昔は、結婚してこそ一人前と言われている時代がありましたが、今はそんな時代ではありません。

そもそも、結婚するかどうかは個人の自由です。

自分がしたいと思うタイミングが来ればすればいいだけの事なのです。

そこに周りがとやかく言う必要は無いのではないでしょか。

更に言えば、いくつで結婚しようが仕事をしようが辞めようが個人の自由です。

だからといって、周りから何も言われないかと聞かれればそんな事はありません。

今の時代も周りから結婚について聞かれる事はあるでしょう。

両親や祖父母などまだ昔の感覚が抜けない人からすれば、まだまだ結婚する事が当たり前だと思っているからこそそれをついむやみに聞いてしまうのかもしれません。

今の若い人たちも、絶対に結婚をしたくないと言う人ばかりではないはずです。

いつかはしたいとは思っている。でも今では無い。そんな所でしょうか。

そこで今回は今時の女性の結婚年齢や理想の時期についご紹介したいと思います。

今自分自身が独身まっただ中という人は勿論、周りに居る独身女性を心配している人たちも是非参考にして頂ければと思います。

️女性の結婚年齢!理想はいつ頃?


女性の結婚年齢は一体いつが良いのでしょうか。

これに対する正確な答えは無いはずです。

しいて言えば「自分がしたいと思ったとき」というのが理想でしょうか。

結婚に対する適齢期は時代によって変わってきます。

昔は20代前半で結婚する事が出来なかった場合には売れ残りと言われていましたが、最近では30代で結婚する事も珍しい事では無くなってきました。

だからこそ、自分がいと思うタイミングで結婚する事が大切なのです。

20歳でも結婚したいと思えば、それがその人の適齢期です。

例え40歳だとしても、結婚したいと思う事が無いのであれば無理に結婚する必要は無いのではないでしょうか。

だからこそ、年齢に関しては一概に答えを出す事は出来ません。

あえて言う事が出来るとすれば、平均的な意見を参考にする事は出来るでしょう。

自分の意見にあるかどうかは分からない場合も、周りの人の意見を聞く事は大切な事です。

自分としては30代で結婚したいと思っている場合でも、周りの人が20代で結婚したいと思っていると知れば自分ももう少し早く結婚しようと思うかもしれません。

早く結婚する事が正しいわけでも、周りに合わせる事が需要という事でもありません。

しいて言うのであれば、多くの意見を取り入れる事が大切という事でしょうか。

多くの意見を取りいれて決めた決断はそう簡単に変わるものではありません。

ですが、周りの人の意見を決めずに一人で突っ走ってしまうと結果的に後悔する事につながってしまう場合もあるでしょう。

だからこそ、後からいろいろな事を知って悩まないようにする為にも自分の中の意見をしっかりと明確にしておく必要があるのかもしれません。

「何歳で結婚したい」願望はありますか?

大抵、独身女性の場合一度や二度必ずこの質問をされた事がある事でしょう。

「いったいいくつで結婚したいのか」これに対する質問は、会話の一つとして多く登場してきます。

人によっては、そんな事をいちいち他人に聞かれる筋合いはないと思う人も居る事でしょう。

全くその通りです。

幾つで結婚するのか。そもそも結婚するのかどうか。

それは個人が決める事であり、周りにとやかく言われる事ではありません。

だからこそ、それに対してどう答えるのかは個人の自由です。

もしかしたら結婚しないと言って会話が終わってしまう事だってあるかもしれないのですから。

ですが、確かにそういった意見がある中で今の時代でも結婚に夢を持っている人が居るのも事実です。

昔のように変わらず「〇才までに結婚したい」という気持ちを持っていたとしてもおかしくはないのです。

ですが、それを決める基準は昔と違って個人個人で違うのかもしれません。

昔の基準と言えば、線で引いたように同じ意見を持つ人が多く居ました。

ですが、今では自分の置かれている状況や人生設計に合わせて様々な意見を持って行動している人が多くなっています。

だからこそ、多くの意見や考え方があるものなのです。

自分の中にある年齢が、周りの人とずれていたからと行って気にする必要はありません。

大事な事は、自分が良いと思う選択をする事です。

周りの人に合わせて行動してしまうと、後から必ず後悔することに繋がってしまいます。

そうならないようにする為にも、自分の行動には責任を持つ事が出来るように、自分で決めて行動する事が重要です。

年齢それぞれから見えるメリット

結婚に対する適齢期は人によって違うはずです。

若い人は若いなりの、年齢を重ねている人は重ねている人なりのメリットがあるものなのです。

だからこそ、どちらが良くてどちらが悪いという事は無いのです。

昔は、結婚は若いうちにしておくべきだと言われていました。

きっと子供を産む事を考えての行動だったのでしょう。

その考え方が間違っているという事ではありません。

考え方によっては、それが正しいく思える事もあるでしょう。

ですが、だからと言って年を重ねた結婚が必ずしも悪いのかと聞かれればそんな事はありません。

年齢を重ねているからこそのメリットもあるのです。

年齢を重ねてから結婚する事によって、自分自身に社会的地位を付ける事が出来る場合もあります。

きちんと就職し、職歴を積む事が出来たからこそ、得る事が出来たものです。

それによって、お金を得る事だって出来ている事でしょう。

更にいえば、精神的に成長していると言う事もあるかもしれません。

周りの人の意見を参考にしたり柔軟に受け入れる事が出来るようになっているからこそ、より落ち着いた結婚生活を送る事が出来ると言う考え方もあるのです。

どちらが正解でどちらが間違っているという事はありません。

大事な事は、それぞれのメリットをしたうえで自分自身が判断する事なのではないでしょうか。

例え自分と考え方が違う人が居たとしても、その意見を否定するような事をしてはいけないのです。

️女性の「結婚年齢」理想ランキング


それではここからは、世間一般の人が考える結婚年齢についてランキング式に紹介していきたいと思います。

これはあくまでも統計の結果であり、これが正しいという事ではありません。

だからこそ、自分の思う結婚年齢が一体何位になっているのかを考えてみるのも良いかもしれません。

自分が思っている常識と、世間が思う常識は違うものです。

だからこそ、その常識の違いを知る事も大事な事でしょう。

持ちろん、自分の考え方を我慢して周りの意見に合わせる必要はありません。

大事な事はそこでは無く、周りの人の意見を知る事なのです。

それを知る事によって自分の考えが変わる事もあるかもしれないのです。

結婚は人生の中で大きな出来事です。

だからこそ、そこに対する気持ちは人によって違う事でしょう。

大事な事は、自分が納得して後悔のない結婚をする事です。

それをする事が出来れば、いくつで結婚したとしても後悔のない結婚をする事が出来るかもしれません。

1位:20代後半

多くの女性が結婚したいと思っている年代の一位は20代後半です。

昔は20代前半の人が多いと言われていました。

しかし、それが次第に年齢を重ねてから結婚したいと思う女性が増えてきたのです。

その理由としては、女性の社会進出があるのかもしれません。

昔は、女性はあくまでも家庭に入る事が当たり前だと思われていました。

だからこそ、結婚をする事は当たり前だと思われていたと同時に仕事はその時点で辞めるものだと思われていたのです。

だからこそ、所詮辞める前提の仕事だったからこそ腰かけのようにやっている人も多く仕事に対してあまり前向きな考えを持っていなかったのです。

しかし、今は違います。

女性も男性と同じように社会に出て仕事をしています。

だからこそ、そこでキャリアを積むには20代前半で結婚してしまうのは早すぎるのです。

そうした観点で考えると、20代後半で結婚する事を理想とする事は決しておかしな事では無いのでしょう。

女性にとって、結婚は大きな決断です。

もしかしたら人生が180度変わってしまう可能性もあるのです。

だからこそ、結婚にすべてをかけるには勇気が居るのではないでしょうか。

どうしても自分の人生を考えるのであれば、その他の事に目を向けたいと思う気持ちも分からないではありません。

だそんな考えだからこそ、一位はこのような結果になったのです。

金銭的にゆとりがある

20代後半は、仕事にも少し慣れきちんと仕事をしていればそれなりの収入を得ているはずです。

だからこそ、生活も安定して行う事が出来るという安心感もあります。

結婚は恋愛の延長にあるものでは無いという考え方をする人も居ます。

それはきっと、それだけ生活していく事は大変だからこそ、そんな言い方をしているのでしょう。

生活していく為には、お金が必要なのです。

だからこそ、幸せな生活をする為にも金銭的なゆとりが重要なのです。

もし勢いに任せて10代で結婚した場合、最初は幸せかもしれません。

ですが、段々とお金が無い状況に気が付く事によって気持ちが荒んでしまう場合もあるでしょう。

どうしてもお金が無いと、気持ちは荒れがちになってしまいます。

そのせいで無駄な争いが起きてしまう可能性だってあるのです。

だからこそ、お金は生活していく為に絶対に大事なポイントです。

お金より、愛が大事と言う人も居るでしょう。

ですが、それは本当に生活をしていない人が言う言葉です。

実際に生活をしたことがある人ならば、お金いかに大事な存在かを知る事が出来るでしょう。

だからこそ、お金にゆとりが出来てから結婚したいと思う気持ちは決しておかしな事ではありません。

結婚後のビジョンが見えやすい

自分が社会の中で、しっかりとした地位を得る事が出来るとさまざまな事に対してイメージを持ちやすくなります。

それは結婚に対しても同じ事です。

自分の将来を冷静にイメージする事が出来るようになれば、それだけ簡単に結婚を考える事も出来るようになるはずです。

結婚のイメージが出来れば、結婚に対して苦手意識を感じる事も少なくなるのではないでしょか。

結婚を何度も経験している人は、そう多くは無いはずです。

大抵の場合、未知の世界に飛び込むような気持ちを持って言っているのでしょう。

だからこそ、そこに対するイメージが少しでも手にする事が出来る年齢になる事によって、結婚のビジョンが見えるようになるのでしょう。

イメージが全くできない世界に飛び込むよりは、確実にイメージを持って行動する事が出来る方に進んでいく方が安心感もあるはずです。

だからこそ、まずは自分の周りをしっかりと固め、安心して結婚と言うものをイメージしてみる事が大事なのかもしれません。

一人暮らしを経験できる

20代後半で結婚する場合、人によっては一人暮らしをする事もあるかもしれません。

学生を終え、社会に出るときにそのまま一人暮らしをするのです。

一人暮らしは自由を感じる事が出来。

大人になったような感覚を味わう事が出来る事でしょう。

社会人だからこそ出来る事を思いきり楽しむ事が出来るのです。

また、人によってはお酒などを通して、夜遊びなどをする事だってあるかもしれません。

そう言った事を経験する事もまた、人生にとっては必要な事です。

更に言えば、人生に必要な経験をする事が出来るのもメリットと言えるでしょう。

一人暮らしをする事によって、自分の生活を自分で維持していくすべを学ぶ事が出来ます。

料理や掃除などと言った家事から洗濯に至るまでありとあらゆる家事を自分一人でしなければならなくなるのです。

だからこそ、そういった経験をする事が出来る一人暮らしを先にする事によって、予行練習をする事ができるようになるのです。

勿論ずっと実家に居た人であったとしても、結婚すればそれらの家事を完璧にこなす事が出来る人も居ます。

ですが何事を経験していて損はないはずです。

先に家事の大変さを理解しておけば、家事に対して苦手意識を持っている人も自然と心の準備が出来、結婚後に「こんなはずではなかった」と悲しい気持ちになる事も少なくなるのではないでしょうか。

結婚は今までの生活を大きく変えるものです。

だからこそ、あとから後悔しないようにする為にもある程度心の中で予想を立てて行動しておく事が長持ちの秘訣なのかもしれません。

しっかり社会経験ができる

20代後半で結婚する最大のメリットは、社会経験を積む事が出来る事では無いでしょうか。

社会での経験は、結婚後出来なくなると言うわけではありません。

ですが、一度結婚して家に入ってしまうとそこからなかなか新しく働き始める事は難しいのかもしれません。

また、そこに出産や育児がプラスされてしまうと、更に社会から遠のいてしまいます。

若いうちに社会での経験を積んでいない場合、そこから改めて社会に出たいと思ったとしてもそう簡単に出る事が出来ない場合も多々あるのです。

その点20代後半まできちんと働いて居れば、ある程度社会的経験を積んでいるという事になります。

勿論、働いて10年未満という事ですのでそれほどすごい力は備わっては居ないかもしれません。

ですが、1年や2年で辞めてしまう事を考えればそこには圧倒的な差が出来てる事でしょう。

更に言えば、そこまで働いて居れば育休を取る事だって出来るようになるのです。

そうする事によって、仕事と育児を両立する事だって可能になり、自分の人生の中で選択肢が沢山増える事になっていくのです。

だからこそ、まずは将来を考えるという意味でも、ある程度長く社会経験を積む事は決して無駄な事では無いのでしょう。

2位:20代前半

次に多い結婚の年齢は、やはり20代前半です。

これは昔からのイメージが強く残っているという事もあるでしょう。

更に言えば、女性としても可愛いうちにウエディングドレスを着たいという思いもあるのかもしれません。

最近では結婚にあまり興味の無い人が増えてきたと言われる事もありますが、そうだとしても希望を持っている人が0と言うわけではありません。

きっとその中には口ではあまり興味が無いように話していた人だとしても、実際には若いうちにウエディングドレスを着たいと思っている人も少なくはありません。

年齢によって似合う形も色も変わってくるものです。

それはごくごく当たり前の変化なのでしょう。

だからこそ、その変化を否定する事は出来ません。

ですが、自分の中で既にイメージが出来上がっている場合には、そのイメージに合わせて行動を決める事も必要なのではないでしょうか。

自然な恋愛結婚ができる

若いうちの恋愛は、相手に対して求めるものの基準が低い傾向にあります。

お金や地位など現実的な問題では無く、見た目や性格など、もっとその人本人の魅力で判断しているのです。

より純粋な気持ちで恋愛をする事が出来るようになります。

年を重ねれば重ねるほど、社会で多くの経験をする事になります。

それが結果的に自分の中にある相手に求める基準を高くしてしまうのでしょう。

その結果、なかなか結婚までたどり着く事が出来ないという事もあります。

更に言えば、自分の気持ちよりも相手が持っているスペックの方が大事になってしまう場合もあります。

だからこそ、より現実的な結婚相手を探そうとしてしまうのです。

もし自然な恋愛結婚を希望しているのであれば、出来るだけ若いうちにした方が良いかもしれません。

若いうちに恋愛をする事によって、余計な事を気にせずに自分の気持ちだけを考えて行動する事が出来るようになるのです。

それは意外と人間としてとても幸せな事なのかもしれません。

自分の将来の事を考え、きちんとそれに見合った人を探す事も重要なポイントです。

例えそれが打算的な考えであったとしても、それはそれぞれの価値観の違いです。

自分が良いと思う事が出来ればそれでいいのですから。

大事な事は自分がどうしたいかなのです。

もし自然な恋愛結婚を望んでいるのであれば、年齢を意識する事も重要なのではないでしょうか。

卒業という節目で結婚できる

もし学生同士の交際の場合には、卒業のタイミングで籍を入れる事も出来ます。

一つの節目として合わせていくのです。

それが必ずしもいい事かどうかは分かりません。

もしかしたら、早すぎるという批判を受ける場合だってあるかもしれません。

ですが、どのタイミングで結婚をするかは個人の自由です。

自分で卒業をきっかけに結婚をしたいと思っているのでれば、それがきっとあなたのタイミングなのです。

何もおかしなことはないでしょう。

子どもに若いママを見せられる

若くして結婚した人のメリットとしては、自分の子供に若いママを見せる事が出来るという事でしょうか。

最近では晩婚が流行しています。

それもあって、年齢を重ねたママが多く見受けられるようになりました。

そのお蔭で余裕を持って子育てをする事が出来るようになった人も沢山います。

けれど、その分子供が成人した際に自分自身が年を重ねてしまっているという事でもあります。

つまりは子供が成人した後に、自分の第二の人生を精力的に楽しむ事が出来るほど若くはない可能性もあるという事です。

その点20代前半で結婚すると、そのままスムーズにいけば若い年齢のまま、ママになり子供に対して若いママを見せる事が出来るようになるのです。

若い年齢で結婚する事が出来たとしても、誰もが簡単に子供を産む事が出来るわけではありません。

結果的に高齢出産になる人もいる事でしょう。

ですが、結婚が早い分、早めに子供を産む事が出来る可能性が高いという事は言えるでしょう。

だからこそ、子供に若いママを見せる事が出来る可能性が高くなるのです。

若いママには若いママのメリットがあります。

一緒に走り回ったりしながら元気に遊ぶ事が出来るでしょう。

見た目が若いからこそ、おしゃれを一緒に楽しんだりする事だって出来るかもしれません。

そうした点をメリットとして考える人からすると、若いママになる事が出来るからこそ20代前半で結婚したいと思う事は極々自然の流れなのではないでしょうか。

周りの一歩先を進める

今時、20代前半で結婚する事は早い方と言えるでしょう。

だからこそ、友人の中で何事も一番最初に経験する事が多いと言えるでしょう。

周りより一歩先に経験出来る事によって、どこか勝ち組のような気持ちになる事ができ、優越感を感じる事が出来るのかもしれません

勿論、結婚が早いからと言ってどちらがすごいと言う事はありません。

早くても遅くても、その人が納得しているならいいはずです。

ですが、女の世界とは難しいものです。

どうしてもそういったくだらない事でもめてしまったり優越感を感じる瞬間が出てきてしまうこともあります。

だからこそ、そういった気持ちを感じる事が出来るようになる為にも、早めに結婚する事にメリットを感じているのでしょう。

男性には理解する事が難しいかもしれませんが、こうした小さな差が女性の中では大事になったりする事もあるのです。

もし自分の彼女が出来るだけ早く結婚したいと言っている場合には、そうした心理が隠されている場合もあるという事を理解して行動してみると、相手の気持ちを汲む事も出来るようになるかもしれません。

3位:30代前半

20代での結婚願望が無い人は、そのまま30代での結婚へと流れて行きます。

一昔前までは、30歳での結婚はかなり晩婚とされていました。

いきおくれと言われることもありました。

ですが、最近ではそんな風に言われる事も少なくなり、あえてその年齢を選んでる人もいるほどです。

30代前半も、今ではまだまだ若い世代と言えるのでしょう。

だからこそ、そこから新しい生活をスタートさせたとしてもおかしくはありません。

更に言えば、30代で結婚する事によって自分をしっかりと持って結婚をする事が出来るというメリットもあります。

結婚は当然の事ながら自分の人生にとって大きな決断となる行為です。

それを若いうちにする事によって、自分の考えがまだないまま結婚すると相手に依存するような形になってしまう場合もあります。

経済的にも精神的にも依存した状態は、決していい事だとは言えないでしょう。

一方で30代で結婚する事によって、自分をしっかり持った状態で結婚する事が出来るのです。

それは夫婦の間を対等な関係にする為にも必要な行為なのでしょう。

自分の基盤をしっかりと作った状態で結婚する事によって、自分の人生を自分で歩む事が出来るようになります。

それが結果的に、お互いにとっていい夫婦関係を作っていく事が出来るきっかけになるかもしれません。

そんな風に前向きに考え行動する事が出来るからこそ、30代での結婚は意味があるのではないでしょうか。

婚活市場でまだ需要がある

昔は20代前半でなければ婚活市場では価値が無いと言われていました。

女性は若ければ若いほどいいとされており、25歳を過ぎてしまうと途端に人気が無くなってしまったものです。

ですが、今の時代はそんな事はありません。

今では例え30代前半だとしても、婚活市場では十分需要があるのです。

だからこそ、残りものという感覚では無く自分が納得する形で婚活を進める事が出来るようになるのでしょう。

自分が残りものだと感じながら婚活する事は、決して気持ちの良いものでは無いでしょう。

出来ることなら、自分自身が良いと思う相手と結婚したいものです。

今の時代はそういった意味でも、まだまだ30代前半の人が恋愛を楽しみながら過ごす事が出来る時代なのかもしれません。

婚活で需要があるかどうかは、やってみなければ実感する事が出来ない問題です。

だからこそ、人によっては既に諦めてしまっている場合もあるかもしれません。

ですが、そこで勇気を出して行動する事によって新たな発見をする事が出来るかもしれません。

自分が見ている世界が正しいかどうかは誰にも分からないのです。

だからこそ、頭の中で考えるだけでは無く、実際に自分で行動し実践してみるという事を行ってみてください。

そうすることによって、自然と自分の価値を見出す事が出来るようになるかもしれません。

20代を自由に楽しめる

20代を振り返った時、きっと多くの人が自由で楽しい時代だと思う事でしょう。

仕事が忙しい場合もあるかもしれません。

ですが、その分充実感を感じる事も出来るでしょう。

自分だけの時間を確保する事が出来るからこそ、夜中遊んだり弾丸で海外に旅行に行ったりする事も出来るかもしれません。

学生のように周りから干渉される事も無く、自分の気持ちだけで動く事が出来るのがこの年齢の良い所です。

だからこそ、この時代を楽しむ事が出来るのも30代前半での結婚のメリットなのかもしれません。

20代で結婚したからといって、楽しむ事が出来ないというわけではないでしょう。

ですが、結婚してしまう事によって好きに動く事が出来なくなってしまう部分もあります。

相手の反応をうかがったり家事や育児のせいで、自分勝手に行動する事が出来なくなってしまうのです。

男性は、結婚後も昔と変わらずに生活する事も出来ますが、女性の場合には何かと動きにくくなってしまうのです。

だからこそ、そうなる前にひたすら遊ぶ事が大事なのです。

あとから遊びたいと思っても、若い頃のような遊び方は出来なくなってしまいます。

多少無理を感じる時でも思いきり楽しむ事が出来る事がこの年代の最大のメリットなのではないでしょうか。

仕事がひと段落落ち着いてくる

20代は仕事を始めたばかりという事もあり、ただただがむしゃらに行動しているはずです。

自分でできない事を出来るだけ早く自分のものにしようと、必至になっている事もあるでしょう。

だからこそ、結婚を考える事が出来ないという事は良くあるものです。

人間にはただ一つ平等な事があります。

それは時間です。

一日の時間が24時間というのは、誰もが同じ条件なのです。

だからこそ、仕事が忙しい場合には恋愛をする時間など確保する事が出来ず、結婚を意識する事さえできないでしょう。

それだけ一生懸命に仕事をする事によって確実に前向きな成果を上げる事が出来る事でしょう。

勿論、いきなり出世したりお給料が上がる事は無いと思います。

ですが、少なくとも社会の中で自分の地位を確保する事は出来るはずです。

それだけでも、人生にとっては大きなメリットとなります。

自分の存在意義を感じる事が出来る事によって前向きな行動につながる場合もあります。

社会で認められる事によって、人間は自信を持って行動する事が出来るようになります。

それが結果的に自分を支えてくれるポイントとなる事でしょう。

他人と比べた時にも、自分の存在意義を自信を持って証明する事が出来るようになるかもしれません。

だからこそ、30代前半の結婚には意味があるのです。

考え方が大人になってくる

自分の考え方が大人になると、相手に対して求めるものも変わってくるものです。

昔は周りの人が驚くような理想を抱えていたとしても、大人になる事によって妥協点を見つける事が出来るようになる場合もあります。

他人に優しくする事が出来るようになる事によって、より安定した結婚生活を送る事が出来るようになるのです。

結婚は他人同士が一緒に生活し、家族になっていく行為です。

だからこそ、分かり合う事が出来ない部分があったとしても不思議ではありません。

相手のどの部分を受け入れ、どこを拒否していくのか。

それが大事なポイントとなってくるのです。

もし、他人に対していつまでも厳しい基準をついつけている場合にはなかなか結婚する事も難しいかもしれません。

ですが、自分も大人になり相手に対する基準が下がる事によって次第に受け入れる事が出来るポイントも多くなっていくのです。

それが結果的に良い方向に進むのであれば、それは素晴らしい事でしょう。

️あなたの理想の結婚年齢は何歳?

あなたの理想とする結婚年齢はいくつでしょうか。

また、それは何位にランクインしていましたか。

当然の事ながら、これは正しい結婚年齢を示しているものではありません。

1位の20代前半が正しいという事では無く、あくまでも多くの人が望んでいる年齢がいくつかどうかを示しただけの問題です。

だからこそ、自分の理想とする年齢の順位が下だったとしても気にする必要はありません。

結婚はあくまでも自分が納得してするものです。

だからこそ、例え他人と理想とする年齢が違っていたとしても気にする必要はありません。

自分が正しいと思う年齢で結婚すればいいのです。

ですが、だからと言って周りの人の意見を聞かないという事も違うかもしれません。

大事な事は、様々な考え方を受け入れていく事なのでしょう。

自分が理想とする結婚年齢と、周りの人の結婚年齢が全く違っていたとしてもそれを気にする必要はありません。

ですが、その違いの理由を知る事によって自分の中の考え方が変わっていく事もあるでしょう。

頑なに自分だけの価値観で生活していると、視野の狭い人になってしまう可能性もあります。

そうならないようにする為にも、多くの意見を聞き入れる事はとても大事なポイントなのです。

理想はあくまでも理想です。

それが叶うかどうかは誰にも分かりません。

ですが、その気持ちを持つ事は無駄では無いでしょう。

自分が理想とする結婚をする事が出来るかどうかはあなた次第です。

もし目標があるのであれば、それに向けて努力する事も必要でしょう。

結婚は人生の全てではありません。

だからこそ、する必要が無いと思うのであればしなくてもいいと思います。

ですが、頑なに拒否するのではなく、もっとフラットな気持ちで受け入れる事も良いのではないでしょか。

良いも悪いも無く、自分が納得する人生を歩む事が出来るように、様々な意見を受け入れながら行動していきましょう。