プレゼンテーションが苦手な人もポイントをおさえておくことで、苦手だったプレゼンテーションが得意になり、ライバルに差をつけることができるかもしれません。

プレゼンテーションって緊張しますよね…!

人前でプレゼンテーションをするとなるとプレッシャーで緊張する人が多いと思います。

ちゃんと伝えなければいけないし、言い間違いなどをしてはいけない。

できればプレゼンテーションをすることを避けて通りたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

そこで、プレゼンテーションのする際のコツをご紹介していきたいと思います。

プレゼンテーションの資料作りのポイントを紹介します!


プレゼンを成功させる第一歩として、まずは資料作りのポイントを紹介いたします。

しっかりとした準備がなくてはプレゼンを成功させることなどできません。

大事なポイントはしっつかりとおさえておく必要があります。

色を使い過ぎない

多くの項目を資料の中に入れる場合、どうしても色を何種類も使いがちになりますが、それはあまりよろしくありません。

色の種類が多すぎると全体的に気が散ってまとまりのない印象を与える資料になってしまいます。

ですから、色の種類というのは限定してなるべく少なくしていくほうがよいと思います。

プレゼンで一番大切なことは皆に分かりやすいということですから、その趣旨に合った資料を作らなくてはいけません。

ですから多くても3色くらいにおさえておくほうが良いのではないかと思います。

分かりやすくまとめる

資料作りの際に一番大切なことは分かりやすくまとめるということです。

あまりにもたくさんの情報を伝えようとすると複雑になってしまうので分かりにくい伝わりにくい資料になってしまいます。

必要な情報は入れなければいけませんが、それを全て箇条書きにするような資料ではボリュームが多すぎます。

ですから項目ごとにいらないところは省いていく作業が必要不可欠となります。

シンプルに分かりやすくというのを常に忘れずに資料作りにあたるようにしましょう。

資料作りに没頭していると、どうしても自分が満足するための資料作りになってしまうことがあります。

それではプレゼンテーションの会場にいる全ての人が理解できるような資料にはなりません。

全くプレゼンテーションのことを知らないで会場に来た人にも理解できるように分かりやすくまとめるということはとても大切なのです。

資料を作る時に、いかに聞き手の気持ちになって資料作りができているかどうかで、内容のわかりやすさも違ってくるでしょう。

枚数を少なくする

いかにシンプルでわかりやすい資料を作ることが出来るかということですが、資料作りに長けている人が作ると、資料の枚数はどんどん少なくなっていきます。

なおかつ入れなければいけない情報はちゃんと入っているのです。

A4用紙1枚で完璧な資料が作れたら一人前だとも言われることがあります。

要するにいかに枚数を少なくして、尚且つ伝えなければいけない情報もきっちりと入れることができているかということがポイントです。

序盤で相手の興味を引く

情報量が多いと、資料のボリュームある程度のものになるのは仕方ありません。

プレゼンテーションが始まって参加者はボリュームのある資料を手に取ります。

その時に最初からごちゃごちゃしていてわかりづらかったり、一部の人間にしかわからないような専門的な情報だと、多くの人は資料を読み進めるのをやめてしまう可能性があります。

ですから資料の序盤というのは非常に大切で、いかに相手の興味をひくような内容にできるかということが問われます。

導入部分が重要!

特に始まりの導入部分というのが重要です。

ここでがっちりと掴めるか否かで全てが決まると言っても過言ではありません。

資料の導入部分は音楽で言ったらイントロのようなものです。

イントロに魅力があって特徴的な曲なら、次に続く歌の部分も聞いてみたくなるというものです。

プレゼンテーションの資料も同じことが言えます。

最初の書き出し、導入部分でいかに魅力的で興味をそそるようなものを提供できるかが勝負になります。

テレビドラマなどでも初回放送がおもしろくないと視聴者は見てはくれません。

プレゼンテーションも最初、導入が非常に重要だということがわかると思います。

テーマにインパクトをつける

見出し、テーマといったものはプレゼンテーションにおいて最も重要な要素であると考えられます。

テーマにまずインパクトをもたせることが大切なのです。

テーマ自体に魅力があり、力を持ったものなら次に続く文章を読んでみようと思うことは必然であります。

テーマにインパクトがなければ全体的な締まりもなくなり、資料を読むのがしんどくなってくるでしょう。

テーマにインパクトをもたせて、まず枠組みをきっちりと提供することで文章がよりわかりやすくなっていくと思います。

テーマを説明する文章ははっきりとしたテーマの中に納まっているので聞き手は理解しやすくなります。

メリハリをつけるためにもテーマの設定はよく考えて慎重に選びましょう。

文字ばかり使わない

最近はブログやツイッター、そしてインスタグラムなど様々なSNSを多くの人が活用しています。

多くの人に見られ、読まれるSNSというのは必ずといっていいほど文章だけでなく画像や動画が添えてあります。

やはり文章だけよりも圧倒的に写真などの画像が添えられているほうが人の関心をひくのは間違いありません。

それの最たるものがインスタグラムで、自分の撮った写真がメインで、言葉は写真に添えるものという感覚です。

プレゼン資料も同じで、文字ばかりの資料では誰も食いついて見てはくれないでしょう。

わかりやすいグラフなどでも比較や、動画映像での事業の説明などは、良質なプレゼンテーションには欠かせないものであると考えられます。

たくさん専門用語などをいれこんで長い文字だけのプレゼンテーションをしていると自分ではよくやっているような気になるものですが、受けての側には伝わらず、センスのない印象を受けます。

文字にグラフや写真を添えるというのはセンスが問われます。

的確な図が添えてある資料を見ると、この資料を作った人は有能であるということが一目でわかるものです。

1つの資料につき3分程度の時間でまとめる

結婚式のスピーチを思い浮かべてください。

会社の社長や親戚代表の長々としたスピーチが延々と続いている時、どんな気持ちですか?多分「長いなあ、早く終わって欲しい」とか、「眠くなってきた」とかではないでしょうか?だらだらと続く話を誰も集中して聞くことはできません。

話というのはできる限り簡潔にするのが効果的なのです。

人間の集中力なんてものは長くは続かないからです。

プレゼンの際も1つの資料内容につき3分程度でまとめるくらいに考えるのがいいのではないでしょうか。

それ以上長くなると聞いている人はしんどくなってくるでしょう。

できる限り簡潔にです。

成功しているカリスマ経営者のプレゼンやスピーチを聞くと、皆簡潔で分かりやすく、一つのことについて長々と話す人など誰一人いません。

シンプルに簡潔にというのがプレゼン成功の秘訣と言えるでしょう。

プレゼンテーションのコツ教えます!


プレゼンテーションを成功させる、上手くやるためにはいくつかのテクニックというかコツがあります。

このコツを理解して意識しながらやればプレゼンテーションの成功率がアップするのは間違いないと思いますので、ここにご紹介していきたいと思います。

大きな声でハキハキと話す

プレゼンの時の話し方として、まず何をおいても大切なことは大きな声でハッキリと話すことだと思います。

何を言っているのか相手に伝わらなければ話になりません。

自分では声を出している気でいても全然出ていないこともよくあります。

他人に自分の声がどのように聞こえているのかを普段から意識しておきましょう。

練習としてスマホのボイスレコーダーに自分の会話などを録音して聞いてみるといいと思います。

いかに自分で思っていた自分の声と、他人に聞こえている自分の声の印象が違うのかがよくわかると思います。

プレゼンテーションのために必要なのは大きな声とハキハキ話すということです。

反論をされるのは当たり前と考えておく

プレゼンテーションには質疑応答があります。

自分がプレゼンしたものを会場の全員が満場一致で賛成するということなどはありえません。

必ず一部の参加者から反論があるものと思っておくのがよいと思います。

そもそも自分がプレゼンしてそれで誰も質問も反論もせずにプロジェクトが進んでいく企業があるとすれば、その企業は危険だと思います。

やはりいろんな立場の人間が議論を交わしていいものを作り上げていくというのが本来の正しい姿だからです。

ですからプレゼンテーションには反論は必須であると心掛けましょう。

とはいえ人から反論されるというのはあまり気分のいいものではありません。

そういった免疫が全くない人が反論にあうとパニックになって冷静にプレゼンテーションを続けることができなくなってしまう可能性もあります。

一人一人の人間が全て同じ考えをしているということなどありえないのですから、自分の意見に対して一部の反論というものは必ず存在するんだということを日頃から意識しておくことが大切であると思います。

予め色々な対策を考えておく

プレゼンの内容に対して参加者から反論や批判が出た時に、どのように答えるかというのは予め考えておく必要があります。

考えられる全ての反論ケースに対して、このケースならこう返す、これはこうというようにシュミレーションを念入りにやっておくことが必要です。

予期していなかった反論が出た時にも慌てず、どんな反論にでも応用できるような言い回しも考えておくのがよいかもしれません。

どれだけ反論のシュミレーションをしていたとしても予想外の反論、想定外の質問をされることもあるでしょう。

そういった時のために、どんな言葉がきても困った時にはここに話を持って行って落ち着かせるというようなパターンも身につけておいたほうがよいと思います。

早めに味方を作っておく

プレゼンテーションとは孤独なものです。

一人で壇上に立ち、大勢を相手にしなければなりません。

しかし、プレゼンテーションを1対会場の参加者全員と考えることは間違いです。

その中には同僚や上司なども含まれているかもしれません。

ですからなるべく多くの見方を作っておくと非常に心強くなると思います。

味方がいれば自分のプレゼンに賛同し後押ししてくれる意見を言ってくれるでしょうし、誰かに反論、批判された場合には、その意見に対する反論でプレゼンをしている人間の正当性を主張してくれるかもしれません。

プレゼンテーションという舞台が、孤独に一人で全員と戦う場所ではなくて仲間と一緒に戦うという気持ちをもっていたほうがリラックスして臨むことがえきるでしょう。

ですから一人でも多くの同僚や上司に自分のプレゼンしたい内容を説明して賛同を得て、味方にしておく必要があるのです。

堂々と話す

話す時は胸を張って堂々と話しましょう。

この「堂々と」している雰囲気は非常に大切です。

プレゼンでは大多数の人は、内容を大まかにしか把握していません。

ですから、話す人の態度によって受ける印象も大きく変わってくるのです。

もしビクビクして小さい声で話していたら、自身のなさそうな頼りなさそうな印象を与えてしまうでしょう。

堂々としていることはとても大切なことなのです。

言葉は悪いですが「はったり」というものでかなり多くのことで優位に立つことが出来ます。

どんなに自信がなくても自信のあるように堂々としていることで相手になめられることはなくなりますし、堂々としていることで自分も強くなったような気になってくるものなのです。

資料に書いてある文字だけを読まない

入念な準備をするということがプレゼンテーションを成功させるために不可欠であるということは間違いありません。

完璧な資料を準備し、いざプレゼンテーションが始まったら、聞き手がいることを忘れ、用意した資料に書いてある文字だけをひたすら読んでいるという人を多く見かけます。

資料の棒読みでは聞き手に響くようなプレゼンテーションはできません。

資料をもとに話をしていくことはその通りですが、その場の雰囲気やその日の状況を考えた即興的な対応を自分の言葉を交えてプレゼンテーションできてこそ一流と言えます。

ジェスチャーを交える

日本人は話に抑揚があまりないと外国人に指摘されることがあります。

それに加えてジェスチャーを交えて話すということもあまり得意ではありません。

欧米の人の会話などを見ていると、普段の会話にも多くのジェスチャーを交えてコミュニケーションをしているのが見られます。

日本人があまりにも大きなジェスチャーをして話しているのを見ると少々お寒い感じがしますが、ことプレゼンテーションの場面では、少しくらい大きなジェスチャーになってもいいので、身振り手振りを使ってうまく伝えるということが大切です。

ジェスチャーも練習によって見栄えもよくなり効果的に使えるようになってきます。

言い回しの練習ばかりするのではなく、こういったところも磨いていかなくてはプレゼンテーションの達人にはなれないのです。

ではどういったジェスチャーが良いのかというと、一言で言えば「自然」であるということでしょう。

特に日頃ジェスチャーを交えて話すことに慣れていない日本人がいきなり大げさなジェスチャーをすると滑稽な印象を与えます。

より自然なジェスチャーができるように普段の会話から練習しておくのがいいとおもいます。

メリットを伝える

人間というものは結局のところ自分勝手な生き物なのです。

自分の利となることに関しては興味を示すのに、自分に関係がないとわかった途端に興味をなくすというのは人間ならば誰もが持つ性質です。

ですから、プレゼンテーションの時にはこの人間の性質を利用することを考えればいいのです。

すなわち聞き手にとってのメリットを伝えてあげることでプレゼンテーションの魅力というものがグンと上がるのです。

自分の得になるとわかれば話もおのずと耳に入ってくるようになります。

皆話し手の言葉を集中して聞いてくれるでしょう。

人間とはそれほど単純な生き物なのです。

「あの」「えー」などを言わない

これも多くの人に見られる癖ですが、話す時必ずといっていいほど文章の冒頭に「あの」や「えー」をつける人です。

話している本人は多分気づいていないうちにつけてしまっているのだと思いますが聞いているほうからすると、あまりにも「あの」や「えー」が多いとひつこくて不快な印象を受けるのです。

これは気をつけていないといつの間にか話す時の癖になってしまっているのです。

この改善法としても自分の会話の録音をして聞いてみるのがよいでしょう。

自分がいかに「あの」と「えー」を頻繁に使っているかがわかって驚くことだと思います。

英語にもYouknow~という表現があります。

「あの」や「えー」に似たような使い方をしますが、使いすぎはよくないと思います。

一度や二度くらいならいいですが頻繁に使うと語彙の乏しい人だという印象を与えてしまうでしょう。

そして落ち着きもありません。

もっと堂々として伝えたい言葉や文章をしっかりと話すことを考えましょう。

一方的に話さない

いいプレゼンとは、いかに相手に興味を持ってもらえるかということです。

ただ資料を用意して一方的に話していたのでは、聞き手の興味もなくなってきます。

聞き手にも当事者意識というものを持たせることが大切になってきます。

恋愛関係にある男女の会話でも、一方だけが自分の話したいことを話し続けていたら、聞いているほうはだんだんとつまらなくなるでしょう。

彼女が彼氏に自分の報告や要望ばかり伝えているような関係はうまくいくはずがありません。

自分がボールを投げるばかりではなくて相手のボールも受け取ってあげるとことが大切なのです。

プレゼンテーションなのだから聞き手に自分の準備したことを一方的に話すことの何がおかしいのか?と考える人も多いでしょうが、そういう人達はプレゼンテーションを自分一人で成功させなければいけないと考えている人なのでしょう。

そうではなくプレゼンテーションを成功させるためには自分だけの力ではなく、会場全体が一つになって作り上げていくということを理解しなくてはいけないと思います。

質問を投げかける

一方通行な発信にならないために、話の途中で参加者へ質問を投げかけるというのは非常に良いことだと思います。

参加者も自分に質問が飛んでくるのではないかということで空気がピリッと引き締まるでしょう。

とにかく会場にいる全ての人が参加者であるということを考えさせるということが大事なのです。

質問を投げかけるというのは一つの良い方法であると思います。

適度な間を入れる

人間は呼吸というものをしていて、吸ったら必ず吐くという動作があり、それを繰り返しているのです。

話す時にも声を発する時というのは息を吐いている状態です。

吐いている状態があまりにも長いとすれば吸っていないので苦しくなってきます。

ずっと喋り続けていたのでは聞き手も苦しくなってきます。

話のところどころで適度な間を取りながら、うまく息継ぎをしながらのプレゼンを心掛けることが大切です。

話のうまい人というのは必ず独特の間というものを持っています。

その間はとても心地よく感じることができます。

この間の扱い方にはセンスが問われるものでもあります。

普段から話のうまい人の間を研究してみるのもよいでしょう。

参考にしよう!話し方が上手い人の特徴や行動とは?

何事においても上達への第一歩というのは「真似る」ことからだと思います。

あなたの周りにいるプレゼンテーションの上手い人、話し方の上手い人を良いお手本として真似していきましょう。

上手い人にはたくさんの参考にすべきところがあるはずです。

ここでは話し方の上手い人に共通する特徴や行動をご紹介していきたいと思います。

表情が柔らかい

話が上手い人というのは空気感を大切にします。

空気というのは雰囲気とも言えるもので、それを構成する要素としては話す口調や間の取り方に加えて、顔の表情も入ります。

やはり話す時に表情が柔らかい人というのは話も上手な人が多いです。

しかめっ面でプレゼンテーションをしたら緊張だけがそこにあるので聞き手に話が入ってきません。

表情の柔らかさがあると余裕が感じられるので話の説得力も1レベル上がるのではないかと思います。

笑顔で話す

顔の表情が柔らかいと聞いてどんな表情が思い浮かびますか?やはり笑顔であると思います。

笑顔というのは魔法のような効果を持っていて人間関係を円滑にしたり、話を魅力的にしたりすることができます。

あなたの周りにいるあなたが素敵だと思う人を思い浮かべてみてください。

その人が一日中しかめっ面でブスッとしていますか?多分そうではなくて優しい素敵な笑顔が思い浮かんだのではないでしょうか。

話をする時の笑顔というのは本当に大切です。

顔の表情によってその場の空気が一瞬で変わります。

ですから仏頂面、しかめっ面にならないように気をつけておくことです。

例え話がうまい

プレゼンテーションやスピーチの上手い人の話を聞いていると、ところどころに例え話がでてきます。

その例え話がとても絶妙で、聞いている人達が共感できるのです。

皆が共感できるような例え話をチョイスするにはセンスというものが問われます。

プレゼンテーションのテーマとうまくリンクした例え話というものをいかに用意できるかということはプレゼンテーションを成功に導くためにも大切なことであると思います。

ゆっくりと話す

ゆっくり話すということを忘れている人はとても多いです。

プレゼンテーションなどの場面では、自分の言うべきことを言わなければならないという焦りからか、早口になる傾向があります。

早口のプレゼンはちゃんと伝わりにくいし、言葉にも重みがありません。

ゆっくりと落ち着いて話すことで聞き手にしっかりと伝わるし、忘れない言葉の重みも持つのです。

よく大企業のカリスマ経営者達がスピーチする場面などを見る機会があると思いますが、そういったカリスマ的人物のスピーチで早口でまくしたてるようなものは全くと言っていいほどないと思います。

皆落ち着いていてしっかりとした声でゆっくりと話している印象が強いと思います。

人に印象を与えて話を浸透させるためにはやはり早口ではだめで、ゆっくりと丁寧に話すということが必要なのです。

声のトーンが聞き取りやすい

売れているお笑い芸人などを見ていると、話がうまいだけでなく様々な要素があるからこそ売れているのだと考えさせられることがあります。

まずは容姿です。

整った顔というのが売れる芸人に必要なことではありませんが、好感のもてる容姿というものは必要だと思います。

そして次に来るのが声だと思います。

声も非常に大切です。

耳障りがよく聞きやすい声のトーンというものはあります。

こういうトーンの持ち主が話すと好感が持てるし話を聞いてみようと思います。

声のトーンは発声法によって少しずつではありますが変えていくことはできると思います。

人に好感を持たれる声のトーンというのはどういう声なのかを研究して真似てみることから始めるのがよいと思います。

声に抑揚をつける

日本語というのは英語や他のラテン系言語等と比べて見ても抑揚の少ない言語だと言われています。

確かに何の表情もつけずに話すと感情のない人間かのように話せてしまうのが日本語だと思います。

しかしそれでは聞き手に伝わるようなプレゼンテーションはできません。

こういった場では普段会話をするよりもより大きな抑揚をつけて話すべきです。

上記で声のトーンが大切であるという話をしましたが、抑揚をつけることによって声色も感情のこもったものになります。

声の質に自信がないという人も抑揚をつけることでカバーできると思います。

聞き手の目を見て話す

日本人に多く見られるのが、話をする時に聞き手の目を見ずに視線をそらして話すのということです。

欧米では話し相手の目を見ないで話すことは非常に不誠実だと捉えられます。

日本にいても基本的には同じで、聞き手の目を見ずに話すことは失礼にあたると覚えておいたほうがよいでしょう。

やはり目と目を合わせて話すと訴えかける力が増しますから、より聞き手に伝わるプレゼンテーションができると考えられます。

丸暗記をしすぎない

プレゼンテーションを完璧に遂行したいと思い、本番までに入念な準備をするということは大切です。

しかし最初から最後まで全てを丸暗記するような準備はいかがなものかと思います。

丸暗記したものをただ話すだけでは機械的で無機質なプレゼンテーションになってしまいますし、本番は生ものですからどんなハプニングがあるかわかりません。

突然予期していなかったようなことが起こったときに、丸暗記だけしていればいいと考えていた人はパニックになって対応できなくなるのではないでしょうか。

大切なことは全てに柔軟に対応できるようにしておくということです。

例えば参加者の誰かがいきなり質問をしてきたとします。

そういったことも常にあるものだという柔らかい頭を持っていたなら、たとえその質問に対する答えを用意していなかったとしてもその場で考えて受け答えをすることができるでしょう。

何もかもを丸暗記してそれ以外は知らないというスタンスでいたならそういった対応はまずできないと思います。

自分が聞きたい!と思うプレゼンテーションをするようにしよう!

プレゼンテーションが上手いという人に共通することは、決してボキャブラリーが豊富だとか、話の言い回しが上手いということではありません。

やはり伝えたいことが明確で、それをなんとか伝えようとする熱意を持っているということではないかと思います。

その熱意こそが、相手に話を聞いたいと思わせる要素なのです。

事務的に準備してきたものを読み上げるだけのプレゼンテーションには全く魅力というものがありません。

少しくらい粗削りであったとしても、それを補って余りあるほどの情熱を持ちたいものです。

自分が聞きたいと思うプレゼンテーションとはどういうものなのかというのを常に考えてください。

やはり活気に満ちていて伝えたいことが明確なプレゼンテーションに惹かれると思います。

常に相手側に立って、自分が聞き手なら、どのようなプレゼンを好むかを考えることが重要なのです。