仕事が忙しかったり、家族サービスが優先だったりすると、なかなか自分の自由な時間というものは確保できませんよね。

いつも時間に追われていると、心の余裕もなくなってしまいますし、人生の楽しさも見出すことができなくなってしまうでしょう。

しかしその一方で、常に自由な時間を確保できている人もいます。

自由な時間がある人とない人とでは、何がそんなに違うのでしょうか?

それぞれの特徴や、自由な時間を得る方法についてご紹介していきます!

自由な時間がないことが当たり前になっていませんか?

毎日忙しく過ごしていると、自分の自由な時間などないと感じてしまうでしょう。

一日のほとんどを仕事で費やし、少しだけ空き時間ができたとしても、他人の相談を受けたり他の人の用事に付き合ったりしていると、結局は家に帰るまで自分が好きに過ごせる時間などなくなってしまいます。

また、家に帰ったら帰ったで、今度は家族に気を遣ったり、子育てに追われたりしていると、寝る直前まで自分の時間などなくなってしまうという人もいます。

仕事はお金を稼ぐために必要なことですし、家族は自分にとって大切な存在ですので、そのために時間を使うことが嫌というわけではないでしょう。

しかし、どんなに大切な存在だとしても、それと自分の自由な時間がなくてもいいかどうかということは、別問題なのです。

毎日忙しく過ごしている人ほど、自由な時間がないことが当たり前になっているでしょう。

しかし、自由がないということは少なからず窮屈さや束縛感、閉塞感を覚えているはずです。

自分でも気付かない内にストレスが溜まってしまい、それが爆発してからでは手遅れですので、どんな人でも最低限は、自分の自由な時間というのを確保する必要があるでしょう。

自由な時間がない人の9個の特徴

あなたは日々の生活の中で、自分がそれなりに自由に振る舞う時間もあると思いますか?

それとも、まったく自由な時間がないと思いますか?

自由な時間があると感じている人は、適度にその時間を使って好きなことをしたり、ストレス発散をしたりできますので、そう問題視する必要もないでしょう。

一方で、「現在自分に自由な時間がない」と感じている人は、その原因を明らかにして対策を考えなければ、いずれストレスが溜まって爆発してしまうかもしれません。

さらに、自由な時間があるのかないのか分からないという人は、これから挙げていく特徴と自分の日々の過ごし方とを照らし合わせてみてください。

もし自分に当てはまるものが多いのなら、あなたは日頃から自由な時間がない可能性が高いでしょう。

どんな人が自由な時間がないのか、その特徴をいくつかご紹介していきます。

予定を詰め込み過ぎている


毎日きちんと予定を組んで生活を送っている人は多いです。

その日に何をするのか、予めスケジュールを決めておくことで、それに沿って一日をテンポよく過ごすことができます。

また、時間で区切って予定を立てることによって、ダラダラと無駄な時間を過ごすことがなくなりますし、効率よく行動することができるようになるでしょう。

予定は適度に隙間時間を作ることで、ちょっとした休憩を挟んだり、急な予定変更にも対応できたりします。

しかし、人によってはこの予定をつい詰め込み過ぎてしまうことがあります。

一つの予定から次の予定への時間の余裕がほとんどなく、しかもぎゅうぎゅうにいくつもの予定を詰め込み過ぎていた場合、一つの予定時間が狂うとそれ以後の予定も全て少しずつ時間が狂ってしまいます。

隙間時間がないため常に時間に余裕がなく、バタバタと追われながら急いで行動することになります。

そんな時間的にも精神的にも余裕がない状態では、とても自分の自由な時間など作ることはできないでしょう。

仕事が忙しい


仕事は誰でも忙しい時がありますが、毎日のように仕事に追われている人は、一つの仕事を終えてもまた直ぐに次の仕事があるため、手を休める暇がなく、自分の好きなことをするような余裕はないでしょう。

例えば月末や繁忙期であれば誰もが慌しく仕事に追われていますが、そうでない時期でもやたらと一人で忙しくしている人はいます。

自分一人で仕事を溜め込む癖がある人や、仕事の出来栄えに対してこだわりが強すぎる人、また周りに頼られることが多くて他人の仕事までやっている人など、仕事の繁忙期に関係なくいつも忙しくしている人も、ただでさえ仕事が忙しいのに自分の好きな事などしている暇はないでしょう。

そんな時間の余裕があるのなら、その時間さえも仕事に回してしまうという人がほとんどでしょう。

仕事を頼まれたら断れない

自分の仕事が忙しいのなら仕方がありませんが、人によっては他人の仕事にまで自分が手をつけており、そのせいで本来あるべき自由な時間がなくなってしまっているという人もいます。

真面目でお人好しのタイプの人や、面倒見が良いタイプの人は、誰かに仕事を頼まれたらそれをおいそれと断ることができずに、引き受けてしまった結果忙しくなってしまうということが多いです。

頼まれた仕事が元々複数人で行うものであればまだしも、まったく自分とは関係のない仕事内容だった場合には、他人にいいように使われている状態ですので、完全なる貧乏くじを引いてしまっています。

誰かに仕事を頼まれた時に、自分がそれをやれるような時間の余裕があるのならば好きに引き受ければいいです。

ですが、仕事を引き受けたことによって、自分のささやかなブレイクタイムすらなくなってしまうようでは、元々引き受けるべき仕事ではなかったと言えるでしょう。

時間の計画性がない

時間は有限です。

時間そのものは無限にあったとしても、それを使う私たちにとっては毎日の時間は限られています。

限られたその時間を効率的に使うことができれば、予定がたくさんあったとしてもどこかで空き時間を作れたり、自由時間を作ったりすることは可能でしょう。

しかし、時間の計画性がない人は、一日の限られた時間を有効活用することができません。

そのため、無駄な時間ばかりが増えてしまい、本来はあるべき自由な時間がなくなってしまうこともよくあります。

時間を効率的に使える人は、例えば朝は寝坊することなく起床して、その日の用事の大半を午前中に済ませてしまいます。

そして午後からは時間に追われずのんびりと好きなことをして過ごし、夜には食事や入浴などを済ませて、翌日の準備をして早めに就寝します。

就寝時間が早ければ、翌日も寝坊せずに起床することができるでしょう。

しかし一方で、時間の計画性がない人は、例えば朝はダラダラと寝坊をして、起床時間が昼近くになってしまいます。

そして午後からあれこれと用事に追われる羽目になり、気付けばもう夕食の時間になってしまっているでしょう。

夕食後には入浴と翌日の準備を終えたらさっさと寝なければならないため、結局その日は自分の自由な時間などなくなってしまいます。

もし夜更かしをして自由な時間を過ごせば、翌朝はまた寝坊して、起床時間が遅くなってしまうでしょう。

このように、時間の計画性がない人は、常に時間を無駄遣いしているため、せっかくの自由な時間を自分で潰してしまっていることが多いのです。

優しい

優しい人やお人好しの性格をしている人は、それが長所でもありますが、同時に自分で自分の首を絞めてしまう短所でもあります。

優しい人は困っている人を見かければ手を差し伸べようとしますし、中には自分が損をしてでも他人を手助けしようとする人もいるでしょう。

それで自分が満足感を得られたとしても、事実として自分が損をしていることには変わりありません。

一日の時間は限られていますので、もしその中のたった一時間しかない自由な時間を他人のために使ってしまったら、当然その日は一日自分の自由な時間などなくなってしまうでしょう。

時間がなくなっても心が満たされればその時はいいかもしれませんが、そんな日々が毎日のように続くと、次第に精神的に疲れてきてしまうでしょう。

優しい性格ゆえに他人を助ける手を止めることはできませんが、それによって自分がストレスを溜めてしまうことになるため、優しい性格が仇になってしまうこともあります。

気が利く

気が利く人は、常に周りの様子をよく観察しています。

周りで誰がどんなことを考え、行動しているのか、また何を求めているのかを常に推測して自らもその助けになるようにと行動しますので、いわば他人のために自分の時間を使っているといっても過言ではないでしょう。

例えば見返りのない親切心から職場の人たちにお茶を淹れて配ったのなら、お茶を配るまでの時間をその人は自分のためではなく、周りの人たちのために消費したことになります。

気遣いができる人はそうやって、一日の内で何度も何度も周りのために行動しますので、その都度自分の自由な時間を削っていることになります。

周りは気が利く人に対して好感や尊敬の気持ちを持つことが多いですが、当の本人は自分の自由な時間がなくなるため、時間に追われて慌しく動かなければならないことが増えてしまうでしょう。

友達が多い

友達が多い人は、それぞれの友達に対して使う時間が多いため、それだけ自分の自由な時間がなくなってしまうことが多いです。

例えば一ヶ月の内で休みが8回あるとします。

友達が2人いる人は、8回の休みの内、2回分の時間は友達のために使います。

一方で、友達が5人いるという人は、8回の休みの内の5回分をそれぞれの友達のために使うことになります。

すると自分の自由な時間はたった3日分しかなくなってしまいます。

シンプルな計算からも分かるように、友達が多い人はそれだけたくさんの友達と遊んだり会ったりする機会が多いため、自分だけの自由な時間が少なくなってしまいがちです。

1人で過ごすよりも、友達と過ごす方が充実していて楽しいと思える人はいいですが、もしも1人だけで過ごしたい気持ちの方が強いのなら、1人の時間が減ることで少なからずストレスに感じてしまうことがあるかもしれませんね。

せっかち

せっかちな性格の人は、何でも前倒しで行動しようとしがちです。

事前にあれこれとやっておくことは良いことですが、それも過ぎてしまえば不要な焦りの感情を生み、心の余裕を失くしてしまうでしょう。

せっかちな人は、例えばその日にやる仕事をすべて終えてしまったら、次の日のことを考えて、翌日分の仕事をある程度前倒しでやってしまおうとします。

翌日の準備を事前にしておくことくらいであれば問題はありませんが、翌日分の仕事まですべてその日の内にやってしまおうとすると、「これじゃあ時間が足りない、終わらない!」とどんどん気持ちが焦ってきてしまいます。

そもそも翌日やる予定の仕事なのですから、その日に必死になってやる必要はないのですが、せっかちな人はつい先の予定まで今の予定と混同してしまいがちです。

そのため本来はとても時間に余裕があるにも関わらず、まるでまったく余裕がないかのように感じてしまいます。

その結果無意味に焦ったり、慌ててしまったりすることがよくあります。

また、せっかちな人は予定が空けばそこにすかさず他の予定を詰め込もうとしますので、常に時間に余裕がなくなってしまい、慌てることもしばしばです。

やらなくていいことに時間をかけている

あなたの周りで、やらなくてもいいことにやたらと時間をかけている人っていませんか?

例えば今は文章をどんどんワードに打ち込んで入力していかなければならないのに、何故か文字のフォントやサイズを何にするかでこだわっていたり、ファイルをどこのフォルダに保存しようか悩んでいたりと、本題とはずれたことに一生懸命になっている人って時々いますよね。

「何で今それやるの!?」と思わず周りがイライラしてしまうこともありますが、そんなやらなくていいことに時間をかけている人も、時間を無駄に使ってしまい、結果的に自分の時間が無くなってしまうことが多いです。

ひょっとしたら本人にとっては、それこそが今やるべき大切なことなのかもしれませんが、自分で自分の時間を潰してしまっていることには変わりないでしょう。

モチベーションが低い

モチベーションが低い時は、自然と体の動きがゆっくりになります。

気力がなく、倦怠感に襲われているため、自分でも意識しない内にダラダラとした動きになってしまっていることが多いです。

そんな時には中々ふとんから出られませんし、着替えや食事にもいちいち時間がかかってしまいます。

仕事でも作業の手が遅くなり、会話もぼんやりとしがちなので、そのダラダラとした時間を集めた時に、結構な無駄時間になっていることでしょう。

気力と行動は深く関係しており、モチベーションが低い人は、どうしても動きそのものがスローペースになってしまいます。

そのため電車やバスを逃したり、1つの作業に時間がかかってしまったりと、普段よりも時間に余裕がなくなるため、自由な時間もなくなってしまうでしょう。

自由な時間がある人の特徴とは

自由な時間がない人は、常に時間に追われてバタバタとしています。

精神的にも余裕がなく、好きなこともできないためストレスが溜まってしまうことも多いでしょう。

そんな風に自由な時間がない人がいる一方で、自由な時間をきちんと謳歌している人もいます。

自由な時間がある人は、時間がない人と比べるとどのような違いがあるのでしょうか?

自由な時間を作って人生を充実させるためにも、自由な時間がある人の特徴から学びましょう。

自分の意思を大切にしている

自分の意思を大切にしている人ほど、毎日きちんと自由な時間を確保できています。

自分の意思というのはすなわち、自分自身の気持ちです。

「今自分が何をしたいのか」「どうしたいか」という気持ちを、周りに流されることなくきちんと自己主張ができる人ほど、自分で自由な時間を楽しむことができるでしょう。

例えば気が弱くて流されやすいタイプの人は、一人静かに過ごそうと思っている時に誰かに誘われたら、その誘いを断り切れずに相手に付き合ってしまうでしょう。

すると相手のために時間を費やし、自分の自由な時間はなくなってしまいます。

一方で、自分の意思を大切にしている人は、誰かに誘われた時でも「ごめん、今は一人で過ごしたいんだ。」とハッキリと断れるため、自由な時間がなくなってしまうことはありません。

何でも楽しんでやっている

私生活でも仕事でも、何でも楽しんでやっている人は、何をしている時でも時間を無駄と感じることはないでしょう。

例え盛大に朝寝坊をやらかしてしまっても、「ゆっくり寝た分日頃の疲れも取れたしいっか!」と寝坊した分の時間もポジティブに考えることができますし、その分の時間を自由な時間と捉えることができるでしょう。

また、仕事で残業になってしまった時でも、「今日これだけ頑張ったから、明日は少し楽にやれるな。」と前向きに考えて、自由な時間を上手く翌日に回すこともできます。

時間を無駄と思うかどうかは本人の心持次第ですので、何でも楽しんでやっている人は、どんなことをしている時でも無駄な時間とは思いませんし、少しでも自分が楽しいと感じれば、それが自分にとっての自由な時間だと考えることもできるでしょう。

ポジティブ

ポジティブな人は、基本的に何でも前向きに物事を考えます。

例えば仕事や人間関係で忙しく、一日の内で自由な時間が30分しかなかった場合、ネガティブな人は「たったの30分しかない」と考えるでしょう。

それに対しポジティブな人は「こんなに忙しいのに30分も自由な時間ができた!」と考えますので、せっかく空いた時間を前向きに有効活用しようとするでしょう。

時間の使い方によって、自由な時間は増やすことも減らすこともできますが、例えどんなに自由な時間が短くても、ポジティブな人はその時間を全力で楽しんで過ごそうとします。

するとたった30分でも気持ちを切り替えたり、リフレッシュさせたりすることができますし、ストレス解消することも可能でしょう。

ストレスを溜めない

毎日生活していれば、誰でも少なからずストレスが溜まります。

どんなにポジティブな性格の人でも、誰かに嫌味を言われたり、傷つくことを言われたりすれば落ち込みますし、仕事で上手くいかなければモヤモヤすることもあります。

そのストレスを溜め込んでしまうと、精神的な余裕がどんどんなくなってしまい、負の行動の連鎖を生んでしまうでしょう。

ストレスを感じていることに無自覚な人もいますが、心にモヤッとするものを感じた時には大抵精神的なストレスを感じていますので、それを感じた時にはできるだけ早くストレスを解消させましょう。

自分の好きなことをしたり、趣味に熱中したり、または信頼できる人に愚痴を聞いてもらうのもいいでしょう。

そうしてストレスを溜めることなく、適度に発散できている人は、時間に対する考え方にも余裕があり、前向きに物事を判断して行動することができます。

その行動の結果、時間に余裕を生むこともできるでしょう。

自由な時間を手に入れる方法とは

自由な時間があれば、その時間を使って趣味や好きなことができますし、勉強や仕事もできます。

通勤時間のちょっとした合間を使って試験勉強をしている学生や、新聞を読んで情報を得ているサラリーマンの姿をよく目にすることがあるでしょう。

学生もサラリーマンも、通勤時間という空いた自由な時間を使って、自分に何かしらの投資をしたり、自分に必要なものを取り入れたりしています。

自由な時間を賢く使うことで、今よりも自分を成長させることができます。

また充実した時間を過ごすことができるでしょう。

どのようにして自由な時間を手に入れることができるのか、その方法をご紹介していきます。

朝型生活に変える

夜に眠い目をこすりながら無理して起きているよりも、早く寝て朝早くに起きた方が、脳がスッキリと覚醒状態になっており、さまざまな情報が頭に入ってきやすいです。

また、きちんと睡眠を摂れば体の疲れもある程度とれていますので、朝から体を動かしてもそこまで負担になりませんし、夜よりは朝の方が体も元気に動いてくれます。

また、「朝の方がぼーっとして目覚めにくい」という人は、脳がろくに覚醒状態になっていない内から無理して動こうとしていることが多いです。

そのため、起き抜けで何かをするのではなく、起きてから30分程度経ってから頭や体を動かすようにしましょう。

きちんと脳や体が覚醒すれば、夜よりも倍の効果を得ることができます。

そして朝早めに起きることで、自分の自由な時間を確保することができます。

例え1時間や30分だけであっても、心身が元気な状態であれば、無駄なく時間を有効活用できるでしょう。

夜型生活になっている人は、今からでも朝型の生活に変えて、自由時間を作りましょう!

予定を入れない日を作る

いつもつい予定を詰め込み過ぎてしまう人は、思い切ってたまには一切予定を入れない日を作りましょう。

丸一日何の予定もない日を作れば、その日は自分で思うままに好きに過ごせるようになります。

ずらせる用事であれば他の日にずらし、丸一日何の予定もない日を作ることで、「さあこの日は何をして過ごそうか」と、考えるだけでもきっとわくわくできるでしょう。

時間に余裕があれば心にも余裕が生まれます。

予定を入れない日を作ったら、その日は心穏やかに過ごすなり、楽しく盛り上がって過ごすなりして、気持ちをリフレッシュさせましょう。

仕事が溜まっている時は人に頼る

仕事が溜まっている時には、どんなに必死になって取り組んだところで、一人でやれるペースはたかが知れています。

しかし複数人ともなれば、時間のかかる仕事でも短時間で終わらせることが可能ですので、仕事が溜まっている時には周りの力を借りるようにしましょう。

もちろん自分がサボっていた結果仕事が溜まってしまったのであれば、責任を持って一人で仕事を終わらせるべきです。

しかしそうでなく、仕事量が多いことで苦戦しているのなら、同僚に頼って助けてもらいましょう。

相手に迷惑をかけて申し訳ないと思うのなら、同僚が困った時には今度は自分が助けてあげればいいですし、そんな気持ちがあるのなら、きっと同僚も文句を言いつつも助けてくれることでしょう。

溜まった仕事で人に頼って、断られてしまったのなら仕方がありません。

けれど手を差し伸べてくれたり、相手の方から「手伝おうか?」と申し出てくれたりするのなら、時には遠慮なく相手を頼ることも大切です。

数人でやれば一人でやるよりも仕事が早く終わりますので、空いた時間を自由な時間として使うことができるでしょう。

優先順位をつけて行動する

その日に自分がやることが分かっているのなら、何をするのかをリストアップした後で、それぞれに優先順位を付けてから行動に移しましょう。

そうすることで無駄なく行動することができますし、最低限の時間でその日の予定を終わらせることができるでしょう。

ただし一つひとつの予定の間には、小休止を入れたり、必ず余裕のある時間で計画を立てたりするように注意しましょう。

次の予定までにまったく間がないと、もしトラブルが起きた時にはどんどん予定がずれ込んでしまいます。

またトラブルが起きなかったとしても、常にバタバタと時間に追われながら動くことになります。

そうなると精神的な余裕がなくなってしまいますので、必ず予定と予定の間には、少しでも時間的な余裕を作るようにしておきましょう。

そうすればその空き時間を使って、好きなことだってできるはずです。

断る勇気をつける

他人に合わせたり、流されたりしてしまう人は、強い意思を持ち、断る勇気を身に付けましょう。

誰かの誘いがある度に断り切れずにそれを受けていては、いつまで経っても自分の自由な時間など作ることはできません。

せっかく空き時間ができるように予定を組んだのに、いざその時間になって誰かのために付き合っていては意味がないでしょう。

自由な時間は、あくまでも自分のためだけに使うものと考えて、人からの誘いは勇気をもって断れるようにしましょう。

どうしても断り辛いという人は、予め適当な嘘を考えておくと、スムーズにその嘘を言い訳にして断れます。

二次会

飲み会をすると、大抵の場合二次会コースになりますよね。

翌日が仕事の場合には一次会のみでお開きになることが多いですが、その後で有志を募って二次会へと移動するということはよくあります。

その際に、周りの人たちがそのまま二次会に移る流れになっている時には、何となくこの場で帰ることが言い出せなくなってしまうことがあるでしょう。

「本当は帰りたいけど上司が二次会へ行くし・・」や、「親しい同僚が二次会に参加するからつられてつい・・」などと、ふらふらとそのままの流れで付き合ってしまうと、せっかくの自分の自由な時間がなくなってしまいます。

無理して2時間付き合うよりは、そこで勇気を出して帰宅した方が、よほど気楽に自分の好きな時間を過ごすことができるでしょう。

大抵の場合、一次会だけで帰る人もいますので、誰かが言い出した流れでそそくさと自分も帰ると伝えるのもいいです。

または先手を打って飲み会が始まる前に一次会で帰ることを周りに伝えておくのもいいでしょう。

勇気を出して帰ることができれば、それだけ自分の好きに時間が過ごせますので、ほんの少し勇気を出しましょう。

休むことが悪いことだとは思わない

自分の自由な時間を作るために、人によっては会社で有給をとったり、行事を休んだりすることもあります。

仕事がある日では満足に自由な時間がとれないため、思い切って休みをとることで、丸一日自分の思うように過ごせるでしょう。

しかし、真面目な性質の人は、自分が自由な時間を得るために休むことを、悪いことだと考えてしまうことがあります。

「自分のわがままで会社を休むなんて・・」と罪悪感を覚えてしまうかもしれませんが、たまに休みをとることくらい、何も悪いことではありません。

誰かに迷惑をかけてしまうのは悪いことでも、堂々と有給を申請して休むのなら、何も悪くありませんし、誰に恥じることでもありません。

自分の心の栄養のためにも、たまには会社を休んで丸一日自由な時間を作ってあげるのもいいでしょう。

自由な時間を作るのは自分の努力次第!

自由な時間は、自分の努力次第でいくらでも作ることができます。

仕事がある日には、どんなに頑張っても好きなだけ自由に過ごすことはできませんが、それでも隙間時間を作ったり、どのタイミングで自由な時間を作るのかは、自分の采配次第でしょう。

また、休みにちらほらと用事があるのなら、その用事をどうにかひとまとめにして片付けて、残りの時間を自由時間にできるかどうかも自分次第です。

自由時間は心のゆとりを生みますし、気持ちの切り替えができたり、ストレス解消の時間を作れたりします。

自分が充実した毎日を送るためにも、上手に自由時間を確保できるよう努めましょう!