パーリーピーポーという言葉、最近よく聞きますね。

その言葉の意味や、パーリーピーポーと呼ばれるひとたちの特徴、彼らとうまくやってく方法などをまとめてみました。

自分の周りにパリピといわれる人がいるけれど、

あまりに自分と違うのでびっくりしてしまいどう付き合っていけばいいのかわからない人にとってお役に立てれば幸いです。

パーリ―ピーポーという言葉の発祥

1. いつ頃生まれた言葉なの?

パーリーピーポーっていつ頃生まれた言葉なのでしょうか?

生まれたのは2005年くらいだともいわれていますがいろいろな説があります。

2. 何が発祥なの?

m-floのヒット曲come againが発祥だといわれていますが、CMやバラエティ番組で広まったようです。

3. どういう意味合いを込めているの?

パーリーピーポーは英語でparty peopleのことです。

ネイティブっぽく発音するとパーリーピーポーになりますね。

それをカタカナで書いたものです。

略してパリピと呼ばれることもあります。

パーティーやクラブなどにしょっちゅう出没しイベント好きで、ノリよく騒いだり楽しんだりすることが大好きな人々のことをいっていました。

たとえば昼間はまじめに仕事をしていて週末騒ぐような人のことを週末パリピなどといったりします。

4. 世間からのイメージは?

それが高じてただ単に騒ぐことや楽しいこと、ふざけることが大好きな人、そしてチャラついた人、人生を楽しむこと、

世間から見てそういう人たちのことを指しても使われるようになってきました。

あくまで外見からは上品、エレガント、という表現からは無縁の人たちと考えていいです。

一般的な人たちから見たら陽気でにぎやか、遊ぶのが大好きなのでなんの苦労もない人たちと見られています。

はたして本当にそうなのでしょうか?

若い人は知らないかもしれませんが1990年代の日本のバブル期に

お立ち台の上で踊っていたお姉さん方をイメージしてしまいそうになる人も多いのではないでしょうか?

パーリ―ピーポーはどんな生態?12個の特徴

パーリーピーポーといわれる人たちの生態を私なりに書いてみます。

1. とにかくパーティー好き

その名のとおり、パーティー大好き人間です。

パーティーそのものもそうですが、ひとことでいうとパーティーと総称しているだけで、パーティーのノリがあるものすべてが大好きなのです。

ここ数年で急速に身近になったハロウインなどが大好きで、街に集まっている人たちはまさにパリピそのものです。

また「自宅系パリピ」なるものも存在しています。

パーティーやクラブには行かないのですが、自宅で親しい人たちを集めて鍋パーティーや誕生日パーティー、飲み会を開いたりすることが大好きな人たちのことです。

いつもと違った雰囲気の中にいることでドキドキワクワクする人種です。

おめかしして目立つことも好きなのでパーティーは格好の社交場になります。

このようにパリピといわれる人たちには目だった特徴があるのですが、

私の友人に、見た目は普通のOLさん、最新のファッションにとくに興味があるわけでもなく、いわゆるチャラい感じはまったくないというパリピがいます。

どういうパリピかというと、誰かと食事会や週末旅行が大好きで、1週間のうち半分以上はどこかへ出かけたいのです。

ただ出かけて外食するだけで決して騒いだりパーティーに出かけたりはしないし、人と話していても聞き役もできるタイプです。

自分が付き合っている人たちがパリピではないのでパーティーやクラブに誘われることがないだけでなのかなとも思いましたが、

やはり誘われてもそういうところには行かないと思います。

一見とても地味なOLさんですが彼女のような人もパリピ、いわゆる隠れパリピなのではないでしょうか。

2. 人懐っこい

パーリーピーポーな人たちはおおむね人懐っこいです。

人間に興味があるパリピと人間には興味がないパリピがいますが、

自分が嫌いだと思う人でなければ、近寄っていき懐に入ろうと試みる人の方が多いようです。

人間に興味がなくても近寄って行くのか?と思われるかもしれませんが、人間の内面にはあまり興味がない人が多いのです。

そして古い付き合いの人には飽きて来ますので目新しい人に興味を持ちます。

人間の精神性には興味がなく、目新しさに近寄っていくというところがあります。

それが周りから見ると人懐っこさにつながるようですね。

でもあんがい人見知りなパリピもいます。

目新しい人に興味があるのに人見知りというのがとても面白いなと思う事があります。

3. 音楽やダンスが好き

身体の中に音楽がいつも流れているかのようです。

じっとしているのが好きでなく、音楽やダンスが好きです。

自分が歌ったり踊ったりすることが上手くなくても音楽が流れているシチュエーションが好きな場合が多く、小刻みに身体を動かしたり、とにかくノリがいいのです。

カラオケも大好きです。

大音量の中でも平気でしょう。

気持ちがハイになれるということが重要なのです。

また不思議なことに、物まねが上手なパリピを何人か見ました。

人に興味があるのでよく観察できるのでしょうか、人の口真似や歩き方の真似などを面白おかしくするパリピもいます。

音楽やダンス好きということと何か関係があるのか?と言われそうですが共通項があります。

ダンスは創作ダンスなどというものもありますが、普通は誰かの振り付けを見て模倣することからはじめますよね?

ダンスの才能には自分の体を上手に動かす運動神経という能力と、ある型を見て、それを理解し同じように自分の体で表現しようとする能力が必要です。

人のものまねができるというのはそういった能力に長けているのでしょう。

パリピなA男は、自分は一輪車には乗れないけれど一輪車に乗っている人のものまねができるといって、やってみせてくれました!スゴイ上手い!大盛り上がりでした。

4. 食べることが好き

食べることも好きです。

五感を刺激されることが好きなのでしょう。

食べることで味覚や嗅覚が刺激されると気分が高揚するようです。

人は好きなもの、美味しいものを食べるとセロトニンンが分泌されて幸福感が増すのですが、

パリピの人はまるでこのセロトニンを分泌したいがために食べ物を欲しているかのようにも見えます。

食べることへの執着度が高いです。

面倒臭いことが嫌いなので外食が一番いいと思っています。

食べることは生きていく上で一番のエネルギー源といってもいいですね、パリピはエネルギーを多く消費して生きているので

必然的に食べることが好きになっているのでしょうが、人の精神性にはあまり興味がない、つまり触・嗅・視・聴・味の五感をおおいに使って生きているのです。

人生にとって大切なのはこの五感を生きることだと信じてやまない人たちなのかもしれません。

その中でもとくに自分の生存に強く関わりのある味覚に執着しているパリピがたくさんいます。

ただ、しっかりきちんとした食事をしているというのではなく、いつも口を動かしているパリピ、

いわゆる「ごはん」といわれるような食事は小鳥程度で、ジャンクフードやおやつをぱくついてばかりいるパリピもいます。

きちんとごはんを食べないのですぐに何かつまむものが欲しくなるようなパリピがいました。

食べることが好きなのでいつも食べていたいから一回の食事をきちんととらないのだろうかと思ったものです。

健康に悪いからやめたほうがいいのにと注意したくもなりましたが、大きなお世話なので言わずにおきました。

5. 目立ちたがり

目立ちたがり屋です。

自分が目立つということがとても大事なので、少々おかしな服装や格好をしていて人から笑われたり、からかわれたりしても、誰にも見られないよりマシだと思っています。

人からの注目がとにかく大好きです。

自分がどれだけ目立っているのかということにいつもアンテナをはっていて敏感にキャッチします。

もし自分が目立っていなければなんとかして目立とうと努力もするのです。

美意識にはひとそれぞれありますが、パリピなD子は仕事帰りにどこかに出かける際は、お化粧から洋服までをすべて取り換えるという徹底ぶり。

なにもそこまでしなくてもと思いましたが、自分はどうやったらきれいに目立つるのかということに命をかけてきたと言っていました。

正直言うと、たしかに目立ちはするのですが、だからといって美しいかというと首をかしげたくなることも多々ありました。

でも彼女から命をかけるほどのものをとりあげるということは誰にもできないと思い黙って見ていました。

6. 寂しがり屋

寂しがり屋です。

自分が目立ちたいということは人からの注目が大好きだということです。

人が自分を見てくれていなければ嫌なのです。

常に注目を浴びていたいし誰かがそばにいて欲しいのです。

自分が一人ぼっちになることをとても恐れます。

考えてみれば一人で「今」を完結できる人はひとの目を意識するということはないですよね。

よく、人の目を意識するという表現をすると、目立ちたがりの反対の性格、人の目が嫌いだという方向へ理解するかもしれませんが、

反対の方向、つまり目立ちたいということも人の目を意識しすぎているという意味でもあるのですね。

パリピな人たちは、「ねえ私を見て見て、寂しいから」と言っているのかもしれません。

パリピな人は一人で食事をすることが苦痛だといいます。

ましてや一人でレストランやカフェに入るなんてとてもできないという人もいます。

寂しさプラス、目立ちたがりやで人目を気にするので一人で食事というのが恥ずかしいのでしょうね。

パリピな人たちを見ていつも思うのは、心のそこには虚しさを抱えているのではないだろうか、きっとそうなのだろうなということです。

7. 服装や持ち物が派手

目立ちたいので服装や持ち物が派手です。

地味にシックに目立つという高等技はできません。

そんな回りくどいことをする気もありません。

目立つためには派手なものを身につけるのが一番手っ取り早いですね。

また。

派手なものが好きという一面と、服装や持ち物を派手にすると自分の気分が高揚するという面もあります。

ただあくまで自分が目立ちたいので人が目立つのは嫌なようです。

あたりまえですね。

原色好きだったり、きらきら光るもの好きも多いです。

そしてなんといってもお化粧が派手な人がとても多いことに気づきます。

お化粧と言う仮面をかぶっているのでしょうか?

そんなパーリーピーポーを見ていると、派手なお洒落に身を包むことの新鮮さや、ただ目立ちたいだけのこっけいさが面白く思えてきたものでした。

8. トレンドに敏感

トレンドに敏感です。

ダサいことが大嫌いなので常に流行を追っています。

去年着た服は今年着たくないタイプです。

人から、その服は去年も着ていたね、ということを思われたくないのです。

控えめな人から見るとパリピこそダサいと思われているということには気づいていませんし、人から言われても信じません。

自分はダサいということからは一番遠くにいる人種だと固く信じています。

先にも書きましたが、五感優位な気質をしているのでトレンドをキャッチしやすいという点もありますし、

目立ちたがりのええかっこしいですからトレンドに敏感でなければプライドが許さないというところもあります。

トレンドから離れて生きることなど到底無理だといわんばかりです。

でもそんなパーリーピーポーのそばいいると、刺激になって楽しいですよ。

あまりのめり込まず、遠目に見ながら付き合いながら思ったことは、新しい風を送り込んでくれるパーリーピーポーは貴重な存在かもしれないということでした。

9. お酒が好き

人が集まるところにはお酒があることが多いですよね。

パリピはお酒が好きです。

お酒を飲むと人は誰でも自分の縛りが緩みます。

パリピにとってはこの上ない喜びです。

パリピな人たちは最初から縛りなんてないじゃないかと普通の人は思うでしょうか、彼らはそれでも縛られていると思っているのです。

体質的にお酒が飲めないパリピももちろんいます。

お酒が好きというよりその前にお酒を飲む場の雰囲気にワクワクしているのです。

パリピなD子はお酒を一滴も飲めないにも関わらず「今日は飲みに行くの♪」としょっちゅういっていました。

お酒が飲めなくても「飲みに行く」と表現できるのは大したものだと私は感心していました。

お酒が飲めないということはお酒を美味しくも感じないということですよね?なのにD子はせっせと通っていました。

10. お金使いが荒い

自分の欲求を抑えられないのでお金使いが荒くなります。

コツコツとか計画立てて、ということが苦手です。

その場のノリで買ってしまったり、見栄でお金を使ったりしがちです。

コセコセしていると思われるのを嫌がります。

陰では困っていてもそういう姿を見られることには耐えられないので強がり、見栄をはって人におごることもあります。

また、欲しいものを我慢できない人が多く、身内にお金を借りてまで買ってしまうような人もいます。

近年のハロウィンの盛り上がりはスゴイですね。

2015年の経済効果はバレンタインデーを超えたそうです。

トレンドに興味があってお祭り騒ぎ大好き、そしてお金使いの荒いパリピは日本経済の助け舟の一端を担っています。

たとえクラブなどに繰り出すことはしない自宅系パリピでもホームパーティーを開いたり自宅で騒ぐときに飲み食いするお金を消費してくれます。

実は私の姉が自宅系パーリーピーポーです。

一人暮らしにも関わらず、特大冷蔵庫にはいつもびっしり食料品が並んでいます。

お料理なんて面倒くさいのでしないようですが、しょっちゅう誰かを家に招待してはミニホームパーティーを開いています。

一人暮らしのくせにいったい毎月の食品代をどのくらい使っているのかと心配になります。

11. 感情表現が大げさ

泣いたり、笑ったり、怒ったり、感情表現が大げさです。

目立ちたくてそうする場合もありますが、もともとアップダウンが激しいのです。

デスチャーも派手になります。

出来事を人に話す時もオーバーに言うので、周りの人からは面白がられますが、大げさな人だと信用性に欠けるという人もいるでしょう。

最初は一緒にいると楽しいのですが、周りを疲れさすようなところもあります。

それと、人間関係に関しては自分に害がないと思う人たちにはとても気さくなのですが、

ひとたび何かのことで気分を害して敵対すると正反対の対応をしたりする人も多いです。

まあ、誰でも気分を害した場合に愛想よくなんてできないですものね。

その落差が激しいという点も共通しています。

嫌いな人と好きな人への対応の差、自分の気分の落差などとにかく何かにつけて大げさです。

12. 騒音など周囲への気遣いが少ない

感情表現をするときに大きな声をだしたり、ドアの開け閉めや、物を扱う際に音を立てても平気です。

人が電話で話していても横で大きな声で話し続けるような人もいます。

足音も大きくどたばたした感じを与えることが多いのです。

自分が大きな音を立てると周りの人の意識が自分に一瞬でも向いたり、注目されますよね。

そういったシチュエーションを無意識的にでも望んでいるようなところがあるのかもしれません。

また、自分の気分が高揚していると少々の騒音はたいしたことないように感じてしまうのかもしれません。

私はOL時代、パリピなB子があまりに電話機やファックス機の取り扱いがあまりに荒いので注意したことがあります。

彼女は素直なパリピだったので、自分が大きな音を立てると以前にも誰かに注意をされたことがあるといってその時はすぐに改めてくれました。

以前にも誰かに注意されたのならそのときに直せばいいようなものですが、やはり癖というものは直らないものなのですね。

電話機やファックス機の取り扱いは改まったのですが他のシチュエーションのときの行動はやはり周囲への気遣いがあまりありません。

パーリ―ピーポーと上手くやり取りするためには?

パリピと上手くやっていくにはこちらもある程度ノリよくするのがいいのですが、自分がパリピでない場合疲れてしまいます。

そこで疲れないようなコツが必要です。

ウェーイと言ってみよう

ウェーイなどとノリよく挨拶してみましょう。

挨拶くらいならさほど疲れません。

たとえば朝、出会ったときの挨拶をパリピのノリでするだけでもパリピは心を開いてくれやすくなります。

けっこうこちらのテンションも上がりぎみになり、その日一日楽しく過ごせるかもしれませんよ。

一円もかからないことなのでやってみてください。

明るくしてみよう

とにかく明るくしてみましょう。

パリピといわれる人は普通の人から見たら確かにうっとうしいところが多々ありますが、明るさを振りまいてくれるという長所も持っています。

人は誰でも長所と短所をもっています。

人の欠点ばかりに目を向けるのではなく良いところを過大評価してもよいのではないでしょうか。

パリピな人のためではなく、パリピな人のおかげで自分が得をするというくらいの気持ちを持ったほうがいいかなと思います。

シーンとしたオフィスでパリピな人が一人いるだけで場が明るくなったものです。

まわりもつられて明るくなっていくものなのですね。

ノリに合わせてみよう

最初の挨拶を同じノリでやってしまったら、その日1日をずっと同じようなノリで過ごさないといけなくなりそうな気がしますが、

朝合った時にテンション高めの挨拶をして、明るさのおこぼれをちょうだいして少しはノリに合わせてみましょう。

けっこう楽しめることでしょう。

ノリのいいパーティー好きの人たちのことをパリピといっていますが、

パーティーやクラブに出没しても本当の意味で楽しめていないのなら心の奥底はパリピではないかもしれませんし、

逆に生まれ育ちの関係でそういう派手でにぎやかなところには無縁であっても実はとても馴染めて、好きだという人もいます。

パリピと交流していると案外自分の意外性に気づくことがあるかもしれませんね。

ただ、パリピに合わせて生きる気がないのに無理にノリに合わせる必要はありません。

あくまでパリピと上手く付き合いたいという方へのアドバイスとお考えください。

男のパーリ―ピーポーが好きな女性のタイプ

男のパーリーピーポーはどういう女性が好きでしょうか?

パリピは社交の場が大好きなので、連れて歩いて自慢になるような外見を求める傾向があるのは否めません。

自分がノリがいいのでやはり同じようにノリの良さを重視しますが、自分のそばにずっといる女性にそういった女性を求めるかというと微妙なようです。

むしろ、どちらかというと好きではないです。

表面的な付き合いにおいてはノリは大きな要素ではありますが、男女の関係はノリだけではやっていけません。

内面的にはむしろ逆のタイプに強く惹かれるということが多いようです。

おとなしい感じやキャスタータイプの知的な感じの女性が好きだというパリピな男子が何人もいました。

だからといってつきあってうまくいくかどうかはわからないですが。

女のパーリーピーポーが好きな男性のタイプ

女のパーリーピーポーはどういった男性が好きなのでしょうか?

もちろん女性のパリピもノリが大事だということにかわりはないですが、男性以上に自分と逆の人を求めるようです。

パリピだとはいえホッとしたいときもあるようで、そんなとき自分と同じパリピだと疲れるというのです。

ずいぶん勝手な話ですが、個人的におつきあいする分にはあまりはしゃぐタイプは好まないようです。

かといってノリの悪い人とは話があわないのですが、そこのところは個人的なつきあいとノリを重視する場面とで、気持ちを分けているのかもしれません。

人間って、自分に無いものを求めるものなのですね!そうですよね、自分と同じものなら人に求める必要はないですものね。

パリピなD子が結婚するといって連れてきた男性をみてみんなびっくり仰天したのです。

まさか・・・こんなおとなしくてまじめそうな男性を連れてくるなんて!そしてこんなおとなしそうでまじめそうな男性がD子を選ぶなんて。

パーリ―ピーポーが好きなグッズを予習

パーリーピーポーは珍しいもの好きです。

面白おかしく笑えればくだらないものでも興味を持ちます。

たとえばおもしろサングラスやおもしろ扇子など。

きらきら光るものや派手なものも大好きです。

ネットではパリピ受けを狙ったグッズなども販売されています。

販売業のパリピH子は面白グッズが大好きです。

いつもスマホで面白いものを検索してはネット通販しています。

面白グッズと紙一重の実用品ってありますよね?たとえば去年の夏に、首からぶら下げる扇風機というのを買っていました。

結局使い勝手が悪く、あまり役に立たなかったらしいのですが、役に立たなければ立たないでそのことが面白いといっていました。

パーリ―ピーポーが好きな音楽を予習

パーリーピーポーが好きな音楽はもちろん盛り上がるノリのいい曲です。

夏の定番ソングはShowtek「Booyah」

パリピを紹介するとき動画でよく使われるのはW&W「Rave After Rave」などですが

カラオケなどで盛り上がるときは、かえって演歌などで笑いをとり盛り上がるようなこともあります。

演歌を歌うようにはとても見えない人が演歌を歌うとその意外性で盛り上がれますから。

パーリーピーポーが好きな話題

パーリーピーポーは深刻な話題や精神性の高い話題は苦手です。

けっこう寂しがり屋で虚しさをかかえているのかもしれませんね。

自分の心の奥底を見透かされることに恐怖心をもっているふしがあります。

軽くて明るい話題が好きです。

それではノリのいい軽くて明るい話題しかパリピとはできないのでしょうか?

私はけっしてそうではないと思っています。

心の奥には寂しさや虚しさを感じているパリピにとっては、確かに核心部分に触れられるのは嫌いかもしれませんが、

それでも相手によっては深い話しもできる人が結構いるように思います。

最新のファッション

流行に敏感なので最新のファッションの話題は大好きです。

今何が流行っているのかということに常にアンテナを張っているので周囲との情報交換にも余念がありません。

ネットや雑誌、いろいろなものから情報を取り入れる努力もしています。

ただ生まれつきのセンスの問題で、美的感覚などに問題のあるパリピはもちろんいます。

センスがいいのではなく最新のファッション、最新だといわれることに興味があるのです。

今はスマホで電車の中でも、場合によっては仕事中でさえネットを見ることができるので、最新のファッションチェックが簡単にできますね。

パリピと上手くやっていくための話題としては最新のファッション系は失敗がありません。

しかも相手を立てて、教えをこう形で話をすすめていけばよい関係が継続すること間違いなしです。

クラブ音楽

クラブで盛り上がる音楽、ミュージシャン、DJの話題も大好きです。

最新のファッションの話題と同じように最新の情報を取り入れ情報交換をしています。

恋バナ

パーリーピーポーにとって人生の一番の関心ごとは恋愛です。

恋愛ほど気分の高揚を促してくれるものはないからです。

最新のファッションもクラブ音楽も気分を高揚させてくれますが恋愛にはかないません。

自分の恋愛のために人の恋バナを聞いて参考にしたいと思っていますし、自分になにかあれば人に聞いてもらいたくてたまりません。

恋愛そのものに情熱を傾けるのと同じように恋バナで盛り上がることにも情熱を傾けているような人もいます。

深い話しはできそうにないパリピですが、けっこうそうでもないと書きましたが、

特に恋バナに関しては、人生一といってもいい関心ごとなので話が盛り上がりますし、深く入っていくことも可能になります。

心を開いたパリピ(いつも心を開いているようには見えますが、深いところでは閉じているかもしれません)は、かなり真剣に恋バナをします。

見た目に似合わず、恋愛経験のないパリピな後輩C子は、先輩たちの恋バナを真剣に聴いています。

あまりにパリピっぷりが激しくて男の人にモテないのが悩みの種のC子は自分がなぜモテないのか気づかないのです。

いえ、自分は見た目は結構イケてると思っているので、モテないのは性格のせいだとは知っているはずです。

たとえ気づいてもパリピな趣味と性格は決して直らないのだから、そんなパリピっぷりが可愛いといってくれる人を探すしかないと思うのです。

パリピな性格で損をしていると思えば直せばいいし、結局、人の性格は直らないのだから

そんな自分を受け入れるしかないのではないでしょうか?というようなことをアドバイスしました。

【パリピになるためにやるべきことについては、こちらの記事もチェック!】