サマソニに行くことになったけど…それって、どんなイベントで何を準備すればいいの?

と、お困りではありませんか?

今回は、サマソニ初心者のために、サマソニのこと、サマソニを楽しむための準備や服装のことをご紹介します。

夏の一大イベントとなるサマソニ!

準備万端で素敵な夏の思い出を作りましょう♡

夏の一大イベントサマーソニック!サマソニって何?

今や“サマソニ”として、すっかりお馴染みとなった夏の一大イベント『サマーソニック』。

皆さんはご存知ですか?

もう参加したことがある人も多いかと思いますが…まだ参加してみたことがない人も、名前だけは聞くけどどんなイベントなのか分からない人もいるのでは?

そんな“サマソニ初心者”のために、まずはサマーソニックについて解説します。

サマソニとは

サマーソニック、通称“サマソニ”は、毎年8月に2日間かけて行われる都市型ロックフェスティバルです。

クリエイティブマンプロダクションという会社が企画・運営をしており、現在は千葉と大阪で開催されています。

千葉の会場となるのが『ZOZOマリンスタジアム』と『幕張メッセ』。

大阪の会場となるのが『舞洲SONICPARK』です。

サマーソニックは2000年から開催されており、規模拡大とともに初回の開催場所と現在の開催場所は変更になっています。

サマソニが誕生したのは2000年!

サマソニを企画・運営するクリエイティブマンプロダクションは、ロックフェスや国内外のアーティストのライブを企画するプロダクション。

サマソニの開催は、同社が10周年を迎えるにあたって立ち上げた企画なのだそうです。

初回動員数は68,000人。

それが2007年には20万人の観客動員数へと拡大し、今や夏の一大フェスとなっているわけです。

サマソニ人気の秘密

サマソニがこれだけ人気になったのは、気軽に行ける都市型の夏フェスというコンセプトにあるようです。

また、時代の変化にあわせて出演アーティストのジャンルを多様化させていることも特徴のひとつ。

10代から40代くらいまでの幅広い層のファンが参加できるアーティストのブッキングが、人気の秘訣となっています。

著名な外国人アーティストからJ-POPまでが一同に会するサマソニ!

暑い夏をより熱く、最高の思い出にしてくれること間違いなしのイベントが、サマーソニックなのです。

これさえあればバッチリ!サマソニを全力で楽しむための17個の準備を教えます!

今年2019年で、20周年となるサマソニ。

とはいえ、まだまだ参加したことがない人もいますよね。

サマソニ初参戦の人にとっては、まだまだイメージがつきにくいイベント。

ドキドキわくわくする一方、「何を準備したらいいのやら…?」「楽しめるかな?」と途方にくれていませんか?

そこでここでは、『サマソニを全力で楽しむための17個の準備』をまとめました。

サマソニに行ってみてから、「あれもってくればよかった(泣)」「あれがあればもっと楽しめたのに!」なんて思いをしないよう、サマソニのベテランから必需品を伝授してもらいました♡

サマソニに行くなら「これがなければ始まらない!」「これさえあればバッチリ!」というグッズをご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

1.チケット


サマソニを全力で楽しむための準備その1は、『チケット』です。

気軽に参加できる都市型フェスのサマソニですが…ふらっと参加できるわけではありません。

当然ながら、チケットがなければ始まりません!

サマソニは、毎年出演アーティストが異なるという性質上、その年によってチケットの売れ行きが全く異なってくるのも特徴のひとつです。

ですから、人気アーティストが出演するとなればチケットの入手が難しくなることもあるし、出演アーティストによっては入手しやすい年もあるそうです。

サマソニチケットの金額とは

チケットには種類があり、『1DAYチケット』『3DAYチケット(2019年開催サマソニは3日間開催)』『プラチナチケット』の3つ。

2019年のサマーソニック東京の場合、1DAYチケットは15,000円(税込)、3DAYチケットは39,000円(税込)、プラチナチケットは25,000円(税込)となっています。

サマーソニック大阪では、1DAYチケットが13,800円(税込)、3DAYチケットが36,000円(税込)、プラチナチケットは東京会場と同額となっているようです。

プラチナチケットとは、特典付きの1DAYチケット。

プラチナチケット購入者専用のヴューイングエリアやラウンジ、クロークやトイレまでもが専用になるなど、VIP気分でサマソニが楽しめる特別なチケットになっています。

サマソニチケットの発売日は?

チケットの販売方法にはいくつか種類があり、CREATIVMAN会員の先行チケットやオフィシャル先行チケットが1月末頃から2月上旬にかけて、先着の通常先行チケットが2月半ばから末にかけて販売されています。

これらは限定数での販売になるので、年明け早々にサマソニ目指して計画を立てる必要がありますね。

一般チケットの発売日は、2019年の場合で5月25日からとなっています。

5月なら夏の予定も立つ頃!早々にサマソニの予定を確認して、スケジュールを押さえてしまいましょう。

2.現金

サマソニを全力で楽しむための準備その2は、『現金』です。

チケットを入手できたら、サマソニへの参戦が確定!

夏は、サマソニで盛り上がりましょう♡

…でもその前に、サマソニへの参加が決まったら、より楽しむためのアイテムの準備が必要です。

サマソニのベテラン参加者によると、まず必要なのが“現金”なのだそう。

最近ではどこでもキャッシュレスになっているので、うっかりしていると「お財布に現金が無い!」ということもありますよね。

しかしフェスの場合、飲食物やグッズの購入に現金が必要なこともあります。

キャッシュレスで大丈夫かどうかはフェスの企画や出店者にもよるので、現金は準備しておいた方が良さそうです。

3.スマホ


サマソニを全力で楽しむための準備その3は、『スマホ』です。

サマソニに参加する世代なら、ほとんどの人がスマホ、もしくは携帯をもっているはずです。

お出かけするときにスマホや携帯を置いてきてしまう人はいないと思いますが…サマソニへの参加に浮かれてうっかり忘れてしまわないようにしましょう。

サマソニは大規模なイベントとなり、集まる人数も凄まじいモノがあります。

その中で友達とはぐれてしまったら…スマホなしにはどうにもなりません。

イベント参加前の待ち合わせから、場内での位置確認まで。

友達が見つからなくて探し回っていたら、イベントを楽しむどころじゃなくなってしまいますよね!

また、スマホがあればタイムテーブルの確認ができるなど、情報源として重宝します。

サマソニに出かける前には、必ずスマホを持っているか、チェックしておきましょう。

ただ、スマホでアーティストの撮影やライブの録画・録音をすることは禁止されています(もちろん他の機器でも)。

出演者・参加者ともに楽しむためのマナーとなりますので、ぜひマナーを守って参加しましょう!

4.モバイルバッテリー

サマソニを全力で楽しむための準備その4は、『モバイルバッテリー』です。

スマホを忘れずに持って行っても、怖いのが充電切れです。

充電が切れてしまったら、持っているスマホも何の意味も持たなくなってしまいます。

1日くらい大丈夫と思っても、友達同士で記念撮影をしたり、情報を調べたりと、何かと充電を使ってしまうのがサマソニです。

万が一に備え、モバイルバッテリーは持って行った方が安心です。

モバイルバッテリーは、持っていれば普段も役に立ちますし、災害時にもあると便利です。

まだ持っていない人は、サマソニ参戦をキッカケに購入してみては?

購入して損はないので、ぜひひとつは準備しておきましょう!

5.タオル

サマソニを全力で楽しむための準備その5は、『タオル』です。

サマソニは夏のイベントです。

しかも熱さ真っただ中の8月開催が基本!

ステージは屋内にもありますが、屋外ライブもあるので汗をかきまくることを前提に考えておかなければなりません。

ですから、サマソニにタオルは必需品となるのです。

サマソニは屋内外にいくつものステージが設置されています。

会場はかなりの広さになっていて、炎天下の中を歩き回ることも。

もちろん、炎天下の中ライブで一心不乱に盛り上がっていれば、汗のかきかたもハンパなものじゃないでしょう。

屋外ライブでは日差しを遮るモノがありませんので、タオルがなければ悲惨なことになってしまいます。

ちょっとした日よけ対策にも使えると思うので、サマソニに参加するならタオルを忘れないようにしてください。

6.飲み物

サマソニを全力で楽しむための準備その6は、『飲み物』です。

夏の炎天下の中歩き回ったり、ライブで盛り上がったりするサマソニ。

考えられるのは熱中症です。

ですから、水分補給を欠かさずに行うことは、サマソニを最後まで楽しむために欠かせません。

サマソニ会場へ到着するまでも、サマソニ参加中でも、いつでも水分補給ができるように、飲み物を持ち歩くことを忘れないようにしましょう。

ただ、野外ステージのブロック内や、屋内ステージには水の入ったペットボトルしか持ち込めません。

それ以外の場所でも、持ち込めるのはペットボトルになりますので、瓶・缶類の飲み物を用意しないように注意しましょう。

サマソニでは飲食ブースもたくさん用意されているので、会場内でも購入することができます。

ただし、混んでいて大変だったり、ライブ中でその場を離れられなかったりすることもあるかもしれませんよね。

ミネラルウォーターを持っておくことは、いざというときの助けになるはずです。

7.保険証

サマソニを全力で楽しむための準備その7は、『保険証』です。

夏の炎天下の中イベントに参加するサマソニ。

先ほどお伝えしたように、気を付けていても熱中症など、具合が悪くなることもあるかもしれません。

そんなとき、保険証があると救急処置の際にスムーズです。

自分は大丈夫と思っても、念のため保険証をもっていると安心です。

ただ、保険証を持ち歩くのは失くす心配もありますよね。

その場合は保険証のコピーでも構いませんよ。

また、もし体力に不安があるなら、事前に救護テントの場所を確認しておくのも対策のひとつです。

大勢の参加者の混乱の中で具合を悪くしてしまうと、周囲の人がなかなか気づいてくれないこともあるでしょう。

自分の体調管理はしっかり自分で行えるよう、事前に対策を考えておくこともサマソニ参加の際に大切なことです。

8.日焼け止め

サマソニを全力で楽しむための準備その8は、『日焼け止め』です。

何度も言いますが、サマソニは夏の日差しが強い時期、屋外でライブを見たり移動したりすることが多いイベントです。

つまり、長時間紫外線を浴び続ける環境になるわけです。

ですから、日焼け止めも必須アイテムとなります。

日焼け対策に朝日焼け止めをバッチリ塗るから大丈夫!

…ではないのがサマソニです。

汗をかくことも必至なイベントですから、朝塗った日焼け止めはあっという間に落ちてしまうでしょう。

ですから、日焼け止めを持参して定期的に塗りなおすことが、日焼け対策になるのです。

もちろん、夏フェスに参加するんだから日焼けは勲章!

という人はいいかもしれませんが…日焼けして皮がむけてしまったり、真っ黒に焼けたりして、その後の仕事に支障があったら大変ですよね。

女性はとくに、紫外線による肌への影響が計り知れません。

サマソニ参加後に後悔しないように、日焼け止めは必ず持参しましょう。

9.着替え

サマソニを全力で楽しむための準備その9は、『着替え』です。

サマソニに参加したら汗をかく!そして屋外イベントでは服が汚れる!そんなことを想定して、着替えを持っておくのもおすすめです。

夏なので着替えもTシャツなどコンパクトなもので済むと思うので、1枚持っておくといざというときに重宝するでしょう。

もちろん、着替えてもまた汗をかく可能性はありますが、夕方の涼しくなってくるタイミングや、帰る前に着替えられるようにしておくと、汗をかいたTシャツで体が冷やされて風邪をひいてしまう心配も少なくなるはずです。

夏の時期とはいえ、汗をかいた服のまま過ごしていると、体はかなり冷えるものです。

若い子はいいかもしれませんが、20代後半~30代の人などは、夏の冷えも深刻です。

途中で体調を崩さないためにも、万全の準備を整えておきましょう。

10.雨具

サマソニを全力で楽しむための準備その10は、『雨具』です。

サマソニには屋外ステージもありますが、基本的に雨天決行!です。

それに、晴れていても夏は通り雨があることも。

最近では夏といえば、ゲリラ雷雨ですよね。

ですから、サマソニに参加するなら雨具も必須なのです。

とはいえ、フェス参加中に傘をさすのは邪魔なだけ。

雨対策には、レインポンチョやレインコートがおすすめです。

ポンチョやレインコートなら、手がふさがらないので両手を自由に使えます。

視界も狭くなりすぎないので、雨の中でも存分にイベントを楽しむことができますよ!

また、もし悪天候が予想されているなら、事前にレインブーツを履いておくのも良いでしょう。

今はファッションの邪魔をしないオシャレなレインブーツも多いので、もし晴れてしまってもオシャレの一部として楽しめるはずです。

雨が降ると、会場によっては足もとがドロドロになってしまう可能性もありますよね。

サマソニに参加するときは、ぜひ事前の天気予報チェックを欠かさずに、服装を考えるようにしましょう。

11.首掛けタイプの防水スマホパック

サマソニを全力で楽しむための準備その11は、『首掛けタイプの防水スマホバック』です。

友達と連絡を取り合ったり、タイムテーブルを確認したりと、何かと手元に置いておきたいスマホ。

バッグに閉まってしまうと、その都度取り出したり閉まったり…ちょっと不便ですよね。

ですので、首にかけてしまうのが安心です。

無くさずに済むし、必要な時にすぐに手に取れるので、フェスではスマホを首からぶら下げて置く人も多いんです。

ただ、屋外ステージもあるサマソニでは、いつ雨に降られるか分かりません。

また、盛り上がって飲み物がかかってしまったりもするかもしれません。

防水スマホだとしても、やっぱり心配ですよね。

そこでオススメなのが、防水タイプのスマホバックです。

防水タイプならスマホが水に濡れてしまう心配もないし、汚れからも守れて安心です。

12.小さめの財布

サマソニを全力で楽しむための準備その12は、『小さめの財布』です。

サマソニでは、ライブで盛り上がったり会場を移動したり…荷物が多すぎると負担になることも。

ですので、出来る限り荷物はコンパクトにまとめるのが肝です。

とくにお財布は、長財布だとスペースもとるし重いしで不便です。

現金でも小銭のやり取りが多くなると思われるサマソニでは、小さめの財布のほうが使い勝手も良いでしょう。

それに、大勢の参加者でごった返すサマソニでは、大金やカード類をたくさん持ち歩くのもちょっと不安。

必要最低限の現金や貴重品だけをしまえる小さめの財布にして、身軽にサマソニを楽しみましょう。

13.汗拭きシート

サマソニを全力で楽しむための準備その13は、『汗拭きシート』です。

丸一日かけてのイベントとなるサマソニ。

夏の暑い日差しの中、大量の汗をかくので、汗対策グッズがあると便利です。

タオルはもちろん必須ですが、大量に汗をかくと、タオルで拭くだけではベトベトしてきて不快なときもありますよね。

そこで持っていると便利なのが、汗拭きシートなのです。

長時間の屋外で汗をかき、ベトベトになった肌も、汗拭きシートで拭けばすっきりリセット!気分一新イベントを楽しむこともできるでしょう。

女性はとくに、汗のにおいが気になってしまうはず。

彼とのサマソニデートの場合も、汗のにおいが気になってくるとイベントに集中できませんよね。

パウダー入りでさらさら感のある汗拭きシートや、匂いを押さえてくれるシートなどもあるので、ぜひバックにしのばせておいてください。

14.冷えピタ

サマソニを全力で楽しむための準備その14は、『冷えピタ』です。

“冷えピタ”は、肌に直接貼って熱を冷ましてくれるジェルタイプのシートです。

通常は風邪で熱が出たときなどに利用しますが、実はこれが、サマソニにも重宝するのです。

夏の炎天下の中、屋外ステージのライブに長時間参加していると、体は熱を持って熱中症などになりかねません。

とはいえ、熱を冷ますタイミングもなかなかないので、冷えピタなどが便利になるのです。

冷えピタは、貼っておくことで熱を取り込み蒸発させる仕組み。

ハーブ入りなどの清涼感のある商品もあるので、サマソニにはもってこいです。

最近ではボディ用も販売されています。

熱中症対策に首や脇の下に貼っておけば、より効果的に熱を冷ましてくれるはず。

暑い日差しの中で、1日中サマソニを楽しむためにも、ぜひ持って行ってくださいね。

15.腕時計

サマソニを全力で楽しむための準備その15は、『腕時計』です。

好きなアーティストのライブの時間や、見たいイベントの時間を確認するのに、あると便利なのが腕時計。

スマホでも時間は確認できますが、「手に取って見る」という一連の動作さえも勿体ないのがサマソニです。

ササっと時間を確認してイベントを見逃すことの無いよう、腕時計をしていきましょう。

腕時計は荷物にならないし、持っていて損はありません。

万全な準備でサマソニを楽しみたいなら、腕時計もぜひ忘れずに♡

16.絆創膏

サマソニを全力で楽しむための準備その16は、『絆創膏』です。

必須というわけではないですが、あると便利なのが絆創膏です。

人がごった返すサマソニでは、転んだりぶつかったりして、ちょっとした怪我をすることもあるかもしれません。

そんな時も、絆創膏があれば自分でササっと応急処置できますよね。

きっと救護室に行けば絆創膏をもらえるでしょう。

でも救護室まで行くのも面倒なときがあると思います。

ちょっとした怪我への対策も、絆創膏があればいざというときに役立つはずです。

また、長時間歩いて靴ズレしてしまったときなどにも、絆創膏が重宝しますよ!

絆創膏は、荷物といっても嵩張るようなものではありません。

お財布やポケットにちょこっと忍ばせておけば、自分や友達がちょっと怪我をしたときに処置することができて便利です。

17.カラビナ(ロッカーの鍵をまとめる用)

サマソニを全力で楽しむための準備その17は、『カラビナ』です。

カラビナとは、登山道具のひとつです。

一部が開閉できるようになった金属製のリングで、本来はロープとハーネスなどを手早く繋ぐ道具として使われるものです。

このカラビナが、サマソニにもあると便利だそう。

強度があり開閉が楽なので、鍵をまとめるのにも重宝するようです。

ロッカーを利用するときなどは、鍵を利用することになりますが、鍵って小さくて失くしてしまうこともありますよね。

それに、バックに閉まってしまうと、いざ取り出したいときに探し出すのも手間です。

でもカラビナに鍵をまとめておけば、取り出しやすい場所に管理しておけるし、失くす心配もありません。

地味に活躍するのがカラビナなので、ぜひ用意して参加してくださいね。

サマソニでのおすすめの服装とは

さて、ここまでは、サマソニに参加する際に準備する持ち物についてご紹介しました。

続いては、サマソニを全力で楽しむための服装についてです。

移動が多いために荷物をコンパクトにしたうえで、熱さ対策や雨対策など、さまざまな準備が必要となるサマソニ。

当然、服装もサマソニ仕様にしておかなければなりません!

女性の場合、彼氏や気になっている男性と一緒だと、女の子らしい服装をしたくなるかもしれませんが…、合コン仕様の服装はオススメできません。

その場の雰囲気とイベントに合わせた服装をするのもマナーです。

もちろんそれは、男性にも言えること。

デートだとしても、サマソニを全力で楽しむことを前提に服装選びをしましょう。

Tシャツ

サマソニでのおすすめの服装1つ目は、『Tシャツ』です。

とにかく汗をかく!ことが予想されるサマソニ。

ですから、汗をかいても吸収してくれて、着替えも手軽にできて、尚且つ動きやすいTシャツにすることは外せません。

とくに汗っかきの人は、グレーなどの汗が目立つ色よりも、白地や黒など、汗をかいても目立ちにくいものがいいかもしれませんね。

また、女性ならインナーにタンクトップを着ておくなどすると、汗をかいて下着が透けてしまう心配も少ないかも。

汗をかいたらどうなるか?を前提に服装を準備すると、思う存分楽しめると思います。

ショートパンツ

サマソニでのおすすめの服装2つ目は、『ショートパンツ』です。

トップスをTシャツにしたら、ボトムスはショートパンツにするのが、サマソニテッパンのスタイルです。

移動が多いサマソニでは、とにかく動きやすい服装にすることが肝心!

女性でもスカートは避けたほうが無難だし、男性でもロング丈のズボンよりはショートパンツやハーフパンツなどの熱がこもらず楽なものがオススメです。

スニーカー

サマソニでのおすすめの服装3つ目は、『スニーカー』です。

Tシャツにショートパンツ。

ときたら、足元は夏だしビーサンかな?なんて考える人もいるかもしれませんね。

でも、おすすめはスニーカーです。

確かに、ビーサンは涼しそう。

でも、サマソニでは歩く!ということをお忘れなく。

ビーサンやサンダルでは足が痛くなることもあるので、履きなれたスニーカースタイルのほうが良いようです。

キャップ

サマソニでのおすすめの服装4つ目は、『キャップ』です。

キャップに限らず、麦わら帽子などの“帽子”はサマソニスタイルに必須です。

夏の炎天下の中イベントに参加することになるので、帽子がないと熱中症になる可能性があります。

屋外ステージでは一切日陰げがないと思って!できる限り涼しくする対策が必要です。

サングラス

サマソニでのおすすめの服装5つ目は、『サングラス』です。

眩しい日差しの中でイベントに参加することになるサマソニでは、サングラスもあると便利です。

サングラスは眩しさを押さえるだけではなく、紫外線から目を守るためにも必要となりますよ。

とくにサマソニは、長時間外で紫外線を浴びる環境です。

目のトラブルを引き起こす原因にもなりかねないので、紫外線対策用のサングラスを用意しておくと万全です。

おしゃれのワンポイントにもなるので、オススメですよ♡

小さめのバッグ

サマソニでのおすすめの服装6つ目は、『小さめのバッグ』です。

サマソニに持ってくグッズをたくさんご紹介したので、「大きなバッグに準備しなきゃ」と考えている人もいるかもしれません。

でもサマソニでは、いかに荷物をコンパクトにまとめるかが大事。

とくに場内移動中のバッグは小さめにして、負担にならないようなものにしましょう。

その他のバッグはロッカーに預けることもできるので、ボディバッグや肩掛けバッグなど、両手が自由になるような小さいバッグをひとつ、用意しておいてくださいね。

お揃いコーデ

サマソニでのおすすめの服装7つ目は、『お揃いコーデ』です。

せっかくの夏のイベントなのに、Tシャツとショーパンじゃオシャレができないな…と残念がっているあなた!そんなあなたにおすすめなのが、お揃いコーデです。

彼氏でも友達でも、お揃いコーデにすると、一気にオシャレ度があがりますよ♡

それに、お揃いにしておけばペアと分かりやすいし、相手を探す時にも見つけやすくて便利です。

動きやすい服装でもオシャレを楽しみたい人は、ぜひお揃いコーデを楽しんでみてください♪

サマソニではとにかく動きやすい格好でいよう!

いかがでしたか?

今回は、『サマソニを全力で楽しむための17個の準備とおすすめの服装』をご紹介しました。

サマソニ初参戦の人にとっては、イメージが湧かなくて服にも準備にも迷いますよね。

でも、ご紹介した内容を参考にしていただければ、初参戦のあなたでも思う存分サマソニを楽しめると思います。

初めてのイベントは不安もともなうけど、参加してみれば心配事も吹き飛ぶはず!

ぜひ動きやすい服装で、サマソニを全力で楽しんできてください♡

『あなたの恋愛運は大丈夫?不幸の原因はこれかも』

記事下_無料でオーラ鑑定_0718