春は新しい生活を始める季節です。

これから始まる日々にわくわくドキドキする事がでしょう。

人によっては一人暮らしを始める事もあるかもしれません。

大学生になり、初めて親元を離れるという人も居る事でしょう。

一人暮らしは、どんな人にとっても不安と期待が入り混じる大人の一歩です。

楽しい気持ちがありつつも何をどうしたら良いのか分からない。

そんな事もあると思います。

そこで今回は、大学生で初めての一人暮らしをする人の為に参考になるような情報などをご紹介していければと思います。

️大学で一人暮らし!学生が憧れる生活

子供のころは、多くの人が親と一緒に住む事が当たり前として暮らしていたと思います。

その環境の中で守られて生きてきた人が多いでしょう。

ですが大人になればその環境も変わってきます。

場合によっては自分一人で生活していかなければならなくなってしまう事もあるでしょう。

その一つが一人暮らしです。一人暮らしをするタイミングは人によって違います。

一概に言う事は出来ませんが、一人暮らしをする中では恐らく大学生での一人暮らしが最も多いのではないでしょうか。

その為、大学生での一人暮らしに対してわくわくしたりして夢を抱く人も沢山いるのです。

学生時代での一人暮らしは、周りの人も羨望のまなざしで見る事でしょう。

どこか先に大人になったような感覚になり、羨ましくも思えるかもしれません。

だからこそ、いつか自分もしてみたいと憧れるのでしょう。

はじめての一人暮らしはワクワクでいっぱい


一人暮らしは、きっと魅力的なはずです。

親に干渉される事も無く、全ての事を一人で決める事が出来るようになります。

その為、一人暮らしをする前はその新しい環境に対してウキウキやわくわくが止まらないと言う人も多々いるはずです。

一人暮らしの全てが楽しいわけではありません。

きっとやってみれば後になり大変な事も出てくるはずです。

自分でやるようになるからこそ、今までやってきてくれた家族のありがたみが分かるという事だってあると思います。

けれど、それも経験してこそ分かる事です。

実際に経験していないうちはよく分からず楽しい事だけが見えてしまうという事は良くある事なのです。

でも初めてだからこそ不安もたくさん

一人暮らしを始める場合、わくわくしている人が多いと思います。

ですが、心のどこかで不安を感じている事もあるでしょう。

楽しみな気持ちが無いわけではありませんが、それと同じくらい不安な気持ちを感じているのです。

既に一人暮らしをしている人からすれば、一人暮らしがどんなものなのかをイメージする事は出来ると思います。

だからこそ、先を見越して行動する事が出来る場合にはさほど不安を感じる事も無のかもしれません。

未知の世界だからこそ、ついつい人は不安を感じてしまうものなのです。

人間は誰しも初めての事に対しては苦手意識を感じるものです。

自分のイメージで行動する事が出来ないからこそ、つい慎重になってしまったり無駄な行動を取ってしまう場合もあるかもしれません。

そうならないようにするためにも、事前に準備をしておく事はとても重要です。

大学で一人暮らしするあなたへの役立ち情報

今は実家から出る事が遅くなる傾向にあります。

それが単純に家が好きという理由もあれば、家賃がかからないという経済的な理由もあるでしょう。

いずれにしても、どんな理由にしろ一人暮らしをする人が少なくなってきているのです。

けれど、だからと言って一人暮らしに全く興味が無いわけではありません。

大学生になり一人暮らしをするという状況は、ある意味では誰もが憧れるシチュエーションなのかもしれません。

例え大変な事があったとしても、それすらも楽しいと感じる事が出来るほど、気持ちは高ぶっているのかもしれません。

けれど、気持ちが高ぶれば高ぶるほど、冷静に物事を判断する事が出来なくなってしまう場合もあるでしょう。

何を問題点とするかは、その人によって違うはずです。

けれど、一つの案としてどんな事が起きやすいのか、どんな状況になってしまうのかなどは知っておくべきでしょう。

それによって結果的に一人暮らしに対するモチベーションも変わってくるでしょう。

大学で一人暮らしするときの費用

まず、一人暮らしをする上で大切なポイントがあります。

それがお金の問題です。

お金はどうにかなるものではありません。

きちんと考えて行動しない限り、あっと言う間に手元からなくなってしまいます。

特に一人暮らしの場合には、すぐに頼る事は出来ません。

だからこそ、自分に出来る事を考えて行動しなければならないのです。

そうした意味でも、お金の事を事前に考えておく事はとても大切な事です。

一人暮らしの際にかかる金額は人によって違うと思います。

いくら同じ大学生だとしても、立地によって家賃も変わってきます。

だからこそ、明確な金額を提示する事はそう簡単な事では無いかもしれません。

ですが、おおよその金額を提示することは可能なはずです。

そこで今回は項目別に必要な金額を提示させていただきます。

是非参考にしてみてください。

引っ越し代


まず一人暮らしをする際に必要な金額は、引っ越し代です。

引っ越し代は、こちらで決める事が出来るものではありません。

業者によって提示される金額も違ってきます。

だからこそ、自分で勝手に予算を決めたとしてもその通りにはいかない場合もあります。

せめて予算に合わせて行動するのであれば、引っ越し業者を比較してみてください。

引っ越し業者を比較する事によって、その中で一番安いところに頼む事も可能です。

同じ引っ越しでも業者によっていろいろな金額が提示されます。

ただただ値段を意識する人は、一番安い所に頼むといいと思います。

ですが、それ以外にも様々なサービスを利用したい場合には他の業者の方が良い場合もあります。

どこに意識を向けて決めるかは人によって違います。

だからこそ、自分が納得する事が出来るようにする為にもきちんと比較してみましょう。

引っ越しを決めた場合には、出来るだけ早く見積もりを取る事をおすすめします。

そうすることによって、他の部分にかかる金額を考える事が出来るようになります。

全体の予算のうちに引っ越し代は大きな割合を占めます。

だからこそ、最初にそれを知る事によって、より分かりやすく予算を組む事が出来る事でしょう。

最初の家賃代

家賃通常1か月ごとに決まっています。月によって変動があるものではありません。

ですが、気を付けなければならないポイントがあります。

それは最初の家賃です。

と言うのも、最初の家賃には他の金額が含まれる場合もあるからです。

最初の家賃には、敷金や礼金が含まれる場合もあります。

もしかしたら、手数料などがかかる場合だってあるかもしれません。

だからこそ、それを確認せずにきちんと入金をしておかないと、家賃を滞納してしまう結果になってしまう可能性もあります。

家賃を滞納してしまうと、信用に傷がつく事になってしまいます。

それは結果的に自分自身の将来を傷つける事になってしまうかもしれません。

そうならないようにする為にも、まずは最初の家賃についてきちんと確認しておくようにしましょう。

敷金・礼金

敷金・礼金は、その建物によって金額が決められています。

殆どかからないようなところもあれば、一か月の家賃の2~3倍の金額が必要になってしまう場合もあります。

だからこそ、契約をする際には、いくら程度の金額が必要になるのかどうかを確認しておきましょう。

自分の予算のうちに、敷金礼金が一体いくらの金額を占めるのか。それはとても重要なポイントです。

その金額をきちんと知る事によって、その後の予算を明確にする事が出来るでしょう。

仲介手数料

引っ越しの経験が少ない人にとっては馴染みの少ない言葉かもしれませんが、引っ越し業者を利用して引っ越しをする場合、仲介手数料が必要となる場合もあります。

それによって、思っていたよりもお金が必要になってしまう場合もあるのです。

だからこそ、仲介手数料があるのかどうかを先に確認しておく事も重要です。

仲介手数料はいくらと明確に決められているものではありません。

場所によっては必要が無い所もあります。

一体いくらぐらいの金額がかかるかはその利用する場所によって変わるのです。

だからこそ、引っ越し先を決める際には、まず利用している業者がいくら程度必要になるのかを明確にしておきましょう。

鍵交換代

これは引っ越す際に必要になることもあれば、あとから必要になることもあります。

新しい入居者を迎える際にカギを交換するというものです。

確かに、新しい鍵を用意して貰う事が出来れば、利用者としては安心です。

新しい入居者もすぐに決まる事でしょう。

鍵の交換代も物件によって違う場合がありますので、鍵の交換代などその他にかかる金額があるのかどうかを確認してみてはいかがでしょうか。

家具・家電代

当然の事ながら、新しい家には何もありません。

だからこそ、生活する事が出来るようにいろいろなものを揃えていかなければなりません。

それを揃えるにはお金がかかります。

初めての一人暮らしという事で、おしゃれな家に住みたいという希望もあるかもしれません。

イメージは大きく膨らんでいると思います。

けれど、それを全部叶える事が出来るかどうかは、冷静に判断する必要があるでしょう。

自分がどんなに素敵な部屋に住みたいと思った場合も、お金が無ければ実現させる事は出来ません。

一つの家具に多くのお金を使用してしまえば、その後の物を購入する事は出来なくなってしまいます。

だからこそ、全体的なバランスを見て判断する必要があります。

若いうちだからこそ、無理をする事も出来るでしょう。

一点豪華主義でも自分が納得しているのであればそれでいいのかもしれません。

ですが、後から後悔する事の無いように自分自身がしっかりと納得する事が何よりも大切です。

大学で一人暮らしするときの注意点

一人暮らしをする際には、楽しい事ばかりがイメージされる事でしょう。

ですが、実際には勿論楽しい事だけが起こるわけではありません。

だかこそ、注意する事をきちんと知っておく事も重要です。

最初に考えておかないと、後から一人暮らしを後悔する事になってしまうかもしれません。

健康管理をする

健康を管理する事は一人暮らしにとっては重要な事です。

と言うのも、当然の事ながら一人暮らしはいつでも一人です。

という事は、具合が悪い時も一人で乗り越えなければいけません。

だからこそ、動けなくなった時でも食事がとれるように準備をしておいたりするなどの予備が重要なのです。

昔はお母さんなどの家族がしてくれた事も、一人暮らしになると自分でしなければならなくなります。

頭ではわかっていても、実際にその状況になると意外と困ってしまうものです。

一人暮らしは結構お金がかかる!金銭管理をしっかりと

一人暮らしを始める際には、夢と希望がいっぱい詰まっている事でしょう。

あれもしたい。これもやってみたいとわくわくするはずです。

夢を見る事はいい事です。

せっかく一人暮らしをするのであれば、わくわくするような事も必要でしょう。

ですが、それも現実があってこそです。

明らかに無理な事を希望していても、結局後から困るのは自分自身です。

夢を見る事も素敵な事です。

けれど、一人暮らしには思っている以上にお金がかかる事を忘れずにいてください。

お金は後から後悔してもどうにかなるものではありません。

だからこそ、金銭感覚をしっかりと持ち、生活する為に必要なお金はしっかりと確保しておきましょう。

実家で暮らしてきた人の中には、光熱費などに対してあまり金額を理解していない場合も多々あるでしょう。

だからこそ、実際に生活してみて後から驚くような事もあると思います。

家賃以外の様々なものの金額全てが一人暮らしに必要な金額となる事を忘れずにいてください。