が出来るからですね。

しかし働く現場ではその人となりなどその人自身がどう出るのかが最も重要となります。

学歴に縛られて自分を制限していては勿体ないですよ。

本当の自分を見つけて本来の実力を出してみませんか?

近年では学歴より中身を重視することが多い

日本でも最近では学歴よりも本人のやる気や豊富な知識欲など中身を重視する企業も増えてきています。

学歴はあくまでも支所の判断材料の一つにしかすぎません。

しかし、学歴がある人はその学歴を手に入れるまで努力をして得たことには変わりありません。

学歴の無い人との差は必ずあります。

この差を埋めることの出来る何かを持っている事が重要ですね。

ただ学歴があるなしを無視して良いというわけではありません。

そこは間違えないようにして下さいね。

学歴が羨ましく思うのであれば同じ学歴化それ以上の学歴を手に入れるために勉強したら良いだけのことです。

今からだって遅くは無いですよ。

学歴があってもコミュニケーションが取れないのはNG

コレは当然ですね。

肩書だけのお飾りでは意味がありません。

お仕事は必ず人とのコミュニケーションが必要となります。

どんな職種だとしても必ず人とつながっています。

孤高のクリエイターだとしても作品を購入するのは人です。

コンピューター相手でもそうです。

必ず向こう側に人間がいます。

コミュ症だからなんて言い訳にはなりませんよ。

社会人として最低限のコミュニケーション能力は必ず誰でも身につけることができます。

難しい人は世間を拒絶するのでは無くまずは相手を受け入れる事からはじめてみましょう。

元気でやる気のある人は学歴関わらず伸びることができる?

カラ元気ではいけませんがやる気に満ち溢れた人はその意欲からどんどん吸収してどんどん伸びていきます。

やる気がある人はもっと知りたい、もっと上手になりたいなど知りたい欲求が強く少しの経験や体験からより多くの事を吸収していきます。

何も知らなければ余計な邪魔をすることなく全てを素直に受け入れることができます。

専門的な仕事であればあるほど中途半端な知識を持つ人よりも何も知らないやる気に満ちた人の吸収力がとっても強い武器となります。

伸びしろがある人は直ぐに採用される!

伸びしろがるのはとっても良い事ですが一体どうのように判断しているのかな?なんて思いますよね。

単純です。

先にお話しさせて頂きました知りたい欲求の強い人です。

もっと知りたいと思う欲求は自分を成長させて今以上に延びる可能性を秘めた期待できる人材になります。

また、一つの情報から複数の情報を得ることの出来る情報収集力に優れた人も同様ですね。

単純な知識を持った人では無く先を見据えた人材こそが成り上がる為には必要な事なのです。

学歴がなくても成り上がる人の特徴とは?

学歴が無くても成り上がる方法はここまでで十分理解できたかと思いますがもっとわかりやすく項目に分けてご紹介していきますね。

ここまでで自分には難しいな…なんて思った人は必見です。

これさえ身につければ成り上がれますよ。

ポジティブ

成り上がる人は必ずポジティブな考え方が出来ています。

同じ事を考えても味方をかえるだけでぴじてぃぶにもネガティブにもなってしまいます。

まずは物事をポジティブに考えられるようにシフトしましょう。

例えば誰か(親や先生、先輩等々)に怒られたとします。

この時にどう考えますか?
怒られて嫌だな、ムカつくな・・・なんて考えていませんか?
それではいけませんよ。

何故怒られたのか考えてそのことを教えてくれたことに感謝出来ると関係性も良好になってまた怒られるなんて事が無くなります。

他にも考え方は沢山ありますがポジティブに考えることで敵では無く仲間を増やす事が出来るのです。

先の考え方をしている人は敵を増やす一方でいつまでも敵のままになってしまいます。

こういう人は一度怒られた人から何度も怒られてしまいます。

いつもあの人は怒ってばかりなんて言う人がまわりにいませんか?
その原因はあなた自身の場合が多いですよ。

それでは成り上がれません。

考え方をシフトしましょう。

成り上がれるのはもちろんですが普段の日常も今以上に幸せになれますよ。

個性がある

個性があるのは非常に良いことです。

ただ個性的と非常識や自分勝手は違います。

この違いは必ず理解して下さいね。

私は個性的だからとフォーマルな場所でもカジュアルで行く…個性的では無く非常識ですね。

自分自身を知っている

個性的というのは自分自身を理解して周りに流されず自分自身の芯を持っているという事になります。

コレがなぜ必要なのかというと選択と決断を迫られた際に非常に役に立つのです。

例えば2つの選択肢があった場合にAが最適なのですが周囲全員がBを選んだとします。

この場合多くの日本人はBを選択してしまいますが自分自身を知っていて正しい判断が出来る人は迷わずAを決断できるのです。

当然最適なAの方が結果は出ますね。

個性があるというのはこういう事なのです。

多くの場合は周囲の状況や様々な判断材料から仕方なく選ぶ選択をするのですが自分自身を知って状況を正しく判断できる人は決断する事が出来るのです。

諦めない

あきらめないことはとても重要です。

諦めたらそこで終了となりまだできていないことはすべて失敗となってしまいます。

諦めなければたとえ今は出来なくて失敗だとしても成功まであきらめずに続ける事が出来れば成功までの試行錯誤になるのです。

失敗としてしまうのか成功までの試行錯誤にするのかは諦めるタイミングが重要です。

モノによっては諦めて新しくはじめる事が必要になる場面もありますが安易な諦めや自分を擁護するまた失敗をしない安全策などからの諦めはNGです。

先を見据えた判断が重要ですね。

ここまでの成り上がる為の要素が出来ていれば自ずとどこで度の判断が最適なのか選択では無く決断できるようになっているはずです。

情熱的にもなる

諦めないことは感情的に情熱を燃やすスイッチになる事もあります。

このスイッチになると自分自身だけでなく周囲も巻き込んで情熱的になって今まで出来なかった事も出来るように限界を超えるスイッチにもなります。

このスイッチを出現させて押す事が出来る人こそが成り上がる事が出来るのです。

努力ができる

努力が出来るのは当然なのですが…成り上がる人はこの努力を努力と思っていないのです。

多くの成り上がった人はその時は前に進む成功する未来を見ていただけで今やっていることをその時に努力だとは思っていないのです。

当然の事と思ってやっているだけで周囲からしたらとてつもない努力と映っているのかもしれません。

また本人も成り上がった時に振り返るとあの時の知りたい欲求やガムシャラに動いた時はとてつもない努力をしていたのかもしれないと後から思うのです。

ということは努力していると思っているようでは成り上がる事はできませんね。

好きなことをしている時を想像してみて下さい。

何時間でも楽しくて続けられませんか?
いつの間にこんなに時間が経っていたの?なんて時間の経過が早く感じませんか?

コレを好きでもないことに置き換えて同じ時間続けると思うと苦痛で頑張らなきゃと努力しているな…なんて思いますよね。

これではダメなのです。

好きな事のように気付かない内に沢山経験して吸収していることが重要なのです。

ゲームが好きな人は気が付いたら総プレイ時間がとんでもない時間になっていませんか?
でも苦痛では無くてもっとプレイしたいと思いますよね。

その感覚なのです。

学歴がなくても成り上がれる職業はたくさんある!

学歴が無くても成り上がることの出来る職種をいくつかご紹介させて頂きましたが、実はどの職業であったとしても学歴が無くたって成り上がる事は出来ます。

その職種をどれだけ好きでその為ならどれだけでも続けて頑張れる(楽しめる)という事が重要なのです。

成り上がる為に何かを犠牲にして努力して頑張らなければいけない…そう考える場合もあるかもしれませんがそれでは絶対に長続きしません。

必ずどこかで折れてしまします。

基本的には好きなこと見つけて楽しくが重要です。

好きな事であれば好きなことをしている今の状況からさらに努力をしたらとんでもない努力になる事間違いなしですよね。

コレが重要なのです。

今働いている人も嫌だなと思っている事は楽しさと表裏一体です。

裏側にある楽しさを見つける事が出来ればその場からでも十分成り上がることができます。

ネガティブをポジティブにシフトして幸せになって成り上がりましょう。