一見いい男に見えるのに、なんだか「惜しい!」って思う人っていませんか?

悪くはないし、あともうちょっとですごくモテそうなのに、何かがおかしいというか、何か残念ポイントがあってモテない・・・という人です。

本当はモテる要素やすごく男性として魅力的なところをいっぱい持っているのに、女子たちからは「”アレ”がちょっと残念だよね・・・」とか「”アレ”が良ければ最高なのにね」って言われていて、結局モテないという人ってちょっと残念ですよね。

では、女性から見て「残念!」と思われている”アレ”って何なのでしょうか!?

女性から見て、惜しい!と思える男性のポイントをご紹介していきます♪

そこが変われば、あなたもすぐにモテ男子になれちゃうかも!?

良い男なのに惜しい…という人いませんか?

すごくモテそうな人なのに、実際は全然モテていない男性って周りにいませんか?

いっけん、女性から人気になりそうな雰囲気を持っているし、けっこういい男ってみえるのに、いつも女性からフラれていたり、彼女がいない男性って不思議ですよね。

男性から見たら、どうしてあの人けっこういい男なのにモテないんだろう・・・?って不思議に思うこともあるかもしれません。

でも、女性からすると、その男性がモテない理由は歴然だったりします。

女性たちって「どこかにいい男がいないかな~」って結構目を光らせています。

だから、ちょっといい男が要ればチェックしていないハズがありません。

それでも、モテないということは何かがあるということ。

女性たちが集まれば、その男性について「あの人って惜しいんだよね!」というトークが繰り広げられているはず。

つまり、いっけんモテそうなのにモテない人というのは、「あそこがちょっと無理」とか「あれさえなければいい」というような、残念ポイントがあるのです。

みなさんも、女性たちが「〇〇さんってかっこいいんだけどね・・・」って残念そうに話しているのを聞いたことがありませんか?

あるいは、好きな人に気持ちを伝えたら、「〇〇くんっていい人なんだけど・・・」って言葉を濁された経験はありませんか?

「かっこいい」とか「いい人」など、異性として魅力的だということは認めつつも、彼女たちが「だけど・・・」という場合には、その良さをも上回る残念ポイントがあるということです。

そして、もちろんその場合は告白の答えは「ノー」でしょう。

つまり、女性たちの中では、その人はかなり惜しい系の男性ですね。

もし、その女性から見た惜しいポイントさえ改善されれば、かなりのモテ男になるはずです。

モテる要素満載なのに残念男に


そうゆう「惜しい!」と思われている男性たちの多くは、モテる要素をもともとたくさん持っています。

女性たちの目にも必ず留まるタイプです。

だから、女性たちからモテるチャンスはいくらでもあるし、実際に近づいてくる女性たちも多いのではないでしょうか?

異性から興味は持ってもらいやすいのです。

でも、何かが足りない、あるいは何かが女性たちの気持ちを萎えさせるから、結局、恋愛がうまくいきません。

せっかく、モテる要素満載でいい男なのに、それってすごくもったいないですよね?

女性たちだって、すごく残念に思っていたりします。

すごく男性として魅力的なところ、いいところがたくさんあるのに、何かが好きになるに至るまでに邪魔をしてきて、結局「この人ココがな~」と思われて、本気になれない、あるいは彼氏としては「なし」って思われてしまうところがあるのです。

つまり、たくさん持っているモテ要素を、その”何か”が打ち消してしまっているとか、その”何か”のせいで台無しにしているわけですね。

まさに、残念男です。

本人たちは気付いていない

そんなこと、自分だったらイヤですよね?
異性からも好かれるポイントや、男性としての魅力をたくさん持っているのに、それが台無しになっているなんてもったいなさすぎます。

しかし、どうしてそうなっているかというと、多くの場合、彼らを残念男にしてしまっている”何か”を本人たちが気づいていないからです。

気づいていれば改善できるし、改善したらかなりモテることが予想できます。

だから、残念系男子、あるいは惜しい系男子の場合、まず本人たちが何が惜しいのか、ということに気づく必要がありそうです。

女性たちだって、「アレさえ無ければ・・・!」とか「アレさえああなら!」と思っているわけなので、そこが改善されればかなりその男性を見る目が変わり、見直すはずです。

惜しいと思う男の10個のポイント

では、女性たちはどんな点が「惜しい」って思っているのでしょうか?

今回は、惜しいと思う男の10個のポイントをご紹介していきたいと思います。

女子トークのテーマとして、「モテそうなのにモテない男性の惜しいポイント」というものを出したら、男性たちは恐ろしくて聞きたくなくなることもあるかもしれません。

しかし、ここで目と耳をふさぐと、せっかくのモテ要素満載なあなたの魅力を半減させている何かに気づくことができないかもしれませんので、ちょっと厳しいと思うかもしれませんが、これが女子の本音だと思って、あまり怒らずに聞いてみてください♪

1、声が小さい

声が小さい男性って、ごちゃごちゃと話していてイラっとするんです。

「え?今なんて言ったの??」って毎回聞き返さないといけないと、会話がとにかくめんどくさくなります。

何回も聞き返しているうちに、こちらも相手もイライラしてきたりすることもありませんか?

会話がめんどくさい、話すのが疲れるという印象を与えてしまうと、彼氏候補から外れてしまいます。

やっぱり、女性は話しているときに「楽しい♪」と感じられるような人を好きになるので、トーク力がある男性がモテるのです。

なので、声が小さい人は論外となってしまいますね。

それに、声が小さいとなんか自分に自信がないようなイメージがありますよね?
男性には、頼りがいとか、器の大きさを求めたいというのが女性の心理。

はきはきしていて、さわやかな方が印象はいいでしょう。

2、意見がコロコロ変わる

「なんかこの前話したときと、全然言っていることが違うんですけど!」っていう男性もいますよね?
意見がコロコロと変わる人です。

そうゆう人って、以前に自分が言っていたことをもう忘れてしまっていて、その時々に思ったことを、得に深く考えもせずに話しているのかもしれません。

または、周りの人に影響されやすく、周りに合わせて意見をコロコロと変えるクセがあるのかもしれません。

本人は、自分がそんなにコロコロと意見を変えていて、言っていることがその時によって違うなんて、あまり気づいていないのかもしれませんが、周りはよくわかっています。

そして、「この人の言っていることって信頼できないな」とか、「一緒にいる人によって意見を変えるんだな」、「自分の考えがないんだな」と思っています。

自分の意見や考えに芯がなくて、すぐにコロコロと意見を変えてしまう人というのは、あまり信頼してもらえないし、めんどくさいので、例えカッコよくても本気で好きにはあまりなれません。

3、決断力がない

決断力のない人も残念男子です。

とにかく、自分で何かを決定したり、判断したりすることができないという人です。

何かに迷ったときにも、すぐに人に頼るし、自分で考えて適格な判断を下すということをしないのです。

で、結果が悪かった時にはもちろん人のせいにします。

そうゆう人って、恋愛においても相手との関係をうやむやにしていることが多いですよね?

仲がよくて、いい感じの女性がいるのに、その女性に告白するとかはせず、あいまいな関係のまま続けようとします。

そうゆう男性には、女性も愛想を尽かせてしまいます。

そして、自分で決定する意志がないとか、決断力がない男性は責任感がないように見えるし、なんだかハッキリしない態度が多いので、イライラすることもあります。

男性としての頼もしさとか責任感がない人って、目の前にいい女性が現れても自分で何もしなかったり、発展させるための一打を投ずるできないので、結局女性が離れて行ってしまうのです。

そして、決断力がない男性は、女性みんなに優しかったり、いろいろな女性に思わせぶりな態度やいい人でいようとするので、いつまでもダラダラとハッキリしない態度で、関係をあやふやにしようとします。

これって女性としてはかなりウザイですよね。

ここだ!というときには、男を見せてちゃんと気持ちを伝えてくれたり、自分でちゃんと責任をもって的確な判断と行動ができる男性はカッコいいし、頼もしいですよね。

4、体臭・口臭がキツイ

いくら見た目がカッコよくても、いくら優しかったり、自分を好きでいてくれて性格がよいとしても、体臭や口臭がキツイ男性は絶対にNGです!

まあ、人はみな体臭も口臭もありますよね。

無臭な人というのはほとんどいません。

そして、その体臭などで人は自分に合う人というのを本能的に見分けているとまで言われていますから、体臭が全て悪いというわけでもありません。

しかし、あまりにもひどい体臭や口臭の人もいます。

それは、不潔にしていることが原因かもしれません。

お風呂にあまり入らない、歯磨きをしない、といった生活習慣に問題があるのです。

さらに、体が不健康なために体臭・口臭がキツいということもあります。

ニオイというのは、やっぱり「生理的に無理!」と思われてしまうポイントで、いくらその人がいい人でも、自分のタイプの顔でも、ニオイがダメなら一緒にいたい、近くで過ごしたいとは思えません。

それで、体臭や口臭ケアをしっかりとしていない人、とにかく不潔な人は絶対にモテないし、せっかくカッコよくオシャレをしているのに、体臭がキツかったり、話したときに鼻を抑えたくなるほどの口臭がしていると、本当に残念男子です。

5、ギャンブル等の依存症


「この人すごくイイ男なのに、これだけが残念・・・」と思われてしまうポイントとして、よくあるのがギャンブルなどの依存症です。

パチンコ、競馬、競輪、麻雀、ボートレースなど、そのようなギャンブルの依存症の人もいますよね。

依存症になると、いくら彼女や家族がやめてほしいと言ってもそれをやめることは難しいようです。

それ以外では、本当にいい人なのに、ギャンブルだけはやめられなくて、お金を見境なくつぎ込んでしまったり、手を付けてはいけないお金にまで手を出したり、人から借金をしてまで賭けていたりと、日常のちょっとした息抜きの遊び、という程度ではなくなってしまっていることもあります。

そうゆう人と一緒にいると、自分にまでお金を貸してほしいと言われたり、お金で苦労したりトラブルになったりすることが目に見えるので、イイ男とは言い難く、「それさえなければ・・・」と思われています。

6、不潔

先ほどの、体臭・口臭がするということ以外にも、不潔な人はやっぱり女性としてはNGです。

体臭や口臭がしていないくても、不潔とはどうゆうことかというと、例えば頭にフケがついている、あるいはいつも頭皮がベタベタしているとか、服が汚れていたり、服から変なにおいがするとかがあります。

「ちゃんとお風呂に入っているの?」、「ちゃんと服を洗濯しているの??」と思われています。

さらに、車の中がすごく汚い、デスクが散らかっていて食べかすとかまで落ちている、家の中にゴミが散乱している、水回りがアカとかカビだらけ、さらにズボンの裾が地面についている、靴の元の色がわからない程汚れている・・・、などなど女性はいろいろな所で不潔を感じるものなのです。

モテる男性の必須条件は、清潔さです!

女性はちょっとでも男性から不潔感が感じられると、それだけで近づきたくない、気持ち悪い、汚いって思ってしまうのです。

自分の体もそうですけど、持ち物、自分のいる空間などが、ちゃんと汚れていないか確認してみましょう。

7、私服がダサい

顔はいいのに、とにかく私服がダサい男性も「あ~この人惜しいな~」って思いますよね?

学生なら、学生服を着ている時はまだカッコいいのに、一緒に遊ぶことになって私服できた単に「うわ!これはないわ・・・」とガッカリすることもあります。

会社でも、普段はスーツをきているからカッコよく見えていたけど、私服があまりにもダサくて、「これはイタイ!」という人もいますよね。

あまりにも無頓着な人の私服もイヤですけど、あまりにも「自分、オシャレなんだぜ!」みたいなやりすぎ感が出まくっている人もイヤですよね。

どちらも、一緒にいるのが恥ずかしくなるような恰好なのです。

8、会話がつまらない

どんなにイケメンでも、なんだかすごくイイ人でも、会話がつまらない人は残念です・・・。

会話が楽しい♪って女性にとってすごく大事なポイントなんです。

だって、女性はおしゃべり好きだから。

まあ、男性だってそうですよね。

一緒にいて楽しいな~と思える女性というのは、会話も自然と盛り上がれる人ではないでしょうか?

会話がつまらない男性の中には、いつも自分の話ばかりをする自慢家もいます。

とにかくいつも自分の自慢話ばかり聞かされたら、もう誰だってうんざりします。

あとは、自分から話しをフレない人。

受け身で「へ~」とかしか言わないのです。

楽しい話題を提供する気はないんでしょうか!?

話していてつまらない、と思われるともう、「この人つまらない人だ」と認定されて、「あ~残念」って思われてしまい、惜しい男性になってしまいます。

9、ナルシスト

自分大好き、ナルシストも惜しい男性ですね。

自分のことが好きすぎることが、なんかにじみ出ているのです。

とにかく鏡の前ではいつも自分をチェック、さらに自分カッコイイ発言がある、自慢話が多い、自撮りばっかりしている、というような自分に酔っている男性って、なんだか周りからすると「めんどくさっ!」って思われています。

自分が好き、というのは悪いことでもないし、自分に自信を持っている人は素敵な人ですよね。

それなのに、ナルシストは嫌われることが多いのは、ナルシストは自意識が過剰すぎるからです。

自分の事にばかり興味があって、自分に陶酔している姿は、逆にカッコ悪いし周りをシラーっとさせています。

10、マザコン

いくら性格がよくても遠慮したいのは、マザコン男。

ママが大好き、ママが一番、ママに全部お任せ!というタイプです。

マザコンというのは、母親を大切にする男性とは違います。

母親を大切にしている男性は素敵ですよね。

母親を気遣うことができたり、母親に対して優しく接することのできる男性は、将来自分の奥さんのこともきっと大切にできる人なので、モテるし、結婚したい男性と言えるでしょう。

しかし、マザコン男はそれとは違い、精神的にママに依存しているのです!

「ママがダメって言ったから」とか、「ママがこうしなさいって言ったから」という理由で、自分の決定や自分の生活が左右されています。

1人の男性として、ママになんでも相談する、ママの意見が絶対的、なんでもすぐにママに頼って、ママを誰よりも優先するというタイプの男性は、男として自立しているとは思えません。

その人と付き合って結婚なんて言ったら、2人の関係の間に確実にママがしゃしゃり出てきます。

どんなにかママとの関係でイライラしたり、苦労することになるか・・・想像しただけでめんどくさすぎます。

ママに生活面でも、精神的にも依存していたり、頼り切ったりしているタイプは残念男子です。

惜しい男から脱却したい!

いかがでしたか?

じつは女性たちが思っている、「この人惜しいんだよね!」っていう男性の特徴でしたが、「うわ・・・自分だ」と思う点があったでしょうか?

そう思える人は、絶対にこれからモテます!

なぜなら、自分の残念なところに気づける人ってちゃんとそこを意識できるからです。

そもそも、良い男としての魅力がたっぷりあるのですから、残念なポイントさえ改善できれば、もっともっと女性たちからの人気が加速するでしょう。

逆に、自分が惜しい男性なのに、そこに気づこうとしない、受け止めようとしない人は、これからも惜しい男性のままでしょうね。

では、「惜しい男から脱却したい!」と思う男性は、どうしたら本当のモテ男になれるのでしょうか??

自分の発言に自信を持つ

まず、声が小さいのは、自信のなさの表われかもしれません。

もともと大きい声を出すのが苦手という人もいるのでそうゆう人は別ですけど、自信がない人は、得に自分の考えとか意見を人前で言うときに、すごく声が小さくなります。

それでまず、自分の発言には自信を持ちましょう。

そのためには、普段から自分で考えて、自分で行動するという意識を持つことが必要でしょう。

つまり、いつも人の意見にのっかるとか、人の顔色を見てその時の一番ウケのよさそうな意見を自分の意見にする、ということをしていると、自分の意見がなくなります。

自分の意見を主張する事は大事

そうやって、いつも人に左右される人、人の顔色をうかがって人に合わせるだけの人というのは、やはり自分というものがなくなっていくので、魅力や特性を輝かせることはできません。

人と違う自分の良さ、自分の考えや意見というものにも価値があることを認めることで、自信を持つことで、もっと自分を堂々とアピールすることができるようになるでしょう。

それでまず、自信をもって発言するようにし、自分の意見を主張することも大事なことなんだという意識を持ってみましょう。

そうやって、自分の意見を主張してみるたびに、自分の発言に責任感と自信を持つことができるようになって、はきはきと話すことができるようになっていくかもしれませんよ。

迷った時の基準を決めておく

決断力がない男性は、いつも優柔不断で、あやふやで、女性をイライラさせてしまいます。

例えば、車を運転しているときにも、道に迷ったときに「あ~どうしよう」とパニックになってしまったり、隣にいた彼女が「こっちに行ってみたら?」とアドバイスをしたときに、それが間違っていたりすると、彼女に怒ったりする男性っていますよね。

周りからすると「じゃあ、自分でちゃんと考えて判断しろよ!」って思ってしまいます。

さらに、恋愛でも「あの子との関係も終わらせたくないし、でもあの子も気になる」と優柔不断になっている男性もいます。

仕事でもプライベートでもそうですが、判断すべきタイミングに何もできない人はチャンスを逃し、損失を出し、そして周りに迷惑をかけるのに、責任は持てない人なので、どうしようもないと思われてしまいます。

それで迷ったときにも冷静に、そして適格に状況を分析し、判断を下すことができるように、基準というものを定めておきましょう。

例えば、恋愛において目の前に魅力的な女性が何人もいるとします。

優柔不断になって、みんなとの関係をあやふやにしていては、誰とも何も発展しないので、自分が女性に一番求める条件と譲歩できる条件というものをちゃんとまとめておいて、その求める基準に合わせて判断し、自分にとってベストな人を選びましょう。

時間の短縮にもなる

恋愛だけでなく、仕事でもなんでもそうですけど、迷う時はたくさんありますけど、判断基準というものがあれば冷静にそして、ベストな選択をしやすくなります。

「あーだ、こーだ」と不毛に悩むこともないので、時間の短縮にもなります。

判断基準を持って、今必要なこと、一番優先すべきこと、というものをちゃんと見極められるようになると、タイミングを逃さずにちゃんと物事を進めることができるようになるでしょう。

ダラダラと悩んで何もしない男性よりも、ちゃんと適格に状況を分析し判断できる男性はカッコいいですね!

清潔さを保つ

体臭・口臭で悩んでいる人も、または今までの生活習慣の中で清潔さに無頓着だった人も、モテたいならとにかく清潔感を出せるようになりましょう!

不潔だと思われたら、そこで彼氏としての道は途絶えると思いましょう。

それで、人としての清潔さのマナーはしっかりと守りましょう。

シャワーまたはお風呂でしっかりと体を洗うこと、食後には必ず歯を磨くこと、服はちゃんと洗濯すること、家や仕事場などの生活空間を整理整頓すること、掃除をすること・・・などを心がけましょう。

面倒くさくても毎日行う

そのような清潔さを保つための行動がめんどくさいと思う人もいることでしょう。

服なんて、毎日洗わなくても着られるし、お風呂だって毎日入らなくても平気でしょ?って思っている人もいるかもしれません。

でも、自分の匂いとかって自分では気が付いていないけど、周りにはすごく迷惑がかかっていてることが多いのです。

そして、自分の毎日の生活習慣がその人の雰囲気に出ます。

だから、清潔を保つためにめんどくさいとしても、ちゃんと汗をかいたら服を着替える、洗濯をするとか、毎日歯磨きをするとか、タバコを吸う人であればそのあとの口臭ケアをちゃんとするといった、周りへの気遣いゆえに、めんどくさいことでも、毎日の習慣としていきましょう。

お店の人にコーディネートして貰う

私服がダサくて惜しい男性になっている人は、私服をカッコよくすればかなりモテると思います。

でも、もともとファッションにあまり興味がないとか、センスが人と違うという方もいるでしょう。

そうゆう人は、お店の人にコーディネートしてもらうのがおすすめです。

パンツを買いに行くとしても、お店の人が「このアイテムならこうゆうトップスも似合いますよ」と提案してくれることがあります。

お金に余裕があるなら、そのように一式コーディネートしてもらったものを購入すれば間違いないでしょう。

お店の人にどうゆう時に着ていきたいのか、ということを伝えて、いくつかパターンを用意してもらえるといいと思いますよ。

ファッション雑誌で勉強する

さらに、できることとしてファッション雑誌で勉強しましょう。

どんなパンツにどんなトップスを合わせるのかポイントを勉強したり、どんなアイテムが人気なのか、モデルさんが着ている服はどんな形、どんな丈、どんな素材の服なのかということを勉強しておけば、服を買いに行くときにもイメージが湧きやすいと思います。

好きな相手にだけ優しくする

誰にでも優しい男性って、最初の人当たりがいいかもしれないけど、実際モテないことが多いんです。

だって、女性からしたら「この人みんなに優しいから・・・」と自分だけ特別に思ってくれているとは感じられないし、他の女の子にも同じ扱いをしているのってあまりうれしくないモノなんです。

それでいつも「いい人だよね」で終わるタイプの男性は、好きな相手にだけ優しくすることを意識してみるとよいかもしれません。

特別感を出す

つまり、特別感を出すのです。

好きな相手にだけ、何かをプレゼントするとか、その人にだけ話しかけるとか、飲み会などではその人にだけ取り分けてあげたり、とにかく特別扱いするのです。

女性は特別扱いされるのが好きだし、うれしいものです。

自分にだけなんかちょっと違うと思うと、ドキドキするし、相手を意識します。

金銭に細かくなり過ぎない

ギャンブル依存症ではなくとも、お金にケチな男や一緒にいるとお金のトラブルが起きそうというようなイメージの男性は、女性が遠ざかって行ってしまうので、お金をちゃんと管理できるようになりましょう。

しかし、金銭に細かくなりすぎないというのも大事です。

お金にうるさそうとか、お金が絡むとめんどくさいというタイプは、男性として器が小さそうにも見えるからです。

デートの時は細かく気にしない

例えば、デートに行ったときにランチは割り勘にするとします。

そのときに、きっちり1円単位で請求する男って嫌われます。

後、何が何でも絶対に奢らないからな!という姿勢が見えるとにかくケチな人も、「何なのこの人」って思われます。

なので、デートの時にはお金に細かくならずに、器の大きな男を見せましょう。

男は絶対に奢らなくてはいけない、ということではありません。

ただ、ケチケチしたり、細かいことをイチイチ言うようでは、うんざりされるということを覚えておきましょう。

肩筋張らず会話する

会話がつまらない、女性と上手に会話ができない、ということで悩んでいる男性は、まずはリラックスすることが大事かもしれません。

女性と一緒にいる空間をまず楽しむのです。

そのうえで、自分を良く見せようとか、自分のいいところをとにかくアピールしたい!という焦る気持ちを捨てましょう。

そう思っていると、逆に変なテンションになったり、自分のことばかり話して相手をうんざりさせたり、相手のペースとかテンションに気を配ることができなくなってしまいます。

それで、肩ひじ張らずにまずは笑顔で、一つ質問してみましょう。

相手の持っているものとか、相手が得意としている事とか、相手が興味を持っていることなどに焦点を当てて、質問して話をよく聞きましょう。

緊張は相手にも伝わる

「会話を面白くしなきゃ!」と思うと、逆に変に緊張してきたり、なんかとんでもないタイミングで、とんでもないボケを入れてしまったりして、空気が最悪になることもあります。

さらに、緊張は相手にも伝わります。

だから、会話のテクニックということばかりを頭でぐるぐると考えて、緊張していると、その空気感で相手も警戒してしまいます。

だから、まずは自分がリラックスすることです。

そして質問をして相手を知ろうとすることを意識して、そのあとはその場のノリや自然な流れで会話を楽しむことを意識してみましょう。

もし、会話が続かない時のために、会話のタネはいくつか用意しておくといいと思います。

会話のタネは、その時のニュースでもやっていたことでもいいし、ネットで見つけてもいいし、相手の情報に基づくことでもいいし、自分がその日に経験したことでもいいと思いますが、とにかく変に緊張しないことと、変に気張った話をしないことですね。