結婚には様々な形があります。

日本では、結婚する基準として女性は16才以上。

男性は18才以上であれば親の同意があれば結婚する事が出来ます。

その為、若い年齢で結婚する方もいれば、反対に還暦を過ぎて結婚される方もいらっしゃるでしょう。

また、年の差結婚なども今では珍しいものでは無くなりつつあります。

法律上、まだ同棲同士の結婚は認められて居ませんがそれ以外であれば大抵どんな場合でも結婚する事が出来ます。

結婚する時、多くの方は一生一緒に居ようと思って結婚を決意します。

しかし、所詮は他人同士。

一緒に生活していく中で、気に障る事もあれば嫌に感じる事もあるでしょう。

多くの場合が、そこを乗り越え、より深い絆で結ばれていきます。

しかし、中には、どうしても相容れない時もあるでしょう。

昔は、一度結婚したのであればどんな状況であろうと最後まで添い遂げるというのが当たり前の様に考えられて居ました。

しかし、今では離婚する事はさほど珍しい事ではありません。

その為、新たな人生を踏み出す際に、世間の風当たりはさほど強くはありません。

再婚をするさい、考える事は沢山あります。

同じ失敗を繰り返さない様に過去の結婚生活の問題点を考える事も重要です。

相手だけでは無く、相手の事の家族・自分の家族の事も念頭に入れ様々な事を決定して行かなければならないのです。

一度目は、勢いで出来た結婚も2度目にはついつい慎重になってしまうものです。

しかし、だからこそよりよい人生を歩む事が出来るとも言えます。

このように、再婚する際には様々な事を考え行う必要があります。

そして、その際忘れてはいけない重要な事があります。

それは子供の存在です。

夫婦は所詮他人同士です。

その為、いつでも関係を解消する事が出来るでしょう。

しかし、子供はそうはいきません。

いつまで経っても親は親なのです。

その為、新しい家族を作る際は、必ず子供の事も考え行動しましょう。

子連れ再婚のメリットは?

一般的に、普通の再婚に比べ子連れの再婚の方が難しいと言われています。

それは、夫婦は、自分たちで惹かれ合って結婚する事が出来ます。

しかし、親子はそうは行かないからです。

血のつながらない子供を育てると言う事は、簡単な事ではありません。

その為、その親子関係が上手く行かない場合もあり、再婚に慎重になるという方も少なく無いのです。

ですが、子供が居るからこそ再婚を考える人も勿論います。

子供が小さければ小さいほど『家族』としての関りが必要となります。

その為には、母親・父親 共に居る方がよりその形を形勢しやすいと考えられている為です。

子供が居る、いわゆる子連れ再婚の場合どんな事に気を付けて結婚を決めれば今度こそ失敗しない結婚生活をおくる事が出来るのでしょうか。

今回はそこに着目してご紹介させて頂きます。

子供との時間を作れる


子連れ再婚の最大のメリットは何でしょうか。

メリットを考えると、様々な内容があるでしょう。

その中でも特に注目されやすい事は、子供と一緒の時間を作る事が出来るという点です。

例えば、母子家庭の人の場合、多くの人が子供を保育園などに預けて仕事をしています。

人によっては、夜遅くや土日と言った時間も仕事をしている場合があるでしょう。

生きていく為には金が必要です。

その為、どうしても仕事をしなければならない事もあるでしょう。

しかし、それによって子供との時間が減ってしまう事は親としては寂しく心苦しい点もある事でしょう。

しかし、もし再婚する事となれば、単純に稼ぎが倍になります。

その為、時間を生み出す事が以前より用意になるのです。

その為、より多くの時間を子供と共有する事が出来ます。

大事な子供の為にと仕事を多く抱えて居る方も大勢います。

仕事は必要な事ですが、それと同じかそれ以上に子供もまた大事な存在です。

両者を大事にしようと考える方は、再婚という新たな道を考える場合もあるのです。

子供に多少の贅沢をさせてあげれる

一人で子供を育てようと考える時、どうしても心配になるのがお金の問題です。

母子家庭・父子家庭を比べると、一見母子家庭のようが賃金の差がありお金の面で我慢をする場合がある様に感じます。

しかし、母子家庭にある手当の中で父子家庭に支給されない物も多くあります。

社会的にも、母子家庭に比べて父子家庭の方が理解されておらず、仕事を休みにくいなどの弊害があります。

その為、どちらかが一概にお金に苦労すると言う事は言えません。

一つ言える事は、2馬力でお金を稼いだ方が確実に裕福に暮らす事が出来るという点です。

それは、再婚家庭とは関係なくどこの家庭でもいう事が出来るでしょう。

共働きをイメージして貰うと分かりやすいかもしれませんが、働き手が2人になると単純にお給料は増えます。

その為、その余裕が出来た分によって子供に裕福な生活をさせてあげる事が出来ます。

子育てにはお金がかかります。

例え、多くの愛情があったとしてもお金が無ければ希望する進学先を選ばせて上げる事が出来ないかもしれません。

その為、再婚という形を取る事で子供にとっても良い生活を与えてあげるきっかけを作る事も可能なのです。

子供をしっかり叱ってくれる


子育ては時に、しつけの為に怒る事も必要です。

それは、きちんと社会のルールを教える為にも必要な行為です。

しかし、母子家庭・父子家庭の場合は親が一人しか居ません。

その為、他に家族が居ない場合フォローする相手が居ないのです。

両親が揃って居れば、一人が怒ったとしてももう一人が怒られた原因を一緒に考えてあげる事が出来ます。

その為、子供の逃げ場を作ってあげる事が出来るのです。

子供を怒る事は悪い事ではありません。

しかし、一対一の場合はどうしても怒り過ぎてしまったり反対に怒らな過ぎてしまったりする場合があります。

しかし、両親揃って居るとそのバランスを上手く取る事が出来るのです。

また、子育てに悩んだ時も相談する事が出来ます。

異性の意見を聞く事で、また違った見解を得る事が出来ます。

その為より良い子育てを行う事が出来る可能性が高まります。

子連れ再婚をするための10個のステップ&注意点を紹介!

子供がいる事で、再婚を考える方も多く居る事でしょう。

しかし、普通の再婚とは違い子連れ再婚では、子連れ再婚ならではの注意点などがあります。

しかし、結婚に向け気持ちが傾いているとついつい見落としてしまう事もあるでしょう。

そこで今回は、意外と見落としてしまいがちな子連れ再婚の注意点をご紹介させて頂きます。

子連れ再婚をする場合、自分自身の将来の伴侶を選ぶと言う事は勿論子供にとって新しい親を選ぶという行為になる事を忘れては行けません。

その為、その重要な決断で公開をしない為にもしっかりと検討する事をおすすめ致します。

子連れ再婚するためのステップ

時に、結婚する相手をフィーリングで決める方がいます。

出会って0日で結婚した、芸能人の方が話題になった事もありました。

人はそれを『運命の人』と呼ぶのかもしれません。

人には逃しては行けないタイミングと言うものがあるのかもしれません。

その為、長い人生の中でそんな決断をする事が合っても良いとも言えます。

しかし、それはあくまでも子供が居ない人に言える話です。

子供がいる場合、自分のフィーリングだけで結婚を決める事はお勧め出来ません。

例えどんなに自分にとって良い相手だとしても、子供にとって良い相手かどうかは全く別問題です。

夫婦に相性があるように親子にも相性があるのです。

血が繋がっていないからこそ、相性はとても大事なのです。

子供が大きくなり、成人を迎えているような場合は子供の事はさほど気にする必要は無いかもしれません。

しかし、まだ未成年の子供を扶養している場合はしっかりと子供の事も考えて行動しましょう。

1.再婚のタイミングを考える

再婚をする場合、タイミングはとても大切です。

法律的には、女性は離婚後半年を経過するまで再婚する事が出来ません。

これは、子供の事を考えての事です。

もし、離婚する際にお腹の中に子供が居ると再婚した時にどちらの子供なのかが分からなくなってしまいます。

再婚する時期をする際に、それがしっかりと分かる様に時期が決められているのです。

それ以外にも、子供がいる場合には学校のタイミングや子供の心の準備などもあるかもしれません。

再婚を決める際は、自分の気持ちだけでは無くそういった物を全てクリアして初めて再婚を決める事が出来ると言えるでしょう。

一度失敗した結婚というものに対して、どしても臆病になってしまう事もあるでしょう。

しかし、準備をしっかりすればその不安を解消する事が出来ます。

結婚は焦ってするとろくなことがありません。

じっくりと考え行動するようにしましょう。

過去の事をしっかり整理できて自立できているか

離婚は結婚よりも体力を使うと言われています。

中には、望んでいない離婚をされた方も居る事でしょう。

それにより、深く傷ついたりする事もあります。

そんな時、優しくしてくれる人が現れたり、経済的な不安を和らげてくれるかたが居るとついついそちらになびいてしまう事もあるでしょう。

人間は弱い生き物です。

今の悲しみを和らげる為に、新たな恋を上塗りする事もあります。

しかし、それはあくまでも恋愛の話であり、結婚はそうはいきません。

もし、過去としっかり向き合わずに再婚を決めてしまうと必ず後から後悔する事となります。