楽しくも早かった高校生活や浪人生活を終え、大学受験も終えたそこのあなた!また、あこがれの大学に行くために毎日勉強をがんばっているそこのあなた♪

大学に入学したのであれば、1度きりしかない大学生活だからこそ思いっきり楽しみたいものですよね!なかには、高校デビューをしようとしていたのにそれができなかった人もいるでしょう。

また、高校生の時とはちょっと違った自分で大学生活を送りたいと考えている人にとっては“大学デビュー”が楽しみで仕方ないのではないでしょうか♪

とはいっても、いったいどのようなことをすれば立派なキラキラな大学デビューを果たすことができるのかな…?なんて少し不安な気持ちも抱えているのも事実。

ということで、この記事では一度きりの大学生活を思いっきり楽しむことができるような大学デビューの方法を伝授いたします!また、大学生活では“人気者”になりたいあなたのためにどうすれば人気が出るのかそのキャラについても解説していきます☆

勉学だけではなく、おしゃれに恋にバイトに…♪いろいろなことを心の底から楽しむことができるように今から少しずつ準備を始めませんか?

一度きりの大学生活!悔いのないように楽しみたいですよね!

この記事を読んでくださっているそこのあなた!あなたはこれから“大学生”という新しい身分を背負い、人生を進めていこうとしているのでしょう。

ここまで来ておめでとう。

そして、大人になるための最後の過渡期ともよばれている“大学生”だからこそ、社会人になる前に楽しんでおきたいことはたくさんあるはずです。

友達をたくさん作って!大好きな教授のもとで勉強をして。

おしゃれをして。

おいしい学食を食べて。

大好きな恋人なんかに出会えちゃったりなんかして。

…その“憧れている大学生活”をぜひともあなたの本当の現実にしてみませんか?そりゃあ誰だって、いまだに足を踏み入れたことのない大学という場所ですから、どのような服装で行けばいいのだとか、どのような人たちがいるのだとかなんてなかなか想像できないですよね。

おそらく、入学してすぐはオープンキャンパスでは見たことのなかったような、感じたことのなかったようなその異空間にとてもびっくりすることでしょう。

筆者も大学入学時はとてもびっくりして「こんな楽園でやっていけるのかな!?」なんて不安になったものです。

そんな不安になったからこそ分かる“悔いのないように大学生活を楽しむ方法をご紹介していきます☆人生一度きり!あれもやっておけばよかった!これもやっておくべきだった!なーんて、大学の卒業式で友人たちとたくさん話したものです。

あなたにはそのような失敗をしてほしくない!だからこそ、ぜひ参考にしてみてくださいね♪ワクワクルンルンした気持ちを大切に♪

まずは大学デビュー!その方法とは

あなたはおそらく「大学デビュー」をしたいと考えているのではありませんか?出身高校がどこかの大学の付属校でない限りは、初めて出会う人たちが多くいる環境になるはずです。

そのために「高校の時の自分とは違う自分になりたい!」とか「高校時代は地味だったけど大学は明るくパッとやっていくぜぃ!」なんて計画している人も多くいるはずです。

ちなみに筆者もそれとなく大学デビューができればいいなぁなんてぽわわーんと入学式やオリエンテーションを迎えたのを覚えています。

しかし!その“ぽわわ~ん”と過ごしたのがいけなかった!もっとできることがあった!と入学後すぐに感じたものです。

あなたも大学デビューを成功させましょう!なんていったとしても、実際にどのようなことをすればいいのかなんてわからないですよね。

何をすればいいんだろう!?なんて悩んでいる間に大学生活が始まってしまうことも少なくありません。

今からでも遅くはありません。

ぜひこれからご紹介していく“大学デビューをする方法”をぜひとも実践してみてください。

入学した後、オリエンテーションのあと、新入生歓迎会の最中などに「やっておいてよかった」と必ず感じることができるはずです。

また、以下のことを行っておくことにより不安な大学生活を少しでも“楽しみなもの”に変えることができる効果もありますので「大学生活やっていけるかなぁ」なんて不安な気持ちを抱えている人にもおすすめします。

趣味をつくる

あなたには趣味がありますか?高校時代からなにかしらの趣味を持っている人であれば、その趣味を主張していってくださいね。

もしも「今はまだなにも趣味がない!」というのであれば、今すぐにでもあなたの「気になることや好きなこと」をメモに書き出してみましょう。

そのなかには必ず“極めることができるもの”というものがあるはずです。

その極めることができるものをトコトン極めてください♪もしも「ダンスが好きで自己流でコピーしている」というのであれば、ダンスの体験教室にいってみたり、ダンスサークルの体験日をチェックしておきましょう。

また、趣味とはいえないものの何か継続して行っていることがあるのであれば、胸を張って“趣味”と言いましょう。

ずばり、大学生活においてあなたはこれから多くの人と出会うことになります。

高校生までは“クラス”という小規模なものがありましたが、小規模大学であれば高校のようなクラス制度があるかもしれませんが、マンモス大学などに入学するとそのクラスも大人数なため、意味をなさないことが多いです。

すると、「自分自身で友達を作っていく」ことが重要になります。

趣味があれば、それをおこなっているサークルに足を運ぶことができます。

また、その趣味を持っていると話をしてくれた人にその話題で会話を続けることができます。

趣味はあなたの人間関係を確実に広げてくれるんです。

そのためにも自己紹介などをする際には「趣味は○○です」という言葉をいれるようにしましょう。

SNSで友達を作っておく


最近では大学入学式を終えてから友人関係を作る…というよりかは“入学式やオリエンテーションの前にSNS上で友達を作っておく”という人がとても増えています。

SNSといえば、ツイッターやフェイスブック、そしてインスタグラムなどをあげることができます。

あなたは、それらに登録や投稿をしているでしょうか?高校時代でもすでにこのように“入学前から友達を作っておく”というのがあたり前だったのではありませんか?大学というのは、あらゆる地域から入学してきますね。

そのため、あなたと同じように「友達ができなかったらどうしよう」「ぼっちなんてごめんだ」なんて考えている人って多くいるんです。

その不安を解消するためにSNSを使って、入学前に友達を作っている人というのは多くいます。

どのように知り合うのかといいますと、プロフィールに“春から○○大学△△学部に入学”なんて書くだけです。

また、SNSにある検索機能にあなたの入学する学部や学科を入力することによってあなたと同じようにこれから入学する人を探すことができます。

リプライやダイレクトメールを送り、友達になれるようにがんばりましょう。

なかにはすでにその大学で生活を送っている先輩に出会えることもあります。

注意すべき点もあり

ただこのSNSで友達を作っておくことの難点は“写真と違う”ことがよくあるということ。

筆者もSNS上で友達を作ってから入学式をむかえ、ある日にその友達になった子とランチの約束をしたんです。

実際に会ってみるとツイッターに掲載されていた写真とは全くの別人でとても派手なタイプな方でした。

私たちは口調も雰囲気も合わないものの、意気投合し卒業したいまでも友達ですが人によってはビックリしてしまうこともあるかもしれません。

そのような“ネットで話している口調とは違うことがある”ということを念頭に入れておきましょう。

バイトを始める


大学生活が始まるとあなたは自分自身で時間割を組まなくてはいけなくなります。

高校生活では定時制を除き、初めてのことですよね。

そのため、「時間割が決まってからバイトを決めよう!」と決意している方も多いかと思います。

しかし、それじゃあ遅いんです!考えてみてください。

あなたはこれから全く暮らしたことのない未知の世界での生活を始めます。

それもあなたの知らない人たちと一緒に、またときにはひとりで時間を過ごしていかなければならないのです。

それだけでもとてもストレスを感じるものです。

そこに新しいバイトを始めるようなことがあればどうでしょうか。

とてもメンタルの強い人でなければあ、バイトを始めることによってよりストレスを感じることになり、結果的に大学にも行く気持ちになれないとかバイトにも行きたくない…なんていう悪循環を生んでしまう可能性もあります。

そのため、大学入学前(できれば受験が終わったころから)バイトを始めておくべきです。

そうすることにより、バイト生活に慣れてきたころに大学に入学し、新生活を始めることになるので学業もバイトも両立できるようになります。

「私は大丈夫だから!」なんて過信せず、早めにバイトをはじめましょう。

そうすれば、新生活で着るかもしれないかわいい服やかっこいい服をGETできる確率も高くなるのですから。

流行にのる

今“かわいい服やかっこいい服”という話題に触れました。

大学というのはオシャレをしていく場所ではなく、何かを学びに行く場所ではありますが、多くの人とコミュニケーションをとるという点においてあまりにも不潔でみすぼらしい服装では行きたくはないものです。

とはいえ、高校生活は制服でほぼやり過ごしてきてしまった人にとって「どのような服装をすればいいのだろうか?」なんて悩んでしまうこともあるはず。

筆者もそのタイプでした。

ずばり“流行”にのりましょう。

すでにあなたにこだわりのファッションがあるのであれば、それを貫いてもいいです。

しかし、どうすればいいかわからないというのであれば、流行のファッションがのっているようなファッション雑誌を購入したり、WEBサイトを閲覧したりして勉強しましょう。

勉強というと難しく感じてしまいますが「これなら着れそう!」とか「これなら着てみたい」と思うものを参考にするんです。

そうすることで、あなたは大学生活で恥ずかしい思いをしなくてすみます。

髪の毛を染める

高校生活において髪の毛を染めていた方もいらっしゃるでしょう。

私立高校に通っていた方であれば「染めるの禁止!」なんて言われていたかもしれないですね。

要するに“髪の毛を染めるのが解禁された”というわけです。

髪の毛を染めてみましょう。

セルフで安く仕上げるのもいいですが、おすすめは美容室に行って染めてもらうこと♪美容室のカラー材は市販のものよりも髪の毛へのダメージを減らしてくれるだけではなく、あなたの希望にあったカラーを美容師さんと相談することができるからなんです。

これまでに染めたことがないとどれくらいの明るさになるのか、どのようにお手入れするのかなんてわからないはず。

だからこそ、その不安要素をすべて美容師さんに聞いてみるんです。

“初めて染めるんです”なんていえば、いろいろなアドバイスをしてくれます。

髪の毛の色を変えるだけでもあなたの心を変えることができるので、ぜひ試してみて!「こんな自分もいるんだ」なんて新しい発見ができるかもしれません。

やりすぎはNG

髪の毛を染めるといっても、あまりにも派手な色合いはおすすめしません。

あなたがとても目立ちたがりでどうしれも派手なものにしたいというのであれば、仕方がありませんが…。

これから新しい生活が始まる人にとってすべてが緊張の連続ですよね。

やりすぎな金髪だとかグレー色…ピンクなどなどちょっと普通ではない色合いをしている人って近づきづらいんです。

とても良い人だとはわかるし、性格もよさそう。

でも、“なぜだか近づくことができない”のです。

やりすぎはNGだということ、そのやりすぎは生活に慣れてきてからにするとよいでしょう。

大学生活を充実させる10個のポイント

これまでに大学デビューをするためにぜひとも行ってほしいことをいくつかお伝えしてきました!

どれも、あなたの条件がそろえばすぐにでもできるものですね♪その要素を満たした上で、あなたが大学生活を充実させるためにはいったいどのようなことをしておけばいいのでしょうか?ここでは、あなたが一番気になってる“大学生活を充実させるポイント”をご紹介します。

ぜひ今後の参考にしましょう!

将来の夢を見つける

大学生活は4年間、人によっては2年間や6年間など期間はさまざまですね。

それらの年月って今から思えば「長い」と思っていませんか?就職活動なんてまだまだ先だし、たくさん遊べる!なんて考えているかもしれません。

たしかにそうですが、あなたが思っているよりもアッという間にその期間はすぎさってしまいます。

そしてあっという間に就活をする時期がきて、あなたは気づくのです。

「こんなに長い大学生活だったのに何もやってこなかった」「自分に誇れるものがなにもない」と。

本当ですよ、あっという間に年月は過ぎ去り、そのように感じる人は少なくありません。

しかし、持っているカードでしか就活は勝負することができないのです。

そんなことにもならないようにするためにも、卒業式に「ああ、自分はこんなにも○○について知ることができた」と思うことができるためにも「あの時にあのことをやっておいたからこの道に進めた」と思うことができるように将来の夢を持ってください。

すでに夢を持っている方もいるでしょう。

その夢に向かって今からできることをコツコツと積み上げてください。

4年はあっという間です。

しかし、その夢をかなえるためには十分な時間があるということも忘れないだください。

夢があるのかないのかによって、大学生活が堕落するのかそれともメリハリのある楽しい生活になるのかが変わります。

サークルに入る

大学といえばサークル活動だ!なんて考えている人も多いのではないでしょうか。

すでにオリエンテーション時期や入学式を終えている人であれば、とてもすごいサークルの勧誘に驚いたかもしれないですね。

サークルに入りましょう。

サークルというと高校時代までの部活と同じように、すべてを縛られてしまうのではないかと心配してしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

卓球やテニス、バドミントン、サッカー、フットサル、囲碁や将棋、アニメ、鉄道…などなどあらゆるものをテーマにしたサークルがあるはずです。

そのサークルに入り、あなたの好きなもので語り合う仲間に出会いましょう。

同じ学部学科の友達とは違う“仲間”です。

先輩もいていずれ後輩も入ってきます。

学部学科の友達よりも、卒業後に長く関係が続きやすいのはサークル仲間だといわれています。

ちなみに筆者はオープンキャンパスのスタッフサークルに所属していました。

卒業して数年たちますが、今でもたまに集まることのあるくらい仲良しでした。

無駄遣いをしない

大学生活が始まるとあらゆるものにお金がかかるようになります。

教授が指定する無駄に金額の高い参考書や教科書、楽しい生活を送るためのファッションアイテム、人によっては習い事や部活やサークルで使うモノの購入などがあるでしょう。

家から少し遠い大学に通学している方は、定期券代も無駄にならないですよね。

そんななかで当たり前のようにあるのが“飲み会”です。

なぜか大学生って飲み会が大好きなんですよね。

楽しいんです。

お酒をのんで、おいしいものを食べて、みんなでワイワイして。

そんな中で恋愛が誕生したりして。

しかし、その“楽しさ”という快楽に身をのせすぎてしまうとあなたはお金を使いすぎてしまうことになるでしょう。

サークルによっては毎週のように飲み会を開いているところもあります。

貯金をしましょう。

あなたが何かをやりたいと思ったときにすぐに行動できるための“未来貯金”です。

無駄遣いをしないこと。

大学生活でその“節約術”を身に着けることができれば、あなたは社会人になってからも困ることはないはずです。

誰にでもフレンドリーに接する

大学生というのは、学部学科関係なしに誰でも仲良くすることのできる場所です。

学年なども関係なしに仲の良い関係を築くことができる“フリーダムな場所”でもあります。

しかし、あまりにも人が多すぎるために孤立してしまう人はすぐに孤立してしまうんですね。

大学というこれから長く続く生活の中でそのような孤立をしてしまうことになったら、ずっと行きたくて仕方のなかった大学なのに通学したくなくなることもあるでしょう。

そうしないために“誰にでもフレンドリー”にしておくことです。

「八方美人はいや!」と思うかもしれませんが、まずは最初のうちだけ。

敵を作らない

最初というのはとても肝心なもので、そこで数人の友達を作ることができていればあなたはこの先、居心地の悪い環境で大学生活を送ることはないものです。

敵を作らないようにしましょう。

すでになんどもお伝えしていますが、大学というのはあらゆる場所から、そしてあらゆる性格の人たちが集まります。

いわゆる“小さな社会の構図”といってもいいかもしれません。

そこで一人の敵を作ってしまうと、知らない間に周りのみんなが敵になってしまうということもあるものです。

そうすれば、そりゃあ大学なんて行きたくなくなってしまいますよね。

最初だけでいいので、八方美人になってみましょう。

そのうち、仲良くない人とは交流しなくなるものです。

海外に行く

大学生の次に行くステージといえば、多くの方が“社会人”ですね。

なかには大学院に通われる方もおわれるかもしれませんが、みなさん社会人になります。

社会人になると本当に時間がありません。

長期休暇といっても、まとめてとることができる会社もありますが、なかには休ませてくれないようなブラック企業もあります。

また、せっかくの休みだからとやりたいことが山積みですべてかなわないなんていうこともあるんです。

だからこそ“時間のある今”に海外に行きましょう。

海外旅行はお金がかかると思っていませんか?留学として大学からの援助を受けることができれば、わりと安くいけるものです。

現地での友達を作ることもできますし、日本では見ることのできない世界を見ることができることも。

いつどこに行くと明確に目標を設定して、TOEICなどをとるなり行動を始めましょう。

サボらない

高校生活まではあなたが無断欠席をするようなことがあれば、担任の先生から自宅に連絡がいったものです。

朝礼なんていうものもありましたね。

しかし、大学生にはそのようなものがありません。

規模の小さい大学であれば、毎朝朝礼を行うこともあるかもしれませんがマンモス大学になればなるほどそのようなことはないんです。

そのため、さぼってしまいがちです。

自分で自分を律し、そしてコントロールする力を持っていないと後になってとても苦しい思いをすることになります。

「一度くらいさぼってもいいだろう」・・たしかに息抜きに良いかもしれませんが、それはクセになります。

すると「単位のもらえる日数を出席していなかった!」なんて単位を落とすことになるんです。

それが増えれば留年につながります。

せっかく仲良くなれた友達たちと一緒に卒業式に出ることができないのです。

一度でもさぼらないこと。

ぜひこれを守ってみてください。

そうすると、たまにやってくる“休講”がとてもうれしくてたまらなくなりますよ♪

本を読む

大学には大きな大学図書館が付属していることが多いです。

あなたの入学する予定の大学にも大きな図書館があるのではないでしょうか。

規模の大きな大学になれば“分館”なんていうのもあるかもしれないですね。

あなたは、その大学の学生ですから無償でその本をいくらでも読むことができるんです。

そこにはあなたがこれから生きていくためのヒントになるようなことが書かれていることもありますし、あなたの知らない世界がたっくさんつまっています。

家の近くの図書館などに足を運んだことがない人は、図書館のシステムを知らないために遠慮しがちです。

その際は、カウンターにいる“司書”さんに気軽にたずねてみましょう。

また、大学によっては図書館の使い方を開いてくれるツアーをおこなっているところもあります。

本を読むことによって、大学での講義の理解をより深めることもできますし、あなたの知識をどんどん増やすことができます。

その知識は必ず、集大成となって今後役に立っていきます。

時間があればスマホをいじるのではなく、本を読みましょう。

フットワークを軽くする

大学生活は“ノリ”が大事なのかもしれません。

フットワークを軽く、いろいろなところに足を運べるようにしましょう。

フットワークを軽くしておくことによって、あなたは“チャンス”をつかみやすくなります。

いつでも「ああ、めんどうくさい」なんていっていたら、あなたはワンランク上の自分になることができないんです。

また、大学生になる人というのは基本的にフットワークが軽くなることが多いです。

「夏休みは旅行に行こう」と計画して「ええ、あそこはいや。

もっと近いところがいい」なんていうのではなく、その場所に行ってみるんです。

そこにはこれまでにあなたが見たことのない景色が広がっているはずですし、必ずあなたの心に大きな何かをもたらしてくれるはずです。

そのためには、まずあなた自身のフットワークを軽くしておく必要があります。

そのようなクセをつけておくことによって、数年後の就活に役立つこともありますよ。

多くの人と知り合う

大学生活を送るうえであなたは毎日のようにキャンパス内で、さまざまないろいろな人とすれ違うことでしょう。

たくさんの人とすれ違っているのに、そのキャンパス内に知り合いがいないというと少し寂しいかもしれません。

また、いろいろな価値観を持っている人が集まっているのですから、ぜひとも多くの人と知り合えるようにアクションを起こしてください。

サークルに入らないけれど新歓にいってみる。

特別講座に出てみる。

グループワークがあるのであれば、ほかの人よりも多く話をしてみる…などなど知り合える機会はたくさんあります。

また、キャンパス外に目を向けるのもいいですね。

さまざまな地域に旅にでるのもいいでしょう。

そうすることで、あなたのなかにはまだない“価値観”や“物事の見方”を知ることができるはずです。

好きなことをとことんやる

最後にお伝えしておきたいのが“好きなことをとことんやる”ということです。

高校生活まではちょっと悪くいうと縛られている生活をしていた方が多かったかもしれませんが、大学生になるととても自由になる部分が増えます。

そのため、自分をコントロールする必要があるのですがそこを“好きなこと”にあてることによって、あなたの人生はますます輝きを増していきます。

好きなことをするあなたには、好きなことが寄ってくるんです。

また、好きなことをしていることによって、そのことについて熱く語ることのできる友人に出会うことができることもあります。

時間もあり、あなたのお金も自由に使うことのできる大学生活だからこそあなたのやりたいこと、好きなことに投資してください。

その投資したものは必ず、のちのちのあなたにとって「やっておいてよかった」と思うことができるものに変わっていくはずですから。

目指そう!大学で好かれる人の特徴!

大学デビューをしたい!さらに人気者になって、大学で嫌われ者になるなんてゴメンだ!なんて思っているそこのあなた!そんなあなたのために、ここでは大学生活において好かれる人の特徴をお伝えしていきます。

以下の特徴を持っている人というのは、どんな大学にいても必ずや嫌われることはないものです。

楽しい生活を過ごしていくためにも、ぜひ意識してみてくださいね。

いつでも明るい

明るい人って一緒にいるだけでこちらまでも明るくなれちゃいませんか?大学にはさまざまなタイプの人がいますが、やはりどこに行っても同じで明るい人というのは誰からも好かれます。

だって、その人といるとなんだか幸せになれるような気持ちがするからですよね。

「私は暗いから」なんて言い訳しないで!にっこり笑顔を作るだけでも明るい雰囲気を出すことができるんです☆

とにかく優しい

大学には性格が悪い人もいるものです。

そういう性格の人ってきつい性格をしていたり、“やさしさ”がないものです。

しかし、優しい性格の人はとっても好かれます。

そりゃあ、人は誰しも“やさしさ”を求めていますし、優しい人のそばにいるとなぜだか安心することができるからですよね。

あなたも“やさしさ”をもって多くの人に接してみましょう。

面白い

大学では“盛り上げ役”なんていわれるような人がモテたりするものです。

なぜならばとても注目される立場にいるからなんですよね。

また「あの人がいるからあの講義はでよう~」なんて思われていることも。

楽しいところには、楽しさを求めている人が集まるんです。

また、面白い人のまわりっていつも笑い声がたえないもの。

笑顔もたえないものです。

聞き上手

自分の話ばかりをする人もいれば、相手の話をだまってあいづちをして聞いてくれる人もいますね。

そのような人って“自分のことを受け入れてくれている”感覚をもたせてくれます。

だからこそ、聞き上手な人は好かれるのです。

大学生活を充実させるのは自分次第!

今回は大学生活を充実させるためのコツなどをお伝えしてきました!どんなものであれ、あなたがどのようにこの生活を切り開いていくのかによってその質は変わっていきます。

一度きりの大学生だからこそ、あなたらしく、そして楽しい生活にしていってくださいね!