皆さんの周りに不服そうにする方はいませんか?

人間誰しも時に不服なことがあった時に、不服そうにするということはよくあることです。

が、それにしても毎日不服そうということだと、こちらとしてはどうして良いかわからなくなりますね。

ですが、そのような人にも対応していかないといけない時は必ず来ます。

学生時代であれば、そのような人と関わらないという選択肢もできますが、社会人として働くと、なかなかそうはいきません。

中には、そのような服装な人が上司になる可能性だってあるのです。

ですので、今のうちに不服そうな態度の人への接し方について押さえておきましょう。

不服そうな態度の人への4個の対処法

不服そうな人に対する接し方としては、4個の対処方法があります。

色々な方法がありますので、試してみてどの方法が良いのかというのを探っていくようにしましょう。

こちらから積極的に関わろうとしない


基本的に、こちらから積極的に関わろうとする必要ありません。

先ほども触れたように、学生時代でそのような人と接する必要がないと言うのであれば、いっその事全く関わらないという選択肢もあります。

ただ中には社会人でどうしても、そのような人と関わらないといけないようなこともあるでしょう。

関わり合いを持たないといけないというところを無視するのは良くありません。

ですが関わる必要がないところで、積極的に関わる必要はありません。

例えば仕事上で、どうしてもその人を通さないといけないというようなことがないのであれば、特に関わる必要はありません。

何か言って来るまで放置

そして、基本的に何か言ってくるまでは、何かをする必要はありません。

例えそれを教えてあげないと、後々に困ることになるということがあっても、放置をすることが正解でしょう。

なぜかと言うと、アドバイスをしたにも関わらず、良い方向性に向かわなければ、こちらのせいにされてしまう可能性があります。

せっかく親切で色々とアドバイスしたにもかかわらず、それを不服とされるようでは効果がありません。

ですので、特にこちらから何か手を打っておく必要性はありません。

もし何かを親切で言うとしたら、その人がミスをすることによって、こちらも被害が及ぶという時にのみに絞ると良いでしょう。

そうではなければ基本的に、あちらから何かアプローチがない限りは何もリアクションしなくても良いといえます。

ニコニコ笑顔で対応しない

良い人ほどニコニコと対応しようとしてしまうところがあるでしょう。

やはりムスッとしていると怖い印象を与えますし、ニコニコと対応するということが染み付いている人も多いです。

ですが、このような不服な人にとって、ニコニコと笑顔で対応するというのは、時に逆効果になることになります。

ともすればニコニコしているつもりが、ヘラヘラしているように見えるところもあります。

たとえ同じような笑顔であっても、その受け取り方というのは人によって違うところがあります。

ニコニコと笑ってこちらを見ているのか、ニヤニヤと笑いながらこちらを見ているのか、ともすればヘラヘラ笑いながらこちらを見ているのかというのは、時にニコニコしている本人とその受け取り手にとって違う捉え方をされてしまうということはよくあることです。

ですので、不服そうにしているような人であれば、基本的にそのような誤解を生むニコニコと笑顔で対応するということはしないようにしましょう。

楽しそうにしている人を嫌う

なぜニコニコと対応している人に対してヘラヘラしているように見えるのかと言うと、楽しそうにしている人を嫌う傾向にあるからです。

もちろん、その楽しそうな人に対して問題があるわけではありません。

大抵は、その不服そうな表情をしている人の中に原因があるところがあります。

不服そうな顔をしている人の中には、やはり人生を楽しめていないところがあります。

もともとネガティブ思考なのかもしれませんし、以前はそうではなかったけれど、親御さんや周りの人に色々と言われることによって、そのようなネガティブ思考が植え付けられてしまったのかもしれません。

とにかくそのように、精神的に楽しそうではないので、ついつい楽しそうな人を見るとイライラするというような心境になってしまうことはよくあることです。

真剣な顔をして話を聞く態度を見せる

では誤解を生まないように、どのような対処をしたら良いのかと言うと、真剣な顔をすることです。

先ほども触れたように、ニコニコと対応するということは、色々な捉え方ができるので誤解を生むところがあります。

このニコニコというのが、ニヤニヤに見えたり、ともすればヘラヘラしているように見えることもあります。

ですが、真剣な顔をすれば基本的にそこまで大きな誤解を生む可能性は低いです。

ただ時に真剣な顔は、一度鏡でチェックした方が良い人もいます。

時に真顔が怖い人がいるのですが、そのような人はともすれば怒っているように見られてしまう可能性もあります。

そうすると、不服そうな人は、今度は怒られているような感じに思われて、逆にそれで難癖をつけられてしまうことがあります。

こちらから意見や主張をあまりしないようにする

不服そうな人というのは、どうにかして主張を走ろうとするところがあります。

ですので、あまり主張をするというのは賢い選択ではありません。

もちろん、仕事での事や重大なことなどは、どうしても主張しないといけないような場面というものはありますので、そのような時は致し方ないところがあります。

ですが、プライベートであるなど必要性がないということであれば、あまりこちらの主張はしない方がいいでしょう。

全部反発してくる

なぜこちらの意見や主張をあまりしない方が良いのかと言うと、全てにおいて反発をしてくるからです。

特に信念を持って反発してくるというわけではなく、全てにおいて反発してくるので少々面倒くさいところがあります。

いわゆる「天邪鬼」というような状態です。

ですので、もしどうしてもこちらの主張を通さないといけないということであれば、逆のことを主張してみることをお勧めします。

全てに反発をしてくるタイプだと、主張したいことと逆のことを主張することによって、反発してくれるのでうまく意見を通すことができる可能性があります。

ただこちらはあくまで可能性ですので、必ずうまくいくとは限りません。

一番良い方法としては、なるべく意見や主張することなく、話を流すことです。

ただどうしても、そのような主張や意見をいう必要性がある場面というものはあります。

そのような時は、あえて逆の主張してみるということで試してみるのも面白いでしょう。

褒めてあげよう


不服そうな人というのは、基本的に自己肯定感が低いところがあります。

ですので、何事にも反発をし揉め事が増えてしまうところが多いのが特徴です。

ですが、そのような人はあえて怒って対処することではなく、褒めてあげることでうまく事が進むことがあります。

基本的にそのような自己肯定感が低い人は、どちらかと言うと親御さんや周囲からけなされて育っているところがあります。

ですので、自分を認めてもらいたいという思いで色々と反発をしたり、揉め事を起こしているところがあります。

ですので、褒めてあげることによって、そのような凍てついた心をほぐすことができるのです。

顔には出さないが非常に喜ぶ

基本的に、不服そうな人は素直に喜ぶということはありません。

素直に感情を表すのが苦手なタイプな人が多いのです。

ですので、せっかく褒めたのに、なんでこんなにリアクションがないのだろうと思ってしまうかもしれません。

ですが大抵の場合は、表情に出すのが苦手なだけで喜んでいるところがあります。

色々と不満を口に出すことがあっても、だんだんとその不服を言う時間は短くなり、「まぁ、いいけど。」という風になる可能性もあります。

ですので、素直ではないかもしれないけれど、ここはあえて褒めて気分を良くしてもらうということを考えていくと良いでしょう。

気分を良くさせてその場をしのぐ

ただ残念ながら、そのような生育歴の関係上で不服そうな態度をずっと続けてしまうという人は、そう簡単には治りません。

やはり長い年月をかけたり、自分で気づいて改善をしようとすることでしか直すことは難しいでしょう。

ですので一回褒めたからといって、その人の不服そうな所が改善するとは考えにくいところがあります。

ですので、その人を変えるという考え方は諦めましょう。

その代わりその場をやり過ごす方法として、褒めるという選択肢を取るのが良いこともあります。

やはりプライベートにおいても、会社の人間関係においても揉めるというのは気力を使いますので、なるべく穏便に済ませないところがあります。

ですので、そのように穏便に過ごすために、褒めるなどの一時的な対処をするようにするというのは良い選択の一つです。

不服そうな態度の人いませんか?

自分の周りに、不服そうな態度の人というのはいませんか?
残念ながら、親御さんがそうだというような人もいるでしょう。

そうではなくても、学校の友達にすぐに不服そうにする人がいるとか、会社員として働いているけれど上司がどうも不服そうだというようなこともあるでしょう。

そのような人というのは、実際にどのように見られているのでしょうか?
また、もしかしたら、周りの方に不服そうだと指摘されているような人はいませんか?なかなか素直に言うという人は少ないので、そのような人は少ないかもしれないけれど、もしそのような指摘がなされたということであれば、下記のように思われている可能性もあります。

ですので仮にそのような指摘がされたことがあるということであれば、改善を考えていく必要がありますね。

では、不服そうな人が、どのような思われ方をしているのかというのを見ていきましょう。

不服そうな人は周囲の人に絶対的に不評

よほど自分に不幸なことがあるということではない限りは、人間は幸せそうな人を見る方が良いことが多いです。

時にそのような幸せそうな人を蹴落としたいと思う人もいるようですが、大抵の場合はその人自身の心に問題があります。

ですので、その逆に不服な人というのは、周囲の人にとってはかなり不評であることが多いです。

不幸そうな人を見て楽しいと思う人は、よほどその人の心に問題がある状態と言えるでしょう。

ですので、仮にその不服そうな方に友人がいたとしても、大抵は類友であることが多いです。

自分も不服なことがあるから、より不服な人を見ると安心するというような心境になってしまうというような人間関係が構築されるので、その人の周辺には不幸オーラが漂うことになります。

周囲の空気を悪くする

やはりそのような人は、周囲の空気を悪くするところがあります。

大抵のアルバイトやパートの募集先として、明るい方という条件がある所も多いでしょう。

基本的にそのような募集がなされているところは、接客業であることが多いです。

やはりそのような、人を明るくするというのは明るい人であるというのは言うまでもありません。

ですので不服そうな顔をしているということであれば、やはりその人の周りには嫌なオーラが漂っていますし、それに伴って空気も悪くなっていきます。

空気というのは、たいてい伝染しますですので、そのような悪い意味で周囲の足を引っ張るような人は、どうしても周りの空気を悪くしていては周囲の人間関係が悪くなるのです。

関わり合いたくないと思われる

仕事上の関係など、どうしても切っても切れないような関係性というのは中にもあります。

ですが、大抵の場合は仕事が終わったら、それだけの関係になることが多いです。

そしてプライベートでは、好きな人と付き合うという選択肢がありますので、どうしても関わり合いになりたくない人は、関係性が切れてしまうところがあります。

ですので、そのような不服な表情をする人は、どうしても周りに人が集まらないところがあります。

不服そうな態度の人の特徴とは?

では不服そうなタイプの人というのは、どのような特徴があるのでしょうか?
皆さんにはどれぐらい当てはまりますでしょうか?

もし、かなり当てはまることがあるということであれば、それは改善の必要があります。

もしかなり当てはまったとしても、がっかりする必要ありません。

気づいた時から改善のチャンスがあるのです。

そして思考というのは、気をつけていけば、だんだんと変えていくことができます。

ですので、もし不服な態度をついついしてしまうということであっても、だんだんとそれがうまくできるようになれば、ポジティブシンキングを身に付けることもできるようになるでしょう。