世の中には沢山の人が居ます。

その中には自分と考えがぴったり合う人も居れば全く理解できない人も居るでしょう。

出会う人全てといい関係を築いていく事が出来る事が理想なのは分かります。

誰もがそうなる事が出来ればと願っている事でしょう。

ですがそうもいかないからこそ人間関係は難しく、悩みの原因となっていくのです。

例えば、あなたの周りに居る人がなにを考えているのか分からなかったらどうでしょうか。

何を考え、どうしたいのか。

その根本を理解する事が出来ない場合その人と親しくなる事は出来ないのかもしれません。

勿論、相手の気持ちを100パーセント理解する事などできるわけがありません。

しかしながら人によってはなんとなく考えている事を理解する事が出来る人も居るでしょう。

それこそが相手の事を理解する第一歩になるのです。

しかしながら、人によってはそれが感じる事が出来ない場合もあるのです。

そのせいで、相手との関係をどう構築して行ったらいいのか分からないという事があり得るのです。

考えている事が分からないと感じる場合、実際には何も考えていない場合もあります。

こちらが難しく捉えすぎてしまっている場合です。

けれど、それと同じような確率で相手がものすごく悩んでいる場合もあるかもしれません。

こちらでは理解できないような世界で物事をとらえている事だってあるのです。

だからこそ、相手がどんな思考回路を持っているかをこちらが把握する事はとても難しい事だと言えるでしょう。

一方で、相手が考えている事を知ろうとする事はいい事です。

少なくとも、全く興味を持たずに行動するよりは、確実に相手の考えている事を知る事が出来るようになるからです。

だからこそ、自分の気持ちを相手に理解して貰うと共に自分も相手の気持ちを理解して行動する事が出来るように考えて行動していきましょう。

全く何を考えているのか分からない相手でも、何かのきっかけで相手の事を知る事が出来るようになるかもしれません。

そんな日々を過ごす事が出来るようになれば、周りの人との関係も良いものにする事が出来るようになるかもしれません。

考えていることが分からない人は多い

あなたは自分の周りにいる人と、一体どの程度分かり合う事が出来ているでしょうか。

きっと多くの人が意外と少ないと感じているのではないでしょうか。

例え家族や恋人など親しい人である場合でも、相手の考えている事を全て理解する事など出来ません。

もっと言えば、何を考えているか分からない事だってあるのです。

周りにいる人の考えている事が100パーセント理解する事が出来る人など居ないはずです。

むしろ理解する事が出来ていると思う人はそれだけ他人の気持ちを理解する事が出来ていないのかもしれません。

人の気持ちはそう簡単にわかるものでは無いからです。

だからこそ、他人の気持ちが分からない事事態は珍しい事では無いのです。

『他人の気持ちが分からない』なんて言い方をしてしまうと、とても変わっている人のように見えてしまうかもしれません。

自分の事しか考える事の出来ない勝手な人と思われてしまう事だってあります。

ですが実際にはそんな事は無いのです。

分からない事が普通であり、それを分かった気になってしまう事の方が怖い事なのではないでしょか。

この人分からない・・・という時はありませんか?


自分の周りに居る人であったとしてもすべての人の事を理解する事が出来るわけではありません。

時には全く理解する事が出来ないような人に出会ってしまう事だってあるでしょう。

そんな時、どうしたら良いのか分からなくなってしまうでしょう。

人は分からないものに恐怖を感じる傾向があります。

だからこそ、自分の中にある常識では理解する事が出来ないような行動を取る人に対しては恐怖を感じる傾向にあるのです。

ですが、そうは言っても同じ人間でもあります。

絶対に理解する事が出来ないという事も無いでしょう。

この人よく分からない。

そう感じる人に出会った場合、どうしてそう思うのか改めて考えてみてください。

そうする中で、自分がどんな人に対してそう思ってしまうのかという傾向を知る事が出来るようになるでしょう。

それが結果的に分からない気持ちを改善するきっかけにつながるかもしれないのです。

『分からない』という得体のしれないままにしておくと、どんどんとその人の事が苦手になって行きます。

一度苦手になってしまうと、知らず知らずのうちに壁を作ってしまうようになるでしょう。

その壁があるせいで本当はもっと仲良くする事が出来るような相手ともついつい距離が出来てしまうのです。

だからこそ、まずは自分が打ち解ける気持ちを持つ事が重要です。

行動が読めない

『この人よく分からない』そう思う人には無からず原因があるはずです。

だからこそ、その関係を修復していきたいと思うのであれば、まずはその気持ちに原因となっている事を知る事が大切です。

そうする事によって、自分の気持ちを改善する方法を知る事が出来るかもしれません。

よく分からないと思ってしまう言動の一つに行動が読めないと思う事があります。

人は皆、大抵の場合今から少し先に起こる出来事を予測して生きているのです。

その為、その予測している出来事よりも更に上の行動をされてしまうと、思考が停止してしまう傾向があります。

それが結果的にその人の事がよく分からないと思わせる原因となっているのでしょう。

自分の常識と言っても、所詮はたかが十数年生きてきた中でつちかったもののはずです。

だからこそ、周りの人との常識がずれていても不思議ではありません。

自分が正しいと思っている事が実は少数派の事だってあるのですから。

だからこそ、自分が理解する事が出来ない行動を取るすべての人が変わっていると思うのは少々乱暴な考え方なのかもしれません。

自分の思っている事と全く違う行動を取る人の事を見ると驚くでしょう。

理解する事が出来ないと感じてしまうのも、勿論理解する事が出来ます。

ですが、そうだったとしてもすべての人が自分と同じ考え方をする事が出来るわけではないのです。

だからこそ、まずは自分の考え方をきちんと理解したうえで周りの人の事も受け入れるだけの気持ちをしっかりともって行きましょう。

そうする事が出来れば、周りの人の不思議な行動に対してもある程度耐性を付ける事が出来るかもしれません。

何を言い出すか分からない

自分と同じような考えを持っている人の場合には、何を考えているのかなんとなく想像する事が出来るでしょう。

きっとして欲しい事もなんとなくイメージする事が出来るはずです。

だからこそ、何を言い出すのかもイメージする事が出来るのです。

けれど、その常識が伝わらない人の場合なんとなく恐怖感を感じることがあるかもしれません。

何を言い出すか分からない恐怖は、自分のイメージを超える事をしでかすのではないかという恐怖にもつながるのです。

だからこそ、それがある事によってなんとなく得体のしれない人のように感じてしまうのでしょう。

確かに自分の常識が伝わらない相手に対しては恐怖を感じる事も分からないではないものです。

ですが、よくよく考えてみれば自分の周りに居る人の考えている事が100パーセント理解する事が出来る事などないはずです。

きっと多くの人があまり分からない状態の中で行動している事になるのでしょう。

確かに、またく予想できないような行動をとってくる人に対して恐怖感を感じる気持ちも分からないではありません。

ですが、その気持ちをプラスの方向に変換していく事によって自分の中にある常識をより柔軟なものに変化させていく事が出来るのかもしれません。

周りも影響されることがある?

一人の異端児は時に周りの人の気持ちを変える場合があります。

最初は変わっている人・変な人だと思われている場合でも新年を持って行動している事を目の当たりにする事によって、その人の魅力を感じる事が出来るようになる場合もあります。

それが結果的に周りに大きな影響を与える事があるのです。

例えば、自分がまとめる立場の人の場合には新たなリーダーが出てきそうだと感じる事は何とも恐ろしいものです。

自分の統率力が足りない場合にはその人に手柄を横取りされてしまう場合もあります。

もっと言えば、自分ではできなかった事を相手にされてしまう場合もあるのです。

自分の行動を改善しようともせずに、周りのライバルに敵意を向けるのもおかしな話です。

自分が出来ていない事を他人に任せているという事になるのですから。

ですが時に人間は自分勝手なものなのです。

例え自分の努力が足りない事だとしても、周りの人からの影響を感じて恐怖を感じたり敵意を向けたりしてしてしまう事があるのでしょう。

考えていることが分からない人の2個の特徴!職場にも多いですよね


さて、そもそも考えている事が分からないと感じる人にはいったいどんな特徴があるのでしょうか。

自分の中で漠然と考えて居る事が理解する事が出来ないと感じている場合でも、改めてその理由を知る事によって改善点を知る事が出来るようになるかもしれません。

だからこそ、まず原因を知る事はとても大切な事です。

更に言えば、その場所を特定する事も意味のある事でしょう。

自分が生活している中で、沢山の人に出会う事でしょう。

その中で、特に沢山の人と出会う可能性があるのが職場です。

と言うのも、学生の場合ではある程度同じくくりに属している人との関わりになります。

例え年齢の差があったとしてもそこまで大きなものでは無いはずです。

ですが社会に出るとそうはいきません。

自分の親と同じような年代の人とも当たり前のように関わっていかなければならない事だってあるのです。

多くの種類が居る人の場合、中には何を考えているのか分からない人も居る事でしょう。

理解する事が出来ないと最初に思ってしまうと、余計に相手の事が理解する事が出来ずに関係は悪化してしまうかもしれません。

相手の特徴を知る事によって、相手の考えていることを知る事が出来るようになるかもしれません。

また、先を読んで行動する事が出来ればトラブルを避ける事にもつながるかもしれません。

人にはそれぞれ特徴があるものの、その特徴を改めて考える事などそうあるものではありません。

だからこそ、この機会に改めてじっくり考えてみるのも良いキッカケなのかもしれません。

1.個性的

話が合わない・何を考えているか分からないと思われる人の場合、大抵の人が個性的な可能性があります。

個性的な性格をしているからこそ、周りの人と合わせる事が無く、自分の世界の中で生きているのでしょう。

だからこそ、それを見ている周りの人はその人がなにを考えて行動しているのかが分からずに不安になったりしてしまうのかもれません。

個性がある事はいい事です。

それがある事によって、自分らしさを出す事が出来るようになるからです。

ですが、その個性が必ずしも周りの人に全て受け入れられるわけではありません。

それが原因となり周りの人から浮いてしまう可能性があるからです。

あなたが何を考えているか分からないという人は、個性的な人なのかもしれません。

その個性が強すぎるからこそ、周りの人との差を感じ結果的に何を考えているか分からないとなってしまうのかもしれません。

人は誰しも個性があるものです。

だからこそ、もしかしたらあなたも個性的な人だと思われている可能性もあるのです。

自分の事は以外と分からないものです。

だからこそ、もし周りの人との距離が出来てしまったりなかなか打ち解ける事が出来ないと感じているのであればこの機会に今一度自分の行動を見直してみてはいかがでしょうか。

自分の行動を見直す中で、もし自分が他の人と違った行動をしているような事があれば周りの人から個性的な人だと思われている可能性があります。

それが結果的に自分の周りの環境を変えている可能性があるでしょう。

実は様々な考えをしているので個性的な人が多い

考えている事が分からないと感じさせる人の中には、他の人が考えないような細かい所まで詳しく考えている傾向があります。

普通の人では見過ごしてしまうような箇所でさえも、どうしてこうなっているのか。

誰がこうしようと思ったのかなど、原因や結果を詳しく考えてしまう傾向にあるので鵜ス。

だからこそ、人が考えないような事をより深く集中して考えているからこそ結果的に個性的な人が多くなってしまうのかもしれません。

人によっては今の生活に何も疑問を持たず、与えられたものをそのまま受け取ると言う形で生きている人も居ます。

その生き方が悪いという事は無いでしょう。

けれど、その場合なかなか成長する事が出来ないというデメリットもあります。

やはり人から与えられたものでは無く、自分で見つけ自分の物にする事が出来たものの方が確実に自分の物にする事が出来るからです。

だからこそ、考えている事が分からない人ほど、多くな事を考えており意外と深く物事を見つめているのです。

何事も探究する事によって、どんどんと人間としての個性が出てきます。

だからこそ、自分では普通だと思っている事も、周りの人からすれば随分個性的という事だってあるかもしれません。

けれどそれが自分で選んで決めた結果なのであれば、それも良いのではないでしょうか。