自己紹介で特技について話してほしいと言われて、困った経験がある人は少なくないでしょう。

趣味については話すことができるのに、特技と言われると急に思いつかなくなるのではないでしょうか。

ここでは、特技の見つけ方や、どのようなことを特技にするとメリットがあるのか、話題にされると困る「特技」について詳しく見てみることにしましょう。

得意なことを見つけると人生が楽しくなる!

特技について聞かれると困るという人はたくさんいますが、特技があって良いことには何があるのでしょうか。

特技は、人の生活をどのように変えてくれるものなのでしょうか。

特技が人生の中でどのような役割を持っているのかについて考えてみることにしましょう。

得意なことがあると人は変われる

特異なことがあると、人は変わることができます。

得意だと思っていることがあるというだけではなく、特技として自信をもって口にできる能力があることで、人生が変わるのです。

これはどうしてなのでしょうか。

自分に自信を持てるようになる

特技があると人が変わる理由の一つ目は、自分に自信が持てるようになるからです。

自分はどこにでもいて、何の役にも立たないと思っていると、人生は暗いもののように感じてしまいますよね。

自分が「自分の人生の主人公」になることもできないようで、つまらない毎日を送ることになってしまいます。

ですが、自分の特技地と言えるほどに特異なことができると、自分に自信が出てきます。

自分は代用できない存在であって、自分がここにいなければいけない理由を見つけることができるのです。

これが分かると、人生が輝いて見えるのではないでしょうか。

周囲の人に称賛される

周囲の人に称賛されるというのも、とても良いことですね。

人間は、誰かから褒められることで、世界に認められているような気分になります。

自分が生きていて良いのだということを実感できるのです。

また、単純には、誰かに褒められるととても気持ち良いですよね。

人の役に立てることも

特技を持っていることで人の役に立てることもあるかもしれません。

助け合いの社会の中で、自分が一方的に助けられる存在と言うわけではなく、誰かを助けることもできるのだと考えることは、自分の自信につながりますよ。

仕事の幅が広がる

仕事の幅が広がるということもあるでしょう。

得意としている能力があることで、任せてもらえる仕事もあるかもしれません。

他の人とが違うというところを持っていると、他の人にはできないような仕事ができますし、新しい視点から仕事を見ることもできますよね。

得意と判断するのは誰?


特技を口にするので難しいのは、「得意」と判断する基準が分からないというところです。

得意と判断する公式な人がいない限り、何らかの判断基準において得意さを判断しなければいけません。

それを定めているのが誰なのかということを考えると、特技を口にすることのハードルが上がってしまうかもしれませんね。

自分は得意だと思っていても周囲は認めない場合も

自分は得意だと思っていても、周囲はそれを認めないというのが一番つらいパターンですね。

自分は得意だと思っていたところで、周りが認めなければ特技として口にすることはできません。

もちろん、特技として口にすること自体はできるのですが、誰かから認められているわけでも、実際に能力があると認められているわけでもないのに鼻高々になっている痛い人のように思われてしまいます。

これは問題がありますよね。

こうした事態を避けるために、特技を口にしないという人はたくさんいます。

得意なのに自分では気付かない場合も

逆に、特技なのに自分では気づかないということもあります。

それができるのが、自分にとってはとても自然なことなので、得意なのに特技だと思っていないということもあるのです。

これはとてももったいない事態ですよね。

ですが、気付かなければ、自分で主張することもできません。

周囲の人が教えて上げられれば良いですが、周囲の人が教えてあげたところで、特技だと本人が思わなければ意味がないのです。

これらを統合して見ると、実は特技と言うのは、自分でその能力について自信があり、かつ、他の人から見ても能力があるように見えるということが大事なポイントになるのかもしれませんね。

主観的な基準にも、客観的な基準にも達していることが大事だと考えると、確かに特技を見つけるのはとても大変に違いありません。

得意さを証明するのには資格の証明などが有効

特技であると主張するのは、誰かの許可がなければ難しいことのように感じてしまう人もいるかもしれません。

得意であるというのは、自分だけで主張していると恥ずかしい人のようになってしまいますよね。

また、周囲の人が認めてくれていたところで、井の中の蛙のようになってしまっている可能性もあります。

そう言ったことが怖くて特技を口にしない人もたくさんいるでしょう。

ですが、世の中には「得意さを証明する手段」もあります。

それは資格などの証明書です。

これらは、自分とはかかわりのない、完全に客観的な判断基準となっていますから、これらのある程度の基準を満たしている能力について「特技」と言うのは間違っていないでしょう。

また、証明書がきちんとあるので、誰かに疑われたときにも、きちんと証拠立てることができますね。

資格取得やコンクールでの優勝など

特異さの証明として使われる証明書にはたくさんのものがあります。

社会的に認められているものは、まずは資格習得でしょうか。

例えば、英検や漢検はもちろんですし、最近ではTOEICの点数やTOEFLの点数などもありますよね。

これらの客観的な指標は、特技について話すときにはとても役に立つものですよ。

また、資格習得ではありませんが、コンクールでの優勝・入賞経験と言うのも良いかもしれません。

他にも同じ能力を得意としている人がいる中で競争に勝って賞を手にしているわけですから、少なくとも、他の人よりも評価されるような能力を持っているということは確かですよね。

何らかのコンクールに出て、それなりの成績を残したことがある人は、それを「得意さの証明」として使うと良いのではないでしょうか。

得意なことを見つけるための6個の方法


得意なことと言うのは、どのようにして見つけることができるのでしょうか。

得意と言うのは好きと言うこととは違いますから、なかなか見つけるのが難しいと感じている方もいるかもしれません。

自己紹介のときに、趣味と特技で、趣味は簡単に見つかるのに特技は見つからないという人も少なくないでしょう。

自分の特技をどのようにして見つければ良いのかと言うのは、自分に特技がないと考えている人にとっては誰もが通る道です。

得意なことを見つけるためには、ちょっとしたコツも必要です。

特技を見つけたいと持っている方は、ぜひ以下の方法で自分が特技と言えるようなものがないか考えてみるようにしましょう。

上手くいけば、特別なことをしなくても特技を持っていたのだということに気づけるかもしれませんね。

大好きでワクワクすることを見つけよう

特技を見つけるためには、まずは、大好きでわくわくすることがないのかどうか、自分の旨に聞いてみるということが一番ですよ。

簡単なことなのに、特技がないと投げている人がこれをなかなかしようとしないのは、「大好きでわくわくするようなこと」は、趣味であって特技ではないと考える人が多いからです。

「下手の横好き」という言葉があるように、大好きだと思っているからと言って、誰も認めてくれないという気持ちがどこかにあるのでしょう。

確かに、特技は趣味とは違いますから、自分の大好きなこと、ワクワクしてしまうことを特技に上げるというのは違う気もしますよね。

ですが、「下手の横好き」という言葉があるのと同時に、日本には「好きこそものの上手なれ」と言う素敵な言葉もあります。

好きだと思っているものに対しては上手になることができる可能性が残されているのです。

自分では気づいていないかもしれませんが、好きだと思っていることを続けていると、実はそれが特技になっているかもしれません。

だからこそ、まずは大好きでわくわくするようなことを探して、実はそれが、特技として自慢できるレベルになっているのではないかということを考えてみることが大切なのです。

上を見過ぎないことが大事

好きなことをしていると、自分のダメな部分が見えてしまうということもあるでしょう。

高い目標を持っている人は特にそうで、プロの人に比べると自分はとても特技と言えるほどに上手ではないと思ってしまうこともあります。

ですが、これは間違った考え方です。

プロの人には及ばないかもしれませんが、自分のレベルは、一般人のそれよりもずっと高いところにあるのではないでしょうか。

自分で自分の前にあるハードルを上げてしまってはいけません。

プロのレベルでなければ特技と言えないのなら、この世の中に特技を持っている人はほんの一握りになってしまいますよ。

特技とは決してそんなものではありませんし、その道で生計を立てているような人の「仕事」とは違うものであることは確かですよね。

特技を探すときには、上を見過ぎないということも大事になってきます。

一般人と比べて、という話に留めておきましょう。

長時間やっても苦にならないこと

貯時間やっても苦にならないようなことを見つければ、それは特技になるのではないでしょうか。

普通の人は、長時間同じ作業をしていると、嫌気がさして着てしまいます。

長時間やっていても嫌にならないような何かがあるのなら、それはもう「続けてその作業をすることができる」という点で特技になります。

好きで続けているだけのことを特技と呼ぶのが嫌なら、「趣味兼特技」と言っておくと良いのではないでしょうか。

貯時間やっても苦にならないほどのものなら、一般人と比べて上手にできることは間違いないのです。

まずはそれを特技と呼んでおくと良いでしょう。

自分の人生が輝くと思えるようなこと

特技を見つけるときには、自分の人生が輝くと思えるようなことを探すのが一番です。

自分がやっていて楽しいと思えること、それをやっていると自分の人生が輝いているように感じるようなことを見つけたのなら、それは特技と言えるでしょう。

普通の趣味と言うだけでは、人生が輝いているようにまでは感じません。

自分の人生が輝いていると思えるほどにできるものなら、特技と言ってしまって問題ありませんよ。

また、そう言ったものを見つけたのなら、それが特技として胸を張って言えるレベルに技術を高めることはできるでしょう。

今は特技と呼ぶことはできなくても、将来的に特技と呼べるようなものであるということを認識しておけば、「特技にしたいことがあります」ということもできますし、「特技の種」として自分の心に中に留めておくこともできますよね。

仕事にしたいと思えるほどのことを見つけよう

仕事にしたいと思えるほどのことであるのなら、それも特技と言えるかもしれません。

趣味と仕事の違うところは、やはりその質と、覚悟でしょう。

自分が好きで行っていることで、仕事にしたいと思えるほどのものがあるのなら、それは特技と呼んでも良いのではないでしょうか。

実際に仕事にするのはとても難しいかもしれませんが、実際に仕事のできないかということまで考えて、真剣にそれに取り組んできた歴史があるのなら、特技として紹介してもおかしくはありません。

実際に仕事にできるのかどうかということが特技の基準ではないということは覚えておいてくださいね。

周囲の人が頻繁に褒めてくれることは何か考えてみよう

特技を探しているのなら、周囲の人が頻繁に褒めてくれるものがないかということを考えてみるのも良いでしょう。

特定の誰かが褒めてくれると言うわけではなく、色々な人が褒めてくれるというのであれば、それは特技として見てみても良いということになります。

例えば手芸で作ったものを誰もが褒めてくれるのであれば、その中にはお世辞や社交辞令以外のものも含まれていることは確かです。

他人から認めてもらうことができるような腕前なら、恥ずかしくなく特技だと言ってしまってもおかしくありません。

普段、自分が生活している中で「もしかしたらお世辞かも」と思ったものを含めて、どんなところで褒められるのかということについて考えてみてください。

それは例えば「メイクがうまいね!」「お化粧が綺麗」というような意外なものである可能性もあります。

ですが、特技は、そう言った意外なものである可能性もありますよ。

自分自身を客観的に見てみる

周囲が頻繁に褒めてくれるというポイントを使って自分の特技を判断するのは、とても良い方法なのではないでしょうか。

他人の目を使って自分を見るというのは、客観的に判断するということに繋がります。

特技をなかなか見つけることができないのは、自分を主観的にしか見れていない可能性があります。

主観的な目で自分を見ているときには、恥ずかしい気持ち、謙遜してしまうような気持ちもあって特技は見つけられません。

ですが、他人の目を通して見ると、自分自身の能力について客観的に判断することができるようになります。

そうした目で見てみると、必然的に自分の能力について分かるので、それが「特技として言って良いレベルかどうか」ということが分かるでしょう。

だからこそ、この方法で特技を見つけるのはとても良いことなのです。

ダイレクトに人に聞いてみるのも良い

どうしても自分の特技が見つからないということがあれば、ダイレクトに他の人に聞いてみるというのも良いかもしれません。

直接的に自分の友人などに「私の特技って何だと思う?」と聞いてみましょう。

一緒に考えてくれるかもしれないし、意外と「〇〇でしょ」と即答してくれるかもしれません。

即答してくれるようなものがあるということは、周りからはそれが特技に感じるということです。

これは判断基準としてはとても良いですね。

もちろん、特技だと言われたそれが嫌に感じたときはどうしようもないかもしれませんが、嫌な気がしないなら、特技として言ってしまっても問題ないでしょう。

自分のためだけになることより人の役に立てることを

自分が普段からしていることで、自分のためだけになることより人の役に立てるようなことがないか考えてみましょう。

自分のためだけになることが特技ではない、と言っているわけではありません。

ただ、人の役に立てるようなことであれば、誰かに言っても恥ずかしくはないでしょう。

人に言っても恥ずかしくないようなことを特技とするのなら、その他人に喜ばれるようなことを挙げるのが良いかもしれませんね。

もっとも、人の役に立てるようなことはそうありませんから、もし見つからなかったとしても、特技がなかったと落ち込む必要はありません。

クラウドソーシングなどで腕試ししてみる

自分の持っている技能が特技と呼べるほどのものであるのかどうかを確認したいのなら、クラウドソーシングなどで腕試しをしてみると良いのではないでしょうか。

クラウドソーシングは在宅ワークのイメージを持っている人がいますが、実際にそれは間違っていません。

フリーランスで仕事を請け負っていると考えて良いでしょう。

その仕事がきちんと評価されなければお金をもらうことができませんし、評価が悪くなってしまいます。

また、あまりに評価が厳しいと、次の仕事が来なくなってしまうでしょう。

このクラウドソーシングによる評価があまり悪くないのであれば、それなりに通用する力を持っているということになります。

自分と繋がりのない他人からの評価を必要としているのなら、クラウドソーシングの利用を考えましょう。

もっとも、クラウドソーシングで請け負うことのできる仕事は限られていますので、自分の持っている能力がそこに適したものなのかどうかということは、きちんと確認してみてくださいね。

自分の力がどれだけ通用するか評価を見たら分かる

自分の力を自分の目だけで判断していると、特技と言えないのに、特技があると言い張っていることになってしまって恥ずかしいですよね。

その点、クラウドソーシングでは、他人から厳しく判断されることになります。

通用しないと判断された技術に関しては、厳しい評価がつけられることとなるでしょう。

一方で、とても良い能力を持っていると判断されたのなら、良い評価をつけられるはずです。

そこには社交辞令やお世辞は存在していませんから、評価は正当なものとして受け入れることができると思います。

自分の力を腕試ししてみるには、クラウドソーシングは簡単で良いものだと言えるでしょう。

世の中で需要があることと照らし合わせてみる

自分の持っている能力や、続けたいことというのが、世の中で需要のあることなのかどうかというのもきちんと確認した方が良いですね。

誰にも必要とされていないことを特技と言っても、誰にも理解されない可能性があります。

できれば、誰に言っても理解してもらえるようなことを特技とした方が、説明をしなくても済みます。

また、人に話して自慢をすることもできます。

特技と胸を張って言えるようなことにするのなら、誰もが理解できて、世の中で需要があることなのかどうかということを事前に照らし合わせて考えてみた方が良いのではないでしょうか。

需要があることを得意とした方が続きやすい

需要があることを特技にするのが良いのは、そちらの方が続きやすいからです。

特技としていることを続けるにしても、全く需要のないことをしていると、熱量が続かなくなってしまう可能性もあります。

自分の熱が続くためには、ある程度誰かに必要とされているという気持ちを持っていることが大切なのです。

特に、ただの「趣味」ではなく「特技」とするのであれば、ある程度、世の中で必要とされている能力の方がいいかもしれません。

結局「大好き」という気持ちが得意につながる

ここまで、特技の作り方、徳銀見つけ方について見てきましたが、結局は、「大好きだ」という気持ちが得意なことに繋がっているということに気づいたのではないでしょうか。

好きなことというのは、自然と継続することに繋がります。

努力をすることが嫌にならないくらいに好きなものであるのなら、それが得意に繋がっていくことは間違いありません。

好きだ、楽しいと思って続けて努力を続けていれば、いつかそれは特技に繋がっていく可能性があります。

最初はただの趣味だったものが、いつか本物の特技に繋がるということもあるのです。

折れずにずっと続けていれば、自分の趣味が本当の特技になるかもしれません。

何のためにやっているのかが分からずに心が折れそうになることもあるかもしれませんが、そんなときには、自分の特技を作っているのだと考えて、継続して好きなことを続けられるようになると良いですね。

嫌々やっているなら得意とは言い難い

嫌々やっているようなことを特技と言うのは少し間違っているかもしれませんね。

嫌々やっているようなことは、いつかどこかで自分の能力に限界が見えてしまいます。

嫌だと思ってやっているので、質の面で落ちてしまうことは間違いないからです。

好きだと思ってやっている人たちにすぐに能力が抜かされてしまうというのもあるでしょう。

稀に、他人から見て「能力がある」とみなされることが、自分にとっては苦痛なことということもあります。

その場合に、それを特技として口にすることもできますが、口にして嫌な気分になるようなことはしない方が良いでしょう。

特技というのは、口にして自分にとってメリットがあるということが大切なのです。

人に知られて嬉しくないようなことを、わざわざ自分から口にする必要はありません。

誰でも出来るようなことより、ちょっと珍しい得意なことを見つけよう

特技をこれから作りたいと思っている方は、人と被らないという点に気をつけながら特技を作ってみると良いかもしれません。

もう既に特技と言えるようなことを見つけている人は、わざわざ変える必要はありません。

ですが、ゼロから作るという方は、できれば、人と被らないようなことを探した方が良いかもしれません。

ちょっと珍しい特異なことを見つけて、自分らしさを出してみるのです。

こうして人とは被らない自分の特技を見つけていることは、以下のときに役に立つのではないかと思います。

自分の特技が役に立つ場面を考えてみると、自然と、誰にでもできるようなことよりも、自分らしい珍しいことを探した方が良いのではないのかという考えになるのではないでしょうか。

以下で詳しく見てみることにしましょう。

あなたの価値が上がる

誰にもできないようなことをするということのメリットの一つ目は、あなたの価値が上がるということにあります。

もちろん、誰もが認めるようなことであったとしても、特技があれば価値があることには違いありません。

ですが、誰にもできないことができるというのは、存在感を上げるという意味では大切ですよね。

他の人でも代用できるようなことではなく、あなたでなければできないことがあるというのは、自分に自信を持つという意味でもとても大切なのではないでしょうか。

また、その特技が、他の人と自分とを分ける大きな特徴の一つになるのであれば、他の人から見た自分の価値が上がったということにもなります。

誰にでもできるようなことをしていると他の人と一緒になってしまいますが、自分という人間の独特の価値を高めるためには、誰にもできないことをする面白い人間だということを印象付けていく必要があります。

ユニークな特技はその符号の一つになってくれるはずです。

就職・転職活動でも役に立つ

ユニークな特技を持っているということは、就職や転職の上でも役に立つのではないでしょうか。

他にはいない人材であるということをきちんと相手に知らせることができるからです。

就職活動をしているときに、他の多くの学生とは違うのだということを表現するのであれば、ユニークな特技を持っていることを主張するのが一番です。

相当面白い活動をしている大学生でもない限り、他の人と差をつけるのが難しいのが就職活動です。

その点で、ユニークな特技を持っていると口にすることができるのは、とても簡単で説明を楽にできるという点で良いですね。

あっと度肝を抜くようなことでも面白いですし、聞いた人を感心させられるようなものであればなお良いでしょう。

どちらにせよ「この子は他の学生とは一味違った人間である」ということを印象付けるためには、人と違う特技を持っているというのは、良いことだと思います。

自己分析の時に大切

ユニークな特技を持っているというのは、自己分析のときにも役立ちます。

自己分析をしたときに、一般的な人と比べて何の違いもないという結果が出ると、悲しくなってしまいますよね。

一方で、特技で何か変わったことがあるのであれば、そちらの方向から分析を進めることができます。

どうしてそちらの方向に興味を持ったのか、どうしてその特技を極めようと思ったのかなどを考えてみると、人とは違った自己分析ができますし、自分の強みも分かるかもしれません。

自信を持って、自分について理解できるようになるというのも、ユニークな特技を持っていることのメリットの一つだと言えるかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?
特技について話すのは恥ずかしいという人もたくさんいますよね。

日本人は特に謙虚であるということが美徳のように語られていますから、自分の特技を自ら言っている人が恥ずかしいというように感じてしまうこともあるでしょう。

他の人に、おごっていると思われるのが嫌で、自分の特技は主張しない人もたくさんいます。

ですが、自分の得意なことをきちんと口に出して主張できるような人は、自信があって格好良いと思ってもらえることも多いです。

また、きちんと特技があることで、自分自身にも自信を持つことができるでしょう。

特技を既にこれだと持っている人も、これから探す人も、ぜひ人前で特技について主張してみましょう。

そうすることで、自己紹介をしたときなどに、話しで盛り上がることができるかもしれませんし、自分という人間について理解してもらうこともできるようになるでしょう。

自分の特技について、一度じっくり考えてみるのも悪くないですね。