世の中には色々な記念日があります。

国によってもその種類はまちまちなので、毎日が記念日といっても過言ではありません。

多くの記念日があることによって、毎日何処かでお祝いがおこなわれています。

例え他人にとってはなんでもないような日だったとしても、それが自分にとっては忘れる事の出来ない大切な日という事もあるでしょう。

だからこそ、私たちは自分たちの中にある記念日を大切にしているのです。

自分なりの記念日は沢山あります。

結婚記念日や交際記念日などと言ったものもあるでしょう。

その中でも、誰にでも必ずある記念日があります。

それが誕生日です。

誕生日は他の人からすると、何でもない日かもしれません。

ですが、本人にとってはどんな日よりも大切な特別な日のはずです。

だからこそ、その日を大切にしたいという気持ちがあるのも当たり前の事でしょう。

もし、大切な人がいる場合誕生日にはプレゼント。

貰うこともあるかもしれません。

しかしながら、大抵の場合ワザワザおねだりをする事に抵抗を感じる人もいます。

本当は欲しいものがあるのにも関わらず、何を欲しいのかを言わないのです。

言わない事によって、相手に気を使っているのです。

けれど、もし貰ったプレゼンが全く自分の趣味とは違っていたらどうでしょうか。

思わずガッカリしてしまうかもしれません。

ガッカリした姿が相手にも伝わってしまえば、互いにきまづい気持ちになってしまう事もあるでしょう。

だからこそ、そうならないようにしなければなりません。

ガッカリした気持ちにならないようにする為には、自分の欲しいものを貰うのが一番です。

しかし、あからさまなおねだりをするのは難しい部分もあるでしょう。

そこで上手なおねだりの方法をご紹介させていただきます。

おねだりをするには、コツがあります。

コツを知る事によって、上手におねだりが出来るようになります。

そうなれば、貰う方は勿論渡す方も喜んでもらえる事によって嬉しい気持ちになるかもしれません。

違いが嬉しい気持ちになる事が出来るのであれば、おねだり上手になるのも悪くはないのかもしれません。

今までおねだりに成功した事がたい方は、もしかしたら伝え方が悪いのかもしれません。

好きな物を貰う事が出来ないどころか、要らないと思うものを貰ってしまう事もあったかもしれません。

いずれにしても、自分の気持ちをキチンと相手に届ける事が出来ることは多くのメリットを感じる事が出来る事でしょう。

だからこそ、自分のメリットとなる事にもつながる事から、是非そのコツを学んでみてはいかがでしょうか。

誕生日に欲しいものをおねだりする9個のコツ

それではここからは誕生日にオススメのコツをご紹介させていただきます。

オススメ上手になると聞くと、なんだかあざとい人間になるように感じてしまうかもしれません。

けれど、おねだりをせずに嫌なものを貰っては意味がありません。

喜ばれれば、渡した方だって嬉しいはずです。

だからかそ、おねだり上手になる事は悪い事ではありません。

さて、おねだり上手になるには一体どんな方法を取ればいいのでしょうか。

そこにはいくつかのコツがあると言われています。

そのコツを自然と行動に移す事が出来る人もいれば、意識しても出来ないと言う人もいるでしょう。

中にはそのコツすら知らないと言う人もいるかもしれません。

実際に上手く出来るかどうかは分からないとしても、コツを知る事によって損はないはずです。

自分の出来る事を意識するだけでも、周りに与える影響は変わってくるはずです。

だからこそ、自分が出来る事を少しづつ意識して行動してみてはいかがでしょうか。

そうする事によって、今の自分を変えるきっかけをつかむ事が出来るようになるかもしれません。

自分の事を客観的にみる事は難しいものです。

おねだりべたになって当然というような行動を自らとってしまっている場合でも、改めて客観的にみる機会が無い場合には気が付く事が出来ない場合もあるのです。

だからこそ、コツを知る事はとても大切な事につながるのです。

コツを知る事によって、自分の今までの何かいけなかったのかという事を知る事が出来るようになる事でしょう。

全てのコツが効果的かどうかが分かりません。

しかしながら、少なくとも人生の参考になる事は間違いまりません。

例えすべての事を理解する事が出来なかったとしても、1つでも参考にする事が出来るものがあればそれでいいのです。

難しく考える必要はありません。

まずその方法を知る所から初めてみましょう。

あまり高価なものはおねだりしない


おねだりをする場合、意識しなければならないポイントがいくつかあります。

その中で、特に、大切だと言われているのが金額です。

金額を考えずにおねだりする事は、相手に対して失礼にあたる場合もあります。

もしかしたらそのせいで嫌われてしまう可能性だってあるのです。

だからこそ、あまりにも高価なものはおねだりしないように心がけていきましょう。

『高価』と言ってもお金の価値観は人それぞれです。

あなたにとってはそうでもないものだったとしても、それをねだられた方からすれば高価に感じてしまう事だってあるかもしれません。

また、年齢によっても金額の幅は変わるものです。

社会人であれば数万円するものを普通に購入する事が出来たとしても、学生であればそれが難しいという事もあるでしょう。

だからこそ、世間一般的な意見では無く、あくまでもその人がどう思うかという事を意識する事が大切なのです。

大好きな人からのお願いであれば、多くの人がかなえてあげたいと思うはずです。

どうせプレゼントを渡すのであれば、昨日している物が良いと思う事でしょう。

けれど、それがあまりにも効果だった場合、そうする事も出来ず困らせてしまうかもしれません。

場合によっては、そんな高価なプレゼントをねだってくる事に対して、嫌な気持ちになる事だって考えられます。

場合によっては、そのまま嫌いになられてしまうかのしれないのです。

いくら相手が購入をしてくれると言ってもあくまでもものには限度があるという事を忘れてはいけません。

大事な事は、相手の状況を見る事です。

一般的な状況にとらわれるのではなく、その人自身の価値観を推測して行動してみましょう。

そうする事が、相手の気持ちをくみ取った金額を考え、おねだりする事につながるのです。

貪欲だと思われる

おねだりをする場合、絶対に気をつけなければならない事があります。

それはお金目当てだと思われないようにする事です。

交際している月日が短いにも関わらず、高価なものをおねだりしてしまうと相手の人も警戒してしまうかもしれません。

もしかしたら嫌な気持ちにさせてしまう事だってあるかもしれません。

最悪の場合、貪欲な人だと思われ嫌われてしまうかもしれないのです。

自分が欲しいものを相手にねだる事は悪いことではありません。

そうする事によって、お互いにととっていい関係を作る事ができる場合もあります。

けれど、それはあくまでもお互いが納得できる関係になった場合です。

相手の事をしっかりと理解する事が出来るようになれば、自然と金額てきな面でもどこまで出来るかという事を考える事が出来るようになる事でしょう。

相手の負担になるような事は言わないはずです。

貪欲だと思われる事によって、相手から嫌われてしまう可能性もあります。

せっかく好きな人からプレゼントを貰う事が出来る機会なのにも関わらず、嫌われてしまっては意味がないのではないでしょうか。

だからこそ、あくまでも相手の気持ちを考えて行動する事が何よりも大切だという事を忘れてはいけません。

相手との関係性や相手の懐具合を重視しよう

相手との関係を意識する事はとても大切です。

付き合って1週間しかたっていない人と1年たっている人とでは、互いの信頼関係も変わってくるはずです。

理解する事が出来る部分も大きくなっていくはずです。

また、相手の懐事情に関しても、あえて聞かなくても理解する事が出来るようになる事でしょう。

相手の事を喜ばせたい。

祝いたいと言う気持ちがある場合でも、お金が無ければ高価なものは購入する事が出来ません。

高価な物を購入する事が、祝う気持ちの表れのように思われてしまっている場合もありますが、実際にはそんな事はありません。

お金が全てでは無いはずです。

だからこそ、相手の予算に合わせたものをおねだりする事が大切です。

女性の場合には、ついアクセサリーや小物など値段が張るものを希望してしまいがちです。

それはきっと高いものが欲しいと言う気持ちなんではなく、いつも身に付ける事が出来るものが欲しいという気持ちの表れなのでしょう。

女性は、そう言ったものが基本的に好きなのです。

だからこそ、ついついそうしたものをねだってしまうのです。

けれど、それによって相手を困らせてしまっては意味がありません。

もし、そういったものが欲しい場合にはメーカーなどにこだわらず相手が良いと思ってくれたものを受け入れる気持ちを持つ事が大切です。

人によっては、ピンポイントで欲しいものが決まっている場合もあります。

悩む必要が無いのでとても楽に思える反面金額によっては大きな負担となってしまう場合もあるでしょう。

だからこそ、そうならないようにする為にも、自分の気持ちを考えると共に相手の予算を冷静に見極める目を持つ事も大切な事だと言えるでしょう。

普段からもらったものを大事に使っている姿を見せる


相手から自分の希望しているものをプレゼントして貰う為には、相手からあなたにプレゼントを渡したいと思わせなければなりません。

そう思わせる事が出来れば、少々大変なものであったとしても積極的にプレゼントして貰う事が出来るかもしれません。

自分でも思いもよらないような素敵なプレゼントを貰う事が出来るようになるのです。

それこそが、まさにおねだり上手と言えるのではないでしょうか。

相手にプレゼントをしたいと思わせる一つのコツとして、貰ったものを大切にしている姿を見せると言うものがあります。

大切にしている姿を見せる事によって渡した方も嬉しい気持ちになるはずです。

そんなに大切にしてくれるのであれば、次回はもっと素敵なものをプレゼントしようと思う事でしょう。

自分としては十分嬉しいと思っていたとしても、その気持ちが相手に伝わらない場合もあります。

伝わらなければその気持ちな無いと言っても過言ではありません。

嬉しい気持ちを分かりやすく相手に伝える事によって、結局自分にとっていい結果につなげる事が出来るのです。

相手の人の立場に立つ事によってどんな行動を取ればいいかを考える事が出来るはずです。

もし、貰ったものが嬉しいからと言って使う事が出来ずにしまっているかたはそれを相手に伝えてあげてください。

そうして、出来る事なら積極的に貰ったものは使うようにしてください。

その姿を見る事によって渡した人は安心する事が出来るはずです。

理由も分からず、使っている姿を見る事が出来ないと、自分が渡したものが気に入って貰えなかったのかもしれないという不安な気持ちになってしまいます。

それが結果的にプレゼントを渡す事への恐怖心に繋がってしまうかもしれないのです。

そうなってしまっては、欲しいプレゼントを貰うどころかそもそもプレゼントを貰う事すらできなくなってしまうかもしれません。

プレゼントしがいがあると思ってもらえる

プレゼントを渡したいと思わせるには、プレゼントのしがいがあると相手に思わせる事が大切です。

それを思わせる事が出来なければ、プレゼントを渡したいと思う事はないでしょう。

例え一応渡そうと思ったとしても、対し時間をかけて選ぼうとは思わないはずです。

だからこそ、結果的に無難なものをプレゼントする事に繋がってしまうのです。

結果的に自分が好きなものにはならないでしょう。

自分が好きなものをプレゼントして欲しいのであれば、そう思わせるだけの行動が必要です。

プレゼントのしがいがある人は、一体どんな行動をとっているのでしょうか。

一番分かりやすい行動は、プレゼントを使用している姿を沢山見せる事です。

そうする事によって、渡した人も嬉しい気持ちになります。

自分が選んだものは間違いなかったのだと安心する事が出来るでしょう。

そうした自信を持たせてあげる事も大切なのです。

プレゼントを渡すのは、時間もお金もかかります。

だからこそ、本当に大切な人にしか贈りたいと思う事はないでしょう。

そればかりか、自分の大切な人だったとしてもプレゼントを喜んでもらう事が出来なかった経験をお持ちの方はついついプレゼントに対してネガティブな気持ちになってしまうはずです。

プレゼントを貰うのであれば、相手にも嬉しい気持ちでプレゼントをして欲しいはずです。

だからこそ、相手が気持ち良くプレゼントを渡す事が出来るように貰った側も、意識してしなければなりません。

少々面倒に感じてしまう人もいるかもしれませんが、その努力をする事が出来るかどうかによってその後の反応が変わってくるというものです。

自分がして貰う事が出来たら嬉しいと感じる行動を意識して行動してみてください。

そうする事によって、相手の気持ちをより前向きにする事が出来るでしょう。

それが出来るかどうかによって、自分が欲しいプレゼントを貰う事が出来るかどうかが変わってくるというものです。

普段からその人をよく手つだったり助けたりしよう

自分の事を思って行動してくれる人に対しては、どんな人も嬉しい気持ちを持つ事でしょう。

何かあれば、自分も同じように役立ちたいと思うはずです。

また、感謝の気持ちと共に何かプレゼントをしてあげたいと思う事だってあるかもしれません。

そんな自発的な行動が、結果的に自分が欲しいと思っている物を貰う事が出来るのかもしれません。

相手からの信頼関係を得る為には、普段から相手の行動を良く見ておく事が必要です。

そうする事によって相手が困っているタイミングで手伝う事が出来るようになるはずです。

それが結果的に自分の為になるのです。

相手の事を思って行動していると、その気持ちは相手に必ず伝わるはずです。

優しい気持ちを持って行動してくれる人に対しては、多くの人が嬉しい気持ちを持つと同時に自分も同じようにしてあげよう。

何か喜ぶ事をしてあげようと思うのです。

自分が何か欲しいときだけ相手の事を手伝ったとしても意味がありません。

普段から相手の事を思って行動する事によっていい関係を作っていく事が出来るのです。

そこには下心があってはいけませんあくまでも自分の為では無く相手の為を考えて行動する事が大切です。

そうする事こそが大切な事だと言えるでしょう。

人を良く手伝ってくれる人は、なんでもない日にプレゼントを貰う事があるかもしれません。

これはきっと普段の行動がそうさせているのでしょう。

普段から自分の事では無く相手の為に動く事が出来る人は、それがめぐりめぐって自分にとっていい事が起こってくれるのです。

だからこそ、自分が欲しいプレゼントを貰う事も出来るのです。

下心を丸出しにしない程度に

あくまでも相手の事を思って行動する事が出来るからこそ、結果的に自分にとって良いことがあるのです。

そこに下心があってはいけません。

下心のある行動は、必ず相手につたわります。

そんな人に対しては何か手伝ってあげたいという気持ちになる事はないでしょう。

そればかりか、お金や時間をかけてプレゼントを渡したいと思う事はないのかもしれません。

だからこそ、下心がある行動では意味がないのです。

あくまでも相手のことを思って行動する事が大切です。

自分の為ではなく、相手を助けたいと思う気持ちが大切なのです。

だからこそ、自分の行動を改めて見直してみましょう。

自分の気持ちばかりを考えて行動している人は、相手から見ても心を許せる相手になる事は出来ないでしょ。

あくまでも相手のことを考えて行動する事が大切です。

それを意識して行動する事が出来るかどうかが大切なのです。

自分は相手のことを考えて行動しているのにもかかわらず、何も良い事が無いという人はもしかしたら行動から下心が出てしまっているのかもしれません。

その下心を感じさせてしまう行動こそが、結果的に自分にとっていいことが起こらない原因なのかもしれません。

長期間使えるものを選ぼう

プレゼンとの選び方として大切な事は、長い期間使用する事が出来るものをチョイスする事です。

長期にわたって使用する事が出来れば、それを見るたびに貰った時にうれしい気持ちを思い出す事が出来るようになるでしょう。

それを見たプレゼントをした相手も、同じようにうれしい気持ちになるはずです。

渡したものをそんな風に大切に使ってくれるという事がわかれば、またプレゼントを渡したいと思ってくれるかもしれません。

プレゼントの中には、流行に乗ったものもあるかもしれません。

流行に乗る事が悪いという事ではありません。

流用だからこそ、それを欲しいと思う気持ちも分からないではありません。

ですが、流行のものの中にはすぐに飽きてしまうものがあるのも事実です。

流行が変われば、今使用しているものを使うのも嫌になってしまうかもしれません。

それではプレゼントとしてもらうにはもったいないといえるのではないでしょうか。

確かに流行のものが欲しいという気持ちも分からないではありません。

けれど、そうだとしても、そこは冷静になるべきです。

本当にそれが欲しいのか。

また、長期間使う事が出来るのか。

それをしっかりと考えていきましょう。

もし相手のことを考えて行動する事が出来る人であればきっと長期間使用する事が出来ないものは選ばないのではないでしょうか。

プレゼントでもらうものは、流行りではなく自分が本当に欲しいと思うものをもらうようにしましょう。

そうする事が、結果的に長く使えるものをプレゼントしてもらえる事につながるはずです。

交換条件を出してみる

プレゼントをくれるのは、何も恋人や友人だけではありません。

家族も同じようにプレゼントをくれる場合もあるでしょう。

その際にも、自分が欲しいと思っている物をプレゼントして欲しいものです。

恋人には言いにくく感じてしまうような事も、家族にならもっと気軽に話をする事も出来るかもしれません。

だからこそ、よりおねだり上手になる事は大切なポイントです。

家族に欲しいものをおねだりする場合には、回り道をせず直球でお願いしてみましょう。

欲しいものをはっきり伝える事によって相手の反応をじかに知る事が出来ます。

前向きに検討してくれているのか。

それともあまり前向きな答えを貰う事は出来ないのか。

それらの事を改めて考える事によってその後どう対応していけば良いかを知る事が出来るでしょう。

もし、家族が難色を示した場合交換条件を出してみるのもおすすめです。

交換条件を出す事によって、自分が何かを頑張る代わりという形で欲しいものを購入してもらう事が出来るかもしれません。

これは家族だからこそできる方法です。

きっと生活しているなかで、家族から何か言われる事もあるでしょう。

学生の頃は勉強をしろと言われる事もあるでしょう。

熱心に部活に参加している人は、その部活での活躍を期待されている事だってあるはずです。

いずれにしても自分の行動を相手にアピールする機会を作るのです。

その頑張ったご褒美として自分が好きな何かを購入してもらう事が出来る可能性もあります。

家族としても、高価なものなどはそう簡単に購入するわけにはいかないという事もあるでしょう。

しかしながら『ご褒美』という名目が付く事によってもっと気軽に相手にプレゼントを渡す事が出来るようになるかもしれません。

誕生日として購入するには高すぎると言うものも、2つの理由があればいいと言う事だってあるのです。

親兄弟に有効

交換条件を出す方法は、誰でも効果を発揮するものではありません。

関係によってはその交換条件い出してしまう時点で相手に嫌われてしまう可能性もあります。

だからこそ、あくまでも交換条件を出す場合には、親や兄弟などとても近い存在の人にしてください。

親や兄弟には、欲しいものをオブラートに包む必要はありません。

より分かりやすく表現する事の方が面倒なやり取りをせずに話を進める事が出来るようになるものです。

欲しいものがあるのであれば、それを分かりやすく紹介しましょう。

その際、親兄弟には交換条件を出すのも効果的です。

直球でおねだりをする事が出来るくらいですから、親や兄弟に対してはより具体的な交渉をする事が可能です。

普通ならばなかなか了解してもらう事が出来ないような事も、代わりに何かをする事によって効果を発揮してくれる事もあるのです。

交換で何をするのかは、その家族によって違うはずです。

だからこそ、自分はどうしたいのかという事を考えて行動する事が大切です。

家族に求められるものがある場合には、それを自分が実現する事が出来る事なのかどうかを考えてみましょう。

感謝の言葉を頻繁に言う

物を貰った際は、誰もがお礼を言う事でしょう。

ですが、大抵の場合一度伝えただけで終わってしまうものです。

一度言う事によって、お礼は完結していると思ってしまうのです。

確かにその通りかもしれません。

相手に何度も何度もお礼を言う事はしつこいように思えてしまう事でしょう。

しかし、実際には、何度も言われる事によって嫌な気持ちになる人は居ません。

勿論、わざとらしいお礼は何度も何度もされる事によてうっとおしように感じてしまうかもしれません。

ですが、そうではな何かのタイミングの際に毎回お礼を言われる事はそういうやな事ではありません。

むしろ、自分が渡したものをそれほどまで喜んでくれているという事に対して嬉しい気持ちになるのではないでしょうか。

最初のお礼は誰もがする当たり前の行動です。

だからこそ、それをしたからと言って相手がとても喜んでくれているかどうかは分かりません。

ですが、何度も何度もお礼を言われる経験をする事によって、知らず知らずのうちに渡して良かったと思わせる事が出来るのです。

それが出来るからこそ、またプレゼントを渡したいと思わせる事が出来ると言うわけなのです

相手のチョイスやセンスを褒める

プレゼントを選び、購入する事はとても緊張する事です。

自分のセンスにとても高い自身を持っている人からすれば、プレゼントをする事は楽しいことのはずです。

相手の喜んでいる姿ばかりを想像してしまっているのではないでしょうか。

しかし、実際には多くの人は自分のセンスに自信など感じて居ません。

だからこそ、自分の渡したものが喜んでもらう事が出来たのかどうかをとても心配しているのです。

もし、渡した相手からチョイスやセンスを褒められたらどうでしょうか。

センスに自信が無かった人もきっと嬉しい気持ちになるはずです。

自分のチョイスは間違っていなかったのだと安心する事も出来るようになるはずです。

多くの人が自信を持つ事が出来ないのがセンスです。

だからこそ、そのセンスを褒められるような機械があればそれだけでも自信を持って行動する事が出来るようになるのです。

何事も自信を持って行動する事が一番です。

そうする事が、きっと今後の未来を明るくしてくれるはずです。

だからこそ、何かプレゼントを貰った際には盛大に褒めてあげてください。

もし、貰ったものが全く趣味のものでは無かったとしても、一旦は喜んであげてください。

それが、プレゼントを用意位してくれた人に対する誠意の表し方です。

なぜそれが欲しいのか、納得するような理由を伝える

欲しいものをおねだりする際、そもそもなぜこんなものが欲しいのかと言われてしまう場合もあります。

特に両親や兄弟など、身内の場合にはもっと突っ込んだ言い方をする場合もあります。

話も聞かずに【必要ない】の一言で終わってしまう場合だってあるでしょう。

そんな時はいかに相手を納得させることが出来るかどうかが大切なのです。

つまりは、それを買う事によってどんなメリットがあるのかという理由を納得するように話す事が大事なのです。

勿論、欲しいことに対して大きな理由はないのかもしれません。

欲しいからこそ欲しい。

今はやっているから・みんな持っているからという理由で欲しいものを決めてはいけません。

周りに流されず、本当に自分が一番欲しいと思う事が出来るものをおねだりしましょう。

それが結果的に相手に伝わるのです。

『何故これが欲しいのだろう』と思うようなものでは、プレゼントする方も渡したいとは思わないかもしれません。

頑張ればプレゼントする事が出来るようなものだったとしても、頑張ろうと思わないでしょう。

それでは欲しいものをもらうことは出来ません。

欲しいものを貰いたいと思うのであれば、何故それが必要なのかを明確に相手に伝えるようにしてください。

一緒にいる時に具体的に欲しいものをお店で見せる

プレゼントを贈るあいてとしても、どうせなら喜んでもらえるものをプレゼントしたいものです。

ですが、プレゼントをあげなれていない人にとっては何を渡したらいいか分からないという事もあるでしょう。

特に女性のものは難しく、何を渡せばいいのか悩んでしまうという人だっているかもしれません。

そのせいで喜ばれるものを渡す事が出来ないという事もあります。

そんな時は、思い切って一緒にお店に行くのもおすすめです。

お店に一緒に行く事によって、どんなものが欲しいのかを相手に伝える事が出来るようになります。

直接的におねだりをしなかったとしても、欲しいものの種類を相手に分かりやすくアピールする事が出来るのでプレゼントする方としてもより安心して渡す事が出来るようになります。

男性だけでは、女性向けのお店の中に長時間滞在する事が嫌だという人もいます。

だからこそ、出来るだけ早く商品を決めてお店を後にしたいのです。

その時にも、事前にアピールしておく事によって相手にとってもうれしいプレゼントを簡単に選ぶ事が出来るようになることでしょう。