人の感情は、人によって様々です。

同じ事を同じように経験したとしても感じる内容は人によって全く違ってくる事もあるでしょう。

だからこそ、自分が楽しいと思っている事も周りの人にとっては苦痛な場合もあります。

勿論、その逆だってある事でしょう。

だからこそ、周りの人の気持ちをきちんと考えて行動する事はとても大切な事です。

自分の事しか考えず、自分の感情がみんなと同じだと過程して行動してしまうと、周りの人を困らせたり嫌な気持ちにさせてしまう場合もあります。

だからこそ、周りの人の気持ちを想像する事を忘れてはいけません。

ですが、皆が皆周りの人の事を考えて行動してくれるわけではありません。

人によっては自分の事しか考えていないような人も居る事でしょう。

そのせいで自分が嫌な思いをする事だってあるはずです。

自分が他人と一緒に過ごす場合には、相手の気持ちを考えて行動する事が大切です。

けれど、もし周りの人が自分の事を考えてくれず自分勝手に行動しているのであればそんな人に対しては自分の気持ちをはっきりと伝えなければなりません。

自分が周りの人に対してしている気遣いを、全ての人がしてくれるとは限らないのです。

人によっては全く何も気にせず、自分の好きな事ばっかりしてくるような人だっているのです。

そんな人に対してイライラした気持ちを持ってしまうのも分かります。

なんであの人は、他人の事を考える事が出来ないんだろうと思う事だってあるでしょう。

けれど、そうは言ってもその人はそういう人なのです。

こちらからの働きかけで変わる事などないかもしれません。

そうなのであれば、自分が変わるしかないのです。

自分の事しか考えず、こちらの気持ちや意図を察する事が出来ないような人に対しては、思っている事を直接話ていきましょう。

気持ちは言葉にしなければ伝わりません。

だからこそ、自分の気持ちを思い切って相手にぶつける事が大切なのです。

しかし、人によっては自分の気持ちを相手に伝える事を苦手としている人も居るかもしれません。

本当は言いたいことがあっても我慢しているような事もあるでしょう。

だからこそ、今回は自分の気持ちの上手な伝え方についてご紹介させていただきます。

今までは、他人の意見が気になってしまう事も多く自分の気持ちを相手に伝える事が出来ないと言う人も沢山いた事でしょう。

ですが、上手に伝えるコツを身に付ける事が出来るようになればその負担を軽減させる事が出来るようになるはずです。

自分に出来る事を意識して行動していきましょう。

頭の中で考えていることを上手く言葉にする6個のコツ


それではここからは、自分の気持ちを上手く相手に伝えるコツについてご紹介させていただきます。

人によっては何も考えず自分の気持ちをズバズバ言う事が出来る人も居る事でしょう。

それは素晴らしいことであり、自分が生きやすい状況を作る為にはとても重要な事です。

一方で、人によってはなかなか自分の気持ちを他人に対して、話をする事が出来ないなんて人もいるかもしれません。

他人に自分の気持ちを話す事が出来ない人の場合、多くが周りの人の意見を気にしすぎてしま手いるのでしょう。

自分が発言をする事によって、周りの人にどう思われているかが気になって行動する事が出来ないのです。

もし、自分が話した内容が相手を傷つけてしまったり意見が合わない事によってまわりから浮いてしまうのではないか。

そんな不安があり、上手く行動に移す事が出来ないのです。

けれど、それは自分の中で考え過ぎてしまっているだけという場合もあります。

周りの人の意見が知りたいからこそ、相手に上手く自分の気持ちを伝える事が出来ないと言うのも分かります。

それだけ相手の気持ちを考えてこその行動であり、人間としてはとても優し人なのでしょう。

けれど、そのせいで自分が我慢する事になってしまっては意味がありません。

我慢はいつか必ず爆発してしまうものなのですから。

だからこそ、相手に上手に伝える方法を身に付ける事が大切です。

自分の気持ちを上手に相手に伝える事が出来るようになれば、おのずと周りの人との関係も良いものになっていくのではないでしょうか。

起承転結を意識する

誰かに話をする際、意識しなければならない事があります。

それは、起承転結を付ける事です。

起承転結を付ける事によって、より話の内容が相手に伝わりやすくなります。

つい自分が伝えたい内容があると、言いたいことだけを口に出してしまう事もあるでしょう。

ですが、主語がない話では全く相手には伝わりません。

ましてや、話の流れが全く分からなければ相手に理解して欲しいと願ても難しい事も多々ある事でしょう。

だからこそ、誰かに話をする際には起承転結を意識する事が大切なのです。

自分の気持ちを相手に伝えたいという気もちが強すぎてしまうと、自分の言いたい事だけを話してしまうという事もあります。

ですが、それでは相手の人に自分の気持ちを理解して貰う事などできないでしょう。

余計に話がややこしくなってしまう事だてあるかもしれません。

だからこそ、自分の気持ちを優先するのではなく、いかに相手に上手に伝える事が出来るかを意識する事が大切なのです。

自分としては、相手に自分の気持ちを伝えているつもりなのにも関わらず周りの人には自分の気持ちが理解して貰えないと思っている人も居る事でしょう。

そのせいで周りの人を責めるような気持ちになっている事だってあるはずです。

しかしながら、もしかしたらそれは自分が悪いのかもしれません。

相手に理解して欲しいという気持ちを持っているのであれば、そもそも理解できるような話し方をする必要があります。

自分が分からない話し方をしているのにも関わらず、理解しない相手を責めるのはおかしな話です。

もし、自分の話がなかなか理解して貰えないと感じるのであれば、一度話し方を見直してみてはいかがでしょうか。

相手に分かりやすく伝える努力をする

相手自分の気持ちを理解して貰いたいと思う事は悪いことではありません。

そう思う事によって、周りの人とのコミュニケーションを積極的にとっていく事が出来るようになる事だってあるでしょう。

だからこそ、自分の気持ちを相手に伝える事はとても必要な事であり、それをする事によって自分の人生をより前向きに進めていく事が出来る事だってある事でしょう。

ですが、それはただやみくもにすれば良いというわけではありません。

自分の気持ちがを相手に分かって欲しいと思う場合、その気持ちが大きすぎるあまり相手に対しての伝え方が直球になってしまう場合もあります。

そのせいで、相手からすると今以上に話が見えなくなってしまう事もあるかもしれません。

本当に自分の事をわかって欲しいと言う気持ちがあるのであれば、周りの人に分かりやすく話をする努力が必要です。

そもそも人の気持ちなど分かりにくいものです。

その中で、伝える努力をしないまま理解して欲しいという気持ちが間違っているのではないでしょうか。

本当に自分の事をわかって欲しいと言う気持ちを持っているのであれば、相手に出来るだけ分かりやすく自分の気持ちを説明する事が大切なのです。

自分の常識がすべての人に伝わるわけではありません。

だからこそ、出来るだけ相手の立場に立って分かりやすさを意識して話をしていきましょう。

自分が聞き手だった場合を想像する


自分の気持ちを言葉にする事は難しいものです。

つい自分の言葉で言いたいように話をしてしまう事もあるでしょう。

ですが、それをしても相手にはなかなか気もちは伝わりません。

むしろ、きちんと伝わるどころか、相手に誤解を与えてしまうような事だってあるかもしれないのです。

同じ内容でも、話し方一つで相手の持つ印象も大きく変わっていきます。

だからこそ、自分の気持ちを伝える事を意識しすぎてしまう事は良いことだとは言えないでしょう。

それでは一体どのように相手に自分の気持ちを伝えればいいのでしょうか。

一番大切な事は、自分が聞く立場だったらどうするかを考えて行動する事です。

相手の立場に立って行動する事によって、自分ならどんな話し方をされたら分かりやいすのかという事を考える事が出来るようになるでしょう。

相手の立場に立って話をする事によって、視点を変える事が出来るようになります。

見る景色が違えば、感じる事も変わってくるはずです。

だからこそ、それを意識して行動する事によって、結果的に相手にとっても分かりやすい話し方をする事が出来るようになる事でしょう。

どんな言葉ならわかりやすいのか

自分の中で常識としている事も、相手にとってはそうではない場合もあります。

だからこそ、自分が分かる話し方をしている場合には、相手にとっては全く理解できないような話し方になってしまっている場合もあります。

それでは結果的に相手に自分の気持ちが伝わる事はないでしょう。

もし
自分の気持ちをもっと理解して欲しいという思いがあるのであれば、分かりやすい話し方をするように意識して行動していきましょう。

自分の言葉は相手にとって分かりやすいのか。

もし分かりにくのであれば、どんな言葉を使う事が一番いい方法なのか。

それを考える事が大切なのです。

全く何も考えずに行動する事を考えれば、意識して行動する事はとても大切な事だと言えるのではないでしょうか。

自分なりの独自の考えをしっかりまとめる

誰かに自分の気持ちを理解して欲しいと思う場合、まず自分の気持ちを自分自身が理解する必要があります。

何も考えずに発言をしていては、周りの人にはなかなか伝わりません。

ましてや自分でも自分の気持ちが分かっていないのにも関わらず、相手に自分の気持ちを理解して欲しいなどと思うこと自体が間違っているのです。

本人が分からない事を、周りの人が理解で出来るはずがないのですから。

だからこそ、自分の気持ちを理解して欲しい気持ちを持っているのであれば、まずは自分自身が自分を理解する所から始めましょう。

自分の考えをまとめる事は、自分の中の気持ちを整理する事にもつながります。

そうする事によって、結果的に自分の事を知る事にも繋がるのです。

自分の事を理解する事が出来るようになれば、おのずと自分の気持ちも分かりやすく相手に伝える事が出来るようになるのではないでしょうか。

だからこそ、自分の気持ちをまとめる事はとても大切な事なのです。

自分の考え方が周りの人と違っていたとしても気にする必要はありません。

まずは自分がどう思っているのか。

今後どうしていきたいのか。

それを知る事が何よりも大切な事なのです。

感情的にならず冷静な口調で丁寧に話す

自分の気持ちを伝える事が苦手な人の中には、話をする事が苦手という人ばかりではありません。

中には、自分の気持ちを伝えているのにも関わらず、周りの人から理解して貰う事が出来ない。

そんな人も居るかもしれません。

そんな人の場合、もしかしたら原因は自分にあるのかもしれません。

自分の伝え方が分かりにくいからこそ、周りの人に気持ちを理解して貰う事が出来ないのです。

ですが、多くの人は自分の間違いには気が付きません。

きっとどこかで理解してくれない人が悪いと感じてしまうのです。

そのせいで、周りを責めるような言い方になってしまう事もあるでしょう。

それがヒートアップすればするほど、言い方がきつくなってしまったり喧嘩腰になってしまう事もあります。

話を聞いて欲しいと思っていながらも、喧嘩腰な言い方になってしまっては相手の人に自分の気持ちを理解して貰う事などできないのではないでしょうか。

むしろ、余計にややこしい事になったり誤解を与えてしまうような事だってあるかもしれないのです。

だからこそ、話の仕方を意識する事も大切な事です。

自分の気持ちを理解して欲しのであれば、伝える方法も大切です。

自分は何も努力をしていないのにも関わらず、相手に自分の事を考えて行動して欲しいという事は間違っています。

だからこそ、自分の気持ちをわかって貰う事が出来るように意識して話をするようにしていきましょう。

それをする事によって、もっと効率的に相手に理解して貰う事が出来るようになります。

感情的な話し方は相手に不快感を与える

相手に自分の気持ちを理解して欲しいという気持ちがあるのであれば、相手の事を思った話し方をする必要があります。

相手が不快と感じるような話し方をする事はいい事だとは言えないのです。

出来るだけ気持ちを抑えた話し方をする事によって、自分の気持ちを理解して貰う事が出来るようになる事でしょう。

同じ話し方をしていても、明らかに怒ったような話し方をする人に対しては誰もが嫌悪感を感じるものです。

話を聞く事すら止めてしまいたくなってしまう事でしょう。

それでは結果的にどんな話をしても意味がありません。

だからこそ、話し方は相手に伝える意味でとても重要な事だと言えるでしょう。

感情的な話し方になりがちな人は、それだけで相手に不快な気持ちを与えてしまっている場合もあります。

だからこそ、そうならないようにする為にも自分の感情を抑え出来るだけ冷静に話をするように意識してきましょう。

そうする事によって、自分の気持ちをより的確に相手に理解して貰う事が出来るようになります。

本当はいい事を話していたとしても、感情的になっているせいでその本質が相手に伝わりにくいなんて事もあるでしょう。

だからこそ、意識して話をする事が大切なのです。