あなたは最近、「うれしい」とか「たのしい」という気持ちに浸ることができましたか?そのような感情を一般的に「歓喜」なんていうものです。

これまでにそのような歓喜の瞬間に一度でも出会うことのあった人にとっては、「またあのような気持ちに浸りたい!」なんて考えることもあるでしょう。

また、友達や知り合いからそのような歓喜の瞬間に出くわした経験を聞いたりすると「自分もそのような気持ちになってみたい!」なんて思うこともあるかもしれないですね。

しかし、いざそのような“歓喜”の瞬間に出会おうとしても難しいものがあるものです。

いったいどのようなときに、どのような場所で“歓喜の瞬間”を感じることができるのでしょうか?この記事では、あなたの身の回りにあふれている“歓喜の瞬間”をご紹介しています。

そのような歓喜の瞬間にあなたも自ら足を運んだりしてみませんか?☆そんな歓喜の気持ちに浸ることによって、あなたの人生観までもが変わってしまうかもしれません!

歓喜に包まれる瞬間!遭遇したことはありますか?

誰だって楽しくて、うれしくて、そして自分だけではなくまわりにいる人たちみんなも幸せそうにしている空間にいるのってとても幸せなものです。

あなたは、そのようなまるで世界がキラキラとしているものとハートのようなもので包まれている世界を体感したことはあるでしょうか?そのような状況のことを、さきほどもお伝えしましたが“歓喜の瞬間”なんていうものです。

とはいえ、「自分がこれまでに体験したことのある“あの経験”って歓喜の瞬間だったのかな?」なんて、その経験が歓喜の瞬間だったのか確信を持つことができない人もいるのではないでしょうか。

ということで、ここではまず“歓喜の瞬間”というものがどのような瞬間なのかをお伝えしていきます♪「自分は歓喜の瞬間に出くわしたことがないんだよねえ」なんていう方でもすでにこれまでの人生の中で“歓喜の瞬間”に出くわしているのかもしれません。

歓喜に包まれている時は熱気が凄いですよね!

歓喜の瞬間…というのは、多くの場合で“そのような嬉しかったり楽しい幸せな状況になっている”ことをさしています。

それに歓喜に“包まれている”という表現方法があるように、その幸せな気持ちというのはひとりだけで感じるのではなく、周りの人も一緒になって共有して感じることのできる感情なんです。

もちろん一人個人で“歓喜の瞬間”に出会うこともありますが、多くの人で一緒になって歓喜することによっていつも以上に心から熱くなれちゃうんですよね!これまでに歓喜の瞬間に出会ったことがある人であれば、「そう!あの情熱がたまらんのだ!」なんて思い出して、心がウズウズしてしまう人もいるのではないでしょうか。

では!歓喜の包まれているそのときの熱気というのは、実際にどのような状況になっていることが多いのでしょうか?あなたは感じたことがあるか思い出しながらチェックしてみましょう☆

皆が歓喜に包まれる

歓喜の瞬間というのは、さきほどもお伝えしたようにひとりだけで感じることもありますが、多くの場合で“大人数”でそれを感じることが多いものです。

多くの人が共通して“うれしい”とか“たのしい”、さらには子p頃の奥底から燃えることのできるものが登場した時やそれを一緒になってみているときに、その空間には“歓喜の雰囲気”が流れます。

そこにいるすべての人が一体となって―それまではまったくもって知り合いでもないし、そのあとも知り合いになるわけではないものの―まるで“今までずっと一緒の志をもっていた仲間”といった雰囲気になります。

みんなでうれしい気持ちになれるのって、とても幸せなことですよね。

笑顔が見れる

うれしくて楽しいことが起こると、あなたは自然と笑みがこぼれてしまうのではありませんか?それはあなただけではなく、ほかの人も同じことです。

ずばり、うれしくて楽しいという歓喜の状況になると多くの人は笑顔がこぼれます。

つまり、その空間では笑顔になっている人がたくさんいるということであり、見渡せば見渡すだけあなたは笑顔になっている人を見ることができるのです。

笑顔を見ることができると、たとえ心がションボリと落ち込み気味であったとしても、その笑顔に元気をもらい、勇気づけられることもありますよね。

つまり、歓喜の空間にいたり、周りの人が歓喜の瞬間に出くわしている時というのは、周りにいる人たちも一緒にその気持ちを味わいやすいということになります。

感動をする

あなたは大好きなアーティストが目の前で歌を歌ってくれたらどう思いますか?そのアーティストのファンの人も一緒になって、その人の歌をきくことができれば、その空間にいる人すべてが“感動”することでしょう。

だって、うれしくて楽しくてたまらないからです。

歓喜の気持ちになるということは、うれしい・楽しいという明るい感情だけではなく、その先にある“感動”までも感じることができます。

あるモノに対して多くの人がうれしいとか楽しいと感じているとわかる雰囲気、まわりの人たちから出されている情熱によって“感動”するんです。

つまり、なにか対象に対しても感動しますし、そのことに対して感動している人を見てさらに感動することもできる“よい循環”がおきている空間ともいえます。

達成感なども与えてくれる

あなたは、情熱をもってなにかを達成したことがあるでしょうか?おそらくなにかに夢中になったり、熱中したことがある人であれば、一度だけでも達成感などを感じることができたのではないでしょうか。

ずばり、歓喜の瞬間に出くわすことができたり、周りの人が歓喜の瞬間になっているところに一緒になって共感したり、さらには行動することによって達成感までも感じることができます。

人は達成感を感じると、またそのような達成感を感じたいがために同じような状況を求めますよね!もしかしたら、あなたはそのような達成感をまた感じるために“歓喜の瞬間”に出会いたいと考えているのかもしれません。

どういう所で歓喜というものはおこる?

これまでに歓喜の瞬間にはどのような気持ちになるのか…というところにフォーカスをおいてご説明してきました♪

これまでに歓喜らしい気持ちに浸ったことがある人にとっては、「ああ!あれは歓喜の瞬間だったのね!」なんて感じたことでしょう。

また、歓喜の瞬間とはどのようなものを知ったところで「私も歓喜の瞬間に出くわしたい!」なんて考えている人もいるのではないでしょうか♪

筆者も“歓喜の瞬間というのはとてもハッピーな空気やハピネスで包まれている”ということをきいたとき、なにがなんでも「歓喜の瞬間を体験してやるう!」なんて思ったものです。

実際に“歓喜の瞬間”というのは、どのようなシーンで起きるというのでしょうか?そのシーンを押さえておくことによって、あなたもこれまで以上に“歓喜の瞬間”に出くわす機会が増えるかもしれません☆

試合会場


スポーツをしている人であれば「そう!これだ!」なんてすでに“あるある”になっているかもしれないですね。

試合会場では、歓喜の瞬間がいつでも起こりやすく、また毎回の試合で必ず一度は歓喜の瞬間が起こっているものです。

あと1点でどちらかのチームの勝利が決まってしまう…というような切迫した状況を想像してみてください。

負けているチームは、勝っているチームに対して意地でも点数を取られたくないと思うものですよね。

そんなとき、逆転で点数を取得したらどうでしょうか?その負けているチームを応援している人たちにとっては「よくぞやった!」なんてまさに「うおおお」と雄たけびをあげたくなってしまうと思いませんか♪

そのチームとして活躍している人ももちろん「やった!これならいけるかもしれない!」と少しずつ歓喜の気持ちに出会っているものですが、観戦しているものにとってはこれ以上ないうれしさであり、これから始まる試合の展開にワクワクしちゃうんですよね。

そんな誰もが感じやすい“歓喜の瞬間”が起こりやすいのが試合会場になります。

ライブ

これはさきほども例として挙げましたね!大好きなアーティストや歌手、アイドルなどのコンサートに行ったことを想像してみましょう。

コンサートやライブというのは、最初にそのメインの人たちが登場した時にも「待ってました!」といわんばかりの歓声や拍手で会場が包まれるものです。

すでにここで“歓喜の瞬間”がおきています。

「これからはじまることに対してのワクワク」、そして「大好きな人に出会うことのできた嬉しさ」ですね。

また、ライブというのはラストに向かうにつれて、会場の雰囲気や状況というのはどんどんヒートアップしていきます。

観客の人たちは心のカギをはずし、心の奥底から楽しめるようになるからです。

そこで近づいてくるライブの終わり…。

そんな状況からアーティストたちが盛り上がる楽曲などをうたってくれたりすると、盛り上がることができますよね!まだ楽しみたい!もっとこの空間にいたい!…なんて。

まさにその瞬間こそ、多くの人で“歓喜”につつまれているんです。

生中継

テレビなどでよく行われている生中継でも歓喜の瞬間が起きることを知ってますか?さきほどご紹介したライブの中継やスポーツの中継などもそうですね。

実際にその場所にいって歓喜の瞬間に出会うことも可能ですが、ほの一家に一台はある“テレビ”を活用することによって、どこでもだれでも歓喜の瞬間に―その会場にいる人と同じような目線で―包まれることができるんです。

筆者はスポーツが苦手であまりスポーツ番組の生中継を見ることはなかったのですが、サッカーのワールドカップを見てその歓喜の瞬間に出会うことができました!最終的には日本は負けてしまいましたが、それでも点数を取ろうともがいている選手たちの動きにドキドキワクワク。

一緒に見ている家族も、会場にいる観客も同じところで「ウワー!」なんて叫んだものです。

テレビであなたも歓喜の瞬間に出会うことができるかもしれません!それもルールがわからなくてもその瞬間に出会えるというのがうれしいですね!

街おこし

ここ数年では“街おこし”なるものが多く行われているのを知っているでしょうか?街おこしというのは、若者たちが状況などをしたり、田舎離れすることによって過疎化してしまった地域を昔のように盛り上がらせようという地域の企画になります。

個人の方たちがボランティアで行うこともあれば、その地方自治体が町に住んでいる方と一緒になっておこなっている地域などさまざまあります。

そんな街おこしというのは、失敗に終わってしまうことも多く、場所によっては“難しい”こともあります。

そんなとき、街おこしが成功し、昔のように人が増えて、街を歩けば誰かがいるという状況になれば、その町民としてはとてもうれしいものがありますよね。

祭り事など

街おこしといって実際にはどのようなものがあると思いますか?ずばり、代表的なものでいうと“お祭り”などになります。

あまりなじみのない地域であっても、なにかおもしろいことがおこりそうなお祭りであれば気軽に足を運ぶことができますよね。

また、お祭り以外にも電車を使ってイベントを開催したり、街コンを開催するなんていう地域もあります。

それらのイベントは一見して“町おこし”のように感じないものなんです。

また、そのイベントが成功するとプロジェクトを遂行していたひとたちにとっては、“とてもうれしい”状況になり、歓喜の瞬間になるわけです。

歓喜に包まれる6個の瞬間!こんな時に歓喜はおこる?


どうしてもまたあの歓喜の瞬間に出会いたい!歓喜の気持ちに包まれたい!今の苦しい状況を抜け出して前向きになれるような空間に出会いたい!…そのような気持ちの方もいらっしゃることでしょう。

とはいえ、これまでに歓喜の瞬間にはどのような気持ちになるものなのか、そしてどのようなシーンであることが多いのかを簡単にお伝えしましたが、「それだけじゃわからない!」「あまりにも抽象的すぎる!」なんて感じている方もいることでしょう。

そんな方のために、ここではもっと具体的に“歓喜に包まれる瞬間”をご紹介していきます。

ぜひ以下の歓喜に包まれる瞬間を参考にして、あなたからそのような場所に出向いてみてくださいね。

1.試合の勝敗が決まったとき

さきほど試合などでは歓喜の瞬間が起こりやすい理由をお伝えしてきました。

まさに逆転勝利をするとか、昔からずっと応援していたチームが優勝をかけて戦っているときというのは、まるで自分のことのようにその試合を見るだけでドキドキしてしまうものですよね。

大好きなチームが勝利を手にすることができたら、誰だって嬉しいのではないでしょうか?あなたの好きなスポーツを想像してみましょう!ちなみに筆者はスポーツが苦手ですし、さらに有名なスポーツ(野球やサッカー)のルールも全く知りません。

それでも“日本代表”に注目をしてみると、勝敗が決まるときにはドキドキワクワク。

そわそわ。

場合によっては“歓喜の瞬間”に包まれました!