思考をスッキリ整理したい!

それなのに、考えても考えても、頭の中がごちゃごちゃしてまとまらない!

そんな状態に陥っていませんか?

思考がまとまらない状態は、とても苦しいですよね。

そこで今回は、『思考をスッキリ整理する13個の方法』をご紹介します。

これらの方法は、ごちゃごちゃに絡み合った思考を整理するキッカケにすぎません。

でも、解決の糸口が見つかると、面白いようにスッキリできるのが思考です。

自分で考えてもどうしようもないときは、ぜひご紹介する方法を試してみてくださいね。

頭の中がごちゃごちゃしてモヤモヤが止まらない!

頭の中がごちゃごちゃ…気分はモヤモヤ…。

なんだか霧がかかって視界が悪いような、そんな状態になることってありませんか?

その霧から抜け出してスッキリしたいのに、何をどう整理すればいいのか分からないんですよね。

そんなとき、もがけばもがくほど深みにハマったりします。

一生懸命考えるほど、迷路に迷い込んでしまうのです。

とても気持ちが悪く、不安でいっぱいになりますよね。

あなたは、思考がまとまらないとき、どう対処していますか?

思考をスッキリ整理する13個の方法とは

思考がまとまらずにモヤモヤするときは、考えるほど深みにはまってしまうことがあります。

考えても出口が見えないときは、考え続けるのではなく別の視点からアプローチすることが大切です。

それは、“思考がまとまらない状態”を把握することです。

自分が、なぜ思考をスッキリまとめることができないのか…。

その原因を突き止めて改善してあげると、嘘のようにスッキリ思考を整理できたりします。

ここでは、『思考をスッキリ整理する13個の方法』をご紹介していくので、自分に当てはまると思うものから試してみてください。

解決の糸口が見つかれば、ごちゃごちゃした頭の中はスッキリ。

モヤモヤした不安な気持ちも解消されて、視界がクリアになっていくはずですよ!

1.紙に書き出す


思考をスッキリ整理する方法その1は、『紙に書き出す』ことです。

なぜ紙に書き出すのが良いかというと、頭の中で考えていることを紙に書き出すことで、思考が視覚化されて、整理しやすくなるからです。

頭の中だけで考えていると、次から次へと色んな事が思い浮かんで、まとまらないことってありますよね?

まとまらないばかりか、思い浮かんできたことを考える間もなく次の思考が浮かんできて、思考が思考で打ち消されるのではないでしょうか。

そして、打ち消されたと思ったら思い出す…。

まるで、10人の友達が一度に違う意見をあなたに言ってくるような、そんなことが頭の中で起きていたりしませんか?

たくさんの人の意見を整理するとき、頭の中で整理できる人も中にはいますが、会議などでは書記がいますよね。

書記が出てきた意見を書きとめることで、次から次へとでてくる意見を逃さず、忘れず、後から熟考できるようにしています。

あなた自身の思考も、会議に置き換えてみると分かりやすいはず。

たくさんの意見をまとめるには、書き出しておくことが大切なのです。

紙に書き出せば、自分の中にでてくる思考をひとつひとつ逃さず、整理してスッキリさせることができます。

紙に書き出し、思考を整理する流れとポイントは4つ。

まず考えていることを全部書き出すこと。

次に瞑想をすること。

さらに書き出した内容を客観的に見ること。

そして、深堀していくことです。

これで余すところなく自分の思考を整理し、答えを導き出すことができます。

後からごちゃごちゃと迷いが生じる可能性も少なく、とてもスッキリ思考を整理することができるでしょう。

考えている事を全部書き出す

頭の中がごちゃごちゃしてモヤモヤが止まらないときは、頭の中で整理しようと思ってもまとまりません。

そんな時は、まず整理することを置いておいて、考えていることを全部紙に書き出してみましょう。

浮かんでくる思考について考えることなく、全ての思考を吐き出すだけでも、だいぶスッキリしてくると思います。

瞑想をする

考えていることを全部書き出したら、次に瞑想をするのがおすすめです。

瞑想をして、頭の中を空っぽにすると、考えていることにフラットな気持ちで向き合うことができます。

書き出した内容を客観的に見る

瞑想をしてフラットな状態になったら、書き出した内容を客観的に見てみましょう。

思考と感情が混じり合った状態ではなく、第3者の視点で書きだした内容を見てみると、冷静に考えていることを整理することができます。

よく、自分のことになると冷静になれないのに、他人のことなら冷静な意見ができたり、適切な判断ができたりしますよね。

思考を紙に書き出すことは、そうした第3者目線で自分を見る効果的な方法です。

深堀りをしていく

思考を紙に書き出し、瞑想して客観的に思考と向き合うと、面白いように事実と向き合うことができるようになります。

自分にとって何が必要か、何が一番大事なことか、じっくり深堀りしてみましょう。

頭の中だけで考えていた時はまるで出口が見えなかったことも、冷静に深堀していくことができるはずです。

紙に書き出して考えることは、自分の思考を自分で整理する上で、もっともやりやすい方法になると思います。

考えがまとまらないときは、ぜひ試してみてください。

2.一人になる

思考をスッキリ整理する方法その2は、『一人になる』ことです。

思考が整理できないときは、一人になって周囲の雑音を排除することも効果的な方法です。

ただでさえ自分のさまざまな思考でまとまらないのに、周囲からあれやこれやと意見されれば、思考を整理するのはさらに難しくなるばかりです。

思考がまとまらないとき、他人に相談して意見を聞くこともあるとは思いますが、ほとんどの場合、答えは自分の中にあるものです。

他人からヒントをもらえることもありますが、最終的に答えを出すのは自分でしかありません。

ですから、一人になって集中して自分の思考を整理するほうが、よほど自分にとって的確な答えを導き出せます。

3.すぐに寝てしまう

思考をスッキリ整理する方法その3は、『すぐに寝てしまう』ことです。

“人は、寝ている間に情報の整理をしている”という話を聞いたことはありませんか?

“睡眠は休息”というイメージもありますが、睡眠中も脳は活動をしているのです。

とくに、記憶の整理と固定のために、睡眠は重要だと言われています。

思考をスッキリ整理させたいときに、すぐに寝てしまうというのは、一見考えるのを辞めて寝てしまえ!という、思考から逃げる方法のように思えますよね。

でも、寝ていることで整理される情報もたくさんあり、起きて考えていてもまとまらないことは、睡眠をとることでスッキリできる場合もあるのです。

あなたも、「起きたときにヒラメキがあった」という経験が一度くらいありませんか?筆者は、何度かあります。

起きた瞬間に「そうだ!こうしよう」と考えがまとまっていたり、「こうすればいいんじゃない?」とアイディアが浮かんでいたりすることが…。

そう上手く整理されるとは限りませんが、考え続けることを辞めて寝てしまうことは、思考を一旦停止させる意味でも役立つはずですよ。

ただ、頭の中がごちゃごちゃしている状態だと、眠ろうにも眠れないときもあると思います。

考えるのを辞めるのって、案外難しいモノです。

そんな時におすすめなのが、瞑想です。

瞑想すると自然と思考が止まり、眠りにつけるようになりますよ。

4.自然や動物に触れる

思考をスッキリ整理する方法その4は、『自然や動物に触れる』ことです。

思考がまとまらないときは、人と触れ合うより、自然や動物に触れることを意識すると、スッキリ整理出来ることがあります。

自然環境の中にいると、脳の働きが良くなることが、研究でも明らかにされているのです。

なぜ自然や動物に触れることで思考がスッキリするかというと、生命維持に必要な思考が、上手く調和してくるからなのだそう。

自然や動物に触れることでの癒し効果は誰もが知っていると思いますが、それはつまり、物事に没頭しやすく、集中力を高めて思考をスッキリさせる状態になれるということでもあります。

多くの人と触れ合う街中や会社などでは、他人の目線や感情に気を遣い、“余計なこと”に気を取られてしまいがち…。

自然や動物と触れ合うことは、そうした“余計なこと”を排除してくれるというわけです。

自然と調和したナチュラルな状態になれれば、自分の思考だけと向き合うことができます。

そうすれば、まとまらなかった思考も、「なんでこんなに悩んでいたんだっけ?」というほど、簡単に答えが出せることもあります。

モヤモヤして思考がまとまらないときは、ぜひ自然や動物と触れ合うことを試してみてください。

5.アロマを焚く


思考をスッキリ整理する方法その5は、『アロマを焚く』ことです。

アロマは、植物から抽出した香り成分で心身の健康や美容のトラブルを回復させる自然療法です。

癒し効果があるとしても知られていますよね。

思考がまとまらずにモヤモヤするときにも、このアロマの香りが役に立ちます。

頭のなかがごちゃごちゃした状態は、心身共にストレスがかかった状態。

交感神経が優位になり、興奮状態になっていると考えられます。

興奮状態にあれば、冷静に思考を整理することもできません。

アロマの香りで副交感神経を優位にし、リラックスした状態にすることは、思考を整理できる状態に導く効果があるのです。

思考は、頭で考えているだけのものと考えがちですよね。

ですが、思考には感情も大きく影響してきます。

思考と感情は、共存することができないと言われているのです。

つまり、感情を感じながら、何かを考えることはできないということです。

思考がまとまらないときには、不安などの感情を持っているから、思考が整理できないというわけです。

また、脳は体とも繋がっていると言われています。

これらのことを考えても、あなたの中で、思考だけを切り離すことはできないのです。

したがって、思考を整理するためには、心の安定、神経の安定が必要ということになります。

ですから、アロマを焚いて高ぶった神経を穏やかにすることは、思考の整理にも効果があると言えるのです。

リラックス効果を得て、心身を思考が整理できる安定した状態に導くには、ラベンダーの精油がおすすめです。

ラベンダーの香りは自律神経に影響を与えると言われており、副交感神経を優位にする効果に期待ができます。

心や体の心配事をなくし、思考を整理することだけに集中できる環境を整えましょう。

そうすることで、スッキリと思考を整理できるようになるはずです。

6.体を動かす

思考をスッキリ整理する方法その6は、『体を動かす』ことです。

運動すると気分がスッキリしますよね?

運動は、ストレス軽減に良いこととして知られています。

実は頭の中がごちゃごちゃしてまとまらないときにも、運動が効果を発揮してくれるのです。

なぜなら、思考がまとまらなくて、必死になってあれこれ考えているときというのは、脳にストレスがかかっている状態だからです。

考えすぎて脳がパニックになり、きちんと働けなくなっているから、思考もまとまらないということです。

そんなときは、じっとして考え続けるよりも、体を動かすほうが思考の整理がしやすくなるのです。

適度な運動は、ストレスを軽減させるとともに、脳を活性化させることが分かっています。

体を動かすことで脳の血流が良くなり、思考力が高まるからです。

また、運動することによって、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが増えるそう。

運動は、睡眠と同じように脳と体を休めてストレスを解消し、疲労を回復させる効果もあるのです。

煮詰まっているときに運動することは、単純に気分転換にもなりますよね。

思考をスッキリさせたいときほど、考え続けるのではなく体を動かす方法を試してみてください。

7.好きな音楽を聴く

思考をスッキリ整理する方法その7は、『好きな音楽を聴く』ことです。

音楽は、心理的に働きかける効果があります。

これは、科学的にも証明されていることです。

ストレスが溜まっているときなどは、音楽がリラックス状態へ導いてくれたりもします。

お話ししたように、思考がまとまらない状態は、脳にストレスがかかっている状態です。

また、心理的にも負担がかかっているでしょう。

考えがまとまらずにごちゃごちゃした思考に、出口が見えない不安…。

この状態では、いくら考えても思考をスッキリ整理することができません。

でも、音楽を聴くと、気持ちを落ち着かせ、思考できる状態にしてくれます。

とくに、好きな音楽は、気持ちの安定やポジティブ思考に導いてくれるはず。

思考と分析を促すリラクゼーション音楽などを、利用してみるのもおすすめです。

音楽を聴くことは、気分転換にもなりますので、思考が整理できないときにはぜひ試してみてください。