あの人のああいうところ嫌だな。治してほしいなと思うことはあると思います。

しかし、なかなかそれを相手に伝えることができない人も多いです。

なぜかと言いますと、ほとんどの人は本当のことを言われるといい気はしません。

特に治してほしいところを指摘されると、自分が否定されている感覚に襲われることもあります。

そのため、なかなかここを治してほしいと伝えるのが難しいのです。

また、それまでそのように生きてきているので、習慣化されてしまっている可能性が高く、その習慣を治すことも相手にとってみれば苦痛でしかないかもしれません。

ただ、いつまでもその状態を放置しておくわけにもいきません。

なぜなら、その人自身も損をしている可能性があります。

つまり、伝えることは悪いことではありません。

しかし、聞き手によっては嫌な思いをされてしまうので、なかなか伝えるのが難しいと思います。

そこで、今回こちらの記事では治してほしいことを上手く伝えるコツなどをまとめましたので、ぜひ参考にしていただきまして、今後に活かしていただけたらと思います。

親友や彼氏のことが大好きだけどこれだけは治してほしい…!ってところありませんか?


親友であれ、彼氏であれ、家族であれ、ここは治してほしいと思うところはあると思います。

しかし、伝えても、指摘してもなかなか治してくれないかもしれません。

それどころかかえって腹を立ててしまうので、なかなか伝えることができないでいる人も多くいらっしゃると思います。

人間は本当のことを言われると腹を立ててしまう癖があるらしく、治してほしいところは、相手にとって痛い部分を突かれているような感じがするか、もしくは自分が否定されているような感覚に襲われてしまうこともあります。

つまり、伝えるにはかなり大きな勇気を必要とされる場合があるのです。

また、伝えたとしても相手が激高してしまう可能性があります。

しかし、なぜそのようになってしまうのかと言いますと、治してほしい部分を伝えてはいますが、受け取る側からすると指摘されているというような感じに捉えてしまっているのです。

要は、治してほしい部分を伝えるのは、相手を下に見ているような感じに見えてしまうので、伝えられる相手からすると、気分は良くないのです。

よく、このような指摘は、目上の人が行うことがベストだと言われていますが、それはこのように受け止めてしまう人がいらっしゃるからです。

親友や彼氏に治してほしいところって何?

では、親友であれ、彼氏であれ、家族であれ、治してほしいという部分になってしまうのは、どんな部分があるのでしょうか。

おそらく人それぞれで思う部分はあると思います。

なぜなら、十人十色という言葉があるように、人それぞれで持っているものは違うのです。

そのために、治してほしいと思う部分に違いが出るのは当然のようなことなのです。

ただ、相手の治してほしい部分は、実は共通項を見つければ結構似たようなことも結構多くございますよ。

そこで、まずは世の中ではどのようなことを治してほしいと思っているのか知りましょう。

そうすることで、実はあなたが相手に治してほしいと思っていたことが、実はそんなに大きなことでなかったというような感じになってしまうかもしれませんよ。

そう、つまり、有る程度知っておくと、実は気にしなくてもいいものである可能性があるのです。

気にしなくてもいいものを気にしているほど、無駄なことはございません。

治してほしいと思うか思わないかは人の自由ですが、世間的にそんなに大きなことでないことを気にしていても意味はありません。

ぜひ、改めて世間的に大多数になっている治してほしい部分を覚えて、無駄に労力を使うのを避けるようにしましょう。

ドタキャンが多い


約束していたのに、ドタキャンされるということもあると思います。

まあ、親友や彼氏のような関係になってしまったら、ドタキャンしても許されると言う感じになってしまっている可能性もあるのです。

つまり、そこまでの仲になっていることは前向きに考えてもいいのかもしれませんが、やはり、ドタキャンを食らうのは辛いですよね。

しかし、なぜドタキャンが多いのでしょうか?それは、人間は気分で動いている生き物だからです。

その日になって気分が乗らない場合は、キャンセルしようかと考えてしまうのです。

しかも、仲の良い間柄である場合は、キャンセルしやすいのです。

そのために、意外と仲の悪い人同士よりも、仲の良い人同士の方がドタキャンをされる確率が大きいのです。

そのため、意外と治してほしいと思う部分には結構上位を占めることの多い事柄と言えます。

しかし、ドタキャンは辞めてと言っても、突発的に予定が入ってしまうケースがあるので、なかなか治してほしいと伝えるのが難しいのです。

信頼関係もありますが、なるべく、ドタキャンは起きないようにすることが先決です。

仲が良いなら言えないこともないと思いますが、もし言うのが嫌だと言うのであれば、たまにはいつもお仕事で大変ですねなどと、忙しい部分に気を使うと、相手もわかってんじゃんと思って、ドタキャンを避けるかもしれませんよ。

金遣いの荒さ

お金使いが荒い人は、とにかくやめてほしいと思えてしまうのです。

なぜかと言うと、自分もまきこまれてしまうのではないかと思っているからです。

特に、田舎の人ほど、金遣いの荒い人を嫌がるのです。

なぜかと言いますと、田舎は都市圏に比べて、収入が低いので、遣うことをマイナスに見ている人が多いのです。

そのために、金遣いの荒さを何とかしてほしいと思っている人は田舎に行けば行くほど、多くいらっしゃいます。

しかし、素直にお金の使い方を考えてほしいと相手に行っても、逆に腹を立ててしまう可能性が高いのです。

人間のほとんどは、お金に関して指摘されると、腹が立ってしまうのです。

要は、自分で稼いだお金を何に使おうと勝手だろうと考えているのです。

つまり、お金に関していろいろと言われるとコントロールされているような感じになってしまうのです。

そんな気分になるからあまりお金に関して言うのを避けたがる人は結構多いのです。

また、お金に関して口出しすることで、その人のマネー思考がわかってしまう可能性もあるのです。

お金は生まれた環境によってだいぶ違います。

故に、お金に関することは、ちょっと慎重に対処していかないといけないのです。

ぜひ、気をつけましょう。

マナーが悪い

意外ですが、今の日本は若者、お年寄り関係なく、マナーが悪い人が多いのです。

なぜかと言いますと、まず生きてきた時代の環境がそれぞれで違うのです。

その時代では当たり前だったことが、今の時代では当たり前ではなくなってしまっていることもよくある話です。

そのため、双方で当たり前を言い放っているような状態になってしまっていることもあるのです。

こうなってしまっては意味がありません。

また、近年はとにかくマナーの悪さが目立つようになってきました。

そのためか、テレビ番組などでも、マナー講座を特集することも増えてきています。

まあ、最近一番問題になっているのは、SNSテロではないでしょうか?おもしろがって行ったことがとんでもないことになってしまうパターンです。

とにかくマナーが悪い人は相手から好かれることはありません。

すべてのマナーを守れと言われても大変かと思いますので、最低限のマナーを守るようにしましょう。

そこで、まずは世間で最低限と言われているマナーをご紹介します。

店員に態度が悪い

なぜか店員を前にすると、強気な態度を見せる人がいますが、本人はかっこいいと思っているかもしれませんが、周囲から見れば、ドン引き級のマナー違反です。

まずもってこのような行為をしてしまう人の心理はと言うと、お客様は神様だと言う接客のマナーを拡大解釈しているのです。

お客様が神様と言うのは、店員の考えであって、お客様自身の考え方ではありません。

故に、店員に態度が悪いことはかなりカッコ悪いことですよ。

最近では、店員側の判断で神様と判断できない場合は、お客様として接しないというお店もあるほどです。

神様になるにも大変なのです。

また、そのように高圧的な態度でいることの方が、余計に自分がチキンであることをアピールしているようなものなのです。

よって、あまり、店員に対して悪い態度を出すのは辞めましょう。

何よりもそれが、あなたのためになっているのです。

一緒にいて、店員に対して高圧的な態度を出す人よりも、温厚で優しい態度を出す人の方がいいですよね。

そうでないと、いつ自分に対してそのような態度を見せてくるか不安で仕方がないのです。

相手に対してブルブルさせるなんて嫌ですよね。

故に、店員様にはそれ相応の態度で接しましょう。

食べ方が汚い

まあ、食べ方を見てその人の育ちがわかると言いますが、あながちそれは間違ってはいません。

そのため、極端に食べ方が汚い人などを見ると、嫌で仕方がないのです。

一緒に食べている時などは、せっかくの料理がまずくなるとも言われています。

つまり、それだけ相手に対して不快な思いをさせていることに気づくべきなのです。

しかし、そうはいっても、当の本人は、食べ方が汚いことなど気づいていないのです。

なぜかと言いますと、それが本人にとっては当たり前だと刷り込まれてしまっているからです。

要は、習慣化されてしまっているのです。

いくら相手から注意されてもなかなか治らないのです。

最も効果があるのは、お偉い人の前とかで指摘された時などです。

そうすれば、自分は間違っていたんだなと言うことに気づくのですが、これがなかなか地方では厳しいのです。

なぜなら、中央に比べて人との交流が少ないのです。

そのために、なかなか手本となるような人と交流することが少ないのです。

というより、皆無に近いのです。

そのため、汚い食べ方をしていることに気づくことができないのです。

まずは、料理番組などを見て、きれいな食べ方とは何かを学ぶようにしましょう。

つまり、テレビはいい手本になっているのです。

貧乏ゆすり

小さいころから大人になった時でも、かならず周囲に貧乏ゆすりをされる方はいらっしゃいますよね。

ある意味、習慣化されてしまっているので、大人になっても治せないでいる方が結構多いのです。

しかし、はたから見てもそうですが、こちらがその落ち着きのなさに集中力を奪われてしまう感じがして嫌ですよね。

そう、貧乏ゆすりは周囲の人を巻き込んでしまうとんでもないマナー違反なのです。

大学受験の時に、周囲で貧乏ゆすりをしている人がいて、集中力をそがれてしまったと言う方も結構多くいらっしゃるのではないでしょうか?ある意味、相手の人生をも巻き込んでしまうとんでもないものなのです。

できる限り辞めるようにした方がいいマナー違反です。

とはいっても、習慣化されてしまっている危険性もあるので、なかなか辞めることができないのは重々承知ではございます。

このような人には、まずもって違う貧乏ゆすりの人を見せて、悪印象を持たせることです。

たいてい、このような人は印象を気にするので、悪印象さえ持ってしまえばすぐに辞めてしまう可能性がありますよ。

意外と人間って単純なので、試してみましょう。

口が悪い

いくつになっても、敬語を使用していても、結局普段の口の悪さからはめをはずしてしまう方が結構多いのではないでしょうか?そうなのです。

実はこの口の悪さは結構致命的なマナー違反とも言えます。

しかし、困ったことに日本の会社に勤める上司と言われている人ほど、口が悪い場合は多いのです。

なぜかと言いますと、上司になったと言うことでちょっとはえらいと勘違いしているのです。

口の悪さぐらいでとやかく言われることもなくなるので、口が悪くなってしまう人が結構多くいらっしゃるのです。

まあ、このような人の下では楽しく働くことはできないはずです。

結構パワハラが進んでしまうと言われています。

あとになって「俺、口が悪いから気をつけてね」と言いますが、気を付けるべきはあなた自身ではないでしょうか?言っている本人の口に悪さをどうにかすればいいだけの話なのです。

ぜひ、口が悪い子とを軽く見るのではなく、結構大きなことだと認識するようにしましょう。

そうするだけでもだいぶ印象が変わりますよ。

なぜなら、あなたの印象はあなたが発している言葉で決まるからです。

時間にルーズ

意外とですが、社会人になっても時間にルーズな方っていらっしゃいますよね。

本人はいたってそんなに気にしてはいないと思いますが、実は時間にルーズなことは信用を失ってしまう可能性が高いのです。

なぜなら、時間はみんな平等に持っているものなのです。

つまり、あなたがルーズにするだけで、その時にあなたと絡んでいる人の時間を無駄にしてしまっている危険性が高いのです。

まあ、パートナーからすれば、時間にルーズなことは結構な痛手になってしまっている可能性は大きいのです。

では、なぜ時間にルーズなのかと言いますと、日本は世界でも稀に見る時間の勉強をしていない国でもあるのです。

つまり、時間の価値をわかっていない方が多いので、時間にルーズになってしまっているのです。

お金は時間をかければゲットすることはできますが、時間はどんなにお金をかけても戻ってきません。

要は、それだけ時間は大切なのです。

故に、ルーズな感じは辞めましょう。

連絡が遅い

最近はメールでやり取りできるような環境になったので、誰とでも簡単に連絡が取れるようになっていますが、それゆえにレスポンスが悪いかどうかなどが、ものすごく気になってしまう世の中になってしまいました。

要は、メールを送ったけど、返事が遅いので、レスポンスが悪いと言った感じに見られてしまっているような感じになってしまっているのです。

連絡が遅いことはそれぞれで事情があるので、仕方がないのですが、遅すぎると相手の時間を奪ってしまっているような状況になっている危険性もあるのです。

故に、連絡は早くするようにしましょう。

どんなに遅くてもその日中がマナー的にはグッドだと思います。

ワガママ

最近は男性、女性に限らずわがままな方が多くいらっしゃいます。

まあ、自己主張が強いゆえに、ワガママに見られてしまっている危険性もあるのですが、如何せん最近は目立ちますね。

このようにワガママになっていると、周囲とうまく付き合うことが難しくなってしまうのです。

なぜなら、ワガママだからです。

ワガママな人は何を言っても意味がありませんし、治そうとしてもなかなか治りません。

まあ、自分を完璧と思い込んでしまっているので、誰の意見も聞かない耳になってしまっているのです。

いずれは自爆するので、そうなった時に治していただくしか方法はありませんね。

酒癖が悪い

社会人になった時に飲み会などで、お酒が入ると豹変してしまう人がいらっしゃいますが、このような方は酒癖が悪いと言った感じに見られてしまうのです。

一度、酒癖が悪いと言った感じに見られてしまうとなかなかそのイメージを変えることができないのです。

まあ、酒癖が悪い人は、普段からストレスをためすぎている危険性が高いのです。

なぜなら、アルコールを注入することで、人間は気分がゆるくなるようになっているので、ため込んでいることを外に出してしまうらしいです。

つまり、酒癖が悪いのは日ごろからしっかりとした生活ができていないからそうなってしまうのです。

ぜひ、気を付けましょう。

悪口ばかり言う

日本人に多いのですが、不平不満ばかり口にしてしまうタイプです。

周囲にそのような人が多くいらっしゃるから、それが普通だと思い込んでつい不平不満を言ってしまう人は多いのですが、これはよろしくありません。

人間が口から不平不満には毒素が含まれていると言われています。

とある大学の実験で、不平不満を口にしている人の息を入れたビンと不平不満を口にしていない人の息を入れたビンに蚊をいれたところ、不平不満を口にしたビンに入った蚊はすぐに死んでしまうと言った実験がありました。

このように、不平不満の言葉には毒素が含まれているのです。

是非、不平不満を口にしないようにしましょう。

めんどくさがり屋

職場でもなんでもそうですが、面倒くさがり屋は周囲に好かれません。

なぜなら、いるだけで邪魔だからです。

要は、周囲にもその面倒くさがり屋の感覚が伝染してしまう危険性が高いのです。

そう考えると会社のような組織としては、いてほしくない存在になりますよね。

このように面倒くさがり屋は、周囲に悪影響を及ぼすので、なるべく近くに置きたくないのです。

よく、子どもは親を見て育つと言いますが、親が面倒くさい感じにしていると、それは子供にも移ってしまいますよ。

ぜひ、気を付けましょう。

浮気癖がある

パートナーに浮気癖があるかどうかは非常に大切なことです。

なぜなら、浮気をするということは、裏を返せば飽きっぽいと言うことでもあります。

つまり、それだけ、物事に対して執着心がないのですが、同時につまらないと思えばすぐに手放してしまうような感じで粘り強さがないのです。

まあ、近年これだけ騒がれているのに、浮気がなくならないのは、それだけ、男性のマインドが弱ってきていると言うことでもありますね。

浮気はよろしくありませんので、絶対にしないようにしましょう。

話を聞いてくれない

子どもの頃は、大人のすることはすべて正しいと思い込んでいましたが、それが、自分が大人になった時に完ぺきではないと言うことに気づくのです。

特にもっとも気になる部分は、話を聞いてくれないことです。

実は意外と話を聞いてくれない大人の方が結構多いのです。

なぜなら、自分は完璧だと思い込んでしまっている大人が多いのです。

特に今の大人の場合は、20代で人生観を悟ったような感じになっている方が結構多いので、実は人の話を聞いてくれない方が増えているのです。

聞き上手は話し上手と言いますが、そうなるためにも聞き上手になりましょう。

自慢話ばっかり

相手の話を聞かない人に多いタイプとしては、自分の自慢話ばかりしてくる人がこの手に多いのです。

なぜなら、自分のことしか話したくないので、自慢話ばかりになってしまうのです。

要は、自分は周囲の人間よりも抜き出ているという感じに思っている節があるので、そのように自慢話ばかりになってしまうのです。

まあ、自慢話をしていて楽しいのは、実は本人のみだと言うことに早く気付くべきなのです。

いくらどんなに凄いことでも自慢話は聞いている相手にとっては不快でしかないのです。

自分の話より、相手のことを聞くようにしましょう。

治してほしいことを上手に伝える10個のコツを教えます!

ここまでで相手にもあったら治してほしいのことの代表的なものをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?おそらく、相手にもあるし、実は自分にもあるものがあったのではないでしょうか?そう、相手ばかりでなく、自分も治さないと意味がないのです。

そこでここからは、治してほしいことを相手に対して上手に伝えるコツをご紹介します。

ぜひ、覚えて相手に治していただくようにするのと、ご自身も治すようにしましょう。

タイミングを図る

相手に対して物事を伝える場合に大切なのは、タイミングを図ることです。

簡単に言えば、イライラしている時に伝えても意味がないのです。

逆に余計にイライラさせてしまう危険性もあるので、相手がどのような状態にあるのかをしっかり見ておかないといけないのです。

ぜひ、自分自身が火傷しないためにも、しっかり相手のことは見るようにしましょう。

食事中に伝えるのは雰囲気が悪くなる

特に伝える際に食事に誘って伝えると言う方は多くいらっしゃいますが、実はこれはあまりよろしくありません。

なぜかと言いますと、食事ほど落ち着いてしたいものはないのです。

食事中にその人にとって耳の痛い話を聞くと、自然と飯がまずくなってしまうこともよくあるのです。

まあ、相手との関係性を壊したくないのであれば、食事中に治してほしいことを伝えるのは辞めましょう。

眠い時に伝えると話を聞いてもらえない

眠い時に伝えると話を聞いていただけない可能性があります。

なぜなら、その人にとって今は話を聞くよりも、寝ることが最優先の事柄になっている可能性が高いのです。

つまり、状況的には早く寝かせてほしいという感じになっています。

このようになっている時は、とにかく耳の蓋が閉じているような状況になっているのです。

相手が眠そうだと思いましたら、伝えるのは控えるようにしましょう。

もっと関係を良くしたいことを伝える

治してほしいことを伝えるにはどこか相手に対してマイナスな部分を指摘しているような感じになりますが、そんなことはございません。

では、どのように伝えればいいのかと言いますと、あなたとの関係を壊すために伝えているのではなく、あなたとの関係をよりもっと良くするために、伝えているのだと言うことを伝えるようにしましょう。

最初は冗談っぽく言う

相手が聞く耳を持っている時に本気度マックスで話してしまうと、本気でとらえてしまって大変なことになってしまう危険性もあるのです。

そのため、最初は冗談を交えて話すのが良いと言われています。

故にあまり強気な姿勢を見せるのではなく、笑い話になるような感じで話すのが良いのです。

治してほしい部分をあまり強調しすぎると相手にはネガティブな感じにしかならないので、気をつけましょう。

あなたの為を思って、という一言を添える

伝える際によく勘違いしてしまいがちなのが、指摘しているように伝えると、結局はそっち側の考えでしょう。

という感じに捉えられてしまうのです。

要は、自分がマイナスに思っているから伝えているだけでしょうという感じになるのです。

そうなると相手はあなたの意見に対して聞く耳を持たないのです。

そうならないために、あなたのためを思ってという一言を加えるなどして、自分本位でないことを見せることです。

不満そうに言わない

治してほしいことを伝える際に、明らかに不満の色を出すと相手にとってはただの指摘にしか見えないのです。

つまり、気に食わないから指摘しているのでしょう。

といった感じに捉えてしまうのです。

そうなると相手は、あなたの言葉に耳を開こうとしません。

不満というのはその人がそう思うから不満になるのであって、社会からはみ出ているわけではありませんよ。

相手の事だと言わずに他の人の例のように嫌だと話す

直球で相手に伝えてしまうと、実は相手が不快に思ってしまう危険性が高いのです。

そうならないためにどうしたらいいのかと言いますと、相手に対して別の人の例だと言うようにして話して伝えると良いかもしれません。

そんなの嫌だよねと口にしていたら、心の中であなたのことだと言えばいいのです。

要は、治してほしい部分を間接的に伝えるのです。

笑顔で伝える

暗い顔や険しい顔で相手に治してほしいことを伝えるのは、効果がありません。

なぜなら、相手はあなたの表情を見て話を聞くのです。

つまり、ネガティブな表情をしていると相手にもマイナスなことしか伝わらないのです。

そうならないためにも、笑顔で伝えるようにしましょう。

一方的に伝えず自分の悪いところも相手に聞く

治してほしい部分を一方的に伝えると相手は不快な思いをされるだけなのです。

では、どうしたらいいのかと言いますと、自分の悪い部分も表に出して、相手にアドバイスを求めることです。

要は、このようにすれば、相手だけ一方的になることはございませんので、ぜひ、自分のマイナスな部分も露呈させましょう。

過去のことは掘り出さず、その場で言う

よく昔からそうだよね。

とか、変わってないという感じに、昔のことから指摘してくる方がいますが、これはよろしくありません。

要は、今の相手を見ていない証拠になります。

過去は過去なので、そのことはあまり話題にせず、今の状況で話しましょう。

言いたいことは簡潔にまとめる

治してほしいことをただ長くぐーたらに話す方が多くいらっしゃいますが、これでは相手に要点を伝えきれていません。

相手に物事を伝える場合は、とにかく簡潔にして話すべきです。

伝える前に簡潔にしておきましょう。

治してほしいところを伝えることはもっと関係を良くするんです♪

いかがでしたでしょうか?

治してほしいところを伝える場合は、勇気がいりますが、相手との関係性をよくするためには、しっかり伝えることが大切なのです。

ぜひ、それができるようにしましょう。