一生懸命に努力をして結果を出したり、自らの才能を伸ばしたりした時に、自分の努力を周りの人たちから認めてもらえることがあります。

認めてもらえることで名誉を得ることができ、自らの行いに誉(ほまれ)を抱くことによって、より一層高みを目指したり、自分に自信を持ったりできるでしょう。

自分が名誉を得るためには、日頃からどんな心がけを持ち、どのように行動すればいいのでしょうか?

名誉を得るための方法を詳しくご紹介します!

名誉とはどういう意味?

名誉とは、その人の能力や行為に対して周囲の人たちから優れた評価を得ることです。

例えばゴミ拾いなどの慈善活動を長年続けてきた人が、その行動に対して周りの人たちから評価を得た時には、その人は「名誉を得た」ことになるでしょう。

また、スポーツ大会で優勝した人は、他の人たちよりも人一倍努力を重ね、その結果を出したことになりますので、優勝によって名誉を得たことになるでしょう。

名誉とは、誰もが得られるチャンスを持ちながらも、そう簡単に得られるものではありません。

人一倍努力を重ねて、自らの才能を伸ばしたり、多くの人たちに認められるような功績を残したりした人が得られます。

そしてまた、名誉を得ることで自分に自信を持ったり、箔を付けたりすることもできます。

周りの人たちからも一目置かれる存在となり、名誉を得たことによって堂々とした人生を歩めるようになる人もいるでしょう。

名誉を得る人になるための9個の方法

名誉を得ることができれば、自分に自信を持ち、堂々とした人生を送れるようになるかもしれません。

また、周りの人たちからも一目置かれる存在になり、人から馬鹿にされたり、見下されたりすることもなくなるでしょう。

人よりも上に立ちたいと思う人は、名誉を得ることができれば他の人たちよりも優位に立つことができます。

今の自分を変えたいと思う人も、名誉を得られれば考え方や行動を変えられるようになるかもしれません。

名誉を得ることで、人によってさまざまなメリットが得られますので、まったく何の名誉も得られない人生よりは、一度だけでも名誉を得られる人生を選択するべきでしょう。

では、どうすれば名誉を得ることができるのでしょうか?

名誉を得る人になるための方法を詳しくご紹介していきます。

自分で課題を見つける


ただ漠然と「名誉を得たい」と思っていても、どんなことで自分が名誉を得られるのかが分からなければ、結局は何もできずに終わってしまうだけでしょう。

自分が名誉を得たいと思ったら、まずは具体的にどのような名誉を自分が欲しているのかをよく考えてみましょう。

名誉の内容については特にこだわりがないのなら、自分がどんな分野でならば他の人たちよりも上に立つことができるか、また輝かしい行動が出来るのかを考えます。

勉強が得意な人は、勉強の分野の中で、自分なりに何かしらの課題を見つけて、それに取り組みましょう。

また、運動が得意な人は、スポーツ大会などで上位になれるように一生懸命に努力しましょう。

人一倍努力を重ね、他の人たちから抜きんでることができれば、名誉は得やすくなります。

名誉はいくら努力をし続けても、目に見える結果が出なければ中々得ることはできません。

そのため、目に見える結果を用意した上で、それに対して自分が一生懸命に努力するという方法が、最も名誉を得るための近道になると言えるでしょう。

そのためにも、まずは自分がどんなことで名誉を得たいのか、また得られそうかを考えて、自分なりに課題を見つけましょう。

誰かに言われた通りに動きすぎない

名誉というのは、誰かの下で動いているだけではなかなか得ることができません。

司令塔である人につき従っていれば、その指示通りに動けばいいだけですので、楽と言えば楽でしょう。

しかし、誰かの下で他人の指示に従っているだけでは、自分が新しい発見をすることはできませんし、仮にできてもそれを自分の手柄にすることはできないでしょう。

仕事や研究など、基本的な部分は人に指示されることはあっても、あまり言われた通りに動き過ぎることなく、自分の意思を持って動くことが大切です。

それができれば、自分なりに考えて行動に移し、その結果周りの人たちから自分の行動を認めてもらえ、名誉を得ることも可能でしょう。

何かをするときはただやるだけでなく、付加価値をつける

ビジネスではよく「付加価値」という言葉が用いられますが、この言葉には「生産過程で新たに付け加えられた価値」という意味があります。

例えば千円である商品を作った場合、それを千円のままで販売しても、自分のところには何のプラスにもなりませんよね?

千円で作ったのなら、販売時には3千円の値にすることで、その商品が売れた時には2千円が自分のところには利益として入ってきます。

この利益こそが、商品に負荷された価値そのものです。

このように、何かをするときには、ただやるだけでなく、必ず付加価値を付けるようにしましょう。

付加価値を付けることによってやる気も向上しやすくなりますし、元々の結果よりもより良い結果を生み出すことができるでしょう。

そして元々の結果よりも、良い結果を生み出すことができたなら、その結果は周りに評価され、名誉も得やすくなります。

先読みをして行動する

どんな物事も、先読みして行動することで無駄を省き、また最良の結果を出しやすくなります。

例えば営業の仕事で、取引先の会社に挨拶をする時には、相手の都合の良い時間帯を予め予想していくつか候補を挙げておくことで、相手もその候補内から時間を選べます。

またこちらもそれに合わせて一日のスケジュールを組むことができるでしょう。

過ぎた先読みは反対にトラブルを招くこともあるため、やり過ぎは禁物です。

ですが、先読みできることであれば、先読みして考えたり、行動計画を練ったりすることで、周りの人たちよりも素早く行動することができます。

また結果を出すこともできるでしょう。

常に先読みして行動に移していると、その行動自体が周りに評価されることがありますし、素早く良い結果を出せるようになれば、周りからは認められて、場合によっては名誉を得ることも可能でしょう。

しっかり計画を立てる

先読みして行動する場合には、しっかりと計画を立てることが重要です。

先読みだけして無計画に行動してしまうと、いざ先読みした結果が予想とは違っていた場合にトラブルになったり、パニックに陥ってしまったりします。

また、場合によっては先読みした行動が、周りから「勢いだけで無計画で、無責任な行動」だと思われてしまうこともありますので、先読みした後はしっかり計画を立てるようにしましょう。

さらに、先読みする場合には必ず1つだけでなく、いくつかの可能性を考えて計画を立てましょう。

1つの事に対して、複数の可能性を考えて、その全てに対処できるように準備をしておくと、いざ先読みした内容が違っていた時でも、パニックになることなく落ち着いて対処できるようになります。

信頼を得るようにする

名誉を得ている人の多くは、周りの人たちからの信頼も厚く得ています。

信頼があるからこそ、周囲の人たちはその人の実力や能力を素直に認めて、名誉を与えようとするでしょう。

名誉を得るためには、何はともあれまずは周りの人たちからの信頼を得る努力が必要です。

人の信頼を得るためには、できるだけ相手の期待に応えたり、裏切ったりしないようにしましょう。

とはいえ、何でも人の言うことに従ったり、機嫌をとったりするのでは、単に周りにとって都合のいい人になってしまいます。

相手の都合の良いように振舞うのではなく、自分が無理なく助けられる時には相手を助けたり、一度手を出したのなら最後まで責任を持ったりしましょう。

また、一度相手に対して口にしたことをコロコロと変えなかったり、約束をしっかりと守ったりしていれば、自然と周りの人たちからの信頼を得られるようになります。

責任感を持つ

常に自分の行動や発言に責任感を持つことで、周囲の信頼を得やすくなります。

相手に対して責任感を持つことも大切ですが、自分自身の行動に対しても責任感を持つことで、それを見た周りからの印象も良くなるでしょう。

例えば「今日からダイエットをする!」と高々と宣言をしていた人が、翌日には暴飲暴食をしていたら、誰もが「この人は口先だけなんだな」と思うでしょう。

しかし宣言した翌日から、毎日のように食事制限をして運動もし、実際に痩せていったら、周りは「この人は一度口にしたことはきちんとやり通す人なんだな」と思うでしょう。

自分の発言や行動に責任を持っている人は、周りの人から好感を持たれますし、それだけ信頼もされやすくなるでしょう。

時には人に頼る

名誉を得るためには、自分が一生懸命に努力しなければなりませんが、だからと言ってムキになって何でも自分だけでやろうとしても逆効果になってしまうこともあります。

グループで一丸となって一つのことに取り組む時には、全員で協力し合わなければなりません。

ですが、自分が名誉を得たいからといって、自分ばかりが何もかもやろうとすれば、他のメンバーの迷惑になってしまうこともあるでしょう。

場合によっては、自分だけで何もかもやろうとするのではなく、時には人に頼ることで周りの人たちとの関係を良くすることもできます。

何でも自分だけでやろうとするのではなく、周りの人たちと協力し合いながら、最終的には自分が周りをまとめて一つのことを達成させる方が、周りからは尊敬され、名誉も得やすくなるでしょう。

モチベーションを高く持つ


名誉を得るためには、人一倍努力を重ねたり、目標を高く持ちそれに向けて常に進み続けたりせねばなりません。

それは誰にでもできそうで、しかしそう簡単にできることではありません。

どんなに努力しても、芽が出なければ途中で諦めの気持ちが生まれてしまいますし、自分よりも優れた人がいれば、「あの人にはどうやっても勝てない」と気持ちが萎えてしまったりします。

どんなにやる気になっても、辛いことや苦しいことがあると、誰にでも挫折や諦めの気持ちは生まれてしまうものですので、その気持ちに打ち勝つことはそう簡単ではありません。

しかし、諦めの気持ちに負けることなく、モチベーションを高く持ち続けることができれば、いずれは成功や達成をして、名誉を得ることも可能でしょう。

モチベーションを高く持つことで、常にやる気を持って行動に移せますので、日頃からモチベーションを高く持てるように意識して過ごしましょう。

名誉を得られやすい環境を作る

どんな名誉を得たいのかは人によって違いますが、名誉を得たければ、それを得られやすい環境を作ることで、名誉を得る可能性を高くすることができます。

例えば懸賞に応募する際に、狙った懸賞を当てたいと思ったら、できるだけ当選の可能性を上げるために、何十枚もハガキを書いたり、ハガキの内容を凝ったものにしたりしますよね。

それと同じように、名誉を得たいと思ったら、名誉を得るために必要だと思えるものをすべて自分の周りに揃えるようにしましょう。

日頃から言動や行動に気を配り、周りの信頼を得ることはもちろん、努力を重ねて、結果を出しやすいように自ら積極的に行動します。

少しでも名誉を得られるように、自ら可能性を上げることによって、より名誉にも手が届きやすくなるでしょう。

相手の立場になって考える

名誉を得るためには、自分で一生懸命に努力することが大切ですが、だからと言って自分のことばかり優先して行動しようとしても、なかなか上手くはいきません。

自分が名誉を得るためには、周囲の信頼を得ることが必要ですし、周りの人たちから認められる必要があります。

どんなに実力や才能があっても、周りの人たちをないがしろにした行動を取っていると、せっかくの能力を認めてもらうことはできません。

また、まともに評価してもらうこともできないでしょう。

名誉とは自分で思うものではなく、あくまでも他者の存在によって与えられるものです。

周りが「この人は素晴らしい人だ」と認めることによって、その評価がその人の名誉となります。

周りの人たちに認められなければ名誉を得ることはできないため、周りに自分が認めてもらうためにも、常に周りや相手の立場になって考えられるような、気遣いの心を育てましょう。

気遣い上手になれば、それだけ名誉を得るチャンスが巡ってくるでしょう。

名誉を得ることができる人の特徴とは

世の中には、名誉を得やすい人と、得にくい人とがいます。

一見するとそこまでたいしたことはしていないのに、何故か周りから認められ、もてはやされて、名誉を得られる人もいれば、どんなに努力しても名誉を得られない人もいます。

名誉を得やすい人というのは、周りの人たちから認められたり、気に入られたりしやすい特徴を持っています。

そのため、実際には名誉を得るまでには至らなくても、その人柄によって容易く名誉を得てしまうこともあるでしょう。

一体どんな人が名誉を得やすいのでしょうか?

その特徴を具体的に挙げていきます。