あなたには、今”目標”がありますか?何かを叶えたいとか、それらを叶えるために努力していることはあるでしょうか?

そのような目標や夢などを持っていると、毎日を有意義に過ごすことができるようになりますよね。

しかし、なかには周りの人から「その目標は高すぎるからもっと基準を下げたほうがいい」なんて言われたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

その目標を達成することに関して、少しでも弱気になるとその言葉が気になって仕方がないでしょう。

また、だれにも言われてはいないものの何となく自分自身でそのように感じている人もいるはず。

その目標、そのままでいいんです!高すぎていいんです!高いからこそ、あなたはグングン成長することができます。

この記事では、高すぎる目標を持っている方のためにそれらを達成することによって得ることのできるものをお伝えしています。

目標を達成するために弱気になっているときこそ、ぜひ読んでみてください。

高すぎる目標を持っていますか?

あなたは、今現在どのような目標を持っているでしょうか?転職をして新しい仕事がしたい?自分で起業をしたい?玉の輿に乗りたい?…などなど、多くの方が“今現在の状況を抜け出して次のステップに行く”ことを目標にしているかと思います。

だからこそ、努力をして手に入れたいものなんですよね。

これまでにも、数々の目標を立ててきたことでしょう。

それらの目標って達成することはできましたか?人によっては、すべてを達成してきたということもあるでしょうし、そうではなくて今でもずっと同じ目標に向かって努力を続けている最中だという人もいるはずです。

どのような状況であれ、向上心を持って目標をもち、その目標に向かって努力をしているのは素晴らしいことです。

そうはいっても、「もしかしたら達成できないかもしれない」と少しでも感じてしまうと努力さえも厳しくなってしまいますよね。

高すぎる目標とは?


前向きにほしいモノ=目標を達成している自分を手に入れるために何かをするのってとても気持ちの良いものです。

記事の冒頭でも書いたように、そのような目標に対して周りの人から「その目標は高すぎる」とか「それって達成することはできないんじゃないの?」なんて言われたり、自分自身で「目標設定してみたものの、実際に目標達成のための行動を始めてみて達成できないのではないかと自信がなくなってきてしまった」という人もいるでしょう。

周りの人にそのような発言をさせてしまったり、目標を達成することを夢見て目標設定した人をそのような気持ちにさせてしまうような“高すぎる目標”っていったいどのようなものなのでしょうか?

今、あなたは現在もっている目標に対してそのような気持ちを感じたことがあるのであれば、どうしてそのように感じたのかを思い返してみましょう。

相当の努力と時間を要する

高すぎるというくらいですから、誰でもすぐには達成することのできない目標ということになります。

すぐに達成することができないということは、ほかの人よりもこれまでに何かに対して努力してきた自分よりももっともっと多くの努力と時間が必要になるということでもあります。

それも途中でくじけてしまうこともあるでしょう。

それでもなお、目標を達成するためには自分をムチうったり、気持ちを切り替えて前に進んでいかなければなりません。

また、そのような気持ちの切り替えをする可能性があったり、目標を達成するためにやるべきことがたくさんあるような状態だと必然的に“たくさんの時間”が必要になります。

あなたのプライベートな時間を削ることになるかもしれないのです。

誰もが簡単に成し遂げられない

また、高すぎる目標と思われてしまったり、自分でもそのように感じてしまうのは“誰もその目標を達成したことがない”とか“その目標を達成したことがあるのは、ごくわずかな人数しかいない”という事実を知っているからということも考えられます。

あなたが今から達成しようとしている目標というのは、誰もが簡単に成し遂げることができないものなのではないでしょうか?やってみなければ分からないものですが、やはり誰もが簡単に達成することができていない、目標を達成する前に挫折をしてしまっている姿を見ると少し弱気になってしまいますよね。

それだけ達成するには、少し難しいのかもしれません。

高すぎる目標を達成するとどうなる?

高すぎる目標というのは、簡単にだれでも達成できなさそうなモノであるからこそ“高すぎる”と感じ、そして“もしかしたら達成できないかもしれない”というようなネガティブな気持ちを感じるようになってしまうのでしたね。

そのような気持ちを感じながらでも、この世界には誰もが「そんなの達成できるはずがない」とバカにしてきた人を見返してきた人たちがいます。

ずばり、あなたのように最初はだれもが“高すぎる目標だ”と感じていたような目標でも達成することができたのです。

そのような高すぎる目標を達成した後、あなた自身はどのようなことを感じるでしょうか?どのようなあなたに変わっていると思いますか?ここでは、高すぎる目標を達成するとどのような効果があるのかをお伝えします。

自分に自信が持てるようになる

誰もが達成できなかったものを達成したり、いろいろな困難を乗り越えたり、自分で試行錯誤したプランをおこなっていき高すぎる目標が達成できたとすると…人は自分に自信がもてるようになります。

あなたは、今ご自身に自信を持っていますか?胸をはって人前に出ることができるでしょうか?新しい目標を掲げていて、その目標に向かっている方はまだ自分自身に最大級の自信がもてているような感覚を感じていないかもしれません。

しかし、誰もが難しいと感じていたもの―自分自身でももしかしたら達成するのは難しいのではないかと疑問を抱いていたような目標を達成することができるのです。

それは自分を信頼することができる、ここまでやってきた自分を信じることができるようになります。

また、高すぎる目標を達成したという過去は、それから先の未来のあなたの背中にあり、いつだってあなたの背中を押してくれるようになるんです。

今持っている高すぎる目標よりももっと高い目標を達成しようとするとき「過去の自分はあんなことまでやってのけたのだから、大丈夫」と根拠のある自信がわいてくるようになるのです。

更に高みを目指せる力が身に付く

高すぎる目標を達成すると、そこで満足できなくなるのが人間です。

どんどん上を目指したくなるんですよね。

もしかしたら、過去にも高すぎる目標を達成した経験があってその経験があるからこそ、今でも高すぎる目標を設定している方もいらっしゃるかもしれないですね。

過去に少しでも自分に自信がもてるような経験があると、その経験が踏み台となり、もっともっと上の自分になるための目標が見えてくるようになります。

高すぎる目標を達成したことがない人は、高い目標が頭の中に浮かんだとしても「どうせ自分には無理に違いない」と過去の何もできなかった自分を見て何もしません。

何も変わらないのです。

しかし、高すぎる目標を達成することができたという経験があると、さらに高みを目指せる力が身につきます。

先ほどもお伝えしましたが、その過去の経験があなたの背中を押してくれるようになるからです。

周囲の人たちに一目置かれる存在になる

目標というのは、ほとんどの場合で自分自身のために設定している方が多いのはずです。

そのような人もいれば、なかには周りの人たちからちょっと違う目で見られたい!目立ちたい!「すごい」って言われたい!なんていう気持ちで、だれがどう見ても高すぎると思うような目標を達成しようとしているのかもしれないですね。

ずばり、高すぎる目標を達成することができると、現在進行形であなたがそのような目標を持っていることを知っている人も、将来的にあなたに出会って過去にあなたが高すぎる目標を達成したことがあることを知っても、「あの人はすごい」と思われることができます。

つまり、周囲の人たちから一目おかれるような存在になることができるんです。

チヤホヤされることもあるでしょうし、そのうれしい気持ちが原動力となって更なる上のステップを目指すことになるかもしれないですね。

誰もが高い目標を持つべきというわけではない

これまでに高すぎる目標を持つことによって、とても良い効果を得ることができるということをお伝えしましたね。

「今持っている高すぎる目標を絶対にかなえよう!」とか「私はこのまま前に進むぞ!」なんて、気合いを入れなおしたことでしょう。

その気持ちはとっても素敵ですが、実は、“誰も”が高すぎる目標を持つべきではないということを知っておいていただきたいのです。

「え!?このまま目標を達成するために努力してはいけないの?」というわけではありません。

不器用な人は低い目標から着々とこなしていくべき

あなたは、ご自身で自分のことを“物事を器用にこなせるタイプ”だと思いますか?それとも“なにかと不器用なタイプ”でしょうか。

もしも後者の“不器用タイプ”であれば、高すぎる目標を設定するのはオススメしません。

なぜならば、あまりにも高すぎる目標を持ってしまうとその目標しか頭に入らず、最終地点である目標達成までの道のりに必要なことをができなくなってしまうからです。

目標というのは、その規模にかかわらず目標達成から逆算をして「今何をするべきか」を決めていきますね。

そして行動します。

器用な人はしっかりと計画をたてなくても、少しでもスケジュールが遅れることになったとしても簡単に巻き返すことができます。

しかし、不器用さんというのはそれができないのです。

そのため、高すぎる目標は最終地点として、そこにいきつくまでに“低い目標”を設定し、少しずつ達成していきましょう。

そのような小さなものでも達成することによって、あなたの自信に変わりますし、着実に前に進めるので確実に高すぎる目標を達成することができるはずです。

小さな目標すら達成できない人が高すぎる目標を持つのはNG


あなたは、小さな目標を達成したことはありますか?目標というのは、日々の中で誰もが設定することができるものなので、あなたも小さな目標を設定したことがあるかもしれません。

例えば「朝早く起きるという習慣をつける」とか「夜更かしはしない」とか「毎日英単語の本を1ページよむ」などです。

もしも、あなたがそのような“誰もが簡単に達成できるような目標”といえるような小さな目標を達成した経験がないとか、すぐにくじけてあきらめてしまった経験があるという方は、高すぎる目標を持つのはやめましょう。

「そんなことない!私はスケールのでかい人間だから、小さな目標なんて関係ないんだ!やってやる!」と気合いを入れている方もいるかもしれません。

でも、最終的に痛い目をみて「またできなかった」と自分を追い込んだり、今ある自信がなくなってしまうことになりかねないのでやめましょう。

目標の達成癖を付けよう

これまでに小さな目標も達成したことがないというのであれば、まずは“目標を達成する癖”をつけるように行動してみてください。

目標というと、1年単位だと1か月単位…などの長期スパンで考えている方が多くいます。

しかし、あなたは“1日単位”での目標を設定するようにしましょう。

それもあなたがゆくゆくは達成したいと思っている目標に関連するもので設定してみるんです。

もしも、ある人が「海外移住をしたい」と思っていたとしましょう。

その人は、まったく英語も読み書き話もできません。

その場合、何が必要でしょうか?英語力を身に付けることはもちろんのこと、海外における情報、コミュニケーション能力をアップさせておいたほうがいいですね。

ここで毎日できることといえば“英単語を覚える”だとか“外で毎日誰かと話す”ことがいいかもしれません。

それを毎日絶対に達成するんです。

そんな小さなことでいいんです。

それだけで「物事を達成したときの快感」を感じられるようになります。

これまでには全く何も達成したことがなかったかもしれません。

これまでは中途半端なあなただったかもしれません。

それならば、今から目標の達成癖をつけるようにしましょう。

高すぎる目標を達成するための7個のコツ

高すぎる目標を掲げた時には心や体が武者震いして、やる気がグングンみなぎってくるものです。

そんなやる気パワーで高すぎる目標を達成するためにすぐにでも行動している人がいるでしょう。

そんな目標を達成するための努力をし始めると、ときに「あれ?なんだかまったく前に進んでいない気がする」「このままではあの高すぎる目標を達成することはできないのではないか」と心配になってしまったり、人によっては焦りの気持ちを感じている方もいるかもしれません。

そんな弱気にならないで!ここでは、あなたも持っている高すぎる目標を達成していくためのコツをご紹介しています!これを読み、さらに実行することができれば大丈夫です!