日々生活をしている中で「嫌だな」「やりたくないな」と思うことってありますよね。

そんな事が目の前に現れた時、あなたはどうしますか?

中には嫌でもやらなければいけない事がありますよね。

そんな嫌でも周り回ってあなたのためになるからこそ、やらなければいけないことをご紹介していきます。

嫌でもやるべき11個のこと

嫌だなと思っても、絶対にやった方が良い、やるべきことをご紹介していきます。

こんなことに直面したときには、嫌でも仕方ないと割り切って前向きに取り組むようにしましょう。

きっと、それをすることであなたのためになりますよ。

トイレ掃除


掃除の基本とも言われるのがトイレ掃除です。

トイレというのは排泄に使うため、汚いものです。

しかし、汚いのが当たり前だからこそ綺麗に掃除をすることで気持ち良くトイレを使うことができます。

自宅のトイレはもちろんのこと、他人と共有するトイレを綺麗に掃除することで、たくさんの人が気持ちよくトイレを使用することができます。

他人のことも考えて率先して汚れ役を買って出ることのできるあなたの姿を、きっと誰かが見ていてくれるはずです。

トイレの神様がいるかも?!

一時期「トイレの神様」という楽曲が流行したように、昔からトイレには八百万の神様が宿ると言われています。

皆が毛嫌いする事を率先してできる心の綺麗な人には、きっと神様が加護を下さるという考え方もあるそうです。

自分の願い事が叶う事を考えながらトイレ掃除に取り組めば、あっという間に終わってしまいますよ。

毎日使う所だからこそ綺麗に

一日に一度もトイレを利用しないという人は居ません。

毎日利用する場所だからこそ、綺麗に掃除をしておく事で気持ち良く利用する事ができますよね。

毎日利用するトイレが汚いと、トイレを使う度に汚れや臭いが気になって不快な気持ちになってしまいます。

トイレ掃除が上手だと掃除上手と思われる

部屋の中や窓ガラスを掃除するのが上手な人よりも、トイレ掃除が上手な人の方が掃除上手な印象がありますよね。

トイレの隅々まで綺麗に掃除できるという人は、汚いからといって掃除を適当に終わらせるのではなく、汚いからこそしっかりと掃除ができる人です。

お店や家でもトイレの綺麗さを見れば、そこに日常的に居る人が掃除上手かそうでないかが直ぐに分かるとも言われていますね。

いつかはしなければいけない

トイレ掃除が嫌でも、ずっとそのままにしておくと悪臭が酷くなったり汚れがこびりついて落ちにくくなったりします。

また、汚れが詰まる事でトイレが使えなくなったり虫が湧いてしまう事もあるかもしれません。

いつかは必ずしなければいけないのだから、割り切って早めにしておくのが一番掃除が簡単に終わりますよ。

悩み相談を受ける

悩みとは大抵ネガティブなものです。

ネガティブな気持ちに引っ張られるのが嫌で「悩みを相談したいんだけど…」と言われると嫌だなと感じてしまう人も少なくないでしょう。

しかし、相手は自分ひとりでは解決できないと思ったからこそ相談してきているのです。

いつか自分が悩んだ時に、相手のことを頼るかもしれないのでお互い様という気持ちを持って悩み相談を受けるようにしましょう。

悩んでいる人の心を救ってあげよう

誰かを救うというのは、難しいことです。

しかし、悩み相談をしてくる人というのは話を聞いて貰えるだけでも良いと考える人が少なくありません。

人助けだと思って悩み相談を受ける事で、悩んでいる相手の心を救ってあげましょう。

自分にも気付きがある

人の悩みというのは、その人が持つ価値観によって全く変わってきます。

あなたにとって「そんなことで悩むの?」と思えることかもしれません。

しかし、悩んでいる人の相談を受ける事で、あなたの中には「こういう事で悩んでしまう人もいるんだ」という気付きが生まれます。

その気付きが生まれる事で、あなた自身の価値観も柔軟に変わってくるのです。

自分が困った時に助けてもらえる

悩み相談を受ける一方で、自分が悩んで誰かに相談を持ち掛ける事があるかもしれません、そんな時に、普段から悩み相談を断っていると自分も同じ目にあってしまいます。

お互い様だと思って、もしもの時に自分も助けてもらえるように、他人のことも助けてあげる気持ちを持ちましょう、

クレーム対応

クレーム対応というのは、避けたくても避けられないものです。

どうせ避けられないのならば「嫌だな」と思って受けるよりも、前向きな気持ちで受けるのがおすすめです。

クレームを「嬉しい」と思える人は居ませんし、それは相手にとってもやや失礼だという考え方もあります。

しかし、クレームを受ける事で改善策が見える、より良いサービスや品物を提供できるようになる、とポジティブな気持ちを持ちながら真摯に対応する事でクレームを申し立ててきた人にも謝罪の気持ちが伝わりやすくなります。

ピンチをチャンスに!

クレーム対応というのは、コミュニケーション能力や瞬時の判断力、相手が何に対して不満を感じているのかという事を感じ取る直感力など様々な能力が必要とされます。

そんな複雑なクレーム対応を、そつなくこなせる人を上司は高く評価しれくれる事でしょう。

クレームというピンチを、チャンスに変えて自分の能力を上司にアピールしましょう。

信頼関係を生むきっかけになる

信頼関係というのは、どちらかに不満がでてきた時にこそよく見えてくるものです。

お互いが調子を合わせている時に円満な関係を築けるのは当たり前です。

相手が不満を感じてクレームを出した時に、真摯で誠実な対応を受ける事で相手はよりあなたの事を信頼してくれるようになる事でしょう。

全く興味のない分野を勉強すること

自分の全く興味のない分野を勉強するというのは、疲れるだけだし嫌だと感じる人が多いですよね。

しかし、自分が全く興味のない分野というのは、これまで自分が全く目を向ける事すらなかった分野だと言えます。

知りもしない事を「無駄だ」「面白くない」というのは愚かな人のする事です。

自分の興味の無い分野を勉強して、そこから何かを得られるという事は優秀な人の証でもあります。

意外と新しい発見があり視野が広がる

自分が今まで全く興味を抱かなかった分野というのは、全く未知の世界であると言っても良いでしょう。

そんな新しい世界の事を知る事で、意外とお新しい発見があるものです。

中には自分の今の生活に活かせる事もあるかもしれません。

自分の視野を広げるという意味でも、興味のない分野を勉強できる姿勢は大切な事なのです。

思わぬ所で役に立つ

自分の全く興味のない分野というのは、これまでの人生の中で必要としなった分野である事が多いです。

しかし、この先も永久にその分野の知識が不必要である保証はありません。

知識を持っておく事で、思わぬ所で役に立つ事もあるかもしれませんよ。

遠くにあるご先祖のお墓参り

あなたは遠方にあるご先祖のお墓参りをしていますか?

親に任せっきりで、自分は殆どいっていないという人も少なくないのではないでしょうか?

お墓参りというのは、先人に感謝することや自分のルーツを大切にすることに繋がります。

面倒だな、嫌だな、と思えることさえ、先人が居てくれたからこそなのです。

あなたの感謝は必ず通じる

先人への感謝や慈しむ想いというのは必ず通じます。

霊的なものを信じない人でも、お墓参りをすると何だか清々しい気持ちになるという経験をした事のある人は多いのではないでしょうか?

お墓参りという形で、先祖に感謝を伝える事で、今の生活や平和があることへの感謝やが生まれます。

そんなポジティブな感情が明日からの活力になるのです。

嫌いなものを食べること


嫌いなものを食べるのは嫌ですよね。

特に誰の目に触れない所なのであれば、自分から進んで嫌いなものを食べるという事は、あまり無いのではないでしょうか?

しかし、嫌いなものを食べることは健康面でもいざという時のマナーの面でも大切な事なのです。

嫌われる食べ物には高栄養のものが多い

一般的に嫌われる食べ物の多くは栄養価が高く身体によい食べ物である場合が多いと言えます。

嫌いなものを食べる事で、肌荒れや便秘などの悩みを解消したり、必要な栄養素を補う事で体調を整える事にも繋がります。

普段から避けているといざという時食べられない

嫌いなものを普段から避けていると、大事な会食などでも嫌いな物を食べることが出来ずに恥ずかしい思いをしてしまいます。

大人になっても好き嫌いをしていると、育ちの悪さが見えてきてしまうものです。

大きな災害に備えて備蓄食品などをたくさん用意する

あなたは普段から防災対策をしていますか?

防災対策をしなければいけないと思っていつつも、何もない平穏な時に防災対策をするのは面倒だと感じて億劫になってしまいますよね。

しかし、防災対策とは「もしも」の時のための対策です。

「もしも」が起こってからでは遅いのです。

大きな災害に備えて備蓄食品をたくさん用意したり、家の中の家具などを震災に備えて固定しておくなどの防災対策は嫌でも必ずしておいた方が良いことです。

備えあれば憂いなし

大きな災害に備えていれば、何も無かったとしても特にあなたが損する事はありません。

「準備しても何もないかもしれない」というのは、必ず大きな災害が起こらないと科学的に証明されている場合でしか通用しないのです。

備えあれば憂いなしです。

もしもに備える事を嫌がってしまっては、もしもの時に自分が困ることになるでしょう。

何かあってからでは手に入らない

災害用の備蓄用品などは、事前に用意しておかないと災害時全く手に入らないという状況もあり得ます。

流通がストップして手に入らなかったり、欲しいと思う人の足元を見て高値になってしまう事もあるでしょう、災害用の備蓄食品や防災用品程。

平常時に用意しておいた方が良いものはありません。

会社の飲み会に参加する

最近は特に仕事とプライベートをしっかりと分けるために、終業後に会社の人と飲みにに行ったり飲み会に参加するのが嫌だと感じる人が増えています。

上司に気を使いながら飲んだり、後輩に奢る事を気にしながら飲むと折角のお酒も楽しめないですよね。

しかし、飲み会に参加する事でのコミュニケーションがあり、職場では分かり合えない相手の素の部分を知る事ができる場でもあるのです。

毎回必ず参加する必要はないかもしれませんが、嫌だからと全く参加しないのも考え物です。

本音を聞ける

シラフの時には聞けない本音を聞けるのが、お酒の場での魅力です。

上司や後輩が普段思っていても口に出さないような事を聞ける事で、自分にも気付く事があるかもしれません。

また、お酒の場だからこそ上司や後輩に普段隠している本音を勢いに任せて伝える事あできるというメリットもあります。

仲良くなる

飲み会に参加する事で、会社の人と仲良くなります。

仕事とプライベートは切り離して考えるものですが、基本的に自分が好意を持つ人に対して親切にしたり力になりたいと思うのは人として当たり前の事です。

飲み会に参加して会社の人と仲良くなる事で、仕事がスムーズにすすむようになる事もあるでしょう。

情報が入ってくる

飲み会に参加すると、普段関わる事の少ない人とも話す機会ができますよね。

そんな時に、自分の知らなった情報を知る事で人間関係や仕事を有利にすすめる事ができます。

仕事のできる人ほど飲み会などに積極的に参加して情報収集をしているものなのです。

ダイエットと体調管理

ダイエットと体調管理は、何かと面倒に感じてしまい「嫌だな」と思う人が多いですよね。

しかし、嫌だからとダイエットをしていないと気付けば取り返しのつかない位んい太ってしまって余計にダイエットが大変になってしまいます。

また、普段から体調管理をしていないと、大きな病気が重症化してしまったり、そもそも体調を崩しやすくなったりしてしまいます。

健やかで健康的な生活を送るためにも、ダイエットや体調管理は普段から行っておくに越した事はありません。

健康は自分で管理して守るしかない

自己管理のできない子どもならば、親が健康管理をしてくれますが、大人になったなら自分自身で健康管理をする必要があります。

自分の健康は自分で守るしかないのです。

絶対に他人任せにはできないことだからこそ、嫌でもしっかりと健康管理を行いましょう。

健康診断を受ける

福利厚生の整っている会社なら、定期的に健康診断がおこなわれていますよね。

嫌でも定期的に健康診断を受ける事で病気の早期発見ができます。

自分自身では気付かない事でも、健康診断を受ける事で身体の不調な部分が分かったり早期発見早期治療のための方法を知ることができます。

将来に向けての貯金

お金を得ると、どうしても物欲が湧いてしまいますよね。

欲しいものを我慢するのが嫌で貯金をするのが嫌だと感じる人も少なくありません。

しかし、長い人生を考えると今から将来に向けての貯金をしておかなければ、人生の大きな転機を迎えた時や老後に必要な資金が足りなくなってしまいます。

今を楽しむ事も大切ですが、未来をしっかりと考える事も同じ位大切なことなのです。

「何とかなるだろう」では通用しない未来が来る

実際に老後を迎えてしまえば何とかなるだろうと考える人も居るかと思いますが、実際はそんなに簡単ではありません。

日本は社会保障が充実しているからといって、資産が無くても老後を生きていけると考える人は少なくありませんが、実際にそんなに甘くありません。

年金は年々縮小傾向にあるし、生活保護なども簡単に受けられるものではありません。

「何とかなるだろう」では通用しない未来がくるという事を肝に銘じておきましょう。

人生の節目にはお金が必要

人生の中の大きな節目にはそれぞれにお金が必要になります。

結婚するなら結婚資金、子どもを持つなら出産・育児・教育資金、マイホームを持つならマイホーム資金など、ローンに頼るにも限界があります。

中には、お金がないために諦めなければいけない事も出て来るかもしれません。

お金がなくて諦めたことというのは一生しこりとして胸に残るものです。

そんな思いをしないために、早くから貯蓄していくのは大切な事です。

貯金をしておくと安心して生活ができる

貯金をしておくと「万が一今仕事ができない状態になったら?」などといった不安を軽減する事ができます。

貯金がなく、毎月ギリギリの生活をしていると何とか生活をできたとしても精神的には辛く苦しい生活になる事でしょう。

何もなくても「貯金がある」というだけで心に余裕を持って生活できるメリットがあります。

自分や家族の「もしも」の時に備える

人間はいつか必ず死ぬものです。

考えたくもありませんが、自分や家族のもしもの時に備えておく事は絶対にしておくべき事でもあります。

家族にもしもの事あった時には、パニックや悲しみの感情で正常な判断ができなくなりますし、自分にもしもの事があった時には残された家族が大変な思いをしてしまう事でしょう。

生きて健康な内にもしもの時に備えるのは大切な事なのです。

保険に入っておく

自分に合った保障を選ぶなどのやりとりが凄く面倒な保険関係も、嫌でもやっておくべきことの1つです。

特に医療保険などは、大きな病気が発見された後では入れなくなってしまう事が多いです。

保険に入れないと、高額な医療費に悩まされる事になるかもしれません。

健康な内に、病気になった時の事を考えておく必要があります。

死亡と判断されると口座は凍結される

自分や家族が不慮の事故や病気で亡くなってしまった場合、その名義の口座は凍結されてしまいお金の出し入れが特定の手続きが終わるまで出来なくなってしまいます。

更には家賃や光熱費などの引き落としもできなくなるので、悲しみに暮れている中、お金のやりくりに追われてしまう事も少なくありません。

もしもの時に備えて預金を違う名義の口座に分けておいたり自宅に現金として持っておく事も大切です。

証書や遺産の管理

特に親が亡くなった際に困るのが「どれ位遺産があるのか?」「それに伴う証書などがどこにあるのか?」という事が分からずに、家を探し回らなければいけなくなる事です。

これについては病気や事故で意識不明だったり会話ができない状態になった時にも言える事です。

保険や財産に関する書類をまとめておいて、家族でその情報を共有しておく事も大切です。

自分の最後の希望を書き残しておく

自分が死んでしまった後は、感情も何もなくなるかもしれませんが、それでも自分の望まない形で見送られてしまうのを想像すると何だか嫌ですよね。

特に最近では1人1台PCやタブレットを持つ時代です。

人に見られたくない情報が残っている事も少なくありません。

「自分の死後、PC類はそのまま処分して欲しい」などエンディングノートなどを作って書き残しておくのも良いでしょう。

みんなが嫌がることに意外と価値がある!

みんなが嫌がることとは、労力が必要だったり我慢をしなければいけない事が殆どです。

しかし、それをすることでのメリットも必ず存在します。

そんなメリットや価値を知ることで「嫌だな」という気持ちを減らしていけると良いですね。

何でも嫌だ、面倒だと思っていませんか?

自分の望んだこと以外、何でも嫌だ、面倒だと思ってはいませんか?

明確な理由も考えないまま「嫌だ」というのは簡単です。

人間は簡単なものに逃げやすい生き物です。

しかし、いつまでも「嫌だ」と逃げてしまっていては、いつか必ず避けてきたものが大きく膨れ上がって襲ってくる事でしょう。

「嫌だな」「面倒だな」が口癖になっている

中には「嫌だな」「面倒だな」という言葉が口癖になってしまっている人も居る事でしょう。

言葉というのは、とても力を持っているものです。

元々そんなに嫌だと思っていなかった事でも口癖で「嫌だな」という事で、何となく嫌な気持ちが膨れ上がってしまったり、周りに「嫌だな」と言っている姿を見られる事で何となく素直に取り組むことができなくなる人も多いでしょう。

嫌だというのは思い込みに過ぎないのかも

みんなが嫌がるような事だからこそ「自分も嫌だ」と思い込んでしまっているに過ぎないかもしれません。

実際は、嫌じゃなく素直に取り組む事ができても気持ちの持ちようによって「嫌だな」と感じているだけな場合があります。

周囲の意見に流されてはいけない

周囲の意見に流されて自分の意見を失ってしまうというのは、とても恐ろしいことです。

結局、責任は自分にあることなので、しっかりと自分の意志に伴った行動を選び、周囲の意見に流されてしまわないようにしましょう。

ネガティブな気持ちだと余計に嫌になる

嫌なことに対してネガティブな感情を抱き過ぎていると、実際以上に嫌だと感じてしまいます。

なるべくポジティブな気持ちをもって取り組む事で、自分に有益なことが見えてくるものですよ。

皆が嫌がることの特徴

自分が「嫌だな」と思うことは皆も嫌だと感じることが多いですよね。

そんな皆が嫌がることには共通点があります。

こんな要素を持った事を「嫌だな」と感じる人が多いのではないでしょうか?

体力的に疲れる

体力を著しく使うことを嫌う人は多いでしょう。

それをするだけでグッタリとしてしまうようなことや、力が弱い人には難しいようなことをするのは億劫に漢字てしまいやすいものです。

精神的に疲れる

していて精神的に疲れることも、する前から「やりたくないなぁ」と感じがちですよね。

体力を使わなくても、同じことを延々と続けるような作業や、ネガティブな気持ちになりやすい作業など体力的に疲れることよりも精神的に疲れることの方が後を引きやすいと感じる人もいることでしょう。

臭いところですること

臭いところなど作業自体を不衛生な場所や不快な場所ですることは、多くの人が嫌だと感じてしまいます。

誰かがやらなければいけないことだとしても、それが自分に当たりたくないと思ってしまいますよね。

皆が嫌がることをやるメリットとは?

皆ふぁ嫌がることでも、必ず誰かが行わなければいけないことも存在します。

そんな皆が嫌がることを率先して行う場合、あなたにどんなメリットがあるのでしょうか?

勇気のある強い人だと思われる

皆が嫌がることを率先して行うことができる人は、周りの人から勇気のある強い人だと思われます。

皆が嫌がることを率先して行うという少数派に、自ら望んでなれるという人は人の意見に流されずに、自分の意志を強くもっている人であると言えます。

仲間を助ける頼りがいのある人だと思われる

誰もが嫌がる事を率先して行うことができるというのは「自分以外の人が嫌な思いをするくらいなら、自分が嫌な思いをしよう」と周りを気遣っている一面が見えてきます。

そんな人を仲間を助ける頼りがいのある人だと思う人は少なくありません。

誠実さや、真摯な印象を与えやすいとも言えます。

嫌な事をやる時におすすめ!モチベーションを高く持つ方法

嫌なことをする時には、気持ちがついていかずにダラダラと作業してしまったり、重い腰をなかなか上げられないという人も少なくありません。

嫌なことをしなければいけない時におすすめな、高いモチベーションをもつ方法を実践して、嫌なこともさっさと終わらせてしまいましょう。

気付いた時に動く

嫌な事は総じて後回しにしてしまいがちです。

嫌でもしなければいけないことに気付いた時に「じゃぁ、今度やろう」と後回しにしてしまうと、時間が経てば経つほど嫌になってモチベーションはあがりません。

気付いたその時に行動を起こす事で、最もモチベーションを高く持った状態で嫌でもしなければいけないことに取り組む事ができますよ。

誰かと一緒にする

自分一人だとネガティブな感情に支配されて行動に起こせないという人は、誰かと一緒にするのも良いかもしれません。

ひとりだと嫌で仕方ない事でも、誰かと一緒にすると前向きに取り組む事ができる事もあるでしょう。

楽しく会話しながらすれば、嫌なことでもあっという間に終わらせる事ができる事も多いです。

終わった後に自分にご褒美をあげる

嫌な事をするには自分を奮い立たせる必要がありますよね。

嫌でもやらなければいけないことに直面した時に「これが終わったら自分に◯◯してあげよう」とご褒美を設定すると、重い腰をあげるモチベーションに繋がりやすいです。

食べたかったスイーツを食べたり、見たかった映画を見るなど、自分が欲しいものややりたい事をご褒美にする事で、さっさと嫌でもやらなければいけない事を終わらせる事ができるかもしれません。

宣言する

嫌でもやらなければいけないことをする際に、自分がこれからすることを他人に宣言するのも良いですね。

「あの人にすると言ってしまったから、しなければいけない」と自分が逃げられない状況を作る事で嫌が応でも作業に取り組むことができます。

好きな音楽を聴きながらする

自分のテンションを上げるために、好きな音楽を聞きながら作業をしたり、お気に入りの道具を使って作業をする事で嫌なことでもサクサクと作業できる事は多いです。

自分がネガティブな状態になると、それだけで作業効率は大幅に低下してしまうので、いかに自分の気持ちをポジティブにもっていけるかという工夫が大切ですね。

いつまでに終わらせると決める

嫌でもやらなければいけないことの多くが、「今絶対にしなければいけないという事ではない」という時間に縛られない内容である事が多いと言えます。

時間的な誓約がないせいで、後回しにしがちだったり「今は気分じゃないからやりたくない」などの逃げ道ができてしまいます。

「必ず◯日、◯時までに終わらせる」と時間的な誓約を作る事で、嫌でもやらなければいけない事に取り組む事ができますよ。

しなかった時の事を想像する

嫌でもやらなければいけないことを、しなかった時のことを想像してみましょう。

例えば災害に備えた食品の備蓄をしなかったら、食料が手に入らず飢え苦しんでしまうかもしれません。

他人の相談に乗らなかったら、自分が本当に困って苦しんでいる時に誰も手を差し伸べてくれないかもしれません。

結局は自分に返ってくる事が多いものです。

最悪の状況を想像する事で「やらなければいけない」という気持ちを強く持ちましょう。

まとめ

嫌だなと思う事は、大抵の場合「しなくてはいけない事」であることが多いですね。

どうあがいてもやらなければいけない事をする時に、自分がどういったモチベーションを持つのかで作業効率も随分変わるものです。

嫌だ嫌だと考えてばかりでなく、「仕方ないからやるか」と割り切る気持ちも大切ですよ。

『あなたの恋愛運は大丈夫?不幸の原因はこれかも』

記事下_無料でオーラ鑑定_0718