逃げるは勝ちということわざもありますが、現代社会では、逃げることに関してマイナスに見ている方が結構多くいらっしゃいます。

しかし、本当に逃げることはマイナスなことなのでしょうか。

そう考えると、素直にそうだと言える人って実はそんなに多くないのです。

なぜなら、逃げることをマイナスに思っているのは、世間がそう言っているからなど、自分の意志とは関係のない部分が影響しているからです。

では、なぜこんなにも逃げることに関してマイナスなイメージがついているのかと言いますと、それは、特に日本の場合、小さいころから競争意識を植え付けさせられてきているからです。

なんでもかんでも最後までやらないといけないと言った感じに半ば強制的にいろいろと押し付けられてきていて、さらに逃げようとするとそれがいけないと言った感じに教わってきているからです。

しかし、実際にご自身にとって不向きなことを永遠とやるとなると、ストレスがたまりますし、仕事がうまく行くとは限りませんよね。

そう、つまり、逃げることが必ずしもマイナスなことと言うことではないのです。

昔は、転職に関してはいいイメージがありませんでしたが、現在はむしろ1つの会社でずっと働くことに関してマイナスなイメージがつき始めてきています。

なぜなら、スキルがないからずっとそこにいるという感じに見られてしまうのです。

最近では、自分にとって不向きであるのであれば、簡単に辞めてしまう人も多いのですが、実は会社にとってもこれはありがたいことになっているのです。

不向きとわかっていながらずっと続けられても会社としても困るからです。

そして、今は逃げるという概念すら変わってきているのです。

嫌な仕事を延々と続けることの方が逃げだと思われているのです。

時代と共に言葉の意味や概念も変わってきているのです。

そこで、今回こちらの記事では逃げることに関していろいろと情報を集めましたので、ぜひ、参考にしていただけましたらと思います。

特に、今、転職しようかどうか迷っている人にはおススメできる記事になりますよ。

職を転々としていると良いイメージがないように見えますが、そんなことはございません。

そう思っている人が多いだけです。

多数派にいてもいいのですが、多数派でいても成功をつかむのは難しいと思いますよ。

なぜなら、成功者は一握りと言いますよね。

つまり、少数派でないと成功はつかめないのです。

大多数派の意見に惑わされずに行きましょう!あなたの人生です。

多数派に惑わされてはいけませんよ。

逃げることは悪いことなの?

逃げることは悪いことと言いますが、それでは逃げずに仕事をつづけた場合や学生なら部活を続けた場合にどんなことがあるのかと言いますと、ほとんどはやり遂げたと言う達成感を味わうことができるという感じに教わるので、続けたいと思うのですが、達成感とはどんなものなのでしょうか。

そう、形にないことで満足させてやらせようとしているのです。

一部の方々の例にとると、学生の頃に、部活に力が入らなくなり、高校3年生になったので、受験に専念しようと部活を辞めようとしたら、親や監督から反対されてしぶしぶ部活を続けて、全国大会などに出場したものの、大学受験には失敗して浪人しなくてはいけなくなったと言う話はよく聞きます。

また、社会人の場合は、何年働いても給料が上がらない会社を辞めようとしたのに、外からの反対でやめることができずに、結局借金だけが増えてしまったと言うこともあります。

つまり、続けていることで達成感を得られるとは言いますが、それが何年先なのかなどが明確になっていないのです。

特に日本の場合はキャリアアッププランが明確になっていないので、働く人によっては将来が見込めないと判断して辞める人も多いのです。

逆に外国の場合は、キャリアアッププランがしっかり明確化されているので、どう働けばいいか分かったうえでみんな働いているのです。

つまり、今の日本の状態は逃げることをマイナスに見せているのは、逃げられると困るという企業などは多いからです。

そう考えると逃げることは本当に悪いことなのでしょうか。

逃げずにいて損をしてしまった人も結構多くいらっしゃるのです。

逃げたくなる時ってどんな時?


それでは、今、転職を考えている人はもしかしたら共感するかもしれない。

逃げたくなる時の情報をまとめたものをご紹介します。

大きくピックアップして7個の場面があります。

もしかしたらもうすでにこのような場面に襲われている方もいらっしゃるかもしれませんね。

まずは、じっくり読んで理解していただけましたらと思います。

誰にだって逃げたくなる時はございます。

しかし、今の日本の社会は逃げることを許してくれません。

そのために、宗教などの団体の勧誘に関しても行ってしまったら、必ず入らないといけないと思い込んでしまっているのです。

要は、逃げ道がないせいで自分の意志を持つことも許されていないと思い込んでしまっている人もいらっしゃるのです。

しかし、それは大きな勘違いです。

あなたの意志はしっかり反映されるべきなのです。

なぜなら、あなたの人生だからです。

誰にだって相手の人生を決める権利はありません。

つまり、相手の影響を受けてはいけないのです。

最近になって押し付け教育ばかりをしている家庭は子供の夢を壊すと言うような感じに言われ始めてきました。

要は、日本は意外と親が子どもの権利を剥奪しているという感じになっていたのです。

しかし、これでは良くないと言うことで押し付けは良くないと言った感じに諭す人も増えてきたのです。

逃げたっていいのです。

その理由は後々に説明しますので、まずは、逃げたくなる時を学びましょう。

自分に合っていない仕事

憧れていた仕事だったけど、実際に働いてみたらものすごく不向きだったと言うことは良くある話です。

なぜなら、憧れと向き不向きは全く一致しないからです。

一昔前に、旅行会社が働きたいと思う企業ランキングで上位を独占したことがあります。

ここで、要注意なのが、働きたいと思う企業です。

決して働きやすい企業とは一言も言っていないのです。

つまり、働きたいと働きやすいは直結しないのです。

大体、社会人1年目で向きか不向きはわかります。

それでも粘り強く続ける人もいますが、大成したと聞いたことはありません。

しかし、この問題ですが、実は企業側にも問題があるのです。

最近は、解雇にすることができない企業が多くいらっしゃいます。

要は、解雇にすることで自分たちに損害を被ってしまうと考えて自己退職に追い込むのですが、これはよろしくありません。

クビを切るというのは、聞こえは良くないのですが、不向きだということをはっきりと証明しているので、実は切られた方にとっても新たな挑戦ができる気になるのです。

そう、つまり、企業側も不向きな人を見つけたらスパッと切る勇気を持っていないと双方にとって悲惨なことになってしまうのです。

自分に合っていないと気付いたのであれば、転職を考えるのもいいことです。

いつまでも自分を見つめることができないで嫌々続けている方が逃げていると言うことですよ。

窮屈な恋愛


付き合ってみたら全く馬が合わない人だったことに気づいて別れたいとけど、なかなか踏み出せないと人は多いと思います。

まあ、第一印象が良くても、中身も同じかと言いましたら、必ずしもそうだとは言えないのです。

そのうち、一緒にいて窮屈と思い始めてしまうこともあり、逃げたくなるのです。

しかし、どう切り口を出せばいいのかわからずにずるずる続けてしまうパターンは結構多くあります。

特に男性の方が、自ら切り出すことが苦手です。

ただ、恋愛と言うのは、お互い一緒にいて楽しいから成り立つものであって、お互いに一緒に窮屈なものを続けてしまうことは、意味がありません。

それでも続けたいと思うのであれば、まずはいったん時間をおいてみるなどの対処法が必要になるかもしれませんよ。

ただ、時間をおいても解決できるのかと言いますと、微妙な所です。

恋愛に関しても相手と合う合わないはしっかりございますので、表だけで判断して恋愛に発展させない方がいいですよ。

また、恋愛に絡んでくることで、好きでもLOVEとLIKEで差がありますよ。

本気でもないのに、相手にLOVEと思わせてしまうのは良くありません。

特に男性がこの使い分けがうまくありませんので、男性の方は気を付けましょう。

さらに言えば、好きだからと言って結婚まで発展するかと言えばそんなことはございません。

これも難しいことなのです。

結婚相手は好きだけで判断できないのです。

意外と恋愛や結婚っておくが深いのですよ。

うすぺっらく考えても意味がありません。

ぜひ、ここは深く考えて恋愛をしましょう。

そして、時には逃げてもいいことを頭に入れておきましょう。

束縛してくる恋人

恋人の中で特に嫌がれるのが、束縛をしてくるタイプです。

自分と会う時は必ず白い服装、自分以外の男性と会ってはいけない、携帯電話の履歴を必ずチェックされるなど、とにかく恋人を自分のものと勘違いしている人は、嫌われますよ。

人間は男女関係なく、利用されるのが嫌なのです。

つまり、束縛されることは人間として尊厳を冒していると言っても過言ではありません。

特に日本の場合、社会がまだまだトップダウン形式なので、どうしても相手を束縛したがるのです。

自分のいうことを聞いてくれないという感じに嘆く人を多く見ますが、よくよく考えてください。

地球上で唯一、意志を持って生まれた動物ですよ。

人間は…。

つまり、言うことを聞く方が珍しいのです。

仮にどうしても言うことを聞いてくれるのがいいと言うのであれば、ロボットを恋人にすることをおススメしますよ。

インプットさえすれば、ロボットはあなたの言うことに100%答えてくれますよ。

人間は束縛することができません。

それだけは念頭に入れておきましょう。

仮に束縛されていると感じるのであれば、今すぐにでも逃げてしまうのが正解と言えますよ。

あなたの尊厳を守るためです。

誰にも縛られないのが人間です。

苦手な友人関係

どうしても馬が合わないのに、なぜか一緒にいようと考える友人っていらっしゃいませんか?

おそらくほとんどの人がなんとなく思いつく人がいらっしゃると思います。

なぜなら、友人関係に関しても他人の影響で決めてしまう方が多くいらっしゃるのです。

自分でこの人いいなと思っても、親や別の友人が反対した場合に、友人になろうとはせずに、同じ部類の人たちと固まってしまう人が多いのです。

おそらく小さい頃は気にしなかったと思いますが、人間はどうしても同じ部類の人たちで固まってしまうのです。

なぜなら、粒子力学と物理学上、引き寄せの法則が起きてしまっているのです。

おそらく、自分と違う部類の人と一緒にいるとものすごく緊張してしまったり、もしくはなぜか思いっきり汗をかいてしまったりということがあると思います。

それは、周波数が合っていないということです。

つまり、人間は同じ周波数を出している人と一緒になってしまうという法則があるのですが、これに従わずに、他人の意見に従って友人を選んでいると苦手な友人関係を築いてしまっている危険性が高いのです。

友人はご自身で選びましょう。

そうでないといびつな友人関係が出来上がってしまいますよ。

ぜひ、気を付けましょう。

住みにくい街

住んでは見たけど全く自分には合わなかった!住みたい町ランキングでは上位だったけど、理想とは違ったとか言うことは良くある話だと思います。

そうなると、その街から離れたいと思ってしまうのは当然のことだと思います。

まずもって、いくら住みたい町ランキングの上位に入っていても、そこにいる人たちがみんないい人だとは限らないのです。

また、あくまで住みたい町ランキングです。

実際に住んでいる人の目線ではないのです。

つまり、そこで勘違いが生まれてしまっているのです。

住みたくないなら出ていくのもありですよ。

ただし引っ越し代がかさみますので、そうならないように住む街を選ぶのは慎重に行きましょう。

親が決めた将来

今でも多いのですが、俺の夢はお前が先生になって働いていることだと言う風に子どもへ自分の夢を押し付けている親が多いのです。

特に警察官や学校の先生、もしくは大手企業に勤めている方などはこのような傾向が強いのです。

もしくはご自身が叶わなかったからということで、子どもに押し付けているケースもあります。

押し付けられた子供からすればいい迷惑です。

そんな人生からはさっさと逃げてしまった方が身のためのです。

あなたの人生であり、親のための人生ではないのです。

ただ、逃げる場合はしっかりとした説得材料を用意しておかないといけないですよ。

やりたくないプレゼン

誰だってご自身が興味のないことに関してプレゼンするなんて嫌なことなのです。

しかし、それが仕事などの場合はそんなことも言ってられないのですが、それでも嫌なのであれば、それに興味のある人を見つけてバトンタッチすることが必要なのです。

つまり、逃げてもいいのですが、しっかり変わりを見つけてから逃げるのが良いのです。

やりたくないことから逃げるのをよしとしないのが日本の文化のようなものですが、そんなことはありません。

しっかりマナーを守って逃げればいいのです。

ただ、あまりそのようなことが続くと、上司からの信用を失ってしまう可能性もあります。

要はやりたくないから、興味がないからと言ってパスするのはあまりいい理由にはなっていないのです。

やりたくなくてもするのが仕事なのです。

過去にした大きな失敗

過去にした大きな失敗を今でも持っている人はいらっしゃいますが、それと同じようなことが来た時に逃げたくなる人も結構多くいらっしゃいます。

しかし、なぜそうなのかと言いますと、要は自分自身では忘れたいのに、周囲の人間がネチネチと指摘してくるからです。

要はスパッとした人が少ない場合だとこのような感じになってしまう可能性もあるのです。

一度の失敗をずっと指摘してくるような人からまずは逃げて、そのあとにそのような大きな失敗を忘れると言った意味で逃げましょう。

そうすることで、同じような場面に出くわしても失敗を繰り返さないようになります。

何回も指摘すると言うことは、同時にそのような場面を引き寄せてしまっているのです。

気を付けましょう。

逃げるとどういう悪いことが起きるのか

ここまでで、逃げたくなるようなときの説明をしてきましたが、あなたに当てはまったものはございましたか?

ただ、それ以外にも逃げたくなることは多くあるのです。

最近は簡単に逃げてしまう人が多いのですが、それでは意味がありません。

そこでここからは逃げてしまった後に起こることをご紹介します。

おそらくどんなことが起きているのかわかっていない人は多いと思いますので、ぜひ、じっくり拝見して覚えて頂きましたら幸いです。

人間的に成長できない

まず逃げてばかりいると人間的に成長できないのです。

なぜかと言いますと、今の自分の考えで判断しているからです。

つまり、今の自分から先へ進もうとしていないのです。

そう、わかりますよね。

成長できないと言うことが、困難はあなたを大きく成長させるきっかけになるのです。

よく昔から苦労は買ってでも経験しろと言いますが、まさにご自身を成長させるためには困難な出来事が必要なのです。

それから逃げていては成長させることができませんよ。

最近は20代でも悟った感じの方が多いので、簡単に逃げてしまうのです。

信用を失う

すぐに逃げてしまうと思われると、同時に信用を失ってしまう危険性も高いのです。

そうなると頼みたい仕事がない状況になってしまうのです。

信用は意外と脆いものなのです。

例えあなたが逃げたことで相手に対して迷惑をかけていなくても、相手からすれば簡単に逃げてしまう人なのかなという感じに疑心暗鬼になってしまうのです。

そのため、逃げてばかりいるといいことはございませんよ。

いずれはあなたの友人からも逃げる人だと言いう感じに見られてしまうかもしれませんよ。

自分に対して甘くなる

逃げてばかりいると、いつしか自分に対して甘くなってしまうのです。

なぜかと言うと、嫌なことがあると逃げてしまうのですから、そのうち小さなことでも逃げていいという感じになってしまうのです。

逃げるは勝ちと言いますが、それはいつまでたっても嫌なことを続けてしまっている人に言うことです。

その場から逃げることで新しいチャンスをつかむことができると言うことです。

自分に甘くなってしまうと、やることなすことうまく行きませんよ。

逃げ癖がつく

一番マイナスなこととしては、これです。

逃げ癖がついてしまうとなんでも長続きしなくなってしまうのです。

癖と言うものは一度見につくとなかなか外れないので大変なのです。

逃げ癖は癖の中でも最も厄介と言われているもので、外からの刺激があってもなかなか治らないと言われています。

そうなってしまってはせっかくの人生が台無しになってしまうのです。

逃げてもいいのですが、逃げ癖がつく前までに終わらせるようにしましょう。

逃げるのも一つの選択肢だといえる7個の理由とは

ここまでは逃げることで起きる最悪なパターンをご紹介しましたが、時と場合によっては逃げることも必要になってくるのです。

そのために、ここからは逃げることが選択肢として必要な理由をご紹介します。

大きくピックアップして7個の理由がありますので、ぜひ、しっかり覚えてくださいね。

いきなりすべてを覚えようとはせずに、まずはあなたにとって身近なことから覚えていきましょう。

逃げることに関してメリットもデメリットも覚えてしまえば、ある意味逃げ技のプロになれるかもしれませんよ。

自由になる

親にも、友人にも、恋人にも、上司にも、とにかく外からの人間に束縛されていて自分らしく生きていないと言うように感じた場合は、逃げることも大切です。

なぜかと言いますと、束縛されている時点であなたらしい人生を送っていないのです。

つまり、いったん自由になる必要があるのです。

自由になってあなたの世界を広げないと危険な可能性があります。

自由になってあなたらしく生きましょう。

束縛されているとその人の生き方になってしまいますよ。

ストレスが無くなる

ストレスを感じてしまう現場にいつまでもいても意味がありません。

むしろ、自分自身を苦しめていることになりますよ。

なぜなら、癌などの難病は、主にストレスが原因で起きているからです。

つまり、ストレスのある現場から逃げないと寿命を減らしてしまっているかもしれないのです。

我慢とは言いますが、我慢しぎても意味がないのです。

逃げることもそうですが、しぎると大変なことになってしまう場合はあるのです。

ストレスを感じるようであれば逃げるのも1つの手です。

余裕ができる

仕事や人間関係などで限界を感じてしまっている時などは、なぜか余裕を持てなくなってしまうのです。

余裕が持てないといろいろと考えることができなくなって思考が停止してしまう危険性があります。

そうなってしまうと意味がありません。

そのために、限界を感じたらドロップアウトすることも大切です。

そうでないとゆとりを持っていないことになるので、豊かな考えを持てなくなってしまいます。

まずは余裕を作りましょう。

そのためにも限界を感じたら逃げましょう。

新しい自分と出会える

今の自分で限界を感じたら新しい世界に飛び込むことが必要です。

なぜなら、人間は死ぬまで勉強をするべきだともいわれているのです。

つまり、今の自分で何か変だなと思ったら今の環境から別の環境に行くことで、新しい自分を見つけることができるのです。

昔は、終身雇用などの関係でなかなか他の場所に行くことができなかったのですが、今はむしろいっぱいいろんな所に行くべきだと言われています。

ぜひ、新しい自分を見つけるためにも逃げてみるのもいいのです。

自信がつく

逃げて自信がつくのと思われる方が多くいらっしゃるかと思いますが、自信がつくのです。

なぜかと言いますと、逃げて成功すれば自信につながるのではないでしょうか?

要は逃げて成功した場合は、成功の積み重ねになるので、自信にもつながるのです。

逃げてばかりいると、自信を失うとよく言われていましたが、そんなことはございませんし、科学的根拠もございません。

つまり、逃げても自信をつけることができますので、ぜひ、うまく行かない時などは新しい場所に逃げて成功をもぎ取りましょう。

健康になる

逃げることで、ストレスを感じなくなると言われていますが、それと同時に健康になることもできるのです。

よく会社を辞める原因の1つに体を壊したからと言って、辞める人は多いのですが、壊れてから辞めるとなかなか復帰するのが大変なのです。

つまり、体を壊す前に辞めることが大切なのです。

健康をキープするためにも、時と場合によっては、逃げることも大切になってくるのです。

壊してからではいろいろと厄介です。

壊す前に逃げましょう。

人間関係がすっきりする

ある意味人間関係で悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

そのほとんどの理由が相手から嫌われたらどうしようと考えているからです。

ただ、よく考えてください。

あなたが正しいと思って行動したことなどで相手が嫌ってしまっても別にいいと思いませんか?

そう、つまり、相手から好かれたいと言うのは、自分のわがままであってあなたの考えを相手にぶつけて相手がどう判断するかをあなたが我慢すればいいだけです。

つまり、そのような相手と一緒にいるようでは先へ進めないのです。

故に逃げてもいいのです。

逃げることで人間関係の整理ができますよ。

逃げると現実逃避は違う!現実逃避しがちな人の特徴とは

ここまでで逃げることを説明してきましたが、ここで勘違いしてほしくないのが、逃げることと現実逃避は違います。

よく同じものだと思っている人は多いのですが、そんなことはございません。

逃げると現実逃避は全くの別物です。

そこでここからは現実逃避しがちな方の特徴をご紹介します。

飽きっぽい

いわゆる現実逃避している人は、現実から逃げたいと思うかもしくは現実を否定したいのです。

その中で多いのが、飽きっぽい性格の人です。

飽きっぽいのは今の現実に満足していないからそうなってしまうのです。

飽きっぽいのが悪いとは言いませんが、現実に飽きてしまうのは良くないのです。

しっかり現実と向きあいましょう。

衝動的に行動する

心の思うがままに動いてしまうタイプの人は現実逃避をしている可能性があります。

なぜなら、現実的に考えて無理だとわかっているからなのかもしれません。

要はそれを否定したくて衝動的に動いてしまうのです。

衝動的に動いて成功するならいいのですが、そうなるとは必ずしも補償されていないので、よく考えて行動しましょう。

自分の事しか考えていない

現実逃避している人は自分のことしか考えていないと言われていますが、実は現実逃避している人だけとは限りません。

よくよく考えてください。

自分のことを考えない時はありますか?おそらくないですよね。

つまり、誰でもあり得ることなのです。

ただし、現実逃避して自分のことしか考えていない人は度がひどすぎるのです。

そのために、そのような印象がついただけです。

ただ、自己中になるのはよくないので、気を付けましょう。

周りのせいにする

とにかく自分が正しいと思っているので、何か起きても周囲のせいにしていることが多いのです。

ある意味、周囲の現実を見ていないからそうなってしまっているのです。

このような人は、言い訳ばかりしているので、周囲とうまくやっていくことが難しいのです。

何かが起きてもよくよく考えれば原因は自分にあるのです。

相手のせいにすることは辞めましょう。

意思が弱い

自分勝手な割には意思が弱い人が多いのが現実逃避している人の特徴とも言えます。

なぜかと言うと、現実的に考えると絶対におかしいとわかっているからです。

そのために、出だしは勢いがありますが、時間が経つと意志が弱くなっている可能性があるのです。

人間なのですからしっかり意思は持つようにしましょう。

口だけである

口だけでいろいろと言ってくる人ほど、現実逃避しています。

まあ、口だけだから現実的に考えたくないということなのでしょう。

大きな声で言ったり、怖い感じの口調で言ったりしますが、それこそ口だけなのです。

しっかりした人はいつもの口調で言います。

逃げることは悪くない!つぶれる前に自分を大切にしよう

いかがでしたでしょうか。

逃げることのメリットデメリットを知れたと思います。

逃げることで損をする場合もございますが、自分がつぶれてしまう可能性もありますので、ぜひ、時と場合を考えて逃げることも選択肢に入れましょう。