「今、自分の人生はどん底にある…」と苦悩している人はいませんか…?

自分でなくても家族や友達や知り合いに、そういう人がいる場合もあるかもしれませんね。

そこで今回は、“どん底から抜け出すためにするべき7個の対処法”や“どん底から抜け出した先に得られるメリット”をご紹介します!

今すぐにどん底の状況から抜け出した人、知り合いをどん底から脱出させたい人は必見です。

どん底から抜け出せたらもう無敵!

どん底の状態にあるときというのは、恐らく将来にも悲観的になっていると思いますし、何をするにも意欲が湧かないものではないでしょうか?

それどころか、生きる気力すら湧かなくなってしまうこともあるでしょう…。

ですが見方を変えれば、どん底の状態にあるということは、それより下に落ちることはなく、あとは上がるだけです!

その為にも、後でご紹介する“どん底から抜け出すためにするべき7個の対処法”にも目を通して見て下さいね。

それに、どん底を経験している人は、ある意味、貴重とも言えます。

生きていれば、辛いことや苦しいこともそれなりに経験するとは思いますが、落ちるところまで落ちた状態を経験する人は限られているでしょう。

そして、失敗から学ぶことは多く、失敗を沢山経験している人程、人間としても器が大きいものです。

(※失敗で学んだことを今後にきちんと活かしている人に限る)

どん底状態を抜け出したとき、どん底時代の経験が多少なりとも今後の人生に活きてくるのは、間違いないはず。

ここで、“どん底から抜け出した先に得られるメリット”をご紹介していきたいと思います!

「自分は一生このままなんだ…」と、どん底から抜け出すことを諦めている人は、ぜひ目を通してみて下さい。

少しは前向きになれるかもしれませんよ?

どん底を経験した人は強い

どん底を経験した人は、ちょっとやそっとのことでは折れない心を得ることができます。

まさに無敵状態と言えるかもしれませんね。

ここからは、そんな“どん底を経験した人の強さの理由”について、ご紹介していきたいと思います。

現在、まさに人生のどん底にいる人もこれを見れば、これからのことを少しは前向きに捉えることができるかもしれませんよ?

それでは見ていきましょう!

地獄を見ると人生観が激変する

人生のどん底に落ちて地獄を見ると、人生観が激変します。

今まで歩んできた人生がどんなに幸せだったか、「当たり前」「何気ない日常」と思って気にも止めていなかったことが、どんなに有難く価値のあるものだったか、ということに気付かされるのです。

それから、今まで自分の周りにいた嫌いな人や苦手な人、それから「自分より下だ」と思っていた人達が、自分と比べ雲の上の存在に感じ、周りの人達を尊敬できる様にもなります。

どん底時代に自分を助けてくれる人への感謝も強く感じるでしょう。

何より、今まで味わったことのない苦しみを感じることで見えなかった世界が見え、今までの自分では気付けなかったことに気付ける様になります。

すると、どん底から抜け出せたときには、人として何倍にも成長した自分になっているのです。

人並み以上の努力をして強くなる

人生のどん底に落ちてしまった人は、そこから抜け出すとき人並み以上の努力をしなければいけません。

ですがあまりの過酷さに、這い上がる前に心が折れて、諦めてしまう人も少なくないのです…。

しかし、諦めずにどん底から抜け出してこれた人は、確実に強い心が養われます。

ちょっとやそっとの事では折れませんし、例えもう一度人生のどん底に落ちてしまったとしても、強靭な精神力で再び這い上がることができるでしょう。

そして、人並み以上の努力で培われた強さのおかげで、どん底から抜け出した時には何もかもが明るく見え、多少辛いことや苦しいことに遭遇しても、過去を思い出して「あの時に比べたら、全然大したことないな…」と思える様になるのです。

乗り越えられた自分に自信がつく

人生のどん底から抜け出せる人は限られています。

だからこそ、地獄の様な人生を乗り越えられた人は自分に自信を持てる様になり、人として大きく成長することができるのです。

先程も「人生のどん底から抜け出すには、人並み以上の努力をしなけれならない」と話しましたが、その努力というのは本当に辛く苦しいもの。

恐らくそれは、普通に生活している人には分からない、まさに想像もつかない様な苦しみなのでしょう…。

そんな過酷な状況を乗り切ったとなれば、「自分はすごいことを成し遂げた!」と、堂々と胸を張れるくらいの自信が身についても不思議ではないかもしれませんね。

本当に強い人は本当に優しい


上で、人生のどん底=地獄を抜け出してきた人は、精神的に強くなれると話しましたが、心が強くなると同時に優しさも養われます。

実際、人生のどん底を抜け出してきた人は、周りの人(特に苦労している人達)に無条件に優しく接することができるのです。

強さは優しさと同じ、とも言えます。

今これを見ている中には、”優しさ=弱さ”と捉えている人もいるかもしれませんね。

確かに、優しさは時に弱さや甘さに繋がることもあるでしょう。

しかし、心が強くなければ…もっと具体的に言うなら、心に余裕がなければ他人に優しさを向けることはできないのです。

誰かを支えるには、自分がしっかりとしていなければなりませんよね?

そんな風にタフに生きるには、何より自分を信じることが重要になります。

どん底を抜け出してきた人は、精神的に強くなり自分に自信をつけたからこそ、誰かを支えることができるのでしょう。

人の苦しみがわかる人間になれる

人生のどん底を経験した人が優しいのは、人の苦しみがわかるからとも言えます。

人は自分の経験や今まで収集してきた情報から物事を想像するもの。

例えば、他人から「こういうことがあって、今までで一番辛かった…」という話を聞いたとき、「自分だったら…」と話と同じ状況を頭の中で想像し、過去に経験した一番辛かった時の感情を思い返して相手の感情と照らし合わせ、「それは本当に辛かったね…」と共感すると思います。

つまり、自分の物差しでしか想像することができないので、相手が感じている辛さや苦しみは本当の意味では理解できないのです。

そもそも、他人の思っていることを完璧に自分の中で再現して、同じ感覚を得ることは不可能ですよね?

ただし、人生のどん底を経験している人は、平凡な人生を送ってきた人よりは苦労している訳ですし、様々な辛さや苦しみを経験していると言えます。

なので、人の苦しみもよりリアルに想像することができる訳です。

だからこそ、「自分も辛い思いや苦しい思いをしたな…」と思い出して、常に人に優しく接することができるのでしょう。

思い遣りや助けたいという気持ちが強くなる

先程も話しましたが、人生のどん底を経験した人は他人の苦しみを理解できる様になるので、どん底から這い上がった後は、思い遣りの精神や「困っている人を助けたい!」という気持ちも人一倍強くなる傾向にあります。

また、自分が辛い思いをして他人の苦しみを知ったから、というだけでなく、どん底にいた時に周囲の人々に助けて貰った(だからどん底を抜け出せたとも言えるかもしれませんね)から、「今度は自分が周りに恩返ししたい!」という思いで、人助けの精神が強く芽生える場合もあるでしょう。

そして、そんな風に他人を思い遣り助ける所に周りの人々も惹かれ、沢山の人に慕われるのも、人生のどん底を経験した人の特徴と言えるかもしれませんね。

二度と同じ失敗をしないようになる

人生のどん底を抜け出した人は、「もう二度とあの様な地獄は経験したくない!」という思いから、二度と同じ失敗をしない様に、色々なことに対してとても慎重になる傾向にあります。

人は学ぶ生き物ですし、どん底から抜け出して成功する人は失敗から色々なことを学び、それらを次に活かすことができるのです。

その体験記を人に教えて抑止力になれる

どん底から抜け出した人は自分で同じ失敗を繰り返さない様になるだけでなく、周りの人が自分と同じ失敗をしない様に、自身の体験を話して抑止力になれるというメリットもあるのです。

想像だけで「やめた方がいい」という人の言葉より、失敗を経験している人の「やめた方がいい」という言葉の方が重みや説得力がありますよね?

それに「他人を助けたい!」という思いに溢れているからこそ、アドバイスを受ける側にもその気持ちが伝わって、周りも素直に「この人の言うことは聞いた方がいいかも…」と受け入れることができるのかもしれませんね。

現実から目を逸らさないこと


人生のどん底から抜け出すには、どんなに辛く苦しくても現実から目を逸らしてはいけません。

現実逃避を続けていたら、いつまで経ってもどん底から抜け出せないからです。

辛く苦しい状況にある時こそ、現実をしっかり認めて現実逃避しない=抜け出すための努力をすることが、どん底から一刻も早く抜け出す方法とも言えるでしょう。

恐らくどん底に落ちた直後というのは、後悔や悲しみなど負の感情に襲われて、すぐには気持ちを切り替えられないと思います。

ですが、落ち込んで負の感情に浸っていても状況は好転しません。

「落ちるところまで落ちたのなら後は上るだけ!」そう開き直って、少しずつでも這い上がって行けば、いつか必ずどん底から抜け出せる日が来るでしょう。

自分を強くして高めることを大切に

人生のどん底に落ちてしまったときは、自分を強くして高めることが大切になります。

自身を強く高めなければどん底から抜け出すことはできませんし、モチベーションを保ち続ける為にも目標は必要ですよね?

最終的な目標はどん底にいる現状から抜け出すことなのでしょうか、あまりにも目標が高いと途中で心が折れてしまうこともあるでしょう。

だから、最初から抜け出すことばかり意識するよりも、現状を耐え抜く為に自分を強く高めることを意識した方が、人生のどん底を乗り越えやすくなるのです。

どん底から抜け出すためにするべき7個の対処法

“どん底から抜け出すメリット”だけ知っても、肝心の“抜け出す方法”が分からなければ、意味がないですよね?

という訳で、ここからはいよいよ、“どん底から抜け出すためにするべき7個の対処法”をご紹介していきます!

「今すぐにどん底から抜け出したい!」という人や「知り合いをどん底から助け出したい!」と考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

それでは早速、見ていきましょう!

長年どん底から抜けられずにいる人の状態を知る

人生のどん底に陥って、「自分は一生このままなのかも…」とか「自分の人生、もう終わりだ!」と何もかも諦めそうになったときは、長年どん底から抜け出せずにいる人の状態を知るのも、どん底から抜け出すきっかけになります。

ネットや自伝や伝記を見れば、長年どん底を経験した人の体験記を知ることができると思いますし、その中にはどん底を抜け出して成功する為のヒントが載っていることもあるでしょう。

ただしこの場合は、どん底から抜け出し成功のヒントを探すというよりも、長年どん底から抜け出せずにいる人の末路を知ることで、自身の危機感を煽ることが目的でもあります。

長年人生のどん底から抜け出せないでいる人は、自暴自棄になったり、心身共に病んでしまったり、どうしようもできなくてただただ途方にくれていたり、将来を悲観して生きる希望を失ってしまっていたり…とにかく悲惨な状況にあると言えるでしょう。

誰だって、そんな状態にはなりたくないですよね…?

長年どん底にいる人の状態を知ることは、「自分はあんな風にならない様に、頑張らなくては…!」と嫌でも前を見るきっかけになる訳です。

自分は絶対にそうなっていけないと心に誓う

長年どん底から抜け出せずにいる人を反面教師にし、「自分は絶対にそうなってはいけない!」と心に誓うことで、どん底から抜け出す意欲もアップするはずです。

つまり、「人の振り見て我が振り直せ」ですね。

途中で心が折れそうになったら、「ここで諦めたら自分は一生どん底から抜け出せない!」「自分はあんな風にはならないと誓ったんだ!」と思い出して、前を向き続けることが大切になります。

どん底を抜け出す明るいイメージがなかなか持てない人も、「今よりも下に落ちたくない!」という気持ちで頑張ることはできるのではないでしょうか?