充実した人生を過ごすために大切にすべきことは「人間関係」といっても過言ではありません。

逆に人間関係でトラブルを抱えてしまうと、悩み事も増えてしまい、精神的にも辛い日々を過ごすことに…。

仕事でもプライベートでも人間関係が良好であることが、一番だといえるでしょう。

とはいえ、人間関係にはトラブルがつきもの。

良好な人間家系を築きあげたいのに、トラブルばかりに巻き込まれて、人間関係を作り上げるの疲れてしまったという人も、世の中にはたくさんいます。

良好な関係を築くためには、距離感は大切。

近すぎても離れすぎてもよりよい人間関係は築くことはできません。

今回のテーマは人間関係について。

良好な人間関係を築き上げるために大切な心得や、他人に対する接し方をお伝えしていきたいと思います。

人間関係を大切にする心得【発言編】

良好な人間関係を送るために、まず意識したいことは自信の発言。

最近人間関係でトラブルが多いという人は、無意識に相手を傷つけるようなことや、不快に感じるようなことを言っていないかということを、きちんと振り返る必要があります。

では、人間関係を大切にするための心得を具体的に伝えていきましょう。

1.悪口を言わない

悪口というのは、人を幸せにすることはありません。

人の悪口を言うことで自分の気持ちはすっきりするかもしれませんが、相手は嫌な気持ちになっていることも多々あるはず。

同調してくれているから、きっと相手も同じ気持ちだと思う人もいるかもしれませんが、それは気を使われているだけ。

悪口というのは、自分の心の中に留めておくことが重要です。

また、悪口というのは絶対に自分に帰ってきます。

悪口を言っている人は、確実に周りで自分の悪口を言われていると思った方が良いでしょう。

2.「ありがとう」はきちんと伝える

感謝の気持ちを伝えられて嬉しくないと感じる人はいません。

良好な人間関係を築く上では「ありがとう」をきちんと伝えられる人間になることが大切。

感謝の気持ちを伝えられる人は、自然と周りの人が助けてくれるようになります。

感謝の気持ちはきちんと伝えられる人間になりましょう。

3.自慢話ばかりしない

自慢話を人に伝えたくなる気持ちはわかります。

しかし、あなたがどういう人間かは、あなたの振舞いをみて周りの人間が決めること。

あなた自らが「自分はすごい人間なんだ。」ということを発しても、周りの人間は聞き流すだけです。

自慢話は極力控えた方がよいでしょう。

4.ネガティブな発言ばかりしない

ネガティブな発言というは、マイナスな印象を与えるどころか、周囲を不快な気持ちにさせることもあります。

「そんなことないよ。」と否定して欲しくて、ネガティブな発言をしているのかもしれませんが、周りはあなたの承認欲求を満たすための存在ではありません。

ネガティブな発言は慎みましょう。

5.相手のいいところは褒める


「褒める」というのは、人に好かれるためには欠かせないものだと言えます。

そのため、「素敵だな。」と感じたことは、素直に褒めること。

人のことを褒めることができる人間になれれば、周りもあなたのことを褒めてくれるようになるはずです。

6.自分の意見は伝える

相手から好かれたいという気持ちからか、八方美人になってしまう人がいます。

相手に合わせるということは、人間関係が悪化することはないですが、あなた自身が常に人に合わせなくてはいけなくなるため、苦しくなってしまうことも。

自分の意見をきちんと伝えることが大切。

それで壊れてしまう人間関係はそれまでだと割り切る強い気持ちを持ちましょう。

7.自分の発言には責任をもつ

その場しのぎの適当な発言は、いつかあなたの首を絞めることになります。

意見がコロコロ変わる人という印象を周囲に与えないためにも、自分の発言には責任を持つことが大切。

言葉の重さというのを理解することが、良好な人間関係を築くコツだといえるでしょう。

8.嘘をつかない

当たり前のことではありますが、嘘をつかないというのは、人間としては必要不可欠なものだといえます。

バレていないと思っても、それは周囲が気を使っているだけ。

嘘は確実にバレています。

自分の見栄のための嘘であれば、今すぐにもやめるべき。

あなたの評価を下げていると自覚したほうがいいでしょう。

人間関係を大切にする心得【行動編】

人間関係を大切にするためには、発言を意識するだけではなく、物事に対する価値観や考え方を改める必要があります。

いい加減な人であればあるほど、人は逃げていきます。

よりよい人間関係を築きたいのであれば、まずは自分の考え方や価値観を見つめなおすことが大切だといえるでしょう。

それでは、人間関係を大切にする心得を具体的にお伝えしていきましょう。

1.連絡ごとは後回しにしない

「後で連絡すればいいや。」という軽い気持ちから、連絡を後回しにする人は多いと思います。

何気ない会話であればそれでもいいですが、返答が必要なものであったり、出欠確認などに関しては、連絡者も早めに返事が欲しいと思っているはず。

後回しにせず、すぐに返信をすることが、信頼度を高めるポイントだと言えるでしょう。

信頼関係を築くために大切なことは、レスポンスの速さだといえます。

連絡しても、返信がなかなか来ない人は信用されないため、自然と人が離れていくはず。

連絡がきたら、後回しにはせずすぐに返答すること。

レスポンスの速さが、あなたの信頼度を高めてくれるはずですよ。

2.相手の話はきちんと聞く

人と会話をするときに大切なのは、きちんと相手の話を聞くこと。

相手が話しているのに途中で割り込んだり、自分の話にすり替える人は、周囲に嫌悪感しか与えません。

よりよい人間関係を築きたいのであれば、自分のことばかりではなく、相手の会話に興味を示すことが大切だといえるでしょう。

3.時間を守る

遅刻というのは一気に信頼関係が損なわれる行為。

遅刻の常習犯というのは、必ず特定されています。

人との待ち合わせは必ず時間よりも前に到着すること。

遅刻を毎回する人は、人の時間を無駄にしているという自覚を持つべきだといえるでしょう。

4.お礼、お返しをすることも大切


人から何かされたらお礼を言うのは人間として当たり前の行為。

また、人から何かをもらったり、迷惑をかけた場合は、きちんとお返しをすることも大切。

そういった気遣いの1つ1つが周囲からみたあなたの人間性を高めてくれるはずです。

5.相談されたときは親身にのってあげる

悩み相談をする人というのは、あなたであれば相談に乗ってくれると信頼して話をしてくれています。

そのため、悩み相談を適当に聞いたり、真剣な気持ちで聞かないようでは、あなたの信頼度が下がってしまうことに。

悩み相談は、親身になってきちんと聞くことが、人間力を高めてくれるはずです。

6.マウンティングしない

自分の地位を形成するために周囲をマウンティングする人がいます。

しかしマウンティングという行為は、人を蹴落とす行為。

絶対にあとでしっぺ返しをされます。

そもそも、マウンティングして勝ち取った地位というのはいつか同じようなことをされて、あなたが蹴落とされることになるので、避けるべき行為だといえるでしょう。

7.「友達だよね?」となんでもお願いしない

友達というのは自然となるものであり、確認して友達関係が成り立つものではありません。

「友達だよね?」という問いは相手に対して圧迫感を与える、非常に重い発言。

確認をすることで、安心感を感じたいのかもしれませんが、問われた相手にとっては、友達をやめるきっかけにもなりかねない発言だといえるでしょう。

8.相手の話を覚えておく

相手の話を覚えていないということは話半分に聞いているということ。

相手からしてみると、自分が話したことを覚えていてくれていないということは、自分に興味がないと感じずにはいられません。

また、相手もあなたの話を、話半分に聞くようになり、人間関係にヒビが入るので、注意が必要です。

9.人のものを盗らない

当たり前ではありますが、人のものを盗らないということは大切。

例えば、人から借りた物をそのまま借りっぱなしにしたり、はたまた友達の恋人にアピールをしたり…。

そういった行為は、人に対しての裏切り行為といえますので、確実にやめましょう。

10.疑われるような行動はしない

疑われるような行為というのは控えることが大切。

例えば、否定するべきシーンであるのに、発言を控えたり、周囲に同調せず孤立するような振舞いをすると、周囲があなたに対して疑惑の目を持つようになり、離れていくので、注意が必要です。

11.ちょっとしたミスを責めない

人間誰しもミスはあるもの。

そのミスを広い心で受け止めるのが、できる大人です。

ミスをしつこく責めたり、いつまでの根に持ってネチネチ詰めるような行為は、相手から嫌悪感を持たれるきっかけになります。

人のミスは寛大な心で受け止める余裕のなる人間になりましょう。

12.アドバイスを押し付けない

当たり前ですが、人の数だけ、それぞれの考え方や価値観があります。

あなたが自分の考え方や価値観に自信があったとしても、それを他人に押し付けるような行為は、人の考え方や価値観を無理に変えようとしている行為。

相手からうざいと感じられる行為ですので、絶対にやめましょう。

人間関係を大切にする心得【考え方編】

よりよい人間関係というのは、唯一無二のものといっても過言ではありません。

人間関係が充実しているか、していないかで、人生の充実度は変わってくるもの。

人間関係を大切にするためには、人との距離感や人と接する時の考え方をしっかりとしたものにしておく必要があります。

では、具体的に、人間関係を大切にする心得を伝えていきましょう。

1.プライベートにがつがつ踏み込みすぎない

よくプライベートを根掘り葉掘り聞こうとする人がいます。

相手のことを知りたいという気持ちから生まれてくる行為なのでしょうか、相手からしてみると迷惑極まりない行為だといえます。

人には、知られたくないこともたくさんありますし、プライベートをペラペラ話したくない人もいます。

そのため、プライベートに踏み込み過ぎるのはNG行為だといえるでしょう。

2.相手の家庭も気にかける

よりよい人間関係を築きたいとは言え、相手は赤の他人。

そのため、相手の家庭に関する気遣いというのは、大切になってきます。

家庭の問題というのは、家庭ごとに千差万別。

しかし、一番優先しなくてはいけないことでもあったりします。

時間

例えば、子どもがいる家庭にとっては、夜は家族の時間となるため、あまり自由に使えないもの。

そのため集まる時間は昼にしてあげたり、帰宅時間を気にしてあげるなどの配慮は必要となってきます。

時間への気遣いをせずに接していては、相手にとって重荷な存在になってしまうはずです。

お金

お金に関しても、家庭ごとに抱えている問題が違います。

独身時代であれば、自分に自由に使える時間がたくさんあったかもしれませんが、家庭ができるとそうとはいきません。

そのため、高すぎるレストランを予約したり、お金がかかる場所に遊びにいく場合は、配慮が必要だといえます。

家庭状況

世の中には順風満帆な家庭ばかりではありません。

離婚の危機に陥っていたり、家族のことで悩んでいるという家庭はたくさんいます。

しかし、家庭の問題というのはなかなか周囲には話せないもの。

そのため、自分の幸せな話ばかりを周囲に伝えていると、反感を買ってしまうこともあるので注意が必要です。

3.相手を信じる

信頼してもらうためには、相手を信頼することが大切。

何があっても相手を信じることが、よりよい人間関係を築いていくことに繋がります。

人のことを疑えばキリがありません。

まずは相手を信じること。

そのことで、グッと距離が縮まるはずです。

4.自分のことも隠さない

相手のことを知りたいと思うのであれば、まずは自分のことをさらけだすこと。

自分のことを隠したまま、相手のすべてを知りたいと思うのは、自分勝手といわざるを得ません。

まずは自分を知ってもらい、相手に信用してもらうことが大切だと言えるでしょう。

5.無理強いしない

人には好き嫌いがあります。

相手の嫌がることを無理強いするような行為は、相手に嫌悪感しか与えないため注意が必要。

いくら自分が好きなものであるからといっても、相手がそうとは限りません。

それぞれ、好き嫌いがあるということの自覚は持ちましょう。

6.「親しき仲にも礼儀あり」と心得る

いくら親しい間柄とはいえ他人。

どんな親しい仲とはいえ、礼儀の気持ちというのは変わらず持ち続けましょう。

例えば、相手に対する感謝の気持ちや配慮する気持ちがなくなってきている場合は要注意。

相手からは横柄な人だと感じられている可能性もあるので注意ですよ。

7.依存しない

依存し合わない関係性というのが、一番長続きする関係です。

親しい仲であっても一定の距離感はとることが大切。

距離感を保つことで、お互い居心地の良い関係性が生まれてくるはずです。

逆に踏み込みすぎると仲がよかった関係性も悪くなってしまうこともあるため、一定の距離感は必ずとりましょう。

人間関係を大切に

人間関係というのは、非常に大切なもの。

特に、気の合う仲間や恋人というのは、なかなか見つかるものではありません。

「出会えたのが奇跡」その気持ちを忘れないことが大切。

仲が良いからこそ、よりよい関係を続けるために、感謝や相手に対する配慮は忘れないようにしましょう。