世界からはエコノミックアニマルと差別されるほど、働き者の日本人ですが、古くから労働は神様からの贈り物と考えられてきた日本人の精神は誰にも汚すことができないものです。

西洋人のように、労働は罪に対する罰だという意識はないのですね。

しかし、どんな時でも仕事をし過ぎて眠くなることがあります。

それは、当たり前のことです。

また、夜通し遊び疲れて、それでもやらなければいけないこともあります。

遊んだからってやらなければいけないこともあります。

幾ら勤勉になっても睡魔には勝てないと思っているそこの貴方へ。

今回はそんな睡魔に関する防止のテクニックを伝授します。

️睡魔と戦え!目覚ましテクニック22選!

身体に刺激を与える


身体に刺激があれば、睡魔に対抗することもできます。

痛みほどではないですが、何か刺激があれば、反応します。

それは、元々人間が持っている防衛反応によるものです。

人間に毛があるのは猿から服を着るまでの名残だということは知っているでしょうか?
本来、今あるべき人間には毛が非必要でないものです。

そして、眠気に関しても本来の人間ならば、非必要なものを刺激することで覚醒をすることができます。

いつ敵に食われるかもしれない眠れない環境から、現代の睡魔について紐を解きます。

敵がいれば、逃げるか殺す。

そんな祖先のDNAを隠し持っていたからこそ、睡魔に立ち向かうことができるのです。

1.腕や足をつねる

これは古典的な方法ですが、効果はあります。

古代からの名残で痛みを感じれば、それだけ覚醒して、反撃をしようという気になるのです。

それで眠気は吹き飛びます。

腕や足をつねるというのは、原始的な意味合いで言えば、「噛みつく」と同義です。

つまりは食われる直前だということです。

そうした祖先のDNAが呼び起こし、睡魔を吹き飛ばして、覚醒モードに入ります。

死に直面したからこそ、睡魔を吹き飛ばすことができるのです。

2.ペン先で皮膚を刺す


尖ったもので刺される恐怖というのは、戦国時代から始まったものではありません。

もっと原始的なものです。

それは蜂です。

蜂に刺されれば、死に至ることを何回も繰り返した記録でわかってきました。

それを疑似体験することで睡魔を追い出すことができます。

体が危険を察知し、緊張状態に陥るのです。

また、戦国時代にもやはり槍や刀で刺される経験があります。

それは、日本人のDNAに組み込まれているものです。

皮膚を刺せば、それだけ危険を感じ、睡魔を追い払うことができます。

3.手や顔をマッサージ

これは正直に言ってあまり効果がありません。

マッサージ効果によってリラックスを生み出します。

むしろ睡魔を増幅させる役割を持ってしまいます。

しかし、ツボを狙ったマッサージならば効果があります。

親指と人差し指の間にある掌のツボを押すと、覚醒して睡魔を取り除くことができます。

また、顔についても目の上辺りの頭蓋骨を押していると睡魔が取れます。

また、手も親指と人差し指の間の肉をツボを押すことによって睡魔を追い払うことができます。

ツボをしっかりと理解した上でやることが大切です。

しかし、ツボを理解すればそれ以上のことはありません。

4.空気イス

これは完全に筋トレの興奮作用で睡魔を取ろうというものですね。

足に筋肉が使われた感触があり、それによって睡魔を取ることができます。

筋トレをすると体がほてり、それによって睡魔は消えます。

空気イスに座ると、足の筋肉が強調されて、睡魔を追い払うことができます。

それで、睡魔と筋肉が一緒に覚醒されるのです。

どんな時にでもできるので、やりやすいものでもありますね。

5.首のストレッチ

首のストレッチとありますが、実際は頭ですね。

頭を回すことによって、能がリフレッシュして、睡魔を取り除くことができます。

睡魔というのは、脳が引き起こしています。

その脳に刺激を与えてあげれば、自然と睡魔はなくなるのです。

首の刺激は頭の刺激です。

睡魔というのは、結局は脳の問題ですので、脳をしっかりとしなければいけないのです。

6.肩を回す


軽く肩を回してみましょう。

そうすれば、体全体が動いて、睡魔が少し取れます。

個人差がありますので、効く人には物凄く効くかもしれません。

また、激しく肩を回してもそれはそれで効くでしょう。

体のストレッチというのは、それだけで効果があります。

強張った筋肉を緩やかにさせ、睡魔を吹き飛ぶ良い手段になるでしょう。

それは、誰にでもできることであって、睡魔と戦う良い手段です。

7.小さく伸びをする

伸びをするのは、効率的なことです。

日常でもずっと同じ姿勢でいる時、伸びをしたりしますよね。

寝る時は寝返りなどがあり、いつも同じ姿勢でいるわけではありませんが、それでも同じような姿勢を取っています。

背伸びをして、体の位置を変えてみるのもいいかもしれません。

また、伸びをすることによって、背中から振動が起きて、覚醒作用を齎します。

8.足を組み替える

人は無意識に足を動かして姿勢を変えています。

これは長時間、全く同じ姿勢でいると体に害が出るからです。

立ち仕事をしたことがある人はわかると思いますが、警備員などは簡単なようできついです。

そして、睡魔を追い払う方法としては、意識して足を組み替えてみましょう。

足を右に組む、左に組む、足のかかとを膝に乗せる。

様々な姿勢があります。

人間、動いていると睡魔が襲ってこないものです。

意識してやってみてください。

9.とにかく瞬き

睡魔を追い払う最も簡単な方法は瞬きをすることです。

瞬きをすればそれだけ目を閉じる時に脳に刺激がいきます。

そのため、睡魔を追い払うことができるのです。

ただ、この方法はずっと継続しているのは辛いですし、周りの目もありますので、継続して行うのではなく、定期的に行うようにしてください。

長時間、瞬きをしていると、涙腺にも影響します。

涙が出ることは、睡魔に対抗できます。

涙は正常な眼球への道筋です。

単純ですが、効果的な方法です。

意識して心がけてください。

10.歩き回る

これはかなり睡魔に対抗できます。

不安な時やデート前など何かやらなければいけないことがあるのに、眠るには早くて睡魔だけがあるということがあります。

そうした時、部屋の中をぐるぐると歩き回ることで、頭の回転が速くなります。

実際に歩いていると頭が冴える人は多いです。

徒歩には、頭を覚醒させる効果があります。

そのため、睡魔を忘れて、何か考えに没頭することができます。

歩き回る癖がある人は、そうした覚醒作用も考慮しているのです。

11.深呼吸

深く深呼吸をしてみましょう。

そうすれば、睡魔でぼうっとした頭に酸素を送り込むことができます。

これは非常に簡単で有効的な手段です。

普段の生活から使うことができます。

眠たくて仕方ない時、まずは深呼吸をしてみるという選択肢を取るだけで大分違います。

是非、実践してみてください。

目覚ましアイテムを使う


ヘッドホンで大音量の音楽を聴いたり、YouTubeでMVを聴いたりすることで、目覚ましの代わりになることがあります。

また、単純に目覚まし時計は効果があります。

未だに目覚まし時計の代わりとなる物が出ていないのがその証拠です。

毎日、決まった時間に大音量を流してくれる。

それはかなり効果的な手段です。

その目覚まし時計の亜種として、目覚ましアプリというのがあります。

アプリで目覚まし時計の代わりにしようというものですね。

そうしたものは毎日決まった時間に決まった音楽を鳴らしてくれます。

しかも、殆どが無料アプリです。

無料でそこまでの効果があるのです。

是非、試してみてください。

12.目薬をさす

睡魔のせいで目がしょぼしょぼするなどする場合は、目薬を使って気力を回復しましょう。

目薬の成分には、目の潤いを保つ効果があり、目がしょぼしょぼしている状態を治す効果があります。

また、冷たい目薬を目に入れるだけでさっぱりします。

冷たいというだけで効果があるのですね。

目薬はどんな状態で保管していても、ぬるくなるということはありませんので、冷たいことに間違いはありません。

また、目というのは、脳と直結しています。

眼球に箸を突き立てるだけで自殺できるのです。

眼球の奥に脳があるのです。

舌禍に薬を入れて、それで脳にまで効果が出る薬というものもあります。

脳に近い位置にある目というところに清涼感のあるものを入れると、それだけで睡魔を追い払う事ができます。

13.ミントタブレットを食べる

すっきりしたものを食べると、睡魔も撃退できます。

眠気というのは基本的にドロドロしたものです。

そこで爽やかな風を送り込むことによって、睡魔を追い払うことができます。

爽快感と睡魔というのは真逆の存在です。

そうした真逆の存在を組み込むことによって、睡魔に対抗できます。

14.ガムを噛む

噛む、ということは脳を刺激する最良の方法です。

良く噛む人は頭が良くなると言いますが、まさにその通りです。

よく噛むと脳が刺激されて覚醒状態になりやすくなります。

ガムを噛んでいるという行為自体にも意味があります。

噛んでいると、脳細胞が活性化することになります。

そして、ガムは味がなくなるまでしっかりと噛んでください。

味がなくなるという一つの目安を作ることによって、より効果が高まります。

15.冷たい飲み物を飲む

これは頭がキーンとなるくらいの冷たい飲み物がいいでしょう。

頭がキーンとなるのは、アイスクリーム頭痛という医学名がついています。

そうした頭痛に自ら追い込むことによって、頭をリセットすることができます。

温かい飲み物は心をほっとさせ、睡魔を引き寄せます。

その逆で冷たい飲み物は睡魔を追い払うことができます。

それは夏でも冬でも同じです。

冷たいと、睡魔が吹っ飛びます。

なるべく炭酸飲料のような爽やかなものの方がいいでしょう。

万能なのが冷たい飲み物なのです。

16.エナジードリンクを飲む

エナジードリンクというのは、要するにカフェインを多少に集めたものです。

カフェインに含まれる覚醒効果を「体を元気にする」と法律スレスレのところで宣伝しているのです。

これはサラリーマンの間で多く活用されています。

中にはエナジードリンクのようなカフェイン剤の飲みすぎでカフェイン中毒になって死んでしまう人もいるということがニュースにもなったくらいです。

一日に何十本と飲むことは死のリスクがあるため、おすすめしません。

それはやりすぎですが、通常の量を飲むのは効果的です。

カフェインを摂取するのは睡魔を追い払うのに最も効率が良い手段です。

適度なエナジードリンクの摂取は仕事など取り掛かるべきものに対抗する睡魔への対策となり、非常に効果的です。

サラリーマンの味方であるエナジードリンクを是非、執念場に飲んで頑張ってください。

エナジードリンクは日本のサラリーマンを応援しています。

また、受験生にも長く勉強するために効果的です。

今の時代、長く活動している人が勝つシステムになっています。

長く活動するためには睡眠時間を減らすことが必要です。

それにはエナジードリンクが必須です。

その他目覚ましテクニック!

コーヒーを飲むのは効果的です。

カフェインが含まれており、単純に目覚ましの効果があります。

そして、コーヒーには適度な水分が含まれているのも効果があります。

利尿作用というのは、睡魔を追い払う効果があります。

そのため、コーヒーでなくとも、大量の水などの水分を取るというのも効果的です。

食事を抜いて、ただの水道水を山ほど飲むだけでも目覚ましテクニックになります。

お腹がパンクする寸前まで水分を取ることで利尿作用を発揮して、トイレに行きたくなり、そのそわそわ感が目覚ましの秘訣となるのです。

ただし、これは直ぐにトイレに行ける環境にある場合に有効なのです。

トイレに行けない場合は止めておきましょう。

夜勤の仕事などにはペットボトルにコーヒーを入れて、飲んでいくといいかもしれません。

それをがぶ飲みすることによって、夜勤の睡魔に対抗できます。

17.室温を下げる

人間、温かくなると眠気を感じます。

ぽかぽかした陽気な日に眠くなるのはそうした原理です。

逆に室温を下げれば、睡魔に対抗できます。

よく、雪山で「眠ったら死ぬぞー!」という場面をドラマで見かけますが、日本の冷房機では、死ぬまでの温度までは下げられない設定になっているので、そこは心配しなくても大丈夫です。

室温が低ければそれだけ体が拘縮します。

それによって、睡魔を吹き飛ばすことができます。

拘縮しすぎて気絶するほど寒くなると命の危険性がありますが、今の日本ではそんなことはあり得ませんので、室内で作業をする人にとっては、室温を下げることが睡魔に対抗できる対策となるのです。

18.窓を開けて換気

室内が籠っていると、人の吐き出す息である二酸化炭素や、その他有害物質が充満します。

そうした充満したものには睡眠作用があります。

よく、ガス自殺をしようとして運よく助けられている人が気を失っているのをイメージすればいいかと思います。

そうしたものを取り除き、新鮮な空気を取り入れることによって、睡魔に対抗できます。

換気は睡魔だけではなく、その他体の健康にも役立ちます。

眠っている体を起こすだけでなく、健康にも役に立つのです。

19.誰かと喋る

会話というのは集中力を使います。

喋ったまま眠ることはできません。

それは決定的に決まっていることです。

人はそういうふうにできています。

それは、何故かというと、システムの問題です。

会話の輪の中に入っている内に眠りこける人もいないでしょう。

会話にはその後の人生を左右するような要素も含まれています。

人間関係の構築であったり、自分の精神状態だったりするものです。

どんな人でもそれを断ち切ることはできないでしょう。

そうしたものを捨てて眠ることができる人はいません。

会話は何よりも重要なものであり、何よりも優先されることなのです。

それを忘れているのは現代社会ですが、睡魔に襲われている環境だからこそ、そうした会話の大切さを実感できるものだと思います。

人と喋るのは、睡魔よりも重要。

その事実は未来永劫的に変わらないでしょう。

また、過去においてもそれは変わりません。

20.思い切って仮眠をとる


仮眠をとるのは、睡魔を払う一番手っ取り早い方法です。

ちょっと眠るだけで、睡魔は全然違います。

仮眠というのは、最大の武器です。

仕事や勉強にとって、適度な睡眠というのは、それだけで睡魔対策となります。

ただ、眠るのに時間がかかるという人には向いていないかもしれませんね。

芸人の有吉弘行さんが猿岩石というコンビ名で世界一周ヒッチハイクの旅という企画に合格したのは、「直ぐ何処でも寝られる」という特技があったからだと言われています。

体を酷使する企画だからこそ、仮眠が適度にできる人が選ばれたのです。

死ぬほど大変な企画だったでしょうが、何処でも寝られることによって、疲労は回復されて、やがて企画達成という結果を生み出しているのです。

ちょっとこっそり寝られる人は仮眠もいいでしょう。

ただ、眠りすぎないように、目覚ましをかけておくのはお忘れなく。

眠るのは体にとって良いことです。

でも、それを見られてしまうのは良いことではありません。

何気ないくらいが丁度いいのです。

21.生活改善!早寝する

朝起きる時に睡魔に囚われて遅刻する。

そんな人は早寝の習慣を義務付けるのも効果的です。

どんなに眠る人も、毎日寝ている以上、12時間以上眠る人はいません。

過眠症という睡眠障害に陥っている人は、それ以上があるかもしれませんが、そういう例外を除けば絶対にありえません。

そのため、早寝の習慣をつけて、生活自体を改善すれば早起きをできるようになります。

早起きができればその分、十分に眠ることができます。

睡魔の赴くままに寝ておくことができるのです。

寝たいだけ寝られる。

それがどれほど、幸せなことか学生の頃にわかって、社会人になって身に染みるのではないでしょうか?
それで自分の自由な時間が少なくなるかもしれませんが、それで遅刻するよりかはましです。

規則正しい生活ほど寿命を長くする行為はありません。

今まで体に悪い方法ばかりを紹介してきましたが、これだけは体に良い方法です。

生活習慣の改善。

それはどんな睡魔よりも役に立つものです。

自分の睡眠時間を把握しておくのもいいかもしれませんね。

何時間、自分が眠ることができるのか把握しておくことで、それに合わせた睡眠時間を測ることができます。

何事も計画性が大切です。

計画性を持っていれば、一日という時間を完全にコントロールすることができます。

それによって睡魔に対抗できます。

22.軽く運動やストレッチ

眠る前にヨガをやって眠気がするようになるという意見と、朝起きてヨガをすると頭がシャキッとするという二つの意見があります。

しかし、それはどちらも正しいことです。

つまりは、朝起きてから軽く運動やストレッチをすることは、睡魔に対抗するのに有効なのです。

また、筋肉に興味がある人は、筋トレを朝起きた時に行うのを実施してもいいかもしれません。

眠気も覚まして、筋肉もつけられる。

一石二鳥です。

ヨガやストレッチなどをするのは、するべきです。

眠気に弱い人は、そうした運動によって、眠気を吹き飛ばすことができます。

特に全身を動かすための運動は効果的です。

体を動かすことによって、脳にも刺激が出てくるのです。

️寝ちゃいけないのに…襲ってくる睡魔

寝てはいけない時に限って、寝てしまうものです。

ここで寝たら駄目だ。

そう思うからこそ、眠ってしまう。

それは人の性です。

眠い時はどんな時でも眠ってしまうものです。

例えば、不眠症の人が睡眠薬の飲みすぎで次の日、休憩時間に横になったとして、そこで睡魔を止めることができるでしょうか?
例えば残業続きで24時間働いている飲食店員が次の日、休憩時間に横になったとして、そこで睡魔を止めることができるでしょうか?
それは誰にもできないはずです。

特に自分の苦手な場所だと、睡魔は深くなる傾向があります。

理不尽なことは人生に沢山あります。

その際に睡魔が襲ってくることは幾らでもあるのです。

️睡魔を吹き飛ばしたいとき

基本的にはカフェインなどの覚醒する成分を取るのがいいでしょう。

今はカフェイン剤というカフェインを集めた錠剤もあります。

それを摂取すれば、覚醒することができます。

どんな眠い授業でも、どんな眠い会議でもそれは有効です。

睡魔を吹き飛ばすことができます。

化学物質には誰にも勝てないのです。

ただ、状況によってそれは変わってきます。

カフェイン剤がどんな状況にも使えるというわけではありません。

それは個々の状況によって変わってきます。

授業中

授業中に眠くなることは学生ならば体感したことがある人もいるでしょう。

逆に授業中に全く眠くならず、授業中に眠るなど意味がわからないという人もいるはずです。

それは、授業を理解しているかどうかによって違ってきます。

授業を理解していているかどうか。

つまり、授業を受けているか。

それとも、授業の外に意識が行っているのか。

それが授業中には関わってきます。

つまり、授業中に睡魔を追い払うには、授業を理解すればいいのです。

何も明日直ぐに天才になれとは言いません。

しかし、次の日の授業を予習しておけば、自然と授業中に睡魔が襲ってくることはなくなります。

また、日当りのいい席になると睡魔が出てくるという人もいます。

そうした人は席替えを希望するのもいいでしょう。

「あの人の隣が嫌だ」
そんな幼稚な理由での席替えは却下されるでしょうが、自分の中の睡魔との戦いをしっかりと説明すれば、普通の教師ならばわかってくれるはずです。

話が全くわからない大学の授業などだと、それもこれも効果がないこともあります。

大学の授業は教授によって大きく変わります。

しかし、それは自分の考え方次第で変わります。

要するに、どうその授業に興味を持つことができるかどうかということです。

仕事中

仕事中に眠くなるのは、その仕事に満足していないからです。

仕事が単調でつまらないものだと考えているからです。

まずそこから脱出するには、二つの方法があります。

それは、
・仕事を面白くすること。

・転職すること。

の二つです。

基本的に望ましいのは、仕事を面白くすることですね。

仕事中に妄想をして仕事を楽しくする。

功績を上げてより楽しい仕事に就けるようにする。

先輩に気に入ってもらえるように努力して、仕事中の会話を楽しくする。

後輩の教育を模索する。

幾らでも方法はあるはずです。

しかし、そういったことが通用しない場合もあります。

そうした行為が一切思いつかなかなかった場合は、転職をお勧めします。

仕事というのは、この時代、幾らでも溢れています。

その最たるものが風俗業ですね。

男性でも女性でもそうです。

楽して稼げます。

そうしたものに積極的になれとは言いませんが、そうした選択肢もあります。

転職は、睡魔が襲ってくるのを防ぐ第一関門なのです。

会議中

これは、ある程度仕方ないものです。

会議というものには、ある程度興味ないということは仕方ないものです。

これを解消するには二つの道があります。

1.会議に興味を持つほど仕事に没頭する。

2.カフェイン剤などでドーピングする。

これは仕事に対しての興味によって違います。

仕事が本気で好きならば、会議中、夢中になるはずですし、そうでないならば、ぼうっとするはずです。

その両極端に分かれるものをコントロールできれば、会議中の眠気に対抗できるはずです。

長話

上司や同僚など、聞きたくもない長話をされることがあります。

また、恋人など信用のおける人でも「そんな話どうでもいい」というような話をされることがあります。

そうした場合は、例え会話中であっても眠気が襲ってくるようなこともあります。

しかし、それも会話中です。

寝るわけにはいきません。

そうした中、眠気を追い払うには空想が一番です。

明日何しよう。

俺は世界の独裁者になっている。

RPGゲームの主人公でラスボスと戦っている。

どんな妄想でもいいのです。

長話というある意味で監視されている状況下で眠気を晴らすにはそれしかありません。

自分の妄想力を信じてください。

そして、それを実行してください。

電車の中

電車の中で寝てしまうと大変です。

目的地の駅に辿り着けるかわかりませんし、逃してしまう可能性もあります。

また、女性だと痴漢に遭うかもしれません。

電車の中で寝てしまうと危険です。

そのためにどうすれば良いかというと、やはりスマホいじりが一番でしょう。

スマホの中でツイッターを確認したり、漫画や小説を読んだり、好きなことをしていれば、睡魔に対抗できます。

ただ、ただ通勤手段として使うだけではなく、有効的に時間を活用してください。

運転中

運転中、眠くなる時に最も良い睡魔に対抗できる方法は一番手頃なのは、ラジオです。

ラジオを使って、運転しながら気を紛らわすことができます。

トラック運転手でラジオ視聴者が多いのは、そうした理由からです。

また、音楽も有効です。

自分の好きな音楽に囲まれながら運転していると、睡魔を追い払うことができます。

最も良い方法は人と会話することでしょう。

トラック運転手がヒッチハイクの人を乗せたがるのは、喋る相手が欲しいからです。

そうすれば、眠気で事故を起こすなんてことはありません。

運転というのは、ある意味で孤独な作業です。

それを紛らしてくれるものは睡魔を追い払う手段になります。

映画・舞台鑑賞中

映画や舞台が面白くないと眠くなってしまいますよね。

でも、起きていないと一緒に来た恋人や友達との話が嚙み合わなくて困ることになります。

そういうものは、大抵最初からつまらないものです。

最初から導入できていないのです。

これに関しては無理やり感情移入をするしかありません。

それか仮眠を取りながら少しずつ見ていくかどうかです。

来賓の挨拶

来賓の挨拶ほど退屈なものはありません。

しかし、露骨に寝ていると怒られてしまいます。

何とか眠らない方法はないでしょうか?
それは妄想が便利です。

話を聞いているふりをして、自分の中で物語を組み立てて妄想をするのです。

そうしていれば、時間はあっという間に経ってしまいます。

️眠気を覚まして睡魔とおさらば!

眠気を覚ますには色々な方法があります。

睡魔は眠るのには必要な能力ですが、ありすぎると害をもたらします。

そうした事情を顧みると、やはり睡魔とは、おさらばしなければいけません。

睡魔に対抗して、しっかりとした場所ではしっかりとしなければいけませんね。