錯覚を楽しむアートや画像が増えている事はご存知ですか?

時々百貨店などでもトリックアート展など開催されている事があります。

実際は錯覚でしかないのに、そう見えるのが楽しいんですよね。

錯覚画像を長時間見ていると変な感覚に陥ってしまう方もいるようですが、まずは慣れていくことから初めてみましょう!

現在はトリックアート展以外にも、画像サイトで錯覚画像を手軽に見る事が出来ます。

興味がない、見ていて気持ちが悪くなってしまうという方も中にはいるかもしれませんが、実は錯覚画像にはあるメリットが隠されているのです。

錯覚画像が体験できる面白サイト5選!実はあんなところでも見れたりする?


今やネットが当たり前のように活用でき、何でもできる時代であると言われています。

錯覚画像が体験できる面白いサイトがいくつもある事は、ご存知でしょうか?
ネットで簡単に検索できるうえに、無料のものがあるのは初心者にとってもありがたい事ですね。

Twitterや色んなSNSでも掲載されている事があるので、是非見て頂きたいです!
初心者の方向けであればイリューシンフォーラムが分かりやすいかもしれません。

錯覚画像って大体テレビでしか見ない事もおおいですからね。

1.イリュージョンフォーラム

たくさんの錯覚画像が見れるのと、それについて説明をちゃんと書いていてくれているので、初心者でも子供でも楽しめる錯覚画像体験サイトになります。

錯覚画像だけではなく、錯聴というものもあるので面白いですよ!
実際に私自身もチャレンジしたのですが、錯覚に陥りまくりました。

結構ベタなものでも引っかかってしまう方は多いのですが、不思議と違うものに見えたり、同じものに見える事もあります。

是非お子さんと一緒に楽しんで頂きたいサイトですね!
他のサイトでもアップされている事はあるのですが、こちらは初心者に向けて丁寧に解説してくれる良いサイトですよ。

1つずつ錯覚画像が見れるようになっており、何がどう違うのか解説をしてくれることによって知識を増やす事が可能です。

ベタなものから変わったものまで楽しめるというメリットが大きいでしょう。

たくさんの錯覚画像が体験できるサイト

私自身も体験しましたが、たくさんの錯覚画像を体験出来て面白かったですね。

1つ1つ単純なものではありましたが、とても見やすくてわかりやすかったですよ。

パソコンで見れるものなので、2つの線は同じ長さであるか?とか線をクリックさせて同じ長さかどうか見ることも出来ます。

実際私が体験して頭では同じなんでしょう?と思ってはいるのですが、やっぱり錯覚にとらわれてしまいましたね。

大人の私でも錯覚にとらわれてしまっているため、嘘だ!!とめちゃくちゃ騒いだくらいです。

一番有名なミュラーリヤー錯視もありますが、その他の錯覚もとても興味深いものがありました。

全てチャレンジはしてみましたが、やっぱり錯覚に騙されてしまいますね。

単純で見やすいので、お子さんと一緒に是非見て頂きたいです。

丁寧に解説がしてあったので、何がどうしてこうなった?と理解する事が出来ます。

こういうのは本当に知識の幅を広げる事が可能なので、子供の内から遊ぶのが大切ですよ。

トリックアートは大人でも子供でも楽しめる事が出来るのがいいです。

2.まとめNaver

まとめNaverとはネットで検索した際、よく目にした方も多いのではないでしょうか?
こちらは韓国が作ったサービスの1つです。

色んな情報を使用者がまとめて、1つのページにネットにアップするというものです。

今から10年前に作成されました。

このまとめNaverはユーザーが作成している事もあって、結構コアな情報からトリビアも盛り込んでいるサービスとなっています。

ブログを立ち上げるよりも、手軽で簡単に読みやすいという事で使用者は多いですね。

アフィリエイト目的でもあるのですが、ブログだと単純に1つの情報しか載せていない事もあり、使用しにくいというデメリットがあります。

ブログの良い所は自分の感想もかけると事かもしれませんね。

様々なまとめがしてあるサイト

本当に何でもありですし、検索をしたら上位にアップされる事も多いので簡単に調べられる事が出来ます。

単純にブログだけでは見えない事も多いので、若い世代の方はこちらを使用する事も多いのです。

ただまとめNaverって何?と理解されていない方も多いでしょう。

私も使用していますが、今の今まで知らなかったくらいですよ。

錯覚動画だけではなく、芸能人などのエンタメ情報を詳しくアップしてくれているのが分かりやすいです。

ごちゃごちゃややこしく書いていないのも大きなメリットと言えるかもしれません。

私はまとめNaver笑える画像や大喜利系の面白いものを見ていますが、結構厳選されている物をアップしてくれているため、見やすくてありがたいと思っています。

大本のサイトよりもユーザーに向けて分かりやすくしてくれているので、余分な手間がないです。

ただ全てのまとめNaverが良いかと言われると、作成者のセンスもありますので、微妙なものも中にはあると思って下さい。

錯覚画像もたくさん掲載されている!

錯覚画像だけではなく錯覚動画もたくさん掲載されていますよ。

ただこちらに関しては結構雑なものもあるので、ちゃんとしたものが見たいという方は、ネットの方が良いかもしれません。

どちらかというと画像よりも動画の方がアップされている気がします。

面白いのですが、作成者のアップの仕方や取り方によっては下手くそな物が多いです。

その辺りは専門のプロではないため、結構雑なような気がします。

単純に錯覚ってこんなものなんだよ程度で思って頂けたら良いのではないでしょうか。

こちらは自分1人よりも誰かと一緒に楽しむためのものであると思って下さいませ。

3.Twitter

Twitterは便利なツールの1つとも言えます。

FacebookやInstagramなど数々のSNSがある中で、Twitterが一番使用者が多いのではないでしょうか。

使いやすいというメリットもありますし、便利ですよね。

スクロールするだけで単純に見れますし、芸能人や色んな方のTwitterは見やすいので結構自発的に見ている方もいます。

検索すると色んな情報がアップされるので、Twitterならまだ利用できるという方もいるくらいですよ。

私自身FacebookやInstagramは特にやっていないです。

色んな人からやろうよと言われますが、面倒くさいんですよね。

SNSをやっていない人間から言うと、写真をアップしたり色んな事するのが面倒くさいんですよ。

Twitterなら単純なつぶやきだけで済みますので楽です。

検索をするとたくさんのものが見れる

FacebookやInstagramなどのSNSのメリットは芸能人だけですね。

SNSは検索するとたくさんのものが見れますが、基本的に商業目的としてはTwitterが一番発達していると言えるかもしれませんよ。

色んなものが見えるため面白いです。

私もTwitterのみ利用していますね。

簡単で使いやすいですし、必要な情報のみが載っているので誰でも分かりやすいのですよ。

Twitterで結構アニメや色んな所の情報が載っているので、見やすいんです。

InstagramやFacebookはだらだら書いている感もありますし、何よりも写真がメインになってしまっているので好きな芸能人がいなければ無理でしょうね。

様々なトリックアートなどを投稿している人も多い

画像をされている方も多く、またニュースなどで放送されたトリックアートの動画も投稿されています。

こちらは動画と画像が一緒になっていますが、結構芸術的な画像が多いですね。

投稿者さんがたまたま見つけたというものもあれば、自作された方もいます。

そういう面ではまとめNaverよりも、Twitterの画像の方が見やすいというメリットもあるのです。

様々なトリックアートなどを投稿している方も多いのですが、素人投稿なので結構アバウトな物が多いかもしれません。

ただ見やすくて良いですし、気楽に見えるので友達と楽しんだり、気晴らしに見る程度が一番良いでしょう。

4.GettyImages

GettyImagesはアメリカの写真画像代理店です。

ネットの仕事をされている方はご存知かもしれませんが、SNSやちょっとパソコンを触る程度の方であれば認知度は低いかもしれません。

様々な写真や画像などのニュースを取り上げているサイトです。

錯覚画像やトリックアートなども豊富にあります!

こちらは変わったものだけではなく、綺麗な画像も多くスタイリッシュ感が半端ないですね。

普通に画像のサイトなので、主に静止画だけと思って下さいませ。

こちらは元々が錯覚画像専門サイトではありませんので、そんなに種類は豊富ではありませんが、良い画像も多いので見ても損はないでしょう。

5.錯視のカタログ

こちらはネットで確認する事が出来ます。

色んな錯覚について学べたり、種類がアップされているものです。

一般的に有名とされているミュラーリヤー錯視や、ウェイトマッサロ錯視はどういうものか、図形を描いて表してくれていますよ。

正直こちらに関しては、ある程度錯視や錯覚画像について知識のある方でないと面白くないでしょうね。

初見で見ても説明はしてくれているものの、何がどうなのか理解はしにくいでしょう。

もっと理解を高めたい方向けのものなので、錯覚画像になれていない方は慣れてから見て下さいね。

簡単なものはともかくその他の画像はちんぷんかんぷんで意味が分からないという方もいるんですよ。

錯覚画像をというものを知っていますか?


錯覚画像というものを知っていますか?
トリックアートという名前なら聞いた事がある方もいるでしょうが、ほとんどの方はテレビで見られた方が多いようですね。

テレビと言っても単なるバラエティーではなく、教育系などためになる番組で紹介された事もあります。

錯覚画像というのはサイト、SNSなどで配信されている事もあるので、興味のある方は是非とも見て下さいませ。

錯覚画像はどこで見た?

そもそも錯覚画像ってどこで見ましたか?
大体の方はテレビで見たという方もいるでしょうね。

私もテレビで錯覚画像を知りました。

テレビであれば色んな情報を知る事が出来るので面白いんですよ。

他にはSNSやサイト、友達に見せてもらったという方もいます。

錯覚画像を知ったきっかけは色々あると思いますが、どうやって知るものかをお伝えしていきましょう。

SNS

SNSを見ている方は非常に多いです。

私はゆるく見ている方ですが、中にはSNS依存症の方もいますからね。

男性はそんな事ないのですが、圧倒的に女性の方がSNSを見て知ったという方もいるでしょう。

錯覚画像だけではなく、偶然何かで知ったという事が考えられます。

元々別の物を見ていたけど、こういうのを知ったというのがあり得るんですよ。

色んな情報を集めやすいのはSNSでもあります。

好きな芸能人のブログを見て、こういうのもあるんだという情報をくれるのです。

本当に今はネット社会と言われているほど、何でもある時代ですからね。

SNSは上手く活用していくと自分の強みになる事もあるのですが、間違えたやり方をしてしまうと依存症になってしまいます。

使う人次第かもしれませんが、ガッツリSNSにハマっている方は面倒くさいです。

サイト

まとめNaverなどのサイトがいい例ではないでしょうか?
私は別の事で調べていた際、一番下の部分で関連したものではあるけどこういうものもありますというのも教えてくれます。

自分には全く興味がない事ではあるけど、軽く見る程度であれば良いなという気持ちで見ていますよ。

結構サイトからサイトの繋がりというのは大きいかもしれません。

まとめNaverだけではなくテレビか何かで興味を持ち、錯覚画像を興味本位で調べる方もいるのです。

実際ちゃんとしたサイトで調べる方が、細かい解説や色んな画像をアップしてくれているので面白いのですよ。

今この時点で錯覚画像を知らなかったという方も、1つのきっかけにはなっているでしょう。

友達から見せてもらった

友達から見せてもらったという方も中にはいます。

結構友達発信で知る事もありますよ。

ただしこれは友達がいなかったらどうしようもないんですけどね。

友達から見せて知った、それにハマったという方もいます。

正直友達から影響を受けたという方もいるので、意外とバカに出来ないものです。

自分と一緒に楽しむことができれば、友達ともより会話が増えるでしょう。

テレビで

以前何かの番組でトリックアートに関して特集を組んでいたものを見ました。

結構放送されている事も多く、ほとんどの人はトリックアートを見て知っているかもしれません。

番組だけではなく、時々百貨店などでトリックアート展を開催しているというCMもしている事があります。

そのため名前だけなら何となく知っているという方も結構いるんですよ。

テレビは教育系の番組で見る事が多いので、勉強にもなるし面白いです。