自分の事は誰よりも自分が良く分かっている。

きっと誰もがそう思っている事でしょう。

けれど、実際には、自分の事だからこそ見えていない事もあります。

本当は既に自分の心から危険信号が出ているにも関わらずそれに気が付かず無理をしてしまう場合もあるでしょう。

今の時代には沢山のストレスがあります。

おそらくストレスを感じずに生きている人などいないのでしょう。

大事な事はそのストレスとうまく付き合う方法です。

その方法を知る事によって、自分の中にたまっていくストレスとの上手な付き合い方を学んでいく事が出来るようになる事でしょう。

それをする事が出来るようになれば、このストレスの多い世の中でも自分を守りながら生きていく事が出来るようになります。

ストレスを解消する為には、まずストレスの質について気が付かなければなりません。

自分の中にどのくらいのストレスがたまっているのかを考え行動する事によって、その溜まったストレスを解消しようという気持ちを持つ事が出来るでしょう。

それをする事によって、より効率的にストレスを解消する事が出来るようになるでしょう。

自分の心の中にたまり続けるストレスは、自分が思っている以上に大きな負担となってきます。

心身ともに問題が出てしまう事だって珍しいことではないはずです。

一度その状況になってしまうと、なかなか現状を変える事は出来なくなってしまうものです。

その状況が続けば結果的に自分の事を壊してしまう事だってある事でしょう。

だからこそ、自分から出ているストレスの危険信号を見失わないようにしてください。

11個の隠れストレス危険信号!

それではここからは、隠れストレスによる危険信号についてご紹介させていただきます。

人間は良くも悪くも慣れる生き物です。

だからこそ、最初はストレスを自覚していたとしても次第にその自覚が無くなってしまう場合もあるのです。

そのせいで本当はストレスを感じているにも関わらずストレスを感じている事すら分からなくなってしまうなんて事もあるのです。

そうなってしまっては、自分の心や体から発生している黄色信号にも気が付く事が出来なくなってしまい、結果的に事態を悪化させてしまう事にもつながってしまうと言うわけです。

だからこそ、そうならないようにする為にはきちんとその危険信号を受け入れるようにしていきましょう。

誰よりも自分の事は自分が一番わかっていると思っている人が殆どです。

しかしながら、実際には近すぎるせいで見えていない場合もあるのです。

そうなってしまっているとどんどん問題が大きくなるだけという事もあります。

そうならないように、自分から出ている危険信号を客観的に受け入れる事が出来るようにしていきましょう。

顔の一部がピクピク痙攣する

人間は疲れてくると、顔の一部が痙攣してしまうという状況になる場合があります。

これは、何もわざと行っているわけではありません。

自分でコントロールしているのではなく、結果的にそうなってしまうのです。

だからこそ、顔のぴくぴくが出てきた場合には少し休憩するように心がけてください。

もっともぴくぴくしやすい箇所としては、目の上が考えられます。

目の上がピクピク痙攣する理由としては、ストレスの他にも目の使いすぎという考え方もあります。

最近の人々は、携帯電話やPCを当たり前のように何時間を使用しています。

そのせいで目が今まで以上に疲れてしまっているのです。

その状況が続く事によって、結果的に目がピクピクと痙攣するようになってしまうのです。

顔の一部がピクピクするからと言って、生きていく事に支障はないでしょう。

周りの人が気になり気を使ってしまうという事はあるものの、それによって何かが出来なくなってしまったり行動が制限されてしまうなんて事もありませんだからこそ、例え顔の一部がピクピクしていようとも気にしない人が殆どなのではないでしょうか。

けれど、そこにこそ危険信号が潜んでいるのです。

自分では見落としてしまうような小さな危険信号も、そのまま放置しておくとより困った事になってしまうケースも多々あるものです。

だからこそ、自分から出ている新しい信号に対して真摯に向き合う気持ちを持つ事も必要なのではないでしょうか。

そうする事によって、今ままでの自分にはない危険信号にも気が付く事が出来る事でしょう。

夜中、何度も目が覚めてしまう


人間の心は自分が思っている以上に繊細です。

だからこそ、自分では何ともない・元気だと思っているような事の場合でも、実際には心が不安を抱えてしまっている場合もあるのです。

それが結果的につもり積もって睡眠に影響が出てしまう事もあります。

人間にとって寝る事はとても大切な事です。

睡眠欲・食欲・性欲は人間の中でも3大欲求と呼ばれており、その中でも睡眠をきちんと取る事が出来ない場合には自分の体の疲れを取る事が出来ず、結果的に疲れを蓄積して行ってしまう事に繋がります。

それでは自分の心と体を元気にする事などできないのではないでしょうか。

夜中に何度も起きてしまう原因の一つは、翌日などに控える不安要素が原因なのかもしれません。

あれはうまく行くだろうか。

自分にとって何か困った状況になってしまうのではないだろうか。

そんな事を考えるせいで素直に眠る事が出来なくなってしまうのです。

質の良い睡眠をとる事が出来なければ、それだけ自分の疲労はそれだけ蓄積していきます。

冷静な判断をする事が出来なくなり、結果的に大きなミスにつながってしまう事もあるかもしれません。

そんな事を繰り返しているうちに、自分自身に対する自信すらなくなってしまう事だってあるでしょう。

睡眠時間をうまく確保する事が出来なくなってしまった場合には、それだけ心に負担がかかっているという事を理解してください。

そのうえで自分の状況を客観的に把握し、出来る事をしていくように心がけてみてはいかがでしょうか。

微熱が続いている

ストレスの感じ方は人それぞれです。

その症状が直接心に出てきてしまう人も居れば体に出てきてしまう人も居ます。

微熱が続いている人の場合には、おそらくストレスが体に出てしまっているのでしょう。

ストレスが体に出てしまう場合、自分ではそれを自覚していないケースもあります。

そのせいで、原因を風邪だと思い込むケースも少なくありません。

自分の状況を客観的にみる事が出来ないからこそ、その事実にきがつくまでに時間がかかってしまうのです。

その為、いくら体が危険信号を発信していたとしてもその信号に気が付く事が出来ずに自分自身に無理をさせてしまう事もあります。

それが結果的に自分を苦しめる事につながる事もあります。

普通に考えれば、微熱の原因は風邪です。

だからこそ、風邪薬を飲んだり病院に行く事でしょう。

けれど、その治療によっても事態を改善する事が出来ない場合には、ストレスである可能性を疑ってみてください。

それによって、改めて自分が感じているストレスの原因に気が付く事が出来るようになるかもしれません。

そこに気が付く事が出来てこそ、ストレスを解消して生きていく事が出来ていくというものです。

肩や首が痛い


ストレスを感じ、日常生活を過ごしている場合にはどこかで力が入ってしまっているという事もあります。

常に緊張状態であるからこそ、肩や首などに負担をかけてしまい、そこが不調になってしまうケースもあります。

しかしながら、緊張状態でいるときにその事に気が付く事はあまりありません。

だからこそ、後になって原因不明の肩や首の痛みに悩まされる事になってしまうのです。

もし、最近そういったケースがある場合には、一度自分の行動を見直してみてはいかがでしょうか。

その中でもしストレスとして思いつくケースがある場合には、その事を改めて考え直してみるのも重要な事なのかもしれません。

どんな状況にあったとしても、肩や首に痛みを感じる状況は良いものとは言えません。

不快感を感じる事だってあるでしょう。

その不快感の原因をきちんと考える事によって、自分の体の危険信号に気が付く事が出来るようになるかもしれません。

何故か無意識に涙が出てくる

ストレスが体に出る人は、まわり方見ても分かりやすいケースも多々あります。

その為、周りの人々からのフォローを受ける事だって出来る事でしょう。

ですが、心に出る場合にはそれがなかなか周りに伝わらないケースもあります。

そのせいで一人でそのストレスを抱える事になってしまうケースも少なくありません。

もし何も悲しい事が無いにも関わらず、何もしていなくても涙が出てくる場合には注意が必要です。

きっとそれだけ多くのストレスが心にかかっているという事です。

そのストレスが心の中でいっぱいになってしまっているからこそ、何もしていなくても涙が出てきてしまうのでしょう。

もしその状態になってしまったのであれば、早急に休息を取る事をおすすめしまう。

そこでいくら頑張ってもきっといい結果は出ないは事でしょう。

無理をしてもいい事はありません。

時にはきちんと自分を休ませてあげる事も大切です。

他人のピンチに気が付く事が出来る人も、つい自分の事となると適当になってしまう人も居ます。

ですが、本当に大切にしなければならないのは自分自身です。

その事に気が付く事が出来れば、今間の行動を反省し、違った行動を取る事も出来るでしょう。

まずは休息を取る。

そのうえで見えてくるものもある事でしょう。

髪の毛の抜ける量が増えてきた

ストレスによる体への影響として、脱毛症というものがあります。

これは、書いて字のごとく髪の毛が抜ける症状の事を指します。

だからこそ、ストレスが大きくなると髪の毛が少なくなってしまうのです。

一般的に一番多い抜け方としては10円程度の円形に髪の毛が抜けてしまう『円形脱毛症』ですが、仲にはそれをきっかけにすべての髪の毛が無くなってしまうケースもあります。

一度脱毛症を発症してしまうと、なかなか改善する事が難しくなってしまいます。

癖になってしまうケースも多々あり、治ったと思っても何かあるとすぐに再発してしまうなんて事もあるかもしれません。

そんな事を繰り返していると、更に状態を悪くしてしまう事だってあるかもしれません。

そうならないようにする為にも、抜け毛が増えた時点で自分の状況を見直してみましょう。

もしストレスを感じているような状態があるのであれば、それを改善するように行動する事も大切な事でしょう。

抜け毛はストレス以外でも起こる可能性があります。

その為、抜け毛の原因がストレスかどうかを見極める事は難しい部分もある事でしょう。

けれど、一度自分の環境を振り返る事は例え原因がストレスではな無かったとしても必ずいつか役立つ時がやってくるはずです。

だからこそ、難しい事を考えずまずは冷静に見直す気持ちを持って行動する事が何よりも必要な事でしょう。

趣味がどうでも良くなってきた

心にストレスや疲労がたまってしまうと、それが原因となり心の元気がなくなってしまうケースがあります。

そのせいで、今まで楽しいと感じていた事も楽しいと感じる事が出来なくなってしまう事もあるのです。

楽しいと感じる気持ちも、心に元気がなければ感じる事が出来ません。

だからこそ、本当は楽しいはずの事も、楽しくなくなってしまうのです。

自分としてはストレスを感じていない場合でも、人によってはストレスを感じている場合もあります。

その見えないストレスに気が付く事が出来るかどうかが大切なのです。

今まで楽しくやっていた趣味を楽しいと感じる事が出来なくなってしまった場合には、自分の今の状況を見直してみてください。

きっと楽しいと感じる元気がなくなってしまっているだけなのでしょう。

もし趣味が楽しいと感じる事が出来なくなってしまった場合には、その趣味を諦めるのではなく一旦休憩をはさんでみる事も重要です。

何をするにも走り続けるには勇気がいるものです。

時間や体力だって必要となる事でしょう。

だからこそ、長い時間働き続ける為には自分のキャパを考えて行動する事が大切です。

趣味がある事はとても大切な事です。

だからこそ、その趣味を感じる事が出来なくなってしまったからといって急に止めてしまう必要はありません。

それは趣味がつまらなくなったのではなく、心の栄養が足りなくなってしまっただけなのでしょう。

だからこそ、自分の大切な趣味を簡単に手放してしまうのではなく一度休憩し、心を穏やかにしてから向かい合ってみてください。

将来が不安でしょうがない

将来の不安は大なり小なり誰にでもあるものです。

むしろ、不安が無いという人は今しか見ていないということにもつながります。

先を考えて行動する事が出来るからこそ、不安を感じたりする事もあるのです。

だからこそ、不安を感じる事は悪いことではありません。

しかしながら、何事も程度問題が重要です。

もし、将来の不安が大きすぎるあまり今を大事にする事が出来なくなってしまっているのであればそれは大きな問題です。

将来はあくまでも今があってこそです。

未来を意識してばかりいて、今を見る事が出来なくなってしまっている場合には心に余裕がなくなってしまっているのかもしれません。

そのせいで、正しい判断をする事が出来なくなってしまいただただ不安な気持ちが大きくなているという事もあるのです。

誰もが将来に不安は持っています。

けれど、それがあるからと言って、いくら心配したとしてもどうにもならない事も多々ある事でしょう。

自分の将来を考えて行動する事も大事な事ではあるものの、まずは今を見てこその将来です。

それでもなお将来ばかりが気になるのであれば、それは単純にストレスによって正しい判断が出来なくなってしまっていると言えるのではないでしょうか。

虫歯じゃないのに歯が痛い

ストレスによる体の不調はいろいろな形で出てきます。

一般にはあまり知られていませんが、それが歯の痛みとなって現れる場合もあります。

人は、歯が痛くなると虫歯を疑うでしょう。

けれど、歯医者に行ってもなんでもない場合があります。

その際には、ストレスの原因を考えてみてください。

歯には神経が通っています。

その神経がストレスによって何らかの影響を与える事によって歯が痛いと感じてしまうのです。

だからこそ、虫歯では無いにも関わらず歯が痛いと思ってしまう場合にはそれがどうしてそう思ってしまうのかという原因を改めて考えてみる事も必要なのではないでしょうか。

大人になると、多少の不調では仕事や家事を休む事は出来ません。

子育てなどの場合も同様です。

だからこそ、ついつい無理をしてしまう事もあるでしょう。

けれど、本当はそう知った小さな危険信号こそ早めに気が付かなければならないものなのかもしれません。

皮膚があちこち痒い

ストレスと考えにくい体の不調としてもう一つ考えられるのが皮膚のかゆみでしす。

何もしていない状態にも関わらず体がかゆくなってしまうのです。

人によっては蕁麻疹などが出てしまう場合もあるでしょう。

この状況になってしまうと自分自身も辛い状況となります。

その為、状況をひどくしないようにする為にも、そうした症状がでた場合には出来るだけ早く病院に行く事をお勧めしまうす。

皮膚などの疾患の場合には、その原因が分からない事も多々あるものです。

だからこそ、その原因を出来るだけ早めに突き止める事が大切であり、原因がストレスの場合にはそのストレスを解消する事ができるように行動する事が大切なのではないでしょうか。

痛みと違い、かゆみは我慢できそうに思われる人も居るでしょう。

けれど実際にはかゆみも我慢するのは辛い場合も多く、それをする事によって余計にストレスがたまってしまうという事もあるのです。

だからこそ、自分の行動をきちんと考えると言う意味でも皮膚に何らかの問題がでてしまった場合には様子を見る事も大切な事では無いでしょうか。

食欲が落ちて体重が減った

ストレスの影響は、さまざまな部分に出ます。

それが食欲に出てしまう場合もあります。

食べ過ぎてしまう人も居ますが、多くの場合がご飯を食べれる事が出来なくなってしまうのです。

そうする事によって、体重が減り体力がなくなってしまいます。

結果的に健康的に過ごす事が出来なくなってしまうでしょう。

食欲が落ちてしまったままでいると、それが原因となり様々な生活に支障をきたす恐れもあります。

だからこそ、そうならないようにする為にも食べる事は大切な事でしょう。

生きていく為には健康な体を持つ事が何よりも重要です。

だからこそ、その体を維持する事が出来るように行動していきましょう。

なかなか行動に移す事が出来ない場合には、そのまま体重が落ちてしまい、結果的に自分が一番困る事になってしまうのですから。

最近あまりご飯を楽しく食べる事が出来ないと思った方は、これを機会に改めて自分の常用を見直してみてください。

もしかしたらその原因はストレスなのかもしれません。

自分では気付かないうちにストレスを抱えていませんか?

あなたは自分の体の危険信号をどれほどきちんと受け止める事が出来ているでしょうか。

人によってはとても敏感に対応している人も居る事でしょう。

ストレスをためないように意識して行動しているのです。

けれど、場合によってはそのストレスの存在に気が付いて居ない人も居るかもしれません。

本当は気が付いて居るにも関わらず、それが無かったものとして行動している事もあります。

ストレスに気が付かないように生きているという事は、それだけ自分の事を守ろうとしている行動の一つでもあります。

辛いことから目をそむけ今の状態が恵まれていると思い込みたいと言う気持ちもあるのでしょう。

けれど、逃げていても解消できない事も多々あります。

体から出ている危険信号には出来るだけ真摯に向き合う事が大切です。

もし体に何か不調が出ている場合には、その原因がストレスの場合もあります。

だからこそ、その問題にきちんと目を向ける事によってその原因を解消する事が出来るようになるかもしれません。

頑張る事も必要ですが、自分に向き合ってあげる事も大事な事なのではないでしょうか。

ストレスを甘く見てはいけない!

ストレスを感じていると自分でもわかっている場合でも、それを解消する事が出来るかどうかは別の話です。

むしろ、今の時代ストレスを感じる事は珍しいことではないはずです。

だからこそ、その状態を見たとしても、何も思わず過ごしてしまう事もあるでしょう。

けれど、それではいけないのです。

確かにストレスがある事は珍しいことではないのかもしれません。

どんなにストレスを感じたとしても元気に過ごす事が出来る人が居るのも事実です。

けれど、体から危険信号が出ている場合にはその声にしっかりと耳を傾ける事が重要です。

それをする事が出来なければ、自分の気持ちを大事する事など出来ません。

ストレスによって傷ついた心や体はそう簡単に治す事は出来ないのですから。

誰でも持っているものだからこそ、ストレスを我慢してしまう傾向もあります。

けれどそうだとしても、それを我慢せずに出来る限り解消できるように行動していく事が大切なのではないでしょうか。

そうする事によって、自分の現状を冷静に判断する事が出来るようにもなるかもしれません。

鬱になる前に気付くことが大事

ストレスが大きくなってしまった場合、人によってはそれが心の負担となり鬱になってしまう場合もあります。

一度うつ病になってしまうと、そこから抜け出すのは難しく長い時間が必要となります。

それが結果的に社会生活から遠のいてしまう事にもつながるのです。

勿論、鬱になった場合には無理をせず時間をかけて休む事が必要です。

それは悪いことなどでは無く、治療の為には当たり前の行動でしょう。

けれど、出来るならば鬱になる前に対策を取る事が重要となるはずです。

鬱になってしまってからあわてても意味がないのです。

心の中にストレスが入ってきていると感じた場合、必ず何らかの危険信号が出ているはずです。

もしそれを感じる事があった場合には出来るだけ速やかに行動を取るようにしてください。

もしそのストレスとなっている物を解消する方法があるのであれば、それを行動に移す事も重要です。

私たち日本人は真面目な性格だと言われています。

だからこそ、ついストレスがある事が当たり前だと思われてしまっているのです。

けれど、実際にはストレスは放っておくと怖い事も多々あります。

だからこそ、そうならないように、出来るだけ早急に対応を取る事が重要なのではないでしょうか。

周囲の人の客観的なアドバイスをよく聞こう

自分ではまだまだ大丈夫と思っている状態の場合でも、周りから見ると既に限界という事もある
でしょう。

それだけストレスに関する感覚が鈍感になってしまっているという事も考えられるのです。

だからこそ、そうなってしまった時には周囲の人の意見を参考にする事も大切なのではないでしょうか。

もし、周りの人に最近様子がおかしいと言われる事があればきっと本当におかしいのでしょう。

そこを疑う必要はなく出来るだけ素直にその意見を聞き入れるようにしてください。

そうする事によって、自分の状況を改めて気が付く事が出来るようになるかもしれません。

自分の事は自分が一番わかっていると誰もが思うはずです。

けれど、意外と自分の事は見えていない事もあります。

自分が思ている以上に自分は弱いという事だってあるはずです。

だからこそ、そうならなっているさいには、周囲の人からの的確なアドバイスが重要となる事もあるのです。

ストレスを抱えやすい人の特徴

同じ体験をしても、ストレスとして感じてしまう人も居ればそうでは無いひともいます。

それはきっとそれぞれの感じ方の違いなのでしょう。

だからこそ、ストレスを感じた場合には周りの人と比べる必要はありません。

自分が嫌だと思ったのであれば、その気持ちを大事にしていきましょう。

ストレスを抱えやすい人の特徴を知る事によって、自分の事を客観的にみる事が出来るようになる場合もあります。

出来るだけ前向きな行動につなげる事によって、その状況を前向きにみる事が出来るようになる事だってあるかもしれません。

今の状況を客観的にみる事が出来るようになれば、今後の対策も取りやすいというものです。

自分が出来る事を意識するとともに苦手としている分野を知る事によって、気が付く事が出来る事もあるでしょう。

だからこそ、自分の行動を改めて見直してみるきかっけにしてみてはいかがでしょうか。

自分に自信が無い

自分に自信が無い場合、すぐに後ろ向きな気持ちが出てしまいまう。

何か失敗した事があれば、間違いなく原因は自分だと思ってしまうでしょう。

人間関係も、さほど問題はないにも関わらずまるで自分が悪い事をしてしまったかのような気持ちになってしまうはずです。

そんな気持ちで過ごしていれば、ストレスが多くなったとしても仕方がないでしょう。

自信はそう簡単に生まれるものではありません。

だからこそ、その気持ちがある事を受け入れる事もまた大切な事なのです。

もし人間関係をうまく作る事が出来ないのであればそんな自分を認めてあげることもまた重要な事なのではないでしょうか。

そんな風に自分を責めるのではなく前向きに受け入れていく事によって、見えてくる世界もある事でしょう。

まとめ

ストレスを感じると、私たちの体や心は何らかの信号を発信します。

それが危険信号と呼ばれるものです。

だからこそ、その危険信号が出た場合には、自分の置かれている状況を改めて考え直す必要があるでしょう。

その中で自分が出来る事は何かを考え、出来るだけストレスを軽減出来るように行動する事が大切です。

ストレスを多く抱えている場合、そのままの状態でいると心身ともに問題が出てしまうケースが多々あります。

一度ストレスによって問題が出てしまうと、それを改善する事が難しくなってしまうケースも少なくありません。

だからこそ、最悪な状態になる前に出来るだけ早めに対策をとっていきましょう。

人によっては、自分から出ている危険信号に気が付かずそのまま過ごしてしまっている事もあるでしょう。

ほんとうは気が付いて居るにも関わらず、あまり重要視していないなんて事もあるかもしれません。

けれど体からの信号にはきちんと目を向ける事が大切です。

それをする事が出来るかどうかによって、今後の日々が変わってくると言っても不思議ではありません。

どんなに恵まれているように見える人の場合でも、ストレスを感じている事はあるでしょう。

むしろ、この世の中でストレスを感じずに生きている事が出来る人などいないのではないでしょうか。

その中で、自分のストレスとうまく付き合う事が出来るかどうかはとても重要なポイントとなります。

このストレス社会を生き抜いていく為にも、その事を是非頭の中にいれておいてくだい。

それが出来る人こそが人生をうまくわたっている事が出来る人なのでしょう。