あなたは落ち込んでいる時にどのような声をかけられて立ち治りましたか?

もしくは、落ち込んでいる友達にどのような声をかけていますか?

おそらく、学生時代、社会人時代にもこのような経験を持っている人はいらっしゃると思います。

しかし、実際に落ち込んでいる人に対してどのように声をかければいいのかと考えてしまう人は多いと思います。

なぜなら、万人に通用するマニュアルなどないのです。

つまり、あの人は元気になった方法でも、違う人では元気にならない可能性もあるのです。

では、どうすればいいのかと言いますと、まずは統計的な側面から考えるのです。

要は、統計的に見て多くの人が元気になった方法などを事例にしてやっていくのが良いと思います。

おそらく、元気になる言葉を伝える方法で効果があったトップ5などのいずれかの方法を活用すれば相手も元気になるのではないかと言うことです。

あくまで予測ですので、必ずしも元気になると言うことではありません。

しかし、知らないよりは知っておいた方がこれから必ず役に立ちます。

まずもって知っていることで相手への目線を向けることができるからです。

将来、起業を考えている人や何かのプロジェクトのリーダーになりたいと考えている人などは覚えておいて損はございません。

ぜひ、覚えて、あなただけでなく、あなたの周囲の人も元気にさせましょう。

落ち込んでいる人に元気になる言葉をかけたい

落ち込んでいる人を見た時に、元気になるような言葉をかけたいと考える人はどのくらいいらっしゃるでしょうか?

おそらくですが、普段は気にしないと言う人も、人間の本能からしますと助けたくなってしまうのです。

しかし、どう声をかけたらいいかわからない。

もしくは声をかけることで、周囲が自分をどのように見るのかなどを気にしてしまい、なかなか先へ進めないと言う方が多いのではないでしょうか?

おそらく、うんうんとうなずいてしまった方は多くいらっしゃると思います。

そうなのです。

簡単には言いますが、なかなか落ち込んでいる人に対しては声をかけづらいのです。

なぜかと言いますと、自分が声をかけてかえってさらにエスカレートさせてしまったらどうしようという不安の方が大きいのです。

声をかけて元気になっていただけると思っている人は少ないのです。

つまり、わかっていても動けないと言うのが本音なのです。

特に義務教育のもと、いい子で育ってきた方などは、先生にとって、親にとって都合のいい子だったので、先生や親の言うことを聞いていればいいと言うような考えになっています。

そのため、マニュアルにないことをすることを苦手としています。

よくよく考えてください。

落ち込んでいる人を慰める方法などを教科書などで習ったでしょうか?

習っていませんよね。

今の日本の教育の仕方は、起業家など自分で考えて動く人を育てるのではなく、言うことを聞く従業員などを増やすやり方になっているのです。

そのために、落ち込んでいる人に対して声をかける方法など教わっていないので、正解が見えていない状況で動くことを拒むのです。

声をかけたい!しかし、どうやったらいいかわからない。

もしくは、どのような言葉をかけたらいいのかわからないと言う方は結構多いと思います。

しかし、ここで気づいてほしいのは言葉にそんなに効力はありません。

言葉の効力があるのは発信している側だけです。

それよりも姿勢が相手に効力を発揮しますので、ぜひ、姿勢から整えていきましょう。

伝え方次第では相手の負担になり兼ねない


先ほども説明しましたが、言葉のかけ方次第ではかえって相手にダメージを負わせてしまって余計にエスカレートさせてしまう危険性もあるのです。

そのために、変にかかわろうとしないと考える人もいらっしゃいます。

さらには、関わることでご自身も落ち込んでいる人間に見られることを極端に嫌うのです。

特に学生のころなどは、特定の人とつるむことが多いので、自分がその集団から省かれることを極端に嫌うことがあるので、なかなか落ち込んでいる人へ声をかけようとしないのです。

実は、声をかける側にも負担が結構あるのです。

経験していなくてもなぜかその負担はわかっているような感じになっているのです。

だいたい、人間の8割は負担が大きいことはしたくないと言った感じになっているのです。

つまり、落ちこんでいる人に声をかけたくないのは、本能でもあり、あなたの潜在意識がそう働いているのです。

しかし、これから先何十年と生きていく中でそういった場面に遭遇しないと言うことはないとは絶対に言い切れません。

故に声のかけ方や言葉のかけ方、接し方などを覚えておく方が様々な場面に活用できるのです。

人間は気分の生き物なので、いつどのように感情が変化するかわかりません。

1秒もあれば変化できると言われているほどです。

つまり、ついさっきまで仲の良かった人が落ち込んでしまう危険性は十分にあるのです。

故に、気を付けましょう。

どれくらいの落ち込みか最初に見極める

落ち込んでいる相手を見た時に、まず必要なのは、どんな感じに落ち込んでいるのかです。

落ち込み具合によっては、巻き込まれてしまう危険性があるのです。

人間は最も他人から影響を受けやすい動物なのです。

つまり、あまりに激しく落ち込んでいる場合の相手に対して何も考えずに接してまき沿いを食らってしまう危険性があることを認識しておくべきなのです。

それが嫌で声をかけないと言う人も多くいらっしゃいますが、そんなんでは意味がありません。

人の為に役立ってこそ人間なのです。

つまり、相手をよく見ることでうまく対応することができるのです。

落ち込んでいる相手に対して声をかけるのをためらってしまうのは、相手をよく見れていない証拠になってしまいますよ。

ある意味、落ち込んでいる人に遭遇したときはチャンスと思ってもいいのではないでしょうか?なぜなら、相手のことをじっくり見ないといけない場面だからです。

普段から相手をしっかり見ることなどそんなにないと思います。

要は、落ち込んでいる相手を見た時に深く見るようになるのです。

ある意味、あなたの成長にとって必要なことになっているのです。

そう考えると感謝しかないですね。

元気になる言葉を落ち込んでる人に伝える6個のポイントとは

それではここからは落ち込んでいる人に対して元気になる言葉を伝えるポイントなどをお教えいたします。

お待ちかねの方も多かったのではないでしょうか?

はっきり言えばこの言葉を言えば、必ず元気になると言う一撃必殺技のような言葉はございません。

場面やその時の相手の感情などが左右するので、万人に使える言葉などは皆無に等しいのです。

つまり、元気にさせたいと思うのであれば、言葉ではないのです。

あなたの思いや相手がどのように考えているのかを察することが大切なのです。

ほとんどの方が認知されていないと思いますが、実は言葉が相手に伝わる確率は100%中の6%にも満たないのです。

つまり、どんなにいい言葉を使っても相手に響いていない可能性の方が高いと言うことになってしまいます。

そう、故に元気にさせるにはどのような言葉を使えばいいのと考えても意味がないのです。

とにかく元気にさせようとまずは思うことです。

そのために今からポイントをお教えしますので、じっくり読んで覚えましょう。

1.相手の気持ち、状態を十分に理解する


相手の気持ちをわかるようにしなさい!小さいころからきつく言われてきたと思います。

実際、相手がどう考えているかやどんな気持ちでいるかなんてこちら側が知ることなんてほぼできないと思った方がいいでしょう。

なぜなら、考えや気持ちはこちら側がコントロールできるものではないからです。

では、相手の気持ちを理解するにはどうしたらいいのかと言いますと、完全にはわかりません。

ですが、相手の目線にたつことで、少しは相手の気持ちや考えを理解することができるのではないかと言われています。

つまり、こちらが勝手に相手がこのような気持ちになっていると推測するのではなく、相手と同じ位置、同じ目線になってみることです。

要は、同調意識になることで、相手は自分は一人でないと感じるのです。

では、まずここからはその同調意識を持たせるための手法などをお教えいたします。

話をよく聞く

聞き上手は話し上手と言いますが、そう、相手の話を良く聞くことで、相手はあなたに対しての距離を近づけようとします。

まあ、相手の話を聞かずに自分の考えだけを飛ばしてくるような人ならば、この人は、自分のことを理解しようと考えていないと相手に見られてしまう危険性が高いのです。

つまり、まずは、相手の話をよく聞くことが大切なのです。

そう言われると、すべてを聞いて、すべてを理解しないといけないと思ってしまう方はいらっしゃいますかもしれません。

意外と人の話を聞くことって重労働になっているのです。

ただ、重労働にしないようにするにはどうしたらいいのかと言いますと、ただ、聞けばいいと言うと雑な感じかもしれませんが、実は結構効果大なのです。

なぜなら、相手は吐き出したいだけなのです。

ため込んでしまってストレスが溜まって、落ち込んでいるのです。

要は相手のサンドバックになればいいのです。

ぜひ、相手の話はよく聞くようにしましょう。

話を最後まで聞く

話をよく聞くとありますが、最も大切なのは、最後まで聞くことです。

途中で口を挟むと相手にとっては動きを止められたようなものなので、不快に感じてしまう危険性が高いのです。

つまり、とにかく最後まで聞くことです。

そうすることで、相手はあなたに対して心を開いてくれますよ。

要は、とにかく内面にたまったものを吐き出したいだけなのです。

特に話が始まると会話が止まらなくなってしまう人っていらっしゃいますよね。

このような人は、途中で止めるのは良くありません。

とにかく最後まで聞くことです。

しかし、愚痴や文句などの不平不満を多く口にされてくる場合は、影響を受けないように右に流す感じで聞くようにしましょう。

不平不満には毒素がいっぱい詰まっていますので、気分を悪くさせてしまう危険性がものすごく潜んでいますので、気を付けましょう。

相槌をうつ

ただ話を聞いたりしていても、さすがに長時間になってしまうと疲れを感じてしまう危険性があります。

また、不平不満ばかりを着ていると気分を悪くしてしまう危険性が最も高いのです。

そのために、たまに相槌を打つなどして、自分にも権利があると言うことを認識しましょう。

そうすることで相手からの影響をまざまざに受けることはございませんよ。

また、相槌を打つと言うことは相手に対して、わかっているよと言った感じのことを表すサインでもあるので、相手からすればとてもありがたいことなのです。

自分を見失わないためにも、また、相手の気分を上げるためにも相槌をしっかり打つようにしましょう。

そうすることで、相手の話を聞くことも苦ではなくなりますし、相手からしても気分を悪くさせないことになるので、実はお互いにウインウインな関系でいられるのです。

ぜひ、相槌はいっぱい打つようにしましょう。

相手はアドバイスを受けてそれを実行できる状態なのか

相手の気持ちを理解する場合に気を付けるべきとしては、アドバイスを送っても大丈夫なのかどうかです。

要は、アドバイスを送ってもそれを実践できるかどうかは相手次第であって、仮に実践できなければ、アドバイスを送ることなど無意味になってしまいます。

そのため、相手に対し、元気になってもらおうと思って、アドバイスを送る場合は、相手の様子などをしっかり見るべきなのです。

そうでないとせっかくのアドバイスが無意味に終わってしまう危険性だってあるのです。

故に、まずは、しっかり相手の話を聞いたうえで、また、相手の様子をしっかり見て、相手が本当に実践できるのかどうかを見極めたうえでアドバイスを送るかどうかの判断をすべきなのです。

また、アドバイスを送ってもかえってプレッシャーになってしまう場合もあるのです。

そうなってしまうと相手にとってはアドバイスではなくなってしまいますよね。

このように、ただアドバイスを送ればいいと言うわけではないのです。

相手がしっかりアドバイスを受けて実践できるかどうかの状態化を見極めないといけないのです。

アドバイスは必ずしもポジティブに働くわけではないことを認識しておきましょう。

アドバイスを求めているのか求めていないのか

相手にアドバイスをしてそれを実践するかどうかに付随することになるのですが、要は、相手がアドバイスを求めているのかどうかをしっかり判断すべきなのです。

何か相談されたり、落ち込んでいる人を見た場合、アドバイスを送ればいいとだけしか考えていない方はいらっしゃいますが、実はそれは大きな勘違いでもあります。

落ち込んでいる人や相談をしてくる人のほとんどは、実はアドバイスよりもあなたにただ聞いてほしいからそうやってくるという人の方が割合的に多いですよ。

つまり、アドバイスはなんの効力も持っていない可能性があるのです。

そうなってしまうと、何が何だかと言う感じにはなりますが、不満がたまっている人のほとんどは、そういう感じなのです。

溜まってしまった不平不満を吐き出す方がすっきりするのです。

帰ってアドバイスをもらうと余計に不平不満をためてしまう危険性があるのです。

よく聞き上手は話し上手と言いますが、まさにこのことなのです。

サンドバックになれる人ほど、強いものはありませんよ。

故に、とにかくアドバイスよりも聞くことに徹しましょう。

そうすることで、相手はスッキリしますし、もしかしたらあなたの言うことを受け止めてくれる可能性もありますよ。

とにかく聞きまくりましょう。

話の途中から拡大質問をして相手に話しやすくなってもらう

相手はとにかく話したいだけなのですが、実はなかなか本当のことを話すことができないでいる場合もあります。

なぜかと言いますと、実は心の内をさらけ出すのは、意外と大変なのです。

そのため、実は聞く側もケアが必要なのです。

聞く側なのに、なんで気を使わないといけないのと考えてしまう方はいらっしゃるかもしれませんが、相手を元気にさせたいと思うのであれば、そんな気遣いは気遣いの1つになりませんよ。

というか、相手を元気にさせたいのであれば、する側にもそれなりの能力が必要になってくるのです。

では、そのために何ができるのかと言いますと、相手が話している時にとにかく質問をして話しやすくすることです。

そのためには、拡大な質問をしてもいいのです。

というか答えの幅を広げさせるためにも大きな質問をすべきなのです。

そうすることで相手も話しやすくなるので、あなたにとにかく何でも話すようになって、話し終わったあとにはスッキリしている感じになっていますよ。

ぜひ、そうなるように、拡大した質問をされるようにしましょう。

そうすることが、相手が最も元気になる方法なのかもしれませんよ。

心の病気にかかっているかどうか

落ち込んでいる人の中には心の病気にかかってしまうほど、重傷を負っている可能性もあるのです。

このような方はたいてい、目が死んでいるのか、もしくは何に対しても無反応は感じになってしまっています。

なぜかと言いますと、頭に血が上っていないので、考えることができないのです。

ある意味、自分でも生きているのかどうかさえわかっていないほど、追い込まれてしまっている危険性が高いのです。

まずは、相手の目をしっかり見て話しかけるようにしましょう。

相手が話したくなるのをまつ

落ち込んでいる相手を元気にさせる場合、ただ、こちら側が一方的に話しても意味がありません。

なぜなら、相手が落ち込んでいる原因は不平不満が内面にたまってしまっているからです。

つまり、こちらが一方的に話しかけても余計に内面にためてしまうのです。

それがポジティブなことであっても飽和状態なので、余計に苦しめてしまうのです。

まずは、相手が話したくなるのを待つか、もしくは、相手が話したくなるような環境にするかどうかです。

そうすることで、相手の内面にたまっている不平不満を吐き出せる機会を与えることができるので、相手もスッキリして元気になるチャンスを活かせるのです。

2.相手を否定しない

元気にさせる相手に対し、それは違うなどの否定的な意見を言っても意味がありません。

というより、否定からはプラスなことが生まれません。

つまり、相手の話を聞きながら何か声をかけるのであれば、否定的なことを口にしてはいけないのです。

なぜなら、余計に落ち込んでしまうのです。

落ち込んでいる時のメンタルはかなり衰弱されていると思われますので、そんな状況下で否定されたら火に油を注ぐようなものです。

また、普段から否定されると嫌な気持ちになる人は多いと思います。

つまり、否定は慰めにはならないのです。

一度肯定してあげてから心が軽くなることをいう

落ち込んでいる人のほとんどは不平不満がたまってしまっているからです。

では、なぜ不平不満がたまってしまうのかと言いますと、否定されまくっているからです。

否定されると不平不満がたまってしまうことはよくわかっていると思います。

そのため、まずは、肯定をしてあげることが大切です。

肯定されること存在していることに価値を見出すことができるのです。

そのうえで心が軽くなる言葉をかけると相手は心を開いてくれますよ。

ぜひ、それを実践しましょう。

そうすることで、相手はあなたに相談してきますし、話せるようになるだけでいくらか元気になることができるのです。

失礼にならないように話をまとめどう言った状態なのか本人にわからせる

相手の話していることをただ聞くことも大切ですが、もう一段上を行きたい場合は、相手が話していることを聞いて自分なりにまとめましょう。

まとめたうえで相手の失礼にならないように努めましょう。

まとめることで、相手が今どのような状態なのかわかるのです。

要は相手はなぜ自分がこのような状況になっているのか整理がつかないから落ち込んでいるか混乱しているのです。

意見はクッション言葉を使い柔らかくする

相手に対し、意見を言う場合は、上から言うと、相手を傷つけてしまう危険性があります。

故に、できるだけ柔らかい感じで話すことが大切です。

そうすることで、相手は傷つかずにすみますし、柔らかいので包み込まれてしまう感じになるので、心地よい気分になることができるかもしれないのです。

ぜひ、意識して柔らかい言葉を投げるようにしましょう。

私は〜見える、思うなどを使用する、断定しない

そうだ!とか、断定的な言葉を使うのはかえって相手を傷つけてしまうか、もしくは余計に不平不満をためてしまう危険性があるのです。

そのために、なるべく予測的な感じの言葉を使って断定から和らげるべきなのです。

そうすることで、相手もそんな考えがあるのだという感じに受け止めることができるのです。

要は、断定的な言い分になると、押し付けられているような感じになってしまうのです。

そうなってしまっては意味がありません。

できるだけ断定的な言い回しはしないようにしましょう。

同じ体験をしたことがあるなら隠さずに話す

落ち込んだり悩んでいる人は、とにかく自分だけと思うのが嫌なのです。

そのため、仮に同じような経験をしたことがあるのであれば、包み隠さずに話すことをおススメします。

そうすることで、同調意識が生まれるので、自分だけという感覚から解放されるのです。

そのために、少しは心がすっきりするので、徐々に回復していく感じです。

故に、同じ経験をしたことがあるのであれば、はっきり相手に伝えるようにしましょう。

3.しつこく言わない

よく相手を元気にさせようと同じような言葉やアドバイスを何回も口にされる方はいらっしゃいますが、これは実はそんなに効き目がないのです。

相手からすればわかっているよという感じになってしまうのです。

つまり、新たに不平不満をためてしまうのです。

これでは負の連鎖のような感じで意味がないですよね。

できるだけ同じようなことは何度も言わないようにしましょう。

まあ、しつこいと落ち込んでいる人だけでなく、普段の生活でも嫌われてしまう危険性がありますので、ぜひ、気を付けましょう。

そうすることで、あなたもマイナスにならずに済みますよ。

一度でも響くことなら響いてる

とにかく同じ言葉を連呼される方はいらっしゃいますが、1回発することで効き目があっても、2回目からは効き目がない可能性も十分にあります。

むしろ、マイナスになってしまう危険性もあるのです。

一度で響く言葉なら、確実に響いているのです。

つまり、何度も言うことで逆に価値を下げてしまっている可能性があるのです。

故にしつこく何度も言うのは控えましょう。

大事なことは一番最後にいうことで相手の記憶に残りやすい

あなたにとって大事なことだから連呼してしまうのかもしれませんが、それならば最後の方に相手に伝えると効果が抜群ですよ。

つまり、連呼するのではなく、最後の締めの言葉として残しておくことをおススメします。

何度も言いますが、しつこく言いすぎると価値がなくなってしまいますよ。

それよりかは最後にびしっと言うようにして、相手に響かせましょう。

4.無気力な人にプレッシャーになるような言葉を言わない

落ち込んでいたり、元気がない人は無気力状態になってしまっている可能性があるのです。

つまり、簡単に落ち込みやすくなっているのです。

そのため、ちょっと強い言葉を言っただけで余計に落ち込んでしまう危険性があります。

故に、プレッシャーになるような言葉はさけましょう。

元気にさせようと強い言葉を使う方がいらっしゃいますが、かえって逆効果にしかなりません。

頭ごなしに怒らない

怒っても意味がありません。

というより逆効果です。

怒られて落ち込んでいるケースがほとんどなので、しかし、なぜか怒ろうとする人が多いのが不思議ですね。

まあ、日本の教育上、怒ればどうにかなると考えている人が多いのです。

頭ごなしに怒っても意味がありません。

ここは柔らかく包み込みましょう。

頑張って

よく頑張ってと言いますが、実はこの頑張ってという言葉はプレッシャーのかかる言葉なのです。

なぜなら、頑張りたくても頑張れないし、もしくは、今の自分は頑張っていないように見ているのかと言うことで否定されている間隔に陥ってしまうのです。

つまり、むやみやたらに頑張ってとは言わない方がいいのです。

なんでできないの

この言葉、今もし会社などで使用されている方がいらっしゃいましたら、パワハラになりますよ。

人間なのでできるできないはあって当然なのです。

なんでできないのかは誰もわかりません。

ただ、経験不足としか言いようがありません。

できないことは否定せずに受け止めるようにしましょう。

普通は

普通は、そんなの当然だ、常識的に考えて、などあたかもあなたは普通じゃないという感じに言ってくる人がいますが、何様のつもりなのか全く理解できません。

普通って何?そんな感じですね。

このような言葉はなんの効果もありません。

元気を与えるどころか、落ち込ませるだけです。

最悪の場合、話にならないと見られてしまいますよ。

相手に選択肢を与えてあげる

1つのことをアドバイスとして進める方は多くいらっしゃいますが、これは逆効果です。

しっかり選択肢を与えてあげることが大切です。

なぜなら、選ぶことをしないと押し付けているような感じになってしまって返って逆効果を生んでしまいます。

ぜひ、相手には選択肢を!もしくは逃げ道を与えるぐらいの余裕を持ちましょう。

5.干渉しすぎない

落ち込んでいる相手に対して干渉しすぎてもかえって逆効果です。

干渉するのはあなたの手のひらに乗せたいという感じに読み取れてしまうのです。

干渉よりも自由を与えることに努めましょう。

解放感を与えることが大切です。

6.相手に共感しすぎて自分がダメにならない

落ち込んでいる相手の意見を聞きすぎて、自分がダメになってしまう危険性があります。

要は人間は相手から影響を受けてしまう動物なのです。

つまり、元気にさせようと思った時に気をつけないといけないのは、むしろあなたなのかもしれませんよ。

ぜひ、気を付けましょう。

聞くことが重視のアドバイスで人間関係がもっとよくなる

いかがでしたでしょうか?

相手を元気にさせるにも労力は結構消費されるのです。

とにかく一番はアドバイスを与えることよりも聞くことが大切です。

聞くことで相手の心が和らぎ、リフレッシュされる可能性は大です。

ぜひ、相手の話を聞くようにしましょう。